公式サイト Knight's & Magic ナイツ&マジック 第11話 11話 感想 Hit&Away レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 21時追記 原作未読 前回はこちら
幻晶騎士vs人造竜! 技術競争の行き着く先は、趣味人vs趣味人の空!?

00449
00421
00342
竜退治は騎士の本懐! 戦闘艦というには? あまりに趣味的なのが? 実にいい!!
 飛空船の滞空性能、幻晶騎士の柔軟さと火力を盛り込んだハイブリッド
 武器のハリネズミとは素晴らしいね!

 魔獣退治で名を上げたエル、次は人の造ったデカブツ相手ってワケだ!

ハリネズミ二匹目
 また、愉快な剣戟性能を持つソードマンも再び、エドガーのようにディーも宿敵と決戦か
 前向きに、フルアーマー女王となったエレオノーラ様
 あーん、が可愛かった!

 現代人のノウハウと魔法の併せ技、無慈悲な対空戦も恐ろしかった…!

侵攻軍司令を失い、立ち往生に陥ったジャロウデク軍

00377
 自信を木っ端微塵にされ、錯乱し、ガルマパロディで逝ったクリスはさすがに気の毒…!

レスヴァント・ヴィード
 小改造で、現行機に対応できる点で非常に優秀、動きが鈍いため拠点防衛に適しますが
 今回、「改造しやすさ」を買ってか大量生産に至っており
 何と攻城戦まで投入…

 旧式化した機体を、遠距離戦メインで改造し一線へ、まるでジムⅢのようですね!

 原作では、既に新型も投入される時期との事

エル『そちらもまた然り、という事ですね? オラシオ・コジャーソさん』

00414
 エル君が、名指しで呼びかけるとか、コジャーソさんすげえな…。

あらすじ
 西方歴1281年、クシェペルカ侵攻軍司令クリストバルは、自ら討伐軍を率いエル達に返り討ちに
 急場で、エルの前世界での知識を元に“対空装備ミッシレ・ジャベリン”が製造され
 彼は虎の子と鋼翼騎士団と運命を共にした

 クシェペルカは再建国、大西域戦争=ウェスタン・グランドストームは新たな局面へ

 それから数ヶ月、銀鳳商会と新生王国は、戦力拡充と国土奪還に奔走するが
 王子を失ったジャロウデクも新兵器を誕生させた

 オラシオの新発明、飛竜船“ヴィーヴィル”新王国軍を蹂躙する

 次回、第12話「Knight&Dragon」

王女の居場所がわかっただと!? 感謝するぞ姉上!』

00000
 銀鳳「商会」を名乗り、ジャロウデクを襲撃、その廃材でクシェペルカ残党を強化するエル達
 もはや、無敵だったティラントーも通用せず、ジャロウデク王女カタリーナは
 暗闘部隊、銅牙騎士団を差し向けるが返り討ちに遭う

 ここに至って、彼女は「軍事」を司る弟・クリストバル王子に、王女の居場所を伝えた

カタリーナ『待ちなさい! 総大将自ら出陣するつもり?』

00001
00002
00003
 もはや、誰もアテに出来ない!

王族騎出陣!
 元々、戦いを好むクリス王子ですが、諫め役である腹心、ドロテオの部下がまず失敗し
 続いて、ドロテオ自身まで失敗しています
 で 

 まとめて俺の手で、叩き潰してやる!

 先ごろ、王国最強の幻晶騎士“国王騎”すら一蹴した彼の心は、まさに無敵モード!!
 ドロテオが失敗した今、誰も止める者は居ない!

 完全無欠の敗北フラグやで!

空の支配者は、私めでございますれば…

00006
 オープニングは更に効果音がアップし、ますますうるせェ!!
 もとい、「予告」では早くも仰天する紫コロネ頭殿下と
 悪い眼鏡が…!

 やっぱり、眼鏡にロクな人はいないんでしょうか!(エル君も元は眼鏡です)。

ジャロウデク軍の動きは迅速だった

00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
 黒顎騎士団と、鋼翼騎士団を擁したクリストバル率いる討伐軍は…

伊達に頭にコロネ付けてません
 軍事に長けたクリスは、前回冒頭の町、大公領だった交易都市フォンタニエを経由し
 更に、デトンマキ男爵領を瞬殺。
 で

 瞬く間に、王女エレオノーラを匿う、ミシリエへと至った

 前回の防衛戦での残党貴族
 彼の巨大な城塞都市を、「空中からの攻撃」というチートによって瞬殺するジャロウデク

 その迅速さは、クリスの非凡な才能を描いたものと言えます

クリス『静かなものだな? 穴ぐらに閉じこもって抵抗する兆しもない』

00015
 慢心? これは余裕というもんだ…、とばかりに、連勝ムードのコロネ頭殿下
 余談ですが、船に、船首像のように幻晶騎士がくっ付いてるのは
 流用し制御室に用いるとの事

 ここで船を動かし、艦橋は、指揮や情報収集を担っているとの事(前回でのコメント欄より)

 開発・製造コストを意識した設計、実に素晴らしいですね!

オラシオ『あの鬼神が? 本当に? それはそれで滑稽? ではありますが』

00016
00017
00018
 コジャーソ卿、お下がり下さい。窓際は危険です!

鬼神待ち
 一方、空への独占欲がハンパ無い「飛空船」開発者、オラシオは今日も平常運転
 随伴船なのに、前に出ろとか無茶を言う!
 で

 早く出てきてくださいよ? あなたを見る為に、私はここまで来たのですから

 まるで注意を聞く気がない…!
 なお飛空船は、彼の一族の研究の集大成であり、実現の為に独断で売り込んだそうな

 天才ですが、ちゃんと蓄積と裏づけのある技術らしい。

クリス『奴らに、死を覚悟する時間は与えた…、総がかりをはじめよ!』

00019
 かくてエル君の罠に飛び込んでゆく紫クリームパン頭殿下…!
 眼帯の副官ドロテオは、「失敗」で配置転換となったらしく
 運よく惨事を逃れる事に

 もっとも、責任感の強そうな彼には、死ぬ以上に辛いでしょうが…。

エル『今です!

00020
00021
00023
00026
00027
00028
00030
00031
00033
00034
00036
00038
00042
00044
 対空装備“ミッシレ・ジャベリン”発射!
 
覇権終了のお知らせ
 エル達は、魔法照明弾で空を照らし、船の位置を確認するや、「対空兵器」を雨あられと発射
 夜戦は、悲しいかなエル達のアドバンテージとなってしまった
 と

 こんな高さにまで届く“槍”だと!?

 悲しいノウハウ差!
 空という優位も、対策を用意してあればご覧の通り…

 面白いようによく落ちる。まるでトンボとりでもしているようだな!

オラシオ『ほほおー! これはこれは!!

00045
 エルの対空装備は、槍を魔法で高く打ち上げ、自由落下で加速して威力を増す
 現代での、「地中貫通爆弾」のノウハウそのもの!
 圧倒的な貫通力を発揮した

 また、槍の細長さは抵抗を減らし、更に貫通力を増す効果があるとか。

アディ『もういっちょ、いっくよーっ!』

00047
00048
00050
00051
00052
00053
 四番船もヤられただと!? 本陣船に張り付け、殿下の盾になるんだ!!

バイゲリッター
 幻晶騎士を下ろす為、船がハッチを開き無防備となる瞬間が、エル達に絶好の攻撃機会!
 何より、攻撃されると思っていなかったのだから!
 で

 実に、面白いですねえ…

 スポンジのように吸収する変人。
 リアクタを2個持つ、大出力幻晶騎士の人馬型に、各4本を搭載しての対空戦!

 急造ゆえ装填は人力だが、“ギア”を持つ銀鳳なら屁でもない!

船長『槍の間合いから離れなければやられる!

00055
 しかも混乱したジャロウデク軍は、まだ安全高度(低高度)に達していないのに
 船を軽くするため、幻晶騎士を次々と切り離し
 貴重な戦力を自滅させる事に

 これもまた、致命的なノウハウ不足と言えるでしょう

クリス『この俺が…、まんまと奴らの罠にハマッたというのか…!』

00056
00058
00061
00063
00065
 待ちくたびれたぞジャロウデク…、一番中隊、法撃開始ッ!

ガンキャノン達
 真っ赤になるクリス殿下、降下した部隊は、待ち構えていたエドガー中隊が迎撃し
 一方的な法火に晒される事に
 と

 この先…、一歩も行かせはしない!

 大戦での兵士が塹壕に身を隠したように
 身を半ば隠したエドガー隊は、数こそ劣勢でも圧倒的有利としか言いようがない!

 やだもう、ノウハウ差がチート!

エル『ミッシレ・ジャベリンは、まずまずの成果をあげていますね』

00067
 まずまずどころか、完全にオーバーキルだが、とまれエル君は戦場を俯瞰
 ジャロウデクが、国を傾け建造したであろう虎の子部隊が
 急造部隊に蹂躙されていく…!

 そも「船を建造する」だけで、とんでもない予算だと思うと超お気の毒!

変人『キターーーーーー! (゚∀゚) !!!!』

00069
00070
00071
00072
00073
00078
00080
00081
00082
00083
00084
00087
00088
 まったく、空を飛ぶ幻晶騎士なんて反則だぜ…/敵も災難よねー…

空の土足
 瞬時に一隻を墜としたエル、対空戦闘を考慮してない飛空船に、斑鳩相手は気の毒…!
 アディ達でさえ、災難だと同情する始末であった
 で

 空を、土足で踏みにじるようなものですよ!

 とはオラシオの感想
 エルの飛行技術と、彼の飛空技術は根本的に別物!

 感性の違いが、そのまま出た台詞だ!

空を土足で踏みにじる、エルとオラシオの感性

00090
 オラシオの飛空は、魔法技術によって、「浮く」事自体を実現したようです
 対しエルは、砲弾を火薬でフッ飛ばすように
 魔法で反作用を得た跳躍

 非常に力技で、それがオラシオには、土足で踏み入るように感じたのでしょうね

クリス『地上の黒顎騎士団に指令! 王城と町を踏み潰せッ!!

00095
00096
00100
00101
 ほおう? 何の挨拶もなく押し入ろうってのか。やはりジャロウデクは、ならず者の集まりだな!

闇夜の金獅子
 飛行隊、鋼翼騎士団は移送コストの大きい「切り札」、徒歩の大部隊こそ主力と言えるでしょう
 クリス王子、これで退くタマじゃありません!
 が
 
 怯むな! ただのこけおどしだッ!!

 黒顎達さん逃げてー!?
 地上軍の前に、作中ナンバー2の危険物が!!

 力こそパワーなんですよ!?

若旦那『ブラスト・ハウリング!

00104
 またも間髪いれず、主砲を発射した若旦那、ジャロウデク軍はいきなり消し炭…
 ただ、動力、エーテルリアクタは周辺から魔力を生み出す
 永久機関の一種です

 敵を崩せる上ほっとけば燃料回復する為、開戦ブッ放は理にかなってもいるから困る!

黒顎騎士団『グワアーーーー!

00105
00108
00110
00111
00113
00114
00115
00118
 今だ! 2番中隊突撃! 私に続けッ!!

銀鳳無双3
 初撃で、大混乱に陥った黒顎騎士団に、エドガー隊の法撃支援でディー達の攻撃隊が突撃
 ディー以下、斬り込み大好き部隊!
 で

 3番中隊、敵の後衛部隊を突いて、退路を絶つよ!

 更に「人馬」の3番隊
 ヘルヴィの隊は、常識破りの機動力(移動能力)を利し、後衛に周りこんでしまう

 こんな戦争、幻晶騎士戦のセオリーじゃねえよ!

黒顎騎士団『何が起きている! 前(衛)と後(衛)で戦闘だと!?』

00119
 騎馬部隊の機動力は、中世レベルなら、本来はよく知られた戦法でしょう 
 しかし、幻晶騎士が存在するこの世界観において
 人間同士の戦争は…?

 騎馬戦闘ノウハウ不足も、大混乱の一因だ、と推測されます。

僕も混ぜて下さいよ! せっかくの幻晶騎士同士の戦いです!』

00122
00123
00124
00125
00128
00129
00131
00133
00134
00137
00138
 地上の黒顎騎士団、総崩れにございます!

【悲報】鬼神つおい
 ほんの五分、僅か五分前、「総がかり」を命じたクリスだが、訪れたのは容赦ない現実
 主力まで崩壊した今、撤退を命じる他なかった…
 と

 転進…、死神めええええええええ!

 もはや、斑鳩が出るだけで敵が逃げるレベル。
 エルくん残念!

 しかしクリスの徹底は、なかなか“対になってる”感じですね

『お待ちなさい? 今、動かしては殿下のお邪魔になる…』

00139
 今しばらく、お待ちなさいと、オラシオは不穏
 その本当の理由は、すぐに明らかに。
 実に敏腕…。

 彼は、「真っ先に逃げたら目立つ」と、解っていたんですね。

『一隻逃げてく!』『逃がすか!

00142
00144
00145
00147
00152
00154
00161
00163
00165
00166
 真っ先に逃げ出したという事は、この船に重要人物がいると見てかまいませんね?

王子の意地
 クシェペルカ王が、落城に際し、王が逃げては示しがつかないと諭したのと真逆に
 真っ先に、撤退を選んだクリス王子
 が

 ジャロウデク第二王子たる俺が、手ずから引導を渡してやる!

 鬼神に怯えた不甲斐ない自分
 船に取り付かれたクリスは、己を叱咤するかのように戦場へ!

 飛べる斑鳩に、高高度戦を挑む勇気!

エル『構成は標準的ですが、中々に凛々しい面構え!』

00169
 対し嬉々としたのはエル、未知な幻晶騎士の出現
 その凛々しさに、期待と共に交戦する事に
 と

 実際、王族級の高級機、現行トップクラスの組み合わせのはずですが…!

クリストバル『抜かせェ!

00170
00171
00172
00177
00180
00182
00185
00186
00187
00190
00192
 先ごろ、大国の最強機、カルトガ・オル・クシェールを一蹴した白銀の機体、しかし…。

王族機アルケローリクス
 大出力を誇る打ち込みを受け止められ、続く打ち合いでは、俊敏性でも及ぶ事はなく
 特注の肉厚剣を、真っ二つに折られる始末!
 で

 バカな、この俺の攻撃が、児戯扱いだとでも言うのか!?

 わざと副腕のみ破壊!
 テレスターレで分岐した技術系譜、ジャロウデクの頂点が全く歯が立ってない!

 技量、性能差が児戯レベルで違う証明だよコレ!!

『ま、待て! 鬼神の騎操士、俺の元へ来い!!

00194
 しかし、この土壇場で申し出たのは、某シャアを髣髴とさせる申し出!
 元々、「鬼神」が他国、フレメヴィーラ民だと予想していた王子は
 クシェペルカに拘らないと読んだ

 軍の総大将である自分なら、「今の倍の地位を与えよう」と申し出る。

クリストバル・ハスロ・ジャロウデク『何でも、望むままのものをくれてやろう!』

00197
00199
00200
00201

 そうですか…、では、貴国における幻晶騎士の開発製造に関する全権
 及び、流通を管理する権限

 加えて、総ての騎士団の優先指揮権を僕に頂ける、という事ですね?

 待て! それは何の冗談だ!?
  

00203
00204
00205
00207
00208
00211
 いいえ? 冗談などではありません?

※事実です
 ところがどっこい、エル君の現権限は、既にクリス王子をも上回ってる可能性すら…
 バカにされたと思ったか、クリスは激昂する
 と

 このクリストバルに向かって、どれほどの大言を吐けば気が済むのかあ!

 まさかの全部事実!
 元々、エーテルリアクタの製造法一つでさえ国家機密!!

 エル君、思えば権限がとんでもねえ事に

『えぇ!? あの…、事実を申し上げてるだけなんですが…』

00213
 本気で困惑するエル君、「あれ本気で裏切る気だった?」と困惑する視聴者
 エル君は、(自分に)正直な子だから…!
 ヘッドハンティングまったなし!

 先王と現王と苦労人公爵、みんなの気苦労は無駄じゃなかった!

命まではとりません、機体は頂きますが♪

00215
00220
00222
00224
00225
00228
00230
00232
00233
00242
00243
 はっはっは! 貴様如きに命乞いをする俺だと思うかぁ!!

ジャロウデク王国に栄光あれ
 どの口が、と視聴者がツッコむより、クリスのキレ芸は早かった、何と母艦ごとの自決である
 王子は、母艦と落下死する運命なのだろうか?
 で 

 悪魔め! この恨み、地獄で果たしてやるー!!

 余裕で避けるエル君…
 と思ったら、実は「帆」を向かって撃ってたり、船を自らの法撃で火の海にしたり!

 でもどうだろう、エル君だから死んでも再転生かも…(遠い目)

エル『愛機と運命を共にするとは…、見事なお覚悟です』

00245
 対するエル君の感想も、どこかズレたもの。ガンダムは見なかったのだろうか…?
 ともかく、哀れな船長以下を巻き添えにして
 ロールパンは丸焦げに

 でも、照り返しに映えるアルケローリクス、落着の様は美しかったよ…!

オラシオ『今すぐ逃げましょう、殿下の犠牲を、無駄にしてはいけません…』

00249
00251
00252
00254
 爆発力を利用した飛行…? 実に不愉快極まりないッ!

国葬不可避
 こうして、ジャロウデクの強さの象徴、鋼翼騎士団は壊滅的な打撃を蒙って撤退
 黒顎騎士団に至っては、何機が帰還できたのか…
 で

 はてさて…、どんな人物なんですかねえ
 
 ますます、「鬼神」へ怒りを強めるオラシオ
 技術的な意味で。

 従軍で見識を深めるマッドの鑑、今回の勝利は高くつきますねえ…

おーう! 今、帰ったぞー!!

00256
 こうして、僅か3個中隊他の銀鳳騎士団無双によって、ジャロウデクは大痛手
 帰ったエムリス、台詞が完全に昭和のサラリーマンである
 オムレツサンコモチカエリ!

 エムリス、もうイサドラと夫婦にしか見えないよ!

エレオノーラ姫『騎士様…、お怪我を?』

00258
00260
00261
00262
00264
00267
00268
00269
00270
00271
00273
 大方、エレオノーラ様に良いとこ見せようとしたんじゃないの~?

傷痕
 激戦区の3先輩も無傷だが、キッドだけは、手柄に逸って機体をコカしたらしい
 敵より怖い、恋の焦り!
 で

 え、いえ…、皆さん、ご無事で何よりでした

 エレオ姫様もキッドも健気
 あと作画的な話では、大公妃さまがちょっと大阪のおばちゃんっぽい。

 今回、歳相応の恰幅になってますねッ!

クリストバルが…、戦死!?

00275
00278
00280
00281
 慙愧の念にたえませぬ! 仇を討つ為に、鬼神を打ち負かす新兵器!!

いわゆる非戦闘員?
 他方、いかにも酷薄そうに見えた「政治」担当の姉姫、カタリーナは落魄し泪に暮れ
 やがて、口から生まれた男の口車に…
 と

 空の支配者は、私めでございますれば…

 意外に姉弟仲が深かった…
 クリスの仇討ち、という名目で開発費をゲットするオラシオ

 狂人だけど、実に世渡り上手…!

ドロテオ『殿下が…、鬼神に討たれた…!?

00282
 同じく男泣きしたのがドロテオ、諫め続けたのは、親愛にも似た忠誠心か
 傍を離れた間に、息子のような歳の殿下を
 次世代の担い手を失った

 若者に先立たれ老兵、これは怖いぞ…。

女王陛下『正直言って…、私は怖い

00286
00287
00288
00290
00291
00295
00298
00299
00300
00301
00303
 でも、私は知ったのです。…王家の一族たる私が、逃げることは出来ないと

フルアーマー女王
 一方、クシェペルカ残党軍は、ほぼ無傷で、元・大公領の中心フォンタニエを奪還
 交易都市奪還は、色んな意味で大きい。
 で

 私は…、女王を務めます!

 己の言葉で民を左右する「女王」
 その覚悟を、騎士の勇気、ドワーフ達の頑張り、民の暮らしを知って身につけたエレオノーラ姫

 何より父王自身が、国民の為に首を落としていますし…。

エレオノーラ様、あなたを最後まで護りぬく!

00304
00305
 少年騎士キッドもまた、改めて彼女の為に戦うと誓い
 エレオ姫は、多くの人々を背負い
 甲冑を身につける事に

 フルアーマーは女王の証!

女王、エレオノーラ・ミランダ・クシェペルカとして宣言します!』

00306
00307
00309
00310
00311
00312
00314
00315
 一度は滅んだ、私達の国を…

蝶・再興
 西方歴1281年、エレオノーラは再建国、大西域戦争=ウェスタン・グランドストームの転機に
 建国は、政治的メリットを多数もたらす事になったのでしょう
 で

 新生クシェペルカ王国として再興する事を!

 西方歴は第1話第7話で登場
 転生後、シルエットナイト戦の目撃が西方歴1268年で3歳、国王退位が1280年でした。

 なお、皆「エル12歳」以降は外見変わってない模様。

ダーヴィド『それで? 銀色坊主、何か解ったのか?』

00317
 戦後エルが真っ先に着手したのは、レビテート・シップ残骸の解析であった
 ちなみに、ここはエル達が「丘の上にいる」構図なので
 非常に遠近法が利いている

 なお幻晶騎士は約10m、ギアは約2,5mだ!

たとえばコレです! …エーテライト、言うなればエーテルの塊ですっ』

00318
00321
00322
00323
00324
00325
00326
 エーテルサプライヤーという装置を使って、高濃度エーテル、リアクタに送り込んでいたようです

エーテライト
 エーテルとは大気中の成分で、生物や幻晶騎士は「魔力」に変換し、呪文の燃料に用いる
 その「塊」を彼らは用いていたのだ!
 と

 すごいですねー! 素晴らしいですねーっ!!

 敵に感心してどうすんだヨ!
 この、どこか卑猥な形をした結晶から、高濃度エーテルを造って供給する事が出来る

 ジャロウデク機の、継戦能力の高さの要因だと判明した。

エル『でも、良い事尽くめではありませんっ』

00328
 この装置は、エーテルリアクタを、使い捨て同然に大劣化させてしまう
 国家機密、もっとも高価な部品であるリアクタを
 緊急時は使い捨てにする

 勝利の為の切り札、それがエーテル・サプライヤーなのですね

『それと、船が空を飛ぶ仕組みもわかりましたよっ』

00330
00331
00332
00333
00335
00336
00337
00338
 エーテリック・レビテータなる装置で、エーテルそのものの振る舞いを利用しているそうです

ホワイト・アルバム
 ざっくりした解説だが、要は詳しい理屈は、オラシオ以外に誰も知らないとのこと。
 ただ、相当な高濃度エーテルが必要らしい
 で

 一度お会いして、根掘り葉掘り聞いてみたいものです!

 大量のサプライヤを使用
 理屈は不明ですが、エーテルが大気成分なら、宙に浮かぶ性質があるのかもですね

 塊を気化させて、気球みたいにして浮いてる…?

『オメーの、その底抜けに前向きで恐れ知らずなとこ、時々羨ましくなるぜ!』

00339
 とはドワーフ殺法コンビの言葉ですが、実際、自分が憎まれてるとか思ってないワケで…
 オラシオの一族が、長年に渡って研究した技術ながら
 実用化の資金欲しさに独断で王国へ

 その経緯や、今回の件など、オラシオは研究者として優れた人物なのね(真顔)。

エレオノーラ女王『はい、騎士様。どうぞ?』

00341
00342
00343
00346
00347
00350
00352
00353
00355
00357
 お前も男なら、ドーンと一口でいかんか! ハハハッ

掴めプライド 掴めサクセス
 さて、お呼ばれしたエルきゅんは、歳離れた親友が「あーん」されているという風景に出くわす
 まるでメイド喫茶だな!
 で

 エルネスティ・エチェバルリア、キミに大事な話がある

 とは大公妃の言葉。
 しかし、cv田中敦子さんは相変らず良い声しちゃってさ! 実にGのレコンギスタ!!

 ゆかり姫の父も、cvウォーズマンでキョウジ・カッシュだったし!

『この戦いの限りにおいて、貴国にお貸しする、という事でいかがでしょうか?』

00358
 女王たちの申し出とは、一気に攻め入る為、契約でエル達に渡った「残骸」が欲しい
 契約を小変更し、倒したジャロウデク軍の幻晶騎士を共同で再利用
 手間に応じクシェペルカに譲渡に

 譲渡分以外も、限定的に貸与、残骸物資は総て戦線投入する事となった

『お貸しした幻晶騎士は、…それを使って倒した幻晶騎士も、僕のものって事ですよね?』

00359
00361
00363
00364
00365
00367
00368
00370
 じょーだんですよ! じょーだん!!

マイ・ナイツ
 際し、エルが本気の一言で場を凍らせるが、とりあえず冗談として収まった
 ほっときゃ、幻晶騎士を全て独占するよ!
 で

 いいや…、ウソだね/100パー本気ぃ!

 ともかく残骸再生は加速
 元々、処理能力をオーバーしていた所で、渡りに船の提案となったらしい。

 飛空船回だけに。

『これは…、心の汗よッ!

00373
 一方、こう見えてエドガーらと同年代のダーヴィド・ヘプケン親方
 実は、女王らとのお茶会に行きたかったらしいが
 今日も元気に仕事するのである…

 涙腺は心の汗腺だからね、生物的に見ても仕方ないね。

銀鳳騎士団の協力の下、国を挙げて戦力の増強にかかった

00374
00377
00378
00379
00380
00381
00382
00383
00385
00386
 この砦は、新生クシェペルカ王国のものとなった! 勝ち鬨をあげろー!!

勝鬨橋 開け!
 それから数ヶ月、主力と侵略軍司令を失ったジャロウデクは、すっかり動きが鈍ってしまい
 エル達は、戦力再建と奪還作戦に奔走する事に
 と

 クシェペルカの騎士達も、 練度を上げているからな!

 改修機レスヴァント・ヴィード
 極めて重いものの、機動力のある銀鳳騎士団と組んで有効活用が出来ているらしい

 大量にある旧式、その戦力化が出来るのが優秀ですものね

『心配は要らないだろう、エルネスティとディーが、ついているからな?』

00387
 また、エル達主力勢と離れて、引率状態のエドガーとヘルヴィ
 前回で、エドさんは「誓い」も果たしましたし
 すっかりもう…。

 まあ、エドっ子先輩は堅物だから、出来ちゃった婚はないでしょうけれども(心配)。

ディー隊長『やれやれ、…先行強襲が、我が2番隊の持ち味だというのに…?』

00388
00389
00390
00392
00393
00397
00400
00401
00402
00403
00405
 レビテート・シップか?

飛竜招来
 さて、予想通り楽勝だったエル組だが、この数ヶ月は、ジャロウデクに新兵器をもたらした
 文字通り、竜を模した“戦闘艦”の登場である
 と

 今ごろ?/たった一隻でか?

 何と趣味的な機体だ…
 その点、鎧武者とロボットに似せたエル君にも通じるものがある!

※幻晶騎士は「人の拡大」だが、斑鳩はロボとして設計され、指形状など大きく異なる

ディー『船ではない! あの形は…!?

00407
 口吻部には「杖」が数え切れぬほど内蔵され、その出力を合算する
 威力は、僅か4門を“共鳴”させる金獅子とは
 比較にならなかった。

 見た目はアレだが、幻晶騎士の設計を、多数取り入れているのだ

エル『いけない! 皆、逃げて!!

00409
00414
00416
00417
00418
00419
00420
00421
00423
00424
00425
00427
00428
00430
00432
 古の魔獣“ドレイク”を髣髴とさせる、巨大兵器…!

ヴィーヴィル
 戦闘用として見直すに際し、船の外見を捨て、“ドレイク(ドラゴンのオランダ語)”を模し
 いわば、巨大幻晶騎士に近い構造となった
 と
 
 この“ヴィーヴィル”の力を以って、殿下の仇を討たせて貰うッ!

 艦長は復讐鬼ドロテオ!
 可動部を持ち、魔獣さながらに「関節」を持った戦闘用飛空船!!

 各部、法撃の杖がハリネズミみたいに!

『爆発の勢いを、推進力に変えるゥ~? その発想、私ならこう使います』

00435
 竜艦は従来の艦船用飛行システムで、長時間の飛行が可能な上
 エルの発想、ジェットスラスタを「併設」する事で
 加速力も確保していた

 お蔵入りの予定だったが、予算と、加速力の獲得で形となったらしい 

エル『なるほど…、こちらがそちらの技術を学べば、そちらもまた然りという事ですね』

00436
00439
00440
00441
00443
00445
00446
00448
00449
 エルネスティ・エチェバルリア…、はぁー? 何て言いにくい名前なんでしょうね?

ようこそライバル達
 誰もが思ってた事を!? 今回の件で、エルは「オラシオ・コジャーソ」を強く意識し
 オラシオは、ずっと彼を意識していた!
 で

 私の“飛竜”ヴィーヴィルは強いですよぉ!

 戦闘用ってレベルじゃねえぞ!
 単なる装甲と武装化、ってな、現実路線ではすまなくてすまない…!!

 量産化の暁には、あっと言う間に叩いてくれるわ!

『次回、Knight&Dragon! マナの力に僕は震えるッ!!

00451
00456
 タイトルコールが変化、Blu-rayも4話収録で全3巻ですが、全13話との

Knight&Dragon
 次回、ディータイチョのライバル、ソードマンも再来、エドガー隊も騎士の誓い!
 通常型の飛空船も、火器を搭載して武装したらしく
 戦力的に無視できない存在に

 ラストは巨大兵器戦となりましたが、ちゃんと「メカ」と主張してるのがポイントですね!

 メカデザは、00系やフレームアームズの柳瀬敬之氏が担当だ!

先週のイラストは、他人のデートに盛り上がる銀鳳騎士団!?

illust

■間者集団

 各国の騎士団には、諜報活動を担当する部隊も存在する。フレメヴィーラ王国の騎士団の中でも、藍鷹騎士団は諜報活動を専門に行う間者集団である。同騎士団のノーラは、銀鳳騎士団との連絡役として、ライヒアラ騎操士学園の新入生という形で派遣された。

 ノーラは銀鳳騎士団での活動の中でシルエットギアの有用性に注目。シルエットギアはエーテルリアクタを搭載していないため、吸気音が発生せず、優れた静穏性を実現していた。またワイヤーアンカーを用いた自在な空中移動や、着地時の衝撃を吸収する魔法エアサスペンション(大気衝撃吸収)によって、優れた機動性をも兼ね備える。

 シルエットギアの戦闘能力は、シルエットナイトとは比較にならないほど低い。だが、生身の人間にとっては十分に脅威であり、対人任務が中心の藍鷹騎士団にとっては、うってつけの機体といえた。クシェペルカ王族の救出作戦を成功に導いたのも、シルエットギアの活躍が大きい。

 対するジャロウデク王国の間者集団がケルヒルト率いる銅牙騎士団である。同騎士団の使用機体ヴェンドバダーラは、静穏性と隠密性を重視した特殊なシルエットナイトだ。細身の体躯に滑らかな外装を持ち、頭部に至っては眼球水晶が露出している。軽量化を突き詰めた結果、装甲の一部には魔獣の革を使用している箇所もあった。戦闘能力や持久力は低いものの、諜報活動においては他に並ぶ者のない機体といえる。


00456
 コラムは間者、スパイの事。患者でもなければ兄者でも邪竜族でもない。

銀鳳恋騎士団
 さらっと「まず予行練習で…」とか、役得を狙うアディちゃん良いですよねー
 っていうか、何をするにも工具をもってく親方
 ワーカーホリックの鑑

 コラムでは、お馴染み有能集団…、に加えて「ギア」の優秀性が

 作業性の大改善だけでなく
 自衛用としても、希少なリアクタを用いず生産できる上、使ってると魔力が鍛えられるオマケつき

 更に諜報用と、「飛空船」とは別ベクトルで技術革新してしまった模様。すげい。

原作:天酒之瓢先生『エルはアディの気持ちを分かっていないわけではないと思う』

DJXhckVUIAIyJUQ

DJXZ4SIVwAAEmwI
一方、漫画版・加藤先生のユー&アイは第3楽章へ!

むしろソレがたち悪い
 原作者に言いきられるエル君って一体…! 性格に加え、転生者という異質な存在ですし
 おまけに、アディが恋愛というより子ども扱い的な感じで
 もうどうにもこうにも!

 いずれ、こっちでも身体が「オトコ」になるに連れて…?

 ヘルヴィ先輩の気遣いが熱い!

実は有線兵器! 結構な手間で生産されていた、ミッシレジャベリン

DJZaKtBUQAAlBEj
DJZaJk9U8AAa5HM
00033
 射出時、よく見ると、ちゃんとコードが繋がっているのが確認できます

対空武器ミッシレジャベリン
 射出装置込みだと、ミッシレジャベリンバーティカルロンチドジャベリンスローワーだとか。
 シルエット・ギアで、よくワイヤー射出装置を使ってますが
 同様にワイヤーを通じて魔法を制御

 射出後、槍自体にも、姿勢制御機構が組み込まれているとか

 この機構で加速して投擲し
 目標を敢えて飛び越し、位置を制御、やがて自由落下によって貫通力を増す感じか。

 大型な人馬型、ツェンドリンブルはそのベースにピッタリなのね

飛竜戦艦《ヴィーヴィル》のデザインは、柳瀬敬之先生です!

00407
00417
 機体全体に、無数の「杖」を持ち、桁違いの法撃能力を誇る

飛竜戦艦ヴィーヴィル
 本世界では、竜は古代魔獣として特別な存在らしく、その姿を模した「対・飛空船」兵器
 しかし、風で進む従来方式では、鈍重すぎてお蔵入りになるも
 エル君の推進技術で解決された。

 全身には、法撃に特化した幻晶騎士が、無数に据え付けられ火力を担当

 クシェペルカの砲撃型
 アレに刺激を受け、また流用できることも製造上のメリットか

 とある構造で、大魔力を賄っているらしい

退場となった王族機アルケローリクス

00222
00001
 その最期に、原作でエルは「よき来世を」と贈ったらしい

白金の王族機
 パワーと生産性で肥大化したティラントーを主力としながら、王族機はスマートに。
 地獄で待つと言い捨てた姿に、悪の自覚を持ちながらも
 彼なりに生きたことを感じました

 エルにしても、前世で死んだ際に、強く悔いを残しています

 だからエル自身、今世は悔いなきようにと。
 そんな背景があるとか。

 王子は悪党でしたけど、自覚した上で、謳歌する事を選んだなって最後の一言に感じます

復活のソードマン! 次回、攻撃部隊ディー隊長と、俊足剣戟戦再び?

00002
 中の人は、鉄血のオルフェンズ・ガエリオ役で大活躍された雅也さん

親子猛襲!
 次回、義父ドロテオが狩る飛竜と共に、銀鳳騎士団を狩りたてるソードマン!
 にしても、ティラントーと比べてかなり細いですが
 彼、国内随一の達人だとか

 実際、これだけの剣を使い、ディーを追い詰めた時点で達人ですよね

 言動はアホそのものですが
 義父のツテもあり、かなり強力なベース機体を回して貰っているんでしょうね

 思えば、もうケルヒルトがいない、というのも不思議な感もします

その構造が、徐々に明かされつつある「レビテート・シップ」

00003
 こうしてみると、まんま水上船を、ひっくり返したデザインなのね

飛空船
 本世界は、幻晶騎士が勝敗を決める為、幻晶騎士の行動半径が非常に重要です
 でも、乗ってると、長時間操縦で疲労してくるのは
 模擬戦で描かれた通り

 飛行船登場は、戦争規模の拡大を招く大きなブレイクスルーに

 山脈が壁になってるエル達の国
 フレメヴィーラとて、もはや戦争と無縁ではいられないのかも

 ガンダム的には、ドムなど「推進系の改良」、やがてSFSで、行動半径拡大を図っています 

ウォールローブを纏い、法撃戦機というカテゴリを開拓した

00000
 ローブが一部開き、マントに見えるのが実にカッコイイ!

レスヴァント・ヴィード
 ローブ装着で、独特の頭部とも調和して、高位聖職者にも見える装いに。
 法撃戦に特化した幻晶騎士、ウィザード・タイプとして定着し
 同様の改修が生まれていったとか

 これも、マナを留めるタンク兼装甲、蓄積装甲が誕生したのが大きいですね

 また、移動力皆無という大弱点も
 飛空船と組み合わせる事で、強力な兵器として更に有用となる事に。

 エル君のアイデアは、さっそく飛竜戦艦に活かされたのね

西方歴1281年。エル君の転生から、早くも13年の月日が流れた

00309
00312
 会いたい時はどうする? 秘密の扉を Knock-Knock! …いいでしょ? である。

ゆかり王国建国
 エル君の転生が1268年、12歳で今の外見に、1280年に前王が退位、1281年となりました
 転生時、第1話冒頭は3歳だったそうなので
 16歳を迎えた事になりますね

 設計製造は手間がかかるので、テーマ的に時間がどんどん過ぎていきますな

2017年9月10日Knight's & Magic ナイツ&マジック 第11話「Hit&Away」

00363
 田園風景が馨る、スタジオパストラル社が制作協力に

スタッフ
 脚本:木村 暢
 絵コンテ:河本昇悟
 演出:森 義博
 作画監督:山内則康、猿渡聖加、木下由美子、酒井秀基、柴田篤史、小島 彰
 アニメ制作:エイトビット
 CG制作:オレンジ
 原作:天酒之瓢/ライトノベル
 制作協力:スタジオパストラル
 車両協力:アルファロード

あらすじ
 銅牙騎士団の奇襲を退けたエルたち。だがこの戦闘によって、エレオノーラの居場所がジャロウデク軍に察知されてしまう。
 クリストバルはただちに黒顎騎士団と鋼翼騎士団を擁し、エレオノーラが身を寄せているミシリエを完全に包囲。しびれを切らしたクリストバルが進軍の号令を下すと、このタイミングを待っていたエルたちの対空攻撃が開始された。
 撤退を余儀なくされたクリストバルの前に、鬼神のごときイカルガが立ちはだかる。

次回、巨大戦もあれば近接戦大決戦も! 竜は、エルの敵たりうるのか?

00232
00233
00242


























































































00220
 いやもう、ホント嫌いじゃなかったよ!

技術競争の結実!
 前回、戦闘用艦を作ってくるのは匂わせてましたが、ここまでゾイドになろうとは…!
 制御ユニットとして、先端に幻晶騎士がくっついてるので
 まるでウザーラかゲッター真ドラゴン!

 第2話で、嬉々とデカブツ退治を語ったエル君、今度はどうします?

 エル君もまた技術を学び
 エーテルを用いた、飛行技術を活かしてくるのか?

 無慈悲な対空、対王子も見所であった!

 次回、第12話「Knight&Dragon」


 ナイツ&マジック 第1話「Robots & Fantasy」
 ナイツ&マジック 第2話「Hero & Beast」
 ナイツ&マジック 第3話「Scrap&Build」
 ナイツ&マジック 第4話「Light&Shadow」
 ナイツ&マジック 第5話「Hide&Seek」
 ナイツ&マジック 第6話「Trial&Error」
 ナイツ&マジック 第7話「New&Old」
 ナイツ&マジック 第8話「Secret&Quest」
 ナイツ&マジック 第9話「Force&Justice」 ※OPに効果音追加
 ナイツ&マジック 第10話「War&Princess」 ※OPに「今週の見所」追加
 ナイツ&マジック 第11話「Hit&Away」 ※OPに更に効果音追加!
 ナイツ&マジック 第12話「Knight&Dragon」
 ナイツ&マジック 第13話「Heaven&Earth【最終回】」

 制作会社エイトビット公式で、原画やキャラ設定画が公開中!