公式サイト 捏造トラップ−NTR− 第3話 また練習しよっか 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
青春明暗、藤原にバレた蛍。蛍で頭が一杯の由真、次回、初体験に…?

00028
00020
由真が本気で拒めば何も出来ない、核心を突き、そしてバレてしまう蛍の風呂回!
 主導権は蛍にあるようで、最初から由真が握っていた事を責めますが
 落ち込んだ蛍、言う気はなかったのか?

 初エッチ旅行に“泡踊り”、正しいNTRり責めだとか蛍さん攻める!

そこに気付くとは
 藤原は弱みを握り、武田も青春の迸るパトスで、次回は揃って事後に…?
 由真役、加隈亜衣さんに喘がせすぎィ!
 作画ちょっと辛い!

 藤原と蛍、武田と由真、青春の明暗って感じだった!

エンドカードはmerryhachi先生! 同じ「コミック百合姫」連載作家先生

00127
 絶妙に乳首隠し。柴犬とすーぱーそに子が好き、との事。ツイッターはこちら

あらすじ
 冬、由真は「蛍と行く」と親に嘘をつき、武田&藤原と泊り込みでスキーに出かけた
 つまり、初エッチの覚悟を決めての旅行だったが
 蛍が全裸で由真を責める

 しかし、蛍は「由真こそ、本心では嫌がってないくせに」と口にしてしまい…。

 立ち聞きした藤原は蛍に迫り
 今夜こそ、武田にも童貞を捨てさせてやれそうだとほくそ笑む。

 次回、第4話「?」

由真『冬休み、親には“蛍と二人”って言ってあるけど…』

00000
 武田と順調に交際を深める由真、前回は、彼に「泊まりに来い」と誘われ
 何とも、微笑ましい模様を展開した由真だったが
 遂に覚悟を完了…?

 一方、デート中に身体を許さなかった蛍は、藤原に思い切り舌打ちされた

蛍『由真ちゃんの、初エッチ旅行だね?』

00002
00003
00004
 本当は武田と藤原も一緒だ…。

初エッチ旅行
 季節は真冬に入り、親に嘘をつき、彼氏とダブルデート旅行に出た由真たち
 蛍の言葉に、オブラートというものはない!
 と

 お母さん、悪い子でごめんなさい!

 性的な意味で、少年誌を置き去りにする展開の早さ!
 今時の子は進んでますね

 オタッシャデー!

蛍『わー♪ 誰もいないよー♪ 貸切だね♪』

00006
 主題歌明けの容赦ないサービスシーンに、何故か爆笑する一幕
 イヤァ! 本当に展開が早いですね!
 湯気が濃い!

由真『う、うん…(って! なに意識してんの!)』

00005
00007
00008
00010
00009
 最近、蛍が変なことばっかしてくるから…、にしても。奇麗な身体だな…

フル・フロンタル
 というのも蛍、湯気で解り難いが、一糸まとわずに風呂場にいるのだ
 彼女にしてみりゃチャンスだからね!
 で

 もー、女同士で何恥ずかしがってるのよ?

 肌は白く奇麗できめ細かく
 背は小さいくせに、胸は大きいとかいう…。

 この「男好きする感じ」も、女子に嫌われる要因なのでしょうけれど

今夜、武田くんにも見られるのに?

00012
 生々しい事いうなァ!
 実に、からかい上手の蛍さん
 由真さんは隙だらけ!

 生々しいこと言い出したら、この程度じゃすまねえけどね!

だ・か・ら? キレイに洗っとかないとね?』

00013
00014
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
 やば…、変な気分になっちゃうじゃん

渾身の濡場
 思春期、久々の一緒の入浴に、ただでさえ意識していた由真を裸に剥き
 容赦なく手で、胸で洗うソープサービス…!
 と

 洗ってるだけなのに、何エッチな声だしてるの?

 出なかったら不感症である
 手で洗うどころか、どうみても胸で洗いにかかっている蛍さん

 素人による、風営法が必要なプレイ…!

武田『由真ー! ごめん! シャンプー持って忘れた! 使い終わったら貸してっ!!』

00024
 そして絶妙なタイミングで声をかける武田、もはや職人芸である
 壁の向こうで、彼女さんが大変な事になってますよ!
 カーテンの向こうで何をしている!

 愛する者のすぐ傍で、気付かれず辱める事こそ、NTRの醍醐味ともされる

『あんまり大きな声出すと、あっちに気付かれちゃうかもね?』

00025
00029
00028
00030
00032
00033
00034
00035
00036
00037
 そうだ…、どうせだから、また「練習」しよっか?

時を「消し飛ばす」
 そのまま“痛くないように”、と抱きついてきた蛍さんは、一体ナニをしたのか…!
 容赦ない場面変更が視聴者を襲った!
 と

 武田君とスる時、痛くないように…。

 つまり、充分にほぐしたという事でしょうか
 完全に濡れ場

 同性でなければ危なかった…。

『あれ? 怒ってるの?』

00038
 当たり前でしょ…、犯されるかと思ったわ!
 貞操死守を、視聴者に伝えるファンサービス
 意外に防御力が高い

 或いは、蛍さんは土壇場に弱いのか。

蛍『あんなの冗談だよー、だから挿れなかったでしょ?

00040
00041
00042
00043
00044
 蛍のバカ!

輝く関係
 しかし、百合百合しい二人を疑う藤原の影!
 疑いを深くした藤原は…
 と

 ほらー、これ冷たくて気持ち良いよ?

 蛍は「この関係」が理想な気が。
 彼氏を作るのは、それがいけない事だと、見切りをつけたいからなのか?

 当初は、藤原も了承済みの関係なのかと思ってましたが…。

武田『由真ー! のぼせたって? 大丈夫?』

00045
 そして一人だけ蚊帳の外の武田、武田って良い子なんですよね
 藤原は、前回で伝えかけましたが
 今後はどうするのか

武田『えっと…、これから、どうする?』

00046
00047
00049
00050
00051
00053
00054
00055
00056
00057
 明日もいっぱい滑りたいし…、おやすみっ!

SD藤原
 このまま、残り時間一杯、由真と武田の濡場突入かと思ってましたが
 やだ由真ちゃんってば、チキン!
 チキンライス!

 私と、あんなに色々シテるのに…、いまさら?

 力尽きる武田
 こういう時、藤原いい奴ですよね…。

 藤原が過去最高に可愛い

蛍とは女同士だし! 友達だし!!

00058
 途端に曇る蛍。由真さん、性別を男にしても全く違和感ないキャラしてるし
 普通に、男女別々の幼馴染だったらねえ…。
 きっと放送できない事案に

 彼女が出来たと喜ぶ由真(男)に、練習を迫る蛍さん。すごく違和感がない…!

武田『はぁ…、拒否られたぁ……』

00059
00060
00062
 ごめんなー…、こっちのせいで、お前らを二人きりにしてやれなくて…。

天使と悪魔のルームシェア
 落ち込む武田ですが、自分のせいで、藤原もヤレないだろと心配する大天使武田
 しかし藤原、「別にそこまで懸けてないし」
 と

 非童貞の余裕!?

 実際どうなんでしょ。
 口調からすると、散々ヤッてる感じなんですが。

 しかしSD可愛いな藤原

武田『あー、しょうがないか。向こうもたぶん初めてだし…』

00063
 由真もきっと初めてで緊張してる、そう思いたいという武田
 ある意味、童貞の王道を行く優しさかもしれません
 本当に初めてじゃないのかな…?

『それだけが理由じゃないかもしれないけどな』

00064
00065
00066
00067
00068
00069
00070
 由真ちゃんってば、世話が焼けるんだから…

アストレイ
 思わせぶりを繰り返す藤原、果たして彼は、スマホで何を見ているのか?
 他方、由真も武田同様に謝っていたが…
 と

 感謝してるよ? 蛍が親友で良かった…

 頬を寄せる蛍
 こうした、てらいない感謝も由真の魅力でしょうか

 しかし距離感が近いな…!

由真『今日はこの後、上に行ってみなーい?』

00071
00072
00074
00075
00076
00077
00078
00079
00080
 由真ちゃん! すべり方教えて? 昨日、上手く滑れなかったんだもーん♪

ちょっとだけ!
 健やかに、武田と距離を縮める由真に、蛍は「滑れない」と二人きりへの攻勢に
 これを、嘘だと思わない視聴者はおるまい!
 で

 由真ちゃん、私より滑れてるじゃなーい! ね?

 折れる由真
 いわく、藤原は「教え方が怖い」らしい

 どっちが恋人だか分からない!

いったーい!

00083
 由真ちゃん、起こして?
 甘え上手な蛍さん
 ホント

 これに手を貸す由真こそ、お人よしなんですが…。

由真『ちょっと! 何すんの…

00082
00084
00086
00087
00088
00089
00090
00091
00092
00093
00094
00095
00096
00097
 勝手に? そうかな、由真ちゃんに本気で抵抗されたら、私、何も出来ないよ?

そういう事
 やはり狙った蛍だが、風呂の時といい、由真が抵抗しないことを強く指摘する
 体育会系の由真が、拒んだら終わりの話なのに
 と

 由真ちゃんには、その方が都合が良いものね?

 自分は蛍の被害者
 被害者ぶって、楽しんでるでしょと攻める蛍ですが…

 藤原、木陰のナイスガイ…!

終わったー? じゃあ、今度こそ上行くかーっ♪

00098
 そして同じく、定番化した武田の青春パート
 彼は、一人だけ世界観が違う…!
 で

『(何なの…、蛍の奴…。蛍は昔から気まぐれで、こちらが困惑するような言動ばかりしてくる)』

00099
00100
00101
00102
00103
00104
00105
00107
00106
00109
00110
00112
00113
00114
00115
00116
00118
00119
00120
00122
 武田も可哀想だよなぁ…、何も知らないで、あの女に振り回されて

藤原トラップ
 隣の武田より、蛍で頭が一杯になる由真、言いすぎた事にか落ち込む蛍?
 しかし、遂に藤原が確信を…
 と

 これで武田も、今夜やっとヤレるんだから

 座るのかよ!
 と思ったが、「今夜は蛍を引き止める」という事

 藤原と蛍もこのまま…?

次回、遂に由真を抱き敷いた武田ですが…?

00123
00124
00126
 侵掠すること火の如し、風林火山の武田の教えは遂に由真を捉えるのか…?

蛍さん断髪式
 次回、予告の由真さんが色っぽいですね! とまれホントに致すのかどうなるのか
 蛍が髪を切ってますし、武田は本当に…?
 ただ、由真のあてつけ感も

 蛍が藤原とヤるなら、あたしもやるわよムキー! って感じが…?

彼氏の前で嬲られていく由真さん、原作でも人気シーンらしい

DEqlWxAUwAAj2Ef
 効果音のソフト感がヤバ

正しいNTR
 由真の喘ぎとジレンマが…、蛍によれば、本気でイヤなら振り払えるはずですし
 蛍を、色んな意味で振り払えない複雑の気持ちが
 とてもNTR。

 泡が絶妙な仕事をするシーンである

今回の原作者さま放送前待機は、わくわく風呂回!

DFF573aUQAAkO4s
 タオルの使い方に性格が出てますよね(真顔)

この後むちゃくちゃ
 毎度ながら、このあと由真ちゃんは全国的に晒し者になるんだと思うと、少し笑えます
 視線がもう既に!

 こうしてみると、ホント一回り違うんですね。

2017年7月19日 捏造トラップ -NTR- 第3話「また練習しよっか」

00040
 9分と長めですが、今週も原画2人。ただし仕上げ要員は多数

スタッフ
 絵コンテ:おゆなむ、岩田幸子
 演出:柴田匠
 作画監督:萩原省智
 エンドカード:merryhachi
 アニメ制作:Creators in Pack.Inc
 原作:漫画/コダマナオコ/一迅社/コミック百合姫

エンドカードmerryhachi先生は、「立花館ToLieあんぐる」連載中!

00082






























00127
DFE3QszUAAACeFc
 デレマス系の同人誌でも活躍中らしく、夏コミも楓さん本&ゲストでイラストを寄稿されたとか

エンドカードいいよね…
 後、上の楓さんの浴衣ゲストイラストがすごく良かったですが、それはそれとして
 遂に気付いた藤原、そのまま押し倒すかと思いきや
 次回、「事後」ってパターンでしょうか

 もしそうなら、由真も遂に武田に身を任せてしまうのか…?

 由真が本心じゃ嫌がってない
 改めて確定ですが、「そこまで言う気じゃ…」って事なのか、蛍が辛そうだったのも印象的

 このまま互いにヤッてしまって、気まずくなっちゃうでしょうか?

 次回、第4話「?」


 捏造トラップ−NTR− 第1話「女の子同士のヒミツ」コダマナオコ
 捏造トラップ−NTR− 第2話「あの二人ってさ…」シロガネヒナ
 捏造トラップ−NTR− 第3話「また練習しよっか」merryhachi
 捏造トラップ−NTR− 第4話「…私も浮気してるし?」ありいめめこ ※ED変更
 捏造トラップ−NTR− 第5話「自分が嫌で仕方ないよ……」なもり
 捏造トラップ−NTR− 第6話「キスされると思った?」大沢やよい
 捏造トラップ−NTR− 第7話「親友でいられるよね? 」サブロウタ ※ED変更
 捏造トラップ−NTR− 第8話「制御できない感情」萩野純
 捏造トラップ−NTR− 第9話「私に、風邪うつして……?」べにしゃけ
 捏造トラップ−NTR− 第10話「この関係は何なんだろう」武梨えり
 捏造トラップ−NTR− 第11話「ありがとう、ごめんね」タチ
 捏造トラップ−NTR− 第12話「どうして今まで気づかなかったんだろう【最終回】」コダマナオコ