弱ペダ 弱虫ペダル NEW GENERATION 3期 第23話 感想 レビュー 考察 坂道、追撃 通算 第85話 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
大事なのは、自分で決断する勇気! そしてヒメヒメ歌う勇気だ!!

00345
00352
上級生になるという事は、自分で選び決断し、周囲を牽引する覚悟を持つ事だ!
 善良と強調された、小野田坂道の弱点を突く同情作戦!
 さすが御堂筋きたない!

 最後の最後で、逆に坂道を激励したヤマさん、凡人の私はアンタが好きだよ!

エンドカードも刷新ッ!
 相変らず宇宙一かわいいBGM! ラブヒメかわいい! 宇宙一可愛いよ!!(礼儀)
 前期以上に、とんでもねえラブヒメ加速!
 脚どうなってんの!?

 青八木たちの叫びに答え、ティータイムを手嶋に届けろ、坂道!

Cパートは、祝・ラブヒメ2期!

00351
 やっぱりヒメ可愛い、宇宙一可愛いよ!

あらすじ
 手嶋のオーダー、その真の意図に気付いた坂道は、9ヶ月を経て始まったラブヒメ2期の主題歌
 ヒメのくるくる片想いで追走をかけ、京伏の壁に阻まれる
 なお水田君は論外だった

 御堂筋は、罠に嵌めるべく協調を提案、しかし手嶋の言葉を胸に跳ね退ける坂道

 だが御堂筋は「善良さ」を見込み
 坂道が罪悪感で振り切れぬ、“スプリンター”山口を追撃にかけた

 しかし山口も、土壇場で己の良心を守り、坂道は手嶋追撃にチームの激励を受ける

 次回、第3期 第24話 第86話「雑草の走り」

坂道『今日はとても調子良くて、裏門坂のタイム、10秒縮みました』

00000
 天才・坂道を抑え、尊敬する先輩を勝たせる為、各チームの選手が奮戦する一方
 巻島先輩に学んだ、“ごまかしの効かない走り”で
 手嶋は努力して天才・真波を追う

 天才vs凡人、周囲の気迫に圧倒される坂道だったが…?

坂道『この間の、峰ヶ山のレースは優勝しました、巻島さん!』

00001
00002
00003
00006
00007
00009
00010
 数学のレポートだよ!?/気の毒に…、すごい枚数やな/お前、二年に進級できるのか?

二人のクライマー
 時を少しさかのぼり、二年進級前、手嶋が葦木場と死闘を繰り広げた第4話頃の話でしょうか
 坂道は、こっそり巻島に手紙を書いていた
 が

 肝心の住所…、知らないんだよなぁ…

 だから溜まる一方
 これは、送られる巻ちゃんも大変ですねえ

 住所も分からないのに書いている、という辺り、不器用な性格出ています

 そして現総北、もっとも“器用な人”が

『宿題、終わったのか?』

00014
 自転車部で起きた事を、手紙にしていた坂道は、咄嗟に「宿題だ」と答え
 手嶋もまた、その言葉を受け止めてメモを送ります
 その言葉、まさに経験者!

 いわく
 
『あんまり、期待するなよ?』

00017
00019
00022
 散々、悩み書いても…、一言「おう」!

行動で示したい派
 同じクライマー、手嶋も相談したい事が多いのか、ピエールcv堀内賢雄先生から聞き出したそうな
 もっとも、口ベタな巻島は「おう」の一言とか
 でも

 これでたっぷり解けるな? “数学の問題”

 手紙、たっぷり書けよ?
 という手嶋

 このシャレオツな言葉、相変らずティータイムしてます手嶋先輩!

 坂道くん嬉しそう!

『“時が経てば変わる”』

00023
00024
00025
00027
00028
 今までは先輩のいう事を聞くだけで良かったけど…、これからは自分で判断して決めなきゃな

自分の手で
 巻島への手紙は、手嶋にとって「頼りたい背中」への手紙、だけどもう変わらなきゃいけない
 直に、一年生だって入ってくるのだ
 と

 その一年を従えて決めるんだ、“自分の道は自分で”

 今度は「決める側」に
 時が経てば、人は変わらなければならない

 だけど簡単には変われない、手嶋はきっと、それがわかっているから言うのでしょうね

 彼は、自分で決める、そのコツを伝えてくれた

手嶋『もし、悩んだらこうしろ』

00030
00031
00032
00033
 考えられる選択肢を全部出して、一番最初に思いついた事をやればいい!

振り絞れ
 それは無駄かもしれません、しかし考えられる選択肢を全部出す、心構えが大切だと思います
 最初から、全部振り絞るつもりで考えること
 それが大事なんだと

 手嶋さんが出てる…、坂で…、いろは坂で!

 今、手嶋は振り絞ってる!
 荒北をして、、「あのコースじゃなくて良かった」といった激坂コース!!

 さあ、坂道タイムのはじまりだ!

回想『“いろは坂は難所だ、勝負どころになる”』

00035
 大会初日で、チーム同士の差も少なく、また選手が全員体力に余裕があり
 チームの為に、と選手を温存する事なく
 エースを投じてくる

 つまり全三日中、もっとも厳しいクライマー勝負、チームの名を高める大勝負!

『きっと“山で待ってるから追いついてこい”って、メッセージだ!』

00036
00038
00042
 プレッシャーが変わった! 審判者のサインボードを見た途端にッ!

プレッシャァ!
 チームから離れるな、彼の要請は、“もし離れたら山で待つ”というキャプテン・メッセージ!
 改めて、チームでなく“手嶋”を追う決意を固めた坂道
 対し 

 絶対に、不意を狙ってくるはずだ!

 緊張する「凡人」勢!
 身体を張って、止める覚悟の男達!!

 彼らはセオリーで考えた!

坂道『すいません! 今から抜きます!!』

00043
 おっと先に宣言した! これだから無自覚天才ミスタード素人は!!
 だって、先に言わなきゃ危ないでしょ!
 事故は不味いよね!

『ヒ…、メ!』『ひめ? …って何だ!?

00044
00046
00047
00048
00050
00051
00052
00053
00054
00057
00058
00059
00062
00064
00065
00067
00069
00070
00071
 聞いた事あるぞ!/総北の小野田は、鼻歌が混じると速くなるって噂!

鼻唄三丁 矢筈斬り
 速いどころの騒ぎじゃなかった! 既に、ラブひめも9ヶ月の休みを経て2期に突入していたのだ
 その名も“ラブヒメぺったんこ”のOPテーマ!
 そう

 この「ヒメのくるくる片想い」は、パワーアップして帰ってきた2期目!

 声が裏返る坂道
 笑われ、てきめんにうろたえる一同!

 オープだかホープだか、1期なのか一気に!なのかも解らんうちに抜き去る快走!

 ここまでデタラメだったっけ?!

『始まるのかも知れない…、奴の追走劇が!』

00074
 色んな意味で置いていかれた一同、さすがに気の毒すぎる!
 一応、5分は引き離す事に成功した
 ありえない数字だ!

 しかし、もし小野田が体力を温存していたとしたら…! 戦慄の一同!!

『回れ…、僕の足! ヒィィィメェェェェえ!!

00077
00078
00079
00085
00086
 さっき…、あいつに寄せて鼻をねじ込んだ時…

あの目の先は
 事情を知らない選手も、視聴者も仰天する中、坂なのに、デタラメな速度で登っていく坂道!
 お客さん、ここは坂なんですよ!?
 で

 ずっと…、遠くに目標があるみたいに…

 残された男達も思う
 邪魔しても、彼はよそ見しなかった

 ただまっすぐ前だけを、目標だけを見ていた…、残された男達もカッコ良過ぎだよ…!

 一緒に走ったから解る、諦めていない男の凄み!

突破してきたのか? あの包囲網を!?

00090
 一方、なまじ「包囲された」と知り、そして坂道と一緒に走ってなかった連中こそ
 坂道の力も正気も疑い、恐慌状態に陥っていく
 やだ小野田くん戦略兵器!?

 もうこのゼッケン1、他チームを戦略レベルでブチ壊してるよ!?

『出た! 総北小野田の“鼻歌クライム”!?』

00091
00092
00094
00095
00101
00102
00104
00106
 戦略上の理由もなく道を塞ぐなど…、その方がカッコ悪い

ヒメターン!
 また、先行くチームの中には、やはり紳士もいた。自分達は“山岳争い”に参加していないのだ
 ならば、クライマーの勝負を阻む理由は無い!
 と

 あ、…、ありがとうございます!

 いかにも悪人面なのに!
 山口県代表、山際さん山のイケメンだった!!

 彼の、ゼッケン1位はリスペクト、尊敬して然るべきだという言葉で道が開いていく

 こういう男、ケッコー嫌いじゃないですね!

敵ながら…、応援したくなる!

00107
 際し笑顔になり、コメツキバッタのように頭を下げて進んでいった小野田は
 偉ぶらない態度で、ホントに尊敬される事態に
 なんてリスペクト精神!

 これも全ては、 山際さんのおかげだ!

小野田『もうすぐ…、集団がいる…、それを越えたらチームがいる!』

00110
00112
00117
00119
00121
00122
00123
 あいつ…、あのまま順調に行きますかね?

BGM:田村ゆかり
 遂に「集団」を残すのみとなった小野田、彼らも、モーゼの十戒よろしく道を開いてくれた
 しかし山際さんは言う、そうシンプルにはいかん…
 と

 当然、あいつを行かせたくない連中も居るはず…

 チーム競技だから 
 だから、何か仕掛けてくる奴もいる

 宇宙一かわいいBGMに入り混じるイケメンボイス、山際さんの分析は鋭い…!!

 さすが、山口県名物は下関のフグですからね!

坂道『抜けた…、集団!』

00124
 しかし、えーと…、確か第17話以来の京都伏見が!
 京都伏見、略して京伏!
 恐怖しィ!

『アレー? どうしたァ? オバケでも見た顔したァ~?』

00125
00128
00133
00134
00138
 急いどるの…? 大切なものでもなくしたんかァ~?

BGMすら変わるレベル 
 的確にイヤミを言うことに定評ある御堂筋! この全自動イヤミマシーン毎度ながらノリノリである
 先頭が置き去りにした集団を、コントロールしていたらしい
 が

 突破しなくっちゃ…、御堂筋君を、京都伏見を…!

 去年も色々ありました
 そういや、“100人の関所”最後の妖怪でしたっけ…

 走るオバケ御堂筋、vs坂の妖怪・小野田坂道! いきなり超常対決始まる…!?

 人間を越えた妖怪決戦や!

坂道『岸神君!』

00142
 際し、いかにも「僕が止めます!」とばかりにアイウェアをクルッと回すが
 別に何も喋らなかった岸神小鞠!
 何か言え!

 喋れよ、cvルルーシュ!!

『よっぽど、かけがえのないモンなくしたんやろうなぁ、キミにとって~』

00145
00146
00147
00149
00153
 信頼? 役割? 目ェが必死やァ!!

雑魚が喋った!
 スパッと坂道の焦り、その真芯をブチ抜く御堂筋君! この推理力、相変らず侮れない!!
 いや、確かにちょっと考えれば解るけど!
 が

 京伏、鉄の壁ェ~~~~~♪

 もっと熱いのが水田!
 昨年、弱りきった荒北を「止めた」と誇るバカエース!

 自分で自分を隠しエースとか、もう一生隠れといて下さいよ三下先輩!!

 アラキタをバカにするのはムカッ腹だわ!

みーずたクーン?

00157
 ボクはフェイズ9の発動を指示しただけや!
 水田君、「1番の邪魔しろ」と命令しただけであって
 喋るなと怒られるの図

 やだもー、男子ってば立場低いんだからー!

坂道『御堂筋君が一瞬、大きく見えた!』

00158
 今期、御堂筋君が巨大化する特技を手に入れた事を思い出す瞬間
 そういや、レース前も膨らんでましたね
 何なの流行なの!?

 小野田君、そんなマジに受け取られても困る!

『いらん! 無駄な意地や虚栄は…』

00162
00163
00164
00166
00169
00170
 ボクのチームに必要なんは、完璧なる兵隊、“量産型<ザク>”である事!

ノー・リスペクト
 インハイとは最高の「祭り」、色んな地方の腕自慢が、俺こそが最強だと覇を競いに来る場所
 だから皆、自分の名を高らかに叫ぶのでしょう
 が

 ついてこれん奴は…、辞めてもろうてもええよ?
 
 個性は要らない
 必要なのは、「自分の勝利」ただ一つ

 昨年以上にワンマン、オール・フォア・御堂筋と化した京伏、もうこれはダメかもわからんね…

 箱学の銅橋くんとは真逆やで…。

『今年入った一年も…、八割が辞めた』

00172
 対し三年の山口は、「チームワークで強い、全国強豪チーム」時代の生き残り
 突出した強さはないが、強い結束を誇っていた
 当時、上の下くらいの強さ

 元の京伏は、スポーツ漫画の主役にいそうなチームだったのですよね。

石垣さん『俺も卒業や…、ヤマには礼言わなアカン』

00174
00176
00179
00180
00182
 二日目の平坦でのお前のヒキ、しっかり覚えとるで!

引き継ぐ「我慢」
 彼は昨年、二年ながらインハイに参加したスプリンター、ただし二日目で脱落しました
 御堂筋が、「スプリンターを使い捨てる」暴挙に出た為です
 が

 ヤマ、お前は我慢の出来る男や

 石垣さん男前や…
 彼が、チームを助けてくれたと賛辞を贈る石垣

 また彼が、去り際に「我慢」を託した男が、山口だったことが語られます

 我慢、それは石垣さんの代名詞でしたね

『ロードレースで勝つには、最後は信じあえる“良心”が必要なんや』

00184
 昨年、唯一メンタル的に御堂筋と渡り合い、最後まで「先輩」として彼を心配し
 ある意味、他チーム3年を遥かに上回る活躍の果てに倒れた
 我慢の男!

 石垣は、現・手嶋の“前例”なのかもしれません

石垣『ヤマ、お前が御堂筋の“良心”になってやれ

00185
00186
00189
00190
00192
00194
00195
00198
 もしもン時、御堂筋を止めるんはお前や、ヤマ!

怪物たちの傍らで
 人は石垣、人は城、誰もが「怪物」としか思わない御堂筋を、最後まで心配し託した石垣
 山口さん、思った以上に重いものを背負っていた…!
 が

 御堂筋君…、行かせて、先に!

 熾烈にぶつかり合う“天才”
 石垣さん、アンタ重いもん残しすぎですぜ…

 山際といい山口といい、今週の山はホント山揃いですぜ…

 山口名物、瓦そばって美味しいです…

御堂筋『ほな…、“協調”しよか?

00199
 意外性と顔芸の宝庫・御堂筋…、なんかデカい顔で言い出したぞ…!?
 通せ、って言ってるのに協調?
 顔でけえよ!

御堂筋『ボクとキミで走ったら…、疲れは1/2!

00201
00204
00207
00208
00209
00211
 そやそや…、こっちからはもう一人…、山口クンでも出そかァ?

違和感と違和感
 意外や完全に字面通り、邪魔ではなく、坂道を“列車”を組んで先頭まで連れていこうというのだ
 しかし、“平坦走者・山口”を指定する違和感も
 と

 全力で…、止めに来るんだと思ってた!?

 混乱する坂道
 てか、山口って平坦屋ですよね!?

 さっきの石垣さんの回想が、ここで生きてくる! ありがとう石垣さん!!

 我慢ライドの名手は伊達じゃない!

『さァ…、乗り?』

00213
 どうせ、坂道を消耗させる腹…、と思わせつつ「先に出る」ファンサービス
 自分が先に前に、この巧みさこそ御堂筋!
 悪い顔が自転車に乗ってる!

 さっきの坂道は人の良い男だ、って話がここで活きてくるわけやな!

『去年戦った、キミとボクの仲やないの。遠慮はいらんで? まずボクが引くから』

00216
00217
00219
00220
00221
00222
 目的地行くのに、特急と鈍行…、値段一緒やったら誰でも速いほう乗るやろ…?

その特急には裏がある
 つまり御堂筋の狙いは、真波に坂道をぶつけ、両者を激しく消耗させる事にあるのだ 
 前回、泉田が言ったが“この先はゴール”
 と

 はよせな発車するでー? ピー♪

 このままだと真波が楽勝
 消耗してない彼に、勝負を挑むのは得策ではない

 坂道の速度を利用すれば、効率よく先頭にいけるし、真波も消耗させられる

 御堂筋にとっては、ラッキーチャンスだと

『お乗りの方は、お急ぎくださーい♪』

00225
 ぴイるるるうるるるるるるる♪
 坂道を焦らせる特急・御堂筋、発想が怖いよ!
 何故ここまで列車っぽく煽れるの!?

 奇しくも、手嶋が冒頭でいった“選択”を迫られる坂道!

“手嶋”『“考えられる選択肢を全部出して、一番最初に思いついた事をやればいい!”』

00226
00227
00229
00230
00231
 せっかくの申し出を、ごめん! 御堂筋君!!

我慢を継ぐ驚愕
 やはり坂道が選んだのは、悩み抜いた末で、手嶋の言葉を思い出した故だった
 従うべきは、己の直感!
 と

 断った?! コイツ、この状況で!

 山口君が喋った!
 今のままでは、勝負にすらない

 それでも「楽な道」を選ばなかったとか、まあ普通は驚く!!

 山口クンだって驚く!

『はーん…(バカじゃなさそうや…)』

00232
 そして山口くんをアシストに選んだ理由が、ここからの問題
 敢えて、「勝負」の場に彼を連れて行く!
 その理由とは…

『この男を“振り切れたら”、行っていいわ…、山口クーン?』

00236
00237
00241
00247
00248
00249
00251
00252
 出来るやろ? キミが大事に抱えとるモン捨てれば…

フェイズ11
 かと思えば、謎めいた言葉と共に、何故か山口をぶつける御堂筋
 山口は、石垣の言葉が浮かぶ…
 と

 お前が、御堂筋の良心になってやれ

 叱咤され飛び出す山口
 しかし、スーパーモード小野田君を追える筈がない!!

 そもそも!

そもそも俺は、スプリンターやぞ御堂筋!?

00259
 あまりに遅いツッコミ! 困惑し過ぎてツッコミまで遅れるレベル!?
 御堂筋、完全に「理解」しとるやないかい
 あの性悪ゥ!

山口『何でみんな、俺に無茶振りばっかするんや!?』

00264
00266
00267
00268
00269
00270
 あんまり強いところは…、俺、一番になれないですし、前に出るの苦手で…

高校三年生
 ここまで来ると薄々わかってきた状況、彼は、部活選びもまた“無茶振り”されたのだ
 元バスケ部、控えめな性格だった
 が

 自転車はチームスポーツや! 影の功労者が生きるスポーツなんや!!

 さすが石垣さん!
 さすがは、ミスター影の功労者やで!!

 時に、御堂筋さえ押し切った石垣は、強く山口を勧誘した

 来いよ楽しいぜ! って気持ちが溢れてる!!

山口『チーム…、スポーツ?』

00274
 石垣は、彼にアシストを託し、地元では優勝できるほどの強豪へ鍛えた
 彼はサポートが得意な選手に成長した
 一番にはなれない男

 でも石垣は、引っ込み思案で燻るはずだった彼を、育てたんでしょうね

『影でええ…、影でええと思ってきた…』

00275
00276
00277
00278
00279
00283
00284
00286
00288
00289
 何で御堂筋の事を押しのけられるんや…、押しに弱そうな顔で……

混乱する男
 思う事は一つ、自分は「サポート」であって、前線で戦うような器じゃないのだと
 彼は、身も世もなく叫んでしまった
 と

 待ってくれー!

 今にも死にそうな山口
 苦手な坂で、とっくに脚も使いきってしまった

 御堂筋はこうなると予測、お人よしの坂道なら、同情して足を止めるはずって事か

 戦えない戦力を、“有効活用した”と
 
山口『お前も俺と、同じ“陰”の匂いがする…』

00293
 流され続けた山口は、自分に似た、気弱そうな小野田に共感
 似てるのに、なんでコイツは違うのかと
 お前は陰じゃないのか、と

 山口さんは、小野田君と「流されやすさ」に共通項があったんですね

山口『敵に待てといわれて、待つ奴があるか

00296
00298
00300
00302
00305
00306
00307
00308
 ええ奴なんやな…、小野田

踏みとどまった男
 しかし、ギリギリで山口は正気を取り戻し、御堂筋が坂道をハメる気だったと教えて脱落
 際し、自分の名前は“ヤマや”
 と

 ヤマさん! 失礼します!!

 旧チーム時代のアダ名
 御堂筋が否定する、本当は使いたいアダ名を叫ぶ坂道

 ヤマさんは無様だったかもしれない、けど踏みとどまった姿が、私はカッコイイと思う

 咄嗟に、他校の後輩の背を押したヤマさん!

石垣さんも言うてたな…、御堂筋とは違うオーラを

00309
 本作、トップレーサーは奇人変人ビックリショーですが
 いつまで経っても、偉ぶらない小野田の性格
 それが今回はプラスに

坂道『すいません、遅くなりました!』

00311
00312
00313
00314
00316
00318
00322
00323
 アホかー! どんだけ待たすねん!!

すごいッスね!
 かくてホントに単独で追いついちゃった坂道、イケメン特有のオーラで感知する今泉!
 鳴子の叫びがホンマ熱いで
 が

 いや…、良い。無駄足を使う必要はない

 対する箱学
 新開は、坂道をマークするのが仕事の模様

 しかし泉田は、強敵・坂道潰しを“無駄足”と呼んで…?

 即ち、この先の展開を読んだのか
 
今泉『手嶋さんにはこう言われた、…“差が三分半以内なら追わせてやれ”』

00324
00331
00332
00336
00340
00342
00344
00345
 既に四分半、…チーム内で脚を休めたほうが賢い。それでも行くか?

ティータイムを託して
 司令塔を代行する今泉は、坂道に「追うな」も同然の指示を、「追うだろ?」のニュアンスで語った
 答えは一つ、手嶋にボトルを届けろと託す今泉
 そして

 届けろ! 坂道ィーーーーーーー!!

 青八木叫びすぎぃ!
 燃える男の、熱い背中プッシュ!!

 苦境にあって決断する事、今回のテーマを貫き、小野田坂道、追撃へ!!

 ほ、ホントに追撃で終わった!

『まったく…、今年から2年生だというのに、小鳥様にはまるで成長が見られませんねえ』

00348
00349
00351
00352
00354
00355
00357
00360
00362
00363
00367
00368
00371
00373
00374
00377
 この胸のどきどきは…、何?!

cv田村ゆかり
 お前が見てたのかよ今泉! 久々のアニメイズミは正直卑怯やでしかし!! 
 ラブヒメ2期は、新たな男キャラが登場!
 ってね!

 え~~~~~~~!?

 ファン困惑…!
 二期で、ポッと出るのキャラに心が揺れる展開って奴だ!!

 生首がクルクルターンしてるゥ!

2017年6月12日 弱虫ペダル NEW GENERATION 第23話「坂道、追撃」

00346
 今回も、作楽クリエイト社が制作協力に

スタッフ
 脚本 岡田邦彦
 コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
 演出 関 暁子
 作監 小嶌エリナ
 制作協力:作楽クリエイト

あらすじ
 集団に抑えられ、坂道は最後尾に沈んでしまった。しかし、いろは坂でのクライム勝負に手嶋が出ていることを知り、手嶋とチームを助けるために追いつくべく、大好きなアニソン「ヒメのくるくる片想い」を歌いながらぐんぐん加速する!そこに、御堂筋の京都伏見が立ち塞がり、坂道を止める役目を背負ったのは、3年の山口!坂道は果たしてチームに追いつけるのか...!?

次回、弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.24雑草の走り

00025
 山岳賞を狙う真波を追って、いろは坂を必死に登る手嶋。真波は手嶋の平凡な走りに興味を持てなかった、手嶋は執念で食らいつく。その熱い姿に応える真波は...。

[STAFF]
 脚本 久尾 歩
 コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
 演出 斉藤啓也
 作監 宮西 多麻子、三浦 雅子

提供MADは、やだキッモ!キモー!!

00380
00383
00385
00386
 エンドカードでイケメン成分補給やなシキバァ!

エンドカードも刷新
 劇中、小さな3人とデカいシキバ! 憧れますよねー、こういう背が高い人ってば
 Cパート、ラブヒメ2期が色々もって行き過ぎてヤバい!
 けど「選択」の回!

 たとえ流されても、そこで我慢できる男。ヤマさんの選択!

 上級生なら選択しなければ
 貫いた坂道と、流されたヤマさんの好対が辛い

 ヒメもねえ、確か男キャラがいるのに、新キャラに心ゆれるとかダメっしょ選択しなきゃ!

 次回、第3期 第24話 第86話「雑草の走り」

弱虫ペダル 感想 アニメシリーズ第一期、2013年作品

 RIDE_1「アキバにタダでいけるから」
 RIDE_2「部員をふやすため」
 RIDE_3「僕は友達いないから」
 RIDE_4「鳴子章吉」
 RIDE_5「総北高校自転車競技部」
 RIDE_6「ウエルカムレース」
 RIDE_7「追いつきたい!」
 RIDE_08「スプリントクライム」
 RIDE_09「全力vs全力」
 RIDE_10「ピークスパイダー」
 RIDE_11「肉弾列車!」
 RIDE_12「合宿初日!」

 RIDE_13「今泉と鳴子の1000km」
 RIDE_14「朝霧の再会」
 RIDE_15「策略」
 RIDE_16「一点突破
 RIDE_17「最後尾の小野田」
 RIDE_18「全力の勝負」
 RIDE_19「新たなるスタート」
 RIDE_20「真波山岳」
 RIDE_21「石道の蛇」
 RIDE_22「インターハイ開幕」
 RIDE_23「トップスプリンター!!」
 RIDE_24「震える泉田」
 RIDE_25「負け」
 RIDE_26「空が見える」

 RIDE_27「山神東堂」
 RIDE_28「100人の関所」
 RIDE_29「山頂」
 RIDE_30「荒北と今泉」
 RIDE_31「強者三人」
 RIDE_32「希望の夜」
 RIDE_33「ヒメなのだ」
 RIDE_34「新開隼人」
 RIDE_35「勝利する男」
 RIDE_36「最強最速」
 RIDE_37「王者交代」
 最終回「総北の魂」

弱虫ペダル 第2期 感想 分割放送作品

 GRAND ROAD ROAD.1「フェイズ49」
 GRAND ROAD ROAD.2「エースたち
 GRAND ROAD ROAD.3「翔」
 GRAND ROAD ROAD.4「覚悟」
 GRAND ROAD ROAD.5「薬局までの3km」
 GRAND ROAD ROAD.6「モってる男」
 GRAND ROAD ROAD.7「迫る、集団」
 GRAND ROAD ROAD.8「アラキタ」
 GRAND ROAD ROAD.9「呉の闘犬」
 GRAND ROAD ROAD.10「その先の領域」
 GRAND ROAD ROAD.11「サバイバル」
 GRAND ROAD ROAD.12「泉田の誇り」

 GRAND ROAD ROAD.13「激走、山中湖」
 GRAND ROAD ROAD.14「最後の作戦」
 GRAND ROAD ROAD.15「鳴子!真骨頂!」
 GRAND ROAD ROAD.16「エース今泉!」
 GRAND ROAD ROAD.17「箱根学園ゼッケン6番」
 GRAND ROAD ROAD.18「一歩一歩」
 GRAND ROAD ROAD.19「坂道の役割」
 GRAND ROAD ROAD.20「今泉vs御堂筋」
 GRAND ROAD ROAD.21「91番」
 GRAND ROAD ROAD.22「真波と坂道」
 GRAND ROAD ROAD.23「約束の道」
 GRAND ROAD 最終話「WINNER」

弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 感想 2017年1月開始

 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第1話 63話「最後の峰ヶ山」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第2話 64話「巻島が残したもの」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第3話 65話「手嶋、魂の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第4話 66話「峰ヶ山で一番速い男」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第5話 67話「自転車異種格闘技場!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第6話 68話「鳴子VS御堂筋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第7話 69話「最後の走行会」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第8話 70話「ゴールライン」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第9話 71話「新生総北、始動!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第10話 72話「杉元兄弟の絆」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第11話 73話「決着」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第12話 74話「トラブル!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第13話 75話「1000㎞再び」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第14話 76話「凡人と天才」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第15話 77話「古賀のゴール」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第16話 78話「2度目のインターハイ」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第17話 79話「スタート!!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第18話 80話「ふくらむ青八木」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第19話 81話「怪道銅橋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第20話 82話「鏑木、全開!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第21話 83話「箱根学園、動く!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第22話 84話「ゼッケン1のプレッシャー」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第23話 85話「坂道、追撃」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第24話 86話「雑草の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第25話 87話「空を仰ぐ【最終回】」