公式サイト ゲーマーズ! 第11話 11話 感想 ゲーマーズと青春コンティニュー レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 あらすじ ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
全然ゲームオーバーじゃなかったよ”、5人の気持ちにコンティニュー!

00059
00494
00472
相手は自分をどう思っているんだろう、そんな気持ちに、一旦の終止符を打つ山場回!
 終わろうとした千秋が、手を取られてフッきれたのが可愛い!
 お姉ちゃん、キャラ崩壊してるよ!

 今、ケータの恋人は天道さん、真っ向から受け止めた千秋コンティニュー!

サブタイ的に?
 姉がフラれたと思い、慰めようとした心春に対し、返したやりとりとサブタイ的に!
 五人が、それぞれの誤解や躊躇いを解いて再出発
 タイトルが直球だった!

 付き合ってる二人を見せ付けられた上で、前に行ける強さを得た…って事?

『上原君も亜玖璃さんも、…それに、チアキだって

00374
 モノさんノベさん関係なく、自分も大切だ、以降の言葉が遠くなる演出が良かった!

青春コンティニュー
 あの言葉だけでもう十分、さあこれで吹っ切ろう…、って思って帰ろうとした千秋が
 手を取られ、「やっぱり好きだ!」って踏み出す物語だった
 そう感じました

 ようやく「姉は景太が好きです」って、エロ妹さんに言えたワケですし!

エンドカードは、甘ブリなかじまゆか先生!

00505
 水着で自宅でゲームって、どんなカオス空間だこれ!

あらすじ
 景太と亜玖璃に、自分達より深い絆を感じた天道と祐は、「関係」をはっきりさせる秘策に出た
 遊園地シュピール王国で、恋人関係にある事を見せつけようと考え
 ダブルデートに繰り出す4人

 だが景太と亜玖璃は、二人の浮気が本格化した受け取ってしまう

 おまけに星ノ守姉妹も乱入
 しかしすったもんだの末、二つのカップルは互いの絆を再確認

 星ノ守千秋も、自分は景太が好きだ、と真っ向から認める事となった

 次回、第12話「?【最終回】」

あっはっはー♪ 全然ダメだなぁ雨野っちはー♪

00000
 この関係は何に見えますか? イエス、バカップルです!! そんな前回から続き
 イチャコラ、気がねなく接しあう景太と亜玖璃に
 周囲は困惑全米震撼

 亜玖璃に、ぽかぽか罵倒されるとか、なにコレご褒美?

露骨に落ち込んでる男『(露骨に落ち込んでやがる…。ここは、我関せずで…)』

00001
00003
00004
00005
00007
 あら…? 上原君……?

ロックオンされる男
 けっきょく、「お前ら仲良すぎじゃね?」と、笑ってツッコめる空気でもなく解散。
 翌朝、重い足取りで登校していた上原祐は
 同類に捕まってしまう

 この天道花憐、1クールほぼ落ち込んでた気がするッ!

『上原君は、もっと“慣れた人”だと思っていました』

00008
 そのまま連れ立って歩く中、チャラ男と美人のカップルに
 周囲は興味津々、祐は浮き足立ってしまい
 ますますガン見される事に

 他人の視線に慣れた天道は、祐への評価を修正する事に

『こんな注目の浴び方、耐性なんてつかねえっつの…』『そうですか?

00009
00012
00013
00017
 でも雨野君は、最近わたしと二人でも、楽しそうに笑ってくれますよ?

双方向通信
 景太と祐を比べる天道、しかし祐も、「あの雨野が?」と成長していたことに困惑する
 原因は、きっと亜玖璃だ…
 と

 亜玖璃も最近、大人びてきた気がするんだよなぁ…

 それも景太の影響か。
 お互い大好きな人が、「他人に」変えられたのかな、と深いため息を隠せない

 自分が変えた事も、ちょっとは考えようよ!

祐『雨野って、良くも悪くも、人の心をザワつかせるところがあるだろ?』

00019
 天道さんは残念美人に、祐が世話好きゲーム好きに戻った事も
 景太の言動は、「素」を引き出すような
 そんなところがあった

 彼と接してると、猫っかぶりが抜け落ちてしまうんだ、と

祐『雨野に触発されて、一歩、大人への階段を登り始めた亜玖璃』

00022
00025
00027
 亜玖璃さんに影響を受けて、人間的に、どんどん成長していく雨野くん…

ガァン!
 たとえば、他人に格好つけたがるあまり、逆に滑稽になってしまうのは良くある事
 亜玖璃は着飾らず、素を出せる「大人」になったのだ
 と

 なんて理想的なカップル…! がくっ!!

 良い影響を与え合ってる!
 ガキの付き合いみたいで、しっかり互いを成長させてたのね!!

 でも、落ち込む二人も可愛いですよ!

そんなワケで、いよいよアニメ版も佳境です!

00030
 正直5分アニメばかりの会社さん、パインジャム社制作なので
 大丈夫かな…、と思ったのも懐かしいですね
 完走まであと少し!

 来期は、同社初のオリジナルアニメも制作となります!!

天道『実際問題、私は雨野くんと亜玖璃さんとの関係を、本気で疑ってるワケじゃないんですよ?』

00032
00033
00036
 あの二人が、そんな裏切りを良しとする奴らじゃないことは、一番良く知っている…、だが

越えろ挑め
 以前と違うのは、二人は景太や亜玖璃が、“生真面目”である事を知っているという事
 だが、彼ら二人も真面目なのだ
 と 

 以上の何かが、私との間にあるのかと考えると…

 信頼しあう景太と亜玖璃
 あれ以上の絆を、自分は景太(亜玖璃)に持っているだろうか?

 この二人も、真面目だからこそ考えてしまう

『けど…、まだ俺たちは逆転できるはずだ!

00039
 だがここで諦めない! 恋する祐は諦めない!!
 確かに、二人に深い絆があるのは認めよう
 だがそれはそれこれはこれ!

 祐や天道には、「俺達なりのやり方」がある…、って事だよ!

『ど…、どういう事ですか?! 詳しく!

00041
00043
00044
00046
00048
00049
00052
00054
 いいか…、疑心暗鬼に陥った恋人同士が、お互いの関係を完璧に確立する方法!

kwskッ!
 気付けば天道の家の前! どう見ても、誤解されるシチュエーションって奴だったが
 一縷の望みに、天道さんてば暴走!
 で

 そ…、それは!?

 この子ホントに無防備だ…
 祐じゃなかったら、舌先三寸でラブホに連れ込まれてそうなレベル

 く・わ・し・く! の天道さん可愛い!!

『既成事実を作る…、それしかない!』

00055
 既成事実とは! 要は、肉体関係を作ろうという事である
 すなわち、えっちしちゃおう(提案)
 スケベしようや…、と

 エロゲなら、何故か祐と天道さんがラブホに行くパターン!

祐『つまり、二人きりになっていちゃいちゃしてるところを…、天道?』

00058
00059
00063
00065
00066
00068
 きせいじじつ…、きせいじじつ、きせいじじつきせいじじつ…♪ うっふふふふ♪

炸裂式バカップル
 なおド真面目な祐の提案は、「いちゃいちゃする」「その姿を、互いに見せ付けあう」という事
 お互い、コイツは俺のだ!と見せ付けよう
 と

 あれ…? 何で俺、星ノ守のライバルと結託しちゃってるんだ…?

 冷静になる祐…!
 暴走して、まったく話を聞いてない天道さん可愛すぎるからね!!

 それは祐が、根本的に地味っ子だからだ!

なお、やっぱり当然その光景は見られていた

00071
 終盤参戦ながら、がっつり話に絡んできますねこのあずにゃもとい会長
 てっきり、もっと遠巻きに見守るタイプかと思ったら…
 実際見守ってますけど 

景太『え゛ー!? ダブルデートですかあ!?

00074
00078 -
00078
00083
00085
00087
00091
00092
 下手すると、結婚や出産より遥かな高みにありますよ、ダブルデート!!

譲れない戦い
 反応が宜しくない景太、というのも、「ダブルデート」という行為は高位リア充のそれで
 むしろ、片っ端から肥溜めに落とすべき行為である
 と

 でも、僕にだって譲れないものが…!

 景太の「譲れない」発動!
 かつて、憧れの天道からの誘いすら蹴った、彼のめんどくささの極みである!!

 ダブルデイト シスベシ ジヒハナイ!

『どうしても…、だめ?』

00095
 しかし耳元でおねだり、のクリティカルを喰らった景太は
 理性ゲージが、地球の裏側まで突き抜けてしまい
 こだわりを放り出すことに

 気をつけよう、耳元、或いは上目遣いでの甘い一言…!

『交通費と飲食代だけは各自でお願いします、この時期は(略)』

00096
00100
00102
00103
00104
 では、楽しみにしていますね? おやすみなさい、雨野くん♪

決戦第四新東京市
 ダブルデート最高! と主旨変えした景太は、天道大主教の教えに従い
 簡単な準備を心に刻む事に
 と

 はい、お休みなさい!

 てきぱき!
 天道さん、擬音が聞こえてきそうな、見事な仕切りじゃった!!

 東京オリンピックもかくありたいものじゃのう!

『『この地味な中盤の町感! 』』

00106
 不穏な前日から一転し、やけに高いテンションで盛り上がる景太と天道!
 というのも、ここは某ネズミィランドではなく
 シュピール王国

 妙に中途半端、そこが逆に、ゲーム中盤に出てきそうで堪らないらしい

亜玖璃『たすくも解るの…? この謎のてんしょん』

00110
00112
00113
00114
00115
00117
00118
00119
00121
00122
00123
00125
 いや…、ゲームやる俺からしても、フツーにキモいから。このヲタクカップル…

タスククエスト
 目をキラキラ、足をカサカサ、キモい行動を繰り返す二人に、ドン引きする亜玖璃
 同じく祐も、二人ほど重症ではないらしい
 で

 あのカップルと、別行動とりたい感すごいんですけどー!?

 あれ作戦上手くいってる…?
 天道と景太はキモい、その一点で分かり合う祐カップル!

 さっそく、クエストクリアしちゃった?!

『『そちらさんは、さっそくケンカですか?』』

00127
 誰のせいだと思ってんだ!
 意気投合するダブルカップル!
 感、が仕事し過ぎ!

 お互い意気投合、万々歳じゃねーの感!?

天道&祐『(ここまでは順調ね…)』『(ああ…!)』

00128
00129
00130
00132
00133
00135
00138
 だぶるでーとか…、彼氏の意図が読めなさすぎ…、つらい!

疑え命ある限り
 ところがぎっちょん、悩んでいた恋愛師弟コンビ、二人は未だ「浮気」を疑っているのだ…
 景太が、やけにイヤがった真相もコレ!
 で
 
 朝のファミレスって、いつもと違って新鮮ですねーっ♪

 悩む亜玖璃と好調景太!
 実際、モーニングセットとかあって新鮮ですよねー、厚切りパンがサクふわで旨いし!!

 なお景太

景太『もう悩むもクソもない、純然たるゲームオーバーじゃないですか♪

00139
 祐と天道が、「自分達がデートしたい」が為の偽装だと確信し
 見事、ブッ壊れていたと判明
 愛が重い!

 亜玖璃が優しい!

『前言撤回、亜玖璃より全然重症だこの子ー!?

00140
00141
00142
00143
00146
00148
00149
00150
00151
00152
00153
 やっぱり…、これは完全なる浮気のカモフラージュですよねー…。

ウワキノキワミ
 まさか、彼氏(彼女)が絶望真っ最中だと気付かず、天道と祐は盛り上がる!
 結果、「今までになく楽しそう」と誤解を深める…!
 と

 ここからは俺達も、ある意味勝負だからな…!

 己の魅了を見せ付ける!
 天道は景太を、祐は亜玖璃をメロメロにし、「コイツは自分のだ」と見せ付ける…!

 まさに天下分け目の鬼ヶ島!

あれれー? 雨野先輩っ』

00155
 しかし手を伸ばした瞬間、名探偵コナンびっくりのわざとらしさで
 第三勢力、星ノ守姉妹が参戦
 場に混乱をもたらす事に

 やだ、隠れきれてない千秋、めっちゃ可愛い…!

千秋『心春? これは一体…!?』

00157
00158
00159
00160
00161
00162
00164
00167
00168
 雨野先輩との、デートの下見だと思って…。

乱戦前夜
 一番混乱したのは千秋で、一番可愛いのも千秋、実は心春の口車で連れてこられたのだ
 休日はゲーム制作にもってこいなのだが…
 と

 というか…、ケータには天道さんがいますし…

 ぐいぐい背を押す心春!
 知ってる! これ、後で「私も先輩が好きだったんだ」って陰で泣く奴だ…。

 どこにチケット入れてるんですかね!

『心の準備なんて言ってるうちに、、どんどん先輩の心が離れていっちゃうよー?』

00170
 ただ千秋も、「それはイヤだ」と思うだけの、アグレッシブさが残っていた…
 まだ、姉に戦う気が残っていると察したか
 微笑む心春

 この子、姉ちゃん大好き過ぎてホント可愛い。 

心春『そっかー、お姉ちゃんが行かないなら、先輩誘っちゃおっかなー?』

00171
00172
00173
00174
00177
00179
00180
00181
00183
00186
 いく…/ん? なぁに、お姉ちゃん?

お姉ちゃん☆コントロール
 姉の恋心を煽り焚きつけ、火をつけた優秀な妹! 心春によって千秋も参戦に
 もっとも、「下見」とウソついてだけど…
 と

 ゆ、遊園地、いきます!

 遊園地に着て行く服!
 慌てる千秋、的確な姉コントロール能力には、頭が下がる思いがします

 これがホントのシスコンか…!

く・わ・し・く・!!

00188
00189
00190
00192
 何を企んでるのか知らないけど…

絶対阻止
 元々、登場時モノローグで語っていたように、心春も天道にはコンプレックスがある
 作中珍しい、“天道は敵だ!”と思っているタイプ!
 と

 私とおねえちゃんを差し置いて、好きにはさせない!

 登場時以降は、下火だった敵対心
 ここにきて表面化か

 姉を応援したい、天道の邪魔をしたい…、つまりハサミ討ちの形になるな

星ノ守、心春です~♪

00193
 そんな怒りを心に隠し、見事に猫を被りきって見せる心春!
 ああ、思えばこの子もプロなのか
 プロの猫被り!

 つまり、ケータに剥がされるって寸法なのか…?

『ちょ、近寄らないでくださいゲス原さん! 穢らわしい!!』

00195
00197
00200
00203
00204
00205
00207
 仲良し姉妹で来て、何か問題でも~?

ライフゲージ
 いきなり飛び道具喰らった祐! 心春は、これは偶然だと押し切っていく一方
 ウチの姉だけ、ハブるとかどうなの?
 と

 ご、ごめんなさいね? でも仲間はずれにしていたわけじゃないのよ

 HP表示が…
 客観的に、「ゲーム同好会」として見れば、千秋だけハブられたよう見えます

 天道さんに罪悪感!

天道『私達ってほら、恋人がいる4人だから…』

00209
 正直に誘わなかった理由を打ち明ける天道だったが
 予想外の理由に、心春ショック!
 ライフゲージ激減!
 
 恋人同士、というのが一番のネックなんだよなあ…

景太『あ、あの、…遊びながら交流を深めませんか?』

00210
00211
00213
00214
00217
00218
 ぼっちから、アドバイスされた!?

クリティカル!
 際し、心春はダブルデートと強調、景太が嫌がった事を思い出したのか
 天道さん大ダメージ!
 が

 ひどい!?

 とばっちりで即死!
 基本的に、心春と天道さんは息ピッタリなんだな!!

 ピッタリだから嫌うのかもだが!

その後も、積極的に場をかき回す心春(物理)

00219
00221
00222
00223
00224
00226
00227
00228
00230
00231
00233
 心春が天道さんと一緒に乗りたい、と言えば、彼女は断らない…!

フィールドコントローラー
 するとケータは、チアキと一緒に乗るという寸法で、事態は心春の思うがまま
 引きずられ、祐も調子を悪くしてしまう
 と

 大丈夫?/大丈夫です、ご心配なくっ

 ほぼ初対面の相手に嫌われた祐
 この状況で、亜玖璃にアピールできるほど胆力が強くなかった…!

 人と祐は弱い生き物だから…。

『シュペール王国の名物アトラクション…、“絆ダンジョン”!』

00234
 とまれ一行は、ダンジョン風お化け屋敷のアトラクションへ!
 すなわち、二人の距離を近づけるには
 うってつけの空間へ!

 しかし心春ちゃん、ホント姉ちゃんの背中を押しまくるな!

天道さん『(そうよね…、まだここから挽回できるはず!)』

00235
00236
00237
00243
00244
00249
00251
00254
00260
00263
00269
00270
00272
00275
00277
 おお~、なかなかのクオリティだな

魔王ハーデスの手先
 この決戦場で、戦線の立て直しを図る祐と天道さん、実際、亜玖璃がビックリし…
 とっさだと、ビックリしますよねえ
 で

 大丈夫ですか!?/雨野くん…

 この事態に、天道さんを気遣い続ける景太
 舌打ちする心春!

 電気ショックって、ピカチュウみたいな!

この先は、暗闇の間です!

00278
 中でもまっくらな区画が、このアトラクションの山場!
 絆を確かめて下さい、とナレーションが飛び
 祐が、亜玖璃と先行する事に

 しかし祐選手、亜玖璃の手を掴めない…!

天道さん『こほん! では雨野君、私達も…』

00282
00284
00287
00292
00296
00301
 あーれれー? 出口、間違っちゃいましたー?

どどんまい
 また、良い雰囲気だった天道さんも、ここで一気に決着をつけようとしたのだが
 どっこい心春に先手を取られてしまった
 で

 すみません、ちょっと、めまいがしただけで…

 具合悪そうだった千秋
 心春は、それを見て「リタイア扉」から叩きだしたわけだが、そのまま昏倒

 中に人なんていませんよ…。

心春『…あ、やっと起きた?』

00302
00303
00305
00307
00309
00310
00311
00314
00319
 膝まくらしてた心春、「絶壁だなあ」とか思ってはいけない。

にやり
 昏倒した千秋、景太は心春一人に任せようとせず、千秋の介抱につきあう事に
 となれば、心春はニヤリ笑って…
 と

 さあて♪ それじゃ、あたしちょっと飲み物買ってきますね?

 後はお若いお二人で!
 姿を消す心春、まるでお見合いの仲人さんである

 しっかしスカート短いな!

『じ…、じろじろ見ないでくださいっ!』

00324
 この期に及んでも、素直じゃない千秋
 素直じゃなかったのだが…
 と

景太『…あ、天道さん。ちょっとごめんね?』

00325
00326
00328
00330
00335
00339
00341
00344
00346
00349
00354
00355
 あ、あのあの! こういう場所で独りだと…、心細いといいますか

デート・ア・ライブ
 千秋は「ズル」をする、席を外そうとした景太を、適当な理由で袖を引いたのだ
 対し景太、僕らこういうところに来ないから人酔いするよね
 が

 ち、千秋、誰とデートするの!?

 うっかり口を滑らせた!
 その「こういう所」に、何で来たのか問われた千秋、バカ正直に応えてしまう

 デートの下見、とかまた誤解されるじゃないですかー!

千秋『誰だっていいじゃないですか、そんなのー!

00356
 ホント可愛いな、この素直になれない誤解製造マシーンは!
 マシーンだから、千秋だから!
 ダダッダー!

 景太が、「千秋のデート」に動揺してて、ドキドキするね!

『……、け…、ケータは、モノさん、ノベさんの事、どう思ってますか…?』

00362
00365
00367
 すごく大切な人だと思ってるよ? それが心春さんだっていう事実は、消化出来てないんだけど…

物部さん
 時を置くほど、ケータの心は天道さんに寄り添っていく、これは最後の機会かもしれない
 千秋は、めちゃくちゃ躊躇ってから聞いた
 と

 天道さんだって、すごく大切な存在だよ?

 天道さんとどっちが大切ですか?
 意を決した問いは、もちろん景太を困惑させたが、彼も素直に応えてくれた

 天道さんとお付きさせて頂けて、すごく幸せな事だと

『上原君も亜玖璃さんも、…それに、チアキだって

00373
00374
 でもモノさん、ノベさん関係なしに、「自分」もケータの大切なものだと聞いて
 千秋は、一瞬それ以外はどうでも良くなった
 …のだと思う

 以降、「ケータの声」は急激に遠くなってしまった…、が。


00378
00382
 ケータのくせに、調子乗りすぎです

元を辿れば
 千秋、「ケータの大切」だけで幸せになりすぎたのか、或いは現実に引き戻されたのか
 元を辿れば、天道さんの名が出てくる
 と

 なんだよ、そっちから話振ってきたんじゃないのさ!?

 天道さんの本心が解らない
 その一言に、喧嘩腰なツッコミを入れ、またも口げんかにしてしまう千秋

 せっかくの好機も、まったく活かせないのが辛い…!

『あれ、心春?』『あれ、飲み物は?』

00384
 何より心春が覗いてたのがバレて、サービスタイムは強制終了に
 千秋の優勢、ノベさんだと明かして活かせるのは
 彼が誤解している今…!

 なのに、景太同様、ずっとぼっちだった千秋さん活かせない…!

心春『そんなこと、もうどうだっていいじゃないですか!

00386
00388
00391
00394
00399
00401
 いえ…、自分は先に帰ります

星ノ守千秋
 かなり理不尽な怒られ方をする景太だが、ともかく、最後はパレードの時間に
 だが千秋は「リタイア」を選ぶ
 と

 最後くらい、天道さんと楽しんできてください

 発想が景太と同じ
 なら、天道さんに勝てるとは思わず、「ぼっち」に戻る事も誰より恐れるのか

 やはり千秋に、告白という選択はないのか…。

『何言ってるのさ? パレード、一緒に見に行こうよっ』

00402
 しかし景太にしても、これが「滅多にない経験」だと誰より解るから
 千秋を、多少強引にでも付き合わせてしまう
 と
 
 友達とパレードを見る、この貴重なチャンスを千秋にも!

景太『あ、すいません千秋が倒れちゃって…』

00405
00406
00408
00414
00417
00420
00421
00424
00425
00428
 早くしないと、パレードはじまっちゃうよー!


 天道さんにしても、景太から連絡がない事に、不安を隠せない様子だったが
 千秋が倒れたと聞くや即納得に
 で

 それは大変です、急ぎましょう!

 独り気付いた祐は偉い
 合流した際、“景太が手をとった部分”を大切そうに握り締める千秋

 祐は本当に目ざといなあ…。

『行くよ、雨野っち!』『星ノ守さんも、行きますよっ!』

00432
 基本亜玖璃もだし天道さんも面倒見が良いタイプなんですよね
 いつも何かで、心が折れてる事が多いけど。
 心折れてる事が多いけど!

 スマホ見てるシーンのBGMが、妙に切なかったけど!

祐『…どうせなら、もっと前に行かないか?』

00436
00437
00439
00442
00444
00446
00448
00449
00453
00456
00459
00460
 僕たちも、行きませんか?

Los! Los! Los!
 これまた「ちゃち」なパレードだったが、ここにきて祐は、遂に勇気を振り絞ることに成功!
 対し景太は、なんとも自然にその手を…
 と

 そ、そうですね! 雨野君が迷子にならないように!!

 素直じゃない天道さん
 流れ出した前期ED、「正解なんて分からないけど進むんだ」って、ピッタリか!

 せーの、って突撃のテンションがおかしい!

心春『…今日はごめんね? あたしも何か、ムキになっちゃって…』

00464
00469
00472
00474
00475
00478
00480
 で、どうだった? …フラれちゃった?

青春コンティニュー
 結果的に、景太と天道さんの仲むつまじさを、間近で見せ付けられることになった千秋
 心春も、ざっくりと姉を慰める…
 が

 あふれる魅力で、あの男をトリコにしてやりますですよ!

 チアキさんが壊れた!
 ていうか、これも「青春コンティニュー」か!!

 ああ、そういうサブタイなのね!

千秋『自分達も、前に行きましょうっ!

00482
 祐と亜玖璃が、景太と天道さんが、付き合っているって「事実」は変わらない
 今回は、疑心暗鬼でゲームオーバーになりかけたカップルが
 改めてコンティニューする回

 千秋も、「景太の中での自分」を確認し、コンティニュー=続けると決めた、と

亜玖璃『今日はありがとねっ!

00484
00486
00487
00489
00491
00494
00496
 全然、ゲームオーバーじゃなかったよ…♪

青春リスタート
 千秋は、恋愛のスタートに立ち、とりあえず「元の関係」に戻ったってだけなんだと思います
 言葉の上で、諦めてないのは多分本心で
 と

 天道さん、もっと前まで行きましょう!

 カップルが二組。
 千秋は、景太に片思いしている、その現状を改めて再認識させた回

 ただ、景太は更に前に踏み出しますが…

雨野くん?

00502
 なお景太、踏み出した結果、いきなり溝に足を突っ込みましたが
 これも何かの暗示なんでしょうか
 次回は…?

 ノリが完全に最終回ですが、ともかく次回、アニメ版も最終回!

エンドカードなかじまゆか先生と「ゲーム」とは?

00505
 ラノベ挿絵2作がアニメ化、「パパ聞き」は作者氏が昨年逝去された。

Digital Lover 
 現在も同人サークルで、精力的に、或いは精を出させながら活動されている女性作家さん
 また、オリジナル同人ゲームも制作されており
 イラストを務めている

 エンドカード経験数も多くですが、同人人気的な理由が大きい気がします(多分)

2017年9月21日 ゲーマーズ! 第11話「ゲーマーズと青春コンティニュー」

00066
 絵コンテも演出もやたら分担、制作が相当に修羅場になってる…?

スタッフ
 脚本:内田裕基(シリーズ構成/全話担当
 絵コンテ:上坪亮樹、岡本学
 演出:上坪亮樹、水本葉月、岡本学
 作画監督:後藤麻梨子、関口雅浩、室山祥子、小澤円
 総作画監督:佐藤天昭
 エンドカード:なかじまゆか
 アニメ制作:パインジャム
 原作:葵せきな/ライトノベル
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

次回、あと一話あるよ! とにかく次回で最終回だよ!!

00078 -



























00115
00186
00505
 遊園地回に、甘ブリなかじまゆか先生…、わざとだな!(確信)

最後は日常回?
 と、二人の絆を千秋に見せ付けるラストに感じましたが、彼女自身解ってるんですよね
 妹に対しても、ケータが好きだと認められず
 現状を認めなかった

 自分は彼が好きで、彼は天道さんが好き、その関係を認める再出発

 変なこだわりは譲らない
 その点は景太と同じ、だから彼女もまだ諦めない

 諦めようとしたけど、自覚して、踏み出しちゃったって最終話前夜回だった!

 次回、第12話「?【最終回】」



 ゲーマーズ! 第1話「雨野景太と導かれし者達」深遊
 ゲーマーズ! 第2話「上原祐と強くてニューゲーム」狐印
 ゲーマーズ! 第3話「星ノ守千秋とすれ違い通信」ニノモトニノ
 ゲーマーズ! 第4話「INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ」切符
 ゲーマーズ! 第5話「亜玖璃と通信エラー」NOCO
 ゲーマーズ! 第6話「ゲーマーズと全滅ゲームオーバー」なまにくATK
 ゲーマーズ! 第7話「天野景太と天道花燐の最高の娯楽」四季童子
 ゲーマーズ! 第8話「エロゲーマーと観戦モードゲーマーズと半生ゲーム」睦茸
 ゲーマーズ! 第9話「星ノ守千秋とアカウントハック」よう太 ※エンディング変更
 ゲーマーズ! 第10話「ゲーマーズとネクストステージ」つなこ
 ゲーマーズ! 第11話「ゲーマーズと青春コンティニュー」なかじまゆか
 ゲーマーズ! 第12話「INTERMISSION × ゲーマーズと課金トーク【最終回】」仙人掌