アニメ ひなこのーと 第12話 感想【最終回】レビュー 考察?あこがれのばしょ 画像 ネタバレあり 17時追記 前回はこちら
ちあきのーと2! バレンタインもサービス満載大家さん、“劇団ひととせ”原点へ!!

00156
00307
00308
00309
最終回はEDで後日談! また新しい春がきた、って終わり方が健全で素敵だった!!
 冒頭からドスケベに、Bパートはひな子たち“劇団ひととせ”の原点へ
 EDで、かかしノルマやっちゃいましたね!

 元々4人だったけど、ゆあ達が居ないのは寂しい…、と思わせて揃った最終回!

EDのゆあちゃん頑張れ!
 最後までゆあのーと! 無自覚毒舌や変な度胸と、今週ひな子が強くてゆあちゃんがヒロイン!
 大家さんのモテっぷり、まゆちゃんの正妻力
 くいなの大食いと盛り沢山!

 待望のメイド大家さんが、とてもスケベでしたね(真顔)

アイキャッチにED、カーテンが大活躍な最終回だった!

00326
 それにしてもこのひなちゃん、花魁、花街である

あらすじ
 2月14日、女子校なのに、大モテの大家さんで盛り上がるバレンタインの中、ゆあも渡そうと特攻!
 そんな大家さん自身、喫茶ひととせでバレンタインの販促を行い
 ゆあを無事感激させる事となる

 翌日、お礼を兼ね観劇に出かけたついでに、皆で“スズラン”劇場を眺めたひな子

 いつかこの場所に。
 偶然、ゆあとルリ子とも出会い決意を新たにする

 やがて再び四月が訪れ、新たな公演へ、劇団ひととせは慌しい日常を送るのだった(終)

 第12話「あこがれのばしょ【最終回】」

前回で年を越し、あと三ヶ月で越してきて一年だと改めて思うひなこ

00125
 際し、素晴らしい巨乳巫女っぷりだったひな子は、あまり話した事の無かった大家さんと
 もっと仲良くなろうと、勇気を出すことが出来ました
 ゆあも勇気を出せました

 ゆあもやりました!
 
ひなこ『うー…、寒くて寝付けないよー…

00000
00003
00004
00007
00008
00009
00010
 キッチンから良いにおいが…?

開幕エロス
 もはや見慣れたパジャマ姿が可愛い…、と思ったら、ばいんばいん揺らして視聴者混乱不可避
 しまった! ここはただのえろあにめだった!
 俺が食い止めるから先に行け!

 本作、可愛いと見せかけて、ドえろい体なのはどうしたことか!

 フフフ、いきなりやってくれおるわ!

あきちゃんあきちゃんあきちゃんあきちゃん…

00011
 おいおい、もっとやべえのが居たよどういう事なの?!
 最終回は…、ヤンデレ回だった…?
 赤頭巾が似合いすぎ!

 夜、寒くて起き出したひな子、匂いにつられて厨房で見た!

ひな子『ふぁっ!?

00012
00013
00014
00016
00017
 まゆちゃーん…、何つくってるの?

チューボーですよ!
 主題歌明けに、フツーに電気をつけるひな子ちゃんが何故か笑えます。ものすごい度胸だ!?
 しかしまゆ、ノールック言い逃れの高等テク
 と

 ひなちゃん…? 明日の下拵えよ

 けっこう本格的な厨房があったのね
 これでOPも見納め!

 日常的で、ドッタバタなOP!

大家さんの名前…、何かぶつぶつ呟いてたし…

00018
 そっ…、そんなこと言ってないわ!
 既に、察せられる状況!
 強いられているんだ!

 そっかー、大家さんは貰う系女子だったかー。

『きっと寝ぼけて幻聴を聞いたのよー! 良い子は早く寝なさいー!!』

00020
00021
00023
00024
 何か隠してるー! あやしいー!!

ガビーン(効果音)
 押してもビクともしないひなちゃん、電気の件といい、まったく空気を読まない恐ろしい子!
 押してダメなら、飛び跳ねて隠すまゆちゃん!
 もうホントかわいい!

 明日まで秘密なのー! 見ちゃだめー!!

 売れる…!
 きっと「ぴょんぴょんまゆちゃん」って商品化したら売れるよ!!

 何このクッソかわいい生き物!

可愛すぎてこれ以上、追及できないー!

00026
 こっちもこっちで、斬新過ぎる理由で攻められなかったひな子
 二人とも可愛い! 可愛いは大正義マユリエルって話
 本当だったんですね…

 ですよねマユリ様

ひな子『くーちゃんに、相談に行くーっ!

00027
00029
00034
00035
00037
00038
 まゆちゃんが大家さんの名前を、魔女みたいな格好しながら?!

例:謎の白い液体
 斬新な理由で逃げ出したひな子、珍しく、本をかじってないくーちゃんとかいう珍事!
 慌てたからと、直感的に話すのはよくないよ!
 で

 あれはきっと、魔女が使うような怪しい薬だよー!

 いや、まゆちゃんを何だと思ってるんだよ!
 犬ぐるみ可愛い!

 いわく、しびれ薬とかじゃ…、と

くいな『あやしいくすり…

00039
 こっそり、味見してきます!
 誰です、こんな頭おかしい会話を考えたバカは!
 想定外ですよ!

 くーちゃんさん、人としてのレベルが高すぎる!

『(そういえば、明日はバレンタインでしたっけ?)』

00040
00042
00043
00044
00045
00048
00049
00050
 朝起きたら、大家さんが倒れてたりして…/推理小説の冒頭みたいですね~?

惜しみなき最終回
 しかしくーちゃんは常識人なので、問題ない、と判断するやひな子をからかうのであった…
 明日の朝、大家さんの部屋を覗いてみたら!
 そう!

 そこには着替え中のあられもない大家さんの姿が!

 ただのスケベだよコレー!
 想像上でも、エロ要員なんですか大家さんはー!!

 ホント、最終回でもエロい身体!

結局、大家さんが心配で寝られなかったよ~

00050
 そんな取り越し苦労で夜を徹するとか、最終話でも難儀な子である
 制服姿ですが、思えばOPから妙にお色気で
 変に印象的でした

千秋『何か、顔色悪いみたいだけど大丈夫?』

00052
00053
00055
 どうしよう…、何から伝えればいいのか…?!

ラブポーションは突然に
 錯乱し、何から伝えればいいのか 分からないまま時は流れてしまうひな子
 君があんまりすてきだから!
 で

 くれぐれも…、お体に気をつけて下さい!

 一周回って不発ひなこ
 想像上のまゆちゃん、悪い顔!

 まさに、つくづくお前は悪い子だ、大人のやることに疑いをもつのはよくないなである

 見慣れたセーターセーラーも今回で見納め…!

『あきちゃーん♪ おはよー♪』

00057
00059
00061
 おおやさーん! 私が先に毒見しますー!!

ひなちゃんにも♪
 まさかひな子の妄想が超特急とは知らず、可愛く入ってくるまゆちゃん、最終回でもホント可愛い
 毎年って、この二人いつから付き合っているんでしょうね?
 で

 私…、何か恨まれるような事しました…!?

 ひなちゃん警戒しすぎぃ!
 大家さん、こういうSD絵って珍しいですね

 完全に殺人事件リアクション

まゆ『ただのバレンタインチョコよひなちゃんー!?』

00063
 とにかく思い込みが激しいひなちゃん、思い込めばバニーも着るしね!
 まゆちゃん、とんでもねえ誤解であった
 とんでもねえ!

あきちゃんと、お店のお客さんの為にチョコを作ってたの♪』

00064
00065
00066
00067
 なーんだ? てっきり大家さんにシビレ薬を盛るつもりなのかと~♪

輝かんばかりに失礼
 いわく、寒かったので防寒し、食べさせたい人の名前を呟くと、美味しくなるというおまじない
 なのだが、可愛く誤解を口にするひな子であった…
 と

 ひなちゃんって、突拍子もなく失礼なこと言うわよね…

 緊張屋だけど
 一旦、心を許すとこの様だよ!

 ひな子ったら失礼さん!

ゆあ『(千秋先輩の為に作ったチョコ、ちゃんと渡せるかしら…)』

00068
00069
00070
 とは、テンパってロクな事にならない事に定評あるゆあ

千秋チョコ事件Ⅱ
 前回といい、千秋先輩モテまくり案件である
 モブ子が一際かわいい!

 ハート型って、もう同性チョコじゃねえ!

『千秋先輩の事、ずっと見てました! 尊敬してます!! これ、受け取って下さい!』

00071
00072
00073
00074
00075
00076
00079
00082
00083
00084
00085
00086
00087
00089
00090
00092
00094
00096
 現実って…、厳しい! ぐずぐずしてたら渡し損ねちゃうわ!!

伝説の木は遠かった
 無論、思い込みの強さはひな子に劣らないゆあは、ばっちりイメトレ臨んだのだったが
 満員御礼、弾き飛ばされたゆあ可愛い!
 翻るスカート! 

 どうしよう…、先輩を目の前にすると緊張しちゃって…

 案外あっさり順番が
 しかし緊張し、また下半身に注視する作画が!!

 一流は目で殺す、千秋ちゃんは、一流の女殺しですぜ!!

 まあ当人も女性なんだけど!

おーやさん、はっぴーばれんたいんです♪

00097
 なおひな子、ゆあ千年分の緊張をスルーするファンサービス
 今週、なんかいつも以上にひどい子だ?!
 まったくひどい子だ!?

ゆあ『何でアンタは、こういう時だけメンタル強いのよ!?

00098
00099
00101
00102
00103
00104
00105
 あれ? もしかしてゆあちゃん、まだアキちゃんにチョコ渡せてないの?

もしかして:エスパー
 自称「ゆあ様」で、基本的に無礼と黒髪と、ニーソックスで出来ているゆあちゃんですが
 劇といい、ここぞの爆発力ではひな子に劣る面が
 と

 何で千秋先輩に渡すって分かるんですかー!?

 ゆあ子、隠せてない好意!
 ゆあShock!
 
 しれっと現れる正妻、まゆちゃんに笑えます

『これ…、受け取って下さいっ!』

00108
 そういえば聞いたことがある…、女子の中には稀に、女子にチョコを貰いまくる
 イケメンの化身のような女子がいるのだと…
 前回に続き、モテモテ大家さん

 公式キャラ解説で、舞台に上がると人が変わるとあるが、当方あんまりそんな印象は無い

千秋『あ。…髪飾り、曲がってる』

00111
00113
00114
00116
00117
00119
00121
00122
00123
00124
 あきちゃん優しいし、そのうえ優しいから、女の子にモテモテなのよね~

めんこいのうワレェ!
 あまりに百合百合しい女子校空間、まゆもまた、先輩に絡まれていたところを助けられたと聞き
 ひな子は、昭和くさい想像をするが…?
 と

 お…、大家さん、実は札付きの悪なんですか!?

 めんこいとはまた古い!
 大家さん、想像上でもエッチな身体すぎるパートⅡ!!

 前回に続き、本格的に大家さん回に

 わざと髪留めを崩す女子力!

まゆ『そうじゃなくて、あれは入学初日…』

00126
00128
00129
 小さくて可愛い~! 一年生? 何組?

通りすがりの巨乳ヒーロー
 やはり、美少女過ぎて入学初日に包囲されたまゆ、そこに颯爽登場したのが大美少女千秋だった
 大方の予想通り、「困ってますから…」と
 先輩方を留めようとしてくれた

 当時、お団子頭だったゆあちゃんかわいい!

 このお団子は、テイクアウトされるレベル!

『かわいーっ!』『髪さらさらー!』

00130
 スタイル抜群、腰ほそーいっ!!と、代わって千秋に話題が集中し
 まゆちゃんは、無事助かったという案件
 まゆちゃん完全放置するレベル

 ちょ…、千秋先輩、公式モテLv高すぎません!? カンストなの!?

…って、感じであきちゃんに助けて貰って…

00131
 美人さんは、色々と大変なんだなー…って、自覚がねえ!!
 ひな子自身、こぼれんばかりのエロボディ美人なのに
 まったくもって自覚がない!

『先輩の顔見ちゃうと緊張しちゃうから…、ゆあの代わりに渡してきて欲しいんだけど…』

00133
00134
00135
 ダメだよ! せっかく作ったんだから、自分で渡さないとー!

愛は時を越えて夢は遥か彼方へ
 土壇場でヘタレたゆあは、代打をひな子に頼むが、ひな子監督はチェンジを許さず
 愛は当人の根性とガッツで渡すものだ
 と

 大家さんも、ゆあちゃんの気持ち、分かってくれるよ♪

 色々ひどいけど天使だ…
 にしても、この学校、靴箱より下の階があるんですね

 坂の所に建っているんでしょうか

『そうよね…』

00136
 千秋先輩の名前を唱えながら作ったチョコだもん…
 そして流行のヤンデレ製法で作られたと判明
 どことなくエロい…。

 お呪いと書いて「おまじない」、なんだか呪いですね…

『(まゆちゃんと同じ、おまじないの本、読んだんだ…)』

00137
00138
00139
00140
00141
00142
00144
00146
00147
 ちあきせんぱいっ! これ、うけとってくださいっ!!

知っておったよ…
 奇跡は起きます! 起こして見せます!!とばかりに突貫したゆあが見たものは千秋の笑顔
 そして、「いつも見てる」と知られていたのだ
 と

 うん…、知ってる。なんだかよく目が合うなって思ってた

 先輩鈍感じゃなかった!
 千秋先輩、大きいのに感度が良いんですね!!

 これはゆあちゃん恥ずかしい!

千秋『チョコ、ありがとう。お礼がしたいから、放課後、お店に来てくれる?』

00148
00149
 表情が、ころころ変わる…、面白い……と思われていたと判明
 最終回でも、ゆあちゃんの愛は重かった
 まさにヘビーガンダムである

 小動物大好き千秋先輩、しれっと面白がるのは割とひどい…!

『先輩からのお礼って何かしら…? おじゃましまー…?』

00150
00151
00153
 ゆあちゃんいらっしゃい? 今日はお客さんに、チョコをプレゼントしているの♪

いかがわしい喫茶ひととせ
 期待に、薄い胸を膨らませたゆあが見たものは、前回に続き男性陣に囲まれた千秋ッ!
 ていうか、この状況に比して客が少ない!
 ゆあの胸並みに少ないよ!

 まゆちゃんの手作りだよ? 食べていってね♪

 最終回にして出たよ、遂に!

千秋先輩の、メイド姿…ッ!

00157
 最終回にして初メイド姿、胸がぱっつんぱっつんという作画のこだわり
 公式ド巨乳すぎる…!
 でけえ…

 完全に風営法にひっかかる奴だこれ!

ゆあ『眼福ですッ!』

00156
00158
00159
 な…、泣くほど嬉しかったの?!

号泣
 ああ嬉しいとも! これが噂の堕天使エロメイド、萩野千秋さんじゅうななさいという奴か…!
 完全にいかがわしいお店なのも気にせず
 号泣するゆあちゃん

 やはり、この子も大概おかしい 

前回の可動式アイキャッチに続き、最終回は…

00160
 貴様には失望した! 誰がオチを用意しろと!?
 本作、屈指の有能キャラ鳥太郎
 この有能!

 まさにオオトリ! …って誰が上手い事をやれといった!?

ひなこ『昨日はお客さん、いっぱい来てくれたね?』

00161
00162
00164
00165
00167
00171
 結局、用意したチョコ、ほとんど無くなっちゃった

何故残ったのか不思議なレベル
 むしろ整理券と、握手券とついでに結婚宣言が必要だったレベルの込み方だった気もしますが
 おかげで、売り上げも上がったと礼を言う千秋
 で

 ところでまゆちゃん、今日の午後は空いてる…?

 二人のメイド服姿のおかげだよ♪
 と、謙遜するまゆ

 対し千秋、お礼って訳じゃないけど一緒にイかないか、と

 これはまゆちゃん誤解する…!

『もしかして…、あきちゃん…!?』

00172
 完全に、大人の階段を登る心積もりのまゆちゃんさん
 君はもうシンデレラさ!
 が

久々のくーちゃん『へー? お芝居のチケットですか?』

00175
00176
00177
00180
00182
 まゆちゃんが拗ねてるように見えるんですが…

え?なんだって?
 無論、「皆で」だったのだが、勝手に盛り上がって勝手に盛り下がるまゆちゃん可愛い!
 やはり正妻は誤解力も高いわ!
 なお

 さあ…? よく分からないけど……

 イケメン特有の鈍感
 千秋先輩、ハーレム系主人公の素養があったか…

 まゆちゃん最高に小さいよ!

私、お芝居あんまり好きじゃないし…

00183
 かがむ事で更にエロボディになってるのはともかく、困るまゆ
 好きな人が好きでも、それはそれ、これはこれ!!
 或いは単に拗ねてるだけ!

 母親と拗ねた幼女!

『このお芝居をやる劇場のある場所って、もしかして…?』

00185
00186
00189
00190
 ここって、私達が目標にしてる“スズラン”がある場所じゃないですか?

いざ「文化の町」へ
 実は、シモ○タ劇場の傍にはスズランが…、それでタイトル“憧れの場所”だったのですね
 下北沢は学生の町、演劇の町として有名
 また

 あの辺、美味しいお店いっぱいありそうですものね~

 下町グルメ!
 そりゃ、くーちゃんならずとも気になる!!

 演劇や古着、サブカルの町として有名な下北沢

 スズランも見学に行く事に、と

まゆ『…ハッ!』

00192
 二人の瑞々しい会話に、ポカンとなる母と幼女。ハッと我にかえるまゆちゃん!
 今、自分は「拗ねる」という残虐ファイトの真っ最中なのに!
 ベルリンの夜風がやけに身に沁みるぜ!

 まゆちゃんかわいい! 

『すずらん……』

00194
00195
00197
00198
00201
00202
00203
00204
00205
00206
00207
00208
 だってそもそも、ひなちゃんにスズランのこと教えたの、私だもん♪

リーダー的幼女
 そういえばそうでした、お芝居は好きじゃない、と言いつつも通常の3倍は詳しいまゆちゃん
 彼女の言葉が、“劇団ひととせ”に夢を作ったのだ
 と

 あきちゃん! お芝居のチケット、忘れてない?/くーちゃん! 古本屋の鍵!

 途端に仕切りだした!
 もう2月を過ぎ、全員モッコモコで可愛い!!

 スポーティなくいな、お嬢なまゆ、露出度の低い大家さん

 こっち側の道は人が少ないのね

ひなこ『まゆちゃん! 喫茶店の鍵……』

00209
 はりきってやがて悲し、ズバズバ指示を飛ばすも自分が忘れるまゆ
 いかにも、浮かれてるって感じ!
 お母さん浮かれてる!

 千秋の娘から、ひととせ荘のおかあさんまで、芸域の広いまゆちゃん!

まゆ『きゃー!?

00210
00211
00212
00213
00215
00217
00218
 座れそうにないですね~

かといって
 古祥寺駅から電車に乗り…、そう「古」祥寺であって、決して吉祥寺ではないのです…!
 一応程度の、架空の町仕様になってる!
 で

 ちょっと、奥に入ろう?

 東京の電車は込むズラ…
 やむなく4人は、並んで立つ事にしたものの。

 奥とか立つとか、座位だとかまったくいやらしいアニメですぜ…

 まゆちゃん届いてない!

千秋『そこの手すりに掴まればいいのに…』

00219
 自分だけ小さいと自覚したくないまゆちゃん、つま先立ちで無理しちゃってさ!
 電車の中で、美少女が真っ赤になる事案が発生
 おまわりさんこっちです!

 痴漢被害とか連想しちゃいけない!

お嬢ちゃん、代わりましょうか?

00220
 まゆちゃん、ご高齢の方々に心配されるファンサービス
 この世界には善意しかなかった!
 てか

 ひなちゃん冒頭から「かわいい」連呼だけど、上級生ですよ!?

千秋『この駅、出口間違いやすくって』

00221
00223
00224
00225
00230
00231
00232
00233
00234
00235
00238
00239
00240
00241
00243
 あのー…、ひなちゃんが付いてきてませんが

あって良かった現代人!
 ひな子、東京あるある「駅の出口を間違える」をやらかし、薄い本案件となりかけてしまうが
 幸い、現代はケータイ電話があるからね!
 と 

 もーっ! 迷ってるのに、勝手に動いちゃうなんてー!!

 あるある!
 もー、勝手に中で動いちゃうなんてー!!

 もちろん、複雑な駅なんてあちこちありますが、東京は全般に駅が広いですダー

 下北沢の駅もそげん広かとですねー
 
くいな『いいえひなちゃん、ぐっじょぶです!

00244
 おかげで、駅の周りのグルメ、網羅できました!
 さすが、くーちゃんさんは格が違った!
 いつの間に!

 土地勘の千秋、連絡役のまゆ、買い物番のくいな、見事な地獄のコンビネーション!

ひな子『何か、ちょっと歩いただけで、劇場見かけるねー?

00246
00249
00250
00251
00252
00253
00255
00256
00257
 この町は、「演劇の街」って呼ばれてるの。それで、その始まりとされてるのが、あそこ

劇場の街・オリジン
 世の中、こんなに劇場がいっぱいある街があったのか…、中でも「スズラン」はその始まりとされ
 今も、クラシックな建物がそのまま使われている
 と

 何だか、すごく歴史を感じちゃいますーっ

 今や、老朽化で消えつつある街並み
 昭和そのもののような建物

 大家さんとか、出来る事なら、この街に住みたいくらいなんでしょうねえ

 好奇心の強いくいなも、時間がある時は中を見てみたい、と

私も、いつかここのステージに立ってみたいなぁ…

00258
00259
00260
00261
00262
00263
00264
00265
00266
00267
00268
00269
00270
00272
00274
00275
00278
00279
 私、ちょっと泣いちゃいました…、今も、まだ感動の余韻が…!

夢見るかかし
 本場での観劇は、ひな子に、いつか自分達がこのステージに立った時の事を夢想させ
 劇の感動を、何倍にも広げることになった
 と

 コメディだったのに、どこに感動したんでしょうか?

 そういやコメディだった!
 劇名:チョコレート狂想曲 第八番 ノ 下町工場

 しかし良かった、ここぞとゆあちゃんまで出番があって、本当に良かった…!

 本作だと、劇=ドレスなんですねえ

『そんな事ないよ! ラストは本当に感動したもんっ! …ほらっ!!』

00280
00281
00282
00284
00286
00287
00288
00290
00291
00292
00293
00298
 あ、ほら! あそこにも泣いてる人がー…、って、ゆあちゃん!?

すごい偶然ですね
 実は、完全な偶然でゆあと、それにルリ子先生と母親殿も同じ劇を見ていたと判明
 千秋は、ゆあも誘えば良かったと謝るものの…
 と

 い、いえー! 私はその、朝から舞台のハシゴをしてましたのでっ!

 楽しそうな休日である
 なおルリ子の母は、一切喋らずに帰ってしまった

 一緒に来るかなと思ったので残念ですが、このまま、夕食を囲んで感想を言い合おう、と

 皆で見た後の醍醐味はコレですよねー

『私はちょっと、目に塵が入っちゃっただけよっ!』

00300
00301
00302
 意外に二人の感覚は近いのかもですねー?

百合と成長の最終回
 コメディなのに感動しちゃった、感性が似てるのかも、なんてお若い二人をからかいながら
 ゆあは、自分も一緒にスズランを見たかったな…
 と

 今度一緒に行こうっ!/え?! …い、いいわよっ

 実に夕焼けな百合エンド
 いい最終回だった…

 決して、大事件ではないけれど、原点回帰のほのぼのした最終回

 一度もかかしにならなかったしね!

だ・だ・だ だいすきのーと♪ まいにち 書き込んじゃおう

00303
00305
00307
00308
00309
00310
00311
00312
00313
00314
00316
00317
00318
00320
00321
00324
00322
00327
00326
00328
00329
00331
00333
00334
00335
 さあ歌うのだ! ひなふわ らんらん ひなふわ りんりん ひなふわ るんるん おっきな声で あ♪

かーてんこーる!!!!!
 最終回、エンドカードはないけれど、エンディングが一部新装で、これからの後日談!
 ゆあも加わり、ドヤ顔で落ちる残念さ!
 と

 一緒っていいよね(うんっ!!!!!) さあ歌うのだ!

 ルリ子が、今度はヒマラヤに行くと言い出すわ
 まゆちゃんの新衣装だわ!

 お母さんが、今度はルリ子親子と一緒に現れる事件も経て、春の新たな公演へ

 そして、また新しい一年が始まるのです…、ってワケね!

来月、原作掲載誌ではお風呂ポスター」付き!

DDA0H_lUwAALxeh
 完全に今から脱ぐところじゃないですかー!

また来週♪
 来週、6月27日(火)発売のコミックキューン8月号は『ひなこのーと』描き下ろしお風呂ポスター
 サンプル写真が公開され、一枚絵ならではのエロスが
 ヘソが…、と思ったら穿いてないの!?

 この原作あってこそ、ですねえ

かかしはEDにあった! 最後まで可愛かった天然毒舌型

00333
00265
 お母さんの意外なパワフルさ印象的ですね

かかしのーと
 当初、あらすじを聞いたときは、かかしと演劇が結びつきませんでしたが
 終わってみると、本当に可愛い主人公でした
 そしてエロボディでした

 制作的には、上のように、劇でよくある「腕を広げる仕草」とかかしを連想したんですかね

 文化祭回で「人前って楽しい!」ってなったのも、前向きでしたね

ゆあがやります! 普通、けっこう嫌われそうなポジションでもある

00099
 最終回、千秋関係では逆転する力関係!

勝手にライバル
 初登場が案外遅かったのと、ゆあラッシュに、めっちゃ笑ったゆあちゃん
 自意識過剰って、割と嫌われるキャラになりがちにも感じますが
 空回りがひたすら可愛かった!

 ひな子が揺らしまくった練習回、勝手に比較して落ち込むのも可愛かった!

 勝手な勘違いから、友情が始まるのが微笑ましかったです

意外に面倒見の良い子、エンドカード最多を誇るくいなさん

00244
 声がガヴリールで、偽こなたというハイブリッド素材

圧倒的くーちゃんさん
 とかく見た目が某アニメキャラ、トラブルメーカーっぽいようで、ひなこの子守が甲斐甲斐しい!
 食べるのが好きで、文化祭回はめっちゃキラめいてましたね!
 あの時のくーちゃんが一番好きです
 
 本作のエンドカード全11枚、ほぼ半数に出演。海回ではぱっつんぱっつんだった…

びっくりするほど声が高かったまゆちゃん、最後まで可愛かった!

00182
 今週も小さいさかった!

ミニマムお母さん
 着せ替え人形的に、毎回暴走する姿が、とにかく可愛かったまゆちゃん!
 終わってみると、千秋の正妻感もすごかった…
 喫茶店ほぼ独りでって何者

 照れ屋で、「役者」から距離を置いてましたが、それだけに文化祭回の頑張りが尊い

 こう思うと文化祭回って、ホントみんなの見せ場でしたね

最終2話連続で話題を掻っ攫った、イケメン美人大家さん

00177
 後にひなこが着る練習着、2話の回想着てたんですねー。

ちあきのーと
 もはや何も言うべきことがない、主人公系ヒロインだった大家さん、圧倒的スケベボディ
 劇の天才、その演技があまり見られなかったのが
 残念と言えば残念

 文化祭は一年生を中心に、ひととせ初公演も、ひな子の困惑がメインでしたし

 演劇は作画負担も大きいでしょうしねえ

同じく、演劇面での活躍がもっと見たかった! 9歳児顧問

00182
 本格的な登場は4話から、あまりに遅かったので、かくれキャラ的な扱いなのかと

黒柳哲子の部屋
 とかく、合宿回での枕投げへの熱いこだわりとか、終盤にチラチラ見えた子供らしさが可愛い!
 合宿回は、ルリ子回だった!
 可愛かった!

 EDで、しれっとヒマラヤに旅立とうとするなど、ローテンション暴走っていいよね…。

今期アニメで、割と安定していた作画も魅力でした

00183
 全体に、どこか大人びた作画だった「風邪回」はエイトビット社が制作した模様

パッショーネ社制作
 なおエイトビットは来期ファンタジーロボットオタク作品、ナイツ&マジック制作予定。
 とまれ本作、日常物の皮を被ったドスケベアニメという事で
 角川社らしい作品でしたね(真顔)

 日常物は、原作・一迅社or芳文社が定番ですが、角川も雑誌を立ち上げ

 本作他アニメ化が進み、牙城を狙っているのでしょうか

ひなこのーと 2017年6月23日 第12話「あこがれのばしょ【最終回】」

00304
00158
 最終回は単独制作! 総作画監督多過ぎィ!!

スタッフ
 脚本:浦畑達彦
 絵コンテ:高橋成世
 演出:依田正彦
 作画監督:植田和幸、近藤源一郎、満若高代、櫻井祐哉、石原恵治
 アニメ制作:パッショーネ

あらすじ
 寒さでなかなか寝付けずにいたひな子。温かい飲み物でも飲もうと階下へと降りると、喫茶店から何やら良い匂いが漂ってくる。不思議に思ったひな子が中を覗いてみると、薄暗いキッチンの前で真雪が千秋の名前を呪文のように唱えながら、一心不乱に鍋をかき回していた。その異様な光景に思わずかたまってしまうひな子だったが、恐る恐る真雪に声をかけると、どうやら何かを隠している様子。真雪の必死な姿にそれ以上追求することのできなったひな子は、くいなに相談を持ちかける。

最後はエンドカードなし! そこはとても残念だった!!

00011
00136






00084
 前半で、玉砕やらゆあちゃんがひたすら可愛かった!

ひなこエンド!
 夕暮れ最終回、奇麗に終わったなー、と思ったらエンディングがドタバタしてて楽しかった!
 ドタバタと、ドスケベが楽しい作品でしたね
 スズラン憧れエンド

 まだ原作続行中、でもルリ子の母のコネとかで、いきなり立たせる展開もあるのかと

 個人的には、今回のようなのが学生感があって好きです
 いつかきっとエンド!

 最終回は大家さん要素大目でしたが、EDで良い顔でおっこちたりやっぱりゆあちゃん可愛い!

 ドタバタした後はしっとりと、いい最終回だった!

アニメ ひなこのーと 感想 2017年4月 公式ツイッター

 ひなこのーと 第1話「とくぎは、かかしです」
 ひなこのーと 第2話「ここからはじまる」
 ひなこのーと 第3話「ともだちかんちがい」
 ひなこのーと 第4話「かかしひろいん」
 ひなこのーと 第5話「やさしくないやさしいこ」
 ひなこのーと 第6話「めいどとおばけとゆめのぶたい」
 ひなこのーと 第7話「まよえるみずぎ」
 ひなこのーと 第8話「がんばりすぎて」
 ひなこのーと 第9話「がっしゅくします」
 ひなこのーと 第10話「ぱぱぱれーど」
 ひなこのーと 第11話「ゆくとしくるとし」
 ひなこのーと 第12話「あこがれのばしょ【最終回】」