公式サイト サクラクエスト 第18話 感想 レビュー 考察 ミネルヴァの盃 画像 ネタバレあり 内容 前回はこちら
クーデターの真意は問題提起、彼らの風習、“生きた証”を残すことだった

00238
00246
老人だらけの町で避けえない「死」、無茶振りは、ただ注目して欲しかった事
 迷惑をかけず、それでも自分達の主張を伝える事
 消え去る集落をデジタルで残す事

 培った自分の技術への誇り、消え行く自分達を残す、年輪の冴える寂しい回

世界一ユルいクーデター
 突然の死にビックリしましたが、筋書きを書いた教授らしい、万全の死だったのがカッコイイ
 由乃たちを、「たぬき」と彼は呼んでいましたが
 化かし、驚かすだけじゃダメ。

 ちゃんと、実のある何かを残しなさい、みたいな教えを感じる人でした。

ひたすら国王が可愛いし、デマンドバスは上手くいったし…

00046
 本当に、「骨を埋める」ところまで描く回だったなんてなあ…。

あらすじ
 在宅クーデターにノリノリの由乃、だが教授は、出来るだけ「楽しく」「迷惑をかけず」を企図した。
 これは一種の炎上騒動、問題提起し、広く“知って貰う”事にあり
 風習、培ったものを映像化し残す事にあった。

 教授の狙いは、若者達が“成功”させ、デマンドバスを始動にこぎつける

 見届けた教授は帰らぬ人となり
 早苗は、「骨を埋める」「縁なき場所に縁を作る」という事を彼に学ぶ。

 また、彼の持っていた三種の祭具の一つ、“剣鉾”が由乃たちに残された

 次回、第19話「霧のフォークロア」

由乃『何って…、人質?』

00000
 教授の「戯れ」につきあわされた由乃たちは、間野山のIT化を一気に推進
 やがて、教授の本丸“路線バス継続”を訴えるクーデターの為
 人質にされてしまいました

 もっとも、やってる事はお茶汲みで…?

由乃『でも一応、そういう設定だし?』

00001
00002
00004
00005
00006
00007
 初めて必要とされたんだよ? 今は、人質役に徹しますっ!!

在宅クーデター
 かなり、間違った方向に頑張ってる国王はともかく、元敏腕社員である早苗は一発看破!
 教授の勧め、IT化の狙いはこれだったのだ!
 仕込みはもう終わっている!

 そう、ネットを通じて蕨矢集落の窮状を訴えるためよ!

 早苗ちゃん賢い!
 王冠のっけて、甲斐甲斐しい由乃が可愛い!!

 薄い本書き放題ですね!

教授『では、要求を伝える!

00008
 かくてさっそく始まった要求は、「ビデオ撮影係」を一人…、はともかく
 ビール3ケース、乾き物にウィスキー
 ちゃんと金は払うという

 意外! ただの宴会物資!!

凛々子『…あ、コメントついてきた』

00009
00010
00011
00012
 由乃ちゃん、悪目立ちするタイプだから…/アンタ今、さらっと酷いこと言った?!

国王かわいい!
 かくて「山奥の集落」の騒ぎは、あっという間にオール間野山の騒ぎへと拡大
 ネットの威力は偉大である
 で

 とにかく、変な注目される前に何とかしなきゃ!

 注目される為のIT化
 であるなら、“注目される前に潰す”のがベストってワケですね

 相手の、一番イヤがる事を探すのが戦争です!

由乃『バス路線廃止、はんたーいっ!

00013
00014
00015
00016
00017
00019
00020
00021
00022
00023
00024
00025
00026
 ま、とりあえずは…、かんぱーいっ!

オフトゥン
 こうしてクーデター派は、学生が合宿でも始めるように、布団やら集め泊り込みを決めた
 やだ…、なにこの反乱楽しそう!
 で

 昼間は悪かったなァ…、疑っちまって

 和解する、前回の「キュウリ小さすぎワロタ」事件
 今度、良い肥料分けてやるとか

 由乃ちゃん、めっちゃ馴染んで可愛い…! 

『ほら国王、どんどんいけっ』

00027
 飲み会に自然に入れる子は好かれる、これもまた現代の「働く現場」ネタか
 ただ、現代の厳しい労働環境の中にあっては
 翌日のキツさが…。

 さておき、愛されてるぞ国王!

教授『ふふ、しかめっつらで一方的に叫んでいるだけでは、見向きもされないからねえ』

00028
00029
00030
 人は、楽しそうな所に集まってくる。

教授の狙い
 楽しい飲み会を生配信、こうかはばつぐんだ! ネットも“飲みてェ”で埋まってゆく
 しかめっつらで、一方的に主張を叫ぶだけでは見向きされない
 つまりは、意味がない

 ましてや無視する人達を、攻撃するような事など以ての外だと私は思う!

 現代にはびこる“運動”と真逆の手法
 それは無意味なようで、他人の注目を着実に集めていく

 おまけに可愛い国王もいる!

真希『ビールとつまみ、持ってきた』

00031
00032
00033
00034
 アンタさ、どこまで本気なの?

早苗さん激怒中
 ビールを運んできた真希、彼女のマジな問いに、由乃は「役立ちたい」という。
 本気で、「町おこし」「観光」も抜きで。
 ただ役立ちたい

 彼女なりの意思を感じさせる由乃に、真希は「わかった」という

 損得じゃない行動って大切ですよね

『お? おでん探偵だっ!』

00035
00036
00037
00038
 あ、わたし車なんで…

泊まってけばいいじゃん!
 真希はビールを運ぶ為、また「怒っている」早苗に代わり、真意を確かめたかったらしい
 だが、間野山で人気のおでん探偵とあっては
 老人達も逃がさない!

 キミもどうかね? 狸には、勿体無い酒を開けたところだ

 オマケにこれだ!
 前回、フェイントで終わってしまった「酒」の一件。

 この教授さん、ホント人を解ってる!

あははははははははっ♪

00039
00040
00041
00042
00043
00044
00046
00049
00050
00052
 ミイラ取りが、ミイラになっちゃったね…

入浴仕事人
 こうして二人目が陥落、元々、体育会系の真希ちゃんってば話が早い!
 欲望に忠実に、かつてなくブッ壊れた!
 が

 大丈夫ー、気にしないでー。ちょっと山猿を退治しといたー

 デバ亀を捕らえた真希
 本作には珍しい、本気でエロ路線を行くおじいちゃん良いよね…

 何か本作、由乃たち女扱いされてない感あったし!

千登勢『凛々子ー、蕨矢集落に行くんだろ?』

00054
00055
 なかなか、面白い爺さんがいるもんだねえ?

次のミイラ
 翌朝、「撮影係」として凛々子が行く事に決まったが、意外やオリーブが差し入れを
 婆ちゃん、こういう破天荒は嫌いじゃないのね。
 ロックだから?

 商店会からの差し入れも、持って行きな?

 こんな物分りがいい千登勢、初めて!

『ピンチはチャンスというじゃろう?』

00056
00059
 王国の名を、全国に知らしめるんじゃっ!

逆転ファイター
 観光協会でも、おおむね「何やってんだ国王」で、王国のイメージダウンが気になったが
 丑松は、これを宣伝に利用しろという
 こっちもか!

 ほれ! 教授にくれてやれィ!!

 何かが老人達を刺激している…!

教授『我々はあくまで、チュパカブラ王国からの離脱を宣言したつもりだ…』

00062
00064
00065
00066
00067
00068
00070
00072
 世間に迷惑をかけて無いつもりだが?

わらびや共和国
 何と、教授は言葉通りの「チュパカブラ王国からの離脱」、すなわち新国家まで設立
 その意味を込め、ゲートもそっくりに作ったらしい
 だが、あくまで“独立”。

 ドクの協力で、車を避ける座卓を用意し、「迷惑をかけない」コトに徹していた

 いわゆる「運動」
 その問題点は、一般人にも迷惑をかけてしまう事じゃないでしょうか

 彼は、その点も解消を狙ったのですね

高見沢『こんな事して、何になるんだよ…』

00073
 対し、いつも由乃たちに好意的な高見沢さんが…。
 今回の件、彼は他人事じゃない
 いつもとは違う

 今回、傍観者とは、一味違うポジションなのね!

由乃『今から、おばあちゃんたちとキノコ狩りに行くんだけど、一緒にどうかな?』

00074
00075
00076
00077
00080
00081
00084
00085
00086
00088
00089
 必要なものは、だいたいネットで調達できる…。篭城戦も、意外と何とかなるものだな?

一夜茸<ヒトヨタケ>
 結局、「さしいれ」もとんでもない数で、彼らが、広く支持を集めている事も解る
 ヒトヨタケは、その名の通り一夜で溶けてしまう茸で
 酒を悪酔いにする変わった毒を持つ

 でも、長くは続きません。…本当の目的って何なんですか?

 茸狩りで、老人の知恵に感動する由乃たち
 一方、早苗は教授と対峙

 同じ移住者同士!

教授『間野山の皆に、問題意識を持ってもらう事だよ

00090
 狙いはシンプル、訴えかけるけど、ネット配信を利用したもので迷惑度は小さい
 普通、スピーカーでがなって嫌がられるけど
 彼は「見たくなる」よう仕向けた

 実際、大量の補給物資は、支持の証であったが…?

早苗『でも、根本的な解決にはならないと思います』

00091
00094
00095
00096
00098
00100
 ああ、解っているよ。いずれこの集落は消滅する。

骨を撒く人
 前回、移住を勧めた早苗に、「コミュニティ解体は文化の解体だ」と諭した教授
 彼らは、最初から解っていたのだ
 この集落に先はない

 既に彼らが自主的に残しつつある…、自らの人生の軌跡をね…

 地元そばの打ち方を
 或いは、自分が生涯かけてきた大根栽培の技術を。

 老人達は、積極的にネット配信していた

早苗『! デジタル・アーカイブ!』

00000
 自分達のコミュニティ、受け継いできた地域文化、磨いてきた技術
 もはや、誰も受け継ぐものがないと解っている
 解っているから残すのだ

 YouTubeに、archive<アーカイブ>、保存記録として残すのだと。

『助け合いは、雪国の基本だからねえ』

00101
00104
00105
00110
00112
00113
 君達のおかげで、蕨矢集落の風習や知恵は、ある程度広まり、残っていくだろう…。

50歳ぐらい若返った!
 撮影者を要請したのも、茸狩りや、「雪がこい」設置の風景を記録として残して貰うため
 後は、折を見て“離脱宣言”も撤回する
 消え去るだけだと

 どうにもならないと、始めから解っていて…?

 路線確保は我々の権利だ!
 そう始まった運動は、センセーショナルな話題で“耳目を集める”為だった。

 この運動は、彼らの遺影同然なのだと

『いや、これでも僅かな希望を抱いているんだよ』

00114
 だが、「どうにもならない」とは思ってない、間野山は変わるかもしれない
 僅かな希望を抱いている
 と

 教授は、改めて「なぜ間野山を選んだ?」と問う。

教授『これから先は、どうするつもりなのだね?』

00116
00118
00119
00120
00121
00123
 それはまだ…、何とも。

答えられない
 早苗は答えられなかった、元々、由乃に付き合って一年勤めるまでしか考えてない
 初登場時、すっかり病んでいたのを思い出しますね
 一方…

 大体の事は出来るけど、車だけはねェ…

 病院へと送る由乃
 やっぱり、「バス」がないと生活が立ち行かない

 あまりに困難な“問い”が続き…?

高見沢『おう、あと5分で終バスだ。乗るなら中で待ってな?』

00124
 端っこの駅なので、まるで電車のように発車を待つ路線バス
 運転手、高見沢さんも外で待ってます
 何となく不思議な光景

 バスは一時停車、完全に停車して待つって、何か不思議な感じですね 

由乃『バス路線廃止の件…、どうにかなりませんか?』

00125
00126
00127
00129
00130
 今の状況を見て、このままで良いと思ってるんですか!?

現実問題
 バスの問題は、町の問題と一緒で、“どうにもならない”事が一番の問題
 諦めろ、と高見沢は言う
 が

 良い訳ないだろ!

 強く否定する高見沢
 いつも、何くれと応援してくれる彼は“変わって欲しい”と思っている一人

 だが、ダメだと誰より知ってる一人でもある

あそこに座って、来る日も来る日も、この町を見続けてきた…

00131
 かれこれ15年、今日は花屋が閉店した、小学校が廃校になった…
 誰も、「雪がこい」しなくなった空き家は
 雪で潰れてしまった…

 日一日と、廃れてく間野山の町を見てきた男なのだから。

『自分が生まれ育った町が廃れていく様を見て、何とも思わない奴がいるかよ』

00133
00134
00136
00137
00139
00141
00142
 爺さん婆さんだって、ネット使えるようになったんだもんな…。IT大臣! 力を貸してくれないか?

王子の秘策
 解ったつもりになっていた、町の寂れ方が、本当に根深いと落ち込む由乃
 だが高見沢、何と秘策があったらしい
 早苗ちゃんもだ!

 たまには、路線から外れてみるかァ!

 やだカッコイイ! 
 路線バス、だから町がいかに救えないか誰より知っている

 コースを辿るのをやめるってのかい!

『これは、吊り灯篭って言ってな?』

00143
 続いて灯篭を吊るすのだが、これは明かり取りではなく
 毎夜、軒先に吊るすことに意味があるという
 と

『ほら、見てみな? 何かあったんじゃないか?ってわかるだろう』

00145
00146
00147
00149
00150
00152
00153
00154
 雪国では、助け合っていかなければ、生きていけない…。

雪国魂
 田舎は互いに距離が近く、人間関係が密接だというが、それは生存の為からだと
 特に雪国は、雪かき一つとっても“協力”が大事だ
 だから

 他人を守る事が、自分を守る事に繋がる

 そのあり方に興味があり移住した
 教授の家は、介護施設に移り空き家になったのを買い上げたらしい

 凛々子も笑顔の“協力”の知恵!

『さあ、御飯にしましょう!』

00155
 楽しげな一団この人たちに本当に先がなくて、ちゃんと解っていて。
 あと一年、一年と「減っていく」と理解してる
 そう思うと切ない。

しおり『ただいまー♪ 観光協会から、地名のリスト借りてきたよっ』

00156
00157
 地名と番地を一個ずつ拾っていけば良いんだよね? 手伝うよ

合同作戦
 さっそく早苗が着手したのは、地名と番地を集めて…?

『この料理、旨いな?』

00159
 柿とキノコのマヨネーズリゾット、ソラ豆のせ!

 久々の国王創作料理! 第1話でも梅干とマヨネーズをサンドしてますし
 実は、公式で「創作独り飯」好き

 雪国は塩分多めなので、マヨネーズで塩分を抑えたんだそうな

『あたしが、血圧高いから気を使ってくれたんだよ…、良い国王さんだね?』

00160
00161
00162
00163
00164
 由乃ちゃんがずっと国王やるなら、俺達忠誠誓ってもいいぜ!/白雪姫と七人の小人ってか?

国王と王子と
 ますます馴染んでいく国王、彼らには、丑松会長さえヒヨッコに過ぎぬ!
 どうせなら、会長になってここに住んだらどうだ?
 と
 
 ちょうど、王子様もいるし?

 それでサンダルさんかよ!
 今回、ミョーに、居付いちゃってると思ったら!!

 何でサンダルさんここにいるの!?

サンダル『本物の王子様は、バスに乗ってやってきます♪』

00165
 しかしサンダルさん、解ってるのか解ってないのか
 見事に、正鵠ど真ん中をブチ抜く一言!
 解ってらっしゃる!

『おーい! 下に何か来てるぞー!!』

00166
00167
00169
00170
00171
00172
00173
00174
00175
00176
00178
00179
00180
00181
 デマンドバス?/決まった路線を走るんじゃなくて、お客さんから予約が入ったときだけ走るの

間野山デバンドバス
 果たして登場したのは、デマンドバス、バスとタクシーの中間的な存在で
 運賃は上がるが、廃線されるよりは助かる!
 解決策あるじゃん!?

 前に一度、会社に計画書を出した事はある

 社にとっても収益度が改善 
 ガラガラの大型バスより、遥かにコンパクト化されるわけですし。

 朝から、体操していた国王かわいい!

高見沢『けど、“オペレーション”の問題でハネられた

00182
 問題は「受付」、電話番の人件費が別途必要となってしまう
 人件費、“仕事を作る”事は大切な事だけど
 利益率が低くちゃ会社は困る

 だから今までは、「やりたくても出来なかった」のだ

真希『今のところ、間野山限定だけどね?』

00183
00184
00186
00188
 早苗ちゃんが、頑張ってシステム組んだんだよ♪

アイテー大臣の本気
 しかし、老人達がネットを使えるようになり、「予約システム」を早苗が組んでくれた
 そんな事まで出来たの?!
 で

 早苗の技術と、路線を外れても走れる地元運転手二人の合体技!

 爺ちゃん達、さっそく「俺が一番乗りだ!」とか。
 心がいつでも少年すぎる!

 年取って少年返りしたパターンなの!?

王子『お迎えに上がりましたよ、国王?』

00189
 高見沢王子カッコ良かったですねー、王子から、バス運転手へ転身
 実際には、15年前からバス運転手だったそうなので
 バイト王子だったみたいですが

 故郷の活性化、「出来る事があれば」と、10年前も今も、手を貸してくれた感じでしょうか

由乃『さすが、元王子様!』

00190
00191
00192
00193
00195
00196
 どーせ、元王子ですよ?

桜池にいこう!
 婆ちゃんも桜池に行きたい、主人と最後にデートした場所だから、と思い出を語れば
 なら、ボートでもこごうと盛り上がる老人達
 バスは成功…?

 でも、高見沢さんにここまでしてもらえるなんて、ビックリです

 デマンドバスは「ドアtoドア」
 自宅の前まで行くし、乗り合いだから運賃もタクシーよりは安い。

 老人の多い、間野山にピッタリなのね

高見沢『俺にだってプライドがある、この腕一つで、嫁と子供を食わせてんだ』

00197
 この「デマンドバス」にしても、自動運転に置き換えられないとも限らない
 でも今回、バス乗りとしてのプライドが騒いだ
 だからやったのだと

 どんな仕事でも意地がある、なければならない! 由乃にとっても良き学びでしたね。

早苗『教授の言ってた希望って、この事だったんですか?』

00198
00199
00201
00202
00203
 乗り合いだから会話も弾むし、楽しそうだったと笑うしおり達。

教授
 IT化を進めたのも、早苗を焚きつけたことも、「ここまで上手くいくとは」と教授も驚く大成功
 また、教授らしく“単位をやらないと”
 と

 まあせいぜい、「良」ってところだな?

 最後まで上から目線!
 でも、最後まで彼の掌の上の孫悟空だったから仕方ないね!

 早苗ちゃんに、越えるべき壁が出来た!

教授『チュパカブラ王国は、民を見捨てなかった!』

00204
 古来からの、助け合いの精神が今も生きている事を、我々は誇りに思う
 こうして、いずれ取り下げるつもりだった「クーデター」は
 想像以上に軟着陸に。

 フッワフワの軟着陸だよフッワフワ!

『本当にありがとう。…そして迷惑をかけた関係者には、心よりお詫びを申し上げる』

00205
00206
00209
00210
00212
00213
00214
00218
00219
 では、国王から一言!/え!? 無茶振り!?

離脱撤回
 観光協会も見守る中、撤回宣言と、国王による「間野山バス」への感謝が行われた
 由乃ちゃんすごく普通だよ…!
 と

 でも、私はますますこの町が好きになりましたっ!

 町の人たちの反応も好意的
 また、あわせたように「祭具」の情報もネットでもたらされた

 曰く杉田…、エビフラ…、杉田?

杉田さんって…、誰?

00220
 言われて当惑する早苗達、「教授じゃないの?」と思う視聴者
 だが、教授は鈴原である
 つまり…? 

鈴原教授『? …氷はまだ、あったかな?』

00221
00222
00224
00226
00227
00229
00230
00231
00233
00234
00235
00236
00238
00240
00242
00243
 生存確認、自らそう呼んだ灯篭の灯火は、まるで彼の死を知らせるように消えた

鈴原 廉之介
 奇しくも事件解決直後、教授は帰らぬ人となり、集落の面子や見回りを担当した金田一
 そして、お得意先だった本屋も参列し
 葬儀が執り行われた

 きっちりしてるよ。…かっこいい爺さんだったなあ

 遺書は10年も前に作っていた
 土地は自治体へ、上物=建物は取り壊し費用も用意しておくし、保存しても構わない

 遺物は好きにしていい…、旅立つ準備は整えていた。

由乃『いい顔で、笑ってますね』

00245
00246
00248
00250
00251
00253
00254
00255
 教授の研究ノートだ。間野山にきてから二十年間、一日も欠かさず続けてたらしい

「間野山の深さ」の可視化
 以前、木彫り騒動で一志に怒られ、場当たり的に調べまわった早苗たち
 間野山には、これほどに学ぶ事があるという形
 彼は最後まで“研究者”だった

 根を下ろすって、こういう事なんだ…

 一朝一夕では済まない
 狸と呼んだのは、一過性の騒ぎ、人々を「化かす」だけじゃダメだって事なんでしょうね

 実りある形にして欲しいって、教授の願い。

『杉田さんにも、連絡しなきゃな?』

00256
00257
00258
00260
00261
00264
00267
 てか、知ってて言わなかったって事…?

みずち神社の“剣鉾”
 実は「杉田」とは、教授に家を譲った家主さん、“教授の家にある”という書き込みだった
 書きこんだ人、HNきづねさんというのも…
 と

 木津根…、きつねさん、…私達、たぬき。

 きっと教授自身
 あの、素直じゃない人のひねくれたメッセージだったと理解する一同

 そんな面倒くさい前振りだったとは!

早苗『でもコレ、どうやって運ぶ?』

00268
00269
00270
00271
00272
00274
00276
00278
00281
 縁は…、作り出すものなんですね。…ありがとうございました、教授。

縁を作る
 思った以上に巨大だった祭具は、梱包し、試験運転中のデマンドバスで持ち帰ることに
 教授、本当は自分でお披露目したかったんだろうけれど…
 罰当たりな持ち帰り方!

 大事なのは、気持ちですから♪

 同じ「外から来た人間」
 先の事は分からない、けど早苗も、“縁は作るものだ”と深く腰を据える事に

 木彫り編から、また深く見つめ直す回に。

予告サンダル『人の魂は、どこへ帰って行くのでしょう。今日はウィスキー片手に、ゆっくり考えてみようと思います』

00285
00286
00287
 舞台は学校、高見沢さんがいった、「廃校となった小学校」か?

次回「霧のフォークロア」
 予行では、学校によく見かけるモザイクアートが。廃校から町おこしに?
 フォークロアとは、古く伝わる風習・伝承など
 また「都市伝説」も。

 教授が調べていた事を連想しますが、果たして…?

2017年8月3日 サクラクエスト 第18話「ミネルヴァの盃」

00191
00189
 ミネルヴァは、詩・医学・知恵・商業・製織・工芸・魔術を司るローマ神話の女神。国王の酌の事?

スタッフ
 脚本:入江信吾
 コンテ:倉川英揚
 演出:筑紫大介
 作画監督:鍋田香代子、辻智子、阿部美佐緒、髙橋瑞紀、市原圭子、岩崎亮、福井麻記、末田晃大
 総作画監督:関口可奈味
 アニメ制作:P.A.WORKS
 原作:同社オリジナルアニメ

あらすじ
 国王が人質になりました。クーデターといっても実際は、ほぼ宴会でした。人は楽しそうなところに集まると教授は言います。国王を迎えにきたはずのガテン大臣も参加することになりました。蕨矢集落には間野山から沢山の差し入れが集まりました。鈴腹教授の本当の目的は、もうすぐ消えてしまうであろう集落の文化をデジタルアーカイブとして残しておきたかったことだったのです。老人たちもインターネットを使いこなせることになったことで、IT大臣と路線バスの運転手の高見沢が協力し、予約制のデマンドバスを考え、試験運行することになりました。集落のお年寄りたちも喜び、独立宣言を撤回したのです。こうして鈴原教授の試験に合格した国王たちは、教授が残したヒントから三種の祭具である「剣鉾」を探し出すことができたのでした。

発見された“剣鉾”。この調子で、一つ一つ発見するクエストになる事が確定か

00174
00152
00149
00016
00004












































00000
 最後が少し寂しいだけに、いつも以上に、国王たちの可愛さで盛り上げた前半。

骨を埋めるという事
 たまには路線を外れてみるか! 前回、思い切りかっこ悪く描かれた高見沢さんの見せ場回!
 さりげに、15年前から路線バスをやっていえるという台詞も
 彼の故郷愛を感じます

 なら10年前は、兼業で王子役を引き受けた、郷土愛がある人なんだなって

 てっきり元観光協会なのかと。
 集落のみんなが、桜池に行きたがったことといい、強い郷土愛も感じました。
 
 次回、第19話「霧のフォークロア」

アニメ サクラクエスト 感想 2017年4月 公式ツイッター

 サクラクエスト メイン五人の趣味・性格・酒の好みなど紹介PV
 サクラクエスト 第1話「魔の山へ」
 サクラクエスト 第2話「集いし五人の勇者たち」
 サクラクエスト 第3話「マンドレイクの叫び」
 サクラクエスト 第4話「孤高のアルケミスト」
 サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」
 サクラクエスト 第6話「田園のマスカレード」
 サクラクエスト 第7話「煉獄の館」
 サクラクエスト 第8話「妖精のレシピ」
 サクラクエスト 第9話「淑女の天秤」
 サクラクエスト 第10話「ドラゴンの逆鱗」
 サクラクエスト 第11話「忘却のレクイエム」
 サクラクエスト 第12話「夜明けのギルド」
 サクラクエスト 第13話「マリオネットの饗宴」
 サクラクエスト 第14話「国王の断罪」 ※主題歌変更
 サクラクエスト 第15話「国王の帰還」
 サクラクエスト 第16話「湖上のアルルカン」
 サクラクエスト 第17話「スフィンクスの戯れ」
 サクラクエスト 第18話「ミネルヴァの盃」
 サクラクエスト 第19話「霧のフォークロア」
 サクラクエスト 第20話「聖夜のフェニックス」
 サクラクエスト 第21話「氷の町のピクシー」
 サクラクエスト 第22話「新月のルミナリエ」
 サクラクエスト 第23話「雪解けのクリスタル」
 サクラクエスト 第24話「悠久のオベリスク」
 サクラクエスト 第25話「桜の王国【最終回】」

サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 感想

 サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 1巻“織部凛々子の華麗な日常”

 公式ノンクレジットOP前期配信
 公式ノンクレジットED前期配信
 公式 第2クールOPテーマ「Lupinus」配信
 公式 第2クールEDテーマ「Baby’s breath」配信
 PAオリジナル SHIROBAKO 感想
 PAオリジナル クロムクロ 感想