公式サイト ゲーマーズ! 第10話 10話 感想 ゲーマーズとネクストステージ レビュー 考察 画像 内容 あらすじ ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
姿はギャルで心は地味っ子! 友達の為に怒る亜玖璃は良い子 たーんとお食べ!!

00004
00378
大混乱亜玖璃と、ここぞで祐をボッコボコにする天道&千秋めっちゃ可愛かった!!
 祐に好かれて、光栄と想う時代は過ぎ去りましたとか 
 何それ酷くない?!

 景太の為に怒った亜玖璃、亜玖璃の為に駆けつけた景太、相思相愛疑惑ッ!?

ただのバカップルだこれー!
 実際、亜玖璃は真っ先に祐に頼ってますが、あのイチャつきっぷりじゃ疑われるよね!
 キモヲタブタ野郎呼びに、愛しか感じなかったよ!
 罵ってください!

 妹の心春ちゃん、何でいちいちポーズがエロゲっぽいの?(疑問)

景太に、初めて心に響いたゲームSPACE OCEAN2

00179
 元ネタはSTAR OCEAN: THE SECOND STORY,1998年PS1作品。

千秋は切ないな…
 スーパーファミコンのSO1から世界観を継続、前作メインキャラが親になっている。
 自由度、やりこみ度が高くミニゲーム的要素も多彩で
 何周とプレイできた

 当時、4コマアンソロジーが18巻+α出るなど、出版的にも異常に評価が高かった。

エンドカードは、超次元ゲイム ネプテューヌ」のつなこ先生

00379
 デート・ア・ライブの挿絵先生でもあるアルよー!

あらすじ
 彼女持ちの祐が、千秋に告白した…、と誤解した千秋と心春に、景太は「会談」を取り持つが
 土壇場でヘタレて、人気ゲームを買いに行くと高らかに宣言
 天道は、改めて「自分よりゲームか」と思ってしまう

 一方亜玖璃は、中学時代の友達に景太らをバカにされ、静かに怒った
 
 心が弱った彼女は「祐の浮気」を目撃
 景太に助けを求めてしまい、彼は、大人気ゲームを放り出して助けに現れてしまう

 バカップル同然の二人に、祐たちは疑念を深めてしまった

 次回、第11話「?」

ゲーム同好会に、入って欲しい~?

00005
 星ノ守姉妹が、確実に、景太への想いを強めつつあった前回から一転
 景太は、何だか久々の亜玖璃に頼み込んでいた
 もはやお馴染みのお店で!

 いやいや、亜玖璃さん、ゲームとかやらないよね?!

景太『関係ありません! ゲームを愛する気持ちがあれば!!』

00004
00006
00010
00011
00014
 ゲームを愛する人を、愛する人でも可ッ! …です!!

ユルぅ!
 無論、亜玖璃にゲーム愛はゼロだが、やたらと食い下がる雨野景太高校二年生!
 もちろん、祐と同じ部活とはやぶさかではない
 が

 そこまで、空気の読めないオンナにはなりたくないな~

 やだ亜玖璃さん常識人…
 こんな、幼稚園児もびっくりの白濁液まみれなのに常識人……

 恋人の為、興味のない部活にはいるとか迷惑だよねー。

景太『じ…、実は! 天道さんにも声をかけているんです』

00016
00017
00018
00020
00021
00023
00026
00027
00028
00029
00030
00032
 同好会に入るなら…、こちらも差し上げますっ!

恋愛食堂
 祐目当てがダメなら、「祐が浮気しそうな人」が、部活に入ると誘ってはどうだろうか?
 だが、天道さん入部、という情報も打撃力不足…!
 が

 入る! 亜玖璃も入るっ!!

 ちょろい!
 アレだ、「ダイエットしたいからエスニック料理食べるよ!」みたいなアレだ!!

 亜玖璃だって、本当は“入部理由”が欲しいから仕方ない!

『(た~んと お食べ…、こんなもので幸せそうにしてくれるなら…)』

00033
00034
00035
00037
 だって…、裏で彼氏が他の女子に告白してたとか…!

策士甘味で溺れさす
 ここが問題! 千秋に「お前を選ぶ」と祐がメールした事で、景太は誤解し哀れんでいたのだ…!
 たーんと…、って昭和の人か!
 で

 可哀想そ過ぎるでしょーーー!?

 祐は「意訳:千秋の恋を応援する」為に
 そして景太もまた、「意訳:亜玖璃の恋を哀れみ、応援する」為に…!

 こじれた恋愛も、セカンドステージ突入ってワケだ!

『えっと…、色んな疑問はあるけど、とりあえずおめでと、チアキ?』

00040
 そして数日前、夏休み開始直後、千秋の妹がエロゲ購入を目撃された日に。
 前回ラスト、祐並みの絶叫オチでしたが
 冷静に見れば幸いです

 景太視点では、チアキは上原君(祐)が好きなのですから。
 
『だって、好きな人(祐)から告白されたんだし、嬉しい事じゃないか?』

00041
00042
00044
00046
00047
00049
00051
00052
 そうかもですね…、嬉しいと思います、「気になる人」に、好きって言って貰えたら。

君は何に恋をして
 景太は、千秋に、まったく“恋愛感情を持たないもの”特有の励ましを贈った
 友達が友達を祝福するのと同じソレだった…
 が

 あたし的には、さっさと断れ一択なんですけどっ!

 温度差ある千秋と景太
 対し心春は、「それ浮気ですよね? お姉ちゃんをたぶらかそうなんて許せない」とド正論に

 やだ祐、知らない所で悪評が広がってる…!

『(確かに! …亜玖璃さんにどう顔向けしたら良いんだ?!)』

00053
 いや反応がクソ遅いなドヘタレゲーマーの景太くん!
 そんなだから、ゲームも下手なんだよ!
 多分!

 上原君はチアキが好き…、亜玖璃は上原君は好き…、つまりハサミ討ちの形になるな…。

心春『ぃよし! 今から電話で、断っちゃいましょう!

00054
00055
00056
 あ、そういう事なら、ある意味、お断りのプロに聞いて見よう!

本日の相談者
 さすが心春ちゃんアグレッシブ! 不本意に告られたら、即断るのが戦術の基本!
 悪・即・斬、恋愛(ゲーム)慣れした妹の勢いに
 二人は当惑するばかり

 特に、告白され慣れてない千秋は、断る理由もないし…、と

 そこで景太くん、ピンとくるとは誤解が早い!

『天道さん! ぜひ僕に、異性を振る為のテクニックを教えて下さい!』

00061
 テクニックのザ・天道! 景太の思いつきは、「告白キャンセル」の達人への相談!
 日頃、天道さんにめっちゃ遠慮しがちな景太だけに
 ロクに電話した事あるワケがなく…

 彼からの唐突な電話に、天道さんもあわてる事しきり!

天道『そ…、それは雨野くんが使う為に…、という事ですか…?』

00063
00069
 はい、僕が使います!/い、イヤです!?

そして誤解がまた一つ
 天道は、景太が「自分を振る」為に、こんな電話をしてきたと激しく誤解
 遠回りな絶縁要請と受け取ってしまった
 と

 天道さんの意見が、一番参考になるんです!

 畳み掛けていく景太!
 彼の中で、「振るのに慣れた天道さん」なら、意見豊富だという確信だった…!

 そも景太に、友達が少ない、というのはまた別の問題として!

『でしょうね!? そりゃ私に聞けば一番確実でしょうね!?』

00070
 何故ならその言葉で、景太が自分を振ると思い込んでいるのだ
 そも、こんな電話をした時点で「そういう意味だ」と
 察してしまったのである

 忖度! 相手の言葉の真意を察する、美しきジャパニーズ・マジック!!

『天道さん?! どうしましたか、通りすがりのボクサーに腹パンでもされましたか!?』

00071
00072
00073
00075
00076
00077
 そんな狂気の沙汰には出くわしていませんが、ある意味、同じくらいの瀕死です!?

天道花憐と出番なしハッピーエンド
 しかし残念なことに、今回の誤解はあっさりと終了になってしまった
 誤解を重ねて正していくスタイル…!
 と

 愛する彼女を助けない彼氏が、どこにいます!

 フツーに彼氏って言ってる!
 そして唐突に、ナイスタイミングなボクサーのモブは何者なんだ…!!

※腹パン=腹にパンチを貰う事。ボディブロー。

天道花憐『頂きました!

00081
00085
 ご迷惑をおかけしました、天道花憐はもう…、大丈夫です!

頂きました!
 誤解と脳ミソが溶けた天道さんは、相談も理性も、一瞬でフッ飛ばして会話を打ち切ることに
 この一言で、きっと彼女は十年は戦える!
 で

 雨野くん…、好きよ

 去り際にクリティカルを残すスタイル
 これがウィザードリィなら、ノーダメージからニンジャに致命傷を貰ったようなものであった

 汚いなさすがメインヒロインきたない

…ウチの彼女さんって、どうしてこんなに可愛いんでしょうね?

00087
00089
00091
00092
00094
00095
00096
 え、えーと、じゃあ心春さん何かはどうなんですか?

褒めろメロスのように
 無事、脳をやられた景太くんだったが、幸い心春ちゃんのツッコミによって無事蘇生
 千秋だけなら、今の発言で即死していたかもしれない。
 が

 心春さんって、すごく可愛いから、いっぱいされるんじゃないですか?

 やだ心春ちゃん評価がド高い…!
 千秋がベタ褒めする妹、当然、千秋クローンの景太もベタ褒め必至であった

 可愛いから、いっぱいされる(意味深)。

心春『まー、あたしの場合は? 今は、そういう事に全く興味がないからみたいな…』

00098
 動揺しながらテンプレ回答する心春ちゃん、明らかに想像で話している…!
 それとも、ホントにこうやってフりまくるくらい
 告白されてるのでしょうか

 むしろ、告白されてなきゃおかしい可愛さですしね!(姉含む)。

『あはは、そういうのって、エロゲーマ』『先輩?

00099
00100
00101
00102
00105
 え、エロゲーマーの僕から言わせれば?

瞬間百面相
 基本、隠し事できない性格の景太は、うっかり真相をバラしかけたものの
 無事社会的に自害。
 と

 総てのメスは、男に抱かれたがっているんでゲスかねえ~

 千秋複雑…。
 さっきの、恋人宣言といい、無駄に千秋がライフを削られていく…!

 神は千秋にマジ厳しすぎる…!

『あたしは生徒会長だから、今はそれどころじゃない。的な理由も通るけど』

00106
 気を取り直してもう一度、心春ちゃんな生徒会長なので忙しい!
 と言って、断ることが出来ますが
 翻って姉は…。

 ケータ、なんて顔しとんの!

『あのあの…、姉は一応、ゲーム作ってたりはするのですが…』

00107
00110
00111
00112
00113
00116
 そういえば、姉妹揃って、フリーゲームに携わっているんですね?

愛のなりきりごっこ2
 妹に続いて、姉も口を滑らせ、必死こいて誤魔化そうとする涙ぐましい努力…!
 この姉妹、似た者…!
 で

 どーも、ノベです! しゃきーん!!

 エロゲーマーである事は景太が
 ノベである事は心春が

 それぞれ、肩代わりしてるからややこしい!

『チアキと上原君、及び…、これを打破する方法はひとつしかないと思うんだ』

00118
00119
 どやあ! というわけで、天道さんと亜玖璃さんをゲーム同好会に加入させ
 関係者全員で、話し合いの場を設ける…!
 それが解決策!

 ってそれ、祐が半生ゲームでやらかした事じゃないですかー! どやあ!

『皆さま! お忙しい中お集まり頂き、誠にありがとうございます!』

00120
00121
00122
00123
00124
00125
00126
00127
00128
00129
00130
00131
00133
 僕は明日! 全力でSPACE OCEAN 5を買いに走ろうと思っていますッ!

やりきったかい?
 なお景太、主要メンバーを集めた時点で、魂も魄も尽き果ててしまい
 話をそらしてしまうのであった
 と
 
 無理無理無理無理! こんな状況で話なんて切り出せるわけないよー!

 勢いでメンバーを集めた!
 はずなのだが、その後が続かないタイプ!!

 さすがケータ君ってば、ヘタレ!

祐『…で、何だ、そのSPACEうんたらって?』

00134
 ただスペオシリーズが好きなのは、生涯ベスト1級に本当だった!
 ていうか、気付けばもう夏休みが終わってた!
 前回で始まったのに?!

 ともかく、そんなに好きなら予約してるはず、なのだが…!

『今年の夏はさ、ほら…、色々あったでしょ?』

00135
00136
00139
00142
00144
00146
 雨野っちは、本当にそのゲームが好きなんだねー?

SO2
 とまあ夏休みは「色々あった」という事で、そこはまあ色々あったらしいのだが
 謀殺されて、予約にもいけなかったらしい 
 が

 これは僕にとって、始まりみたいなゲームなんです

 だから是非欲しい!
 それ自体は、本当だから邪魔しないで欲しい…、と

 景太、全会一致で慈しまれる事に

景太『一番最初に、心に響いたゲーム、って言うんでしょうか?』

00147
00148
00151
00152
00153
 このゲームをやる為に、僕は生まれてきたんだ! みたいな勘違いしちゃったんですよねー

雨野っち頑張れー!
 幼い頃、景太は第2作、SPACE OCEAN2に、他のどのゲームよりもドハマリしてしまった
 だから、今回ばかりは行かせて欲しい
 と

 皆に報いる為にも、僕、明日は全力で頑張るねー!

 実際“STAR OCEAN2”は人気作
 1998年発売、バグも多く、ゲームバランスも時々ジェットコースター化する難点も

 しかし未だリメイクされ続け、シリーズで最も人気とも言われる

『お姉ちゃーん? 電気くらいつけなよー、うぁ!?

00155
00154
00158
00160
00161
00163
 ああ…、SPACE OCEANの2作目です。これ、すごく面白いんですよ?

セカンドストーリー
 その夜、当時者の心春は、進捗どうでしょう、と姉の部屋を訪れたのだったが
 結局、姉はSO2をひっぱり出してたらしい
 と

 今日の話し合いは? ゲームできるほどに、整理ついたんだ?

 PS4は枕!
 景太と同じ感性で、ゲーム性を愛する千秋にとっても、スペオ2は刺さっていたらしい

 てか、パッケージがまんまですよトライエース社さん! 

心に刺さったSPACE OCEAN: THE SECOND STORY

00164
 男主人公かヒロインか、主人公を選択可能で、殆どの仲間が条件制で加入
 もちろん、ストーリーの大筋は決まってるけれども
 非常に自由度が高かった

 ギャルゲーのように「感情度」があり、最後に誰がくっつくかも、ゲーム展開で決まる仕組みも

 ミニゲームも充実し、やりこみ度が高かった(しかしコンプはバグで不可能であった)

『結局、ケータがチキンっぷりを発揮したせいで、何一つ解決しませんでしたし!』

00166
00167
00170
00173
00175
00177
00178
 でも、そのゴチャゴチャ、半分はお姉ちゃんのせいだけどね? あたしまで巻き込んで

チキンコンビ
 ともかく、「巻き込まれた側」としては、どうなっているのか気になるところだったが
 まあ、片付いてないだろうとも予感していた
 が

 えとえと…、ケータには天道さんっていう彼女さんがおりましてですね…

 姉のヘタレっぷりが…!
 妹、姉を応援してやりたい妹としては、まず「方向性」が大事なのだ

 千秋自身が、どうしたいのか、が。

心春『お姉ちゃんはさ、結局、先輩と仲良くしたいの?』

00179
00180
00181
00184
00187
00188
00190
00192
00194
00197
 ていうか、ごめんね? …急に

どうしたいか
 景太と仲良くしたいか、今まで通りで居たいか、それとも距離を置いてしまいたいのか
 図らずも、姉を追い詰めてしまった心春は退出する事に
 と

 自分はケータと…、どうしたいのですか…?

 千秋は「どうしたいのか」
 心春が聞きたいことは、千秋自身にも検討もつかず、彼女を苦悩させる事となる

 心春ちゃん、優しい上にサービスショット連発とは…!

『(じゃ、行ってきます上原君!)』『(おう、ガンバレ!)』

00198
00199
00200
00202
00203
00204
 ホント…、ゲームに対する熱意だけはすごいな…

放課後
 こいつら直接、脳内で会話してる…! 冒頭の絶叫芸といい、すっかり名コンビとなった二人
 祐は、昭和の走り方で去っていく景太を見届けると…
 と

 それじゃ…、俺も行きますか!

 走れ残念作画!
 ていうか、もう「亜玖璃が浮気してる」とか疑わないあたり、熱い男だ祐!!

 視聴者的には「あ、また景太と密会してそう!」とか思っちゃう!

『(今、星ノ守の味方をしてやれるのは俺しかいねえ! その意思表示だけは!)』

00205
 総ては千秋に「俺は味方だ」と伝える為、心春ちゃんといい味方の多い千秋
 身内や判官贔屓、どんな理由があるにせよ
 千秋もホント愛されてる!

 そして祐が、落とし穴に全力疾走してるように見える…!

『(雨野も亜玖璃も居ない今こそが、チャンス!)』

00207
00209
00211
00212
00214
 い、未だその答えは出せてないと申しますか! 傷つける覚悟がないと申しますか!

有能なる誤解
 さて千秋、これまた昭和のリアクションで、「上原祐への」正直な気持ちをぶちまけるが
 対し、祐は「景太」「天道へ」と解釈
 で

 なるほど、まだ雨野への、…略奪愛で天道を傷付ける覚悟は出来てない、と

 すげえや間違ってない!
 景太への気持ち、それに天道と略奪愛する覚悟も、確かに千秋にない!!

 ていうか、その気付きって核心じゃん!

『上原さんが、ジブンの気持ちを知りたがるのは当然の事と思います!』

00215
 了解した急がせて悪かったという祐に、誤解を重ねる千秋
 千秋にすれば、前回ラストで上原祐に告白され
 返事すべき状況なのだ…、と

 凄いぞ、話し合いが完璧な相互不理解を生んでいる! 対話による不解決!!

『えっと…、良く解りませんが、お二人の用件は済んだと見てよろしいでしょうか?』

00216
00218
00222
00223
 えっと…、実は私も、折り入ってお二人に聞いて貰いたい事があるのですが…

期せずして
 また、ここでサラサラの長髪が美しい天道さんが乱入、事態は期せずして更に期せない方向へ
 天道さん、さっきの「頂きました!」が継続ダメージ中らしく
 もう、ホント乙女…!

 ひょこっと出てくるのが、ホント可愛かった!

 ハハッ、もじもじしてやがるぜ!

『(しまった…、ハメられた…!

00224
 一方中学時代の友達に会いに行った亜玖璃は、一瞬で事態を把握…!
 違うよ、これからハメられるんだよ!
 とか思っちゃいけない!

 中学時代の女子会、と聞いたのに居たのはコレだよ…!

『見てコレ、中学時代のあぐり? ちょーヤバくない?』

00225
00226
00227
00228
00229
00232
00233
00236
00237
00238
00240
00243
00244
00247
00250
00251
 げーむ同好会入ってるとかマジ? …キモヲタブタ野郎ばっかなんでしょー?

オタサーの姫ェ
 キモヲタブタ野郎と、2語3連続させる語呂の良さ…! どうも亜玖璃のイメチェンと同好会入りで
 笑いものにしようとしたらしい
 が 

 俺には無理だわー? ニオイ移っちゃったら大変じゃーん?

 実際、くさい人もいるけど!
 この反応こそ、祐が友達にゲーム好きを隠そうとした理由というか…。

 最近出番少ないけど、彼らも良い男よね…。

『あ、ごめーん? 亜玖璃、そのキモヲタブタ野郎と話す方が、遥かに楽しいんで~』

00252
しかし亜玖璃でシコッてる(自慰行為、おそらく前回の妹さんもしていたモノ)だの何だの
 好き勝手、自分の友達をバカにされた亜玖璃は
 席を立って「面目」を潰してしまった

 彼ら、気持ち良く、他人をバカにして楽しんでたら「それ以下」とバカにされたでござる。

彼氏でもない男を、多少ディスられたくらいで何キレてんの?』

00253
00253
00254
00258
00260
00262
 信じらンない、そんな事で空気壊して!

分水嶺
 昔の自分をバカにされ、居心地悪くても、亜玖璃は居続けようとしたが
 それでも、話が景太に及ぶにつれ
 と

 雨野っちは、確かにきもおたぶた野郎かもだけど、そんな事じゃない

 そこは認める亜玖璃さん!
 空気を壊すな、紗理奈にしても同調圧力だった事は解っている

 解っていても空気を読む、それが現代人!

『彼氏じゃないんでしょ、そいつ!』『だから何?』

00264
 紗理奈にすれば、「友達」である亜玖璃を笑いものにしたし
 彼氏がいる、と伝えた亜玖璃に対し
 自分もいると返した

 彼氏じゃない相手なら、話を盛り上げるネタにして構わない
 
『あんた、結局変われてない! 中身は地味なまんま!

00265
00267
00270
00271
00272
00274
 あはは♪ それ今日(で)一(番)嬉しいよ♪ ありがとね、紗理奈♪

割と理不尽
 自分はバカにされて許せても、「友達」をバカにされたら許せなかった亜玖璃
 亜玖璃の価値観を、地味くさいと責めた紗理奈だが
 彼女には笑い返されることに

 友達の為、一線を譲らなかった亜玖璃、見てるだけだった男二人の対比

 紗理奈、怒りの眼光!
 お前らも「友達(紗理奈)」の為に、何か言えよ! って思ったんでしょうか 

 割と理不尽だけど、わからんでもない!

『たすく~…』

00275
 けれど無敵の亜玖璃も、声が聞きたいとき、祐が電話に出てくれず…!
 亜玖璃さん、無敵モード終了…!
 小さい…

 祐も亜玖璃も、友達のため必死なのは、似たもの夫婦なのね…。

『お二人に聞くのは、おかしな事だとは思うのですが…、実は…、最近、少し調子が変なのです』

00276
00277
00278
00279
00280
00283

 その…、雨野くんと付き合ってから、お肌のハリがものすごく良くなったり!
 いつも食べていたものが、すごくおいしく感じたり!
 もぅほーんと!

 世界が、輝いて見えるのです~!


00284
00285
00287
00290
00291
00292
00294
00295
00299
 あ…、ダメだこいつ……。

嘆きのリア充頂点
 会えない時間が、愛を大豊作させている天道さん、しかし景太はゲーム最優先だし
 そのくせ、亜玖璃とは良く会っている様子…
 と
 
 亜玖璃自身、雨野の事を手のかかる弟くらいにしか思ってないって言ってたし

 天道の疑いも無理からぬ事
 しかし経験者の祐は、自身も納得している理由で彼女を説得する

 実に納得の説得である。

『しっかし、雨野からゲームを取り上げたら、それはそれで…』

00301
 残る障害はゲーム、ゲームから始まった恋なのに
 ゲームが障害とはこれいかに!
 ゲーマーズ!

 かといって、「天道と過ごす事」より、ゲーム道を優先させたレベルだし!

千秋『それは…、仕方のない事ですよ、天道さん』

00303
00305
00307
00310
 だって、景太ってそういう奴じゃないですか? …だからこそ、天道さんは…

雨野景太
 元より、モテ体質かつゲーム好きの天道は、同じ趣味を持つ景太に共感して出会ったし
 それが高じた頑固さに仰天させられた
 と

 確かにそうだわ、私や友達よりもゲームを選んじゃうのが雨野君なのよね

 あまりにダメ人間な景太。
 でも天道さん自身、青春よりゲームに邁進してるし、景太は更に徹底してる

 共感するし、自分にない部分に好意を感じるみたいな。

『(しっかし天道、ホント雨野のことが好きなんだな…)』

00311
00312
 とは祐の呆れだが、同時に、同じ感想を持ったであろう千秋が…!
 千秋にすれば、誰よりそれに共感できるし
 天道に勝てると思ってない

 千秋の中では、天道が景太に愛想を尽かす事、それだけが勝利条件のはずなのに…!

祐『ま、まあ! ノロケ話はその辺にしてだな!!

00313
00315
00316
00318
00319
00320
00321
00322
00323
00324
 うぅ…、う、浮気の証拠すぎるでしょー!?

誤解のつくりかた
 祐にすれば、これ以上、星ノ守を傷付けたくないあまりのイケメン行動だったが
 これを、亜玖璃が目撃したからややこしい!
 と

 ああ! 何か覚えのある叫びのテンション?!

 理解力の高い祐!
 からの今週、妙に大活躍な昭和な演出だこれー!!

 亜玖璃は、めっちゃかわいいなー!!

天道『亜玖璃さん!? 大丈夫ですよ!

00325
00327
00328
00329
00330

 亜玖璃さん!? 大丈夫ですよ!
 上原君なんて、私にとっては雨野くんにまとわりつく虫みたいなもんですから!
 ですです! 上原さんに好かれて光栄だと思える時代は、とうに過ぎ去りましたよ!

 二人ともありがとう! しかし何故だろう、俺は今、若干傷付いているッ!!

 浮気男は黙ってて下さい!!(サラウンド)


00331
00332
00333
00335
 うわーん! ウチの彼氏が浮気相手に浮気男認定されてるー!!

安心の浮気男
 天道さんの言い草は納得だったが、まさかの千秋まで、えらい勢いでディスってる!?
 お前ら、内心そんな風に思ってたの!?
 で

 助けて雨野っちー!

 結果、亜玖璃が頼るのは。
 これまた、安心のキモヲタブタ野郎こと雨野っちなのであった…、と。

 雨野なんなの、ウルトラマンか何かなの!

『ごめんね…、亜玖璃、何だか勝手にテンパっちゃって…』

00337
 本作の半分は誤解と、勝手に思い込みで出来てるから仕方ないね
 むしろ、悪化の前に防げたレアケースと言えよう
 おそらく。

 第10話ともなると、防げるケースが増えましたねえ

『亜玖璃さんは悪くないですよー』『おい何だ、その他に諸悪の根源がいる見たいな言い草は』

00338
00339
00341
00342
00343
 あ、そういや雨野っち呼び出しちゃったんだ! 訂正しなきゃ~

ご愁傷さま雨野くん
 とまれ誤解は解けたが、約一名、巻き込まれた雨野くんがお気の毒な展開に。
 ただ、丁度さっきその話をしてたんでしたっけ。
 と

 おそらく、訂正しなくても大丈夫ですよ~

 景太はゲーム第一!
 それも、売り切れ必死の超人気作、生涯ベストゲーム最新作を買いに行ったんですから…、と

 えっ…、なにこの数え役満

亜玖璃さん!

00345
 しかしやんぬるかな! 雨野景太高校二年生、颯爽登場…!
 つまり、彼女を放っぽり出してゲーム買いに行く奴が
 ゲームより、亜玖璃を優先した…!
 亜玖璃ファースト!

 呆然の天道選手、「ゲームを買いに行ったんじゃ?」と問いかけるも

『え? そんなの途中で切り上げましたよ、ゲームどころじゃないでしょ~』

00346
00347
00348
00351
00355
00357
00359
00361
00363
00364
00365
00368
00369
00370
00372
00378
 あははっ! 雨野っち汗でべたべたじゃーんっ♪ やっぱりキモヲタブタ野郎かも~♪

んんん…?
 その上、女性が苦手と公言している雨野景太が、亜玖璃相手には強気なこと!
 亜玖璃も、信頼あふれるディスりっぷり!
 と
 
 それもこれも、早とちり身勝手ギャルが呼び出したせいじゃないですか!

 Q:この二人の関係を答えなさい
 A:バカップル

 なんだこの弾幕ー!

2017年9月14日 ゲーマーズ! 第10話「ゲーマーズとネクストステージ」

00322
00327
 作画班大量投入! 制作体力は、最後まで持つのか!!

スタッフ
 脚本:内田裕基(シリーズ構成/全話担当
 絵コンテ:寺束克己、大城美幸
 演出:野木森達哉
 作画監督: 山中正博、後藤麻梨子、小澤円、森悦人、小美戸幸代、山崎展義、大原大
 総作画監督:佐藤天昭
 エンドカード:つなこ
 アニメ制作:パインジャム
 原作:葵せきな/ライトノベル
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

景太と亜玖璃、浮気疑惑再浮上…? 作中、一番仲良しだからね!

00284


















































00228
00253
00164
00379
 エンドカードは、超次元ゲイム ネプテューヌ」のつなこ先生

ネクストバトル!
 再び、景太と亜玖璃ラブラブ疑惑が再燃…! 何せ数ヶ月に渡って相談しあい
 景太にしても、祐が天道さん、千秋に浮気してると思い込み
 彼女の味方たろうとしています

 そりゃ、誰だって疑うし、エンドカードが亜玖璃じゃないのが不思議なレベル

 なんで亜玖璃や心春はエンドカードがないのか!
 なんでや工藤!

 とまれ、亜玖璃が真っ先に頼ったのは祐で、揺らいでは居ないんですけどね!

 次回、第11話「?」


 ゲーマーズ! 第1話「雨野景太と導かれし者達」深遊
 ゲーマーズ! 第2話「上原祐と強くてニューゲーム」狐印
 ゲーマーズ! 第3話「星ノ守千秋とすれ違い通信」ニノモトニノ
 ゲーマーズ! 第4話「INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ」切符
 ゲーマーズ! 第5話「亜玖璃と通信エラー」NOCO
 ゲーマーズ! 第6話「ゲーマーズと全滅ゲームオーバー」なまにくATK
 ゲーマーズ! 第7話「天野景太と天道花燐の最高の娯楽」四季童子
 ゲーマーズ! 第8話「エロゲーマーと観戦モードゲーマーズと半生ゲーム」睦茸
 ゲーマーズ! 第9話「星ノ守千秋とアカウントハック」よう太 ※エンディング変更
 ゲーマーズ! 第10話「ゲーマーズとネクストステージ」つなこ
 ゲーマーズ! 第11話「ゲーマーズと青春コンティニュー」なかじまゆか
 ゲーマーズ! 第12話「INTERMISSION × ゲーマーズと課金トーク【最終回】」仙人掌