ワンピース ONE PIECE 第86巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 前巻はこちら
ビッグマム暗殺計画! 号泣したサンジの父、利用され続けるマムの生涯、和解は…?

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_5214
IMG_5198
IMG_5211
マムの性格は、生まれついての異常な強さと、育ての母や「料理長」に利用され続けた為か
 また、能力者を食べたら悪魔の実の力が移る、と思われる描写があり
 黒ひげが白ひげの力を手にした理由も…?

 また、プリンの性悪さは嫌われ続けた為、ならサンジに春が来る可能性が…?

サンジ父、泣く
 マムは、誰にもちゃんと向き合って貰えず、小さな子供のまま大きくなった怪物
 ローラの父が、彼女を変えてくれるんでしょうか?
 最後に勝つのは愛?

 マム、プリンとサンジの父たちと、和解が見えてきた感じ…?

一行参加に王手をかけたジンベエ、彼が“抜けられなかった”理由は

IMG_5225
 自分の犠牲なら構わないジンベエだが、ホント、マムって悪辣だこと!

あらすじ
 ギャング・ベッジと組んで、ビッグマム暗殺に乗り出したルフィ一行、裏社会各地から来客が参列し
 盛大な結婚式の中、ジンベエが仲間に加わる幸運もあったが
 計画は失敗に終わった

 マムの大事な、マザー・カルメルの写真を割る作戦は、予想以上に彼女を狂乱させてしまう

 実はマザーは親に捨てられ
 悪意なく巨人族の島を乱し、恩人カルメルたちを急に失ったトラウマがあったのだ

 ベッジは奥の手“大頭目”を発動するが、マム相手には歯が立たず…?

それにしても今巻、ガス彦くん大活躍ではなかろうか?

IMG_5226
 このガスティーノ様ノリノリである。クズ野郎が!

四皇暗殺作戦
 泣き所は、「マザー・カルメルの写真」で、これを傷付けられるとビッグマムは発狂
 覇気が乱れるのか、身体が傷付くようになる
 これが「勝機」だった

 写真を割り、動揺したマムの泣き声で周囲を足止めし、毒ランチャーを叩き込む!

 問題は「バトル漫画で暗殺エンド」とか、ありえない件でしたが…?

幹部“スイート三将星”最強? 10億越えの男!

IMG_5223
 シャーロット・カタクリ、懸賞金10億5700万ベリー

スイート3将星
 ルフィが苦戦したクラッカーが懸賞金8億6000万ベリー、城を守るスムージーが9億3200万
 クラッカーの、直接的でキリがない強さと比べ地味なものの
 未来を見るという超能力の保持者

 実はモチモチの実で、粘着や覇気による硬化、耳栓など扱いは多彩!

 何より、「見聞色」を鍛えすぎたことによって
 少し未来が見えるとか

 未来視とかクッソ強いですが、今巻は苦労しっぱなしでしたね!

SBS「ウルージさんを可愛くして下さい

IMG_5222
 おーおー、好き勝手やりなさる

無理でした
 ついでに白ひげのバンダナの下がこれとか、エースが泣くよ!?
 こうです、「という噂です」だからネタ…
 いや分からん…

 こんなんで愛されても、笑わない自信がないよ!

サンジ暗殺の要プリンちゃん、安心のド外道

IMG_5221
IMG_5220
IMG_5219
IMG_5218
 本音と建前に笑う。

嫌われ者
 しかし、彼女の外道さの理由は、ビッグマムにさえ嫌われていた過去から。
 対しサンジ選手、惜しみなきラブを発動し
 プリンさんに動揺が…

 さすがサンジさん、恐れないどころか美しい仰った!

 以前「母から逃げた自由な姉を慕っている」と言いましたが
 アレも、本心なんですかね

 何だかんだで、自分は母の庇護下だから生きられるんだ、とか思ってそうだし

ビッグマムの「寿命奪い」は、恐怖を利用した能力

IMG_5217
IMG_5216
IMG_5215
 新聞社の社長曰く、「死を恐れたら奪われる」という

ジンベエ、脱退!
 鏡の投影を使って、ルフィが増殖したのも笑いましたが、ジンベエカッコ良かったですね
 マムの泣き所が、「カルメル」だと知ってるのは身内だけ
 際し、自分だと申し出る侠気!

 咄嗟にベッジを庇い、ルフィを「水」で助け、盃を叩き返す!

 ジンベエ親分の見せ場だった!
 寿命奪いも効かないとか、度胸の人ですものねえ

 ベッジが、終始翻弄されてるのも印象的

プリン『そうやって、私は何人もダマしてきたんだ!

IMG_5214
 自分の事もか? プリンちゃん

殺し文句
 事前に知っていたとはいえ、彼女の本性にも揺るがないサンジさんかっけえ!
 いや、美貌に騙されてる面も確かにあるけど
 かっけえ!

 ひねくれた性格は、自分で捻じ曲げた後天的なもの和解の流れが…?

 彼女の、“三つ目の真の開眼”も気になりますね

これは何の間違いだ!!! ビッグ・マム!!!

IMG_5213
IMG_5210
IMG_5209
 裏切られるとまったく読んでいなかったサンジの父、何故そこまで信頼したのか?

ジャッジの夢
 鷹揚な態度はどこへやら、滂沱の涙を流し、嘘だと言い続けたジャッジ
 裏切られたショックか、「これで夢が終わる」悲しみか
 後者だったのでしょうか?

 全てを費やした夢だったと泣いた父、妻をも失った事からでしょうか?

 兄トリオの、動じなさ具合が異様でしたね
 伊達に感情なくしてないらしい

 サンジは、この姿を見て助けたみたいですが、亀裂は埋まるのか…?

ベッジ『あんたは少し先の未来が見えるだけ

IMG_5212
 未来を変える権利は 皆 平等にあるんだよ!!!

カポネ・ベッジ
 少し前に無類の強さを見せたベッジですが、将星相手にはへりくだった態度も印象的
 どうも感覚がマヒしますが、彼は「賞金3億」あたりで
 10億の将星は“怪物”なんですね

 未来が見える、その強みに挑む姿が主人公してる!

 意外に熱血漢だった!

SBS。ワンピースは「ありがとう」で統一している?

IMG_5211
 20年目にして(笑)、気付いて貰えた!って感じ

ありがとう
 本作、キャラの口調が極端にバラバラですが、感謝は可能な限り「ありがとう」で統一
 これは、感謝の言葉はストレートに伝えるもので
 かっこつける場面じゃない、と

 アニメでは、脚本さんのアレンジで、「サンキュー」になってる場面も。

 そのくらい、“自分個人のこだわり”と考えて
 指摘していないのだそうな

 気付かなかったです。

マザー・カルメル、ビッグ・マムが敬愛する“聖母”とは

IMG_5208
IMG_5207
 舞台は63年前、巨人族「エルバフ」の島へ。

シャーロット・リンリン(5歳)
 その更に約37年前、つまり100年前、ドリーとブロギーが大喧嘩して「巨兵海賊団」が解体
 際し、残党の助命を申し出て「聖女」と呼ばれたのが
 マザー・カルメル

 何か、普通に伝説の延長線に居る人だったんですね、ビッグマム!?

 63年前、リンリンは(たぶん発作で)母国で大暴れしたらしく
 両親は泣く泣く国外追放に

 こうして、マザーに拾われたのが、始まりだったんですね

エルバフの戦士を助けた功績で、マザーは巨人の島で暮らすことに

IMG_5206
 マザーは、巨人に人間との協調を勧め、交易や「巨人の海兵」誕生のきっかけに

羊の家
 巨人を救って37年、すっかり老いたマザーは、5歳のわがままリンリンを辛抱強く育てた
 何せ、下手にしつけしようとすれば殺されかねず
 既にわがまま放題!

 リンリンにとって、マザー・カルメルは初めての理解者だった、と

 エルバフは巨人の島
 だから、リンリンの巨体でも難なく暮らすことも出来て…

 ビッグマムの、“幸せな記憶”なんですね

リンリンがマザーに拾われて10ヶ月、彼女は「エルバフ」に馴染む

IMG_5205
 二人は、幼いリンリンの人となりを知ってるのね

63年前の彼ら
 後に捕えられ、エニエス・ロビーの門番となる、オイモ&カーシーとも親しかったそうな 
 また、ルフィの傘下となっている「海賊傭兵ハイルディン」も居て
 ご近所さんだったらしい

 現在、ビッグ・マムと呼ばれている彼女に、彼らは今何を思うのか…?

 オイモとカーシーは、「その後リンリンが起こした悪行」を知っているはず。
 でもリンリン=ビッグマムとは思ってないかも

 彼らが門番やってる間に、リンリンは大海賊になったんですし

巨人族の風習、「太陽の死と復活」のお祭りにて

IMG_5203
IMG_5204
IMG_5202
IMG_5201
 甘いお菓子への強い執着は、このとき食べた「セムラ」が一番の要因だったのね

悪神リンリン
 北欧のバイキングをモデルとするエルバフは、太陽の死と復活を信仰し、断食を行っていた
 しかし、「食べ物で我を失う」マムの発作によって壊滅
 島から出て行くことに

 騒ぎを収めた「聖母カルメルの奇跡」、そして悪神リンリン巨人族に轟いた

 ビッグマムが巨人に嫌われる理由その1
 ローラを嫁がせようとした「ロキ王子」も、この頃に生まれたのだとか。

 我慢できない性格は、この事件で決定的に…?

しかし「聖母」、とんだ一杯食わせものだった

IMG_5200
 37年前、巨人を助けて「人間と仲良く」と取り持ったのも、八百長だった

みなし子売り
 実は、彼女は身寄りの無い子を育て、売り飛ばす売人であり
 世界政府も、彼女のツテの一つだった
 と

 彼女の、「どんな種族も差別なく暮らせる国」という方便を、今も信じているんですね

 リンリンを、放任して「許し続けた」のは愛ではなく
 単に怖かったからか

 ワンピースなら、“良い大人は子供を叱るもの”、だと思いますから。

今も大好物の「クロカンブッシュ」「誕生日」が運命を変えた

IMG_5199
 悪食なビッグマムは、我知らずカルメルたちも食べてしまったのでしょうか?

幸せの終わり
 しかし、幸か不幸か海軍に売り飛ばされる直前、誕生日にカルメルたちが姿を消し
 カルメルの奇跡、“悪魔の実の能力”まで受け継ぐ事に
 マムにすれば「急に消えた」。

 結果、カルメルは神格化し、一枚しか残ってない写真が大切な宝物に

 巨人族は真相を目撃。
 また。喰えば能力が委譲されるなら、黒ひげが、白ひげの能力を得た理由にも納得が…?

 マムが、錯乱したら何でも喰おうとする描写、ここに繋がってたのね

お嬢ちゃん、夢でも語り合わねェか?

IMG_5197
 同じく「目撃者」にして、育ての親となったのがシュトロイゼン

現在の「料理長」である
 妙に存在感のある人だと思ったら、育ての親であり、リンリンを利用し出世してきたのね
 また、当時はもちろんリンリンを恐れている様子でしたが
 今はどうなんでしょ?

 とまれ、何でも食材に出来る悪魔の実で、暴食リンリンにうってつけ!

 彼は「利用」したのでしょうし
 リンリンが、今も子供っぽいのも「躾けなかった」のでしょう

 しかし、情は移っているのか居ないのか…?

エルバフをもなぎ払ったパワーに、カルメル譲りの悪魔の実!

IMG_5196
IMG_5195
 みんな同じ目線、そこで「みんなが自分に合わせる」発想しか出てこず、今もそのままなんですね

ビッグマム誕生
 以降、カルメルを神格化して「万国」を目指し、巨人族との和解も目指してきた
 羊の家の記憶、また孤独の寂しさを人一倍知った事で
 家族を増やす事に躍起に…、と

 旦那が変わっていくのは、政治的なものか、飽きるからか死んでしまうからか?

 たぶん「旦那」もカルメルと同じで
 リンリンを利用しようとし、でも内心では恐れていた…、って気がします

 ローラの父だけが本気で愛した、みたいな?

マム暗殺失敗! 暗殺弾は、“泣き声”によって空中爆発!!

IMG_5194
IMG_5193
IMG_5192
IMG_5190
 ベッジの奥の手「大頭目」!

大頭目
 巨大化しているものの、基本的に今までと同じで、中には普通サイズのベッジがいるし
 堅牢ながら、ダメージは受ければ「ベッジ」が死亡する
 ベッジそのもの

 ベッジと共に、完全に追い詰められましたが、さてサンジの家族は…?

 ジェルマ66が、スーパー戦隊なみに変身して笑う!
 先生、やりたかったんですね!

 彼らと共闘し、マム海賊団と決戦か?

収録

IMG_5198
 プリンの母だし美人! ただし鼻は昔から立派!!

 ジャンプコミックスコミックス「ONE PIECE 第86巻“四皇暗殺作戦”」。
 尾田栄一郎。週刊少年ジャンプ連載、集英社発行。
 2017年8月(前巻2017年5月)

収録
 第859話“四皇暗殺作戦”
 第860話“10:00 開宴”
 第861話“演技派”
 第862話“頭脳派”
 第863話“義侠派”
 第864話“ヴィンスモーク家皆殺し計画”
 第865話“ねぇマザー”
 第866話“NATURAL BORN DESTROYER”
 第867話“HAPPY BIRTHDAY”
 第868話“KXランチャー”
 第869話“籠城”
 空きスペースはいつものSBSと読者イラスト、カバー下オマケあり

扉絵シリーズ
 リクエスト扉、及び「押しかけ麦わら大船団物語 キャベンディッシュ編」

 表紙の3人の仲の良さ! あと861~863話の「派」って連作サブタイがイイです

ONE PIECE 感想

 ONE PIECE 70巻
 ONE PIECE 71巻
 ONE PIECE 72巻
 ONE PIECE 73巻
 ONE PIECE 74巻
 ONE PIECE 75巻
 ONE PIECE 76巻
 ONE PIECE 77巻
 ONE PIECE 78巻
 ONE PIECE 79巻
 ONE PIECE 80巻“開幕宣言”
 ONE PIECE 81巻“ネコマムシの旦那に会いに行こう”
 ONE PIECE 82巻“ざわつく世界”
 ONE PIECE 83巻“海賊「四皇」シャーロット・リンリン”
 ONE PIECE 84巻“ルフィVS.サンジ”
 ONE PIECE 85巻“ウソつき”
 ONE PIECE 86巻“四皇暗殺作戦”