試し読み 新九郎、奔る! 1巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり あらすじ 内容 ゆうきまさみ これまでの感想はこちら
応仁の乱前夜、以降100年続く戦乱へ繋がっていく“武家政治”の面白さ!

00042
00041
00022
00026
00010
事実は小説より奇なり、少年を主役に、栄華を究めた男らが凋落する様を描く開幕!!
 僅か1日、昨日まで磐石だと思っていた地位が失われる恐ろしさ
 独自解釈の歴史、倫理と政治のドラマが面白い!

 次巻は戦国時代の幕開け“応仁の乱”、現代的な台詞のミスマッチも楽しい!!

戦国大名の先駆け
 今は政変中心ですが、僅か1日で覆る情勢や、これに向き合う武家の在り方が実に楽しい
 原因は室町将軍の立場の弱さ、道理に合わないと訴える真っ直ぐな少年が
 いかにして冒頭の38歳へと至るのか

 政治寄りと思われた叔父の強弓、終始冷静な細川勝元の激昂も熱い!

新九郎、奔る! 1巻 感想

00000 (3)
 第1話「伊勢守の戦さ」
 第2話「文正の政変その1」
 第3話「文正の政変その2」
 第4話「応仁前夜その1」
 第5話「応仁前夜その2」
 第6話「応仁元年」
 これまでの感想

室町幕府を仕切る伊勢一族として生まれ、1巻にして2度も“凋落”を見た彼は

00000
 一般に悪玉扱いな伊勢守、伊勢貞親が大人物など独特な解釈も面白い

あらすじ
 文正元年(1466年)、伊勢千代丸11歳は、室町幕府の政所を司る伯父の家へ
 伯父・伊勢貞親は政所、将軍の養育者で、絶対な権勢を誇ったが
 一夜にして追い落とされ近江へと落ち延びた

 京に残った伊勢家は、彼らを追い落とした元管領・細川勝元頼る

 だが、やがて勝元も苦しい選択を強いられて名誉を失い
 千代丸は言い知れぬ思いを抱く

 やがて応仁元年、“本番”の火ぶたが切って落とされようとしていた

冒頭は27年後。この時、初めて新九郎は“歴史の表舞台”に立つ

00000

 ここまではやる!
 だが この後のことはもう決めたぞ…
 俺が決めた!

 思えば簡単なことではないか。

 明日からは 俺の主は俺だ!


00001
 左近次とは、後述の「狐(正一位)」らしい。立ち振る舞いは若いままなのね

第1話「伊勢守の戦さ」
 冒頭は名応二年(1493年)、北条「鎌倉公方」御所を、主命で攻める新九郎の姿が。
 しかし新九郎、これを最後に“独立”する覚悟を決めており
 彼の人生の大転機に。

 以降、1巻での彼を見ただけでも、彼が“主”に苦労させられたのが解ります

 読み終え、再びここに戻ってくると「大きな決意」なんだなと思うし
 頑張れと背を押したくなる!

 幼い日、主らはおかしいと思った少年は、27年を経てここに着くのね!

遡ること27年前、京都周辺は土一揆が頻発。「伯父なら鎮められるのに」と逸る

00002
 初めて「狐」と出会った新九郎は、父を侮辱されたと思い話を遮ってしまう

室町幕府時代、文正元年(1466年)
 民衆による反乱が続き、鎮めようとしない伯父・伊勢守をはがゆく思う“千代丸”
 当時、新九郎は元服前で、幼名・千代丸を名乗っていたのですね
 とまれ「伯父は財政の長」に過ぎない

 伯父が動くのは筋違い、そも土一揆自体、伯父・伊勢守が絡んでいるという

 土民=民衆が起こしているというが
 指揮官として、国人、領主侍らが指導する一揆もちらほら混ざっているらしい

 また新九郎の父は、田舎侍だったのが出世した男。

伊勢守、千代丸の叔父は「現将軍の育ての親」!

00003
 京を訪れた千代丸の前に、ぬっと姿を見せた「伊勢守」。ある行いで歴史に悪名を残す

伊勢伊勢守貞親(伊勢貞親)
 現八代将軍・足利義政を養育した男で、伊勢は代々、幕府の財政を司る政所の長
 彼は、土一揆への対処案「分一銭制度」で名を上げた男であり
 土一揆に恩があるとも言える

 千代丸の養育者は、彼が居たから先の飢饉も乗越えられたと讃えた

 しかし、侍達への食料を確保するのが精一杯で
 民衆達は彼を恨んでいる…
 などなど

 千代丸が言う通り、幕府軍を動かす力を持ってますが、本来なら財政担当

千代丸の家族達。“血の繋がらぬ母”とその息子、娘、そして父!

00004
00005
00006
 義母は伊勢守の妹で、千代丸の父の地位を担保している

通称“備前守”:伊勢盛定
 母違いの姉、兄との関係は良好なものの、義母からは距離を置かれ居心地が悪い!
 千代丸も、これからは実父の館で暮らす事になりました
 京都住まいスタート!

 特に姉、伊都殿とは仲が良く、本作のヒロイン的扱い!

 とまれ、父も辛いと明かします
 伊勢家もピンキリで、田舎侍から気に入られ、政治中枢の傍に取り立てられた

 礼儀作法に気を配りつつ、常に“政治”に忙殺されるのね…

失礼仕る!。本作の面白みは、“真っ当な時代劇ではない”ゆうき節よ!

00007
 父の得意技! 時代に見合わぬ、説明道具が飛び出すのがゆうき先生流

伊勢家の宴
 伊勢家は政治に気を配っており、一時も気が抜けない! 兄も父も閉口している場面も。
 目下の問題は、次将軍を「弟が継ぐか/実子が継ぐか」
 弟が継いだら大問題!

 伊勢家は実子の養育を任されている、こちらが継げばお家安泰

 しかし“実子”が長らく生まれなかった
 そこで当初「弟に継がせる」と、わざわざ呼び戻したという経緯があった

 将軍が約束を守り、弟に譲れば伊勢家は不利となる

弟君も子持ち、彼に将軍職を譲れば「我が子」に継がせるに違いない!

00008

 将軍様は、前言撤回をし過ぎる
 と憤る千代丸

 約束は守る、これが武家の在り方ではないのか?

 武家の長たる将軍ならば、なおの事!


00009
00010
 リアル、という言葉のチョイスがゆうき節!

新九郎の性根
 千代丸は言います、「弟に継がせる」と約束したなら、将軍様は守るべきだと。
 彼は、まっすぐに“人の道理を守れ”というのね!
 対し伯父・伊勢守は窘める

 これは“政治という戦い”だ、その性根では苦労するぞ?

 将軍は約束を守るべき
 しかし約束を守れば、実子は将軍を継げず、彼ら伊勢氏も権勢を失う…。

 将軍様も、彼の戦いをしておられるのね

伊勢家は「礼儀を教える」事で、大きな力を得てきた家柄

00011
 伊勢守の実子、伊勢貞宗。伊勢では珍しい「将軍は約束を守るべき」派。

第2話「文正の政変その1」
 伊勢家には礼法こそ弓矢、武器。彼らは武家であり「京都の礼儀」に通じている。
 これを、他の武家に教える役割りを担う事で
 友好的な関係を築いてきた

 相互利益! 素晴らしいという千代丸だが、貞宗は言葉を濁らせた

 ここが伏線なのね。
 また貞宗殿も、千代丸同様に「母が実母じゃない」ので、同情的である模様

 ただこの“伊勢守の後妻”、30歳も歳下だとか!

9月5日。関東は「関東管領」が不在で、政治的混乱が続いていた

00012
 この「関東管領がいない」話は、165ページでようやく一旦解決する

「狐(左近次?)」、再会す
 さて京都では、伊勢守が後妻の色香に惑わされ、専横をやらかしてると総スカン!
 千代丸と読者から見れば、悪賢くも立派な政治家ですが
 市中評価はボロボロらしい

 嫁に惑った伊勢守が、斯波家の家督争いで、義敏を後押しした(P33)

 すると、家督争いに負けた方が軍を召集した!…だけではない。
 有力大名・山名宗全が助力

 斯波家を介し、伊勢vs山名、という構図に。

噂を流して回る「狐」。この噂で、得をするのは誰だろうか?

00013
 それは自分で考えろ。考え続けないと 生き抜けないぞ(狐)。

今出川殿の謀反
 今は真っ直ぐな千代丸が、いかにして、海千山千の北条早雲となっていくか?
 千代丸自身が、政治に強い興味を持っていた事と
 出会い、“変遷”が鍵か。

 さて噂とは、黙っていても将軍になれる男”、将軍弟・今出川殿の謀反だった

 謀反する理由が無い!
 問題は、“なのに噂が絶えない”なら、それで得する誰かが噂を流しているという事

 誰かは明言されなかったが、この噂で立った男が居た

伊勢守、立つ! “次期将軍に謀反あり”、現将軍にご注進!!

00014
 しかし直後、事態は急転して次回に続く!

失脚
 足利義視、実弟にして“次の将軍”に謀反の疑いあり。と伊勢守は現将軍に直訴
 怒った将軍は、義視に切腹を申し付けるよう伊勢守に命じ
 夜の内に館を囲む事に

 伊勢守の政敵、将軍の弟・義視は、こうして将軍職を継ぐ前に失脚するはずだった

 噂が伊勢守の正当性を担保。
 つまり「噂で得した」のは、伊勢守となるはず“だった”んですね。

 ところが事態は、伊勢守の予想もしなかった方向へ!

逆に館を包囲された伊勢守、“政所執事”の罷免を求められてしまった!

00015
 今巻では3回に渡り、二代目新右衛門さんによる補足コラムが。

当時の「室町幕府」
 当時権勢を誇り、その身内と聞くだけで、兵士が震え上がった伊勢守!
 伊勢家は、「政所」長官を代々受け継ぐ一門。
 政所とは財政でした

 幕府の財政を握り、現将軍の育ての親、これが強くないわけがない!

 しんえもんさん曰く、これで驕ってしまった
 奢れる平家は久しからず

 実際、伊勢家は“平家”に当たりますが、藪を突いて蛇を出してしまった!

第3話「文正の政変」。前夜まで隆盛を誇った伊勢守、失脚する

00016
00017
 なんと、伊勢守こそ切腹を要求された! 千代丸の父も同様であった

第3話「文正の政変その2」
 前回までの大物っぷりはどこへやら、別人のようにキレた伊勢守!
 息子・貞宗に注意を受け、なんとか冷静さを取り戻すも
 政治的には完敗してしまった

 伊勢守こそ誣告、“虚偽申告で将軍弟を貶めた”とされ、その罪で切腹へ

 問題の本質はもちろん別
 現将軍に、“政治の要”である伊勢守を排除し、将軍の政治力を削るのが狙い

 有力大名達が、政治を主導したいが為のクーデターだと。

一夜で失脚した伯父上、千代丸は世の儚さを知る

00018
 問題の根は、切腹を命じた「将軍様」だ! と憤る千代丸

政闘に敗れた伊勢守
 切腹を要求してるのは諸大名、彼らの勢いに負け、将軍は切腹を申し付けた
 継承問題に続き、易々と前言撤回する将軍様は
 味方にしちゃいけない人だった

 また政治力で大きくなった伊勢守は、それで“やりすぎた”と直感する

 第1話で、約束を違え“将軍の弟が後を継いだら困る”と謀り
 これは戦だと言った伊勢守

 政治の力で、他人を怒らせて、敵を作ってしまったのが伊勢守の敗因

しかし伊勢守は「将軍」に対し、まるで違う考えを持っていた

00019
 強面の伊勢守だが、実は他人に物を教えるのが好き。作法とか武術とか。

武威復活の為
 当時の室町幕府は、将軍自身が政治を行えないほど、大名の力が強くなっていた。
 金閣寺を立てた、足利義満公の頃のような権威を
 将軍家自体が取り戻したい

 だから伊勢守は、他大名の力を削ぐ事に腐心し、敵を作って失脚した

 将軍弟を貶めたのも、彼が他大名らにバックアップされてるから。
 彼が将軍になっても傀儡になりかねない

 しかし現将軍は、いざという時、大名に暗殺された父将軍を思い出してしまうらしい

強弓! 伊勢守は、“将軍の重荷になるまい”と身を引く決意をする

00020
00022
00021
00023
 伊勢守が選んだのは、地元へ逃亡し、切腹を免れる事!

伊勢守、逐電する
 将軍はさぞ無念だろう、と涙を飲んだ伊勢守は、千代丸の父と共に領国へ逃亡
 伊勢家は凋落、しかしこれ以上の追及はないはずでした
 幕府の実務を担っているのですから

 ところが! 山名宗全以下、大名勢は“伊勢家を全員追放しろ”要求

 これでは、幕府自体が立ち行かなくなってしまうと判断され
 伊勢家の保護が動き出します

 それは誰あろう、伊勢家失脚を担った、細川勝元だったのです!

第4話。伊勢家を失脚させた巨頭の一つ、細川勝元との交渉が始まる

00024
 千代丸を寝所に呼ぶぞ? “性的におもちゃにするぞ”と脅したが千代丸は呑んだ!

第4話「応仁前夜その1」
 前管領、政務トップだった細川勝元は聡く、伊勢守が逃亡できたのも彼のおかげだった
 政治力を失い、しかし、幕府を動かす実務家を多数抱えている伊勢家は
 存続させようという判断あっての事

 更に伊勢守の実子、伊勢貞宗が、平身低頭に協力を乞うてきた

 もはや断る理由はない
 伊勢守を追い込んだ、将軍弟と山名宗全を説得すると約束

※男色、ホモは珍しい事ではなかった。子供が出来ない上に戦場にも連れて行けるし!

兄『千代丸、お前は腰抜けだ!

00025
00026
00027
 やだ、薄い本で盛り上がってる伊都殿かわいい。

伊勢家の決断
 元々、父・伊勢守の謀略、専横に批判的だった伊勢貞宗の動きは早かった!
 千代丸の兄は、他ならぬ「将軍弟(義視)」に送られ
 平身低頭仕えよと言われる

 兄は嫌がったが、貞宗激昂! それが武士の言う事か!!

 物分りの良い細川勝元ですが、あくまで「伊勢守を失脚させた」政敵
 将軍弟は言わずもがな!

 彼らに従うのは嫌だと兄はゴネ、怒られ、千代丸に飛び火ィ!

兄と大喧嘩を終えた千代丸、「実母」の元へ行く

00028
 実母の浅茅様、当時風の化粧もしてないし美人だわ!

武家として
 実母に櫛を贈り、喜ばれ、心から嬉しかった千代丸ですがいい気分もそこまで。
 母は「横井家」として、落ち目の伊勢家と付き合う訳にいかず
 千代丸とも壁を作ります

 良く言えば、一人前扱いされているという事。しかし11歳の少年には辛い…

 貞宗の立ち回り、泣いた兄貴、武家の在り方
 政闘が実に読み応えありますね

 尊ばれるのは利害という軸、伊勢守の将軍観といい、本当に面白いです

第5話、敵地・細川家に飛び込んできたのは、“最大の敵”だった!

00029
00030
 たちまち笑い、そして多分たちまち怒る! 魅力溢れる老将よ!!

第5話「応仁前夜その2」
 通称「赤入道」、山名宗全登場! 第2話の噂話で伊勢守と間接戦争をし
 将軍弟、勝元と並び、伊勢守を失脚させた老将!
 迫力と魅力に溢れてる!

 現将軍のトラウマ、父将軍暗殺の際、反逆者討伐で名を上げた猛将!

 千代丸が、自分を恨んでいるなど百も承知で
 互いに「恨んでるか?」「YES」と

 碁を打ちながら、正直すぎる会話する二人、ヒヤヒヤもんスよ!

預かりもの”千代丸を殺されては困る! 細川勝元、自ら乱入で収拾へ

00031
 上、左が宗全、右が勝元。しかし宗全も相当に食わせものらしい

「赤入道」山名宗全
 全国66ヶ国という時代に、9ヶ国を所管する権力は、優れた魅力と度量があったればこそ。
 加えて、“目が笑わない”切れ者・細川勝元が組んでいる今
 伊勢家に浮かぶ目はありません

 これからは政所の役割に徹し、“政治”はしない。伊勢守の時代が異常だったと

 二人の会合で、伊勢家追放の声も小さくなっていき
 何とか冬を迎える事に

 年の頭は栄華を極め、年の暮れにはしょぼくれる。栄枯盛衰ですねえ…。

細川様の目が笑った!? 子供達が“大人になりたい”とボヤく中…

00032
00033
00034
 千代丸たちがボヤく中、“13歳の関東管領(関東の政治長官)”が誕生し…。

大人と子供と
 大人になる事を強いられる子供、子供が生まれて、初めて目が笑った細川勝元
 国として、家としての懸案が晴れていき
 波乱の年も終わりへ

 そも現将軍は8歳で、細川勝元も13歳で家を継ぎ、16で管領に就いた

 勝元様は、「そこは大人たちが上手く回してくれる」と語り 
 千代丸にも良き師に。

 細川家に頼る伊勢家、なんとか土俵際で堪えましたが…、そうはいかなんだ!

細川と山名が割れる! 年末年始、大騒動の端緒が開かれる

00035
 逆ギレだよ! とかいう物言いがまたおかしい!!

代理戦争
 山名宗全を後ろ盾に畠山義就が上洛、彼は、自分を追い落とした畠山政長を恨んでおり
 上洛と共に、彼から家督・管領職・畠山邸宅を奪い取り
 長年の争いに勝利

 しかし敗れた政長は、細川勝元が後ろ盾となっていたのです

 畠山家の家督争いを介し、山名と細川が激突!
 京に戦火が吹き荒れる事に

 政争に敗れた畠山政長は、渡せ、と言われた屋敷を逆ギレして放火!

教えて新右衛門さん! 関東管領の騒ぎって?

00036
 冒頭で新九郎38歳が攻め入ったのが、関東公方(将軍)の館でした

関東(鎌倉)公方
 室町幕府の本拠地は京都ですが、前幕府の地、鎌倉にも「鎌倉府」を置いてます
 しかし鎌倉府の長、足利家は二度に渡って反乱した末
 独自組織「古河公方」に

 関東豪族の惣領として、室町幕府と敵対する存在となっています

 対し、13歳の子供が就くことになった関東管領とは
 いわば幕府出先機関としての長

 関東を治めつつ、古河公方と戦う、難しい立場であるというワケね

第6話、御霊合戦勃発! “目が笑わない男”細川勝元、吼える!!

00037
00038
00039
 冷静さが身上だった細川勝元、吼える! ここは子供の来るところではないわ!!

第6話「応仁元年」
 伊勢守らを失った将軍は、この山名・細川代理戦争を止めるどころか、山名に付く他なく
 幕府の頭領が、山名宗全の言いなりなのかと千代丸は嘆き
 細川勝元も“凋落”へ

 支援していた畠山政長の敗北、加勢してやれない細川評判ガタ落ち!

 なんといっても幕府は、表向き「戦には誰も加担するな」としている為
 動けば厳罰に処されます

 伊勢家が頼った細川勝元も、見る間に政治力を失う事に

収録

00040
 面目を潰された細川勝元、次巻、100年に渡る戦乱の発端“応仁の乱”へ…?

 ビッグコミックス「新九郎、奔る! 1巻」。ゆうきまさみ。
 週刊ビッグコミックスピリッツ連載、小学館発行。
 2018年8月(前巻2017年6月)

収録
 第1話「伊勢守の戦さ」
 第2話「文正の政変その1」
 第3話「文正の政変その2」
 第4話「応仁前夜その1」
 第5話「応仁前夜その2」
 第6話「応仁元年」
 これまでの感想
 トップに戻る


 究極超人あ~る 10巻“31年ぶりの新刊”!


 白暮のクロニクル 1巻
 白暮のクロニクル 2巻
 白暮のクロニクル 3巻
 白暮のクロニクル 4巻
 白暮のクロニクル 5巻
 白暮のクロニクル 6巻
 白暮のクロニクル 7巻“銀幕に揺れる影”
 白暮のクロニクル 8巻“血に煙ぶる聖夜”
 白暮のクロニクル 9巻“大きな羊は美しい”
 白暮のクロニクル 10巻“大きな羊は美しい2”
 白暮のクロニクル 11巻“男と女とオキナガと”【最終回】


 新九郎、奔る! 1巻“後の北条早雲である”