公式はこちら。“ジンキ”の遥か未来が舞台。綱島 志朗、人狼機ウィンヴルガ 3巻 感想 レビュー 画像 内容 ネタバレあり 前巻はこちら
旧作主人公そっくりの“姫”を助け、真白は二つの「女たちの国」を知る

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_8711
IMG_8697
女を性奴隷同然に扱うドミネイター内で、地位拡充を狙う女隊長グロリア
 同じく、祖国の為に「姫」を差し出そうとするヨミとの邂逅
 飛花か姫か、助けるべきを選ばされる真白!

 苦しい現実に、適応を図る先達に敗れ、真白は“人狼機”に呑まれる…?

「第2章」完遂です!
 人機が、“男<ドミネイター>”独占技術らしい本作。人機とも渡り合える外骨格が登場に
 華奢な身体に、不釣合いにゴツい武装がかっこいいですね!
 グロリア機の、魚⇒人型変形も面白い

 感情を食う人狼機、その真髄が見られましたが、4人もの犠牲が出たのが痛々しい 

感情はエネルギー。もしや、女性全体が奴隷に落とされているのも…?

IMG_8702
 ライブドアブログなので掲載できませんが、乳首が描写されています。

あらすじ
 人機・玖尾狐は、祖国「天津之黄泉国」の為、引き渡される寸前の天津青歌姫を庇っていた
 真白たちは、姫を追うヨミ隊長以下に襲われ敗北
 玖尾狐を追う手伝いをさせられる

 最中、エイト・ラウンズのグロリアと遭遇、彼女は真白を勧誘する

 勧誘を蹴るも敗北した真白は
 過酷な現実に、「人狼機」に蓄積された負の感情に乗っ取られ暴走してしまう

 救うべく玖尾狐と、グロリアの部下達が命を散らせ…?

人狼機の真相その1。“人を狼へ変え、戦う力を与える”システム

IMG_8688
 ウィン自身は何も知らない。彼は、システムに後からくっ付いた「人間霊」なんでしょうか?

星型三号機 人狼機ウィングルガ
 推測通りなら、旧作でのモリビト1号と2号に続く、規格外中の規格外がウィン。
 呑まれた真白は、膨大な負の感情に取り込まれる代わりに
 大幅にパワーアップ

 耐える為に人格が壊れ狼と化す、故に「人狼機」だという。

 ウィンが感情を食うのは、感情を蓄積するシステムだから?
 闇白いわく「命を食べる」という。

 その為か、執拗なコクピット狙いを繰り返す、殺人マシーンと化してしまう模様

助けた人機はキツネ型、いわゆる女狐であった(真顔)

IMG_8710
IMG_8709
 津崎青葉ならぬ、天津青歌。初登場時の青葉、両兵みたい…?

真白=白雪姫/飛花=赤ずきん
 女性の意識を持つ狐型、玖尾狐と出会った真白たち。同じ「色」の姫君。
 また、玖=9、九尾の狐をモチーフとする機体のようですが
 姫さまは童話が大好きなようで

 ここは物語が終わった先の、地面に捨てられた悲しい世界という

 過去と現状、おとぎ話を重ねているのか?
 童話好きなので「赤ずきん」と重ね、ウィンを嫌って出てこない青歌姫

 彼女とウィン、距離が近づくのが楽しみになりますが…?

青歌姫祖国の兵、“女性兵士”と命のやり取りに

IMG_8708
IMG_8707
 ミズノハ兵装という対人機装備、少ない資材で作れ、人機戦をこなせるのが利点か?

すごいハイレグ!
 当たれば終わりの綱渡りながら、的の小ささと、関節を直接狙う戦法!
 彼女らにすれば、人機=ドミネイターという事で
 問答無用で集中攻撃!

 何より、生身の女性と闘えない、と真白の心が折られかける!

 幸いウィンは彼女らの天敵でした
 プレッシャー攻撃、広範囲の電磁波で「兵装」だけ壊すことが「可」能!

 真白、この時は“選ばず”済んだんですね…

人機を効率よく壊す術を知る! 女性たちの国の黒騎士!!

IMG_8706
IMG_8705
 見よう見まねでミズノハ兵装を使いこなし、仰天させた飛花。やっぱり規格外!

ノンストップ飛花!
 しかし、プレス放電を避けられる達人「黒巫女」ヨミに、真白は惨敗
 飛花が戦い、腕を認めさせるも完敗し
 降伏で切り抜ける事に

 姫と玖尾狐は脱出、ヨミは彼女を引き渡し国の安堵を図る腹

 王の首とは、“民に代わって落ちる為”にある。
 王族の義務だと

 だから玖尾狐、姫を連れて逃げていたんですね。

よかれと思った事が、悪い方向へ転がっていく

IMG_8704
 格納状態の兵装って、人機の頭みたいですが…?

天津之黄泉国
 天津兵は、仲間に「玖尾狐発見」を伝えるべく、照明弾を使っていましたが
 その後、ウィンの放電でまとめて兵装を失ってしまい
 丸裸同然。

 結果、照明弾を見たドミネイター相手に、生身の抵抗を迫られる事に

 真白とウィンは、玖尾狐を追うべく急がねばなりません
 他の兵士を連れていく余裕はない

 命を救う為にやった「放電」が、結果的に生き地獄へ叩き落す事に…?

少し前。ドミネイター部隊のありふれた日常

IMG_8703
IMG_8702
IMG_8701
※ライブドアブログに怒られるので、乳首は隠しています。本来は全開です。

副長グロリア・ルイーズ
 特殊部隊、「エイト・ラウンズ」隊長は変わり者で、女性副長を昇格させた。
 普通は、女兵士は最前線で盾、囮同然に使われた挙句
 戦闘後は性欲処理係

 最も幼いラーラも、既に3人目を妊娠しているほど

 ラーラ、マコト、アキ。
 グロリアは、旧知の3人を直属の部下に申請したが、その命令が無視されていた

 正式な辞令も握り潰されるほど、地位が危ういって事で…?

グロリアの提案は、真白を引き込むことにあった

IMG_8699
IMG_8698
IMG_8697
IMG_8696
 真白たちに触発され、戦闘を嫌がる玖尾狐まで人型に!

「ドミネイター」の提案
 ヨミが、国の為に姫を差し出すのと同様、グロリアはドミネイターへの参加を要請
 今、自分の隊長が変わり者である事と「星型機」
 これはチャンスだと

 ドミネイターの支配下で、女性の生きる場所を作ろう

 既に、最下層の「聖域」まで攻め破られるほど
 大勢は決してしまった
 
 絶対に勝てない、だから彼らの懐で、内側から変える以外に道はない…?

苦しみの先に幸せなんてない! 真白は拒絶するも…

IMG_8694
IMG_8693
 シャチ型から変形するグロリア機、その特性は“操縦者のミラーリング”。

エイト・ラウンズ機「フラッドグレイス」
 ざっくり言えば、仲間全員を、グロリア同等の操縦・機体性能とし、完璧な連携を実現!
 他人の精神を支配する事も可能な能力
 センソリィ・エンタングルメント

 何より最悪なのは、真白がグロリアを敵と思えなくなったこと

 グロリアを殺すような事は出来ない!
 飛花も助けに行かねばならず、逃げれば青歌が捕えられてしまう

 八方塞がって、頭が回らない噛みあわない!

ドミネイターと戦う事は、犠牲者を増やす事に他ならない

IMG_8695
IMG_8692
 ドミネイター機は、捕らえた女性を吊るしておく専用装備がある…。

迷った結果
 結果、飛花たちと天津兵は、信号弾を辿ってきたモブ同然の敵兵に蹂躙
 人機がなければ、こんな連中にさえ対抗できない
 飛花、あんなに強いのに!

 ただ描写上、兵たちが守ってくれ、飛花は陵辱を避けられた模様

 その程度でさえ、まだ「助かった」と思えるとか
 世界観ギリギリすぎない!?

 捕えられた女性、性器をフックで固定されるとかエグくない!?

「人狼機」ウィングルガ、ウィンも知らない狼の本性!!

IMG_8691
IMG_8689
IMG_8688
 前述の通り、膨大な負の感情で暴走させられた真白ですが…。

決壊戦線
 あまりの悲惨さ、プッツンきた真白は「人狼」と化し、手当たり次第に殺害
 際し、ヨミ隊長も直撃食らっていますが
 五体無事でいるのか…?

 これを称して「獣堕ち」、止めるには人柱あるのみ

 玖尾狐の“中に居た人の魂”
 それに瀕死のアキ、マコト、ラーラの女性隊員トリオが犠牲となって辛くも鎮める

 最古の人機だという星型三号、数千もの負を飲み込んでるそうで…?
 
第2章完結、そしてまた花が散る

IMG_8687
IMG_8686
IMG_8685
 聖域にありふれた花っぽいもの、真白の花飾りがまた散ってしまった。その意味は…?

鎮魂の儀
 作中、以前写真で出てきたときは、「可愛いけど…」と不憫に思えた3人娘
 想像以上に、人道から外れた扱いを受けまくった末に散る
 本望な死なのが救いか

 こうなるとグロリアも、自分の理想に絶対に折れられないでしょう

 しかし、傍目には任務失敗と見える状況
 舌なめずりする者は数知れず

 それとも真白を連れ帰り、「任務」だけは成功に出来るのか…?

真白の出身地、「理想郷」ボイドミューラーの住人達

IMG_8683
IMG_8682
 男女が平和に暮らせる土地って、本当に貴重だったのね…。

芽生えた感情
 平和に生きる彼女達は、負の感情を持たない民。そこにウィンが祀られていた
 あの場所で、「正」の感情をたっぷり与える事で
 機体を浄化してたのか?

 しかし彼女も、処女コレクターに売られ、無残に散る事に

 初めて覚えた殺意で殺害
 脱出するも、「そういう感情を抱いたもの」を集める施設に…?

 負の感情の蓄積、女性の奴隷化って、感情を用いた人狼機同様のシステムの為…?

収録

IMG_8712
 カバー下ノンストップ飛花! ガチャはあかん!!

 チャンピオンREDコミックス「人狼機ウィンヴルガ 3巻」。綱島志朗。
 月刊チャンピオンRED連載、秋田書店発行。
 2018年1月(前巻2017年7月)

収録
 第10話「青歌と物語」
 第11話「ヨミとミズノハ」
 番外編「兵士と前線」
 第12話「逃走と闘争」
 第13話「道と激憤」
 第14話「殲滅と人柱」
 番外編「感情と反攻」
 カバー下オマケ

 今回、初めて表紙が脱げてない! 安心したホント安心した!!(不安だ!)


 オリハルコンレイカルDuo 第4巻&5巻<完>
 人狼機ウィンヴルガ 1巻“「新世界」と「反乱者」”
 人狼機ウィンヴルガ 2巻“姫は狼を信じない”。屈辱の再始動!
 人狼機ウィンヴルガ 3巻“理想激突”女vs女! 人狼機の真実…?