公式サイト Knight's & Magic ナイツ&マジック 第6話 感想 Trial&Error レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 20時追記 原作未読 前回はこちら
名声と“量産機”を目指すラボ、趣味と“最高ロボ”を欲するエル、新型への回答!

00159
00389
試作機を「誰でも使える高性能機」へ発展させたラボ、暴走させても新機軸を追うエル
 二者の開発目的の違いが、ド明白になるお披露目が楽しい!
 目指すは“僕のロボット”ですから!

 暴走した飛行装置、人馬一体型、新しいモンを作る事しか考えてねえな!

新キャラと新型試作機
 第1話で12歳に、また一気に時間が進んで進級、公爵との連絡要員ノーラ・フリュクバリも登場
 考えただけで眉をしかめ、人馬型にため息をつく苦労人公閣下…
 しゅんとしたエル君も可愛い!

 3機入りで牽引可能な新型、なら他機を乗せて戦うのも可能っぽいね!

開発の花道、新型機開発コンペティション開催!

00351
 ラボ、プロ集団開発の新型と、模擬試合してみろという無茶振り!(普通は)。

新型機コンペ!
 別に「選ぶ為」とは言ってないので、厳密には違いますが、別部署同士の競作って燃える!
 ロボ作品、特にガンダムでも、設定上は“コンペ”が数多く開催されており
 ゲルググやガンダムF90などが有名

 アナハイム社独占の崩壊同様、「ラボ」の権威をエル君がブッ壊してしまうのか…?

水浴びに行こう! とかいってファンサービスの提供も

00280
 この水浴びシーンはサービスだ! とっときな!!

あらすじ
 国王は、エルの銀鳳騎士団と、幻晶騎士・国家開発機関「ラボ」に十ヵ月後の模擬戦を命令
 カザドシュ事変の反省から、エルは全く新しい“高機動型”幻晶騎士を提案し
 キッドとアディで複座運用する事とした

 開発中に生徒会長は卒業、エルが「新型推進器」で大事故を起こす場面も。

 ラボは次期量産機“カルダトア・ダーシュ”を
 対しエルは、初の人馬一体型幻晶騎士“ツェンドルグ”と、3機の派生型テレスターレを投入する

 次回、第7話「New&Old」

エル達の国フレメヴィーラは、“戦争”と縁の薄い国「だった」

00225
 山脈を隔て大陸東側に位置し、国家がひしめき合う西方諸国とは事情が違った
 魔獣の版図と接し、第1話のように、魔獣が頻出するお国事情も抱え
 他国には“侵略価値”が低かったらしい

 かくて、前回のような強奪事件には、対応が遅れがちになってしまったが…?

エルネスティ・エチェバルリア、“倉田翼”の見た夢

00000
00001
00002
00003
00004
00006
00009
 待ってください! まだ、何も作っていないのに!? 逃がさない、逃がしはしない!

叶えた夢
 前世でかなえられなかった夢、現世でかなえた夢、二度と作ることが出来ない
 無数の“プラモデル”に手を伸ばす夢を見た
 が

 僕のロボットー!

 肝は「ロボットを作りたい」という事
 プラモデル、遠ざかる、“作れなかったロボット”に思いを馳せるエル

 ロボを作りたい!

エル『 …これはアレですね』

00011
00012
00013
00014
00015
00016
00018
 えるくん、ふわふわ~…

何とかするだけムダ
 移動中、転寝してしまったエルにアディが抱きつき、そのまま寝てしまったらしい
 エルは起こそうとするのだが…
 と

 えるくんあったかぁ~、幸せぇ~……

 幸せなアディ
 今や「倉田翼」ではない、エルネスティ・エチェバルリアとしての日常なんですね

 中の人は合計で40歳くらいか…、。

えるくん、いじわるー!?

00020
00021
00022
00023
00024
00025
 そんな事ありませんよーっ。

ライヒアラ帰還
 襲撃を受け、エルを試そうとした「カザドシュ砦の拠点化」は、変更を余儀なくされた
 新生グゥエールと共にエル達は学園へと帰投
 で

 奪還したテレスターレは、“シルエットナイト・ラボラトリ預かりに。

 その名も“国立機操開発研究工房”
 エルの祖父が、テレスターレを見た際に危惧した「本来の国家研究機関」である

 プロの開発者たちは、この事態をどう思うだろうか…?と

おっそーい! たかが学生風情の作った機体の解析にいつまで手間取っておる!』

00027
 その第一声は、キチガイめいた老人の、あまりにも常識的な発言であった
 傲慢ではなく、純粋に当たり前の発言である
 いやマジでマジで。
 
 現代だって、たとえば自動車開発とか「個人」でやるもんじゃないしね!

工房長『それでも、誇りあるラボの技術者かァ!!

00028
00030
00034
00035
00037
00039
00041
 やれやれ…、旧態依然としたこのラボには、刺激が強すぎたようだ…。

刺激到来
 現場技術者は、素直に「紐ねじり筋肉」「多腕」発想に、感動し持て余していたが
 高齢の、ガイスカ・ヨーハンソン工房長は憤慨
 意地でも認めなかった 

 陛下も存外お人が悪い…、それとも“荒療治”のおつもりなのかな?

 工房長は「現場」の長
 対し、察しのいいターバンは束ねる所長、オルヴァー・ブロムダールさんである

 国王は、旧態依然とした工房に鞭をくれたのですね

工房長『若造めが! 陛下にとりいってデカいツラをしおって!』

00042
 まさに俗物・オブ・ザ・俗物! 実は、工房長もテレスターレを認める柔軟性があったが
 自身が、開発を手がけている新型機に技術を転用し
 歴史に名を残そうと高笑い

 前世代機サロドレアが300年前、現行機カルダトアが100年前の開発ですからねえ

国王『そうか…、ライヒアラに戻ったか。あの者たちには力を振るってもらわねばならぬ』

00043
00043
00044
00045
00047
 このシーンでは、部屋の外にいた人物が、やがて無言で姿を消していた。

オクシデンツ(複数形)
 前回の「賊」が、山脈を隔てた“西方諸国<オクシデンツ>”、その一つなのは明白だった
 彼らも、王国が魔獣を押さえ込んでいるからこその繁栄
 持ちつ持たれつなのに、と

 さあーて、あのヤンチャ坊主、次は何をしでかすか? 楽しみな事よのう

 公爵は「藍鷹騎士団」指揮官に。
 現状で、何か行動を起こせる騎士団らしく“挽回”を命じられる

 後はエルが何をしですかだな、と

『仰せの通りで…』

00048
 エルの実態を知る公爵、マジ苦労人であった
 ホント、何をしでかすやら!
 苦労人!

 当初は、いかにも「旧態依然の象徴」みたいな人物に見えたのに!

『『『きしだんちょー!?』』』

00049
00050
00051
00052
00053
00054
00055
 久々のお父さん、第1話の頃は、当時の量産機“サロドレア”(先輩たちの機体の原型)に搭乗

銀鳳騎士団
 一方、当の問題児は、騎士団設立の件を知らせて、今度は家族の頭を抱えさせた
 笑ってくれたのは母さんくらいである!
 で

 何とエルや…、遂に学園をのっとってしまいおったかー…!

 卒業まで、二束のわらじとなる“銀鳳騎士団”
 ひとまず学園内に設立に

 お父さんのアゴが外れそう!

『つい、勢いでノッちまったが…、騎士団だとよ? 俺達が!』

00057
 親方もだが、前回ラストで、かっこよく誓いを立てたエドガーなどは
 入院してるうちに、勝手に決まったってな話で
 ホント勢い任せの波任せ!

 とはいえ現状、「エル君の試験機」に一番慣れてるメンバーですものねえ

『“俺は入れてもらえないかも”なんて、悲壮な顔してたくせに♪』

00058
 なおエドガー、言ってみただけで、内心は入れて嬉しかったっぽい
 このやりとり、テレスターレを召し上げられた時もあったな!
 素直じゃないのね

※エドガー当人は、「そんなことはない!」と否定。

親方『バト坊が、どうして幻晶甲冑を動かしてる?!

00059
00062
00064
00067
00071
00072
00073
 こうしてバトソンが動かせるという事は、親方やナイトスミスの方も扱えるという事です!

新型シルエット・ギア!
 親方仰天の新型、それもそのはず、エドガーでさえ歩かせるのも困難な“達人仕様”
 しかし、国から「小型化したマギウス・エンジン」を支給され
 誰でも扱えるようになったのだ 

 そうか! そいつは仕事が捗りそうだな…!!

 エーテルリアクタに次ぐ国家機密!
 そんなもん、ホイホイ貰ってきたエル君って一体…、と仰天する一同

 こんなん、絶対更に仕事量が増えるやん…!

余談、幻晶甲冑“シルエット・ギア”の操縦上の問題点

00074
 操縦上はエル君が「直接シルエットナイトを操縦した」、第2話の人外技と同じ
 機体が小さい分、アディやキッドでも可能だったが
 エドガーでも扱えなかった

 そこで幻晶騎士同様、相応のサイズの「魔導演算機(マギウスエンジン)」が導入された

オルター兄妹『エルー!』『大変! 大変よ~♪

00075
00076
00077
00079
00080
00081
00084
00085
00086
00088
 約束していたカルダトア2個中隊、計18機。つまり1中隊で9機、1小隊あたり3機か。

カルダトア受領
 お馴染み朱兎騎士団長らにより、「銀凰騎士団」に、現在の制式機カルダトアが導入
 前回の団長機ハイマウォートも、そのうちエルに改造されるかも
 との事

 まったく、ホントに大変です!

 エル君ってば至福のメカ顔!
 軍で、不要になった払い下げではない「現用機」を譲り渡されたこと

 もはや後には引けません!

アディ『その割りには、エル君すっごく楽しそう♪』

00089
 今までは300年前の「旧式機」を元に、思いついたアイデアを仕込んで改造
 しかし、今後はよりベターな機体を作れると思うと
 今からノリノリである

 話がすっかり国家事業だよ!
 
という訳で! 各々方、討ち入りでござるっ!!

00090
00091
00093
00094
00095
00096
00097
00100
 冗談です。…今こそ我ら銀鳳騎士団が、その使命を果たす時がきました!

新型コンペ
 国王の新たな司令とは、“十ヵ月後、ラボの新型と模擬戦を行え”というコンペ。
 プロを相手に、競作させるという話だった!
 と

 国立機操開発研究工房を、驚愕せしむる機体を作りましょう!

 コンペティションの時間だ!
 こうして、「競わせる」意味も含めて新組織ってワケね!

 何か企業ものっぽくなってきた!

『『『おー!』』』

00101
 相手がプロなのに、「相手にとって不足はない!」とか言っちゃう一同
 もはや全員、エル君に変な影響受けてる!
 ノリノリだよ!

 さて新型は、前回の“カザドシュ事件”の反省から、「速度」がコンセプトとなった

エドガー『スピード、機動力か?』

00102
00103
00104
00105
00106
00107
00108
00110
 新型は一機だけなのか?

高機動型幻晶騎士
 前回、えっちらおっちら走っていた幻晶騎士は、噴出機動する“ギア”にあっさり追いつかれた
 戦闘時のように、本気になれば高速移動も可能だが
 幻晶騎士は「足が遅い」

 ひどく、手間のかかる機体だと思いますので

 機動力の追及
 たとえば、騎馬や戦闘機の隊が“機動部隊”と呼ばれるように。

 一般に、高速移動する力が“機動力”。

模擬試合に備えて、“オプションワークス”を用意します!

00112
 手間がかかるのでテレスターレと違い、新型は一機のみ製造
 代わりに、バックウェポンで使用する盾など
 オプション兵装開発に着手

 杖が上手くいったなら、次は…、ってワケだ!

アディ『これで、エル君の夢が叶うかもね?』

00113
00114
00115
00116
00119
00120
 まだおぼろげにしか見えない、僕の、僕による、僕の為のロボット!

夢で終わらない
 今回の機体も、エル君の目指す“夢のロボット”への布石
 冒頭の夢では、「作れなかった」
 が

 これは、自分の手で掴み取ることの出来る現実なのですから!

 改めて開発を誓うエル
 夢の機体…、まあオープニングで顔見せしてるんですけどね!!

 そりゃもう堂々と!

『やがて、季節は巡り…』

00122
00123
00124
00126
00127
00128
00129
00131
00132
00133
00136
00137
 新型幻晶甲冑は、“人型重機”として、開発現場に革命をもたらした

新しい春が来た
 モッコモコの女ドワーフさん可愛い! 作業効率は大改善され、エドガーたちも作業に参加
 あっと言う間に、次の春へと季節は巡った
 と

 ああ~! このサラサラ感を堪能できなくなるなんてー!!

 卒業シーズン!
 そう、第1話で12歳となり「中等部に入った」エル君

 それからまた一年が過ぎた…!

『でも暇を見つけては遊びに来るから、いつまでもこのままでいてね!

00139
 熱い成長拒否! エルくん、どんだけ抱き心地が良いんだよ!?
 エル自身は、「早く成長して乗れるようになりたい」 
 それからだいぶ時が過ぎました

 ステファニア・セラーティ先輩は、学園自体を卒業、開発関係者じゃなかったですものねー。

親方『いいか新入り共! ビシバシ鍛えて、即行コキ使ってやるからな覚悟しろ!』

00140
00141
00142
00145
00146
00147
00148
00151
00152
00153
00155
00156
00160
00159
 銀鳳騎士団は、「学園そのもの」であり、入学は“騎士見習い”という事になる

新生銀鳳騎士団
 結晶筋肉での“錬金術”等、様々な学科が協力しなければ、テレスターレは完成しなかった
 まさに、「学園を乗っ取ってしまった」のである
 で

 表向きは、騎操士学園の新入生として派遣されました

 特務要員ノーラ・フリュバクの派遣
 学園は、身元がしっかりした学生だけが入学できるって場所なのでしょうか

 前回のスパイ集団も、学園には仕掛けてこなかったワケですし 

ノーラ・フリュクバリ『学園内の不審者の措置が完了しました』

00161
 王国が身分審査してるとすれば、彼ら側の人間を自然に入隊できるワケで
 今回、ノーラ・フリュクバリが連絡係として着任
 一方で「不審者」の排除も。

 銅牙騎士団に、テレスターレを「売った」ドワーフなどが捕縛に。

『ライヒアラ全市街に人員を配置、結界を敷きましたので、今後、同様の事態が起きる心配はありません』

00163
00164
00165
00167
 しかし、テレスターレ強奪の首謀者の正体は未だ不明。

藍鷹騎士団
 結局、「賊(銅牙騎士団)」の足取りは、山脈部で途切れ“西方諸国”としか分からず。
 彼女は、ディスクゴート公爵が担当となった騎士団所属
 その連絡員である

 今後も、この件は諜報が専門であるあなた方、藍鷹騎士団に一任します!

 公爵の諜報部隊「藍鷹騎士団」
 また冒頭、国王たちの部屋の外でスタンバってたのが彼女というワケだ。

 信頼を置く人間という演出か、或いは裏切者なのか…?

そんなエルとノーラ、二人の「業務連絡」が終わった後

00168
00169
00170
00172
00173
00175
00176
00181
00182
 二人きりで、なに話してたんだろう…

ああ勘違い
 アディは二人の密会を疑い、さてはエル君は「かっこいい女性」がタイプなのか!と
 違います、好きなのはカッコいいロボットですよ!?
 で

 エル君! 私もシルエット・ナイトに乗りたい!!

 デキる女になろう!
 てなワケで、アディはテストパイロットに志願することに

 まあ能力はズバ抜けてるしね!

エル『それはいい! ちょうど良かった!

00185
 でもその前に一つ、手伝って欲しい事があるのですが?
 渡りに舟のエルくん
 しかし…?

 戦闘での立ち回りはエドガーらに劣るはずですが、基本スペックが段違い!

アディ『後で怒られないかな~? 勝手に、新品のカルダトアを使ってー』

00186
00190
00191
00192
00194
00199
00200
00202
00204
00205
00206
 すべては新技術の為です! 三人は、観測と計測を!

千の風となって
 頼みとは、現在開発中の「新型」ではなく、エルが個人的に作った新型推進器
 新品のカルダトアに、勝手に推進器を増設
 即興の試験機であった

 実機試験、開始!

 操縦桿も「子供サイズ」に
 かくて、エル君の野望がまた一つ形に、街には轟音が轟く事となった

 さらばエル君、地上より永久に…!

ディー先輩『何だぁ!?

00207
 城壁外で行った試験は、余波で学園のガラスもフッ飛ばすほど!
 もー、エルくんってばすぐ何でも壊すー!
 で

 夜の校舎で窓ガラス壊して回るのは、15の夜までなんだからね!

今のは、不味いだろー!?

00208
00210
00211
00212
00213
00214
00215
00219
 新型推進器は、木々を薙ぎ倒し、遥か遠くまで機体をフッ飛ばすことに

新型推進器
 結局、皆に黙って試験に使った、まだ新品のカルダトアはボッロボロになり
 エル君も、予想外の衝撃に昏倒してしまう
 技術は成功!

 しかし、制御面は失敗も失敗、大失敗であった。

 エルが多用する飛翔魔法
 応用できれば、文字通り飛躍的に機動性を増すことが出来るのは確か

 しかし、実用には程遠い結果となった

キッド『あれで気を失っただけなんて、奇跡だぜ…』

00221
00222
00223
00225
00226
 いえ、違います! 機体が止まったのです!!

可能性の獣
 あの一瞬で魔力をドカ食いし、機体自体の燃料切れで停止したらしい
 エルは、技術的問題に夢中となった
 が

 この装備はダメですね、却下ではありませんが大幅な見直しが必要です

 推進器そのものでなく“制御”の問題
 また、エーテル・リアクタの出力をあっと言う間に食い尽くした悪燃費

 狙いがつかない分、特攻兵器にもならないっていう

アディ『エルくん…、少しは反省しなさい!

00227
00228
00229
00233
00235
00236
 やっぱり、危険すぎると思うぜ? この装備はやめとかね?

反省しました!
 珍しく怒ったアディと落ち込むエル君、しかし課題が見えたら、改善を考えはじめる
 制御の改良、マナ不足は機体側で解決を図るetc…
 で

 待て! その前にさ…、これ、めちゃくちゃ怒られるんじゃない?

 色んな意味で「そらそうよ」。
 アディ達は知りませんが、“ロボットは飛ぶもの”だから諦めない!

 スクランダー・クロース!って叫ばないと!!

親方『こンの…、バッカ野郎!

00237
 もちろん体育会系の親方は怒鳴り、死にかけた事を反省しろと促す事に
 エル自身は、今すぐでも改善に移りたかったが
 しばらく大人しくしてろ、と

 親方自身の反省は、エルを暇にさせると、ロクでもない事になるって事さ!

しばらく大人しくしてろ!』『…はい』

00238
00241
00244
00245
00246
00247
00249
00250
00251
00252
00253
 やば…、シュンとしてるエル君かわいいっ!

アディこそ可愛い!
 てなワケで、ひとまず本来の計画、新型機開発に注力させられたエル君だが
 今度は、アディとキッドの二人乗りにします!
 と周囲を仰天

 今度の新型は、二人で操縦するのかい?

 幻晶騎士とは「人の体の延長」
 その発想では、出てくるはずもない“二人乗り”を提案したエル君

 でも、ロボアニメではお約束だからね!

『そんなの聞いてないぞ?』『今、言いました!』

00254
 当初、図面に一同が目を剥いたように、今度の機体も特殊
 テレスターレは、追加機能を自動制御させたが
 今回は骨格レベルで特殊

 機能を二つに分け、分担する事をエル君は提案する

『二人で動かすのですから、相当に息が合ってないといけません!』

00255
00256
00257
00258
00259
00261
00263
00264
00266
00267
00270
00271
00272
 うわあ…、装甲バラバラ…/仮止めだったからなぁ

改良の余地あり
 骨格から見直した理由は、二人乗りだけでなく、「動力炉」まで2個搭載する
 その為、扱いも困難を極めたらしい
 で

 機体の大きさと、マナの消費量がケタ違いなんだよ…

 転倒させてしまったアディ
 機体制御担当らしいが、単なる「改造」の先代機とは、桁違いになっちゃったワケね

 エル君ってば、すーぐ操縦性無視するんだからー!

『あなた達! 女の子を、いつまですすけたままにしておくつもり?』

00273
00275
00278
00280
00282
00284
00285
00286
00289
 ぷっはー! きもちいー!! でもあたし達だけ、こんな事してて良いのかなぁ?

せやな
 まさかのサービスシーンですが、ここはエル君も誘いたいというアディ
 ヘルヴィは「男の子と水浴び?」と頬を赤らめ…
 が

 エル君は男の子じゃありません! エル君はエル君です!!

 実際、一年経ったのに外見変わりませんしね…
 あやつ本当に成長期か…?

 高校くらいから、急にニョキニョキ伸びるタイプかもしれんが!

エドガー『これも騎士の務めだ…』

00290
 本作の騎士、仕事が多すぎてホント大変。前回の、銅牙騎士団も「騎士」ですしね!
 まあ、ここはエドガーの諦観なのでしょうけれども。
 雑用慣れした騎士科筆頭。

 後ろの二人に、“ギア”実用化の恩恵も感じます。

エル『エドガー先輩! ちょっと宜しいですか?』

00292
00294
00297
00299
 なるほど…、これは鍵なんだな?

認証キー
 エル発案の防犯システムとして、魔法を鋳込んだ銀の短剣が「鍵」として提案
 新生、アールカンバー・テレスターレに導入へ
 と

 素晴らしい、これでもう、カザドシュ砦のような事は起こらないな?

 誰でも使える状態の解消
 逆に言えば、緊急時、鍵がないと起動しないのが難点かもしれません

 防犯と利便性は、表裏一体ですねえ

銀鳳騎士団とラボは、それぞれの新型機開発を着々と進め…

00302
00303
00304
00307
00308
00309
00310
00311
00313
00315
00316
00317
00319
00320
00322
00323
 それでは皆さん、陛下の度肝を抜きに行きましょうっ!

工房長、会心の笑み!
 こうして期日三日前、新試作機は仕上がり、銀鳳騎士団は王都へと出発
 エル達とラボ、双方の十ヶ月が試される事に
 と

 銀鳳騎士団、出発ですっ!

 機体制御担当のアディ
 その操縦系が、バイクみたいなのも特徴的ですね

 従来とはまるで違うワケですわ

『次期制式量産機、その先行試作機隊である“カルダトア・ダーシュ”でございます!』

00325
00329
00330
00332
00333
00335
00336
00340
00344
00348
00351
00353
00356
00354
00357
00360
00364
00367
 見事である! 流石は我が国が誇るナイトスミスの最高峰、…伊達でない事を改めて知った!

カルダトア・ダーシュ
 さすがはラボ、試験機での「操縦性」問題を、出力向上を3割に抑えて改善すると共に
 腰背部だった、“蓄魔力式装甲”を各部に内装しつつ増量
 結果、燃費が大幅改善に

 さて皆の者、この度は、ラボが作りし機体に相応しき相手を用意した

 現行機と試験機を統合しつつ
 この国の特色、「扱いやすさ」をコンセプトにした発展機となった

 先行試作機ながら、10機も作ったのは自信の表れか

ディクスゴード『おお! アルチュセールより、“アルヴァンズ”を召集したか!』

00344
 前後しますが、パイロットも、音に聞こえた優秀な部隊を召集
 また、この部隊を召集したのは「所長」の方であり
 彼の個人的なツテなんだそうな。

 その狙いとは…!

国王『皆も耳にしていよう、“ダーシュ”の元となった新型機を作りし者!』

00369
 対するアンブロシウス国王も、あくまで「発案者はエル」と、強調する発言を
 この前振りにより、エルの功績は強く調教
 勝っても負けて英雄です

 この模擬戦は、エルのお披露目、という意味もあったのかもしれません

アンブロシウス国王『参れ、銀鳳騎士団よ!

00371
00372
00373
00374
00376
00378
00381
00382
00383
00386
00387
 あれが、シルエット・ナイトだと言うのか!?

Exactly
 エル君が作らせたのは、ケンタウロス型! だから「馬術」がアディに求められたのね!!
 大出力化は、コンテナの牽引さえ可能としていた
 と

 これは…、聞きしに勝る常識破りですねえ

 コンセプトは「機動力」
 すなわち、人型に勝るスピードで戦線を移動、その答えは“人馬一体”!!

 ディクスゴード公爵がまた頭抱えてるー!

そして、「最高」大好きアンブロシウス国王の表情である

00388
 もうこの表情の時点で、エルくんが勝ったも同然だよねって言う!
 結果がどうあれ、開発続行確定だよ!
 おもしれェもんな!

 このドアップ、最高だった!

エル『国王陛下におかれましては、ご機嫌麗しゅう

00389
00391
00393
00394
00396
00397
00398
00399
00400
00401
00402
 最新鋭試作機“ツェンドルグ”、オプションワークスを施した派生型テレスターレ2機とグゥエール改

人馬一体
 何と、“荷馬車”にはエル用テレスターレ、アールカンバー、それにグゥエール改を牽引
 3機を牽いて、なお余りあるスピードってワケだ!
 と

 銀鳳騎士団、ここに参上致しました!

 蒼いエル君用シルエットナイト
 一応「派生型テレスターレ」と呼んでいますが、エンディングで性能をネタバレ済み!

 装甲ボロボロだったから、改造でミリタリーロボな外観してやがる!

次回、New&Old! 熱く燃えろと僕を呼ぶッ!!

00407
00409
 予告のカルダトア・ダーシュは、色だけでなく、既にボロボロであり…?

新旧対決!
 模擬戦を前に、開発段階での、ダーシュ同士の模擬戦を放映したとかそんな感じ?
 背景も、今回の会場とは異なるようですし。
 エルくん大興奮?

 さて、エル君出陣の時点で、オーバーキルすぎる模擬戦の行方は…?

 一応は通常操縦なので、「全力」とはいかないはず?

先週のコミカライズ・加藤先生イラストは

DGNoWdsUAAAjosY
DGUC81QUAAE88Vp
 また、漫画版に併せて苦労人公爵のイラストが。

シルエット・ギア
 コラムでは「幻晶甲冑」に言及、小型マギウスエンジン登場で、一気に誰でも使えるように
 作業効率改善、またエーテル・リアクタがなくても作れることから
 このまま国内全体に流通しそう

 ただし、要は小型の幻晶騎士」なので、動力炉を人間が担当

 MPを削って使う仕組み。
 またこの世界観は、魔力は使うほどに鍛えられる、的な解説が第1話にあったはず

 国民が、魔法使いとしてレベルアップしていく事に…?

魔力は鍛えられるもの! …ということは?

00409
 なら生きていく上で、常に自身に強化魔法を使い、自重を支えていたベヘモス
 この魔獣が、クッソ強いのも「常に魔法使って魔力を鍛えてたから」
 なんて思うと面白いですね

 彼らは、強くなければ生きられない!

待望のエル君メイド新型機、ツェンドルグ登場!

00381
 サイズは15.3m、幻晶騎士は10m級なので、なんと1.5倍もデカいのです!

「機動力」の改善
 二本足で走るんじゃスピードが出ない、というのは、「ガンダム」でも考慮された事で
 ジオン軍は、ホバーを装備させた機体を開発しています
 それが「ドム」。

 エル君も、推進器を開発しましたが、とりあえず大事故でしたねー。

 四足はあまりに奇抜ですが
 本世界では、「安全に機動性を上げる策」だったのかもしれません

 同じくジオン軍も「空を飛ばそう」と着想、軽い機体であるグフを飛行型にし、事故を連発しています

ラボは「扱いさすさ」を大改善し、次期制式量産機を試作!

00351
 テレスターレの操縦性、燃費を解決した事は、素直にすごい!

王国と「操縦性」
 前回も、銅牙リーダーのお姉さんがキレてましたが、フレメヴィーラは「扱いやすい」のが特色
 おそらくですが、第1話のように魔獣がいつ出るか分からない
 そのお国柄ゆえでしょうか

 いつ幻晶騎士が必要に、誰が乗るか分からないワケで

 だから「誰が乗っても戦える」機体
 この国の幻晶騎士は、そういうコンセプトなんじゃって思いました

 人間は休むし、トイレも食事も風呂もあるから。

しかしエル君、趣味丸出しすぎじゃないかい?

00393
 エル君専用にチューンナップされたテレスターレ、その両肩は…!

待望のエル君専用機!
 既存機に、試験装備くっつけただけ、今までのテレスターレと位置づけは同じですが
 両肩に、超・大容量の魔力コンデンサ(丸い奴)が!
 コイツは燃費が…!

 外見も大きく変化、頭部も「騎士」じゃなくて「ロボ」になりました

 さっきブッ壊したカルダトア
 改修にあたって、装甲を全面的に張り直したせいか、コイツ一体だけ世界観が違うぜ…!

※コメントによれば、あの後も散々ボロボロにされた末、との事

乗ってる機体までクソ真面目。エドガー先輩も改良型に搭乗!

00397
 ディー先輩のグゥエール同様、300年前開発のサロドレアがベース

テレスターレ・アールカンバー
 前回、手酷く破壊されたアールカンバーを、テレスターレ仕様に改修した模様
 カルダトアベース、にしては共通パーツが全くなく
 テレスターレそのものなので

 せっかくカルダトア貰ったんだから、てっきり、そっちをベースにしたのかと

 前回で、アールカンバーで取り返す
 って言ってましたものね

 外見は、色以外はテレスターレそのもので、大改造してるディー先輩と対照的ですね

別部署、組織に競作させるコンペティション

00335
 その目的は、普通は「より良いほうを採用する為」ですが、今回は性格自体が…?

ジオニック社の陰謀だ!
 ガンダムでも、ザクとヅダの開発競争なんかが有名で、開発系ストーリーでは鉄板の事件!
 今回、あくまで「次期量産機」を作ろうとしたラボと
 趣味人の対比が際立ってましたねー

 巨大な人馬一体型、ぶっちゃけ突撃するだけで大惨事な気が

 ダーシュ隊を待つ運命は…?
 数の上では5対4ですが、何かもう始まる前からダーシュ隊が不憫で不憫で…。

 こんなに紅くてカッコイイのにさッ!

2017年8月6日Knight's & Magic ナイツ&マジック 第6話「Trial&Error」

00381
00388
 これ明らかに、後ろに戦車牽いて戦えるタイプですわ。ローマ帝国みたいに。

スタッフ
 脚本:木村 暢
 絵コンテ:河本昇悟
 演出:中山敦史
 作画監督:米澤 優
 アニメ制作:エイトビット
 CG制作:オレンジ
 原作:天酒之瓢/ライトノベル
 車両協力:アルファロード

あらすじ
 アンブロシウスはさらなるシルエットナイト開発の一環として、国立機操開発研究工房(通称ラボ)と、エルを団長とする銀鳳騎士団による、新型機同士の模擬試合を命じた。
 ラボがカルダトアの後継機開発を進める一方で、エルはカザドシュ事変を教訓に、機動力を重視した機体を投入することを決意。そのためには、息の合った二人の騎操士、双子のキッドとアディが適任だという。
 はたしてエルが提案した衝撃の新型機とは……?

次回、新旧オーバーキル対決! エル君、その試作機もう完成したの!?

00244
00182
00386




































































































00199
00393
 エル君の新試作機、エンディングのネタバレ感がパない!

衝撃の試作機!
 自らが歴史に名を残したいが為に、エルの試作機を利用したガイスカ・ヨーハンソン工房長
 でも、エルの技術を認めてる辺りは「俗物」って感じですね
 老害とはちょっと違うというか

 実際、彼の「ダーシュ」は、操縦性と稼動時間の重点改良この国っぽい

 でも国王の笑顔が!
 更に、エル君専用機がどの場面でやらかすか楽しみですね!

 次回、第7話「New&Old」


 ナイツ&マジック 第1話「Robots & Fantasy」
 ナイツ&マジック 第2話「Hero & Beast」
 ナイツ&マジック 第3話「Scrap&Build」
 ナイツ&マジック 第4話「Light&Shadow」
 ナイツ&マジック 第5話「Hide&Seek」
 ナイツ&マジック 第6話「Trial&Error」
 ナイツ&マジック 第7話「New&Old」
 ナイツ&マジック 第8話「Secret&Quest」
 ナイツ&マジック 第9話「Force&Justice」 ※OPに効果音追加
 ナイツ&マジック 第10話「War&Princess」 ※OPに「今週のハイライト」追加
 ナイツ&マジック 第11話「Hit&Away」 ※OPに更に効果音追加!
 ナイツ&マジック 第12話「Knight&Dragon」 ※BGMボリューム調整
 ナイツ&マジック 第13話「Heaven&Earth【最終回】」 ※本編流用でトイボックスなどが登場に

 制作会社エイトビット公式で、原画やキャラ設定画が公開中!