公式サイト 猫ヶ原 4巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
元飼い猫、野良猫に拾われる。化かす言葉で優しい男、大玉親分との過去!

jaa_002
jaa_004s-
IMG_0355
IMG_0348
IMG_0343
お稚児未遂なノラ千代かわいい! 何故やさぐれたか、過去を描き全貌をほのめかす!
 頑張って頑張って、皆で暮らせる組織を作り上げたはずが
 結果、瓦解を招いた親分が辛い

 組織は必ず腐敗する、私利私欲に悪用する身内が現れるって事なのよね…

だから痛みを忘れるな
 暴力でしか平和を作れなかった、でもだから、“痛いのは嫌だ”と知ってるんですよね。
 痛いのは嫌だ、誰もが嫌だって解っているから平和を維持しようとするけど
 クズを切り捨てるアビ平と折り合えなかった

 金はやるから、“アンタを大事に思う前に、出て行って”? 親分に優しさ溢れてた!

猫ヶ原 4巻 感想

IMG_0336
 第20話「流浪キティ1」
 第21話「同3」
 第22話「同4」
 第23話「同5」
 第24話「海猫」
 これまでの感想

危険道楽(危険ドウラク)中毒、片目の傷は、アビ平との過去でついたものだった

IMG_0334
 そのアビ平、ダイナミックすぎる転身をしていて…?

あらすじ
 ノラ千代は話した、かつて“飼い主”を失った自分が、アビ平というチンピラに拾われた事
 アビ平は、大玉親分が作り上げた町で私服を肥やしており
 目の上のたんこぶだった、親分を殺害した

 覚悟を決めていた親分は、自分の生き様をノラ千代に託し、彼を生かす

 再び現在、海外勢力は、鎖国を決めた幕府の打倒を図っており 
 アビ平は彼らと繋がっていた

 ノラ千代達は、これを阻みたい幕府の囮を押し付けられて…?

遊郭に連れてこられ、可愛い格好をさせられたノラ千代…!

IMG_0355
IMG_0352
 遊郭とはッ! いやらしいお店である! まあいやらしいッ!!

流浪キティ2
 サブタイもヒドイが状況も酷い! 古今東西、遊郭に売られた男主人公だなんて…
 と思ったが、アビ平は別に売春をさせたいわけじゃなく
 彼自身、ここで用心棒してるだけ

 別に幼いノラ千代が、脂ぎった男達にもてあそばれるワケじゃなかった!

 いや武井先生だからね!
 可愛い絵柄と、アレな展開に定評ある武井先生だからありえると思った!!

 セーフ! バッターだけどセーフ!!

アビ平の仕事は“取り立て”、ノラ千代は同情してしまうのだったが

IMG_0351
IMG_0350
 存外、真のクズってやつは ああいう弱ェ馬鹿の中にいるモンだ

仕事と教え
 アビ平、ただの外道じゃない。彼は、“金の取り立て”で暴力を振るってきて
 世の中は、救えない奴が多いと良く知っていたのだ
 と
 
 だったらなんで こんなになるまで なんとかしない?(ノラ千代)

 暴力的な借金取りは悪です
 だから嫌悪するし、逃げ回る人が気の毒に思えるけど、ノラ千代は違和感を覚えた

 彼にとって、手痛い社会教育になる事に。

逃げ回る哀れな男に同情したノラ千代、しかしアビ平は言った

IMG_0358
 アビ平が「ノラ千代を殺せば、借金チャラだ」というと、男は見る間に…

救えねェクズ
 男は、「やったラッキー!」と嬉々としてノラ千代を襲い、手痛い教訓を得るノラ千代
 弱い立場の、哀れに見えた男だったが
 彼も「弱い奴に強気だ」と

 同情した少年に、偉そうにするなと襲い掛かる男!

 世の中、同情する価値がない奴はいるんだと思い知らせたアビ平!
 こう言うのは正直辛いね…

 実際、「こうなりそう」って思えて怖い!

男『どうせこいつ(ノラ千代)は、オレを斬らねえ!』

IMG_0348
IMG_0349
 ノラ千代、痛烈な「働け!」。やだ武井先生、社会派ッ!!

ああ、てめーは不合格
 ノラ千代は必死に、こんな事で借金を返しても、何の解決にもならない
 ただ、働いて真面目になるのが最善だと説き続けるも
 男はまるで耳を貸さない

 結果、男はアビ平によって殺害された

 放っておけば、ノラ千代が殺されるのは目に見えていた
 アビ平は“落第だ”という

 アビ平は、ノラ千代が社会の理屈を学び、彼を殺す事を期待してた…?

アビ平『あ? ああ てめーは不合格』

IMG_0347
IMG_0346
 不合格と言いながら、何故アビ平は自分を助けたのか?疑問に思う事に

因縁、深まる
 元より、アビ平がノラ千代を拾った事自体、彼にとっては益のない事です。
 都合よく利用するなら、もっとあっさり関わればいい
 アビ平はただの悪党じゃない

 彼に疑問を深めたノラ千代は、彼を追って無人の街をゆく事に

 大きな街なのに、なんで誰も居ないのか?
 湯屋を何故みんな怖がるのか?

 この辺、謎だらけでわくわくしました!

殺しちゃうぞバカヤロウ』

IMG_0345
 そこで出会ったのが、「バカヤロウ」が口癖の親分さんだったと。

バカヤロウ
 彼、大玉親分のモデルは、ビートたけし氏っぽいですね。口は悪いが人情派だと。
 大玉親分は、暴力で街を仕切るヤクザの親分で
 アビ平も手酷い目に

 睨まれただけで腰が抜けるような、血のにおいが染み付いた

 彼は、アビ平が麻薬売買で儲けている事を知り
 咎める為に呼びつけていた

 アビ平は、“買う奴はバカ、自業自得”だと言うのでしょう。でも親分は許せなかった

アンタ(ノラ千代)は、オイラの敵だからおっぱらうんだよ』

IMG_0344
IMG_0343
IMG_0343
 よく言うだろ? 「猫に小判」ってよ。

心はやらねえ
 親分は奇妙な人で、あんなに怖いのに、街の人にはすごく愛されていました。
 さっきまで人が居なかったのは、「ヤクザと町人」を隔離し
 騒動を起こさぬようルールを決めてる為

 金をやる、この場合、情を移さないようにって事でしょうか

 親分は、ノラ千代がいたら困る。
 でも優しい人だから、気の毒なノラ千代の力になってやりたい

 折衷案として、情が移る前に出てってくれ、と?

大玉親分を煙たがってたアビ平は、この機会に動き出す

IMG_0342
 ノラ千代の「危険道楽(麻薬中毒)」は、大玉を殺させる為、アビ平に嗅がせられたもの。

恩人
 大玉も元飼い猫、飼い猫は賢い、アビ平は一種の学歴コンプレックスなのかも。
 彼は、大玉が「みんなで平和に暮らす為」に作った組織を利用し
 私服を肥やしていた

 咎めた大玉へ、同じ元飼い猫のノラ千代なら、殺せないだろうとぶつけた

 実際、大玉はノラ千代を殺せなかったけれど
 彼を信じ自殺同然に散る事に

 大玉、アビ平は氷山の一角、もう腐敗した組織は終わると感じたんでしょうか

大玉『オイラはここで終わりだけどよ アンタは良いトモダチ持てよノラ千代』

IMG_0341
IMG_0340
IMG_0339
 ノラ千代になら託してもいいか、と自殺同然に殺害された大玉

大玉の最期
 彼の行動は、決して合理的じゃない。アビ平が裏切ってると知っていたし
 組を動員し、アビ平を討伐すれば済む事でしたが
 そうはしなかった

 もう自分が作った平和は腐敗を始めた、俺は終わるべきだ、みたいな?

 ノラ千代が、代わって新しい平和を作る「親分」になる
 そう託したんでしょうか。

 お前はトモダチ作って、新しく楽しい集まりを作れよ、みたいな。

ノラ千代、イメチェン。見えてきた事件の全貌!

IMG_0338
IMG_0337
IMG_0336
IMG_0335
 目は正気に戻す為につけられた傷痕、そして耳は、ただの古傷だった…! 台無しィ!

海猫。…意味が違う?!
 いきなり「髭前の国」に向かえと、船をチャーターされたノラ千代たち!
 肥前とは、すなわち島原の乱が起こった場所
 日本最後のクリスチャンの乱!

 ホル坊は忍者、上司は“鮭皮幕府”! 幕府からの要請なのだと

 そして、不法行為を行う“ショー斗の父”もまた幕府の部下で
 島原は獅子若の故郷

 更にアビ平も関わり、全ては島原に繋がる…!

幕府は、ノラ千代を「堂々と」島原へ向かわせる。すなわち長崎だ!

IMG_0334
 アビ平どんだけ変わり身すごいんだよ!?

倒幕100年運動
 かつて幕府は鎖国した、その事で、貿易を制限された海外勢力が逆恨みしている
 というか、当時の西洋列強は「貿易と宗教で内乱を誘発」し
 国を乗っ取るのが定番でした

 対し日本は早々に鎖国し、乗っ取りに失敗。だから幕府が邪魔だと

 西洋が、再び日本に戦乱を起こそうと暗躍する中
 アビ平は彼らの重責を担っている

 おびき出す為に、アビ平がこだわるノラ千代を囮にするってワケか!

収録

IMG_0333
 村上水軍の「戦争に出なかった豪華大将船」、戦艦大和のオマージュ?

 講談社マガジンエッジコミックス「猫ヶ原 巻」。
 月刊少年マガジンエッジ連載、2018年5月発売(前巻2017年6月発売)
 最終巻同時発売、シャーマンキング連載再開ッ!

収録
 第20話「流浪キティ1」
 第21話「同3」
 第22話「同4」
 第23話「同5」
 第24話「海猫」
 これまでの感想
 トップに戻る

ハイパーダッシュ!四駆郎 感想

 ダンボール戦機外伝 全1巻(HIRO)
 機巧童子ULTIMO 12巻(完)
 シャーマンキング -ZERO- 2巻
 シャーマンキングFLOWERS 5巻
 シャーマンキングFLOWERS 6巻(完結/掲載誌休刊)
 ハイパーダッシュ!四駆郎 1巻
 ハイパーダッシュ!四駆郎 2巻“ザウルス大全”収録 タンクロー激戦!

猫ヶ原。武井宏之 コミックス感想

 猫ヶ原 1巻
 猫ヶ原 2巻“タチハダカルモノ”
 猫ヶ原 3巻“神殺し”ノラ千代 誕生篇
 猫ヶ原 4巻“流浪キティ”ノラ千代 再出発
 猫ヶ原 5巻“最終回”ここはいつかの猫ヶ原