公式サイト NEW GAME!! 2期 第3話 感想 ……うー、恥ずかしい! レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 前回はこちら
やって見て解る自分の未熟、周りの凄さ! ひふみ先輩、一人ファッションショー!!

00013
00105
冒頭からサービス! 知識や、周りの仕事をちゃんと覚えて活用するコウさんの実力
 萎縮する青葉、一人だけ気付き、「解る」と踏み出したひふみ先輩
 葉月の言う通り、辛い経験も無駄じゃない

 奇しくも処理落ちの悩みで一致し、ねねを鍛え直すうみこさんも優しい!

一緒に悩みたい!
 そんな、コウやひふみの成長に、ホンワカする葉月さんもやっぱり素敵ですねー
 反省しろし、とは、うみこじゃなくても思うけど!
 聞き入れるのも優しい!

 ひふみ先輩、冒頭いつも通りだったから、踏み込む姿に成長を感じた!

うみこさん、「あーん」慣れし始めてしまう案件

00268
 うみこさん、日時の経過、ねねっち慣れしてきたなって感じる回だった!

動作を停止しました
 難度はまったく違うとはいえ、似たような処理で悩んだり、本の傷みから頑張りに気づいたり
 うみことねね、師弟関係がホント微笑ましい
 見えないとこで進行してる!

 デバッグでは、ねねは指摘する側だった「処理落ち」、“やってみて解る”話だったのね

せっかく青葉の為に作った肉じゃがを取られたり、ケンカに巻き込まれたり!

00232
 出来合いもある中、青葉の為に、一番手をかけたんですかねー。可愛い。

あらすじ
 念願の、キャラクターデザインに浮かれた青葉だが、知識も気配りも出来てないと思い知り
 また、何も言えずに落ち込む青葉に唯一気付いたひふみは
 一緒に頑張ろうと励ます

 自分の未熟を恥じた青葉は、一層頑張り、葉月しずくもコウの成長を感じていた

 一方で、しずくの笑って誤魔化す性格に、反省の大切さを問ううみこ。
 彼女はねねを指導中、その素直さを好ましくも思う

 うみこを通じ、ねねにも、青葉の「キャラクターデザイナー就任」が伝わり…?

 次回、第4話「?」

冒頭からひふみ先輩が可愛くて、前回は大騒動でした

00000
 新作はバトルシステムのみ提示されたキャラコンペ、つまり世界観が指定されず
 好きに作れたのに、コウは「フェアリーズ」同様のデザインを提示
 デザインの狭さを指摘された

 対し、青葉はふとアイデアを思いつき、二人はコンビで挑戦する事となった。

ひふみ『…はぁ』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
00011
00013
00014
00015
00016
00017
00019
00020
00021
 買うの…、きめたっ!

店員、ひとり包囲網!
 開幕ひふみ先輩ファッションショー! 素晴らしい、素晴らしいぞい!! 可愛い!
 可愛いが、いきなり死んだ!
 と

 お客様? 何かお気に召した商品はございましたでしょうか?

 良かれと思ったのです…
 先輩は美人だし、何か助けられればと声をかけたのです…!

 ビックリ先輩、かわいすぎる!

ま、また来ます!

00022
 耐えられなくなったひふみは、せっかく選んだ服を放棄して退店に
 りん先輩と似た服とか、すごく似合ってたんですが…
 オーバーオール(?)活動的でいいよね…

 町角でフーセンガム膨らませてそう。

先輩『あのお客様は、強く押しちゃダメなんだって!?』

00023
 既に、店員さん側も理解してるレベルの困ったヒト!
 手がかからないのは素晴らしいのに!
 金髪さん仰天!

 ひふみ、“脱コミュ障”も今期テーマですが、難しそうですねえ。

コウ『まずは、主人公の“ペコ”のキャラから固めないとね?』

00024
00025
00026
00027
00028
00029
00030
00031
00033
 リテイクに備えて、早めに…、……大丈夫か~?

任せてください!
 夢のキャラデザ担当の青葉、まず「主人公」、修正、描き直しもあるからとコウは忠告するが
 青葉は、明らかに勢い任せ夢任せで…?
 で

 これは…、プロトタイプ版につかう…、テストモデル…、だよ

 青葉提案“きぐるみ”
 新作ゲームの、プロトタイプ版(試作)用が早くも上がっていた

 まだ、中身となるキャラが“仮”なのね

青葉『何か、質問があったら遠慮なく言ってくださいねっ♪』

00034
 心なしかいつも以上にどもりがちなひふみ先輩と
 勢いに溢れる青葉ちゃん!
 見られている!

 めっちゃ、後ろから覗き込まれている…!
 
青葉『遠慮しなくて良いんですよ!

00035
 実は、何か質問があるんじゃないかと、わくわくして待ってたらしい
 青葉ちゃん、まずは自分の仕事しないと!
 でも。

 何せ青葉、「自分がデザインしたものを、他人に作ってもらう」のは初めてですから。

『形が分からないとか、立体が分からない…、とか質問があるものだと思って…』

00036
00038
00039
00040
00041
00042
00043
 あ! デザインが単純すぎて、誤魔化せなくて難しい!

バージンなので!
 以前、青葉は「ソフィア」をデザインしたが、あの時はモデリングも自分でやった
 他人から見て、問題ないデザインか不安だった
 と

 青葉は、デザイン進めなきゃだろっ!

 絵は2次元なので
 我知らず、立体化できないデザインだったかも…、と

 なおコウさんに怒られた模様 

ひふみ『あ、そうだ。ここの、ぬいぐるみの質感なんだけど…、どうする?』

00044
 ただ、ひふみも疑問がなかったわけではなく、コウには質問をし始める
 青葉ちゃん、経験不足と思われてるぞい!
 或いは、負担をかけなくないか

 要は、「コウなら良いアイデアがある」という安心感、信頼の違い。。。

デザインの質問なら私に!

00045
00046
00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
 質問って言っても、まだ3Dの事はそんなに分からないでしょー?

青葉まだまだ育成中
 ひふみの疑問は、3Dモデル一年生の青葉には、まったく検討もつかないもの
 デザイナーとして、“知識”が足りない!
 と

 ファーって、何ですか?

 ステップアップの弊害!
 でもまだ、こうやって「学ぶ」段階ですものね

 教えてくれる先輩って、素晴らしい…。

ひふみ『ファーっていうのはね?

00054
 ファーとは、この場合、毛の質感をリアルにする事なんだそうな。また毛の話してる…。
 英語で「fur」、毛がついたままの獣皮のことであり
 ファッション用語でも。

 なお「ファー」でググると、毛皮の為に動物を殺すな!という運動が出てきまス。

ゆん『ちょっと待ってください! ファーは反対です!!

00055
00056
00057
00059
00060
00061
00062
 ファーはリアルになるが、その分、「処理」が重くなってしまう問題があるのだ

バーリマン・バタバー
 ぬいぐるみは、画面にたくさん出てくるので、最悪、ゲームがカクカクする恐れがある
 コウが渋ったのも、それを危惧してだ
 が 

 フェアリーズの時のゆんの毛皮のモンスターって、ファー、使ってないよね?

 だからコウは覚えていた
 ファーを使わず、「低負担」で毛皮を表現する必殺技!

 ゆん自身、とっておきだとニッコリする

『前に、CG映画でえーなー、って思ったのを参考にした奴なんですけど…』

00063
 ゆんは、映画を自分の仕事に活かし、独自の処理を編み出していた
 対し、コウは「それ」に気付いて覚えていた
 この二つが大事なのだ

 スッ、って部下の仕事を思いだせる上司、素敵ですよね。

コウ『青葉には、まだまだ3Dをやってもらうんだからね? ゆんの説明を聞くっ!』

00064
00065
00066
00067
00068
 さっき、「ファー」と言われて通じたように、まず知識がある事が大事

アイデアの共有
 ゆんは、問題のテクスチャ、表面の“質感”表現についてデータを表示
 際し、ひふみも疑問に思った部分を指摘し
 アイデアを瞬く間に共有

 青葉に、コウは「学べ」と言ってくれるが、それ以上に焦ってしまう、と

青葉『どうしよう…、全然意見が出せない…、私がデザインしたキャラなのに』

00070
00071
00072
00073
00074
00075
00076
00077
 何か…、良い意見! 早く…、あたしは…、キャラデザなのに…

気付き
 唯一、その焦りに気づいたのは、作中「口に出せない」事に定評あるひふみ
 ひふみ先輩、頑張るぞい!
 だ!

 青葉ちゃん! その…、一緒にお昼、行こっか!!

 ここまで「有能!」だったコウ
 彼女が気付かず、ひふみが気付くのに性格が出てますね。

 ひふみん、長所あるじゃないか!

青葉『おー…』

00078
 殻を盛り付けた、いかにも見栄えのするパスタ!
 パスタ、という言い方がそも今風だけど!
 写真撮るのも今風だけど!

 カメラ付き携帯、発信容易なSNSが揃った事で、こういうのも当たり前になりましたね

『ひふみ先輩から誘ってくれるなんて、ちょっと前なら、なかったですよね♪』

00079
00080
00081
 少しずつでも…、話すの苦手なの…、直そうと思って。

課題と過去
 割とひどい台詞な気もしますが、そういや1期の第1話で、誘ってダメだった事が
 あの時、勇気を出すも出遅れたんですよね
 先輩。

 そうなんですね~♪

 コミュ障の克服
 密かな目標も、青葉と共有する事に。

 が 

ひふみ『…でも今日は! 青葉ちゃんが、気になったからだよっ!!

00082
00083
00084
00085
00086
00087
00088
00089
00090
00091
00092
00093
00094
 あはは? やっぱり解っちゃいますか? ……皆の力になれなくて…、ダメダメです!

だから
 思い切って踏み込んだひふみ、青葉の自虐、二人の間に沈黙が落ちてしまう
 青葉は、「自分がダメだからだ」とますます落ち込んだ
 が

 ごめんね、私もうまく意見が言えないから…

 青葉は悪くない
 ひふみは、「こういう時、どう言えば分からないんだ」と慌てた

 そして、「だから」と続けた

そういう焦る気持ち、解るんだよっ!

00095
 何も言えず焦る気持ち、それは、私は解るんだよというひふみ。
 いつもいつも、言いよどむひふみだから。
 だから説得力があった

 青葉が何も言えなかったのも、ひふみが「私ダメダメ発言」に沈黙したのも、基本的に同じ事

青葉『! …わかりますか?

00096
00098
00099
00101
00102
00103
00104
00105
 だからね…、青葉ちゃんが、皆の力になれてないなんて、思わないよ!

言い過ぎたァ!
 日頃、意見を言えないひふみだが、だからって、役に立ってないわけじゃない
 なら青葉も、恥じる事はないんだ
 それに

 経験が浅いんだもん、当然だよ!

 おっと言い過ぎた!!
 実際、ひふみは「アイデアがあるけど言えない」から、青葉とは質が違う

 青葉自身、成長必須なのは確かなワケで!

『そう…、ですよね? いや! あたし何か勘違いしてたんですっ!!

00107
 青葉の痛感も正しい、キャラデザになったけど、まだ全然足りないと解った
 改めて、“自分の手の中”に何もないと気付いた
 未熟なのだと

『きっとキャラデザになって、何でも出来る気がしてて…。それとこれとは、違う事なのに』

00108
00109
00110
00111
00112
00114
00115
 うー…、恥ずかしい! まだまだ勉強です!!

サブタイ回収
 目指したキャラ・デザイナーになって、改めて、自分の力不足を思い知った青葉
 何たって、まだ入社目一年ですからね!?
 で

 うん…、一緒にがんばろ?

 へこたれない事
 それが、青葉ちゃんの一番の長所ですねえ

 ひふみ先輩は一番かわいいですねえ

青葉『あの! 午後もご教授、よろしくお願いしますっ!

00116
00118
00119
00120
00121
00122
00123
00124
00125
 喋り…、疲れたから…、もう…、だめぇー!

学ばせて貰う!
 なおひふみ先輩、普段使わない部分を使ったので、午後は力尽きる事に
 解っておるよ、心じゃろう!
 と

 えー!? さっき一緒に頑張ろうってー!?

 元気復活、青葉ちゃんのローアングル!
 ゆんさん任せとき可愛い!

 さっきの青葉の凹みに、まるで気付いてないが、それもまた良し!

ねね『よーし! ゲームもだんだん出来てきたぞぉー!』

00126
00127
00128
00130
00131
 どらごんふぁいやー、実装ー!

動作を停止しました
 しかし、前期から四ヶ月くらい経ってるとはいえ、ねねっちも頑張っております!
 このまま、イーグルジャンプに入社するんでしょうか…!
 でも、それって3年後だよね…!

 青葉の一年を思うと、ヘッ、三年後なんざ想像もつかねェぜ!

『ねー、あはごーん』

00132
 そして弟子あれば師匠あり、今度はあはごんパートに。
 この人も、メインプログラマに昇格
 どんどん偉くなっていく…

 場面転換コウさん、小学生みたいなポーズ!

『うみこだと言っているでしょう…、ま、ちょうど今、出来るところです』

00133
00134
00135
 そして師匠も止まっていた…!

地獄の伝道師
 珍しく照れるうみこ先生、これはかっこ悪い。
 超人師弟コンビ、揃っての敗退
 プログラムは難しい…

弟子『うーん…、あ。そっか!

00136
00137
00138
00139
00140
00141
00142
00143
 おー! いい感じ!!

ふぁいあー!
 期せずして揃って炎の処理をしてた二人、離れても通じ合う師弟愛
 何か、ねねっちスタイルいいな!
 なんだか!

 なお、うみこの「炎」には先が。

キレイに燃え落ちた!

00144
 中に入ってた主人公、ペコが露出
 なるほどのアイデアですね、
 ぬいぐるみだし。 

 服には燃え移らない親切ファイヤー…!

すごーい! 火吹いてるーっ

00145
00146
00147
00148
00150
 エンジンに頼らず、自力でプログラミングしてるんだー♪

バイトしない?
 しかし、ねねがいかに「頑張った」のかは、学友にはピンとこなかった。
 ねね、途端に不機嫌になってしまう
 と

 でも、気が変わったら言ってね?

 コロッケ作りに喩えれば
 冷凍ではなく、自分でジャガイモを潰し、手作りしたようなものでしょうか。

 しかし、その「頑張り」は伝わらない!

ねね『ごめん…。

00151
 ねねも解っている、結果が「しょぼいゲーム」なのも確かなのだ
 エンジンを使い、ありものを組み合わせた方が
 手早く、見栄え良く出来る

 素人目には、「結果」しか映らないのが当たり前なのだ。

葉月『ちなみに、何体くらいなら、同時に燃えても“処理落ち”しない?』

00153
00155
00156
00157
00158
 簡単には、納得してくれませんね?/当然! …困っているうみこ君の顔も見られるしね!

無茶は振るもの
 ぬいぐるみ焼却はしずくにも披露、しかし100…、20個は一度に燃やしたいという
 それだけ、処理の低負担化が必要になる
 が

 改良して、あげませんよ…

 無茶振りせずいられない!
 うみこさんでも、眼からハイライトが消える迷惑ディレクター!!

 出来る数次第で、難易度やら変わるしね!

ねね『ちょっと良くなった! ふふっ♪

00159
00160
00161
00162
00163
00164
00165
00166
00167
00169
00170
 うみこさんに見せたら、何かアドバイスもらえるかな…?

仮想うみこ
 言われた無茶に答えていくうみこ、“火炎放射”により、隠れてもあっさり発見されてしまうが
 代わりに、巻き込んだ敵を撃破できる…
 そんな仕組みか
 
 この画期的なコード…、天才ですか!

 一方ねね
 師匠、うみこさんが褒めてくれるかもと夢想する

 一から作った「独創性」も解ってくれる!

仮想うみこ『しょぼいですね…

00171
00172
00173
 まあ、今日は、こんなところで帰りましょうか

本日の営業は始まりです
 逆に、バッキバキに折られるのも怖かったが、結局ねねは勇気を出して電話。
 うみこも、進展を気にしていたと返事が
 と

 音沙汰がないので、心配していましたよ…。

 うみこレベルでもキツい作業
 ねねの存在は、彼女なりに癒しなのかどうなのか。

 この師弟も、着実に仲良くなってる…!

そんなアイキャッチは、意外にうみこだったり。

00174
 意外というとアレですが、てっきり青葉とひふみんなのかと。
 とても…、近未来的です。
 SF。

コウ『月曜から何ダラけてんだよ~♪ 休みボケか~?』

00175
00176
00178
00179
00180
00181
00182
00183
00184
00185
00187
00188
00189
 ねねっちと久しぶりに会いたかったんですけど、最近忙しいみたいで…

今昔八神
 月曜日、ねねと遊べず、家でダラダラしてたという青葉をからかうコウ。
 今日の昼前には、プロトタイプ版の会議があるという
 で

 素直ですよ、私は?

 会議会議会議!
 お疲れの葉月、だがうみこに言わせれば、りんのおかげで順調だ、と

 本気で、「しずくのおかげとは思ってない」と言いきるうみこ!

葉月『ン~、悩んでいる八神ねえ~』

00190
 可愛かったよ~♪ とか言っちゃうしずく、今回の八神は自然だ
 うみこ転職以前、今と同じ「AD」に就いた八神は
 潰れ掛けたことがあったのだ

 その辺は、前期5話から「昔のコウ」として描かれ、青葉と共に克服したのだが…。

『でもね? 過去も含めて今の八神があるんだよ

00191
00192
00193
00194
00195
 やめてった子達には悪いけどね…。それに、責任の話をしたら上司である私の責任だし

必要な経験
 コウには辛い経験だったし、葉月にも責任がある、辞めていった子にも悪い。
 しかし前回のように、コウを成長させたし
 青葉を成長させた

 だから私は、部下を選ぶ時いつも決めてることがあるんだ

 コウに必要な経験だった
 そして、八神&青葉抜擢と破天荒人事な葉月にも、決めている事があるという

 うみこならずとも、興味津々であるが…!
 
『この子の失敗なら受け止められるような、可愛い子を部下にしようってね!』

00196
 聞いたうみこがバカだった! まあ上司だって人間だしね!
 問題上司だって、上司だし人間だしね!
 葉月しずくだしね!

 一緒に悩みたい、そう思った人間を選んでいるんだ、と。

葉月『うみこ君もその一人なんだよ? だから、ね♪ ちょっと仕様書で変更したいところがあるんだけど…

00197
00198
00199
00201
00202
00203
00204
00205
 私の失敗も、受け止めてくれるか、な…?

受け止めて♪
 良いコトを言った葉月だが、「だからうみこ君もね♪」と可愛く言ったのが運の尽き
 約束は約束、デコピンの刑に遭う!
 と

 仕様書の変更はデコピンの約束です…。デコピンを受け止めなさい…!

 ものっそい飛んだ!
 ものっそい、おっぱいだった!!

 葉月さんでけえ!

違います。私のデコピンは、仕様変更に対するデコピンではありません…』

00206
00208
00209
00210
00211
00213
 誤魔化そうとする心へのデコピンです。

嵐の後で輝いて
 しかしうみこ君、怒ったのは変更と、それに伴う地獄の修正のことではない
 コウのように、ちゃんと反省して言ってくれたなら
 優しくしますよ?と

 本当?/反省してませんね?

 しかし態度に反省がない!
 いつも怒ってますが、「仕様変更なんて当然だろー!」って態度じゃダメやで!!って話

 人間関係は、“態度”だって大事なんやで!ですねえ

お! おーい!! 涼風くんたちじゃあないかー!!

00214
 でもまあ、こうして「自分が悪かった」と自覚してくれる上司もありがたいもの
 うみこの言葉はキツいし、彼女の言葉を無視したり
 冷たくあたる上司もいるでしょうし。

 案外、そうした関係がイヤになって転職、葉月も見抜いて受け入れたのかもですね。

葉月『アレ…? このお弁当は?』

00216
00217
00218
00219
00220
00221
 何と! ひふみ先輩が、もって来てくれたんですっ!!

盛ってきてくれたんです
 ひふみ先輩、脱・コミュ障作戦として、何と、皆におかずを提供してくれる!
 この人、料理も出来るのかよ!?
 で 

 これがひふみ君の出汁巻きの味…!

 悦に入る葉月さん
 ヨダレ垂らして、「相手に言わせる」のがズルいね!

 ひふみは、「出来合いもある」というが…

青葉『あれが出来あいだったんだナ…。』

00222
 さすがにこの量を全部自作はありえないので、出来合いのおかずも
 卵焼きなんか、コンビニでもスーパーでも売ってますものね
 気付いた青葉ちゃん賢い!

 上手い下手以前に、この量を朝から自作は難しいわね!

ひふみ『青葉…、ちゃん、こっち…、肉じゃがも…、作ってきたから。食べて?』

00223
00224
00225
00226
00227
00229
00230
00231
00232
00233
00234
00235
 あー! 美味しそう!! いっただきー♪

手も口も多すぎ!
 しかしコウ、青葉の為に特別に作った肉じゃがを、先に横取りするファンサービス
 この人、ホントに空気が読めない!
 が

 ホントに美味しかったよ! りんの肉じゃがより美味しかったかも!

 続く台詞がもっと悪い!
 よりにもよって、レズの御大将を刺激するとか何してんの!?

 ひふみさん、青葉ちゃんの胃袋を掴みたいの!?

りん『…コウちゃんは、こういう味が好みなの?』

00236
 普段は気遣い職人のりんですが、この時ばかりは空気が読めない
 青葉の為、多分いちばん手をかけたであろう肉じゃがが
 どんどん先に…

 ホント、コウが絡むとおかしくなる!

葉月『うみこ君? …ほら、あーんしてあげるよ~?

00237
00238
00239
00240
00241
00242
00243
00245
00246
00249
 い、いやあ、てっきり恥ずかしがるものかと…。

逆襲の逆襲
 続いて葉月、うみこに逆襲したはずが、「最近慣れたので」と平然と食われる場面も
 テメー、男が出来たのかよ!
 と色めき立つが…

 まあ…、内緒です

 ねねっちの調教!
 第1話以降も、同じ事をずっとやってるんでしょうね。

 すっかりねね耐性がついちゃって!

うみこ『ここが桜さんの大学ですか…。良いですか? 勝手に入って』

00250
 どうやらまた次の休日、大学を訪ねたうみこ、「気にしないで」というねね
 食堂が美味しいから、とかニコニコしてるねねを見ると
 イヤでも冷や汗が出ますよねー。

 これは、大学食堂でも「あーん」させられるフラグだと…!

うみこ『…読み込んでますね?』

00251
00253
00254
00255
00256
00258
00259
 ちなみに! こっちの本は、もーっとボロボロなんだからー!/コーヒーでもこぼしたんですか…?

汚れ
 本を読み込んだ、ねねの努力に気付くうみこだが、当人がスルーするのが微笑ましい
 いや、汚れの凄さの話じゃねーから!
 で

 もじもじして、桜さんらしくないですね?

 ゲームの相談をしたい
 言いにくいねねと、分かっててからかう葉月さんが微笑ましい

 この人、全包囲からかうなホント!

…ん!

00260
 文句いったり、からかったりしながらお付き合ってくれるうみこ
 ねねっちも、中途半端に向き合えない…!
 付き合ってくれる有難さ

 ありがたい事だ、と分かってるらしいねねっち賢い

うみこ『ここの炎の処理、頑張ってますね?』

00261
00262
00263
00266
 そこまで褒めてないです/そんな!?

わかってる?わかってる
 先日の友達と違い、専門家の葉月が、ちゃんと気付いてくれた事にドヤ顔するねね!
 しかし、思わぬ弊害「動きのカクつき」が
 と

 ちょっとでも、処理落ちは処理落ちです

 負荷でカクつき、快適にプレイできない
 当たり判定も雑だ!

 この辺の問題、「デバッグ」では、ねね自身が指摘してた事でしょ?と

ねね『えー、だって実際やってみると面倒で…』

00268
 青葉が、実際にキャラデザになってみて躓いたのと同様
 ねねっちも、やってみて困った部分があったが
 面倒だから放置した

 しかし、それでは「ゲーム」として困る!

うみこ『なら止めますか?

00270
00272
00273
00274
00275
00276
00279
 新人なのにキャラデザなんて、八神さんみたいじゃーん!

隠していくスタイル
 実際、「面倒だから」で終わるのが素人、突き詰めていくのがプロなのでしょうね
 くじけぬねねに、うみこ師匠にっこりである。
 で

 ふっふーん、ちょっとねー♪

 うみこ経由で「青葉の現状」が
 最近忙しくて、キャラデザになった事すら伝えられてなかったそうな

 対しねね、“プログラム始めた”事はまだまだ隠すよ!

今回のサブタイ回収は、心折られたかに見えた青葉の言葉

DFlBe5SUAAAAgT0
 前期でも3話は延々リテイク回でした。

恥ずかしい!
 まだまだ自分は未熟だと思い知った青葉、心配してたひふみ先輩の共感
 青葉、今回もホント前向きですね
 コウの問題もありますが

 前回コウの絵を見ても、くじけず挑戦した事もそうで、青葉の前向きさが輝く回。

課題は分かってるけど抜け出せない。…から、踏み出したひふみ

DFkwWR0UwAAYWF3
 原作、得能先輩のイラストいいよね…。

ひふみ・青葉・うみこ・ねね
 4人が軸で、前回落ち込んだコウは指導役、単に絵が上手いだけじゃないと見せつける事に
 そしてイラスト、完全に夏の天使じゃないですか!
 ひふみ先輩、麦藁帽子かわいすぎる!
 腋!

2017年7月25日 NEW GAME!! 2期 第3話「……うー、恥ずかしい!」

00016
00150
00281
 謎の「岡田」、ねねの友達? 金髪店員さん? 新人cv貫井 柚佳さん

スタッフ
 脚本:永井真吾
 絵コンテ:藤原佳幸(監督)
 演出:山﨑みつえ
 作画監督:小倉寛之・三島千枝・上野卓志
 アニメ制作:動画工房(今期2作制作)
 原作:得能正太郎/4コマ漫画

あらすじ
 コウと二人で調整し、決定はアートディレクターであるコウが行うという条件付きではあるが、念願叶ってキャラクターデザインを任されることになった青葉。キャラコンペで描き上げたデザインが、すでにひふみの手によって3Dモデルになっているところを発見した青葉は、デザインで質問があれば何でも聞いてくださいと話す。そんな時間があるなら早くデザインを進めるようにとコウに注意される青葉だったが、3Dモデルを前に議論を交わす先輩たちを見て、キャラデザとして何か発言しなければと焦り始める。

やってみて恥ずかしくなった青葉、力尽きたひふみ先輩!

00121


















































00004
00021
00088
00111
 サブタイは、ひふみとの会話中の「恥ずかしい!」より。

半人前の大役
 一足飛びにキャラデザへ、かえって、今まで見えてなかった先輩勢の凄さが解る回
 冒頭から、ひふみ先輩の容赦ないブラチラ!
 カメラさんもっと下!

 今回も、青葉が思い切り凹む前に、視聴者のテンションを上げたかったんでしょうか

 映画を糧に、ゆん先輩もカッコ良かった!
 ダメだと解った上で、「恥ずかしい」と立ち直る青葉もぞいぞいしてた!!

 次回、第4話「?」

NEW GAME! 感想 2016年7月~9月放映

 NEW GAME! 第1話「なんだかホントに入社した気分です!」
 NEW GAME! 第2話「これが大人の飲み会……」
 NEW GAME! 第3話「遅刻したらどうなるんだろう」
 NEW GAME! 第4話「初めての…お給料…」
 NEW GAME! 第5話「そんなに泊り込むんですか?」
 NEW GAME! 第6話「発売……中止とか?」
 NEW GAME! 第7話「新人の教育は しっかりしてください」
 NEW GAME! 第8話「夏休みだぁああ!!」
 NEW GAME! 第9話「出勤しちゃいけないんですか?」
 NEW GAME! 第10話「正社員って お給料を安くするための法の抜け穴…」
 NEW GAME! 第11話「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」
 NEW GAME! 第12話「ひとつ夢が叶いました!」【最終回】


 NEW GAME!! 2期 第1話「恥ずかしいところを見られてしまいました…」、ひふみ
 NEW GAME!! 2期 第2話「これじゃあただのコスプレだにゃー!」、はじめ&青葉
 NEW GAME!! 2期 第3話「……うー、恥ずかしい!」、うみこ
 NEW GAME!! 2期 第4話「この…にぶちんめ!」、りん
 NEW GAME!! 2期 第5話「や、変なとこ触らないでよ!」、ゆん・れん・みう三姉弟
 NEW GAME!! 2期 第6話「あぁ……すごいなあ……」、青葉、ねね、ほたる
 NEW GAME!! 2期 第7話「凄く熱い視線を感じる」、しずく、クリスティーナ
 NEW GAME!! 2期 第8話「メイド喫茶がいいと言ったんだよ」、青葉&紅葉
 NEW GAME!! 2期 第9話「シャツくらい着なよ!」、ゆん&はじめ ※山田回
 NEW GAME!! 2期 第10話「どんどんリアリティが薄くなっていくんだよ」、紅葉&なるっち
 NEW GAME!! 2期 第11話「心になにか抱えてるのか」、ねねっち、なるっち、うみこさん ※山田回
 NEW GAME!! 2期 第12話「ぜひ買ってくださいね!」【最終回】、コウ&青葉