公式サイト Knight's & Magic ナイツ&マジック 第9話 9話 感想 Force&Justice レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 22時 末尾追記 原作未読 前回はこちら
エルの到達点・イカルガ無敵すぎ! でも彼の技術は、他国で独自発展を…?

00287
00298
エルの技術を、侵略国家が独自発展させたティラントー、そしてソードマンの猛威!!
 黒いティラントーを、某コンスコン隊オマージュで叩き潰すエル君!
 君もガンダムだな!

 イカルガの「単騎」性能もおかしい、けど量産兵器として活かす彼らもたいしたもの!

国王騎最期の戦い
 文字通り一分で無双した斑鳩、前半の、ティラントーの猛威を思うとなお異常
 ソードマン戦の、ぐるぐる回るカメラ視点も楽しい!
 バカだけど手強い!

 前半の落城が、別アニメみたいな悲劇、こういうのも好きですね。

同じテレスターレを基にしながら、大きく趣を分けた“ティラントー”

00032
 異母兄弟カルダトア・ダーシュが、扱いやすさ、燃費改善したのと全く違う!

お国柄
 盗んだ技術で戦争を…、といっても、あれほど量産できる国力と「飛行船」なら納得。
 数ヶ月前とはいえ、エル達の国が、精鋭アルヴァンズにさえ
 新型を回せなかったのと対照的ですね

 性能アップに全振りした事が、「侵略戦争用の量産機」だと感じさせます

愛娘を守る為、自ら陣頭に立った国王騎!

00105
 悲しいかな世代の差は歴然、何より、飛行船の有無がデカかった!

あらすじ
 エル達から盗んだ技術による新型と、独自開発したレビテート・シップの実用化を切り札に
 ジャロウデク王国は、フレメヴィーラの友邦クシェペルカを蹂躙
 国王を殺害し、王族を軟禁した

 フレメヴィーラ先王はこれを予測、銀鳳商会を派遣し、彼らは“商売”を開始する

 囚われの王女救出に出るエル
 彼らを討伐すべく、占領軍司令クリストバルは、「ソードマン」らを出陣させる

 次回、第10話「War&Princess」

『我がジャロウデク王国が誇る、勇壮なるブラック・ナイツの諸君…!』

00000
 遂にエーテル・リアクタ製造法を知ったエルは、“幻晶甲冑”を利用し問題をクリア
 自ら倒した、2体の大型魔獣を動力炉とし
 専用機“斑鳩”を建造した

 一方、彼の“テレスターレ”をかすめた西の王国は、侵略戦争へと踏み出す!

『かつて、この西方はただ一つの国、ただ一人の王の下にあった…!』

00001
00002
00004
00007
00009
 後世、…大西域戦争=ウェスタン・グランドストームと呼ばれる大戦の火蓋が切られた瞬間である

ジャロウデク侵攻
 大陸は山脈で東西に分かれ、エル達の東方は魔獣棲息地と接し、西方は複数の国家が並ぶ
 その一つ、ジャロウデク王国が戦線を布告した
 と

 時は来た! 再び我らの手で、“大いなる一つ”に戻す刻が!!

 世界を統べた古大国“ファダーアバーデン”
 カルリトス・ビルト・ジャロウデク王子は、自王家こそ古王国の正当後継者と主張

 その「口実」を以って、西方全域に宣戦布告!

黒騎士団、ブラックナイツを擁する邪悪なジャロウデク王国!

00012
 エル達のフレメヴィーラ王国は、第1話冒頭のように、人の領域にも魔獣が現れるので
 新型機導入でも、防衛に必要なリソースが多すぎる土地柄と
 王族の人柄で「他国侵略」の気配ゼロ!

 対し彼らは、並存する国同士、寝首をかくチャンスを狙ってたのね。

オープニングが一新! 音声演出的な意味で!!

00819
 映像的には第2話以降と変わらないようですが
 効果音がついて賑やかなOPに
 うるせえ!

 エル君、これとってもうるさいよ!(嫌いじゃない!!)

『よもや…、“ロカール諸国連合”が一月持ち堪えられぬとは』

00013
00014
00016
 連合と言っても、所詮小国の集まり…、ジャロウデクとの国力の差は歴然。

御前会議
 早くも一ヶ月、西方諸国のある国は、ジャロウデクの侵攻速度に舌を巻いていた
 一部は、「負けた連合が弱体なだけ」と楽観視する
 が

 備えねばなるまい、急ぎ“シルダ・トライダ”の護りを固めよ!

 王は“何か”を手に入れたと推理
 そうでなくとも、諸国全体に、ケンカをふっかけるなど正気の沙汰じゃない

 決心させた「何か」が、連合を瞬殺したのだと。

エレオノーラ姫『…戦が始まるかもしれないのですね?』

00017
00018
00019
00022
00024
 我が“シルダ・トライダ”は難攻不落だ、無礼な侵略者など追い返すさ

王の試し
 王の指示は早く、元より防衛力に優れた“シルダ・トライダ”要塞に、更に戦力を整備
 心配する愛娘、エレオノーラを安心させようとする
 が

 それを聞いて、安心致しました…

 明らかに油断なき国王
 難攻不落の要塞で、その「何か」を試す腹積もりだったのでしょうか

 敵の手の内を知る、それが大切ですが…。

クシェペルカ兵団『こいつら…、動きが違う?!』『この膂力は何だ?!

00025
00027
00029
00030
00032
00033
00034
00036
 ジャロウデクが、テレスターレを元にした新鋭幻晶騎士“ティラントー”の猛威

新鋭機の猛威
 しかしジャロウデク軍は、ティラントーを中核とするブラックナイツで、易々と国境を突破
 その侵攻先は、視聴者も知る国であった
 と

 クシェペルカ国境を、易々と突破した…

 敵の標的はフレメヴィーラの友好国
 つまり、黄金脳筋エムリス王子、彼が留学していたクシェペルカが舞台だった。

 連合を落としてすぐの開戦、包囲法撃の恐ろしさ!

だが戦局はその後、意外な展開を見せる

00038
 電光石火のジャロウデクが、前述の、シルダ・トライダ要塞を前に進軍を停止。
 そこで、クシェペルカ王国は要塞に戦力を集中
 形勢逆転を図った

結果、この決断がクシェペルカの命取りとなった

00039
 敵が足を止めたのは、クシェペルカ自慢、難攻不落要塞の前です
 要塞攻略は難しいと足を止めた、そう考えるのが自然で
 敵の戦力を、推し量ることが出来ます

 敵が要塞を恐れるなら、その要塞を主戦場にすればいい!

『頃合だな? マルドネス、一思いに奴らの息の根を止めてやる!

00042
00044
00045
00046
00047
00048
00049
 こうして、要塞に戦力を集中させたクシェペルカは、王都を“空襲”されてしまった!

鳥だ!飛行機だ!!
 王城は、敢えて城下町と離れた島に築かれ、防衛力を重視した立地をとっていた
 設計時期、戦乱があったと窺わせるもの。
 が

 何だ…、鳥? 船だ! 黒い船が空からやってくる!?

 難攻不落の要塞も
 王城の立地も、「空」からこられちゃ意味がない!

 当然、対空警戒も装備もまるでない!

マルドネス『レビテート・シップの存在を知らねば、かようなものでありましょう』

00050
 ジャロウデクは、飛行船開発を秘匿、本世界では珍しい「新型量産機」も目立たせず
 極秘裏、かつ迅速、大量に生産するだけの国力を有した
 相当な大国であった

 大国だからこそ、隠密部隊も派遣可能、テレスターレは奪われるべくして奪われたのかもですね

『我らが誇る、“鋼翼騎士団”の諸君へ告ぐ! 今宵、あの愚か者共の都を陥とす!』

00052
00053
00056
00057
00058
00059
00061
00062
00065
00066
00067
00069
00071
00072
00075
00076
00077
00078
00079
 王城には、投石器(カタパルト)こそ据えてあったが、あまりにも前時代、平和の象徴といえた。

史上初の空襲
 ティラントーは、燃費無視の「出力全振り」設計らしく、王城防衛の精兵を一撃で撃破!
 まさに、力こそパワーであった!
 何より「空襲」

 史上類を見ない攻撃を受けたクシェペルカ軍は、たちまち窮地に陥った!

 テレスターレでは「問題」だった部分
 操縦性と燃費を切り捨てる事で、長所である大出力を突き詰める事に成功したらしい

※この二つを改善した為、ラボ製新型は「3割増し」に留まった。

退くな! 本丸を死守しろッ!!

00080
00082
00084
 これでクシェペルカもお終いさ…、後はせいぜい手柄を稼がせてもらうよ?

間接的エル君軍の脅威
 一方で、派手な新型ティラントーを目くらましに、「強奪事件」での銅牙騎士団も暗躍
 哀れクシェペルカ、前からはパワー馬鹿が
 物陰からは暗殺者が!

 たださえ直接侵攻で、防御施設の旧式化しきった、王城での防衛戦

 でもこれだけさせた以上
 クシェペルカは、そうするに足るだけ強力な国家なのでしょうね

 飛行船を知られるのは、かなり大きな代償ですし。
 
『マルティナ、フレメヴィーラより嫁ぎ越して、よく今日までフェルナンドを支えてくれた』

00087
 一番右端、赤毛の女性マルティナが、例の王子留学時に世話人を務めた女性
 王は、最後を予感し彼女らに後事を託す。
 特に娘エレオノーラを

 国王アウクスティは、震える手で王女エレオノーラを託し、落ち延びよと要請。

アウクスティ王『私は王として、最後の責務を果たす』

00089
00090
00091
00092
00093
00094
00096
00099
00100
00102
 聞き分けよ…、王が逃げたとあっては、民草に示しがつかぬ。

王の出陣
 例えば江戸時代、最後の将軍・徳川慶喜が、鳥羽伏見の戦いで撤退した事件のように
 王の逃亡は、兵から戦う意思を削いでしまいます
 だから

 出撃する! 国王騎を支度せよッ!!

 国王アウクスティは出陣
 敢えて陣頭に立ち、軍を鼓舞する事に。

 国王騎、腰部バインダーが美しい!

我が名は! アウクスティ・ヴァリオ・クシェペルカ!

00106
 敢えて堂々と立った国王、いきなり砲弾でも浴びせられたらとドキドキしましたが
 ジャロウデクは、むしろ渡りに船とばかりに
 彼の名乗りを身守る事に

 というのも、こういうのはセオリーがあるらしい。

古よりの仕来たりに則り、一騎討ちを望むものである!

00105
00107
00108
00109
00110
00113
00114
00117
00118
00119
00122
00123
00125
00126
 我は、ジャロウデク国王バルドメロが子、クリストバル!

銀騎士
 何とコロネ頭様の正体も王子、彼は父王に代わり、自らの専用機で決闘を受諾
 ティラントーより、遥かに洗練された高級機!
 で

 我が父に代わり、お相手仕ろう! …いざ、参る!!

 態度だけは慇懃無礼
 コロネ頭は、なぶり殺し同然にアウクスティ王を翻弄する事に

 これだから、頭にロールパンが付いてる人はクソだな!

『陛下が…、何故一騎討ちなんて、時代遅れな真似をなさったか分からないの!』

00129
00130
00132
00134
00135
00136
00140
00142
00143
00145
00146
 陛下は御身を犠牲にして、あなたが逃げる時を稼ぐつもりなのよ!

王族たち
 戻ると言い出したエレオノーラですが、友人でもあるイサドラの叱咤で落ち延びることに
 気が強いのは、フレメヴィーラ王家の血でしょうか
 で

 痛いと思うなら、あなたはまだ生きている、…生きたいと思っている!

 フレメ王族のマルティナさん、その旦那・王弟フェルナンド公は健在
 でもエレオノーラが継ぐべきだと

 嫁さんが他所の王族、そこが問題なのでしょうか

『ジャロウデクめ…、空飛ぶ船といい、どれだけの力を手にいれたというのか…!』

00148
00149
00150
00151
00152
00153
00154
00156
00159
00160
00161
00163
00165
00166
 見事…、ジャロウデクの王子…! さあ、決着を…!!

国王完敗
 装甲を絞り、軽快そうなクシェペルカ系をも、瞬発力で上回るクリストバル機
 刀身の広い剣は高出力の証か
 で

 クシェペルカの王よ、貴殿も良く戦った…、さらばだ

 ジャロウデク王族機、優美ながらガニ股なのも、高出力フレーム機と感じさせますね。
 国王出陣は民草への示し

 その国王騎が一方的に叩き潰され、クシェペルカ王都は陥落に…

夜明けを待たずして、クシェペルカ王都デルヴァンクールは陥落した

00167
 そしてほぼ時を同じくして、シルダ・トライダ要塞も陥落してしまった
 飛行船の奇襲は、あくまで、船の数相応の精鋭部隊で
 数的な主力は陸路の部隊だったか

 クシェペルカは、要塞に配備した大軍も失った事になります

『クシェペルカも終わりだ…、もはやオクシデンツは我が手に落ちたも同然』

00168
00169
00170
00171
00172
 クリストバルはよくやってくれているようね/だが、奴には政(まつりごと)は任せられん

“西方諸国<オクシデンツ>”
 クシェペルカへの勝利は、西方諸国全体への勝利に等しく、ジャロウデクも本腰だった模様
 同国は、3人の王子・王女が動かしていた 
 と

 頼むぞ、カタリーナ/お任せ、兄上。

 父王バルドロメは病床か幽閉か
 いずれにせよ頭脳カルリトス、政事のカタリーナ、軍事のクリストバルの分担か

 やーい! コロネ頭だけ、頭文字が「ク」でやんの!!

マルティナ『随分と、遠回りになった…』

00173
 王弟妃マルティナたちは、いよいよというところまで来ていたが
 ジャロウデクは、飛行船を飛ばして警戒線を張り
 逃亡も容易ではなかった

 沈むエレオノーラ、勝気なイサドラ、弱るマルティナ様である。 

親衛騎士『隣村のヴィンダーと申しますだ、親類の手伝いに行くところでごぜえます』

00174
00175
00176
00178
00184
00185
00187
00189
00190
00191
 無駄だ…、大公領は既に我がジャロウデク王国が制圧した。フェルナンド大公も討ち死にだ

完全敗北
 既に、脱出先の王弟・フェルナンド大公領も陥落、夫の討ち死を聞かされる妃
 彼らは、マルティナ妃の顔も知っていた
 と

 おおっと? 農婦がこんな細い腕なはずありませんや、マルティナ妃殿下…

 エル達が、新型コンペと斑鳩開発に費やした期間
 その間、実戦配備させた国力

 ジャロウデクの国力、とんでもない!

エル『どうしました? “若旦那”』

00192
 さて、ようやくエル君たち視点だが、脳筋王子に率いられ旅の最中だった
 ここで、友邦クシェペルカ敗戦を知る事になった
 関所の国旗が違う!

 対し、ジャロウデク国境軍も仰天する事に

『馬車…? いや違う! 何だアレは!?

00195
00200
 頼もう! 我らは“銀鳳商会”と申すもの!! 山向こうより、交易品を運んでまいりました!

ザ・悪目立ち
 大陸を隔てる山脈を越え、西方諸国を訪れた“行商人”達。彼らは「商会」を自称する
 交易商人なら、旅をして不思議は無いからだ
 が

 ウソをつくな! そんな化物みたいな馬を使う商人がいてたまるか!!

 ごもっとも!
 しかし「人馬型」あればこそ、山越えが容易となるワケで。

 この子ら、1mmたりとも忍ぼうという気がない!

謎の行商人『山向こうの国は、魔獣がうようよいるので、特別の馬が必要なんです!』

00202
 ふざけるのも大概にしろ! と、怒られてしまう少年商人君。
 幻晶騎士の、1,5倍もデカい馬がいるか!
 特別にもほどがある!

 たとえるなら、神父様がムッキムキなことくらい不自然だよ! アタル兄さん!!

『クシェペルカなど、とうに滅んだわ! この関所は、我らジャロウデク王国の支配下にある!』

00205
00207
00208
00210
00213
 滅んだというなら、貴様らと問答している暇などないッ!!

獣王の怒り(魔法)
 エル達は、先王アンブロシウスの「悪い予感」に基き、行商人に扮して偵察を敢行
 同国に世話になったエムリスは怒髪天!
 と 

 獣王轟咆<ブラストハウリング>!

 いきなり使うんかい!
 元々「強奪」直後、西方諸国の仕業と気付いていた先王、動きが早い!

 キレるのも早い!

ジャロウデク軍『バカな?! 鉄の門を一撃だと!

00214
 谷を塞ぐように建てられた大掛かりな関所、扉部分の頑丈さは特筆物だった
 だが、4門もの兵装を、更に各部“連動”させる獣王轟咆は
 常識をどっかに忘れた火力を発揮する

 すごーい! あなたは鉄の扉も溶かすフレンズなんだね!!

『ひどいですよ若旦那! ボクより先に“商談”をはじめるなんて!』

00215
00216
00217
00218
00219
00220
00221
 僕と斑鳩も…、仲間に入れて下さいッ!

ビッグオー・商タイム!
 いきなり、マナを使い切る若旦那もアレだが、嬉々として飛び出したのは“イカルガ”
 跳躍の時点で、従来機とは隔絶していた
 と

 さあ…、行きましょう斑鳩。“祭り”の始まりですよッ!

 推進器を用ぬ“跳躍”
 その瞬発力は、バッタと仮面ライダーほども違う!!(多分)

 逆光は正義、エル君は悪魔!

エルの「祭り」に応え、起動するエーテル・リアクタ

00222
 中央のマークは、第2話の「ベヘモス」を使ったリアクタである証
 イカルガ本体は、前回の女王陛下を動力に用い
 こちらは推進器特化らしい

 より大出力な方こそ、あの推進器には必要、制御は「キーボード」で行うらしい

怪物『…まずは一つ!

00223
00225
00226
00229
00230
00233
00234
00236
00238
00239
00240
 試験機トイボックス以上、目にも止まらぬ加速に!

白くないよ! 蒼い死神だよ!!
 さながら、初代ガンダムのオマージュのように、一つ一つ数えながら撃破するエル
 斬速は、斬られた側が遅れて倒れる程! 
 で

 ふたぁつ!

 明るいと良くわかりますが、ティラントーは「高出力」「重装甲」に特化したようです
 なのにバナナみたいにスパスパ斬る始末!

 第1話冒頭の機体なら、10機はまとめて斬れそうな切れ味!

『たかがサブアームに!? このティラントーが力負けだとー!?』

00242
 いかに4本がかりとはいえ、細っこいサブ・アームで受け止める膂力
 出力自慢に、とんだ恥をかかせた斑鳩は
 返す刀でこれも両断

化け物『法撃戦♪ おつきあいしますよ!

00243
00245
00246
00247
00248
00249
00251
00253
00255
00256
 法撃に際し、「ベヘモス」からマナを流し込むエル。

ザ・ブルーディスティニー
 専用の、片刃2枚を組み合わせた大型剣、お約束の「杖」機能が盛り込まれており
 出力相応、とんでもない威力を持つ
 と

 よっつ!

 完全に開放型バレルのビーム砲!
 いわゆる、「十分に発達した魔法技術は、科学と見分けがつかない」って奴だ!!

 兼用武装はロボの華!

『ば、ばけものだー!?』

00257
00258
00260
00261
00262
00263
00265
 いつつ! 次は!! …?

全邪郎が泣いた
 最後は、身も世もなく逃げ出した機体も串刺しにし、串刺し公もビックリの瞬殺に。
 残る1機も降参、ほぼ単独で完勝に
 と

 エル君が出たと思ったら、あっと言う間に終わっちゃったね…

 実際、イカルガ出撃シーンから敵軍降参まで
 ホントに1分程度であった

 ジャロウデク軍は、クシェペルカ軍と一緒に泣いていい!

エドガー『この構造、見覚えがないか?』

00266
00267
00270
00271
00273
00274
00276
 幻晶騎士の話ですね? 幻晶騎士について話あってますね? まぜてくださいっ♪

かわいそうな子
 事後、エドガー達は「BW」「綱型結晶筋肉」に気付き、掠められたヘルヴィの愛機
 トランドオーケスが、彼らの原型だと看破
 で

 かわいそうな子…。

 悲しむヘルヴィ
 この事件は、銀鳳騎士団にとって“他人事”ではなくなったと言える。

 そして、エル君かわいい子…。

趣味人『ゆるせません! そもそも、僕らの考えを基にしているのですから…』

00278
 これはもう、僕らのものと言っても、過言ではないでしょう!
 貰っても、全然かまいませんよね!

 このスムーズに破綻した論理!

 1+1は田んぼの田、くらい飛躍した論理だ!!

常識人『え゛!? そのりくつはおかしい! おかしいが…』

00279
00280
00283
 銀色坊主らしいなあ!/そういう親方も、敵の機体に興味津々でしょ?

我ら銀鳳商会だぞ!
 何せ、生み出した風土、目的が違う、同じ技術を元にしていても全然別物なのだ
 エル達にも、大いに興味がある!
 と

 我ら“銀鳳商会”は、商売と情報の収集に励む事とする!

 こうして当面の目的が決まった
 にしても、3先輩に親方、主力も頭脳も全員同行、派手な旅行もあったものである

 そこらにコンテナに、先王が潜んでても不思議がない! 

決まっているじゃありませんか! “商品”を山のように仕入れるんですよ!

00284
00285
00288
00287
00289
 東の街道に、異形の騎馬と鬼面の死神が現れ、ティラントーを狩る

邪郎を狩るモノたち
 かくて、ジャロウデク軍にはとんだ受難、クシュペルカ残党には喜ばしき噂が誕生する 
 もっとも残党も、トンデモすぎて信じ難いかもしれないが
 で

 ジャロウデク軍に、そんな噂が流れ始めた

 エル君たちの「商売」
 仕入先は侵略者、ティラントーを次々と破壊&鹵獲&解析し“販売”するつもりか

 残党軍に譲渡、戦力再建に協力を…?

『ご機嫌はいかがか? 元・クシェペルカの姫』

00290
 単刀直入に言うぞ、お前には、俺の妻になって貰う
 一方、占領された王都デルヴァンクールでは
 薄い本が展開していた。

 磯野ー! 政略結婚しようぜー!!

また縛り上げられて、無理やり薬を飲まされたいか!

00291
00292
00293
00294
00295
00298
00299
00301
00302
00304
 イヤだというなら、もう一人の娘を王女に仕立て上げるだけだ…。

亡国王女の悲劇
 どうも、残党や隠し通路の自白でもさせたらしく、「薬」という言葉がパワーワード!
 でも、親友イサドラを巻き込みたくない…!
 と

 お父様…、私、エレオノーラはどうしたら…!

 頭にロールパン付けた男と結婚
 人生でも臨み得る、最大級の悲劇に直面したエレオノーラ王女

 ただ巻貝頭王子、そこまで下劣でもないらしい。

『辛気くさい女だ! 歯向かいでもすれば、まだいたぶりようもあるものを』

00305
 そして当然のように潜入している、フレメヴィーラの諜報機関藍鷹騎士団。
 万一、捕まって、敵に利用されたらえらいことになる人だが
 視聴者に分かりやすいから仕方ない!

※エルとの連絡要員の為、他の藍鷹騎士より、持ってる情報がヤバい気がする!

『殿下? まさか婚姻をおやめになるおつもりですか』

00306
00308
 そこまでバカではない、姉上がひねり出した方策を無碍にはしない!

併合策
 占領地併合の為、現地の王族と結ぶオーソドックスな策、だがエレオ姫には不満の様子
 強い者を尊ぶ性格らしく、辛気臭いと。
 でも、大事な策だと理解してる

 たぶん体育会系的な付き合いで、意気投合できそうなタイプ。

 いたぶる云々はアレだが
 身分を知らず、エムリス辺りと出会えば、仲良くなるのでは無いだろうか

 たぶん。

紫前頭殿下『そんな事より例の噂は? 鬼面の死神とかいう…』

00309
00310
 なりませんぞ殿下、御大将がそのような些事にかかわっては、兵に示しがつきませぬ

銀の些事
 むしろ、「鬼面の死神」とやらを、自ら叩きのめしに行きたい気持ちでいっぱいの殿下
 兄王子たちが、政治に向かぬと言ったのも納得
 で

 些事というなら、さっさと片づけて見せろ!

 敵の王子、紫のくるくる前髪
 前線主義者…。

 何気に、ガンダムのガルマ様モチーフも入ってるのかもしれない。

『今の話、あたしにも一枚噛ませて貰えませんかねえ?』

00313
00315
00316
00318
 銅牙の力は、扱いが面倒だと聞き及ぶが?

側近後ろ後ろー!
 こうなると、ブレーキ役であるドロテオ・マルドネスは、急ぎ「死神討伐」する必要に迫られた
 際し、スタイルがグンバツな姐さんが協力に
 で

 見つけるのはアタシ達、叩くのはそちらさん。悪い話じゃないだろう?

 ピンと来たらしい隻眼の姐御
 隻眼のマルドネスが、「バカ息子」を派兵すると踏んでの協力なワケだ!

 危ない橋は他人に渡らせる、いいね?

王女エレオノーラの置かれた状況は、エルネスティたちの知るところとなった

00319
 これらを立ち聞きしたノーラの報告で、銀鳳商会も新たな動きに。
 そして、メイド姿がお似合いである
 かわいい。

若旦那『クリストバルめ、許さん!

00320
00321
00323
00324
 ホント、最悪! そのバカ王子!!/こらしめてやるわっ!

さあ始めよう!
 特に、エレオ姫らと親交のあるエムリス、同じ女としてアディとヘルヴィの怒りを買い
 クリス王子、早くも髪の毛をむしられるのが確定に。
 で

 それでは皆さん、王女救出作戦の作戦会議を始めましょう!

 イカルガが突撃すりゃあ…
 斑鳩一機の働きで、王女が助けられたり戦争が勝てるなどというほどあまいものではないんだぞ

 と、いう事でしょうかガンダム的に。

『アレがウワサの死神騎馬団かァ~?』

00325
00330
 何だ…、あの馬だか何だか分かんねえの…?

発見
 かくて、エル達が動き出すのとほぼ同時に、仲良く銅牙騎士団も彼らを捕捉するが
 銀鳳騎士団はあからさまな“囮”を展開
 で

 ま! 相手が何だろうと、このグスターボ・マルドネスがブチのめす事に変わりはねえさ

 バカで助かった!
 すごいな、口調一つでマトモじゃないとわかる奴や…!!

 でも、正直嫌いじゃないぞ!

『ディー隊長ー、船が空飛んでまーす』

00333
 やけに前髪が印象的な彼は、ディーの2番隊隊員と判明
 つまり、特攻野郎と推定される。
 納得の前髪!

 キャスト欄から察するに、「トッシュ」というらしい。…トッシュ・クレイ

『ウチの団長以外にも、あんな常識外れな代物を作る人間がいたとはねえ…』

00334
00336
00338
00340
00343
00345
00348
00350
00351
 ジャロウデクの紋章がある…、つまりは敵という事だ! …先手必勝、法撃開始ィ!!

特攻野郎Dチーム
 実は今回の「人馬」は、アディ達でなく第3中隊機、格納されていたのは第2中隊
 攻撃に特化した、特攻野郎ディー中隊!
 で

 幻晶騎士出すぜー? カタは剣でつける!

 対するも似た者同士
 飛行船を見て、ビビらず法撃するクソ度胸を気に入ったグスターボ

 何か、ヤンキー同士の決戦になってきた!

『黒い新型のお出ましか…、だが相手が幻晶騎士ならば、臆するところは何も無い!』

00352
00354
00355
00357
00360
00361
00363
00364
00366
00370
00372
 盗んだ技術を使っての乱暴狼藉、その代償はたかくつくぞッ!!

颯爽登場グゥエラリンデ!
 こちらこそ本家本元、同じ“攻撃型”の意図を持つ2機は、ある意味親戚かもしれません
 しかし、ディー先輩の熱い機動力!
 で

 いかなる鎧であろうとも、ベヘモス程ではあるまい!

 相手が幻晶騎士なら、とか…。
 ディー先輩を、一度ベヘモスの巣に放り込んで、トラウマ払拭をさせてやりたくなりますね

 高機動大出力、エル君の一点モノは格が違った!

とっとと退きな! ここは俺ッチの出番だぜえ!!

00373
 これまで、既存機を「カカシ」と呼ぶほど、一蹴してきたジャロウ兵だけに
 その新型をも、易々とぶちのめしたディーに驚愕
 思わずブルッてしまった

 だが今度は、続いて降りてきた変態相手に、ディーが驚愕する番!

『な…、なんだそれは?! そんなに剣ばかり付けてどういうつもりだ!?』

00374
00379
00380
00383
00384

 ンなの決まってっだろ!
 剣は強い!

 強いの一杯持ってる奴が一杯強いィぃぃ!

 当たり前じゃねえか!
 アンタも剣を持ってるようだが…、その数じゃ、ソードマンの敵じゃねェさ!!


00386
00387
00388
00389
00391
00393
00394
00395
00396
00397
 そ…、そうか、バカなんだな? キミは?

ソードマン
 確かにバカだが、彼独特の信念によって、“オプションワークス”に近い装備を発想したのか
 無数の剣を、サブアームで展開する事が可能だった
 と

 こいつ…、バカだが使い手だなッ!

 持たせるべきは杖だけではない
 テレスターレ強奪後、エルが得た「選択装備」の発想に辿り着き、使いこなすソードマン

 ジャロウデクらしい、戦闘力向上に絞った改造!

『ハッハッハ! そんなスッとろい動きじゃ、俺っちの相手は務まらないぜ!』

00398
 目にも止まらぬ連続剣、予測不可能な、頭のおかしい体捌き!
 確かに、これは「バカ息子」と言われても仕方ない!
 仕方ないけどメチャ強い!

 ディー先輩、双剣を軽々振り回せるが、今回ばかりは相手が悪い!

ディー『確かに、こちらが不利なようだ…、だが君、忘れてないかね?

00399
00400
00400--
00401
00403
00407
00409
00410
00412
00413
00414
00415
00416
00418
00420
00421
00423
00425
00427
00428
00431
00434
00435
00436
00437
 3番中隊の任務が、輸送だけだと思ったら、大間違いだから!

仕切りなおし
 ディーの切り札、ヘルヴィの不意打ちで、事態は一気に銀鳳サイド優勢となるも
 銅牙騎士団の暗躍で煙幕だらけに!
 で

 アンタなかなかだったぜ! 今度またやるまで、死ぬんじゃねえぞ!!

 味方の仕業と察知し、飛び去るグスターボ
 勘は鋭い!

 また残念ながら、今のディーたちには、ロクな対空兵装もなかった

『…何か有効な武器を、エルネスティに用意してもらう必要があるな…』

00438
 対し、エルに武器を用意させるという、危険フラグを立てるディー
 元々この世界、「飛行船」なんてなかったんですから
 新しい兵器体系が必要に

 飛行船側が、空からしかけてこないのも、「空で戦う」発想のなさか。 

『珍しく追い込まれてたじゃないか、剣大好きのグストさん?』

00439
00440
00445
00450
00452
00453
 ちょうどいい引き際になっただろう?

復讐のソードストーカー
 銅牙団長、ケルヒルトが密かに乗り込み、グスターボを助けたと判明
 使える人材だと見越してか
 で

 今日だけは礼を言う、二度目はないぜ?

 ディーを気に入ったグストさん
 ケルヒルトとエドガーに続き、新しい因縁が生まれてしまいましたね。

 斑鳩もいいけど、こういうライバル関係も燃える!

次回、War&Princess! 戦雲が僕を呼ぶ!!

00458
00459
 次回、吊り下げられたまま法撃、敵の「法台」作戦炸裂?

War&Princess
 王都潜入、敵も潜入戦機を持ってますが、隠密行動ならシルエットギア!
 これで、早々に王女を回収成功するも
 敵の追撃に遭うパターン?

 エル君の国では騎士は「対魔獣」だけど、他国では兵器、戦乱編スタートに。

遂に誕生したイカルガ! 前回の振り返りイラストでは

illust

アルフヘイム(森都)

アルフヘイム(森都)は、フレメヴィーラ王国南西部にある、エーテルリアクタの生産地。そこに暮らす魔と技の民「アルヴの民」は、500年の寿命をもつ長寿の種族である。アルヴの民は200~300年ほど生きると、周囲への関心や活発さを失い、眠りと思索の間を生きるようになる。寿命を終える頃のアルヴは、ほとんど樹木と変わらないという。

アルヴの民は、アルフヘイムを「郷(さと)」と呼び、一般の人間を「徒人(あだびと)」と呼ぶ。町の中央部にある白亜の塔には、アルフヘイムの中枢機関「森護符」が置かれ、アルヴの長、エルダー(大老)が座している。

アルヴの民は、徒人と互いに「法」を取りかわし、アルヴの民がエーテルリアクタの製造を行い、徒人はその対価として食糧や防衛力を提供。フレメヴィーラ王国は、アルフヘイムを護る最終防衛拠点としてアルチュセール山峡関要塞を置き、守護騎士団アルヴァンズが鉄壁の護りを固めている。こうした徒人との交渉や橋渡しを行うのは、アルフヘイムから外界に出て活動する「衛使(えいし)」の役目である。

徒人が要塞から先へ進むことは固く禁じられ、衛使とエルダーに認められた者にしか立ち入ることはできない。エルはエルダーの許しを得、森護符の奥へと招かれ、ついにエーテルリアクタ製造の核心に触れることになる。


DH92vsFUMAIcksl
DH_NKWkUQAAbxYF
 さすがのエルくんもツッコむ事案!

イカちゃん!
 コラムではアルヴの郷「森都」アルフヘイム、彼らの生涯が改めて語られていますが
 歳を経るごとに、だんだん思索と眠りに耽っていく在りかたって
 指輪物語のエント族オマージュなのかも。

 精鋭アルヴァンズ、あの要塞が、わざわざアルヴ防衛に作られたという解説も

 国家機密、リアクタの供給元なんですから
 当たり前と言えばそう。

 こうした一族は、独自防衛するのが定番なので、ちょっと意外な設定でした。

本当に余談ですが、「国王が立つ」という事

00106
 自ら国王騎を駆り戦ったクシェペルカ王

王の逃亡
 際し、徳川最後の将軍が、「撤退」した例をあげましたが、おかげで戦闘が抑えられ
 おおげさにいえば、江戸城無血開城へと繋がる流れを作った
 徳川慶喜公の先見の明という見方も

 王として、とるべき道は色々ですね、という話。

国王騎とは、多くは、その国最強の幻晶騎士なのだそうな

00001
00099
 クシェペルカの制式量産機レスヴァントと国王騎、イメージは「かかし」だそうな。

クシェペルカ王国
 おそらく、カルダトア級の性能をもち、かつ「扱いやすい」に相当する長所があるはず。
 劇中は、国王騎ともどもボッコボコにされましたが
 それこそ相手が悪かった!

 肩が、まるでリングがハマってるだけ、って感じが異形

 すごく顔っぽいです。
 対し国王騎は、人間体型に近くなりましたね。

ジャロウデクの「王族騎」、白銀の機体は“アルケローリクス”との事

00002
00161
 おそらく、ティラントー改造機らしく、股関節が妙に逞しいのが印象的。

ジャロウデク王国
 ラボが、テレスターレから「ダーシュ」を開発したように、同国が出力アップを究めた新型量産機
 ダーシュは、筋肉量を抑えて出力アップを3割に留めた代わりに
 操縦性、燃費のバランスの良い機体に

 何故ならフレメ王国は、いつ出てくるか、いつまで続くか不確定な魔獣戦が主眼

 対しティラントーは飛行船で現場に運び
 性能優位を活かして、稼動が短時間だろうと、その間に大損害を与える、そうした機体の模様

 両国の開発思想の差が、ハッキリ出ていますね

公式サイトにも登場した、エルくんの専用機!

DIT0kScVYAE8I3D
00000
 本気で戦う場合、今回のサーベルを、計8本携行するらしい

イカルガ
 地上最強にして最高の欠陥機! 飛翔に際して、いちいちサブ動力炉を起動したり
 制御がいちいち手間で、とても他人では扱いし得ない
 欠陥を抱えた機体

 たとえば剣一つとっても、脆い「杖」機能を内蔵した為、常に強化魔法が必要

 性能追及の代償に扱いにくい欠陥機。
 ただ戦闘、制作と整備で新たなデータを集めた以上、更に性能向上できるはず…?

 どんな敵もオーバーキル、その真価を見せるときは…?

剣の総数は実に23本! CGでホント良かったソードマン!!

00379
 ソードマンをナメんじゃねえ!

ソードマン
 ガンダムで言うなら、00のエクシアが7本の剣を、ダブルオーなら13本まで積めますが
 実体剣23本、それをサブアームを駆使して操るのは
 頭がおかしいの一言!

 ジャロウデクでも、トップクラスの騎士なのだそうな。

 ディー先輩危なかった!
 その実力ゆえに、アホな発言やカスタマイズも許されているのでしょうね

2017年8月27日Knight's & Magic ナイツ&マジック 第9話「Force&Justice」

00413
00416
 2003年設立、Marvy Jackが制作協力に。主に制作協力担当の会社

スタッフ
 脚本:横手美智子
 絵コンテ:笹木信作
 演出:藤代和也
 作画監督:飯飼一幸、服部憲知、鰐淵和彦、Kim Myung Sim
 アニメ制作:エイトビット
 CG制作:オレンジ
 原作:天酒之瓢/ライトノベル
 制作協力:Marvy Jack
 車両協力:アルファロード

あらすじ
 ジャロウデク王国は、いにしえの大国ファダーアバーデンの正統な後継者を名乗り、西方諸国へ宣戦布告した。のちに「大西域戦争=ウェスタン・グランドストーム」として語られる大乱の火ぶたが切られたのである。
 飛空船レビテートシップと新型機ティラントーを投入したジャロウデク王国の圧倒的な戦力は、瞬く間にクシェペルカ王国を制圧。
 事情を知らないエルたち銀鳳騎士団は、クシェペルカ王国の関所に差しかかるが……。

飛行船と新型機登場! 時代の変化に、エル君達は…?

00263
00230





























































00048
 異世界に急に出現した飛行船技術、ただの天才? 同じ転生者?

Force&Justice
 力と正義、踏みにじられる祖国、娘の為、颯爽と立ち上がった国王カッコ良かった!
 しかし、そのまま包囲網に捕まるのは意外でした
 当然のなりゆきかもですが

 前半で大活躍し、後半で踏みにじられたティラントー嫌いじゃない!

 同じテレスターレを元に
 ラボはダーシュを、彼らはティラントー、結論の違いが面白いですね。

 次回、第10話「War&Princess」


 ナイツ&マジック 第1話「Robots & Fantasy」
 ナイツ&マジック 第2話「Hero & Beast」
 ナイツ&マジック 第3話「Scrap&Build」
 ナイツ&マジック 第4話「Light&Shadow」
 ナイツ&マジック 第5話「Hide&Seek」
 ナイツ&マジック 第6話「Trial&Error」
 ナイツ&マジック 第7話「New&Old」
 ナイツ&マジック 第8話「Secret&Quest」
 ナイツ&マジック 第9話「Force&Justice」 ※OPに効果音追加
 ナイツ&マジック 第10話「War&Princess」 ※OPに「今週の見所」追加
 ナイツ&マジック 第11話「Hit&Away」 ※OPに更に効果音追加!
 ナイツ&マジック 第12話「Knight&Dragon」
 ナイツ&マジック 第13話「Heaven&Earth【最終回】」

 制作会社エイトビット公式で、原画やキャラ設定画が公開中!