信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第35話 感想 レビュー 考察 水面下の死闘 アニメ 画像 ネタバレ。前回はこちら
“剣聖”直伝、一の太刀炸裂! 千鳥殿には、忍者道具などただの拘束服!!

00020
00053
千鳥無双に定評ある本作、実は日頃から、武器の重みで速度が激減していたと判明…
 真の千鳥は、日ノ本屈指の剣豪すら凌駕
 伊賀、バケモノ育て過ぎ…!

 信長とて見方を変えれば侵略者、次回、餅息子たちが具教を庇うのか?

ネイキッド千鳥
 助ちゃん、後一枚脱げー!って正直になりすぎだよこのドアホー!!
 千鳥、嫁入り前の娘が何て姿を!

 気配を嗅ぎつけ、スケベ松永弾正が現れそうな展開だった!

2017年6月3日 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第35話「水面下の死闘」

00002
 前クール26話目まで、全39話でしょうか?

あらすじ
 永禄12年(1569年)、7万で伊勢侵攻した信長を阻む北畠具教、対し千鳥は決闘を申し込む

スタッフ
 演出:向井雅浩
 絵コンテ:大地丙太郎/監督 全話担当
 作画監督:秦野好紹、橋本正則(BIGBANG)

『具教様! 敵方から文が飛んでまいりました!』『矢文か…、見せよ』

00003
00004
 いえ! 手裏剣文です!

クナイじゃないの!?
 具教も度肝! ていうか見た目が完全にクナイですが、きっとデカい棒手裏剣なんだよ!
 なのかな!?

 何だそれェ!?

助蔵『無茶だよ! 北畠具教と決闘なんて!』

00005
00006
 具教は日の本屈指の剣豪だよ?! 死んじゃうよ!

千鳥出陣!
 戦線が膠着しておよそ一ヶ月、起死回生の滝川一益も敗れ、主君・信長も追い詰められていた
 圧倒的優勢といえど、七万もの軍を“食わせる”コストや体面から言っても
 勝負に出ざるを得ないのだ

 千鳥は、敵総大将に決闘を申し込み…?

『それに総大将だよ!? 受けてくれるワケないって!』

00007
00008
00009
 来たか女忍び! 驚いたか? 儂の快諾を

ノリノリだァ!?
 既に、家督を譲ったとはいえ実権を掌握した「総大将」、一兵卒同然の勝負など利がない
 どうだ驚いたか! と笑う具教であったが
 千鳥は確信していた

 ていうか、視聴者も確信していた

『僕』『俺も』『拙者も』『ヒヒーン…』

00011
 そんなに決闘バカなの!?
 馬まで!? これだから勇者は!
 デュエルの時間だ!

 月が闇を照らすとき 伝説が宇宙を舞う 禁断のデュエルの時 タナトスが呼んでる 遠く!

具教『千鳥と言ったか…、何故ワシが降伏しないかわかるか?

00012
00014

 勝てると思ってるから?⇒違う
 屈するのがイヤだから?⇒惜しい
 めんどくさいから?⇒遠ざかった
 反抗期?

 いいからワシに語らせろ!
 

00016
00017
00020
00021
00022
 儂から見れば、信長は英雄でも何でもない、ただの侵略者!

我は剣豪
 具教が降伏しない理由とは、「侵略者」相手に、劣勢だからと膝を折るのは見苦しいからだ
 それをすれば、自分の中の大切なものが折れてしまう
 だから

 儂は、剣豪・北畠具教として在り続ける為に戦うのだ

 剣豪の意地
 なるほど、松永久秀公の読みは正しかった

 彼はだからこそ、具教の心を変えられるのも「剣」しかないと読んだのね

 惚れた相手ならともかく!

具教『お前は何故、このような事をする。信長の命ではあるまい?』

00023
 また、「信長側」である千鳥も、少しばかり待てば“信長の勝ち”で終わる
 千鳥こそ、むしろ戦う理由がないはずだ
 と

具教『何故こんな危険を冒してまで、“勝ち”を急ぐ?』

00024
00025
00026
00027
00029
00030
 飢える城兵に同情でもしたのか?/それもあります、このくらい

少なッ!?
 てっきり被害を抑える為かと思ったら、千鳥殿、まっこうから「違う」と言い切るのが快い!
 あるはあるけど、ちょっぴりだけ
 と

 私はそんなに出来た人間じゃありません

 それが言えるのが「出来た」人間だよ!
 鞘を預けた!

『私はただ、信長様が天下を取る様を、一日でも早く見たいから』

00033
 こんなところで、モタモタして欲しくないだけなんです!
 あくまで、己の望みだからという千鳥
 何と快い事か!

 モタモタしてるとか言いおった!

具教『甘いな! …そして“軽い”ッ!!』

00034
00035
00036
00038
00039
00040
00041
00042
00044
00045
00047
00048
00049
00050
00051
00052
 剣の果し合いに隠し武器とは…、卑怯者が!

「千鳥」の闘法
 日頃殺人剣に定評ある千鳥ですが、彼女の体格では、威力が物足りず弾かれてしまう
 千鳥、全身でぶつかった消耗が激しい!
 が

 いや、これはいつものクセで…、いま脱ぎますから!

 開き直るかと思いきや
 千鳥、武器を外し始めたではないか!

 忍者は戦闘員でなく諜報員、と言った千鳥が、真っ向勝負をするだと!?

 しかも脱ぐだと!?

千鳥『これで全部です!

00053
 こやつ…
 城兵騒然!

 く、クロプラ9話に続きこっちでもストリップ回だと!?

具教『これだけのモノを抱えながら、あの動きをしていたというのか…!』

00054
00057
00058
00061
00063
00064
00066
00068
00069
00072
 服を脱いだらここまで! って事は後一枚脱いだら、もっと速く!?

な、何だこの速さは!?
 さながらドラゴンボールのように、急加速する千鳥殿! 彼女には忍者道具は武器ではない!
 重い道具は、ただの拘束服だっただと…!?
 で

 あと一枚脱いだら、もっと速くなるんじゃないかなー!

 助ちゃんスケベ!
 言ったよ、コイツすげー!!

 真面目にやってる具教、マジ眼になった千鳥殿がアホみたいじゃないか!

 モブ城兵も正直ィ!
 
フッ、まさかこの技を使うときが来るとはな!

00073
 しかし具教には、剣聖と謳われた伝説的剣豪に託された技
 そう、奥義があったのだ!
 その名も!

※史実。

『父上ー! ここは奥義ー! 奥義“一の太刀<ひとつのたち>”使っちゃってー!』

00076


具教『だー! いっそお前に使いたい!!


00078
00079
00082
 感謝する、お前と剣をかわしたこのほんの僅かな時、…もっとも素晴らしき時間であったわ

秘伝なので
 苦境に陥った具教は、師“剣聖”塚原卜伝より学んだ奥義を開陳!
 なお、現代には伝わってないので
 描写は割愛!

 新当流奥義・一の太刀!

 秘伝オソルベシ!

ナレーター『なお秘伝なので、技の詳細は一切不明

00083
00084
00085
00087
00089
00090
 くっ…、奥義を放って皮一枚のみか…! 儂の…、負けだ…!

剣豪敗れる
 まさか、ここまで一方的な決着になるとは、正直思いませんでした。比肩するだけでもすごい!
 とか思っていたら、ドラゴンボールみたいに勝っちゃった!
 さて、この後の具教殿らは…

 歴史的には、この七年後に後味の悪い展開も辿りますが、本作的にはまあ…

 紙一重でした
 と、千鳥が彼を讃える展開でしょうか

 また予告を見た感じ、父を護る為、命を捨てる覚悟で息子らが壁になるとか?

 次回、第36話「また闘る日まで」

信長の忍び 感想 2016年 10月開始

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」
 信長の忍び 第14話「出世は大変でござ~る」
 信長の忍び 第15話「みんなで築こう墨俣城」
 信長の忍び 第16話「一夜で築いた事にしといて‼」
 信長の忍び 第17話「引きこもり終了のお知らせ」
 信長の忍び 第18話「京が俺を呼んでるぜ」
 信長の忍び 第19話「半兵衛ゲットだぜ‼」
 信長の忍び 第20話「妹よ」
 信長の忍び 第20話「いつか将軍になりた~い!!」
 信長の忍び 第22話「ツッコミ師 参入」
 信長の忍び 第23話「信長!! 後ろ!! 後ろ!!」
 信長の忍び 第24話「影の伝説」
 信長の忍び 第25話「城とったどー!!」
 信長の忍び 第26話「おいでやす京へ」

 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第27話「デンジャラスじじい登場」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第28話「松永台風上陸」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第29話「政権交代なのだー!!」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第30話「鬼の居ぬ間の六条合戦」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第31話「反撃は歌と共に」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第32話「西の国から1569」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第33話「とある忍び嫌いと超剣豪」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第34話「鬼と化け物」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第35話「水面下の死闘」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第36話「また闘る日まで」