公式サイト 捏造トラップ−NTR− 第2話 あの二人ってさ… 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 原作未読 前回はこちら
拒絶された藤原、欲求不満の前蹴り! 強気な蛍も、案外弱気な一面が?

00123
00126
由真とヤリたいとガッつくも、自分を恥じた武田と、エッチを拒絶され怒った藤原のギャップ!
 幼少期、苛められっ子だった蛍が「由真に恋するまで」の経緯
 藤原、完全に気付いた!

 ヤリたい男子の対比、怯えた蛍が印象に残る回だった!

もったいぶるなよ
 幼少期、勇者由真ちゃん、いじめられっこ蛍さん可愛かった、そして思った以上に悩んでた…
 藤原、本気で性格悪いのか彼も悩んでるのか
 たぶん後者だ!

 ドロドロ渦巻く中、武田と由真の初々しいさが可愛い!
 
エンドカードは、同人界隈の有名人らしいシロガネヒナ先生!

00163
 って、ほぼ別人じゃねェか! ロリだこれー!!

あらすじ
 高校二年、由真は武田との仲を順調に深めてゆき、表面上は二人をからかう蛍も
 愛する由真を取られ、止められない焦りに
 どんどん不安定になってゆく

 事情は知らぬながら、恋人である由真の友達、蛍を気遣う武田

 今度は、遊園地でダブルデートする4人
 由真と武田は二度目のキス

 対し事に及ぼうとした藤原は、蛍に拒絶され、「蛍の由真への気持ち」に確信を持ち始める

 次回、第3話「?」

由真『また蛍を苛めたら、絶対に許さないからね!』

00000
 岡崎 由真は高校二年生、初めて男子、同じ部の「武田」と付き合い始めたが
 幼馴染で、先に彼氏を作っていた水科 蛍が「付き合う練習」と称し
 性的なイタズラをしてくる

 だが由真は、内心で蛍の方にドキドキしており…?

どうしてこうなった『ゆまちゃん…、ありがとう』

00001
00002
00003
00004
 まかせて! また苛められたら、私に言いなっ!!

守って!守護らねばならぬ
 小学生時代、男勝りだった由真にとって、人形のように可憐な蛍は「守るべき相手」だった
 つまり、これが蛍の“動機”なのだ…
 と

 あたしが必ず、守ってあげるからっ!

 蛍のヒーロー!
 それが、男に寝取られるなんて許せない…、と

 NTRれる前にNTR返す!

現在『うふふ…、ドキドキしたね?』

00005
 しかし由真にとっては、あんな可憐だった蛍が、どうしてこうなった案件
 つまりだ、彼女は主人公体質過ぎたのだ…!
 鈍感系主人公!

 高校からの、ポッと出のヒロイン=武田に寝取られる前に、NTRねばならぬ!(使命感)

しかしまあ、何度みてもエロゲーみたいなタイトルである

img_62
 意識的なパロディなんでしょうけれど、エロいゲーム見たいな作品名ですよね
 原作は漫画で、「ゆるゆり」などが連載されている
 コミック百合姫連載

 さすがボーイズラブに定評ある一迅社!

悪魔『なに、怯えてるの? この間の本気にした?』

00006
00007
00009
00010
00011
00012
 あんなの、冗談だよ?

蛍さん乱行祭り
 先日、武田とファーストキスを済ませた由真は、その報告直後に蛍にディープキスされた
 ぬるり、異物が由真の口内を犯したのだ…
 と

 あたしは初めてだったんだからー!

 恐怖!
 アサイチで手を繋いでくる幼馴染!!

 既に、ファースト・キスを、ファースト・ディープに塗り替えられた由真さん

 ほたるんは、「冗談なんなー?」と軽口を叩くも…?

蛍『ふーっ…』

00013
 あまつさえ、公衆の面前で耳に甘い息をブチこむファンサービス
 この性的サービスはサービスだ!
 とっときな!

 いやあ、女子のスキンシップってホント過激ですね(真顔)

『もー、由真ちゃんったら無防備ー♪ 学習しないなー♪』

00015
00017
00020
00019
 もー! お前ら遅いよ~、いつまでじゃれてんの?

武田ァ!
 まあ、前回の一件を知らなければ、ただの仲むつまじい百合カップルにしか見えませんし…
 しかし蛍の彼氏、藤原は厳しい眼光を
 と

 ごめんね♪

 笑って誤魔化す天使の笑顔!
 いやあ、蛍さんの笑顔は心騙すものがありますね!!

 呆然とする由真ちゃん、かわいい!

武田『オメーと水科さんってさ? すっげー仲良かったんだな?』

00021
 続いて放課後、共にバスケットボール部に所属、その縁で付き合い始めたらしい
 ジャージ、ポニテとかいいよね…
 実用一点張り感

 思わぬ質問に、呆然顔がかわいい!

『一年のとき同じクラスだったけどさ、女子の中で孤立してるみたいで心配だったんだ』

00022
00023
00025
 だから友達が居て安心した、…余計なお世話かもだけど

ディフェンダー蛍
 彼もまた、いわゆる「主人公」的に気持ちよい青年である武田は、蛍の事も気遣っていた
 高校一年では、蛍と由真は別クラスだったのね
 で

 幼馴染だからね~

 何のきなしに言う由真
 しかし内心、「蛍は友達がいた事がない」と

 何度か友達を紹介したが、まったく上手く行かなかったらしい

 視聴者的には、ああ…、なるほど的な

武田『お前は良い奴だな~』

00026
 周りに流されず、友達を大事に出来て
 対する、この武田の天使さよ…
 Fateっぽい

 孤立し続ける蛍に、幼馴染だからと寄り添う続ける由真

な…、なにいってんの!?

00027
00028
00029
00032
 かわいい…(by武田)

まったくです
 ホント、自分の魅力に無自覚な由真さんてば、可愛過ぎってな話だよ!!
 さて「次の連休に遊びに行こう」 
 と

 あたし、遊園地行きたいな~♪

 のびのび由真!
 仕草が健康的、めっちゃかわいい!

 気取らないのがいいよね!

『遊園地も良いけど…、ウチ、親居ないから…

00033
 しかし純情少年武田、まさかの「泊まり」を誘うダイレクトアタック…!
 フフフ、見た目によらず攻める少年だぜ…!
 避妊具案件だ…!

 が

蛍『泊まりに来い、って事でしょう?』

00034
00036
00039
00040
00041
00042
 やっぱりそうなのかな…、武田とは、部活仲間の延長って感じだから……

ほたるさん手伝う
 キスもそうだが、由真は「友達」から始めたつもりなので、まだそんなイメージが湧かない
 なら、湧かせてやろうじゃないか
 と

 イメージしやすくしてあげようか?

 蛍さんがイッたァ!
 だが、由真はブロック!!

 先日気持ちよすぎた反省か、口内への侵入を頑固にシャットアウト!

 恐怖! 油断するとディープキスする幼馴染!!

おーい!

00044
 しかし、このタイミングで声をかけた武田!
 見事な主人公体質だ!
 素晴らしい!

俺もそこで一緒に食っていいー? 弁当ー!

00046
00048
00049
00050
00051
00052
 うん、いーよー♪

正しいNTRその1
 既に、股間にも手を伸ばしていた蛍、あと少し遅れていたらおっぱじまっていたところだった…
 だが彼女は、まったく残念がるそぶりもなく
 と

 武田くんもおいでよー♪

 むしろ呼ぶ!
 それこそ、股間に膝を割り入れそうな勢いで!!

 ホントこの女は決断が早い!

武田ァ『どうした? 具合悪い?

00054
 本当の事を言えない由真に代わって、ほがらかに応対する蛍さん
 これこそ、NTRの正しいやり方と言えるだろう
 多分

 当人が知らないうちに、恋人を一方的に染めていくのが、NTRの醍醐味なのだ(多分)

蛍『で? 二人はいつエッチするの?

00055
00056
00058
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00070
00069
00070
 じゃ、邪魔者は退散するね? ごゆっくり~♪

さりげなくフェティッシュ
 逆にけしかける! また、このまま本格的にカップルになったら自分=蛍は要らなくなるね、と
 善人、武田の良心に釘を刺す蛍…?
 と

 何か…、悪い事したかな

 実際、気にする武田
 ただコレは、本当に蛍の本心だったのでしょうか

 由真にとって、自分が「いらない存在」になりつつあると悟った、蛍の悲しさ

 チッ、何て良い腰付きなんだ…!

何よ…、中一でさっさと彼氏作って

00071
 先にあたしのこと要らなくなったのは、蛍の方じゃん!
 由真も、内心「蛍に裏切られた!」って思いがあったんですね
 割と根に持ってた…!

『あの時は何だか、裏切られたみたいな気分になった』

00073
00074
00075
00080
 彼氏に、蛍を取られるような気がしたんだと思う

見た目は淑女/中身は
 由真の気持ちは、子供心に特有のものと言えますが、蛍はその後「イケメン食い」と有名に!
 男をとっかえひっかえするように
 と

 武田、盗られないように気をつけなよ?

 女子に評判の悪い蛍!
 もっとも、彼女の気持ちは明確です

 となると蛍、由真が好きな自分に困惑し、異性を好きになろうとしたんでしょうか

 五年を経て、見事なイケメンスレイヤーにレベルアップ…!

『他の友達には、彼氏いても何とも思わないのにな…、何でだろ』

00082
 当の由真も、内心、蛍をライクじゃなくてラブで好きなんですが
 当人は、自分をノーマルだと信じている…!
 気付いたら終わる誤解!

 本作は、相思相愛な幼馴染の、誤解ラブコメだったのか…!

『その…、連休の事だけど』『…え!?

00083
00085
00087
00089
00091
 すげえ! 次、あれ乗ろうぜ、ジェットコースター!!

ミニスカ私服!
 連休、覚悟完了しかけた由真だったが、武田が提案したのは遊園地デート
 由真は、ホッとした一方で疑問も 
 と

 武田は…、どう思ってんだろう?

 なぜ予定を変えたのか?
 いやまあ、武田くん一番楽しんでるけどね!!

 この笑顔、守りたい!

 尊いぞ武田!

怖かったー♪ ねー、由真ちゃん♪

00092
 前回は由真の、しかし今回は、武田からの提案でダブルデートに
 ここぞと、由真といちゃつく蛍さん!
 ホント大好きだな!

 武田、やっぱり酔うのがスゲー彼らしい!

由真『…今日は、どうして遊園地に来ることにしたの?

00094
00095
00096
00097
00098
00099
00100
00102
00104
00105
00106
 お前らすげー仲良いからさ、俺らが付き合い出した事で、寂しい思いさせてるのかなー…って

武田、その想い
 好きな人が、自分のせいで友達と不幸せになるなんて嫌だ…、とダブルデートに切り替えた武田
 守りたい、この照れ顔。
 で

 ガッついてるって思われて…、引かれたんじゃないかと…

 後悔もしていた
 まだ、付き合いだして日が浅いのに…、と

 その事で、由真に嫌われたんじゃないか、って気にしていた武田

 貴様こそ真のヒロインよ…!

笑うなよ!』『ごめんごめん♪

00109
 ホント、普通に応援したくなる、幸せになって欲しい二人の縮図!
 ただ、NTR的にも大事な要素なのだ…!
 片方が善人である事は…!

 彼が善人である程、それが裏切られていく背徳感が…!(真顔)

…やっ!

00110
00111
00112
00115
00117
00118
00119
00120
00123
00124
00126
00127
00129
00130
00131
 いまさら、もったいぶるなよ

武田と藤原
 改めて武田を好きになる由真、二人が、世界一幸せなキスをしていた頃、別室では…!
 お客様、観覧車でおっぱじめるのは!
 で

 チッ!

 そんな気分じゃない
 拒絶され、苛立たしげに壁を蹴る藤原!

 もー、男子ってば、ホント欲求腐満なんだから! 武田を見習え武田を!!

 蛍さんのレイプ目…!

『由真ちゃん…、最後に女の子だけでもう一周しよ?』

00134
 すっかり弱ってしまった蛍は、すがるように由真に同乗を頼み
 由真は、分からないなりに一緒に乗ることに
 と

 蛍なりに、由真と武田が付き合うのは止められない、って分かってるんでしょうか

『水科さんと何かあったの?』『別に

00135
00138
00140
00141
00143
00144
00145
00147
00151
 ふーん? 順調なんだ…、じゃあその先も…、練習しないとね?

震える腰
 由真はドヤ顔で、「二度目のキスしたよ!」と主張、これに乗じた蛍がキスを迫るお約束に流れに
 しかし、いつもと違ったのは
 と

 どうしたの? 藤原と何かあった?

 蛍は震えていた
 由真も、何かあったかと察するが…

 藤原がキレた事に対してか、それとも、由真と武田が順調である事へか

 おそらくは後者だ…!

藤原『あの二人ってさあ…、いや。何でもない』

00153
 サブタイを回収する優秀な藤原、やはり先に気づいたのは彼だった
 ただ彼も、演出とストーリー展開で考えると
 武田が好きな気がします

 前回、原作者さんによるエンドカードとか、あと読者ビックリ要素的に。

次回、今度のダブルデートは温泉だ!!(?)

00160
 次回、いよいよ本格的に「ヤラせろ」モードに入った藤原!!
 蛍さんの貞操の行方は…!
 ってね!

 あと温泉回だよ!

制作元、クリエイターズインパックでは原画&イラスト公開!

DECzBLSUQAEMhI8
DEDOegcUwAMLaxH
 前回の放送後、Cインパック社さんがイラスト公開

よねくらあい
 前回の、「またな~い♪」とネクタイを解いた蛍さん、完全になんというか!
 毎度、ひたすらエッチに由真を責めるほたるさんですが
 今回は責められる側に

 こんな蛍さんを圧倒するとか、藤原…、何者なんだ…!

 ではなく!
 蛍、内面はフツーの子だという事でしょうか

同じくCインパック社、原画で連載企画をスタートする

 その名も、【今週の『頑張れ武田くん!』】とのこと

天使武田
 今週の1枚「楽しそうにスマホを見つめる武田くん」、今回、まさに作中の良心と確定!
 しかし、由真の気持ちは蛍を向いているのも強調され
 本当に不憫…

 と思ったら、公式でこの扱い、なんか立場がわかる気がするね!

 武田さん、公式不憫さんだったか…。

原作、コダマナオコ先生。放送直前イラストを公開に

DEh1ST8XgAI-I3Z
 原作版蛍ちゃんさんかわいい!

スタンバっておけ!
 しかし、「放送が始まるってことは、由真ちゃんの痴態フルオープンなんだよ?」と思わんでもない
 いや待って欲しい、もしや由真ちゃんは見られたい派…?
 ハハッ!

 わくわく見つめる二人がかわいい!

2017年7月12日 捏造トラップ -NTR- 第2話「あの二人ってさ…」

00156
 作画が…? と思ったら原画さん一人だったよ!! おつかれさまです!

スタッフ
 絵コンテ:おゆなむ、岩田幸子
 演出&作画監督:櫻井司
 エンドカード:シロガネヒナ(公式サイト)
 アニメ制作:Creators in Pack.Inc
 原作:漫画/コダマナオコ/一迅社/コミック百合姫
 制作協力:つむぎ作画技術研究所

 2017年設立らしい会社さんが制作協力に。ひなこのーとにも参加

次回、容赦ないセクハラが由真さんを襲うッ!!

00026
00065






























00157
00163
 今回の作画、とても腰が良かった(真顔)。

揺れる蛍
 前回、武田とのキスに動揺し、つい行動に出ちゃった感のある蛍さんでしたが
 見た目、計算高いようで考えなしというか
 感情的な子なんですね

 やってることは性悪だけど、彼女なりに激しい葛藤があるんだなと

 武田がとにかく尊い
 対し藤原も、蛍同様に悩んでる思えば(真顔)

 もー、ホントイケメンと美女は、食い荒らしたり食い荒らされたりなんだからー!

 次回、第3話「?」


 捏造トラップ−NTR− 第1話「女の子同士のヒミツ」コダマナオコ
 捏造トラップ−NTR− 第2話「あの二人ってさ…」シロガネヒナ
 捏造トラップ−NTR− 第3話「また練習しよっか」merryhachi
 捏造トラップ−NTR− 第4話「…私も浮気してるし?」ありいめめこ ※ED変更
 捏造トラップ−NTR− 第5話「自分が嫌で仕方ないよ……」なもり
 捏造トラップ−NTR− 第6話「キスされると思った?」大沢やよい
 捏造トラップ−NTR− 第7話「親友でいられるよね? 」サブロウタ ※ED変更
 捏造トラップ−NTR− 第8話「制御できない感情」萩野純
 捏造トラップ−NTR− 第9話「私に、風邪うつして……?」べにしゃけ
 捏造トラップ−NTR− 第10話「この関係は何なんだろう」武梨えり
 捏造トラップ−NTR− 第11話「ありがとう、ごめんね」タチ
 捏造トラップ−NTR− 第12話「どうして今まで気づかなかったんだろう【最終回】」コダマナオコ