公式サイト 原作:神野淳一 漫画:ROHGUN 機動戦士Zガンダム外伝審判のメイス 第1巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり。
“偽ガンダム”チーム!? 黒いガンダムと、ZZと逆シャア、狭間の時代の物語

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_4971
IMG_4962
UC0089。ZZ直後で、逆シャアのように、連邦が融和的(弱腰)政策だった時代が舞台
 どの組織もガタガタゆえ、敵も味方も雑多な機体なのが楽しい!
 主役機も“Mk-V”系の悪党面が良いですね!

 AOZの更に外伝で、少し難しいものの、“小惑星落とし阻止”とは燃えるじゃないか!

メカは格好よくキャラは可愛く!
 登場人物が、若手な上に既に恋仲なので、とにかくイチャイチャしやがってる!
 もし、思わず壁を殴っていたら壁がなくなるレベル
 ラブラブだ!

 いきなり現れた「偽チーム」で爆笑したし、ジムが活躍するのもイイね!

ネオジオン敗戦直後、残党部隊が“小惑星基地落とし”を企む…!

pic_mace
 連邦政府はZ、ZZで大混乱中、やがては「ガンダムUC」のように再建されるのですが…。

あらすじ
 宇宙世紀0089、第一次ネオジオン戦争は終結したが、地球圏の騒乱は続いていた
 再編を急ぐ連邦の隙を突き、残党は“同志<カメラード>”を結成
 小惑星基地「ダモクレス」を落とす作戦をとる

 察知した連邦軍は、サラミス改級巡洋艦“デルフォイ”に、試験機[グリンブルスティ]を搭載

 操りうる可能性を持つヨーン・ユルヤナが配属され
 同艦で、少年は一年ぶりに、想い人のアイリス・アリスンと再会を果たした

 しかしデルフォイは、宇宙機雷で足止めを喰らってしまう

主人公に任せられたのは、「ガンダム」じゃないガンダム!

IMG_4972
 ガンダムMK-V系列らしく、設計上は「ガンダム」ではなく、サイコガンダムに近い。

ORX-008 ガンダム[グリンブルスティ]
 かつて、サイコガンダムの暴走癖、生産性の悪さ、NT以外でも乗れるよう改善が要求された
 その新型に、「ガンダム信仰」からガンダムと名付けたのが
 ORX-013 ガンダムMk-Vである

 対し本機は、強化人間搭乗を前提に、殺人的な機動性を与えられた

 なので「ガンダム」じゃない。
 のだが、こっちは、現場が勝手にガンダムと名付けたそうな

 AOZ 刻に抗いし者、主役機ケストレルの原型機。

本作は、Zガンダム外伝 AOZ第2作目の、そのまた「短編」外伝である!

IMG_4976
IMG_4973
 Zの外伝「ADVANCE OF Ζ」シリーズ第2作、2010年の“刻に抗いし者”外伝の漫画版である

早口言葉!?
 要は、元々が外伝作品なので、既に主人公勢がラブラブな上に主役機の解説も少なめ
 できれば、小説「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者」をお読み下さい!
 本主人公は、当初モブ同然でした

 当時、ジャンクのジムを改造、乗り続けた主人公が、宇宙移籍で愛機を乗り換えに

 地球特化の改造機だったジム
 これを、受け継いだ少年を主役に据え、短編スピンオフとして執筆。

 彼も宇宙に移籍し、ガンダムに乗る事になった、と

ハマーン戦争終戦、主人公も地上から宇宙へ!

IMG_4975
 ヒロインのアイリス、もうラブラブすぎるんですけど!?

ハマーン戦争後日談
 ZZでの戦争、「第一次ネオジオン戦争」で、連邦政府は宥和政策をとった
 ブライトさんが苦しみ、ジュドーが殴った弱腰!
 それがZZ!

 連邦は、元々は一部だったエゥーゴ、ティターンズを吸収、再編の真っ最中!

 やがて「第二次ネオジオン」こと、シャアの反乱が発生しますが
 その時も、まだ宥和政策だったんですよね

 これを反省したのが、ガンダムUCでの“高圧”だったのかもしれません

連邦軍に再編中のエゥーゴの一員、それが主人公たち“デルフォイ”隊

IMG_4971
IMG_4969
IMG_4968
 百式の塗装再現に、一番カネかかったのにー!(by海賊)

混乱の時代
 ガンダムもどきが積んであるくらいで、とある作戦に対応する為に移動中の部隊
 しかし、「ガンダムチーム」のネームバリューを利用し
 偽装MSで暴れる宇宙海賊が!

 ジュドーたち、ZZで活躍したガンダムチームは、英雄的な存在なんですねえ

 ザク頭ならぬ
 Zの頭、ハリボテを乗っけたザク!

 洒落が聞いてるわ!

エゥーゴの宇宙基地が占拠、“小惑星落とし”に使われる事に

IMG_4967
 ダモクレスの剣とは、“常に危険な状況である”という事、或いはそれをもたらすモノ、の意。

小惑星「ダモクレス」
 戦後の混乱期、ネオジオン残党が小惑星落としを企み、阻止の為にデルフォイ隊が派遣
 余談ですが、「エゥーゴ」は連邦宇宙軍の軍閥であると共に
 元ジオン残党も多数参加

 何せ、幹部にシャアがいましたし、それが半ば公然の秘密ってありさまでしたから

 ティターンズは壊滅
 しかしエゥーゴも、「連邦軍への衣替え」には混乱があったそうな

 なので、こういう事件も許しちゃうのね

敵はネオジオンの士官、「騎士」の一人

IMG_4966
IMG_4963
IMG_4962
 ひたすら生真面目な人、マシュマーからギャグ要素抜いたような人

アルノー・ワイゼンベルガー
 彼の愛機は、アナハイムが供与した「シュツルム・ディアス」、ホントあの会社はロクな事しない!
 ZZ、サトウ隊でお馴染みのリック・ディアス強化機
 ネモDとも似てるかも。

 直線推力を、外付けで強化、推力自慢のグリンブルスティには相応しい相手!

 バルーンを、わざと撃たせて煙幕をつくりだし
 突撃する男前!

 ヌッと出てきたのがカッコ良かった!

ヨーン『動け…、ガンダム!』

IMG_4965
IMG_4961
 パイロットの経験不足による不利を、反射性で補う一幕!

グリンブルスティ
 実は、本機は胸部にメインカメラがあり、文字通り「頭なんて飾りですよ」という特徴も
 ガンダムUCのバナージのように、天性の耐Gを持つ主人公
 しかし、まだまだ生かせてませんね

 機体解説がサラッとしてますが、そこは次巻なのでしょうか?

 原作・AOZ刻に抗いし者
 その最終主役機、ガンダム[ケストレル]の原型、かつ兄弟機にあたる機体です

 2機建造され、1号機はケストレルに、本機は原型そのまま。

JFKのオッサン何者だよ! さては名のあるパイロットだな!?

IMG_4964
 旧ザクで、ガザCを叩きのめすとかいうファンサービス

JFK
 ジョン・F・ケネディではなく、「ゴミになるものはないキット」を略した通称。
 いや、確かにガザCは低性能だけど!
 どんだけ凄腕なの!?

 やっぱりレベルを上げて、物理で殴るが最強なんだな!

※ガザCは、「たくさん作ってハッタリ利かせる」のが主目的
 性能は一年戦争MSレベル。

 本来は作業機であった

ヒロインのアイリスは、0083、星の屑のコロニー落としで全てを失った

IMG_4957
IMG_4956
IMG_4955
 その為、元ジオンが多数所属するエゥーゴを憎み、単なる残党組織だと思っていたのだ

アイリス・リターン
 ただでさえ薄い上に、複雑な背景から、多数のモビルスーツや世界観の解説がミッシリ!
 私的には、親切で好きなタイプなんですが
 漫画としては「薄い」のも確か

 終盤はアイリスの過去、ヨーンとの出会い、彼の技量と人の良さも強調に

 いやあ、サービスカットだった!
 悲劇なんだけども!

 ティターンズが、エゥーゴを憎む理由も解る。そんなエピソード

ラストは、「原作」主役機ケストレルとの模擬戦!

IMG_4954
IMG_4953
 シミュレーター戦でしょうか?

ガンダム[ケストレル]
 主人公ヨーンにかつて愛機を譲った男が、グリプス戦役で最後に駆ったガンダム!
 元々は、強化人間用に「グリンブルスティ」が作られ
 強奪と見せてエゥーゴに譲渡

 一号機は、「欠陥機」「自殺マシーン」と呼ばれ、事故を繰り返しケストレルへ

 改造と偽装の末にケストレルが誕生
 対し本機は、原型のまま、装備テストの為に使われていた2号機という設定

 主役機も、原作主役に重ねてるんですねー。

本「審判のメイス」は、本来は小説作品である

IMG_4952
 刻抗の番外編で、2012年9月~11月まで連載された。

審判のメイス
 AOZシリーズの神野氏の小説で、単行本化はされなかったそうな
 なので、単行本派のあっしは知りませんでした
 なるほど。

 神野氏のコメントでは、刻抗でヨーン君を出したとき、彼を主役にするとは思わなかったなー、と

 縁は不思議なもんですねえ

収録

IMG_4960
IMG_4959
IMG_4958
 しかし…、すごく質量兵器である。

 電撃コミックスNEXT「機動戦士Zガンダム外伝審判のメイス 1巻」。
 月刊コミック電撃大王連載、KADOKAWA発行。原作:神野淳一、作画:ROHGUN
 2017年7月発売(前巻発売)

収録
 第1話「再会」
 第2話「敵はGチーム?」
 第3話「出撃」
 第4話「アクシズの騎士」
 第5話「アイリス・リータン1」
 第6話「アイリス・リターン2」
 オマケ「プロローグ」
 各機体解説、ZやZZでの世界の状況など情報コラムたっぷり!

 表紙、いかにも真っ直ぐそうな主役、可愛いヒロイン、見守るが如き悪役面!


 機動戦士Zガンダム外伝審判のメイス 1巻 UC0089“ガンダムじゃない”ガンダム達