公式サイト ゲーマーズ! 第2話 感想 上原祐と強くてニューゲーム レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
いい最終回だった! 残念なんてとんでもない、祐を軸に魅力溢れる回だった!!

00328
00454
第2話にして、“男友達”視点の挑戦的な構成! でも最後の約束されたどんでん返し含め
 レギュラー5人中の4人、全員の魅力が伝わる面白い回だった!
 OPも締めでも、ゲーム要素もたっぷりだ!

 周囲を色眼鏡で見てた、と気付かされた祐、ご褒美は最高の彼女だったね!

これからが本当の残念だ…!
 出番は数分、天道さんの残念可愛さも最高でした! 心を折られるオチがまた良いね!!
 亜玖璃さんが、実はすごい努力してたのも健気
 OPの魔法使い千秋かわいい!

 幸せに気付いた祐に爆笑、最後の笑顔が良い締めだった!

相変らずドヘタだけど、景太くんホント幸せそう

00400
 リア充なんて呼び方は侮辱。実は彼女も努力していた、貴重な“ノーマル”亜玖璃!

格ゲーのドヘタ博覧会
 改めて、「一緒にゲームする」「ゲームを語り合う」ことが好きだと強調、本筋も一歩前進。
 実在するゲーム、ペルソナをフルに描写したのも見所でした
 題材をちゃんと描くのって好き。

 こじらせた、対人観での「努力」が、結構テーマなんですね。

エンドカードは狐印先生! 水着はノルマなの!? どうなの!

00491
 先ごろ完結した、ニャル子さんイラストレーターさん

あらすじ
 上原祐は、ゲームに夢中で、クラスで人間関係を築こうとしない雨野景太に苛立っていた
 その気持ちは、偶然、ゲーセンで彼に出会った事で複雑化する
 見てられず、一緒に回ったら楽しかったのだ

 実は祐は、中学時代に“ガリベン”と色眼鏡で見られ、高校デビューしていた

 昔の自分を見てるようで苛立ち
 しかし、卑屈な雨野と激論を交わした末、自分こそ色眼鏡で見ていたと知る

 二人は友情を育み、祐は彼女の亜玖璃にマジ惚れし、天道さんは残念化した。

 次回、第3話「?」

上原祐『なーんだ、コレ…

00286
 学内ヒエラルキートップの美少女が、モブに振られる場面を目撃し
 生徒達は、内心で総ツッコミを入れてしまった
 つまりどういう事なんだぜ?

 天道花憐、転落人生の始まりであった
 
単純だけどやめれない♪ やりたい やれないまま いられない♪

00000
00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
00015
00016
00017
00018
00020
00022
00023
00024
00025
00027
00028
00030
00033
00034
00036
 主題歌は、天道花憐(金元寿子)、星ノ守千秋(石見舞菜香)、亜玖璃(大久保瑠美)のcvソング!

GAMERS!
 版権が心配になるオープニング! ドラクエ3のゾーマだったりタスクさん大活躍!!
 ゲームの連続で、懐かしさが湧きあがってきますね
 久々にやりたくなる!

 ラストのゴーレム退治に作画が全振り! 魔法少女さんかわいい!!

 登場が楽しみですねー
 前回でも、チラッとじっとりと出てたけど!

 制作元パインジャム、巨大モノ退治の作画がやっぱり良いわ!!

第2話にして、サブタイを持ってくタスク君!

00037
 今回も冒頭から登場、前回で「残念」と予告されたイケメン回
 この調子で、メインキャラが回っていくのね!
 天道さんは最後かしら? 

え? 何々天道さん泣いてなかった!?

00038
00039
00040
00041
00042
00043
 でも何かさ…、ちょっとムカつくよね。/おこぼれ貰う立場で、上から目線とか…。

主人公:雨野景太
 やはり恋愛沙汰と誤解されたが、ちゃんと「部活の話」とも伝わったし、何より天道だった
 学内アイドルに上から目線、雨野は気に食わない
 と

 くだらね

 クラス内で敵視された雨野
 しかし、そんな空気にバッサリ吐いたのも祐だった

 もちろん、すぐ誤魔化してしまうものの…

祐『あ、あいつの人生くだらなそーだなーって!』

00046
 クラス内浮くのが嫌なタスクは、すぐに「雨野って下らない」と修正したが
 残念どころか、陰口にバッサリ行くのがスカッとしますね!
 雨野くん自身にも向けられてますが

 後から思うと、ますます「ああ」と思う一幕

祐『(…クソが!)』

00048
00050
00051
00052
00053
00054
00055
00056
00058
00059
00060
00063
 入ってくるなり、祐パワー充填!と膝に乗る亜玖璃さん、めっちゃ可愛い!

彼氏彼女の事情
 ただ、不本意でも「空気」に合わせる祐には、マイペースな雨野はムカつく相手だった
 理由は、それだけでもなかったが…
 で

 あの天道さんがフラれたーって!

 広がる悪評…
 天道さん、彼女自身が「周り」に無頓着なのも明らかですしねえ…

 また、祐が「亜玖璃」にそっけないという話も

タスク『(…そもそも、断る理由がなかっただけだし)』

00064
00065
00066
00068
00069
 亜玖璃が、祐のこと大好きだからいーの!

LOVE IS OK!
 可愛い亜玖璃と、付き合っているのが自慢の祐だが、扱いは軽かった
 前回も、「頭は軽い」みたいに言ってたし…
 でも

 いーの! 一緒にいるだけで幸せだもん!!

 とは亜玖璃の談
 告白時、そのまま雪まみれになった亜玖璃に呆れたエピソードも

 何この子、コントなの!?

祐『定員オーバーだろそれ? じゃあトイレー』

00071
 放課後仲間がプリクラをはじめるも、納まりきれないのを理由に
 一人、ゲーセン内をさ迷い出す祐
 彼、前回は満足気でした

 しかし、自由に物が言えない空気に、イライラしてる面も…?

上原 祐『…見てんじゃねェよ

00072
00073
00077
00078
00079
 中学時代、絵に書いたような真面目系眼鏡だったのね

上原ですが?
 クレーンゲームが得意な祐も、やはりゲーム好き、中学時代は没頭してたらしい
 それが災いし、クラス内八分に陥ってしまった為
 高校デビューした、と

 ったく、いつまで見えんだ。この幻は…

 今は演じてるだけ
 友達にしても、自分を嘲笑ってた連中を嫌でも連想するでしょうし

 そりゃ落ち着きませんわな…。

祐『…って、お前かー!

00083
 ここで渦中の雨野、何を思ったか接触してくるファンサービス
 ツッコミ! この子ツッコミ体質だわ!!
 貴重な常識人だったか

問題の雨野『上原くん…、ゲーム好きなの?』

00087
00089
00090
00093
00096
 あ…、このゲーム。やった事ないけど、有名だろ? コレ

パラダイム・オブ・ファンタジア
 明らかにテイルズ! ふと懐ゲーをクレーンゲームで取った祐は、雨野に熱弁されてしまう
 曰く、当時は酷評されたけど完成度高いよ!
 と

 いや…、お前にお薦めされてもな…。

 コレ、まんまだと思ったら版権とらなかったんですね。
 いやあ絶妙なオマージュ…。

 雨野くん、やっぱゲームの話だと変人だ!

雨野『じゃ、じゃあ! 僕はこれでっ!!

00098
 単に、ゲームが目に付いたから、パクっと食いついただけだったらしい
 雨野くんったら、ダボハゼ!
 目がないのね! 

 てっきり、「ゲーム好きそうだから友達になりましょうマキマキー!」って、下心なのかと。

タスク『…何してんだ、あいつ…? もしかして…』

00100
00101
00103
00105
00106
00110
00112
00114
00116
00119
 どんだけ積極性ないんだコイツ…。

P4U2 - ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド
 祐が察した通り、雨野君、好きなゲームの新作目当てにゲーセンまできたものの
 デモ映像とか、ゆっくり見るのが申し訳なくて…
 と

 天道をキッパリ振った奴とは思えんな…。

 ゲーセンのゲーム
 本当は、プレイする前にデモとかゆっくりみたいのね。

 付き合う祐君ってば、お人よし!

祐『お前って、テンドーと、どういう関係なワケ?』

00120
 てなワケで、タスクが付き添ってくれて、ようやくゲームが見れた景太くん
 彼の質問に、まるっと答えてしまった
 と

 人の良い祐、雨野は敵視されてるのに…、すごくハラハラします…!

『たすくー…、戻ってこないなら、亜玖璃かえっちゃうぞー…』

00123
00125
00126
00127
 あの人…?

君の名は
 一方、とっくにプリクラを終え、待ちくたびれていた亜玖璃はといえば
 こっそり、ゲーセンに来ていた天道を目撃
 まったく忍べていない…!

 ニンジャ失格!

祐『ふーん、ゲーム部ねえ…。そんな部活、ウチにあったんだな』

00132
 雨野はゲームを語れる友達が欲しい、けど、ゲーム部は何か違う
 その「違い」が、うまく説明できない雨野君
 軽くイラッとするタスク!

雨野『ちょーどあいたよ、上原くんっ!』

00135
00138
00139
00141
00145
00147
00150
 ふん…、オレ様の美技に酔いな…!/うん! お手柔らかにっ!!

P4U2!
 こっちは実在「ゲーム」そのまんま! ウキウキの雨野と、冷静なタスクの激突!
 雨野、彼女さんよりは上手いらしい
 が 

 でも、あーいうのより、雨野みたいのがパターン読みやすくて楽なんだよな…

 テキトー亜玖璃かわいい!
 読めねェ!

 レバーガチャ、レバーをガチャガチャやるだけの亜玖璃!

祐『ま、実際……』

00152
00153
00154
00155
00156
00157
00158
00159
00160
00161
00164
 うわー、上原くん強いなぁ!

ファーストバトル!
 雨野くんによるヘタクソプレイ博覧会、格闘ゲーム下手って、こう見られていたのか…
 主人公キャラを使うのも、その一つかもですね
 で

 オメーが弱ェんだよ!

 強力技や飛び道具
 そうした、「便利な技」はリスクがつきものなワケで

 硬軟織り交ぜてこそ熟練者なのか…。

祐『(格ゲーひとつで、何がそんなに楽しいのかねえ…)』

00168
00169
00172
00173
00174
 それにしたって、弱すぎるッ!

祐が失ったもの
 ほぼ完封負けでも、祐の強さに感動し、もう一戦と食い下がる雨野!
 ボッコボコでも、大騒ぎ!
 で

 今時、小学生でも、もっと裏かいてくるぞ!?

 さすがヌルゲー王・雨野君…!
 とはいえ、楽しそうな彼に「中学時代の自分」を重ねるタスク

 祐、いい奴じゃねェか…!

楽しかったねー! 上原くーん♪

00176
 そして凹むどころか、「やったぜ!」状態の雨野くん
 勝敗二の次、楽しんだが勝ち!
 ガチ勢に馴染めぬ訳よ!

上原祐『……で?

00178
00181
00182
00183
00184
00186
00187
00188
00190
00193
00195
 で? 次は何やるよ。俺が勝ちっぱなしじゃ、面白くねェだろ?

最高に男前
 祐さん良い男すぎる…、前回、勝ち誇って「残念」とか言われてたのはどこへやら
 この気遣い、基本的にお人よしなのね
 で

 お前、独りじゃ無理だったゲーム、片っ端からやる気だろ?

 解ってらっしゃる!
 雨野君にしても、長年の夢が叶ってるんでしょうね。

 もうお前ら結婚しろとしか!

祐『そういや、こんな事…、前にも』

00196
 これまた典型的な地味子を思い浮かべるタスク
 視聴者的に、「あっ…」って感じですが
 当人は気付かず

 こんなの絶対惚れますわ

祐『…何やってんだ、コイツ?』

00198
00199
00200
00202
00203
00207
00209
00211
00215
00216
00220
00223
00226
00228
00230
 あ、雨野くん! 私はまだ諦めたわけ…、じゃ……?

ずっと彼を尾けてました
 しかし、祐を探しに仲間達が現れてしまい、気付いた雨野はそそくさと退散してしまう
 また、亜玖璃はずっと祐に電話していたのだが…
 と

 あ、スマン。気付かんかった…。

 どんだけ楽しんでたのか…。
 そして、どんだけ残念な方向へと走っていくのか…!

 気付かれない残念天道さん可愛い!

『…悪ィ、俺ちょっと用事できた! すぐ戻る!!』

00231
 しかしこの事態に、バッグを預けて雨野を追うタスク!
 祐さん、そこで走っちゃう男か!
 そりゃ惚れるわ!

 何やってんだよ俺!って、頭で分かってるのが更に男前だった!!

祐『雨野! …何で逃げたんだよ!!

00232
00233
00234
00237
00239
00244
00248
00250
00252
00252
 ていうか…、だって、僕なんかと一緒にいたら困るでしょ? 上原くん…、リア充だし

青信号
 雨野が「逃げた」のは、上原祐が、自分と同類に見られちゃダメだと気遣っての事
 彼なりの、優しさからだった
 が

 ホントこいつ…、見れば、見るほど…!

 激昂するタスク
 雨野の答えが、半ば分かってたから追いかけたのか

 彼が何より怒ったのは…、と

『ふざっけんな! …そんな言葉で、他人を括ってんじゃねえぞ!』

00256
00257
00258
 俺が充実してるように見えるのは、それは俺の努力だ!

図星
 中学時代、「ガリベン」と見下され、今も必死に“努力している”事をブチまける祐
 安易に「キャラ付け」される苦しさを知っているから
 だから

 リア充なんて、見下した呼び方される覚えはねえ!

 冒頭で我慢したように
 彼は、グループにいる為に必死に“努力”してる

 だからムカつく!

『どうせお前は、“独りでゲームして過ごすほうが、何倍も有意義だー”とか思ってンだろ!』

00263
 おそらく中学時代、祐自身も思ってたから、それが「見下してる」と解る
 リア充、「自分と世界が違う」と雨野に区別され
 距離を置かれてムカついた

 だけど祐は、実際“リア充”になってみて、それが苦しい事を知ったと。

『そもそも、ゲーム如きに何マジになってんだよバカバカしい!』

00267
 追及は終わらない、そうやって、「世界が」「スタンスが違うから」と距離を置くのは
 雨野が、内心で「リア充になりたい(けど、努力したくない)」と思っている事も
 ゲーム部に、入りたい事だって解る

 今日の雨野を見れば、「スマホゲーだけでいい」と思えるはずがない!

『そう言う意味じゃ、天道のゲーム部ってのもバカみてえって思うのは、俺も同じだけどな!』

00273
00274
00277
00282
00286
 撤回してよ! 今、言った事を!!

イケメン終了のお知らせ
 しかし元ゲーマー上原祐選手、発言の大暴投により、雨野選手の肉体言語に!
 ゲーム部バカにしたのはやりすぎだった!
 と

 バカにしていいはずがない!

 だって一生懸命だから
 雨野自身、「ああなれない」から一歩引いてしまったけど!

 とりあえず死にそうだから許してあげて!?

雨野『天道さん…、本当に良い人なんだ…』

00289
 自己評価の低い雨野にすれば、自分なんかを、二度も誘った天道は天使で
 部の皆だって、ド下手の自分を受け入れようとしてくれた
 悪いのは「努力」できない自分だと

 だから、天道たちをバカにする事だけは撤回して欲しい、と

祐『(何だよ…、勝手に重ねてイラついて…、バカみてえじゃねェか…)』

00292
00295
00301
00303
00304
00308
00310
00314
00316
00317
 あの…、リア充なんて言い方して、ごめん…。

景太と祐
 何より祐が否定した部分は、「ゲームが好き」で、周りを否定していた過去の自分
 でも周りに流され、捨ててしまった自分とは違うんだな
 と

 昔の俺なんかより、あいつの方が…、ずっと…!

 そこを評価する貴様こそカッコイイよ…。
 祐、ナイスガイ…。

 何だよ、欠片も残念じゃねえぜ…!

祐『(あー…、えらいもん見ちまった)』

00325
00326
00329
00328
00330
00334
00335
00338
00339
00341
00345
00347
00348
00350
00351
00352
 我が校のアイドルが、なんとまあ…。…こうも解りやすく恋に落ちるとは

天道花憐でございます!
 やはり、「ゲーム部」への愛を叫んだ雨野に、天道さんは完全にアイドル・ジ・エンド
 序章は終わり、これから本格的に残念に
 と 

 二人の恋は、無駄に応援してやろう…。雨野へのイヤガラセも兼ねて

 無駄に応援する男!
 一連の天道さん、爆発的な可愛さだった!!

 スゲーな今回、数分の出番なのに!

残念その2『忘れてた…!

00356
00354
00357
00360
00364
00368
00369
 なあ亜玖璃ー…、お前、俺の何処に惚れて告ってきたワケ?

忠犬亜玖璃
 ゲーセンで、ずっと待っていてくれた亜玖璃に、つい「本心」を尋ねてしまう祐
 失望前提の質問でした
 と

 どうせ、顔が好みだったー…、とかそんなんだろ

 実は根がマジメな祐
 この半年でも、「友達付き合い」しかしてないらしい

 上っ面の付き合いに飽きたってフウですが…。

それはねー? たすくがカッコ良かったからだよ?

00372
 亜玖璃にぬいぐるみをとってくれた、中学時代のたすくがね♪
 予想を外さず、想定を越えた返答に仰天するタスク
 つまり「視聴者お察しの」事態!
 で

たまーに、ここでゲームしてるたすくが、ホント楽しそうで♪

00375
00377
00381
00383
00384
00387
00390
00392
00397
00398
00399
00400
00402
00403
00404
00406
00409
00412
00413
00415
00417
00418
00420
00423
00425
00426
00427
00434
 中学時代!? あんな…、俺の暗黒時代にあんな事?!

亜玖璃様がみてる
 雨野を否定したように、中学時代、祐はゲーセンで「凄く楽しそうに」していたのだ
 そして、ムシャクシャした時につい…
 と

 中学時代から見ていてくれた?! あのダサかった俺を!?

 中学時代、ぬいぐるみが欲しかった訳じゃない
 彼女は「楽しそうな祐」に見惚れ、祐は誤解してぬいぐるみを渡したと

 高校デビューした彼に、ビックリして合わせたのだ、と

あいつ、あんなに可愛かったっけ!?

00435
 この看板オチ! 祐、「頭カラッポ」だと思い、突き放していた亜玖璃が
 本心から、自分を好きでいてくれたと知り
 ベタ惚れモードに突入

 オメー、完全に主人公じゃんよ!

…よー、雨野

00436
00441
00443
00447
00449
00453
00454
 何か機嫌よさそうだな。良い事でもあった?

肩こりの終わり
 翌日、出会いのきっかけになったゲームの感想、またお薦めを教えてくれと縁を作る祐
 それに「色眼鏡」は、たぶん亜玖璃だけじゃなかった
 と

 最近さー、ゲームが面白ェんだよ♪

 チャラ男の友達二人
 でも彼らも、「嫌われ者の雨野」と友達だった祐に笑いかける

 悪い奴じゃないだろうなって結末だった!

かっこ悪さを極めた先に 自分らしさを♪

00456
00457
00458
00459
00460
00461
00463
00464
00465
00466
00467
00469
00470
00472
00473
00474
00477
 作詞は「ハヤテのごとく!」などのKOTOKOさん、でも歌は違う方々なのね。

Fight on!
 えらく甘い歌声ですが、声優ではなく、アイドルグループのLuce Twinkle Wink☆さん担当
 男二人のセット扱い!
 笑うわ!

 恋に挑む少女の歌で、イラスト的にもヒロイン勢!

 彼女、髪を切るんですねバッサリと!
 後ろからバッサリだ!

 どいつもこいつも!

『天道さん、どうしたのかしら…』

00479
00480
00481
00483
00484
00485
00486
00487
 今日は天道さんじゃなくて、別の女の子に会いに来たんだっ

完全にドリフ
 後日、完全に残念ヒロイン化した天道さんは、「自分を訪ねてきた!?」と誤解
 誤解だったと知り、心折られることに…
 と

 あ゛ーーーーーー!(金タライの落ちる音)

 前回でのスマホゲーの相棒
 つまり次回は、彼女のメイン回ってわけね。断髪式まったなし!!

 ごっつぁんです!

コミカライズの高橋先生が、エンドカード的なイラストを!

DFMQds5UMAAmcwl
 一途な子なのかなー、と思った以上に一途な子だった亜玖璃さん
 キャラデザ、チョークをつけていますけれども
 何というか首輪っぽい。

 そして本格的に壊れだしたヒロイン!

2017年7月20日 ゲーマーズ! 第2話「上原祐と強くてニューゲーム」

00013
00216
 YAL/CHst.社が制作協力、横浜アニメーションラボの略称?

スタッフ
 脚本:内田裕基
 絵コンテ:川村賢一
 演出:安部元宏
 作画監督:王國年
 エンドカード:狐印
 アニメ制作:パインジャム
 原作:葵せきな/ライトノベル
 制作協力:YAL/CHst.

次回は再び景太くん主軸? 彼に対する第2のヒロイン、その性格は…?

00354
























00491
 エンドカードは、「ニャル子さん」の狐印先生、クトゥルフ神話TRPGリプレイにも参加。

黒亜玖璃可愛い!
 雨野に昔の自分を透かしてみたり、亜玖璃を、バカだと思い込んでいたり
 彼もまた、こじらせていた祐、目の鱗が落ちる瞬間だった!
 祐くんかっけー!

 これからは友達と、気負わずに付き合えるんだろうなって清々しい!

 こじらせ青春コメディって事で
 天道さんの勧誘も含め、「対人」の成長も大きなテーマなのね、ゲーム作品だけに!

 次回、第3話「?」


 ゲーマーズ! 第1話「雨野景太と導かれし者達」深遊
 ゲーマーズ! 第2話「上原祐と強くてニューゲーム」狐印
 ゲーマーズ! 第3話「星ノ守千秋とすれ違い通信」ニノモトニノ
 ゲーマーズ! 第4話「INTERMISSION 天道花憐とスランプ・デイズ」切符
 ゲーマーズ! 第5話「亜玖璃と通信エラー」NOCO
 ゲーマーズ! 第6話「ゲーマーズと全滅ゲームオーバー」なまにくATK
 ゲーマーズ! 第7話「天野景太と天道花燐の最高の娯楽」四季童子
 ゲーマーズ! 第8話「エロゲーマーと観戦モードゲーマーズと半生ゲーム」睦茸
 ゲーマーズ! 第9話「星ノ守千秋とアカウントハック」よう太 ※エンディング変更
 ゲーマーズ! 第10話「ゲーマーズとネクストステージ」つなこ
 ゲーマーズ! 第11話「ゲーマーズと青春コンティニュー」なかじまゆか
 ゲーマーズ! 第12話「INTERMISSION × ゲーマーズと課金トーク【最終回】」仙人掌