アニメ ひなこのーと 第7話 感想 レビュー 考察? まよえるみずぎ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
海だけどかかしですな。水着選びに水辺で迷子に、まゆちゃん大活躍!!

00065
00343
 ひなちゃんのナイスバディが、余すことなく炸裂したまゆちゃん回!
 水着選び、コンプレックスに可憐な可愛さ
 挑戦的過ぎる水着だった!

 人生初の海に、住みたいとまで言い出したひなこに、必死に止める動物らよ!

大家さんやりすぎ問題
 あの風呂掃除イメージ、いつかの犬猫演といい、大家さんはホントBPO案件ですぜ…
 くーちゃんも、水着がピッチリ過ぎるし
 ゆあちゃんも二種類!

 水着「選び」からガッチリやって、衣装チェンジが可愛かった!

ラストはもちろん、お約束の全員集合&列車エンドである

00367
DANKmlrV0AAF6DK
 原作3巻ネタだそうで、原作でもひなこさんはエロい模様

あらすじ
 六月末の文化祭も終わり、暑さに耐えかねたくいなの提案で、海に行く事になったいつもの一同
 山育ちのひなこは水着を持っていなかった為、皆で買いに行く事となり
 真雪の目が怪しく光る

 彼女の着せ替え人形にされるひなこ、お腹が気になるゆあ、身体つきがエロい千秋

 水着を買っていざ海に向かうも
 くいなにからかわれ、真雪が迷子になってルリ子と遭遇

 ひなこはかかしで、海の生き物とも対話、そんなこんなでまた来年も来ようと思うのであった

 次回、第8話「がんばりすぎて」

くいな『はー…、なんでこう、毎日暑いんでしょう…

00001
 前回、「演劇同好会」設立の一つの節目、6月末の文化祭にて初公演を成功
 ひなこも、初めて演じた舞台に、“人前は楽しい”と感じ
 ゆあ、ルミ子もひととせに協力を決定

 しかし六月を越えて、暑さも本格化するのだった…!

『そうです! 夏でこんなに暑いと、海に行きたくなります! ひなちゃんっ!!』

00004
00005
00006
 えっと…、私、海行ったこと無いから良く分からなくって…、実家が山奥にあったから

素晴らしい夏が来た
 そりゃもう、タヌキと友達になるくらい山奥でしたしね! そんなひなちゃんのお言葉
 つまり、今回は“ひなこちゃんの初めて”回だよ!
 遂に夏回が来た!

 リアルタイムは梅雨前だけど!

くいな『海は良いですよぉ~

00007
 カキ氷に焼きそば、ラーメンにスイカ…!
 スイカなら、立派なのが二つもあるじゃないですか!
 ひなこちゃんに!
 もとい

ゆあ『食べ物のことばっかりじゃないっ』

00008
00010
00011
00012
00013
00015
 そおだっ! 週末みんなで海に行きましょうよっ!

週末何してますか?
 華麗なツッコミと、「そういう事ならゆあ様も行ってあげて良いわよ!」発言という話が早いゆあ!
 対し、乗り気じゃなかったのがひな子であった
 と

 待って! 海ってサメが襲ってから危険なんでしょう?

 この偏った知識!
 ひなちゃん、どこでこんなに偏ってしまったのか…

 もちろん、サメなんて出ませんよ、メルヘンやファンタジーの世界じゃあないんですから…

 と、一旦は答えたくいなであったが

『あ、でもひなちゃんは動物に懐かれやすいですからねえ~、泳いでたら寄ってくるかもっ』

00017
00018
00019
00020
00021
00023
00024
 くーちゃん! いざとなったら、あたしを置いて逃げてねー!

愛・溺れていますか
 って、好かれてるじゃねーか! 何の問題もない気がするだけですね!!
 と思ったが、ひなこはいたく怖がってしまう
 これが海なし育ちの悲劇…!

 まさか、海に行く、行かない時点ここまでモメるとは!

 げに悲しきは山育ちであった(多分)

ゆあ『ていうか、サメが怖いならビーチで遊べば良いじゃない?』

00025
00027
00029
00030
00033
 やっぱり泳ぎたい…。でも私、水着もってなーい…/それなら、放課後に買いに行きましょうよっ

まよえる水着
 と、まるでパンがないなら本を食べれば良いじゃない? 的なゆあの提案もあって海行きは決行!
 ゆあ、このあざとすぎるローアングルッ!
 が

 私…、自分に合った水着…、ちゃんと選べるかなぁ

 ひなこさんまた悩んでる…
 この子、一つ決まったら3つは悩んでますね

 彼女もお年頃、ちゃんと流行の水着がいいと、結構ノリノリである

 学生服だと、胸のサイズがゆあ以下である

『そういうことなら、私に任せてっ!』

00034
00036
00038
 ま、まゆちゃん? 二年生の教室、上の階だよねえ…?

ガラッ(当然)
 さすがはひととせ荘のファッションリーダー、こういう時は頼りになりますまゆちゃん先輩!
 なお、どうしてこんなタイミングで現れたかは…
 と

 うふ♪ 呼ばれた気がしてねっ!

 納得の理由だった!

『ふわぁー! すごーいっ! これが百貨店かー!!』

00039
00040
00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00048
00049
00050
00051
00052
00053
00054
 私、友達とショッピングなんて初めてだから、どきどきするーっ!

ショッピング処女
 ひ…、百貨店とはまた古い! 「スターボックス?」とか実写取り込みとか、映像一つで面白い!!
 くいなも、水着選びとなると初めてだそうで
 と

 他のお客さんの迷惑になるでしょ! あんまり騒ぐんじゃ…

 実に初々しいですねえ
 この風景だけで、店員さんに人的被害が出るレベルですわ

 きっちり、ツッコミに入るゆあちゃんもさすが!

ひなこ『これ見てよー♪』

00055
00056
 どれどれー? うわー、良いじゃなーいっ!
 しかし不滅の委員長魂も、可愛い水着には勝てません
 ゆあちゃん、コロッときて可愛いですよね
 実にゆあちゃん

まゆ『安心して、ひなちゃんの水着選びは、あたしが全力でサポートするからっ!』

00058
00059
00060
00061
00062
00063
 がんばってね…、ひなちゃん…

経験者は怯える
 はしゃぐひなちゃんに対し、大仏様のように穏やかに見えたまゆちゃんですが…
 ああ、これ「バイト時の制服選び」と同じパターンや!
 学ばないひなちゃん!

 珍しく悪い顔するまゆ、察する経験者大家さん!

 あのコスプレ回からもう一ヶ月経ったんですねえ

ひなこ『どうかなー? まゆちゃーん?』

00066
00065
00068
00069
00070
00071
00072
 うん、可愛いわ! じゃあ、次はこれを着てみて?

まゆチョイス
 とか言って、渡された水着の山がこちらです! ひなちゃんは着せがいがあるからね!
 恨むなら、その似合いそうな膨らみを後悔するんだな!
 と

 あと何着…、試着すればいいのかな…

 ビッシリ!
 おそらく、これでも厳選されているのだ…

 ホント、ひなちゃんって、制服姿とは別人みたいな(スケベ)ボディラインですね。

ゆあ『じゃーん!』

00073
 どうかしらー?
 と、ゆあ

 なお、別に「詰め物」はしていなかった模様

『似合ってますけど、意外なチョイスですね? もっと露出の多いものを選ぶと思っていました』

00074
00076
00077
00080
00083
00084
00085
00086
00087
 その…、最近ちょっと太っちゃったからおなかを隠したくて…

私らしく君らしく
 日頃、自信とファーストネームに溢れるゆあなら、水着も惜しげなくボディラインを晒すはず…
 意外に、ゆあちゃんを解っているくーちゃん
 で

 今のプロポーションで、充分痩せてると思う。気にする事、ない

 大家さんの後押しもあり
 ゆあちゃん、けっきょく大胆な水着を選びなおすことに

 ホント、千秋先輩大好きっ子である

 後ろ、気になる…!

くいな『切り替え、早いですね~』

00088
 この二人も、大概のんびりしすぎな気もしますね
 あと、背景が刑務所っぽい
 身長測るアレ

ひなこ『何か、不思議な形だね~?

00089
00090
00091
00092
00095
00097
00099
 さすがに海で、高校生がスクール水着って言うのは…

圧倒的谷間
 たまに思ってしまいますが、ひなちゃん、変なところで恥を知らない性格してますよね…
 田舎、さぞ男子がいなかったらしい
 で

 私、スクール水着で行くつもりです! 小学校の時のものがまだ着れるので

 大胆なのは、くーちゃんもくーちゃんで!
 まるで成長していない…

 第1話、くーちゃんも並外れた美少女って言われてた気がするんですが…!

 なんて無頓着、或いは計算された美意識を感じない…!

千秋『なるほど…、その手が! まゆちゃん、私去年の水着があるからっ!』

00101
00102
 だめー! あきちゃんは新しいの買うのー!
だめー! ダメダメダメー!

 なおダンナさん、嫁さんに速攻で断られた模様
 完全に親子である

 うん…、うん…、って頷く大家さん可愛過ぎる

大家さん『…どうかな?』

00106
00105
00107
00108
00109
 大家さんの水着姿、落ち着いた感じで素敵ですね~

大人の魅力
 とはひな子の談ですが、どうにも、紐が今にも千切れそうでハラハラする気がします
 BGMまで色気が…!
 なお

 これだったら、家の中でも着れるかなって

 というチョイス
 おかしい、その発想はおかしい

『あと、お風呂掃除のときとか』

00111
 アングルがいやらしすぎて、BPOされないか心配なレベル
 なお原作通りらしいよ!
 らしいよ!

 おかしい、このいやらしさはおかしい!

『水着って、年に数回しか着ないからもったいないし』

00114
 倹約家というか…、リアリストというか…

こぼれそう
 大家をやってるくらいなので、金銭面にうるさく、本当は節約したらしい大家さん
 家でも、大抵ジャージとブルマですものね
 私服の頻度がネッシー級

 これからは、レパートリーに水着が増える可能性が…

まゆ『さてと! みんなの水着選びも終わったし、私も自分の水着決めなきゃあ~』

00116
 自分の水着を後回しにする辺り、ホントに充実した時間だった模様
 また、良く見るとキャラが背景から浮いてる感じで
 実写取り込みだと伝わります

 背景のCG使用、最近はだいぶ自然になってきましたね

店員さん『まあ! 可愛いお嬢さんねえ~、何をお探しですか?』

00117
00121
00120
00123
00124
00125
00126
00127
00130
00132
00133
 おかあさん…、呼んできます

意気込んでやがてかなし
 なおまゆちゃん、高校の制服を着ているのに、無事小学生扱いされ憤慨するの巻
 なんでさ! スカート以外は制服なのに!!
 で

 こうなったら、うんと大人っぽいセクシーな水着でアピールよっ!

 と思った結果が…
 こう、びっくりするほど背徳感ですね

 スタッフの人、お尻の作画に命をかけてる感がある…!

 ほぼヒモじゃないですか…

すみませーんっ! ちょっと代わりのを…

00134
00135
00136
00138
00140
 まゆちゃんには、そういう水着、まだ早いと思いますよ?

子は国の宝
 とか、小学校時代の水着が着れる人に言われる始末! お腹が冷えちゃうよ!!
 わかってたけどまゆちゃん不憫だ!
 で

 もーっ! 子供扱いしないでーっ!!

 するなってのが無理だよ!

バナナはオヤツに入りますかァ!

00141
 昔、小学校の遠足などで「おやつ」を、生徒自らに準備させていた頃
 限られた予算、500円~300円程度で何をチョイスするか
 腹持ち、或いは美味しさ重視…!

 バナナが「おやつ」に入らないなら、予算と別枠で、楽しむ事が出来たのである!

まゆ『結局、ワンピースにしちゃった…、子供っぽく見えないかしら~』

00142
00143
00146
00147
00148
00149
 もしかしてまゆ先輩…、小さい事、気にしてるんですか?

ONE PIECE!
 結局、マイクロビキニは歩く犯罪でしたが、悩むまゆにゆあが応じる場面も
 まゆは、背丈のことかと思います
 が

 ゆあちゃんは、気にする程小さくないと思うわ?

 まゆと比べたら大きく見える!
 大きく見えるという事は、あたしが勝つと言う事だ!

ゆあ『でもゆあ、Aカップなんですけど…』

00150
00151
 そっちかー
 なお胸の話だった模様

 まゆちゃんの小ささは、もう胸サイズって領域じゃないから…

ひな子『はやく、海行きたいな~♪ 素敵な水着も買ったし…♪』

00152
00154
00155
00156
00158
 やっぱり…、海怖いかも~…

サメ怖い!
 なおひな子の気分は、サメ一匹で左右されるレベルの模様
 昔、「ジョーズ」でも見たんでしょうか?
 彼女

 そして、抱きつくひなちゃんの腰周りすごく良い…!

 このくびれ!

『ハッ! そーだっ! 初めての海だし念のためっ!』

00159
00160
00161
00163
00164
00166
00167
00168
00169
00170
00173
00174
00175
00176
00177
00179
 ひなちゃん、何やってるのかしら…? 泳ぎの練習…?

しゃーく!
 その夜、ひなこがドッタンバッタンやってるので、皆で部屋に押しかけたところ
 溺れた時、助けを求める練習をする姿が!
 と

 たすけてくださーい!

 さりげに大家さんが!
 大家さんが、ジャージブルマじゃなくなった!!

 夏という事で、くいなもノースリーブ化していてセクシーでしたね!

 もちろん、一番セクシーなのはひなちゃんですけれども

アイキャッチでも…

00180
 シャーク!
 このきぐるみ魔ノリノリである
 セクシー!

 どさくさ、まゆちゃんの貝殻が取れる寸前!

ひな子『…これが海ーーーーっ!

00181
00182
00183
00185
00187
00190
00191
00193
00194
00195
00197
 その前に、ちゃんと準備体操してからね?

すごくローレグです
 ひな子とゆあが選んだ水着の披露…、ですが、くーちゃんのピッチリ水着が気になる!
 さすがに、小学校時代よりは成長していた
 と

 準備体操、終わりっと♪

 体操だけで、既にエロいだと…!?
 流石ひなちゃん!

 また、海に行ったことが無いだけで、ちゃんと山奥でもプールの授業はあったようです

 山奥だからって、侮れませんね!

ゆあ『千秋先輩はスポーツ万能なのよっ! 得意に決まってるでしょう!!』

00200
 ゆあ曰く、去年、水泳部の大会に助っ人出場して優勝をかっ攫ったレベル
 千秋先輩、身体つきだけじゃなくて
 能力もチートか!

 千秋は「元」子役、何か挫折でもあったのかなと思ったけど、そんな事もない感じ

ゆあ『あー…、水泳部の部室の前に、写真が飾ってあったのをー…、たまたま見かけて』

00203
00204
00207
00209
00211
00212
00213
00214
00215
00216
 ち、違うわよ! 普通に泳げるけど、もし沖に流されちゃったら足つかないでしょ!

意外に
 去年の高校での話、ゆあは今年一年生、ホント何故知ってたの?ってなレベルですが
 浮き輪の印象が、全部もってった!
 で

 その調子、その調子~

 泳ぎを教えるくいな
 この子、アホ番長に見えて子守りの鬼だわ…

 また、「泳ぐ」のは何気に膨大な作画パワーが必要らしく、省略っぷりも笑えます

 千秋先輩、陰影までこだわりのボディライン!

千秋『それーっ!』

00217
00218
00219
 なおまゆちゃん、水掛直撃で、西洋人形みたいな髪型に
 ヘルメットみてーな髪!
 泣きそう!

 こんなところでも、パワーの格差社会が…!

ゆあ『任せてっ!』

00220
00222
00223
00225
00226
00228
00229
00230
00231
00233
00234
00235
 喉乾いちゃったわね~、あたし、ジュース買ってくるわっ

魔のジュース
 汗を拭う真雪ちゃんが、素晴らしくセクシーでしたが、「ジュースを買いに行く」のは一種の記号
 買いに行った子は、大抵何かあるんじゃ!!
 と

 もーっ! 大丈夫よーっ!!

 迷子にならないでー
 と、お約束の「子ども扱い」をしたくいなさん

 結果、まゆちゃんは、プリプリ怒りながら買い物に行ってしまって……

 何か今回、ケツが気になります

まゆ『あれ…? ここ、どこかしら?

00236
 関連キーワード:二次遭難、薄い本とか浮かんだら、もう末期かもしれない
 もー、ホントまゆちゃんは警戒心ないんだから!
 あっさり迷子だよ!

まゆ『何とかして、あきちゃんと連絡取らないと…、でも携帯置いてきちゃったし…』

00237
00239
00240
00241
00242
00245
00246
00248
00249
 あんな小さな女の子が独りで? 迷子かしら? でも雰囲気が只者じゃない感じ…

今週は乳控えめ
 ひな子あるところルリ子あり! 学外の水着回なのに、ちゃっかり出番があるとはさすが!
 いわく、丁度ドラマの撮影中らしい
 で

 もしかして、あなたもドラマに出演を?

 その発想はなかった!
 曰く、まゆの容姿も芸能界向きだと

 くーちゃんも超美少女設定だし、大家さんは思春期だし、このままではゆあちゃんだけが…!

 特にくーちゃん、しれっと台詞とか覚えるの早いし!

『あなたのように、可憐で見目麗しい方が芸能界を目指さないだなんて』

00253
 隙あらば勧誘する事に定評あるルリ子、そりゃもうベタ褒めでる
 落ち着いた口調は、とても九歳とは思えません
 この子、設定忘れてない?

『そうですわ! ここで出会えたのも何かの縁、どうです? この機会に芸能の世界へ…』

00255
00257
00258
00261
00263
00264
00265
 そうですか…、と意外にあっさり引き下がルリ子。この子、ホント読めない

迷子じゃないもん!
 畳み掛けるルリ子でしたが、彼女のおかげで、ようやく千秋たちとも連絡が付く事に
 持つべきものは、巨乳の顧問ですねえ
 で

 では…、千秋さんに連絡しなくても良さそうですね?

 いじわる可愛い!
 まゆちゃん、九歳児に手玉に取られてる…!

 スマホまでバラ飾り付ける辺り、ルリ子らしすぎて妙に笑えます

 利便性は別腹なんだな…!

くいな『まゆちゃん遅いですね…

00266
00270
00271
00272
00273
 もしかして迷子かな…、ケータイにかけてみる

話中ですわ
 しかし、折悪しく千秋も「まゆの携帯に」電話をかけている真っ最中とあって繋がらず…
 てゆーか、くーちゃんだけ食べてるんですね
 何か納得です

 で

くいな『迷子の呼び出しとか、して貰いますか?

00276
00277
00278
00279
00280
00282
00283
00285
00287
 まゆ先輩の場合、恥ずかしがって出てこないかもよ?

舞の海
 幸い、ルリ子が率先して付き添ってくれた為、まゆサイドは片付きそうに思われた時!
 何という事でしょう、ひな子が飛び出した!
 で

 迷子…、二の舞の予感

 こっちも携帯忘れた!
 そして、山育ちの脚力であっと言う間に姿が…

 ひなちゃん、ホント、「度胸」があるんだかないんだか分からない子ですね!

 胸はあるんだけど!

『これだけ探してもいないなんて…、どこに行っちゃったんだろう』

00289
00290
 まさか! 芸能関係者にスカウトされて、ドラマの撮影現場に連れて行かれちゃったり!?

可愛いからありうる…!
 やがて、軽くおっぱいを揺らしながら、当たらずとも遠からずの結論に至るひな子
 今回、まゆちゃん可愛い言われすぎですね!
 まゆちゃん可愛い!

 そして、ナンパ野郎のいねー海だぜ!

すみませーんっ! 写真、撮ってもらっていいですかー?』

00291
00292
00293
00294
00295
00296
 何か集まってきた!/すごーいっ!

海のかかし
 しかし、ド定番の「写真撮ってくださーい!」の直撃を受け、ひな子は行動不能に
 すごいや! 海の生き物だって寄ってくるんだ!
 デコレーション!

 今回、鳥太郎コンビは電車に乗れなかったのか、さすがに不在の様子

まゆ『あら…? 魚? でもここ、浜辺だし…』

00298
 結果、鳥が集まってきてしまって、まゆ達の目印に
 久々のかかし、大活躍であった
 治らなくて良かったね!

ひな子『まゆちゃーん! 会えて良かったー!!

00299
00300
00301
00303
00304
00305
00306
00307
00309
00310
00311
00312
00313
00315
00316
00317
00319
00320
 独りですっごくすっごく心細かったよー!

魔法陣グルグル
 際し、ルリ子を置いていく感じだったまゆ、完全に相手が九歳児だと忘れてますが
 もっと幼い女子高生がこちら!
 と

 どちらが迷子か…、わかりませんね

 ぐるんぐるん回った!
 モブの方々の、なんと優しい雰囲気よ

 演劇部にもチャイナお団子の子が居ますが、同一人物か、スタッフの趣味なのか

 男性の姿も珍しいですね

くいな『まゆちゃんもひなちゃんも、戻ってきませんね…』

00321
 こういう、ホント何が最善なんでしょうねえ
 躊躇わず迷子放送か!
 それか!

 今は携帯がある事が、ホントありがたいと感じるエピソード

ひな子『うん! かにさんに道案内して貰ったのっ!』

00322
00323
00324
00325
00327
00328
00330
00331
00334
00337
00338
00339
00341
00343
 ちょうど通りがかったまゆちゃんが、助けてくれたんだよっ!

お姉ちゃんですね!
 今度は海の動物とも対話成功、ひな子の目指すべき将来は、演劇とは違う気がしてなりません
 ひな子は、まゆちゃんを褒めちぎり…
 と

 まゆちゃんは、頼れるお姉ちゃんですねっ!

 キラキラまゆちゃん!
 期せずして、欲しかった称号もゲットだぜ!!

 解っててやってるのか、くーちゃんの絶賛で全てが丸く収まってしまった

 こうして並ぶと、身長も解りやすいですね

ルリ子『本当は迷子になっていたという事は…、黙っておきましょう』

00344
00345
 空気の読める九歳児、これには大家さんも苦笑いである
 もう二度と、子ども扱いしたりしないよ!
 出来る子だわ!

ひな子『楽しかった! いっそこのまま、住んじゃいたいくらいだよ!』

00347
00348
00349
00350
00351
00352
00353
00354
00355
00357
00359
 あれ…? もしかして山の動物さん達? …じょうだんだよー、だいじょうぶだよー?

いかないで
 生まれて初めての水平線、気の合う仲間、見事に迷ってかかし化したひなこさん
 初めての海を、いたく気に入ったご様子
 が

 い、一体どこから…

 まさかの懇願
 ひなちゃん、大人気過ぎる…

 って東京に住んでる事は、「進学だから」でオッケーなんですね!

 キミ達は賢いフレンズなんだね!

千秋『おーいっ! みんなで写真撮ろーっ!

00360
00361
00362
00363
00365
00366
00367
00368
00370
00371
00373
00374
00377
00379
00381
 定番の江ノ島電鉄と海、南鎌倉の実写パートを思い出しますね

さよなら江ノ島
 最後は皆で写真を撮り、電車に揺られて眠ってしまう、お手本のような「海回エンド」
 前期ガヴリール、昨年三者三葉みたいな…
 で

 来年もまた…、皆で来られたら良いなぁ…、海…

 でも、その願いが叶うことはありませんでした…
 みたいな

 そのまま乗り過ごしエンドかと思いきや、そのまま終わるとは逆に意外だった!

 何だか、最終回みたいでしたね

ひなこのーと 2017年5月19日 第7話「まよえるみずぎ」

00090
00191
 アニメ制作に際し、1話丸々の外注も担うフロンティア社が制作協力に 
 
スタッフ
 脚本:加茂靖子
 絵コンテ:高橋成世
 演出:長山延好
 作画監督:城紀史、鷲田敏弥、及川春香、熊谷香代子
 制作協力:フロンティアエンジン

あらすじ
 季節は夏真っ盛り。陽射しが強さを増し、肌をじりじりと焼くような暑い毎日が続いていた。すっかり暑さにやられてしまい、机に突っ伏しているくいなを心配するひな子。くいなはなぜ毎日こんなに暑いのかとひな子に聞くが、ひな子から返ってきた答えは夏だからという至極平凡なもの。当たり前の返答に相槌を打ちながら、突然何かを思いついたかのように席から立ち上がったくいなは、こんな暑い夏の日は海に行きたくなると話し、ひととせ荘の面々とゆあのみんなで海に行こうと提案する。

予告ひな子『初めての海は、すごく楽しかったです! でも遊んでばかりじゃダメだよね。くーちゃんやまゆちゃんのお手伝いに、演劇の勉強もしなくっちゃ!』

00180
00156



















00387
 ただの私服なのに、湯上りのような色気を出していくゆあちゃん(二週目)

バディ・コンプレックス
 とか予告を入れつつ、「がんばりすぎて」って、珍しくちゃんと予告やってましたね!
 丸一話、演劇も風呂パートもいれず遊び倒した分
 次回、夏風邪?

 七月突入で水着回か! でも、ゆまちゃんが焦点だったのが少し意外でした

 次回はダウン回みたいですが
 更に、「スズラン編」に入って一気にラストですかね

 そろそろ、終わりが見えてきましたが、ひなちゃんのナイスバディには天井が見えない!

 次回、第8話「がんばりすぎて」

アニメ ひなこのーと 感想 2017年4月 公式ツイッター

 ひなこのーと 第1話「とくぎは、かかしです」
 ひなこのーと 第2話「ここからはじまる」
 ひなこのーと 第3話「ともだちかんちがい」
 ひなこのーと 第4話「かかしひろいん」
 ひなこのーと 第5話「やさしくないやさしいこ」
 ひなこのーと 第6話「めいどとおばけとゆめのぶたい」
 ひなこのーと 第7話「まよえるみずぎ」
 ひなこのーと 第8話「がんばりすぎて」