リトルウィッチアカデミア 第24話 感想 レビュー 考察 アルクトゥルスへの道 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
皆と繋がり、世界よ育て! アッコの世界改変、実現!! 事態は最後の最悪へ?

00409
00115
10年の結実が木の枝一つ、クロワがっくり…! 導いて欲しかったウッドワードへの本音
 しかし、「最短」を目指し暴走してきた彼女が辿り着けなかったのは
 育てるという発想だったのでしょうか

 繋がりが自分を育てた、同じように世界も変われ! アッコの言の葉は届くのか?

世界改変魔法
 ロッドと融合変化する代物とか予想外、しかしもっといえば、“世界樹の枝”なのでしょうか?
 魔力の源、“世界樹”があの枝から復活する…?

 ファサンシール・シェアリーラ! アッコ最高に可愛かった!!

『あたしはあたし、あたしはあたしになるしかないんだよね?』

00361
 才能を失い、シャリオになれなかった事は、かえってアッコに「自分らしさ」を強く考えさせたのかも

あらすじ
 シャリオだけでなく、校長とフィネランまでもが、事態に気付きクロワを止めようと駆けつけるが
 人々の予想以上の怒りは、遂に彼女に“世界改変魔法”を手にさせた
 しかし、魔法の正体は小枝一本

 呆然とするクロワ、ノワールロッドまでもが過剰な“怒り”で暴走し彼女に襲い掛かった

 自分を庇うシャリオに心揺れるクロワ
 駆けつけたアッコが、ロッドが変じた魔獣を破壊してしまう

 シャリオへの初志を貫徹したアッコも、世界改変の小枝を得て、ロッドと融合させ発動させた

 だが“怒り”は、隣国に大陸間弾道弾を発射させ…?次回、第25話【最終回】

シャリオ『私があなたを、止める!

00000
 イエスタデイシャリオとクロワの過去が明かされ、拠るべき過去を信じられなくなったアッコ
 アッコを救ったのは、自分も対抗意識を持っていたというダイアナ
 信じる心が魔法なら
 
 ならアッコの魔法は、誰よりも強いはずでしょう?と
 
クロワ『さあ、見せて? あなたの今の気持ち…』

00002
00003
 深く青い悲しみ? それとも真っ黒な絶望かしら

クロワvsシャリオ
 単身、決着を着けるべく乗り込んだシャリオ。しかしクロワには、フューエルスピリットがある
 彼女を前に、感情を露わにすれば吸われてしまう
 その魔力ごと!

 やはりノワールFSも、人間の感情と共に、魔力を吸い上げてしまうらしい

 完全に魔女殺しじゃないですか!

私から、魔力を奪おうとしても無駄よ!

00004
 ただし事前に知っていれば、精神安定の魔法で無効化に
 さすが、シャリオさんクロワ慣れしてる!
 とはいえ恐ろしい

 クロワ、対魔女の初見殺しなのね

クロワ『…フッ、さすがね。やはりあなたの魔法の才能は本物だわ?』

00005
00005
 私はずっとあなたの魔法に憧れていたの、あなたはもう、魔法を信じていない!

魔法の未来は
 元来努力の人であったクロワは、クラウソラスの件で、“最後は才能が物を言う”と思い込んでいた
 実際には、才能とは別の部分だったのですが…
 が

 信じているわ! 科学の力で魔法を利用すれば、更に強くなる!!

 変わり果てた憧れの先輩
 シャリオの言葉に、激しく反論するクロワ

 彼女は、現代科学との組み合わせに、魔法の未来があると信じている、と

 どことなくかみ合ってない!

クロワ『ではどちらが正しいか、ここでハッキリさせるしかない!』

00006
00007
00009
00010
00011
00012
00013
00015
00016
 やはりあの時、花粉を浴びたようね?

勝利条件
 ライトセーバー! 輝く剣と、特殊部隊みたいなスーツ姿のシャリオが美しい!!
 以前、ボコられたルンバも次々と破壊
 が

 飛べないんじゃ勝ち目はないわよ!

 みすみすクロワを逃がすシャリオ
 クロワ、「花粉で飛べなくなる」とおさらいする先輩の鑑!

 シャリオのアクション、やはり格好良い! 

立ち尽くすシャリオ、追い討ちをかけるノワールの怪物!

00017
 足場をFSの怪物が壊し、弾き飛ばされてしまうシャリオ
 飛べない彼女は、クロワを逃がすのか?

 が!

シャリオ、慌てず騒がず、弾かれたエネルギーを生かして跳躍!

00018
00019
00020
00021
00022
00023
00024
00025
00026
00027
 足場から弾かれたシャリオは、全身をばねにし、壁面を足場にして跳躍!

飛べない魔女は跳べば良い
 更に、追い討ちをかけるFSの怪物を足場にして、なおも上空のクロワを追いすがるシャリオ
 この人、フィジカルがハンパじゃない!?
 信じる心があなたの体力!

 また、施設内には、やはり樹木が這っている事もわかります

 ノワールロッドも、材質は樹なのか?
 それとも新月の塔に元々?

 内部を、クロワが大工事した新月の塔ですが、どこまでが元の構造なのか?

 シャリオ、アッコを思わせるジャンプ追撃!
 
慌てず、機関銃掃射で迎撃するクロワ! 殺る気か!?

00028
00029
00030
00031
00032
00035
00036
00037
 実は機関銃も付いてた魔法ルンバ、万能兵器すぎィ!

滞空魔法戦闘シャリオ
 シャリオも分身殺法で対応、仕留めそこなったクロワは、かえって噴煙で見失ってしまう
 この先輩後輩、半生の割りに闘いなれ過ぎてない!?
 一瞬、見失ったクロワ
 
 チャンスを逃さず、壁面を三角飛びでもしたのか頭上にいたシャリオ!

 信じる心が体力すぎる!?
 シャリオ、あなた「言の葉探し」で一体何が?!

 どうやってこんな戦闘センスを!

クロワ、咄嗟に“アプリ”によって迎撃へ

00038
00039
00040
00041
00043
00044
 そんな小細工が、通用すると思うの!

キングオブデビル
 このアプリ、防御どころか、対象空間を収束する魔法になっており、シャリオは拘束に
 奇襲が仇に、そのまま押し潰されかけた
 クロワのアプリ万能!

 無詠唱で、咄嗟にこれだけ発動できるとか有効すぎる!

 空中では動きが制限される
 シャリオvsクロワは、やはり先輩に軍配が上がった

 先輩より優れた後輩など、この宇宙に存在する事さえあってはならぬのだ!

 この二人、闘い慣れし過ぎてない!?

『くっ…、あ!』

00047
 やがて、シャリオを捕らえた魔法陣は、そのまま収束
 危うく潰される所だったらしい
 殺る気か!?

ふんっ! …クロワ先生!!

00045
00046
00048
00049
00050
 これは一体どういう事なのか!/説明して貰いますよっ!!

ミランダ・ホルブルック 
 何とこの窮地に駆けつけたのは、およそ戦闘向きじゃない、フィネラン&校長の先生コンビ!
 ダイアナ同様に、集まっていた膨大なエネルギーに気付いたのか
 で

 校長先生!?/くっ…!?

 あのクロワも動揺させる状況、二人ともかっけえ!

『何だ…? ものすごいエネルギーが…?』

00055
 しかし直後膨大なエネルギーが放散、追い詰められたクロワの策…、ではなく
 戦いに没頭し、モニターしてなかった間に
 えらいことになっていたのだ

 料理する時だって、火から目を離しちゃ危ないのにね!

『どうなってるんだ?!』

00056
00057
00058
00063
00065
 こんなの、軍隊じゃなきゃ手が負えねえよ!?

見誤った秀才
 クロワが煽った暴動、生じた“怒りの感情”は、魔導ユニットに蓄えられる限界を越えてしまった
 人の輪から離れて生きてきた彼女は、感情の程度を知らず
 ここまで膨れるとは予想していなかったらしい

 結果、ユニットは爆発、蓄積した怒りが解き放たれてしまった

 かといって人々に振りまかれた訳じゃない
 クロワが「怒りを煽る」のは、あくまでTV映像などを用いてのもの

 彼らが怒っているのは、魔法の力でなく、彼ら自身に生じた感情だと思われます

 では、解き放たれた怒りはというと…

アッコ『なにあれ!?』

00068
 解き放たれた怒りは、さながら、エネルギーのラインを形成してレイラインへ
 本来、人々の怒りは魔導ユニットが変換し
 蓄積するはずでした

 後は、ユニットから適量だけ取り出すはずだったのですが…

あははは! まさかこれほどのエネルギーが集まるとは!

00069
00070
00071
00073
00074
00075
00076
00077
00079
00080
 人の愚かさは、想像以上だわ! わざわざ起動させるまでもない

むしろ大歓喜
 あわや大惨事かと思われましたが、集まったエネルギーに、手間が省けたと歓喜する事に
 ユニット大破に伴い、“供給”はこれで打ち止めに
 が

 もう、ノワール・ロッドは動き出した!

 こんな膨大な怒りを吸い上げる
 ロッドの許容量、どんだけバカでかく作ったの!?

 大きい事は! いい事だ!!

フィネラン『止まりなさい!』

00084
00085
00086
00087
00088
00090
00091
00093
 おあいにく様! もうここでは、ルーターなしでは魔法は使えないわ!!

終わりの始まり
 また、レイラインルーターを遠隔操作、魔力供給を中断されたフィネラン達は落下する事に
 良かった、ギャグ漫画体質で!
 割と平気だった!

 シャリオも、同様に拘束を解かれ、凄まじい勢いで地上に落下

 でも元気!
 やっぱり信じる心は体力だった!

 しかし問題はここから

クロワが行った、SSSシステムによる魔力管理

00247
 画像は第14話クロワセールス回より、彼女は、レイラインから汲み上げる魔力を
 貯蔵し、別途保管しておくSSSシステムを提案していました
 その本当の意図が起きたらしい

 レイラインルーターとは、エネルギーを受け取る、“携帯版魔導石”のようなもの 

『レイラインが…、消える?!』

00095
00096
00097
00098
00099
00100
00101
00102
00103
 完全に蚊帳の外の教師3人、飲んどる場合かー!

魔力終了のお知らせ
 クロワは、枯渇気味だった魔力の流れ、周辺のレイラインをSSSでせき止めてしまったのか?
 魔力の流れが失われてしまう事に
 と

 当然、それを汲み上げる古代装置、魔導石も機能を停止

 魔導石からの魔力で稼動する学園全体が
 さながら停電同然へ

 また、この事態に際し、学園長とフィネランがたった二人で動いていた事も明かされます

 校長ってば、やっぱり鋭い人だったのね

ダイアナ『そんな…!?』

00105
 レイライン消失、その奔流に乗っていたアッコ達は一番大変な事態に
 いやあ、正直焦ったね!
 まっくらだよ!

クロワ『さあ…、アルクトゥルスの森へ!』

00106
00107
00108
00109
00110
00112
00113
00115
00116
00118
00120
00122
00124
00125
 遂にきた…、ここへ!

おおぞらをとぶ
 本物のクラウソラス同様、“変形”するノワールロッドに乗り、クロワとシャリオは禁断の地へ
 第1話で、またシャリオがロッドを手に入れた場所へ!
 と

 見てなさい? あなたができなかった事を…、私が成し遂げる!

 巨大な樹は、幼い二人が願った場所
 実は傍に魔法陣が

 さながら、天空の城ラピュタに出てくる、巨大空中船のように空を行くノワールロッド!

 ここにこそ、グラントリスケルがあるのだ…、と。

ここは…、アルクトゥルスの森!?

00126
 しっかし、まさかアッコたちまで都合よく落っこちるとか、導かれたの!?
 まさかまさか、“レイラインの下”というのが
 アルクトゥルスなの!?

 普通は、落ちたりしないでしょうし。

『何だか薄気味悪いところだなぁ…、さっさと抜け出そうぜ!』

00127
00129
00131
00132
00135
 どうやら、魔力が消えてしまったようですわね

圧倒的理解力
 異常事態も一発で納得とか、さすがダイアナ。たまたま“軌跡”の真下に落ちたこともあり
 それを目印に、生徒たちも動き出す事に
 と

 レイラインがおかしくなった原因と、関係ありそうですわね

 ダイアナがいると頼もしすぎる! 
 一方、その“軌跡”を残して飛んでいたノワールロッド。

 ウッドワード邸(仮)の上空に

『これで…、封印を解くッ!』

00137
 さすが人工ロッド、モード変形も、魔導スマホを使ってワンタッチ!
 足の具合が、シャリオ正体バレ騒動の時に出てきた
 FSの怪物と似てますね

 あの怪物たちは、各形態のテストでもあったのでしょうか
 
シャリオ『ああ!?』

00138
00139
00141
00142
00143
00144
00147
00148
00149
00150
00151
00152
00153
00156
00157
00158
00159
 変形途中のむき出し状態、ユニコーンガンダムみたいでカッコイイですね!

見つめる9つの仮面
 本来言の葉を集め、開くはずの封印を、膨大なエネルギーを直接照射して開いたクロワ
 しかし、“三手巴”の紋から現れたのは… 
 と

 これが…、…え?

 ただの小枝
 子供が、遊びで使うような…

 念じて得られた魔法も、それこそ、子供が使うような他愛もない魔法

 クロワ選手、予想外の状況に困惑…!?

暴動に加担する市民の皆さん!

00160
 一方、クロワが「効率よくエネルギーを得る為」、煽った暴徒はそのままだった
 もう少し落ち着けば、こうなると予想して止めてたでしょうに
 焦りすぎちゃいましたね…

 プレゼントの箱が、目の前だったから仕方ないね…

クーデターだと!?

00161
00162
00163
00166
00167
00169
 信じられんな?! 無茶苦茶な国だ!

アンタの国もじゃないの!?
 さっきの言葉通り、軍が出動して鎮圧にあたるブライトンベリーの町でしたが
 どうやら、隣国はクーデターまで発展したらしい
 と

 クーデターか…、使えるかもしれん

 しかし渡りに船だと
 元々、強硬派であるブラックウェル国防大臣

 彼は平和ボケの目を覚ます機会だ、軍を動かすチャンスかもしれない

 激昂するアンドリューですが…

アンドリュー! …情報を集めるんだ』

00170
 他国のクーデター、どうも、対戦国のほうはもっと酷い有り様らしく
 呆れるハンブリッジ、利用しようというブラックウェル
 激昂するアンドリュー

 しかし、彼は父らに逆らう事はできず…、と

クロワ『世界よ…、変われ!』

00171 (1)
 クロワが手にした魔法は、文字通り、児戯しか起こせないロッドだった
 シャボン玉が飛び、星が乱れ
 シャリオの魔法のよう!

 ただのショー、子供の魔法じゃないの!?

『断じて違う! こんなはずはない!? こんなものが、世界改変魔法なワケないわ!?』

00171 (2)
00171 (3)
00172
00173
00174
00175
00176
00177
00178
00179
00182
00183
 お前はもう、それを手にしている

真実は手にあり
 意外や仮面たちは語ることなく、幼い日と同様、ウッドワードが現れ真相を語った
 この枝は、確かに世界改変魔法なのだ
 と

 これのどこが世界改変魔法だ?!

 正解なのだ
 そして、この枝は確かに大切に保管されていた

 本作は樹がいろんな場面で関わる、クラウソラスさえ実態は木製みたいですし

 古代、魔法の源だった世界樹に育ちうる枝?

『これのどこが世界改変魔法だ!?』

00185
 何故…、いつも私をないがしろにする…、何故、私を導いてくれない…?
 どうせ、選んでくれないのなら…


 二度と姿を見せるな! 消えろ!


クロワ『どうせ、選んでくれないのなら…』

00186
 本当は導かれたかった、本来、努力して魔女になったクロワにとって
 伝説のナインオールドが現れてくれた事は
 心底嬉しかったのだ

 もしかしたら、アッコがシャリオに憧れるように、彼女を見ていたのかもしれません。だから…。

『“エモーショナルパターン、レッドれっどRED、れれれれ”』

00188
00191
00194
00195
00197
00200
00202
00203
00205
00206
00208
00209
 やめろ…、やめて!

一握の砂
 しかし事態はまだ続く、意のままに動くはずの、意のままにならないロッドに代わるはずの!
 人工ロッドが、勝手にエネルギーを集め始めたのだ
 と 

 機械を止めるのよ!

 操作を受け付けず
 怒りを収拾する、魔導ユニットも使わず

 なんと勝手に、或いは各地の怒りに突き動かされ、エネルギーを吸収するロッド

 シャリオの危機に、咄嗟に素が出るクロワ先生!

『ダメだ…、止められない!?』

00210
 さっきはレイライン・ターミナルを通り、学園のロッドへ集中しましたが
 今度は、天に上って行くエネルギー
 アルクトゥルスって…?

お前まで私を裏切るのか!

00211
00214
00215
00217
00218
00219
00221
00222
00223
00224
 何もかも放り出し、心血を注いで作った「自分の為のロッド」の暴走

「自分の夢」の果て
 暴走したロッドを、残ったユニットで爆破解体、“彼女の十年”は文字通り灰燼に帰した
 本当は導かれたかった、前回「変な名前つけないで!」って怒った
 たぶん本当は伝統魔法も好き

 シャリオを罵倒するように、この人は、基本的に素直じゃないように思えます

 そんな大事なもんを全部捨てて駆け抜けて
 唯一、残った成果まで

 さすがに、このがっくり具合には気の毒だと私は思う

 心底悪人なら、シャリオも慕わないと思うし

クロワ『え…?』

00225
 しかし、爆破解体した杖は、有機物めいた部分が活動を再開
 解体に使った、ユニットに残っていた“怒り”も吸い
 怪物の形をとってしまう

『何だ…? 止めろーーー!?

00226
00227
00228
00230
00233
00236
00238
00239
00241
00242
00243
00245
00248
00249
00250
00251
 シャリオ…、どうして!? 私を狙っているんだ、いいから、置いていけ!

いや
 やはり魔法を使えないのか、ユニットを全て失い、もう為す術ないクロワ
 彼女を救ったのは、シャリオの意地だった
 と

 いや! ぜったい置いていかない!!

 子供のだだ!
 シャリオは、めちゃくちゃ強い!

 強いし良い大人だし、でもやっぱり、でっかいアッコなんだな!

 シャリオ、かっこいいよ!

クロワ『逃げてシャリオ…、もう十分よ!

00252
 充分じゃない! あたしがクロワの夢を奪った!!
 あたしがアッコの才能を奪った!
 だから…


 もう何も奪わせない!


クロワ『シャリオ!』

00254
00255
00256
00258
00261
00262
00264
00266
00267
00269
00271
00272
00274
00275
00276
00278
00279
00280
00282
00284
00285
 先生!と男前なアッコ、ヤバそうだ、とトボけたスーシィ達!

愉快な生徒たち
 やはり、続いて駆けつけたのはアッコたち、シャイニィロッドでどうやってだか狙撃したらしい
 アッコとダイアナの共同作業!
 で

 そうか…、エネルギーのリンクが切れ掛かってるんだ!

 動きが鈍る怪物
 ならばと、システムのシャットオフを図るクロワ

 怒りが途絶えたという事は、町の方は…? でも明らかにヤバい方向でしたが…?

 アッコさんの「先生!」が男前!

アッコ『先生!?

00287
 しかしクロワを庇い、シャリオが何度目かの丸飲みに…
 今度は、生身らしい怪物!
 が

『“言の葉を! 呪文を唱えて!!”』

00288
00289
00291
00292
00294
00295
00297
00300
00301
00302
00303
00306
00307
00308
00312
00315
00318
00319
00321
00322
00324
00327
00328
00329
00332
00335
00337
00338
 ノットオーフェ・オーデンフレトール、その意味は、“目指せ理想の場所へ”。

ずっと決めていた
 アーシュラとの初めての出会いを連想したアッコは、シャイニィ・アルクによって怪物を撃破
 と同時に、魔導石=レイラインも復旧する
 が

 シャリオ…、やっと会えた!

 アッコの第一声
 さっきから、「先生」と呼んできた彼女に

 先ごろ、花火の日に知った真相を敢えて放り出し、“初体面”するアッコ

 これにはシャリオも当惑顔…!

決めてたんです、シャリオに会えたら、返すって

00342
 事情なんてこの際どうでもいい、このロッドをずっと渡したかったし
 それ以前に、ずっとずっと伝えたかった言葉があった
 あのショーは素晴らしかったと

 自分が感じ、伝えたいと思っていた言葉がアッコにはあった。

あたしは、あなたに会えた…、夢が、叶いました

00348
00349
00350
00351
00353
 でも、それもみんなのおかげなんです! …皆がいなかったら、あたし、ここまで来れなかった

「皆」に支えられて
 結局、真相や他人の評価がどうあれ、“アッコが感じて伝えたいと思った”主観が一番大切
 受けた感動は、紛れもない本物なのですから
 また

 それと…、それと、先生のおかげ

 アッコはダメな子です
 でもきっと、だから「皆のおかげだ」と人一倍感じることが出来た

 中でも、一番支えてくれたのは、やっぱり“アーシュラ先生”なんですよね

 未だに“同一人物”なんてピンとこないけど

『…だから、これからもアーシュラ先生でいてくれませんか?』

00356
 敢えて「シャリオ」と呼んだ理由、それは“これからもアーシュラでいて欲しい”という事
 ピンとこない、とはちょっとひどい言い方ですが
 アーシュラでいて欲しい

 シャリオ以上に、“アッコの日常”に欠かせない人なんだ、と

『分かってるの、私はシャリオになれないって!』

00358
00361
00370
00371
00375
00377
 あたしはあたし、あたしはあたしになるしかないんだよね?

アッコの答え
 シャリオの抱える後悔、夢を奪った事さえ、“可能性があった”なんて事さえ今のアッコには二の次
 自分らしい形で、“魔法が一番素敵なもの”だと追い続ける
 だから

 私なんかで、良いの?/先生が、良いの

 だから先生でいて欲しい
 アッコの願い、“ダメ教師”アーシュラの答え

 才能を奪われた事は不幸、けど“シャリオの真似をしない”事を、見出させたのかもしれませんね

 物まねは出来ない、それがアッコらしさを追及する、とっかりになったのだと

『ありがとう、先生…、大好き』

00379
 ありがとうアッコ…、あなたが私の夢を叶えてくれた
 最後は自責と、観客のプレッシャーに負け引退してしまったシャリオ
 しかし夢は叶えられた

 自分のやってきた事は無駄ではなかった、クロワの絶望と好対になる形に

アーシュラ『アッコ? あなたの気持ちを、言葉で表して?』

00381
00382
00384
00386
00387
00388
00389
00391
00394
00397
00401
00402
00403
 世界よ、変われ! 皆と繋がる事で、世界は育つんだ!

求めた世界
 前々回、アーシュラがアッコに伝えた最後の言の葉の意味は、“自分の心”から生じるもの
 アッコが求めた改変は、世界を前へ進めたい思いだ
 と 

 ファサンシール・シェアリーラ!

 世界よ育て!
 自分が、皆と繋がり育てられたように

 その気持ちは、見事、“彼女の世界魔法”を現出させる

 もちろん、見た目はただの木の枝だったが…
 
ロッテ『使ってみれば分かるかも?』

00406
 さすがのダイアナも知らない魔法、しかし、「どうしよう?」と気軽に聞ける仲間がいる
 そして、それほど世界魔法にこだわっていない事
 何よりクロワと違ったのは…
 
ファサンシール・シェアリーラ!

00407
00408
00409
00410
00411
00412
00413
00415
00417
00419
00421
00424
00427
00430
00431
00433
00436
00437
00439
00440
00441
00443
00444
 一足遅れてしまったのが、お嬢様なダイアナらしい

アッコの世界改変
 アッコは、今週もっとも可愛い作画と共に、シャイニィロッドと打ち合わせるように杖を使った
 すると何という事でしょう、世界が確かに変わった!
 と

 これが…、世界改変魔法…?

 クラウソラスと融合した木の枝
 まだ名の由来といえる、“巴”こそしていませんが…?

 今回、アマンダが真っ先に評したように、鬱々として不気味だった伝説の森が…

 クロワ選手、マウンド上でガックリ…!

しかしアッコが気付かぬところで、問題は国家規模に…?

00446
00447
00448
00449
00450
00453
00455
00457
00458
 警報アラートが響く中、ノワール・フューエルスピリットは、弾道弾ミサイルとなって…?

クロワの世界魔法
 さっき、禁断の森に集まってきていたFSは途絶えましたが、世界から怒りが消えたはずもなく
 という事は、別のところで形をとっていたということでしょうか?
 ミサイルの向けられた先は?

 この事態、秘技・安藤流解決術はどう立ち向かうのか…?

シャリオの危機に慌てたクロワ、クロワの危機を救ったシャリオ

00250
00248
 そして初心をようやく形に出来たアッコ

変わらないもの
 アッコが、シャリオと初対面の口調でビックリしましたが、要は変わらないって事だと思います
 初志貫徹、どんな思惑があっても「あの時の感動」が導いた
 貰った感動は変わらない

 前回、真相を知ったダイアナだって、深く感動を口にしていましたし。

 同様にクロワとシャリオも
 彼女達の中で、互いを大切に思ってる部分は変わらないんだろうな、ってちょっと思いました

作画、Arai Hiroki‏ さんのハンバラが可愛すぎる

DCN04lXUwAEEpHJ
 百合ってるイラストなんだそうな

ハンバラいいよね…
 私は、憎めないと思うし、魔法界の現状を表してるキャラクターだなって部分でも好きです
 ノンキに、せっかくきてくれた新規をバカにしてる場合じゃないのに!
 でも学校全体にそれは確かにあって

 魔法再興ってテーマの、一端を担ってる子たちですよね

 話が進むにつれ、世界改変魔法とかいうトンデモが出てきてビックリしたのも良い想い出

今回、ちゃっかりラストシーンでサムズアップしてたコンス

DCfCQUNU0AA5icZ
 コミカライズの左藤圭右氏イラスト

名前の長さが彼女の魔法!
 何?って感じの目線が可愛いコンスさん、必死に力になろうと駆け回ったアッコが懐かしい!
 無口だけど、内面はむしろ色々考えてそうな子ですよね
 口に出すのが下手なだけで

 無骨なようで、大きなリボンなのもチャームポイント

雪の中、第1話と同じベンチで呆けていたアッコ

DCh1BniUMAENRGv
 雪をどけるダイアナが、すごく彼女らしくって素敵です

原画:宮崎詩織‏さん
 100%ファンアートと断言されてますが、絶対、こんな場面だったよねって思えて素敵です
 日頃、厳しい人が見せた優しさ
 ありがとうございます!

 みんなのおかげでここにいる、アッコさんの言葉を感じるイラストだわ!

2017年6月18日 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」

00457
00271
00254
 どこか似た二人組、手を取り合えたアッコ、根っこで認め合ってるのは共通だと思います

スタッフ
 脚本:大塚雅彦
 絵コンテ:小倉陳利
 演出:中園真登
 作画監督:竹田直樹/杉本ミッシェル/田村瑛美/中村真由美

あらすじ
 人々の感情を吸い取り魔法エネルギーに変換して起動したノワールロッドは、究極魔法の封印を解く鍵になる。絶大な力を持ったノワールロッドを変形させ封印を解くためクロワはアルクトゥルスの森へ向かう。だがクロワの想定を超えて力を得た魔獣は意志に反しクロワに向かって攻撃を仕掛けはじめる。アーシュラはクロワを助けるため身を挺して魔獣に立ち向かうが…

本当の世界改変に愕然としたクロワ、彼女の次の言葉は…?

00303














































00370
 この10年、ずっと言いたかった事を、この一年で育った感謝を伝えたアッコ

三人の十年
 アルクトゥルスを花咲く野山に変えた世界改変、ただ、OP冒頭にあるような三つの手を組むこと
 それが、本当の世界改変だと思うので
 さてどうなるのか

 また、オープニングでは、人種も肌の色も雑多なルーナノヴァの姿が

 世界の縮図なのでしょうか
 彼女達が、手を取り合うことが第一歩という気もするんですが…?

 アンドリューが動く事も示唆され、果たして、アッコの世界を股にかけたショーの行方は…?

 次回、第25話【最終回】


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「チャリオット・オブ・ファイア」
 リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」
 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」
 リトルウィッチアカデミア 第18話「空中大戦争スタンシップ」
 リトルウィッチアカデミア 第19話「キャベンディッシュ」
 リトルウィッチアカデミア 第20話「知性と感性」
 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」
 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」
 リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」
 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」
 リトルウィッチアカデミア 第25話「?【最終回】」