アニメ版 公式サイト 武梨えり 漫画 かんなぎ 12巻【最終回】感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 前巻はこちら
“ナギ様”を町の歴史から消したもの、ケガレとの大立ち回り! それでは皆さま!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_5047
IMG_5061
IMG_5069
本来、町の神だったナギが姿を消した元凶、ケガレを浄化、仁との恋も成就
 ナギは転生し、“神と人”の身分差もクリアしハッピーエンド!
 障害オールクリアの最終回!

 残った障害は、転生ナギ様13歳、仁20歳って歳の差だけさ!

ロリコン!そうロリコンじゃ!!
 つぐみとの訣別、仁が「男」として成長したのは喜ばしいやら、何やらホント複雑です。
 ナギに、熱くするキスする姿は別人みたいでしたね
 優柔不断が嘘のよう

 意図せず、仁の成長を妨げていた。全てを背負ったつぐみさんが尊いにも程がある!

最終回は仁20歳、砕けたナギ復活の為に、方々を駆け巡り大きく成長に

IMG_5059
 そしてナギ、信仰を集め「願いを叶える」力で、13歳の人間として転生に。

あらすじ
 ざんげによる「大祓祭」は失敗、ナギは、自分の崩壊を覚悟して代わりにケガレと戦う事に
 際し、つぐみが恋を譲り、仁とナギが両想いとなった事で
 ケガレは浄化、ナギも消えていった

 やがて仁20歳、神社と結界は再建され、「かんなぎ神社」は町おこしの軸に

 信仰はナギの願いを叶え
 彼女を13歳の少女に、神としての部分を“神木”から分御霊として誕生させる

 人と人として、二人は新たな出発を迎えるのだった(終)

ケガレが大発生! 一斉に祓う為、“大祓祭”を再び起こしたのだが…

IMG_5086
IMG_5085
 紫乃さんも、目を全開で大活躍ッスよ!

大祓祭復活
 祭りの柱、ざんげちゃんが音痴だった! 信仰どころか、祭りを後悔する声が続出し
 陰気は、クモ状の巨大ケガレを現出させ始める
 が、ざんげ自身は気付かない!

 前巻、ざんげの拠り代・白亜が自立、良い事だったのにどうしてこうなった!

 ナギの要領で
 ざんげも、“拠り代”を用意して別個の存在に

 まさか音痴で大騒ぎになるとは!

ざんげに代わり、ステージに立ったナギ。歌は自作のラブソングだった

IMG_5084
IMG_5083
IMG_5082
IMG_5081
 信仰の高まりに姿が変わるナギ様かっこいい! しかし

うた
 ざんげが祓えない今、代わって信仰を集めるべく、“仁へのラブソング”を歌うナギ
 いつか、おばあちゃんが亡くなった時に二人で弔った場面
 本当に嬉しかったんだ、とか

 仁も、この歌が、自分へのラブソングだと気付くことに

 分け合った思い出
 劣化した体で、無理にパワーアップしてケガレと戦い、砕けていくナギ

 地方アイドルもテーマでしたが、こんな大事になるとは…

「大変な事」の当時者つぐみ、白亜にバトンを渡される

IMG_5080
IMG_5079
IMG_5078
 フラれる為に告白したつぐみ、「こうするだろう」って思うけど、やっぱり辛い。

仁とつぐみ
 先日まで、仁と幸せになろうと頑張ってた、話の軸の一人なのに蚊帳の外だったつぐみ
 しかし、「仁とナギが相思相愛だ」と聞かされた時
 彼女は独り納得に。

 もちろん、ナギがいなかったら、自然と付き合っていたはず

 しかしナギが現れた事で
 仁に、「お前と居ると大人になれない」と思われていた、と頭の中で結論に。

 真っ向から投げかけた姿に、本当に“仁を守りたい”感が。

つぐみ『私が 仁を男扱いしてなかったの

IMG_5077
 仁の「保護者」だから、彼の前では決して泣かなかった。最後まで貫いてた!

仁とつぐみ
 傍目に、仁が大好きなつぐみですが、その気持ちは親の情のようなものだと納得
 仁の台詞的に、「彼の成長を妨げている」とも。
 つぐみは、そう思ったのでしょうか

 ナギが現われ、仁が彼女を好きになった事に納得したつぐみ

 形こそどうあれ!
 つぐみなりに、彼に愛情を持って接してたのは確か。

 しかし、そこまで納得しなくても…。

やだ、仁くんホントに男らしい…!

IMG_5076
IMG_5075
 逃れようと、じったばたするナギを構わず抱きしめてたよ仁さん!

「神」喰い
 人であるつぐみに託す気だったナギ、納得したつぐみ、納得した白亜
 ヒロイン退場で、(階段から)駆け込んだ仁さん!
 おせーよ階段だから!

 以前なら、照れただろうに、ホントに男らしくなっちゃってまあ!

 対し事態を察した“ケガレ”が集合合体!
 ケガレとは、かつて土地神だったナギを喰おうとした蠱毒、それが浄化され細分化した姿

 大昔、彼らのせいで「ナギ様」が消え、町の信仰は縮小した(9巻

忘れてた こいつと感覚を共有するほう方は キスだったっけ』

IMG_5074
IMG_5073
 ロマンチックな足の裏だった。

大東“権現”の力
 一発逆転は仁特有の力、ナギの記憶騒動で鍵となった縁を見る力、そして“巫女”のナギ
 蠱毒は、知性があるだけに更に何かしでかすかと思いきや
 大東権現で一発消滅に!

 問題だった増殖性も、信仰を集めた“ハレの空気”により消滅に

 意外にあっさり!?
 ナギ様、その身体どうすんの!?

 と思ったら、「本当のラスボス」と呼ぶべき彼が出てくることに。

大東『なっ 死者より、生者の方が強かっただろ?

IMG_5072
IMG_5071
 ケガレ大増殖により、実は彼も、「ケガレ蜘蛛」の中で復元されてたそうな。

仁のご先祖」の大東
 大昔、生きた神様として祭られていたナギ、雲雀と結婚し、仁の先祖を残した修験者“大東”
 蠱毒は強すぎ、祓う事が出来なかったため大東が吸収
 制御を図るも「その先」がなかった。

 そこでナギが彼ごと取り込み、彼女の力で、ゆっくりケガレの浄化を図った

 しかし「和魂」へと浄化されきる前に。
 神木が切り倒され、仁によって、中途半端な状態で顕現したのが本作の始まり

 大東の願い、ナギの浄化はようやく成ったんですね

崩れかかるナギ、ご先祖・大東が言い残した「幸せになれそうなコツ」

IMG_5070
IMG_5069
 呪いの一部となっていた大東は浄化、彼の遺言に従いキスした。めっちゃキスしたッ!

幸せのコツその1
 曰く、ナギの今の身体はもうダメ、だから「可能性」を言い残したエロ先祖。
 彼女の神気を、仁がいっぱい吸収しておけ…と
 だからキスだよ!

 胸の中が 仁でいっぱいで 何にもこわくない(ナギ)

 ラブラブだチクショウ!
 崩れ行く中、照れながら幸せに、「キスの回数」をカウントするナギ様

 コメディから、ここまでラブラブになるとはのう!

とんでもない不思議騒動だったけど、町の人たちはそれなりに納得していく

IMG_5068
 人は、目を開けたまま夢を見るものですわ、とは紫乃の言葉。

日常は続いていく
 結局、どんだけ不思議なことが起こっても、「映像」が残らなかったのかトリックで片付く事に
 しかし、祭りや神社の復活を願う声が急激に高まり
 ナギにとってプラスの方向に

 翌日、母がクセになってると、おせちを持ってくる「普通」のつぐみさん。

 ホントに、そのまま日常に戻ったというか…。
 祥峰ちゃんもいますが!

 締めの言葉は、「日常は続いていく」

父が帰ってくる! 衝撃の年賀状から、一気に“20歳の彼ら”に

IMG_5067
IMG_5066
IMG_5065
IMG_5064
IMG_5063
 成長したつぐみちゃん美しい…、仁くん妙にキリッとしちゃって!

キーマン「仁の父」
 実は大学教授、彼も大東の子孫なので、仁同様に「神さま」を見たことがあったという
 結果、父は土着信仰の大家となっており
 彼と祥峰、紫乃の父が鍵に

 父たちの手で、神薙町の「結界」は、町おこしの一環として再整備される事に

 神社も当然再建
 こうやって「結界を修復する」事が、大東の残した第2の提案でした

 まさか、お父さんがこんな活躍するとは。

最後の条件は、“かんなぎ神社”の再現

IMG_5062
 ざんげちゃんは、歌が下手すぎるローカルアイドルとして人気(?)に

新ざんげちゃん(後期型)
 外見はほぼ変わっておらず、神木を拠り代にしてる為、人間じゃないのかもしれません
 ナギも、歳をとらなかったのかも知れませんね
 よくも悪くも成長してない!

 音痴も含め、終盤のざんげちゃん、ちょっと無力感があるのが辛かった!

 やがて、「彼女」を得て満たされるわけですけども

神社と結界の再建、信仰の復活、そして

IMG_5061
IMG_5060
IMG_5059
IMG_5058
 転生先は、アニメ最終回でも軸となった「上森のお婆ちゃん」の上森家。氏子だからね!

誕生「上森 薙」
 いやナギ様、「めっちゃわかる」じゃねーよ! 今度は、人として転生しなおしてハッピーエンド!
 奇跡は、“13年前に生まれていた”として時空を捻じ曲げ
 彼女を出現させる事に

 つまり、仁から見れば昨日、だが彼女は13年前に生まれたと全てが修正された

 さすが神様なんでもなり!
 なら何で、20歳として誕生させなかったんですかね!?

 原型である「大昔のナギ様」相当って事?

壮絶に後日談! ナギ様再誕の宴、開催!!

IMG_5057
IMG_5056
 仁、一時はつぐみと寄り添う最後まで考えたくせにな、この野郎!(真顔)

13歳の宴
 秋葉が、普通にオタクっぽい外見になった以外、まったく変わらぬ美術部同窓会!
 特に大鉄は、美大にいってアーティストの道を歩んでおり
 相変らず仁の羨望の的に

 仁、成長したけど大鉄大好きなのは、まったく変わってなくて安心する!

 なお仁とロリナギ様
 今度は、年齢差が開いたので「ダメじゃ!」との事

 仁、最終回にしてロリコン扱いだよ!

その後の彼ら。実は魔法少女だと発覚した紫乃は

IMG_5055
IMG_5054
 紫乃は、今も変わらず魔法少女なのです…、過酷すぎる!

言質頂きました!
 最終回にして、ガッツリ女物になった祥峰くん、可愛かったですねー!
 地獄のお付きコンビも、この日を待っていたそうで
 これからはオモチャ決定に

 カバー下によれば、何故かアイドルデビューしたとの事。

 この後、イケメン系修験道アイドル誕生!
 酔っ払いつぐみ可愛い!

 つぐみと白亜は、色んな意味で意気投合した模様。

人間ナギ様」から分離し、新たに生まれ落ちた存在

IMG_5053
 神様としての部分も、神木から誕生。意図してか「表情」は描かれず。

かんなぎ様
 神様としての部分は、ざんげ同様、神木を元にした「人ならざるもの」として再誕生。
 ナギとざんげは、大昔、神の端末として生まれた人間の子供でしたが
 今後は、神木ベースだから死なない…?

 いずれにせよ、神様としてのナギ、彼女を受け継ぐ存在が誕生

 神様問題も解決
 しかし、「みんなの為の存在」って、何だか悲しい気もしますね

 人じゃないから迷わない、正しい存在とはいえ

『それでは皆さん これまでお付き合いくださり ありがとうございました!』

IMG_5052
IMG_5051
IMG_5050
IMG_5049
IMG_5047
 白亜も、犬を怖がらず快活に。一番成長したのって彼女なのかも。

ありがとうございました!
 これまで、散々カッコつけて迷ってきた秋葉は、ふっきれた事で漫画家デビューに
 暗躍大好きな木村先輩は、行動力を買われて就職
 大鉄は今日も美術に打ち込み続ける

 それぞれの結末、最後は、「いつもの」面々に戻ってお疲れさまでした!

 やっぱりこっちのが馴染みある!
 途中で病気療養があり、長い連載となりましたが奇麗に完結に

 本当にお疲れさまでした!

2006年より連載開始、足掛け11年の連載に幕

IMG_5048
 ナギ様と、良く遊んでたガキ達も立派な学生さんに

かんなぎ
 元々、「ゼノギアス」などの四コマで、武梨先生を知ってたのでその流れから単行本派に。
 何度思い返しても、最終巻の仁くんの成長がハンパない。
 コメディからのオカルトシリアスも強烈

 結末は解ってたつもりでしたが、白亜、つぐみが恋を譲る姿が辛かったです

 仁くんはすごく鈍感でしたから
 その分、ナギにドキドキしっぱなしで、他の子の気持ちに気付かなかったというか

 キスを譲らぬ姿とか、ホント成長したなと、しみじみしました。

収録

IMG_5046
 おかんとの会話、ブレなさすぎやで!

 レックスコミックス「かんなぎ 12巻【最終回】」。武梨えり。
 月刊コミックレックス連載、一迅社発行。
 2017年7月(前巻2016年8月)

 第69幕「女神と待ち合わせ」
 第幕「うた(前)」
 第幕「うた(後)」
 第幕「告白の告白の告白」
 第幕「僕はお姫様抱っこで 僕のお姫様を守る」
 第幕「仕舞」
 第幕「桜待つ凪」
 最終幕「花咲く宴」
 あとがき
 武梨えり&藤島康介(ああっ女神様)コラボレーション・ピンナップ

 カバーは、晴れやかな笑顔のナギ様、多分「20歳時」のざんげちゃん!

漫画 かんなぎ 感想

 かんなぎ 9巻
 かんなぎ 10巻
 かんなぎ 11巻“卒業”
 かんなぎ 12巻“最終回”ありがとうございました!!

 かんぱち 9巻
 かんぱち 10巻“最終回”回遊魚として始めよう