公式サイト Knight's & Magic ナイツ&マジック 第2話 感想 Robots & Fantasy レビュー 考察 画像 ネタバレあり 内容 原作未読 前回はこちら
巨大兵器破壊の心得、その1! エル君、数十年描いてきた夢が現実に!!

00434
00493
ロボットに乗るなら、やりたい「巨大機」との死闘! 笑って飛び込むエルくん完全におかしい!
 正規操縦席が使えないなら、直接メカを制御すればいいじゃない!
 発想も、笑顔も全てがおかしかった!

 べへモスとディー先輩に同情する緒戦、早くも国王陛下に目を付けられてしまった…!

黄金の幻晶騎士だと…!
 国王の玉座、「ロボ国の王様」感がすごくて、幾らするんだろう?って爆笑しました。好きだな!
 ロボを壊して良いのはロボだけ、ロボと死ねるなら本望…!
 おかしいよ!

 敵の攻撃ではなく、ムチャクチャすぎる操縦で自壊したグゥエール、新型開発まったなし!

OPとEDも実装! すごく「ISのエイトビット」らしいEDだった!

00522
 走りまくるエンディング、アディさん、ヒロイン度300%だった!

あらすじ
 エル達が遭遇した魔獣はベヘモス、“師団級”、一個騎士団総動員でも倒せるか難しい怪物だった
 高等部の見習い騎士、ディートリヒは怖気づき逃げ出してしまったが
 結果、エルが彼の“グゥーエルを占拠

 エルは機体を直接制御、自壊する程の機動で、ヤントゥネン騎士団出撃の時間を稼ぐ

 騎士団の法撃で疲弊した怪物に
 エルは、いちかばちかの連携戦を仕掛けてベヘモスを撃破

 戦果は秘匿されたが、国王の目に留まり、エルは“自分が使える新型”へ意欲を燃やす

 次回、第2話「Scrap&Build」

しゅ…、種別確認! “ベヘモス”! 師団級魔獣です!?

00001
 異世界の少年エルへの転生、彼が夢見ていた“人型ロボット兵器”が闊歩する世界
 エルは、魔法と剣の両方を必要とする「幻晶騎士」のパイロットに邁進し
 小柄な自分でも、乗れる機体の開発を決意

 しかし中等部進級早々、実習訓練で魔獣の群れに襲われ…?

『何だと…!?』『師団級!?

00003
00004
00005
00009
00013
00015
00016
 残った者はすまん…、貧乏くじだ

師団級
 時は前回ラストの少し前、出現した魔獣は、町が一つ歩いているようなとんでもない規模だった
 若い者に伝令を託し、捨石覚悟で男達は出陣する!
 と

 一人息子を死なせて、あいつのお袋を泣かすわけにはいかんからな?

 規模名は「軍の編成」に準ずる
 察するに、総軍、軍集団、軍、軍団に次ぐ「師団」

 万人単位の兵士にも、相当する強さの魔獣という事でしょうか

 対するは、僅か8人のサムライ!

全機、法撃開始!

00019
 乗機は、現在の制式量産機「カルダトア」、前回冒頭の機体より一世代上!
 本世界では、エルのロッドが驚かれたように
 銃の概念が未発達

 ロッドを用い、魔法攻撃から始まるのがお約束らしい 
 
頭と脚を狙え!

00021
00022
00023
00024
00025
00026
00027
 当初、爆発の規模から、けっこう効いているかと思いきや…

爪とぎ
 機体自体が近付くと、大きさの差は歴然、なんと「足の爪」にしか届かない!
 必死に叩くも、爪を切断するどころか
 爪とぎにもならない

 叩きつけて、ようやくチョコッと傷が付くだけ、威力不足にも程がある!

 このスペック差
 もうコレ、師団ってレベルじゃねーぞ!

 サイズから違いすぎる!

ケヒエル!?

00029
 ここからは一方的だった、ただ足を上げるだけでのけぞらされ
 踏まれれば、一発でお陀仏
 勝てる気がしない!

『くっそ! このまま、ただで通すと思うなよバケモノめ!!

00036
00038
00039
00041
00044
00045
 そして再び前回ラスト、たった一機になった隊長機は奮戦した! が…。

ロデオ・アタック!
 一見、無謀にも思えた隊長の突撃、しかし彼は、突っ込んでくる勢いを利用して頭に!
 刃が通りそうな、目に乾坤一擲を放った!
 が

 喰らえぇぇぇぇええええええええ!

 まぶたも爪同等の強度
 爪が硬いのはともかく、可動部のまぶたさえ…

 城塞をも貫通する大火力の直撃で、最も無惨な死を迎えることに

 現用機8機瞬殺、ベヘモスは強かった…

さすがベヘモスは格が違った

00046
 ゲームFFや、ロボット作品「フルメタル・パニック」でも巨大機の名称に使用
 元ネタは旧約聖書で、神が天地創造の5日目に作った怪物
 陸に住み、海のリヴァイアサンと対にとされる

 壮大な出自なんですねー、ちなみに“世界の終末”には大決戦を繰り広げる予定

ずっとポケットの中に そっと隠し持ってた 夢が

00050
00051
00052
00053
00054
00055
00056
00057
00058
00059
00061
00063
00064
00065
00066
00067
00070
00071
00072
00073
00077
00079
00080
00083
00084
00085
00088
00089
00090
00092
00095
 今 目の前 広がるよ 僕は生まれ変わった 世界のルール変わるのさ♪

Hello!My World!!
 歌は、全員がCLANNAD好きという音楽ユニット「fhána」、河合荘ハルチカ主題歌など!
 パワードスーツが、ちょっとシュール!
 宇宙?!

 キービジュアルの主役機など、多腕型が印象的オープニング!

 杖が武器なんだから
 そりゃ、一杯持てたら火力が高いよね!!

 旧型のはずのサロドレアで、妙に物々しい一団、ZガンダムのOPオマージュな主役機!

 蒼く眠る水の星にそっと 口づけして生命の火を灯す人よ!

先輩専用機3機、揃い踏みするシーンがかっこいい!

00069
 CGの制作は、マジェスティックプリンスなど、ロボアニメに定評あるオレンジ社
 オレンジじゃないんです!
 いいよね…。

 そりゃ手書きは別格だけど、この質感で作画班に負担かけず動くとか、すごい時代だ!

ナレーション『エルネスティと幻晶騎士の救援により、その被害は最小限に留まった』

00096
00097
00098
00101
 ありがとうエル君、それにキッドとアディも…。

銀の癒し手(特定)
 怪物に襲われるも撃退、その功績で、シルエットナイトと並び称されるエル君であった
 この子、評価とんでもねえな!
 で

 癒されるわ~♪ エル君がいれば、まだまだ戦えちゃう~♪

 ダメな人だった!
 生徒会長、妹=アディと同類じゃないか!

 エル君の可愛さは大正義、アディと違い、おっぱいも大きいから仕方ないね!

 動じないエル君、さすがとしか言いようがない!

姉さま! エル君は私のですー!!

00105
 元祖エル愛、アディの主張ももっともですが、彼女は普段から愛エルしている
 対し、会長は離れている時間が多いのだから
 今は譲りなさい…、と

 なるほど、これはグゥの音も出ないのうアディーマン!

エル『会長、お話があります(真顔)

00105
00106
00107
00108
00111
00112
00113
00114
 僕には、彼らがたまたま現れようには思えないのです

大脱走マーチ
 当初、エルに選ばれたと思った会長は、見る間に相好を崩し、そして一瞬で相好を戻した
 この地は安全区、怪物たちは何かに追われていた 
 偶然ではなさそうだと

 実際、怪物は進路上の人間を襲い、無視出来るなら素通りしていました

 ベへモスから逃げる為、愛と野生の行動だったんですね

森を抜け…、王国中心部に向かうと思われます!

00115
00117
00123
00125
 森では現在、ライヒアラの生徒たちが演習を行っております!

ヤントゥネン騎士団
 一方、近辺を守護統治する「ヤントゥネン騎士団」では、生き残りの急報で生徒救出作戦を始動
 やはり、保有する100機もの幻晶騎士でも勝てない相手だ
 と

 どうか…、間に合ってくれ!

 団長が自ら出陣
 夜ながら、ナイトランナーも緊急招集

 この仕事の早さ、頼れる!

『僕らを襲った魔獣たち、その目的が、たとえば逃走だとするなら

00126
00127
00129
00133
00134
00137
00138
00139
00140
00141
00143
00144
 足止めする! 俺たちは騎士だ、何もせずに逃げることなど出来ない!!

蟷螂の斧
 当の学生たちは、気付くのが遅れるも、恐慌状態をエルの発砲によって解消
 何とか、連携を保ったまま脱出を開始
 と

 総員、抜杖! …放てッ!!

 やはり無理ゲー
 さっきの8機、隊長の一撃も“まぶた”を割るに至っておらず…

 エドガー先輩の叱咤で、高等部騎士団も奮戦するが、僅か5機ではとてもとても…

 見た目はハデだが、旧式ベースだし!

エル『押さないで! 順番にーっ!!

00145
 さすがに生身では支援できず、エル君は脱出の支援に
 もちろん先輩陣も、正規騎士ほどの実力はない 
 当初は、それが良い方向へ

 動きまわっての魔法攻撃、つまり身の安全を最重視したのだ

ディー『ハーッハッハ! 何だこのデカブツめ! 手も足も出ないじゃないか!』

00149
00150
00151
00152
00153
00155
00158
00159
00161
00162
00163
00166
00167
 何が師団級だ! 私独りで退治してやるっ!!

現実は残酷である
 距離をとり動き回れば、デカブツなど楽勝だと…、そう思っていた頃がディー先輩にもありました
 しかし、炎のブレスがゲパート機を瞬殺に
 と

 ディートリヒ! どこへ行く!?

 さっきまで話してた友達の死
 金属の塊が、一瞬でねじくれて粉々になる恐怖!

 3先輩でも、最も大きな口を叩いていたディーこそ、心根は誰よりも普通だった…!

 恐怖した彼は、赤い愛機ごと敵前逃亡に

生徒会長『エル君、早く!

00168
 おそらく、最後尾となる生徒会長組も、いよいよ撤退するところだったが
 エル君、逃亡する「赤い幻晶騎士」を目撃してしまい
 一目散に彼を追う事に

 色んな意味で、良いタイミングだった!

エル君『先に行ってくださいっ!

00173
00174
00176
00186
00187
00189
 しっ…、仕方ないんだ! ……最悪の中の、次善の策をとっただけだー!

月に叫ぶ
 逃げ出したディー先輩は転倒、通信機能がないのか、それとも混乱しているからなのか
 外部スピーカーで、自己弁護を繰り返してしまう
 と

 皆を…、見殺しにしたわけじゃない…!

 動かなくなった機体
 ディー先輩、なんて盛大なオープン・ザ・自己弁護…!

 あれは勝ちようがない(同意)

『やっと見つけましたよ、先輩っ!』

00191
 単刀直入にお伺いします、先輩は逃げ出したのですよね?
 とは、珍しく冷たい顔をしたエル君
 精神年齢40近く?

 対し、逃げるのが利口だった、と自己弁護を繰り返すディーですが…

エル『良かった

00193
00194
00196
00197
00199
00202
00206
00209
 先輩からなら、僕も遠慮なく“グゥエール”をお借りできそうです

スクラップ&ビルド
 虚を突くエルの「納得」に、一発で昏倒させれたディー先輩は、哀れ後部座席のお供に
 ただ、体格がまったく及ばないのはご存知の通り
 では?

 分かってますとも。今の僕では、まっとうな手段では…

 そこで壊す!
 通常は、操縦桿を「引く」と立ち上がります

 しかし故障中だからか、アクセルを踏まないとダメなのか、引いても機体は無反応

 そのままブッ壊してしまう事に!

やっつけ作業に、ぶっつけ本番も良いところですけど…

00210
 成功させるしかありません!
 そのままビルドイン!
 第1話の口癖!

 エルは、操縦桿を「魔法のステッキ」で代替してしまう。つまり…?

『さぁーて…、ここからがプログラマーとしての腕の見せ所です!

00212
00213
00214
00215
00216
00218
 物理操作を一切排除し、ロッドから直接スクリプトを伝えて、幻晶騎士を操作しようとしていた

直製制御
 普通たとえば、操縦桿を引けば立ち上がる等、操作に対し、決められた動作で機体が反応 
 対しエルは、機体を直接制御する事に
 と

 これは幻晶騎士の長い歴史に於いても、まったくもって前代未聞の試みといえた

 操縦桿もペダルも不要
 機体を動かす、膨大な数の「魔法」

 さながら、プログラムを組むように、ロボ動作魔法を自分で制御してしまうエル

 改めて人間業じゃない!

僕と、幻晶騎士の術式パラメータをコンバート!

00224
 もちろん、エルがぶっつけ本番で組んだ「魔法」は、正規のものではないので
 どうも、自分の魔法のパラメータ(外部から送られるデータ)を
 幻晶騎士で、コンバート(変換)して
 受信させてるらしい

 非正規の魔法を、幻晶騎士に「本来の動作魔法」だ、と認識させてる感じ?

エル『動作差異の…、最適化を開始!』

00225
00226
00229
00230
00239
00240
00241
00243
00244
00246
 修正…、修正! 修正ッ!! 

成功させすぎィ!
 ぶっつけ本番で、自分の魔法で動くよう、魔法システムを組み変えてしまったエルは
 後は、実際に動かしながら修正!
 で

 ロボットに…、僕は今、ロボットに乗っている!

 どんどん加速!
 どんどん昂揚するエル君!!

 早くも、エル君、数十年来の夢が叶ってしまった!! 叶いすぎィ!!

 どっかのガンダムSEEDかキミは!

『エル君、大丈夫かな~…』『止める間もなかったわね…』

00247
 まさか、色んな意味で大丈夫じゃないとは思わず、心配する脱出組
 無事は無事だけど、色々おかしい!
 主にテンションとかが!

『なぁ…、まさかアイツ、幻晶騎士奪って殴りこみにいったんじゃ…』『…ありえるわね

00249
00250
00252
00253
00255
00256
00257
00258
00261
 逃げられない…!

最高にハイ!
 このオルター兄妹の正しさよ! その頃、冗談抜きの命の奪い合いをしている先輩陣だったが
 魔法攻撃でも、眼にさえ傷付けられないと判明
 と

 あはは…、あははははははっ!

 窮地のナイスバディ先輩!
 ですが何という事、暴走するロボットバカが!!

 人がシリアスやってる時に、人生最高の瞬間を楽しんでいるバカ野郎が!!

 エル君、日異通算2人生目で夢が叶った!

エドガー『ディートリヒ! 戻ってきたのか!

00262
 森から飛び出した赤い機体、ご同輩、ディートリヒが戻ってきたと誤認するエドガー
 まあ普通はそう思うのよね!
 でも笑ってるよ!

居ました居ましたっ! みィつけたっ!!

00265
00268
00269
00272
00275
00276
00278
00284
 おっと! 顔すら硬いんですね!! …では、これならどうでしょう!

魔獣、とんだ災難事件
 乱入したエルは、徹夜明け並みのテンションで「顔」に踊りかかるも、初撃は弾かれてしまった
 しかし、今度はまぶたごと左目を貫通…!
 と

 すまないディー! もちこたえてくれ!!

 気付いて先輩!
 エドガーは、ヘルヴィ機を避難に

 おかげで彼は、エル君のアクロバット残虐ファイト選手権を見逃してしまう

 冒頭の騎士とは、勢いの付け方が全然ちがう!

ああははは! これがべへモス? これが魔獣?

00287
 散々手を焼いた焦熱地獄も、笑いながら回避するエル君
 もう、どっちが妖怪だか分からない!
 どっちが気の毒だか!

 攻撃に際し、機体の重みと勢いを乗せるエル君、そりゃ威力が段違いだよ!

これが…、幻晶騎士の戦闘♪

00290
00292
00293
00295
00297
00301
00303
00304
00305
00306
00309
 ほぉぉぉっ! すごいですねっ! 全身ほぼ隙間なく甲殻、無敵装甲!! 斬るだけ無駄!

魔法すら無駄!
 元々、盾を廃し二本の双剣を持たせた“グゥエール”は、ディーの性格を反映した攻撃的幻晶騎士
 しかし、全く刺さらないから「師団級」なのだ
 が

 だったら!

 避ける避ける!
 当たれば、一発でお陀仏なのはご存知の通り!!

 しかしテンションの高いオタクほど、この世に迷惑なものはないという好例

 エル君、慌てつつ騒ぎつつ、「やりたかったこと」を実行する

巨大兵器破壊の心得、その1です!

00311
 ロボオタ道大原則その1! 巨大兵器は、足を破壊して攻略せよ!!
 多少の傷でも、「自重」が自壊を促す事から
 とても有効な手段である

 しかし、グェエール乾坤一擲の大ジャンプ攻撃でも通じない! つまり本機では通じない!!

ほとんど刺さらないっ♪

00313
 しかし、「表皮」を破ってもその先に刃が通らない、つまり中身まで硬いのか?
 こうなると、自重崩壊作戦では怪しい
 モノが頑丈すぎるのだ

 この悪魔のような天使の笑顔

ひょっとして、全身、中身まで硬いです?

00314
 魔獣とは、「単体で魔法を発動できる獣」の総称、触媒結晶を持つ獣であり
 ベへモスの最大の魔法とは、巨体を支える“強化魔法”!
 対・自重こそ、彼の最大の力!

 魔法の要因・触媒結晶、幻晶騎士<シルエットナイト>の発光も、同じ現象なのでしょうね

エル君『これは…、持久戦になりそうですね!

00315
00316
00319
00320
00322
00323
00326
00327
 先輩…、只今修羅場の真っ最中なので、お静かに願いますッ!

地獄の絶叫コースター
 と言った傍から、きこり風に叩き付けてしまい、残った剣もオシャカにしちゃうエルくん!
 もー、ホントお茶目なんだから!
 で

 って、おい!? 武器を捨ててどうする?!

 お気の毒ですディー先輩!
 戦場から逃げた結果、もっと酷い状況に!!

 最前線ど真ん中で、天然幼女、もとい少年の後部座席という特等席!

 オマケに、エルくん何考えてるか分かんねーし!

あそこだ! あの剣を使え!?

00328
 混乱するディー、幸い、味方機が放り出した剣が転がっていた
 意外に、ちゃんと広い視野を持ってる辺り
 この人も優秀だ!

 ちゃーんと、「協力して生き延びよう」って意思は大切だ!

エル『ありがとうございますっ!

00329
00330
00331
00333
00337
00338
00339
00340
 これで今しばらく戦えます! とはいえ…、残りのマナは2割を切っています

逃げるにしても!
 しかし、剣はベへモスの足元、ディー先輩ったら焦るあまり命とりな提案をしていましたが
 幸い、エルくんはあっさりと奪取!
 が

 足の一本でも潰さない限りは、どうにも格好が付きません!

 カッコつけとる場合か!
 一応、「逃げる」ってオプションはあったのね!!

 ベへモスに潰されまいと、身を低くして走ったり、動きの細やかさが段違いなグゥエール

 エルくん、さぞかし関節、駆動系に無茶させてるの違いない!

ヤントゥネン騎士団『学生の練習機、2機を保護!

00343
 同じ頃、エドガー&ヘルヴィを回収した地元騎士団は、大筒を抱えて進軍中
 ただ、前回の通り、「銃」の概念が発達していない本世界では
 とある別の武器であった

 道なき道の為か、移動用車両もなく、全力で走ってるのがシュール

何だ!? アレが幻晶騎士の動きだと!?

00345
00346
00347
00351
00353
00356
00357
 守護騎士団が来てくれたんだー!/予想よりも、少し早い…?

カルダトアの法陣
 ベへモスを視認した騎士団は、全機を展開させつつ、「紅い騎士」の機動に仰天
 やはり、エルくん無茶苦茶させてるらしい
 で

 紅の騎士、よくぞ健闘した! 全機抜杖ッ、放てえ!!

 専用カラーの隊長機以下
 現行量産機、「カルダトア」隊は魔法攻撃をかける

 雨あられと魔法攻めする騎士団、しかし、ディー先輩の叫びにエルくんは首を傾げる
 
 生徒らを救う為、緊急招集した為でしょうか?

やったぞ! どうだ見たかバケモノめ!

00360
 思わず「やったぞ!」と叫ぶディーだが、やったぞ!で終わるケースは少ない…
 冷静に、これで終わるほど容易くないと評され
 青ざめる先輩

 この人、ホント素直だわ…。 

団長『アード・クラスト・バンカー! 用意ッ!!

00361
00365
00366
00368
00370
00371
 抱えていた大きな筒は、いわば、「破城鎚」の発展兵器であった

犠牲覚悟
 4機がかりで筒をたたき付け、激発する魔法の杭打ち機、パイルバンカー!
 本来は、攻城兵器なのでしょうか?
 で

 突けェ!

 動きの鈍いベへモス
 最初の一発は、見事に直撃し悲鳴をあげさせる

 また、元より決死の覚悟の彼らは、炎を警戒してか、4方向から同時に攻撃をかけた

 これなら、ベへモスの炎でも全滅はしないはずだったが…

エル『いけない! 逃げてください!?

00372
 しかしベへモスは、敢えて炎を真下に放ち、跳ね返った熱風を全方位へ
 この熱量なら、シルエットも瞬時に爆散はしなかったが
 各機、熱風に勢い負け!

 猛烈な熱風に、4部隊は弾き飛ばされてしまい…

ディー『ダメだ…、ダメだダメだおしまいだ…

00373
00376
00377
00379
00380
00382
00383
00384
00385
00387
00391
 許しません…、ロボットを壊していいのは…、ロボットだけなのですよ!

そのりくつはおかしい
 動きを止めた騎士団は、次々と踏み壊され、或いは熱風が内部まで入ったか機能停止
 ですが、おかげでエル君にも火がついた!
 と

 何をお前!? やめ! 無理! むーりー!?

 お気の毒ディー先輩2!
 効かないのに、上空からまたも一発見舞った!!

 と思いきや、直撃に際し、ビカビカ発光する器官にエル君は着眼

 今のベへモスは、自分達と同じなのだと

エル『強化の魔法も、そろそろ限界のようですね!

00393
 魔力切れ、これほどの怪物が、曲がりなりにも「倒せる」理由とは
 強化魔法にも、限界があるからだった
 と

団長『各隊、包囲を再構成! 攻撃を再開せよ!!

00397
00400
00401
00402
00404
00405
00407
00408
 さあ、大詰めです! …何ですか?!

グゥエールの限界
 気付いているのかいないのか、騎士団もくじけず、遠距離砲撃を再開
 だが、エルの機体は悲鳴をあげ始めた
 と

 ロボットと共に死ねれば本望ですが…

 確かにそうですね…
 実際、やりかねないから怖い!

 元々軍用から、学生用に格下げとなった機体に、あれだけ無茶をやらせた結果!

 グゥエールの方が、もはや自立すら困難となってしまった

エル『先輩が、操縦を代わってください!

00409
 こうなるとやる事は一つ、エルは操縦を代わるように先輩に要請し
 そりゃもう、ものすごい勢いで断られてしまう
 仕方ないよね!

 近接機だから、味方の火線に突っ込む事になるし!

無理でも何でも、死にたくなければお願いしますね!

00413
00414
00416
00419
00420
00422
00423
00427
00429
00430
00432
 直後に、またガチで泣かされたけど、「ふんっ!」って気合入れたディーさんカッコイイぞ!

コクピットから出るのは基本
 ブラック企業特有の、神風特攻精神を要求したエル、そも操縦桿をブッ壊していますが
 まだ、アクセルによる制御は出来る?
 で

 紅の騎士のナイトランナー!? 何をするつもりだ!

 大量の魔法陣を作るエル
 自ら魔法を使う為に、操縦を任せざるを得なかったと

 乗ってて良かったディー先輩!

 ベへモスも発光に怒りを見せて…?

エア・バレット!

00434
 発動した魔法は、ベへモスの突進をも緩めるほど、膨大な風の魔法!
 発光で注意を引き、その突撃を緩和!
 狙いは…

今です! 後ろに飛んでっ!!

00436
00438
00439
00441
00442
00443
00444
00445
00447
00448
00450
00452
00454
00460
00466
00467
 生き残ったのならば…、チェックメイト。

師団級の最期
 エルの狙いは、眼窩に突き刺したままだった剣、これを通じて内部に直接雷撃を叩き込む事で
 哀れ、魔獣は脳髄を焼かれてしまった
 と

 自身の重さによって、潰え去ったのである…

 脳が死亡した事で魔法も解除
 身体のほうも、自重により、その場で瓦解してしまった

 こうして脚の一本どころか、騎士団と等価クラスの怪物を退治してしまったのだった

 緒戦から、戦果が派手すぎませんか!?

『被害状況を確認! 中隊ごとに報告せよ!!』

00470
 戦闘後、どうもベへモス・ハート、魔獣の心臓は貴重な素材となるのか
 騎士団によって、真っ先に回収が行われた
 魔法の獣ですものね

 背中には森がしげっており、今まで静かに暮らしていた事も窺えます

エドガー『許してくれ、ディートリヒ

00472
00475
00478
00479
00482
00483
 俺はお前が逃げ出したものと誤解していた…、お前が犠牲になって…、俺達を!

春の自壊祭り
 戦後、もちろん戦果はディートリヒのものと誤解されたが、すぐに中からエル君が!
 その後、どうもディー先輩は入院してしまったらしい
 で

 ホラ♪ やっぱりエル君、幻晶騎士を奪ってた~♪

 やたら楽しそうだなアディ!
 事実を知ったエドガーは、むしろディーに同情する始末である

 機能停止したグゥーエルは、関節を吐き出すように破損、完全に自壊である

 この闘い、自壊ばっかじゃねーか!

『もし幻晶騎士に乗れなかったら、どうするつもりだったの?』

00484

 とはステファニアの問い、いわくエル君、さっさと逃げるつもりだったという
 完全に大博打でしたね~、とか自分で言っちゃうエル君
 一応、その辺の自覚はあったらしい

 まあ性格と能力的に、「乗れなかったら」って選択肢もなさそうですけどね! 

『同じ轍を踏まない為にも、思う存分動かしても壊れない機体が必要です!』

00489
00491
 まだではなく、これからですよ!

まだやる気!?
 結局、今回の事件で最大の反省は、「自分が乗れない」「乗ったら壊してしまった」の二点となった
 エル君、“壊れない幻晶騎士”も目標に追加!
 で

 僕は、僕だけの幻晶騎士を作ろうと思います!

 余計に夢が強まった!
 こうなると、完全に新造しないとダメな奴や!!

 関節部から新規軸必須ですねえ

12歳? 子供が師団級魔獣を倒したというのか?

00492
00493
00496
00498
 身に余る力は破滅の元、危ういのゥ~

国王動く
 もちろんエルが倒したという事実は、騎士団の士気に関わる為、トップシークレット扱いとなった
 他国が知ったら、誘拐や暗殺されかねないしね!
 で

 ひとつ、その子供に会うてみるか…

 黄金の幻晶騎士…!
 やっぱり、国王専用機はロマンですね!

 すごくナイト・オブ・ゴールド

キミはいつも そうだね とにかく 一つの事に夢中♪

00499
00501
00503
00508
00510
00513
00514
00515
00516
00517
00519
00521
00522
00524
00525
00526
 制作元・エイトビット社の代表作、IS-インフィニットストラトス-同様、走りまくるエンディング!

ユー&アイ
 エンディングテーマは、もちろんアディ役、大橋彩香さんが担当。島村卯月頑張ってます!
 次々加わるメカ、主人公機のレベルが違いすぎますね!
 と

 きっとあたし その隣 いつか歩いてみせる♪

 いつも何かに夢中な彼
 まだ、恋も知らないような彼を見守るヒロインの歌

 エル君、主人公にして、色んな意味で追いつきたい背中って奴だ!

 アディちゃんかわいい!  

次回、スクラップ&ビルド!

00527
00529
 次回、早くも「新型機開発」に入るエル君!

多腕型開発! 
 OP、EDでも異彩を放つ多腕の試作機、装甲がほぼ全変更され、傷がないのが試作機っぽい。
 今回の課題の一つが、携行できる武器の少なさ
 その解消でもあるのでしょうか

 ただ自重が増すことは、機体全体の負荷となるなど、試作機らしい試作機ですね

 仮に量産するなら、「補助腕」はかなり簡易な仕様になりそう

公式では、毎回各局の放送後にイラスト公開に! 前回分は…

illust
 イキイキとしてるじゃねェか!

壮絶な倉田ロス
 いきなり亡くなったエル君の旧名「倉田」、遺影がイェーイ!してて変な笑いが出てしまいますが
 頼れる絶対防衛戦、倉田氏を失った悲しみは大きい…!
 後輩の想いが熱すぎる!

 一方、ご当人はむこうでめっちゃ幸福そうでしたってね!

 このギャップ!
 確かに、ある意味天国って!!

“師団級魔獣”出現、実は建国以来初だった!?

00314
00343
 彼らに出来る限り、全力を尽くした大人達。責任感が見てて頼もしかった!

師団級魔獣ベへモス
 公式のあらすじによれば、「師団級魔獣の出現は300年ぶり、建国以来初」だったという。
 今回搭乗した、グゥエールなどの原型が300年前設計ですから
 以降の開発停滞も響いてる気が

 いきなりラスボス級の怪物と遭遇した、というケースだったんですねー

 アニメでは僅か2話
 そこは、原作をかなり略して描いた模様

 やはり早くロボットに乗せないと、アニメ視聴者が退屈する…、という配慮なのでしょうか

 1クールに数十始まる昨今、見せ場と説明、原作ファンの両立は難しい!

ロボット初搭乗! それは本作の山場です!!

DETC1oEU0AEUagD
 漫画版での描写、起動に丸々一話など力を入れたとの事

ロボットに乗っている!
 ブッ壊れたかのように笑い、まったく攻撃が通じず、腹案もロクになかったのにムチャクチャ!
 いかに嬉しいか、伝わってくるような壊れ方!
 好きだね!

 ホント、本作の見せ場だと感じた!

騎士団長専用機が登場した、現行主力機カルダトア

00346
 公式サイトには掲載されず、公式のノーマル型はこちら

騎士団長専用機
 通常型と違い、腹部の装甲が増えているなど、細かいカスタマイズもされていますが
 何より、顔の塗り分け(パーツ追加?)が行われた事で
 大きく印象が変わりますね

 他にも、旗持ち専用がいたり、生身の騎士の延長なんだなって感じも好きです

 また本作のロボット群は
 外見の特徴として、「魔法使いのローブ」を連想させようとしているんだとか

 特にカルダトアは顕著ですよね。独特。

次回開発予定の試作機など、オープニングに登場!

00072
 ちなみにオープニングには、マクロスFスタッフさんが参加されたそうな

試作機開発物語 
 胸部など、外付けで部品がくっついてるのが面白いですね。鉄血のグレイズの補助動力っぽい
 実戦では危ないですし、いかにも「試験用」って感じが好き
 ここは狙わないでね的な

 元世界ではロボアニメファン、その発想をどんどんブチ込むんだろうな! ってのが楽しみです

2017年7月9日Knight's & Magic ナイツ&マジック 第2話「Hero & Beast」

00069
 大破したグゥエール、ほとんど外装は無事なので再登板するんでしょうか

スタッフ
 脚本:横手美智子
 絵コンテ:笹木信作
 演出:重原克也
 作画監督:谷川政輝、八尋裕子
 アニメ制作:エイトビット
 CG制作:オレンジ
 原作:天酒之瓢/ライトノベル

あらすじ
 夜間演習中に魔獣の襲撃を受けた生徒たちだったが、エルの機転で危機を脱した。だがエルは、魔獣の様子に疑念を抱く。魔獣はまるで何かを恐れて逃げているかのようだった。
 エルの予感は的中し、やがて強大な魔獣ベヘモスが現れる。ベヘモスのような師団級魔獣の出現は300年ぶり、建国以来初。ヤントゥネン騎士団を総動員しても、打ち倒すことは難しいという。
 生徒たちが脱出を開始する中で、エルは想像を超えた作戦を開始する。

ロボットに乗りたい! 夢を実現した結果、ますます…!!

00095






































































00244
00246
 エル君直結で、異常な運動性を実現、自壊覚悟なら、このくらいの潜在性能があるワケね

月に吼える
 笑いながら魔獣に立ち向かったところで、変な笑いが止まらなかったエル君の緒戦!
 なるほど、このシーンを早めに視聴者に見せたかったのかな!
 見たいな感じも

 戦いは、現行機の問題を洗い出し、活躍で予算もきそうだし実に有意義!

 国王は謹厳そうだけど…?
 でも前回の冒頭、幻晶騎士に理解あるって言ってましたしね

 黄金の騎士! EDの走りまくる姿も可愛いし、新型が楽しみ!

 次回、第2話「Scrap&Build」


 ナイツ&マジック 第1話「Robots & Fantasy」
 ナイツ&マジック 第2話「Hero & Beast」
 ナイツ&マジック 第3話「Scrap&Build」
 ナイツ&マジック 第4話「Light&Shadow」
 ナイツ&マジック 第5話「Hide&Seek」
 ナイツ&マジック 第6話「Trial&Error」
 ナイツ&マジック 第7話「New&Old」
 ナイツ&マジック 第8話「Secret&Quest」
 ナイツ&マジック 第9話「Force&Justice」 ※OPに効果音追加
 ナイツ&マジック 第10話「War&Princess」 ※OPに「今週のハイライト」追加
 ナイツ&マジック 第11話「Hit&Away」 ※OPに更に効果音追加!
 ナイツ&マジック 第12話「Knight&Dragon」 ※BGMボリューム調整
 ナイツ&マジック 第13話「Heaven&Earth【最終回】」 ※本編流用でトイボックスなどが登場に

 制作会社エイトビット公式で、原画やキャラ設定画が公開中!