“そらのおとしもの”作者作品。公式はこちら。水無月すう プランダラ 8巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり。前巻はこちら
探すべき“撃墜王”は、死んだ陽菜の父親だった…? リヒトーが死んだ…?

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_5863
IMG_5862
IMG_5860
前巻、「さあ子作りしましょう!」エンドを迎えるも、断った理由は「ロリコンじゃないから」。
 もとい陽菜は、リヒトーが死なせた親友の子供だったと判明
 そら手を出せませんわな

 今度は、親子として激突したジェイル、「アラン」先生! あの人優しすぎるよ!

次巻、シュメルマン先生!
 またも新しい謎、というかアビスの向こうで軍が再建された事とか、まだまだ謎尽くし!
 そこで、敢えて水着と下着祭りを入れる勇気!
 園原さんに笑った!

 頼み込まれて水着を着るとか、あの人、どんだけ押しに弱いんだよ!

『教えてくれナナさん…、ブラの外し方が分からない…!』

IMG_5861
 廃棄戦争で大暴れした英雄(300)、未だブラのホックの外し方を知らず。

あらすじ
 300年前から戻った一行は、酒盛りで盛り上がるが、リヒトーは陽菜の告白を拒絶
 自分は、陽菜の父である撃墜王・時風を殺した事を告白し
 単身、王都へと向かう

 だが天敵、撃墜王・道安の襲撃で、リヒトーは絶命一行は捕えられる

 一方、単身で王都に向かったジェイルは 
 かつて「アラン大尉」だった義父に、ケジメの為に闘い敗れ、総ての星を返上した。

 やがて捕えられた陽菜たちの前に、シュメルマン「先生」が姿を見せ…?

後悔する死にたがり、リヒトーの命を繋ぎとめる為に!

IMG_5850
IMG_5860
 子供を作りましょう! と全力で脱いだ陽菜であったが…

ロリ無理!
 もとい、自分は300年前の御爺ちゃんだから、考え直しなさいとリヒトーは説得
 いきなり、吐き出した時は何事かと思いましたが
 まあそうですよね…

 しかし、脱ぐわトイレ中に乱入するわ、立派なセクハラヒロイン成長!

 気持ちは分かるが行為はセクハラ!
 思えば、今までも何度も「彼女を置いていった」事がトラウマになってるのね

 んもーイケメンは、すぐ姿を消すんだから!

“私、にぃにのおよめさんになろうと思うの!”

IMG_5865
IMG_5864
IMG_5859
IMG_5858
 律儀に約束を守って飲まされるわ、ナナちゃんの気持ちを突きつけるわ…!

リヒトーとナナ
 ナナさん、解っていたけれど恋は実らず…。でも仮面を外さなかった理由は
 ただ、ずっと彼女に会わせる顔がなかったから…って
 そこは報われた。

 でも、作中一番長い恋、実らないのはやはり切ない

 対しサブタイ「浮気」は
 幼いとき、自分を連れ出したジェイルに、ちょっと「浮気」しちゃったからだと。

 旧世代組は後ろ向き、ジェイルや陽菜は前向きなんですね

『女の子なんて、服脱いだらみんな、腹肉余ってるんですからね!

IMG_5857
IMG_5856
IMG_5855
IMG_5854
IMG_5853
IMG_5852
IMG_5851
 なお余っていたのはリィンさんだけだった模様

チキショウ!
 怒涛の腹肉回! 健康美、健康美だよリィンさん!!
 でも、料理上手だし安産型だし!
 いい嫁になるよ!

 頼み込まれて、水着になっちゃう園原さん笑った!

 そんな謝られましても…!
 女性陣で唯一、腹肉が余っても健康美だよリィンさん!!

 デブデブ連呼されすぎなんだよ!

陽菜の母もまた、300年前の人間だった

IMG_5849
 クラスメイトとは違う模様

月菜=ファロウ
 300年前、リヒトーを繋ぎとめようとした彼女は、「咲」だったので別人みたいです
 最後の撃墜王が一人、顔が出ないまま終わってますが
 今更、母が居たとは思えませんよね

 父は入学以前からの親友、最後に殺した坂井時風。

 彼に許嫁がいた
 当時、リヒトーが暴れてた頃に陽菜を身ごもったらしい

 リヒトーは、水菜が夫・時風の死を知らず、陽菜に「撃墜王を探せ」と頼んだと考え…?

ジェイル『俺には眠り薬など効かん、信念があるからな

IMG_5848
IMG_5847
 ものそっそい理由で効かなかった!

リヒトーの死
 実は、陽菜が持っていたバロットこそ、「7つで議会を動かせる」オリジナルの一つ
 リヒトーは、改めてアルシア王国を壊す決意を固め
 王国に向かい殺害

 撃墜王の一人、クラスメイト・道安に殺害、陽菜たちも捕えられる事に

 時風・園原・アラン・道安。
 撃墜王はほぼ出揃い、残る正体不明は一人でしたっけ?

 異形の道安も、優しさが滲み出てて辛い。 

クソメガネ…!

IMG_5846
IMG_5845
 クソ長い名前の総司令官は、やはりアラン大尉。

父と子と
 一方、ジェイルは単身で王都ノイエヴェルトへ、口では「星を賭ける」と父にケンカを売りながら
 本心は、軍を抜け“星を返す”目的で向かったのだ
 と

 過去、アランに散々ボコられるも、それは最後に逆転する布石!

 下手だと見せるフェイント!
 一矢は報いるも、やはりまだまだ「撃墜王」に勝てるわけもなく

 負けて、星を返す覚悟で向かったのか。

さようなら…、お父さん……

IMG_5844
IMG_5843
IMG_5842
 互いに、姿が見えなくなって、ようやく素直になるのがそっくりだよ…!

男のケジメ
 また、アラン大尉はやはり子供を失ってましたが、ナナに頼めばその過去も変ええた。
 でも歴史が変わり、ジェイルが生まれない可能性を恐れ
 敢えて、辛い現在を選んだと…。

 当時、散々突っかかっていたガキが、後に自分のガキになるとは。

 アラン大尉も因果。
 でも辛くとも、生き抜いた未来には、確かなものがあったと。

 アビスとの戦争、このままだと死にそうで不安。

収録

IMG_5841
 遂に再会したシュメルマン、リヒトーが狂ったのも「彼の殺意」のせいらしいですが…?

 角川コミックス・エース「プランダラ 巻」。水無月すう。
 月刊少年エース連載、KADOKAWA発行。
 2017年8月(前巻2017年5月)

収録
 第28話「浮気」
 第29話「雨1」
 第30話「雨2」
 第31話「父親」
 表紙、えらくエロく攻めると思ったら納得。シュメルマン先生! 先生ー!!

プランダラ 感想 水無月すう

 プランダラ 1巻
 プランダラ 2巻
 プランダラ 3巻
 プランダラ 4巻
 プランダラ 5巻“約束された戦争”
 プランダラ 6巻“廃棄するための戦争”
 プランダラ 7巻“戦争で手にかけたもの”
 プランダラ 8巻“立派になりやがって”

 そらのおとしもの 20巻(完)