公式サイト NEW GAME!! 2期 7話 第7話 感想 凄く熱い視線を感じる レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 前回はこちら
ねねっちと、新キャラコンビが「インターン」入社!? 青葉と対の子なのね!

00005
00318
テンプレ回答を訂正、本気の入社動機を口にした桜ねねさん、カッコ良かった!
 実は苦しんでた出資会社のクリス、妙に仲の良い葉月が姉妹っぽかったり
 ねね入社を、実は社長にかけあってくれてたうみこ

 共感する青葉とライバル視する紅葉、色んな“二人の関係”印象的でした!

涼宮青葉ァ!の憂鬱
 名前や体型など、完全に青葉の対(キャラ名も漢字)になってる辺り、重要キャラなのね
 ひふみん同様、人づきあいが苦手そうな分
 ナルさんが完全に保護者

 いきなり誤解したり、これは可愛い子ですね涼宮青葉ァ!

青葉『(凄く熱い視線を感じる…)』

00255
 タイトル回収は涼宮青葉ァ!

涼宮青葉の憂鬱
 彼女もコウに憧れており、「既に一線で働いてる」青葉は、ライバル視される事に
 でも名前的に、単に青葉の引き立て役ってワケじゃないでしょうから
 コウみたいな天才肌?

 二人組といえば、コウと青葉も傍目に姉妹みたいでしたね~
 
ひふみんがコウのブースに移動、なんてこった!

00159
 でも、これからも「進捗どうでしょう!」しに来るから!! 来てよホント!

あらすじ
 夏の盛りに、突然プログラマーの採用試験面接官を任せられ当惑した青葉。
 実は、ねねがインターンに募集し、うみこが彼女を試す為に呼んだのだ。
 ねねは無事採用に

 また、出資会社の大和・クリスティーナ・和子も、葉月の計らいで青葉たちと打ち解ける

 ねねとは別、ゲーム制作専門学校からも、コウに憧れるデザイナー志望・望月紅葉と
 幼馴染でプログラマの鳴海ツバメがインターンに。

 青葉はは同い年の紅葉たちを嬉しがり、紅葉はライバル出現に燃える!

 次回、第8話「?」

これが今の私の精一杯! 青葉も、ねねも、自分の全力を出し切った

DHw3FnDVwAA6gcR
 自分で未熟だと解っていても、今できる全てを投じ、「他人に見せる」事に意味がある
 ねねは自己評価で、青葉は、コウのキービジュアルに“未熟”を思い知っていた
 だから、「他人」の望外の評価に深く感動する

 二人は一歩前進、物語は一区切り、そしてひふみんは可愛かったッ!
 
青葉『私…、プログラムの事なんて分からないんですけど』

00000
00002
00003
 面接官をやって良いんですか?

プログラマー
 自身入社一年目で、早くも採用の面接官、それもプログラマー部門と困惑する青葉
 だが、うみこだって百も承知なワケで。
 で

 構いません、実力は把握しています。素行調査だと思って頂ければ

 素行調査…?
 と思ったら、見覚えのある髪の色

 つまりそういう事!

失礼します!

00006
 ねねっちー!?
 ビシッと揃えられた髪!
 なるほど!

 リクルートスーツが案外似合ってる!

あ、あおっち何で?!』『あおっちとは何ですか』

00005
00008
00009
00010
00012
00014
00015
00016
 な…、何なんだこれー!? めっちゃ遊ばれてるー…?

自己紹介
 務めて面接官に徹するうみこに、いきなり訂正を喰らうねね、戸惑う青葉
 きらら女子大学、とかいうパワーワード!
 で

 ど…、どうしましたか?

 無言のうみこ、緊張しっぱなしのねねに
 笑い出してしまう青葉
 
 緊張してるのに、傍目にはコメディだから悲劇だ!

青葉『い…、いえ、マナーを守っているので…』

00018
 笑い出す青葉大概ですが、こっちにはツッコまないうみこ
 ねね、うっかり青葉にツッコもうなら
 即怒られる…!

 試されるツッコミ魂!

『まず、志望動機をどうぞ』『あお、…涼風さんの前で本当に言うんですか?』

00019
00020
00021

 えっと…、昨年御社でデバッグのアルバイトさせていただいた事で
 御社の雰囲気や、作品に対する姿勢に感銘を受け、ぜひ入社させて頂きたいと思い
 プログラマーとして志願させて頂きました。
 

00023
00024
00025
00026
00027
00028
00029
00030
 やりにくいー! でも、こんな事をするっていう事は、もう合格なのかな…?

だから私は
 意外にしっかり考えていたねね、青葉も視聴者も感心しきり
 しかし、当人は警戒レベルを維持!
 と

 きっと罠だ! あおっちがいると私は…!!

 まるで遊ぶような面接
 しかし、きっと青葉を囮にしてるに違いないというねね

 うみこ軍曹、どんだけ鍛えてきたんだよ!

『(あおっちがいると私は…、私は気が緩んじゃう!)』

00031
 心のサバゲーで完敗するねね
 うみこ慣れしちゃって…

 青葉ぬいぐるみがちょっと可愛い。

『(そうだ…、ここで怠けたら終わりだ、きっと!)』

00032
00033
00034
00035
 涼風さん、何か質問は?

対峙
 むしろ、自然とふんどしを締め直すねね
 対し寛いでくる青葉
 で

 えっと…、いつから弊社に入社したいと思うようになったんですか?

 的確な質問と適度な緊張感
 なるほど、うみこさんってば策士じゃないですか…。

 ねねは、取り繕ってもバレると覚悟する。

『ほ、本当は! デバッグのバイトをしてたときは、ただ楽しかっただけで…』

00036
00037
00040
00040 -
00041

 ほ、本当は! デバッグのバイトをしてたときは、ただ楽しかっただけで…
 またデバッグできたら良いなあ、と思うだけでした…
 でも…

 でも! デバッグの募集はもう無いと聞いて

 最初は何となくプログラムを始めてみただけだったんですが
 作っているうちに、あお、涼風さん達が凄く頑張ってゲームを作ってる気持ちが解ってきて
 ゲームを一本自作していく中で、自然と、もう一度

 御社で働いてみたいと思うようになりました!


00043
00044
 けっこうです…、涼風さん、他に何かありますか?

でも
 最初はとりつくろい、「バイト中に御社で働きたいと思いました」と、テンプレ回答したねね
 しかし、覚悟を決めなおして正直な告白
 で 

 い、いえ今は別に…

 うみこさんの静かな迫力
 声役、森永千才さんの低トーン声に本当にぴりぴりします。

 ねねさん、よくぞ言い切ったわ…。

『それでは“涼風さん”お疲れさまでした、ご退室ください』

00045
 え゛!? わたしがですか?!
 まさかの面接官退場!
 ええ?!

 最初、うっかり聞き違えた(或いはうみこさんが言い違えた)かと思った!

ねね『(うわー! ここからが本番だー!?)』

00046
00047
00048
00050
00052
 おめでとうございます…、よくぞ気を緩めませんでしたね? 桜さんは合格です

コングラッチュレイション…
 応援し退室する青葉、孤立無援…! ところが「役目が終わったから」だと判明する
 今まで、青葉と一緒だと遊んでばかりだったから…
 で

 まずは三ヶ月間の契約でのアルバイト、という事で宜しくお願いします

 在学中での採用
 ねねは、週3日出勤のアルバイトという希望通りに。

 まだ大学二年、少し早めのインターンか。

志願者さながら、早々に退室させられた青葉

00053
 前期アルバイトしてた頃、「うみこが見てないとすぐ遊ぶ」バイトだったねね
 青葉が一緒だと、すぐに気が抜けてしまうと思って
 試す為に配置したのね

 素行調査、ってそういう事か!

うみこ『ただ。いくつか注意があります…』

00057
 既に良いBGMが鳴り始めていたが、改めて圧力をかけるうみこ
 何たって、桜さんはプログラマー一年生「未満」
 熱意はあれど実力不足

 まだ、社の必要とする基準に達していない、だがと。

『桜さんのこれまでのやる気、成長速度を見て、私が社長にかけあって許可を頂きました』

00056
00058
00059
00060
00062
00063
 課題や、雑用のような仕事が続きます。実力の伴わない桜さんにとって苦になるかもしれません

一度だけの
 ねねの応募を知り、うみこは何と社長にかけあってまで、既に許可をもらっていた。
 その理由は「一度しか言わない」
 と

 私は今、桜さんに期待をしています

 まず三ヵ月後の更新を越えて下さい
 いつもの皮肉交じりに戻るも、こんな事を言われたら、桜さんだって目が光るよ…!

 プログラム初心者でも、敢えて採用してくれたのね。

ねね『へへ…』

00064
 期待してる何て、生まれて初めて言われました…、
 頑張ります!


 からかうかと思ったら、最後まで真面目に返した桜さん。本当に大きくなった…!

あおっちー! 合格したよっ!!

00065
00066
00067
00068
00070
00071
 アルバイトからですが、よろしくお願いしますっ!

仰天ニュース
 面識こそあるものの、「入社するの!?」と一同、びっくりするのだったが
 桜さん、本当にそつなく挨拶。
 で

 やっぱり、PECOだったんだね~

 キャラデザを見て一言
 ゲーム雑誌で、コウの名前が載ってたけど「青葉の仕事だ」って解ってたのね

 しかし前回、キービジュで「完敗」を思い知った青葉は…

青葉『だから私は、内部デザイナーなんだ?』

00073
 すごいよあおっち、大出世じゃん!
 凹む青葉と、まるで気付かないねね!
 やっぱすげえよネネは!

 今週、ねねっちの尊さが止まらねえ! 止まるんじゃねえぞ…!!

『あおっちのシュールさっていうか、黒いところが出てる! たのしいっ!』

00075
00077
 ん? …どうしたのあおっち?

ありがとう
 青葉、黒いだのシュールだの言われて、視聴者も頷くしかありませんけれど
 でも本当に救われた
 うん!

 ううん…、良いときに来てくれたよ、ねねっち♪

 自分は未熟でコウは凄い!
 解ってたけど、内心凹んでた青葉に、心から「やったね」と言ってくれたねねっち!

 そうだよ、「内部デザイナー」だって立派じゃんよ!

うえええーーーーん!

00078
 場面変わって居酒屋、さては、ねねの歓迎会かと思いきや
 呑んでいたのは、意外なコンビであった
 飲み会、久々ですね

 その奇麗な顔をフッ飛ばしてやるぜ!とは言わないが…?

『まだ気にしているのかい? 奇麗な顔が台無しだよ』

00079
00080
 私にもっと力があればぁ、会社の言いなりにならずにすんだのにー!

全仏も泣いた
 妙に味のある発音で泣いていたのは、「出資会社」のクリスティーヌ剛田もとい
 大和・クリスティーナ・和子であった
 で

 ぜったいぜったい、PECOを売ってみせるからーっ!

 めっちゃ鼻水でてるー!
 前回の会議、「私を憎んでください」とばかりに、ずいっと前に出てましたものね…。

 cv名塚佳織さん、真面目キャラ役ホントはまってる!

だから今日は、朝まで飲むぞー!

00081
 何このあふれる親しみやすさ、出資会社ってことで割と距離を置いてますし 
 いかにも、頭が良いんだぜアハハン?って顔の割りに
 あふれだすポンコツ感!

 間違いなく有能。

『でも! あのキービジュアルのおかげで、雑誌のオファーがたーくさんきてるし…!』

00083
00084
 良い仕事なの! …でも、やり方がダメな仕事なの。

仕事なの!
 それはこれ、これはこれ!! 起伏の激しいクリスティーナだった
 実は目下、「実害」があるんですよ
 と

 今回の事で、キャラ班の子から嫌われてるし…、描きおろし版権、頼みづらい…

 版権(著作権と同義)イラスト。
 つまり、キービジュとは別に、宣伝やグッズに用いる絵を頼まにゃならん!

 全てはビッ…、PECOを売る為に!

『お? キャラ班の子と仲良くなる秘策があるんだけど…、試してみるかにゃ?』

00086
 なるほど、それでOPのアレか! 「キャラ班と仲良くなろう」作戦始動!!
 しっかし、酔ったクリスの声が可愛かった!
 こんな酔っ払いいてくれよ!

 酔ってる、って声の抑揚が笑えてホント良かった!

葉月しずく『これに…! 私の愛をこめておいたから、どーんとぶつかってきなよっ』

00087
00088
00089
00090
00091
00092
 そして! 上手くいった暁には、あつーい抱擁を…! って聞いてるかーい? もしもーし?

アカツキだぞ主君!
 翌朝、素面に戻ったクリスは、「頼んだ私がバカでした」と言わんばかりに。
 出てきたのは、お守りが一つだったのだ
 と

 それでは遠山さん、スケジュールの調整をお願いします

 溺れる者はファラオも掴む
 がっかりしながらも、それでも立ち向かうクリスティーナは勇者だよ…!

 後ろで、聞き流されてる葉月さんマジかわいい!

クリス『…もずく、ほらだめよっ…』

00093
 視聴者お察しの通り、もずくに絡まれてしまうクリスティーナ
 もずく、中の人が葉月と同じと思うと更に笑えますが
 ともあれ困ってしまう事に。

 困っていると、「なんだなんだ?」と、一番クリスを嫌うコウが顔を出し…?

クリス『初公開の評判も良かったので、各社からこれだけオファーが来ています』

00094
00095
00096
00097
 描きおろしはいいけど…、多すぎでしょ? これ?

セルフ・プロデューサー
 途端に、キリッと建て直すと、コウに「出資者側」として描きおろしを依頼するクリス
 だがコウは、やっぱり反発を口にする
 と

 私は、ゲームを作るのが仕事なんですけど

 ごもっとも。
 いつも、ゲーム制作でも手が足りないのに、それ以外にこんなに…。

 最中、延々と響き続けるもずくちゃんの鳴き声…!

クリス『ゲームを宣伝するのも仕事です』

00098
 厳しく言うクリス、曰く、「八神コウなら」としてページを確保して貰ってるし
 締め切りも、余裕を持ってもらったし
 金銭的な面も…。

 受けてくれなければ、ポシャってしまうと突きつける。出資者は無理難題を仰る…。

コウ『ちょ…、ちょって待って!

00100
00101
00102
00103
 わかりましたよー! 描けばいいんでしょー…、調子狂うなあ、もう…。

なぁーん! なぁ?
 まるで相槌をうち、「なあ?」とばかりに鳴くもずく、コウも毒気を抜かれてしまい
 結局、そのまま引き受けることに
 やだ優秀…!

 良かった、助かります!

 完璧な相槌だった!
 基本、コウの人が良いせいってのもありますが、まさにアニマルセラピー

 もずくさん、必殺仕事人すぎる…!

クリス『(…やっぱり、嫌われてる…)』

00104
 目をそらした青葉に、内心がっかりするクリスさん
 この上司、内心が可愛すぎる…!
 で

 そのまま颯爽退場しようとする大和・クリスティーナ・和子だったが…

うひゃあああああああああああ!?

00105
00106
00107
00108
00110
00112
00112 -
00113
00114
00115
00116
00117
00118
00119
00120
00121
 だ、大丈夫ですか?

絶叫系才女
 際し、もずく大先生が飛びかかってしまい、セクシーに転倒してしまうクリス
 お守りとは、やはりマタタビであった
 で

 ち…、近付かないでくださいー!?

 その発想は無かった!
 手を貸す青葉、周囲のガン見に耐え切れなかったクリス!!

 そんな痴漢にあったみたいな!

クリス『あ…、いや、ただ私は…』

00123
 実はクリス女史、厳しい態度は、他人に近付いたり触れられたりが苦手
 誰に近いって、ひふみに近い人だったのだ
 まさかの。

青葉『あーっ、そうだったんですね。ごめんなさい、知らずに…』

00124
00125
00126
00127
00128
00129
 あの、…フルネームって、大和・クリスティーナ・和子さんですよね?

想像へのツッコミ
 クリスは母がフランス人のハーフ、ちょうど青葉も、ほたるが同国から帰ったばかり
 先ごろ、「キスが挨拶」と困惑した事が話題に
 が

 特に妹が、必要以上に「あいさつ」好きなので、それでちょっと…

 こっちも困ってた…
 てか、「フランスに居る家族、特に妹」って葉月さんに見えますが…?

 でも「妹」はフランスにいるそうな

青葉『じゃあ、日本には独りで?』

00130
 気付けば話を広げている青葉、クリスさんは日本のゲームが好きで
 独りで来日、件の「妹」もフランスでゲーム制作
 葉月さんっぽいのはイメージだけ…?

 何にせよ、青葉ちゃんのコミュ力すごいな…

葉月『お帰り、どうだった?』

00131
00132
00133
00134
00137
00138
 ずるいぞもずくー!? 私だってキスして貰った事ないのにー!?

ありがとうもずく
 戻ったクリスを、しずくはさっそく「仲良くなれたかい?」とからかってみせるが
 栗栖、ドヤ顔でご覧の有り様であった!
 と

 しずくには、絶対しないわ♪

 めっちゃ仲良しじゃないか!
 クリスさん、描写的に「またたび」って気付いてないしね!!

 キャラ的にも、眼鏡で被せてるし?

アイキャッチも、和子&しずく

00139
 見た目に堅物で中身がヘタレな和子と、見た目に軟弱で思慮深いしずく
 妙に仲良いし、やっぱりご姉妹なんですかね?
 でも「妹」の話も具体的だし?

 それとも、赤の他人のフリなんでしょうか

青葉『とうとう私も、先輩になれるんですね!

00140
00141
00142
00143
00144
00145
00146
00147
00148
 でも後輩が、歳上だったら…! 青葉の緊張がもっともすぎる!!

一名モーション班
 新作制作が動き出した為か、他にも新人を採用、キャラ班にも新人到来に
 しかし、ブースは既に埋まっているし…?
 と
 
 ちょ、ちょっと待って!? 席移動候補って、…私じゃーん!?

 はじめ先輩がハブられ先輩に!?
 せっかくの元気印が?!

 あー、でも「ひふみとりんの為、女性だけで固める」、人数合わせさんだからー!?

『寂しくなるなー? 一番の賑やかしやったのにー?』

00149
 決定ー!? 完全に決定事項!?
 でも、はじめ抜きって…?
 いやいや

 てか、「ゆんは私がいなくなっても良いの?」と

『それは…、よくあらへんことも…、あらへんけど…』

00150
00151
00152
00153
00155
00156
00157
00158
00159
 いっそ、ここの真ん中に席を!/かわいそうだろ…。

今週も!
 決断したのはひふみだった、元々、メンバーでは一人だけ年上だし
 昇格し、キャラ班長になったのですから
 と

 あ、あのー! 私が…、コウちゃんの…、となりに行く…

 めっちゃ叫んだ!
 先輩、ここ最近毎回叫んでますよね?!

 ひふみん頑張ってる!

コウ『まあそれが妥当かな? ひふみんはキャラリーダーだし?』

00160
 最近のひふみんの頑張りを知るゆん、そしてコウさんニッコリ。
 元より、仲良いですしね。
 しかし寂しい…

 そして、今週はみんな露出が多い…!
 
青葉『でもやっぱり、ちょっと寂しくなりますね?』

00161
00162
00164
00166
 ううん…、大丈夫! 毎日、進捗確認しにくるから!!

ぞい!
 予告進捗どうでしょう宣言! ひふみん、ガッツポーズがお気に入りですね!!
 いやいや、普通に来てもらって良いですから!
 で

 新しい人かー…、楽しみだなー♪

 途中入社になるとは…
 会社的には、最近ようやく新作が「確定」したわけで、なるほどですね

 出資と制作が別、制作サイドは辛い…!

『むう…、PECOのデザイン、八神コウさんっぽくない…』

00169
 さて、待望の登場となった「後輩」、望月 紅葉もまたコウのファン。
 相性は「モモ」、てか漢字なんだな名前!
 紅葉と青葉

 あー,OPの意味って…。 

鳴海 ツバメ『でも、クレジットは八神コウさんじゃん?』

00170
00171
00172
 何というか…、バカっぽい

モモとツバメ
 直感的に、コウのデザインじゃないと気付く紅葉。こやつ天才か…?
 青葉は、割と努力家なところがありますし
 いや違うか…?

 青葉に対し、対抗意識を持つ感じ、コウのファンだからなのね

ツバメ『よかったねー、一緒にインターンにこれてー♪』

00174
 彼女達もインターン、ねねと同じく、就業体験なのだった。
 日本では、給料や単位認定はまちまちらしいですが
 イーグルジャンプは「バイト」として。

 最近では、3年の夏や春など長期休暇に、「やるのが当たり前」となりつつあるらしい。

小さい子『あのー!? もしかしてイーグルジャンプの新入社員さんですかー!?』

00175
00176
00177
00178
00179
00180
00182
00183
 よ…、よろしく…/あー! ダメだよモモ? 挨拶は元気よくしないとっ!

口下手四天王
 彼女達は、東京ゲーム専門学校のインターン生、つまり学生ながら既に技能を修め
 それなりの実力に達しているらしい
 で

 わかります~、最初は緊張しますよね~

 紅葉さんは口下手らしい
 青葉をひっくり返すと、なるほどこうなっちゃいますよね。

 コウ、ひふみん、クリスに続く口下手!

『お二人は、お友達なんですか?』

00184
 二人は同い年の幼馴染で、ツバメの方が、保護者的にモモを見ている様子
 そんなとこまで、青葉たちそっくりだぞい!?
 ねねっちの同類か!

 ツバメはミニ、紅葉はコウみたいなロングスカート。

ツバメ『私がプログラムで、モモ、望月紅葉はグラフィック志望です!』

00187
00188
00189
00192
00193
00194
00195
00196
00197
00201
 あの…、学生服がここの制服なんですか…?/いや、スーツですからこれー!

年齢を伺っても?
 いきなり懐かしいネタをかます紅葉、青葉の印象も、「ひふみ先輩っぽい」だそうな
 また、懸案だった年齢問題も…
 と

 同い年だー!

 色んな意味で青葉やねねと対
 青葉達二人とも、「ゲーム制作」のドシロウトから始まってますが、こっちは専門学生。

 同い年で、既に本格的に学習してるのか

青葉『少し、ここで待ってて下さい!』

00202
00203
00205
00206
00207
00209
 どうしたんだろー? 見られたくないものでもあるのかなー?

きらめく可愛さです!
 さすが青葉ちゃん、パンツ注意報の為、先にコウの机に向かってくれましたが
 残された紅葉、ときめく可愛さに!
 そう

 もしかして…、八神コウさんの机♪

 咄嗟に「コウの絵じゃない」と分からない
 青葉のデザインも、それだけ進歩してきているって事なんでしょうね。

 ねねっちが、青葉らしいと看破してくれたのが尊い。

青葉『ごめんなさーい、たまに寝てるのでー♪』

00210
 たまにパンツ一丁で寝てるから、とはさすがに言わない青葉
 さすが、こうやって咄嗟に気遣いできるのが
 青葉の持ち味なのね

 野性味あふれるパワーが持ち味!
 
『それって誰の事だ~?』『八神さーん!?

00213
00215
00216
00217
00219
00221
00223
00224
 わ、私、八神さんみたいなキャラクターデザイナーになりたくてきましたっ!

同じですね!
 キャラ班を率いるコウは、もちろん紅葉の事を知っていたが、少々面食らうことに
 青葉も、共感してノリノリであった
 で

 私と同じだー! お互い、頑張りましょうねー♪

 割り込まれてるコウさん…
 そのまま、「飲み物いりませんか?」と言い出す辺り、ホント気遣い青葉である

 良くも悪くも、もてなす側になる子ですねえ…

『私も…、砂糖なしで…』

00225
 無理して、砂糖なしにしなくて良いんですよ?
 すっかり、紅葉に友達意識を抱いた青葉は
 そこも同じだと誤解

 無糖が飲めない青葉、さんざんコウにからかわれて可愛い!

コウ『ごめんね、騒がしくて。青葉の奴、初めての後輩で張り切っちゃって…』

00228
00230
00232
00235
00237
00238
00239
00242
00244
 いえ…、良い人だと…、思います。

ごめんね
 しかし、青葉が席を外した隙に、コウにとっても少し言い辛い事実
 PECO制作の現状を解説する事に
 と
 
 青葉が、PECOのメイン・キャラクターデザイナー。

 コウはキービジュとアートディレクター
 ここで働いて貰う以上、伝えておかねばならないこと。

 コウは、「変な宣伝でごめんね?」と。

『(さっきの人が、メインキャラクターデザイナー…?)』

00245
00248
00251
00253
00255
 確か同い年だって…、そうか、八神コウらしからぬバカっぽい違和感は…!

涼宮青葉の憂鬱
 違和感の理由に勘付く紅葉だったが、「良い絵」だ、と評価する客観性も持ち合わせていた
 ただし、他人の名前への記憶力は弱いほうだった
 で
 
 確か涼しそうな…、涼宮青葉!

 節子それ涼宮ハルヒや! 
 間違ってるけど、実力を素直に認めてるのはすごいな!

 燃える紅葉さん可愛いな!

涼宮青葉『おまたせしましたー♪ …ってあれ?』

00257
00258
00260
00261
00262
00264
00265
00268
00272
00273
00277
 何だろう…、凄く熱い視線を感じる…

涼宮青葉ァ!
 しかし、紅葉の高揚を察したツバメは、とっさに二人の間に割り込むと
 二年目でキャラデザって、すごいですねー!
 と

 あたしのいたずらッス♪ ごめんなさい♪

 更に紅茶を摩り替える!
 ツバメ用のは、紅葉には甘くて仕方なかったらしい

 青葉のを飲んだら気絶するのでは…!

紅葉『(ナルにお茶を濁された…!)』

00278
 友人の気遣いを察する紅葉、鳴海ツバメは、ねねとは違う…!
 コイツは、本当に紅葉の保護者だ!
 おかーさんだ!

 ねねっちと青葉の場合は、互いに保護者だと思ってますものねー。

『…涼宮さん、私、負けませんから!』

00280
00281
00283
00284
00285
00287
00288
00289
00291
00292
 あのー…、私、涼風です…?

的確未来予想図
 幸い、誤解は一瞬で解けたし、紅葉もライバルキャラと呼ぶには残念な子というか
 コウさん、世話しなきゃいけない子が増えたね!
 で

 うわー…、めんどくさい事になりそう

 すんごい的確な感想…。
 ただ、「昔のコウに似ている」って意味じゃ紅葉の方が近いんですよね

 青葉とコウの姉妹じみた雰囲気といい、どうなる事やら。

EDテーマ更新! 動画工房社定番のEDイラストへ

00293
00294
00296
00297
00299
00301
00302
00303
00304
00305
00306
00307
00309
00310
00312
00314
00316
00318
 歌うのは青葉たちの声優ユニットfourfolium、作詞はKOCHO、作曲・編曲は奥井康介さん

ユメイロコンパス
 紅葉登場、キャラ班新生に伴って、EDも「前へ」をテーマにした新曲へ
 元気良かった前の曲から、穏やかなEDらしい曲に
 と
 
 風に舞い それぞれ夢を運ぶよ 強く一歩前へ

 前期のED同様
 アニメ制作、動画工房定番の白ワンピースEDに

 きぐるみまで着るんかい!

折り返しを過ぎ、インターン編に突入! 今週のイラスト

DH1AkltVYAA6eSr
 でけえ! アニメ作画の紅葉さんが控えめな描写だった…!?

インターン編
 前回で、青葉とねねの成長も落ち着き、後輩が入ってきてワイワイ…ってワケでも?
 青葉もねねも、頑張った報酬を受け取ったようなものですが
 その経緯を知らないライバル

 もちろん、イラストを否定されたコウの苦しみも知らないワケですし。

 コウさんにも試練…?
 青葉とねねは、ねねっちが巨乳枠、そこも反転してますね。

 でけえ!

2017年8月22日 NEW GAME!! 2期 第7話「凄く熱い視線を感じる」

00260
00261
 アニとれシリーズのライジングフォース社が制作協力に

スタッフ
 脚本:藤原佳幸(監督
 絵コンテ:塚田夏央
 演出:津田義三
 作画監督:北島勇樹・福島豊明・古徳真美・大森理恵
 アニメ制作:動画工房(今期2作制作)
 原作:得能正太郎/4コマ漫画
 制作協力:ライジングフォース

あらすじ
 うみこと一緒に面接官としてプログラマーの採用面接をすることになった青葉。プログラムのことがわからない自分が面接官をやっても大丈夫なのかとうみこに聞く青葉だったが、面接にやってくるプログラマーの実力はすでに把握しており、今回の面接は素行調査のようなものだという。よく状況を掴み切れないまま、面接室の入り口のドアがノックされ、ゆっくりとドアが開く。失礼しますという元気の良い言葉と共に面接室に入ってきたのは、青葉がとてもよく知っている人物で……。

ねねっちが早くも入社、しかしこうなると不穏な雰囲気?

00040 -


























































00288
00291
00139
 青葉と何もかもが対、名前まで漢字表記…、おっぱいも大きい…!

インターン
 なるほど、あんまり馴染みのない制度なので意外でした。でもこうなると不穏な面も
 これまでは、青葉やねねがゼロから学ぶ姿が印象的でしたが
 新キャラは専門校生

 青葉は既に実力を認められてますが、ねねっち大丈夫!?

 まあOPで仲良さそうだし…?
 でも何より、ひふみんの出番は大丈夫なの涼宮青葉ァ!?

 次回、第8話「?」

NEW GAME! 感想 2016年7月~9月放映

 NEW GAME! 第1話「なんだかホントに入社した気分です!」
 NEW GAME! 第2話「これが大人の飲み会……」
 NEW GAME! 第3話「遅刻したらどうなるんだろう」
 NEW GAME! 第4話「初めての…お給料…」
 NEW GAME! 第5話「そんなに泊り込むんですか?」
 NEW GAME! 第6話「発売……中止とか?」
 NEW GAME! 第7話「新人の教育は しっかりしてください」
 NEW GAME! 第8話「夏休みだぁああ!!」
 NEW GAME! 第9話「出勤しちゃいけないんですか?」
 NEW GAME! 第10話「正社員って お給料を安くするための法の抜け穴…」
 NEW GAME! 第11話「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」
 NEW GAME! 第12話「ひとつ夢が叶いました!」【最終回】


 NEW GAME!! 2期 第1話「恥ずかしいところを見られてしまいました…」、ひふみ
 NEW GAME!! 2期 第2話「これじゃあただのコスプレだにゃー!」、はじめ&青葉
 NEW GAME!! 2期 第3話「……うー、恥ずかしい!」、うみこ
 NEW GAME!! 2期 第4話「この…にぶちんめ!」、りん
 NEW GAME!! 2期 第5話「や、変なとこ触らないでよ!」、ゆん・れん・みう三姉弟
 NEW GAME!! 2期 第6話「あぁ……すごいなあ……」、青葉、ねね、ほたる
 NEW GAME!! 2期 第7話「凄く熱い視線を感じる」、しずく、クリスティーナ
 NEW GAME!! 2期 第8話「メイド喫茶がいいと言ったんだよ」、青葉&紅葉
 NEW GAME!! 2期 第9話「シャツくらい着なよ!」、ゆん&はじめ ※山田回
 NEW GAME!! 2期 第10話「どんどんリアリティが薄くなっていくんだよ」、紅葉&なるっち
 NEW GAME!! 2期 第11話「心になにか抱えてるのか」、ねねっち、なるっち、うみこさん ※山田回
 NEW GAME!! 2期 第12話「ぜひ買ってくださいね!」【最終回】、コウ&青葉