アニメ ひなこのーと 第6話 感想 レビュー 考察? めいどとおばけとゆめのぶたい 画像 ネタバレあり 前回はこちら
トラブル・アドリブ・芸能界の誘い! 一年トリオ大活躍、初舞台終了!

00055
00360
 ひなちゃん頑張って…、やらかして頑張った! メイド服の話が、アドリブに繋がってたのね!
 迷わず助力して、目を回しそうになってたまゆちゃん先輩も頑張った!
 芸能界への誘いとは大胆!

 学祭ではくいなが、演劇ではゆあが、一年トリオが大活躍だった!

秘密兵器:大家さん
 でも、大家さんが出なかったのは意外でしたし、練習パートを思えば納得ですし
 最後の山場? であろう“全員揃っての舞台”へ温存か

 前回予告は水着でしたが、次回はホントに水着回ですね!

そして、このドM垂涎としか思えないエンドカードである

00386
 しかも年齢9歳でド巨乳とか、全てがマニアックすぎる!

あらすじ
 文化祭前日、衣装作りに協力してくれた真雪も参加し、衣装合わせと最後の練習が行われた
 初めて、通し稽古で最後まで台詞を言う事が出来
 ひな子も自信を以って翌日を迎える

 六月末の文化祭、くいなは全屋台を制覇八面六臂胃袋無限の大活躍!

 しかしひな子は台詞を忘れ
 ゆあは心配のあまり、小道具を忘れる連続コンボ

 ひな子の機転と真雪の助力で、劇は成功、ルリ子とゆあにも「ひととせ」へ協力を得る事に

 次回、第7話「まよえるみずぎ」

すばらしいあさがきた。どのくらい素晴らしいかと言うと…

00000
 前回、本番まで刻一刻と迫る中、一向に上達が見えないひな子にゆあは怒るが
 懸命な練習、日常のたわいもないやり取りの中から
 ひな子の経験が活かせると判明

 ゆあのスパルタ猛特訓を受け、ひな子はそれはもうたゆんたゆんであった

衣装班が頑張りすぎだと思う朝! 演劇同好会、クオリティ高すぎィ!!

00001
00002
00003
 明日、とうとう文化祭が始まります…!

前日
 渾身の衣装はヒロインの証、ぐっと口元を引き締め、台詞の練習をやり直すひな子
 みんなの気持ち、努力を背負うのだ
 ですね

 私には、守るべき大事な人がおりました…

 らしからぬシリアスさ
 そして続いて、大きくすって、せーのっ!! であった!

そしてこの提供カットである

00186
 すかさず笑わせにくるスタイルか! チキショウ!!
 これ、ぜったい実際のイベントで類似品を売る奴やで
 ホンマしかし!

※饅頭なら2個セットじゃないのか禁止

くいな『明日は文化祭本番ですからね! どこも追い込みで必死ですっ』

00004
00005
00006
00007
00008
00009
 アレ? そういえばウチのクラスって、何するんだっけ?

でけえ!
 文化祭という事で、多くは「クラスの出し物」に夢中だったが、ひな子は覚えてない始末
 困った時の、ゆあサポートであった
 で

 ホームルームで決めたでしょう? 覚えてないのー?

 いつもの校門も飾りが!
 ひな子の背後には、なんか被り物が!

 この学校、本格的すぎない!?

『私…、お芝居の事で、頭が一杯だったので…』

00010
 とか言いつつ、頭に支配が入ってる! intel入ってる!!
 懐かしいですね「脳内メーカー」
 居芝!

※脳内メーカーは現在も健在です http://maker.usoko.net/nounai/

『まー、でも集中力はたいしたものね。これに気付かないなんて?』

00011
 ゆあの一言に、くるっと回ったら中身も反転
 歯科医

 せつこ、それただの歯医者や!

ひな子『わぁぁっぁぁぁぁぁぁっ!?

00012
00013
00014
00015
00017
00018
00019
 おばけやしきか~/ひなちゃん、やってみたかったんじゃないですか?

何事も芸事
 くいなは意外な推察を言いますが、ひな子自身は必死に否定、人前なんて無理だと
 田舎っ子で、やったことなさそうに見えたんでしょうか?
 で

 舞台役者目指すなら、何でも演じられなきゃダメよ?

 オバケ屋敷も芸の肥やし
 ゆあちゃん、ミーハーだけど真面目である

 あと被りものしてた子が、外すとシンプルに可愛かったのが妙に印象的です

 ガイコツ、すんげーでかい…

『私なんか、お客さんの前で固まっちゃって、かかしになっちゃいますからー!』

00020
00022
00023
 なお、くいなとゆあは「アリですね」で全会一致した模様
 あ、ちょっぴり仲良くなってる…
 とか思った!

 色々同じなのに、微妙に接点ないんですよね彼女ら

『まゆちゃんのクラスは、何をするんですか?』『見て、分からない?』

00024
00026
00027
00028
00029
00030
00032
 まゆちゃんいつも通り…、帰宅部ですか?

自慢の!
 わかってたけど渾身のメイドをスルー! 日頃と同じ格好、いつもと同じですね!!
 実際には、新作メイド服らしい
 が

 文化祭中も、ひととせ荘で喫茶店やっているんですか?

 畳み掛ける後輩!
 まゆちゃん、くるっと回って美人!!

いつものと違います

ちーがーう! メイド服来てるんだから、メイドなのーっ!!』

00033
 これで高校二年生だから驚きですが、子供を産んでもこのままな気がする…
 きっと、将来は産むのでしょうね
 千秋の子を

『かわいなー』『まゆちゃんは通常営業ですねー』『でもメイド服は本当みたいよ?』

00034
00035
00036
00037
00038
00039
00041
 まゆちゃんが、たくさんふえたみたいですねーっ

メイド喫茶anemone
 危うく、「姉萌え」と読んでしまい、お姉ちゃんと呼ばれたいからなのかと納得するところでしたが
 とまれ美人さんがいっぱい!
 で

 みんなの衣装も、私のを参考にしてつくったのよっ

 量産型まゆちゃん!
 なるほど、戦いは数だよ兄貴!!

 デフォルメイラストが、完全にクトゥルーとか、そっち系の絵面である

 後ろを振り向いたら戻れなさそう(杜王町感)

 跳ねまくるまゆちゃん、最高でしたねー

まゆ『もうちょっとー! あきちゃん、手伝ってー!!』

00042
00044
00046
00048
00049
00051
00055
00056
00057
00058
00059
 演劇部の衣装も、私が協力してるからねっ

せめて
 コルセットまで完全再現、江戸の刑罰かと見紛う苦闘の末、遂にフルアーマー・ひなこ完成!
 まゆちゃん、「これくらいは」って頑張りすぎィ!
 と

 せめてひなちゃんの着付けくらいは手伝いたいのっ♪

 ええ子ですわ…
 モブ部員の表情もいいですね

 まゆの後ろは、協力したっていう衣装チームでしょうか

 劇タイトル、現代劇かと思っていました

『本当にありがとうございます、ヒロインの衣装合わせ、お疲れ様です』

00060
 なおルリ子顧問、前回みたいに揺れませんでした
 やはり、前回は特殊だったのよ!
 特殊だったのよ! 

黒柳ルリ子『では、他の皆さんも着替えましょう?

00061
00062
00063
00066
00067
00070
00071
00075
00076
00079
00081
00082
00083
 お屋敷の管理人役・夏川くいなですっ! そしてこちら、メイドさん・柊真冬さんです!

はじめまして!
 続けて、ゆあが「探偵」となる令嬢の役、くいなが管理人で、まゆちゃんがメイドさん…
 って、ひととせ荘組ばっかじゃねーか!
 が

 だ、だから私は裏方だから~!?

 その場のノリだった!
 良かった、ただの優しい世界だった!!

 しかしゆあ、くいなも出演とか、一年ばかりが出演しすぎじゃないか…?

 とは、誰しも思うところ

ひな子『皆、衣装を身につけると、それらしい雰囲気になってるなぁ~』

00084
00087
00088
00089
00092
00093
 ゆあちゃんは確かにお嬢さま探偵っぽいし

色んな意味で
 ゆあ、いっつも人を指差してばっかりで、確かに探偵っぽいかもしれません
 ちゃんとメイン級じゃないですか!
 で

 そして…、大家さんはジャージっ!

 ここなんですよ!
 大家さん、何やるのか気になってたのに!!

 あれ、大家さんまだ着替えてないのか…? と思ったら出ないらしい

 ファンの子、彼女の為に会を作ってくれたのにのに!?

ルリ子『どうかしましたか?』

00094
 何故か、きりもみ回転しながらドアップで場面に入ってくるルリ子
 さすが現役女優、目線を外さない! 
 カメラから!

 ルリ子の新たな定番ムーブ!

『あ、あの…、大家さんが…』『大家さん…?』

00095
00097
00098
00099
00102
00103
00104
00105
00106
 今回は、新入生の子達を中心にやっていこうって、先生とも話し合って決めたんだよ

フレッシュマンフェア
 実はルリ子の脚本が、元々「フレッシュな子達」を題材にしてたので、一年中心だったらしい
 ひなこ抜擢も、そこまで突飛じゃなかったのね!
 で

 だからって、他の人のパートを読んでないなんてありえないわよ~

 自分の役しか見てない
 本番前日、ひな子に更なる問題点が

 ていうか先生、今更ですが、顔と大家さんのおっぱいが同じ高さなんですね

 なるほど…(なるほど…)

『確かに珍しいパターンですが、演技のスタイルは人によって違っていいのです』

00107
 でも「誰の次に喋るか」を考えるなら、問題なのでは
 そして大家さん…

 この二人の身長差!

ルリ子『…犯人は、あなたしか居ないわ!

00108
00109
00110
00111
00112
00113
00114
00115
00116
00117
00118
00120
00121
 いいえ! 私はその時間、この大広間に居ませんでした!!

それで君は良いんだよ
 ヒロインが犯人! ああ、それで「私には、守るべき大事な人が“いました”」だったのね…
 ひな子、自分の役は自然にこなせていた
 と

 さすがですね、ひな子さん。とっさに自分の台詞が出てくるとは

 脚本を読み込むも良し
 ひな子のように、自分の役だけ極めるも良し

 ルリ子は、その辺は、個々人によって違いますよとひな子をフォロー

 前回も、「周りが見えない(物理)」ってぶつかってましたね

ゆあ『やるわね…!』

00122
00123
00124
00125
 あきちゃん…、言っちゃダメよ?

感動損
 ゆあは感動してますが、実際は、まだまだ鳥太郎がフォローしているという場面も
 先生、やっぱり節穴じゃないか!
 で

 舞台でもやるんでしょうか…

 先生の認めた才能はある
 しかし、促成栽培で追いついてないって感じですねー

 やっぱり鳥太郎が優秀過ぎる!

ゆあ『犯人は、この中に居ます!

00126
00127
00128
00129
00130
00131
00132
00134
00135
00136
00137
00139
00140
00143
00144
00146
00147
00148
00149
00150
00151
 そうです…、私には守るべき大事な人が…、居たんです

最後の台詞
 無事、前日の「通し稽古」を終了、完全にやりきった雰囲気ですがまだ練習だから!
 完全に最終回だったよ!?
 で

 まだ、本番終わってないわよー!

 これで、台詞を忘れるパターンかと…
 内容はミステリ

 休暇中にお屋敷に来て、殺人事件に巻き込まれた…、と思ったら犯人だった!

 語り部が犯人、ってパターンでしょうか?

ルリ子『では、もう一度練習をします』

00152
00155
00156
 明日はいよいよ本番、もう遊んでいる暇はありません!
 しかし、部長さんまさか裏方だったとは…
 指導ばかりでしたものね

 経験を積ませる為にも、一年主体で、って事自体は珍しくない気がしますし

 これまでの描写は、そういう事だったのね

そんな今回のアイキャッチは

00158
 今回のアイキャッチは…、おいカーテン開けなさいカーテン!!
 そういう演出かよ!
 なお

 前回みたいな露骨な「揺れ」はなし、前回はサービス回だったと

そして文化祭当日、学校は…

00159
 実は、プールが屋上だった事も判明、がっこうぐらし!思い出しますね
 最近は、外の目を気にした設計って増えてる気がしますね
 私の母校も室内プールに改造されました

 劇中六月、プール開きはこれから!

ひな子『うわぁ~! これが文化祭なんですねーっ!!』

00160
00161
00162
00163
00164
00165
00166
00168
00169
 お客はCGで再現、若干違和感。でも「対魔導学園」の時みたいに、ガラガラより良いハズ

この規模ッ!
 今はCGも進歩して、多少違和感あっても、作画負担を避けつつ賑やかな絵面に出来るのね…
 もとい、田舎っ子のひなちゃん大感激ですよ!
 で

 一緒に食べたかったのですが…

 さすがのくいな!
 しかし、千秋と真冬は忙しいと残念そう

 文化祭の各出し物も、空気砲とか、吹奏楽部とか色々書いてあって凝ってますね!

 完全にB級グルメイベント!?

『そんなに!?』『手当たり次第に買ってきたの!?』

00170
 と、ダブルでツッコむ二人ですが、くいななりに厳選してきたらしい
 絞り込んでもこの数…!
 さすが!

 てか、出店が多すぎるんですよホント!!

『違います! これは私が厳選した、文化祭グルメですよ!!』

00171
00172
00174
00175
00176
00177
00178
00179
00180
00181
00182
00183
00184
00186
00188
 提供カットって、このシーンだったんかい! なるほど!!

納得の賑わい
 いわく、地元農家の地鶏串焼きのたまり醤油タレ、有名B級グルメを取り寄せた焼きそば!
 ひなちゃん、食欲に流されてる!
 で

 本場・関西からの転校生が焼いた、外はカリカリ、中はとろっとろ!

 やだ美味しそう…
 これまでで、一番イキイキしてんな!

 てか取り寄せ品提供とか、地鶏とか、妙に本格派が多いな!

 完全にB級グルメイベントだコレ!

全ての屋台は、今朝から全部制覇してありますから!

00189
00190
00191
 どんな胃袋してるのよー!?
 サイフと時間もな!
 おかしい!

 すげえ…、こいつ時間を止めて食ってやがる…!

2-Bは、確か千秋のクラスだったでしょうか?

00192
 一枚絵ではお好み焼きレシピが掲載に
 いやコレ、ざっくりしすぎ!?
 お客さん向け?

 なお、千秋は先生と打ち合わせ、真冬はメイド喫茶だそうな

おいしー!』『でしょう?(ドヤ声)』

00193
00194
00195
00198
00200
00201
00202
00204
00205
00207
 屋台以外にも注目なのが、クラスが出してる喫茶店などのお店ですっ!

まだだ!
 身体を張って、「学園祭の魅力は、屋台グルメです!」と主張するくいなさん
 更に、喫茶店系も厳選済み…!
 と

 って、まだ食べるのアンタたち!?

 今じゃ!
 パワーを胃袋に!!

 くいなさんが有能すぎる! そりゃあ、千秋たちともめぐりたかったワケですわ

 ズルンズルン焼きそば食ってる、ひなちゃんかわいい!

ひな子『美味しいーっ!

00208
 しかしメイド喫茶、非情の入店演出カット
 人多くて、作画大変そうですものね…
 もう限界だったのだ…

 ポスターも色々、手書き絵のコピペか、テンプレート?

ゆあ『昨日は遅くまで練習したじゃないっ!』

00209
00210
00211
00212
00217
00219
00220
00222
00224
00225
00226
00227
00228
00229
00230
00232
 仕方ありませんねー、それじゃ、最初の台詞だけも合わせますか?

人の夢と書いて儚い
 ところがどっこい、ひな子は一晩で忘れていた…! 覚えるのに一ヶ月…!!
 忘れるには、一晩あれば充分なのだ…!
 と

 何で忘れちゃってるんですか!?

 今週はホント仲良しトリオ!
 二人組二つじゃなくて、三人組になってますね!!

 押されまくるひなちゃん可愛い! 押し出された記憶って、なにそれトコロテンなの!?

 パジャマで谷間ですって!?

『トコロテンなの!? あんたの頭は!』

00233
 いわく、注意された通りに、他の人のパートも読み込んだ結果
 見事、自分のを完全リセットされたらしい
 バカです!

 バカまじめです(真顔)

『そういえば…、屋台に美味しいところてんのお店が…!』

00234
 ところてんとは…、いいかい、ところてんとはッ!
 てんぐさ等を茹でて煮溶かし、固めたゼリー状の食品で
 天突きで突き出し、麺状にして頂く

 地域によって、食べ方が「三杯酢」と「黒蜜」の二大派閥に分かれており油断できない

『あ…、きたきた』『これで全員、揃いましたね!』

00235
00237
00238
00240
00241
00243
00244
00246
00247
00248
00251
00254
 舞台でも、このゆあ様がちゃんとフォローしてあげるから!

まかせなさい!
 結局、突貫で再練習、頭からっぽのほうが夢詰め込めたらしいひな子。鳥太郎もバッチリだ!
 何せ通常の2倍! 右から左から!!
 と

 私も、出来るだけサポートします!

 先生もフル装備!
 今から、どこのアカデミー賞ですか?

 そして本当に頼れる二人、顔がちょっとホームベースみたいだけどな!!

 今回、いつも比で作画負担が殺人的なんですよ!

そして、当然のように客席も女性ばかりである

00257
 文化祭開幕シーンでは、若干数の男性個体も確認されていますが
 まあ、女子校っぽいから当たり前ちゃあ
 当たり前ですよね

 その縛りで、あれだけの客数を動員…、恐ろしい子!※遠景では男性っぽいのも

『いらっしゃいませお客様! …こちらのお嬢さまは?』

00259
00260
00263
00264
00265
00266
00267
00270
00271
00273
00275
 はじめまして! よろしくおねがいしますっ!!

母親気分
 幸い、忘れた台詞も、ちゃんと読み直したらあらかた思い出せたらしいひな子
 対して、いちいち気を揉むゆあである
 で

 ひな子も、良い演技をするようになったわね…

 完全に母親
 ひなちゃん、お母さんが多すぎィ!

 ある意味、当人以上に気を揉んでる様子のゆあ、まゆちゃんといいくいなといい千秋といい

 ひなちゃん全包囲!

『(しまった! ひな子に気を取られて、持って出るのを忘れてた!)』

00277
 おっとゆあちゃん、ここで自分がトチるミステイク!
 この子も、大概良い子すぎた!
 ところがどっこい!

 それは大きなミステイク

ひな子『あら? ハンカチは、どなたかハンカチをお持ちの方はいらっしゃいませんか? ご婦人が落としてしまったようでー!』

00278
00279
00281
00282
00283
00284
00286
00288
00290
00293
00295
00299
00300
00302
00304
00306
 お、お嬢様! ハンカチならこちらです!!

観客参加型
 何とひな子がアドリブ、「劇団員にしか見えない」真冬が応え、打ち合わせ通りのような演出に!
 メイド喫茶設定、ここに繋げるの!?
 で 

 あなたが落としたのは、このハンカチかしら?

 完璧な軌道修正
 むしろ、お客にはサプライズな演出!

 あがり症でブッ倒れかけ、ガッチガチだったまゆちゃん、可愛かったですね!

 カッチカチやぞ!

いざとなったら、私がアドリブで出て届けようかと思ったんだけど…』

00308
 さすがの経験者、実際、アドリブすごい上手そうですよね
 だが千秋、ブルマだ!
 ナイスブルマ!

くいな『いやいや、世界観壊れますよー…』

00309
 かといって、今回みたいな劇だと、予備衣装なんて用意が難しそうだし
 そこは、他の子が頑張る所だったかもね!
 キリッとしてる!

 ブルマ乱入とか大爆笑だよ!

ひな子『舞台の上で演じてみると、皆が別人みたいに見えてくる…!』

00310
00311
00312
00313
00314
00315
00316
00318
00319
00322
00323
00324
00326
00327

 豪華な衣装、いつもと違う言葉遣い、…こんなに多くの人の前で喋ってるなんて、私も別人みたい!

化ける喜び
 演劇は不思議、スポットライトを浴び、豪華な服を着て、いつもと違う言葉遣いの「皆」「私」
 誰もが“別人みたい”で、誰もが楽しそうだった
 と

 人前で喋るのって、こんなに楽しいんだ!
 
 化けの道楽
 人前の、「楽しさ」を味わったひな子

 ひな子は、演劇を通じ「変わろう」としましたが、確かに変わる事が出来たんですね

 きっと、かかしは変わらないだろうけれども!

『けれど、本当に大切なものは守りたいものは、ちゃんとこの島にいるのです! ええ、私の心の中に!』

00328
 劇は、「島に来たほんの僅かな時間に、沢山のヒトが亡くなって…」から始まる
 ひな子の、良い笑顔の台詞と共に閉幕に
 どんな劇だったのか…

 練習では、ゆあに犯人だと当てられる場面で終わってたぽいけど、どういう事なんだ…!

アナウンス『本日の公演は、全て終了です。ご来場、ありがとうございました!』

00330
00334
 アナウンス役はcv戸田めぐみさん、子役…、ではなくNEW GAME!のはじめ先輩など

夢の跡
 終わってみると全てが夢のよう、先日まで、人前じゃカカシだったひな子には尚更です
 また、ゆあも現れました
 が

 ごめん、あんたに偉そうなこと言っておきながらミスちゃって…

 個人的に「失敗した」
 なんて私は忘れてて、ちょっと意外でした

 しかもあの時、散々、ひな子に世話を焼いたのが要因でしたものね!

ひなこ『気にしないで!終わりよければ、全て良しだよ!

00335
00338
00340
00341
00343
 ね、一緒に後夜祭いこうよ!/…ひな子、ありがとう!

そうですとも!
 直前にも世話をかけましたし、「普通の成功」以上の成功を達成できたアドリブ事件は
 二人の関係にも、大いにプラスになる事に
 と

 それにしても、素直なゆあちゃんって、可愛いね?

 可愛い言い過ぎ!
 ひなちゃん、ずっと可愛いって言ってる!

 トラブルも雨降って地固まる、或いは雨降ってジジイが溜まるって奴でしたね

※昔、タモリの番組であった言葉遊びの一種

なっ…、何言ってるのよ! ゆあはいつでも可愛いわよ!!

00345
 その返しも正直、どうかと思ったけど、すごくゆあらしい!
 変にあふれる圧倒的自信!
 で

『ひな子さん、ゆあさん、とても素晴らしい演技でしたわ!』

00348
 そしてオメーも居たのかよルリ子!
 神出鬼没の変な顧問!
 でかい!
 
ゆあ『すいません! 私のせいで劇が台無しに…』

00350
00352
00353
00355
00356
00358
 アクシデントも、時には必要なスパイスですわ? 舞台ならではの素敵なアドリブ…

ルリ子、感動!
 実際、「舞台」だからこそ、客席に向かって呼びかけたり、客席に劇団員の友達が混ざってたり
 テレビや映画では、ちょっとないアレだ!
 で

 先生…、感動しました!

 最高の褒め言葉だ…
 決めていた通り、「演劇部」化も決定です!

 部に昇格し、今度は千秋も加わるでしょうし、後この場面は揺れませんでした

 先週、揺らしたのはサービスだったんだよ!(二度目)

『というワケでひな子さん』

00359
00360
 芸能界デビュー、しません?
 TVで競演しましょう!


 演劇部始動です⇒という訳で⇒芸能界…、なるほど、完璧な理屈じゃのうルリ子マン!

『ダメですよ先生? ひなちゃんはこれから、“ひととせ”で活躍するんですからっ』

00361
00363
00364
00365
00367
00368
00369
00371
 ふんふん…、何かお手伝いしましょうか? 部員の活動を後押しするのも顧問の仕事ですから

新生ひととせ 
 やだ、くーちゃん男前…、かと思ったらデレデレしすぎ! 良い匂い!? 良い匂いなんですね!?
 事情を話すと、協力まで約束されてしまった
 で

 ゆ、ゆあも手伝うわ! ひな子が座長だなんて不安だもの!

 同好会を経て
 ゆあ、ルリ子も「ひととせ」協力に

 最初は、部活までやるの!? と思いましたが人脈に繋がる流れだったんですね

 しかし次々と出て来るね!

まゆ『みんな~! 後夜祭始まるわよ~~!!』

00376
 しかし何度見ても、メイド服とジャージブルマってすげえ組み合わせ
 装飾の極致と、実用一点張りの極致というか
 ロリと巨乳というか

 家ではまゆ、部内ではルリ子、大家さん妙に小さい子と縁があるなぁ…
 
くいな『団員も増えた事ですし、“スズラン”目指して頑張りましょう!』

00377
00379
00380
00381
00382
 上京してきた時は、不安で一杯だったけど…、少しだけ、理想の自分に近づけたのかな

理想へ一緒に近付こう
 まるで最終回、「理想の自分に近付きたい」、そんな思いを改めて思いながら
 ひな子と文化祭編、終了!
 と

 ほら、行くわよ!/ひなちゃん! いきましょう!

 友達と一緒に前へ
 ラストが、本当に象徴的でしたね

 珍しくお色気シーンも抑え目で、「前回は2話分だったんだなぁ」としみじみ

 しみじみ…?

ひなこのーと 2017年5月12日 第6話「めいどとおばけとゆめのぶたい」

00175
00384
 くーちゃん、かつてなくノリノリだった! 作画監督多すぎィ!!!

スタッフ
 脚本:浦畑達彦
 絵コンテ:高橋丈夫
 演出:滝川和男、野田泰宏
 作画監督:橋本英樹、鶴田愛、清水 勝祐

あらすじ
 ひな子を見兼ねたゆあによる厳しい演劇の特訓も終わりを告げ、明日に文化祭を控えた演劇同好会では衣装合わせが行われていた。衣装合わせには演劇部の衣装も手伝っていた真雪が参加し、ヒロインのひな子を始め、ゆあやくいなに華やかな衣装に着せていく。衣装を着たまま、本番さながらの通し稽古が行われ、初めて台詞を最後まで間違えずに言うことができたひな子は大喜び。そんなひな子を見て、まだ本番は終わっていないと仕切り直すゆあ。そしていよいよ文化祭当日を迎える。

余談、ブルマとコルセットの狭間で

00046
 身体は細く、おっぱいを強調するという「補正下着」がコルセット。すごく締める

アメリア・ジェンクス・ブルーマー
 実は両者は繋がっていて、コルセットなど「締める」下着に反発し、19世紀に生まれたのがブルマ
 女性解放運動家による、アンチ・コルセットこそブルマ!
 もっと「自由度のある下着を」と

 後に、当時画期的な「女性用の運動着」として、改良されたのが直接の祖とされます

 膝丈くらいあったそうな
 でも、「下着みたい」と言われるブルマ、祖は下着って面白いですね

演劇と、「違う人間」になれる楽しさ

00312
 今回のひな子のまとめに、ああそうかも…、と改めて感じたシーン

違う服と違う言葉遣い
 演劇は、別人として振舞う楽しさがあるんだ、って言葉が何だか面白かったです。
 そう思うと、なんだか何だかやってみたいなと
 初めて感じた気がします

 関係ないですが、昭和の文豪の池波正太郎氏は、旅先で「友達の名前」を借りたりしてたそうな

 そこで「別人を演じる」のが楽しかった…、と書いてたのを思い出しました

なお、前回のエロひな子さんですが(直球)

hinako6 (281)
hinako6 (282)
 ツイッターで、原作の相当パートが無料サンプル公開。

とても性的です(真顔)
 前回、すごく性的ですよねと思ったら、原作はもっと性的だったでござる
 アニメはアニメで、濡れ透け表現を加えたりしてますが
 なんか納得

 いや前回、妙に色っぽい演出だったけど、原作がコレなら納得するしかないよね!

対して、別に関係ある話じゃないですが

00027
 くるっと回った、「メイドカフェ仕様」可愛かったですね!

回転剣舞
 衣装をハッキリ知っておかないと困るし、髪はなびくし、結構大変だと言う回転作画
 これとか、ぴょんぴょん跳ねてたやつとか
 すごい可愛かった!

 後、まったいらだなーって思いました

予告ルリ子『ひな子さんをヒロインに選んだ私の目に、狂いはありませんでしたわ! 次の公演、舞台は海、水着の少女達! …でいかがでしょう?』

00359






























00360
00386
 さすが9歳様、構図がマニアックすぎる!

七月へ!+
 正直、芸能界宣言に月までブッ飛ぶ衝撃を受けた第6話。いい最終回でした!
 ひな子抜擢、実は一年メインでした、に繋がったのも好きです
 二年陣は温存なのね

 次回は水着回、前回エンドカードって、ああそういう…、みたいな

 ここまでが部活編で
 ここからが、「ひととせ編」なのかもですね

 次回は海というか、水着選びでドタりバタりそうなサブタイ?

 次回、第7話「まよえるみずぎ」

アニメ ひなこのーと 感想 2017年4月 公式ツイッター

 ひなこのーと 第1話「とくぎは、かかしです」
 ひなこのーと 第2話「ここからはじまる」
 ひなこのーと 第3話「ともだちかんちがい」
 ひなこのーと 第4話「かかしひろいん」
 ひなこのーと 第5話「やさしくないやさしいこ」
 ひなこのーと 第6話「めいどとおばけとゆめのぶたい」
 ひなこのーと 第7話「まよえるみずぎ」