2017年7月発売 完全新規 HGUC-206 1/144 イフリート・シュナイド、ランナー写真、及び機体設定への雑記
僅か8機のみ製造された“イフリート”の残存機、初HGUC化! 手の造形も見所

189_1988_s_camacsllypswx0ftljuwofbh6hd6
156_1988_s_h537fhw4jps54kt7u5cjn7rtjvdl
現在、4機まで確認のイフリート系から、プレバン限定RE100を経て、初のHGUC化!
 ランナーは、プレバン限定の「改」を踏まえた構成になってますが
 一応、無印イフリートまで想定?

 注目は握り手で、最近の2分割から3分割に戻り、久々に造形重視に

HGUCシリーズも回帰へ?
 パーツ数を抑える為、放映中作品キットは「手の甲+指」、HGUCも同じ構造に倣っていましたが
 やっぱり、こっちの方がカッコイイですよね 
 ジオン独特の丸指!

 RE/100版と逆に「イフリート改」はプレバンへ、放映中作品でもないし仕方ないところか

宇宙世紀0096年、ラプラス戦争で再び表舞台に立った格闘戦機

00000
00001
00002
 TV版では11、12話に登場、バイアラン・カスタムとジェスタ登場により劣勢となり、後退した

MS-08TX/S イフリート・シュナイド
 その後は、この「地上戦」設定に参加した関西リョウジ氏の作品、“星屑の欠片”内で生存が確認。
 宇宙世紀0079年、一年戦争中に作られたカスタムメイドのモビルスーツ
 イフリートでは、現時点で“最高齢”の機体に

 元々は、地上軍が開発するも、生産性を考慮しない設計から採用は見送りに

 8機が建造されており
 内4機、イフリート、改とナハトは戦没している(ブーン機は生存説あり)。

 本機はこの、“シュナイド隊長機専用カラー”以外、ノーマルに近い機体だった

 UC0096年では、むしろ「改」に近い外観に変貌している

シールでは、モノアイや腰部パーツを補色

IMG_4596
 可動式のモノアイが特色ですが、色自体はシールによって再現
 腹部の、ケーブル結合部のグレーと
 股間オレンジを補色

 派生キットを見越している関係か、けっこう目立つところにシールが。

A1ランナー HGUC イフリート・シュナイド

IMG_4584
 タグは切り離せる場所にあり、「改」などを見越した構造に

いろプラ
 シュナイド仕様の特色、ヒート・ダートや、ジャイアント・バズなどが。
 ジャイバズは、過去キットの流用ではなく
 本キット専用に

 ちゃんと、トリガーに指がかかる、ジオン系の丸指ハンドが付属

 この点だけも、有意義なキットと言えます

A2ランナー HGUC イフリート・シュナイド

IMG_4585
 腕や足など、2個組む上で必要なパーツを残し、タグを追加された

いろプラ
 設定上、肩アーマーは「イフリート改」と同タイプだが、ヒートダートは一体ランナーに
 改の商品化に際しては、余剰パーツとなるのでしょうか
 ちょっと謎

※改の肩アーマーから、スパイクを外したもの

B1ランナー、HGUC イフリート

IMG_4586
 タグ名は、素のイフリートとなっているが…?

いろプラ
 腰から下は、細部こそ異なるが、原型機及び「改」との数少ない共有部となっている
 一応、この辺を流用して「ノーマル」を出す可能性もあるが
 繰り返すが細部は異なる

 イフリート改を前提にランナーが作られた為、脚には装甲追加用の穴が開いている

B2ランナー、HGUC イフリート

IMG_4587
 脚を二個組む上で、不要なパーツが除外されたので、スッキリした
 改めて、「ノーマル」と共用できるパーツが少ない
 と、感じます

C1、C2ランナー、HGUC イフリート

IMG_4589
IMG_4590
 2個組む上で、不要なパーツを除外したのがC2

軟質グレー
 内部部品や、丸指ハンドなど、他のイフリートタイプに流用できる関節ランナー
 ちなみに、シュナイドの胴体から上は「改」に近い為
 ノーマル商品化のハードルは高い

D1、D2ランナー、HGUC イフリート

IMG_4592
 発熱バージョンの刀身は、2本のみ付属

ポリキャップPC-002
 Dは、大きな金型から別色を複数製造するので、その関係でスイッチがある模様
 関節は、1/144で定番化したPC-002と軟質樹脂組み合わせ
 ただし独特な可動が

 特に肩は引き出し関節があります

2017年 7月発売 完全新規キット

189_1988_s_camacsllypswx0ftljuwofbh6hd6
153_1988_s_81yxaojl71ieivmv0ajammqyzoon
155_1988_s_g7gseyf3tvq2z9codcquch2aqlx1
156_1988_s_h537fhw4jps54kt7u5cjn7rtjvdl
157_1988_s_qwa38b4tz27opydda788138pikxr
158_1988_s_ps8gbzlvsz2uyyslb29qka3pfdkd
159_1988_s_4b25to5qnu8selze93skchp7oiup
 HGUC 1/144 イフリート・シュナイド
 価格1,944円(税込)
 発売日2017年07月08日
 対象年齢8才以上

■『機動戦士ガンダムUC episode 4「重力の井戸の底で」』に登場するジオン残党軍のMS「イフリート・シュナイド」がついに初HGキット化!
■機体各所に装備された14本のヒート・ダートは全て取り外しが可能となっており、成形色で赤熱状態も再現可能!
■イフリート系MSの特徴的な頭部や胸部などの造形が精密に再現され、モノアイは独立可動、動力パイプには軟質素材が採用されている。

【付属品】
■ヒート・ダートx14
■手持ち用ヒート・ダート×2
■ジャイアント・バズx1
【商品内容】
■成形品×9
■シール×1
■取扱説明書×1


o_1bk3c741l1binkc1np2irri07
 バンダイホビーサイトより

HGUCイフリート・シュナイド
 系列機では、もっとも人気があると思われる「イフリート改」から、RE/100化して話題を呼ぶも
 続くHGUC化では、こちらがチョイスされたことに違和感が
 ライバル機、ブルーディスティニーも出ますしね

 やはり、RE/100で組んだからもういい、という人が多いんじゃ…

 という不安感でしょうか
 正直、私自身もそうなってた気がしますから。

 対してRE/100 シュナイドは限定販売だったので買ってなかったから新鮮味ありますし

 配信とかで、戦慄のブルーがアニメ化されていればなぁ

シュナイドといえば、印象的なのはジムⅡセミストライカー

img_62
 優れたリーチを持ち、操縦系を徹底的にカスタムして俊敏性を上げていたという

ジムⅡセミストライカー
 対し、シュナイドは倍近いジェネレータ出力まで大改造されており、その出力を駆動系に傾注
 セミストが、出力面で“ジムⅡの改造品”に留まったのに対し
 動力系から別物だったらしい

 また、セミストは巧みにイフリートのダートをへし折ったが、この「装甲」もポイント

 これは連邦の公式発表上
 実機がないはずの、“連邦製NT部隊機”フルアーマーガンダムの装甲なのだ

 もし本物なら物証となるが、レプリカかもしれないとの事

 実際、漫画媒体では一部に出てますしね

「不屈」の名を冠して、戦後を闘い抜く格闘戦機

Aaa_170
Aaa_171
153_1988_s_81yxaojl71ieivmv0ajammqyzoon
img_55
 シュナイドはドイツ語で「不屈」を意味するが、本機の場合は初代パイロットの名である

ガンダムとの因縁
 UC0096では、戦争中に本機と戦った、元連邦「ガンダム・ピクシー」乗り、フレッド・リーバーが搭乗
 ピクシーは、ビームによる短剣を主武装とする機体であり
 彼に合わせ、多数のヒート短剣を装備。

 余談だが、「イフリート」が戦った相手も、ガンダム・ピクシーであった

 イフリートの初出、ゲーム「機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079」では
 プレイヤーがピクシーで対峙。

 ゲームはマルチエンディングの為、プレイヤーが敗れた場合、イフリートも生き延びた事となる

 ただしパイロットは、その後ソロモン(宇宙戦)に参加したとの事。

機動戦士ガンダムUC RE:0096 感想 2016年春、夏アニメ 4月~9月

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」

ランナーレビュー&機体設定

 HGUC ジェガン(エコーズ仕様) コンロイ機
 LEGENDBB 真駆参大将軍
 HGUC バーザム