2017年 5月及び6月 予約中ガンプラはこちら、2017年 4月発売ガンプラ一覧はこちら。
遂にHGUCに“イフリート系”登場! 電撃ホビーwebガンプラジャーナル更新

002Ph003-440x582
001Ph0012-440x591
 電撃ホビーweb様より http://hobby.dengeki.com/news/372836/

7月
 RE/100 1/100 ハンマ・ハンマ、4,860円
 HGUC 1/144 イフリート・シュナイド、1,944円
 HG-IBO ガンダムアスタロトリナシメント(鉄血のオルフェンズ外伝)、1,944円

 今夏、と告知されていたハンマハンマが7月に!
 HGUCにも待望の新作

 イフリート改はREで一般販売された為、HGUCにはシュナイドが登場ですね!!

 ハンマ・ハンマはCGだそうな

HGUC 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン 価格:1,620円(税込) 6月発売予定

006Ph003-440x571

 アニメ化が決定した『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 』に登場するガンダムタイプのMSです。今回はファーストショットでの紹介。『HGUC ガンダムNT-1』をベースに、新規パーツで構成されています。※写真は試作品のため、一部成型が異なります。


006Ph001-440x600
006Ph002-440x631
006Ph004-440x451
 まだ試作品なので、一部成型が違うそうです(強調)

トワイライトアクシズ
 先行より先行配信されるアニメ、「アルペジオ」「ジョニー・ライデンの帰還」のArk氏(共作)作品で
 アレックスvsザク改など、ポケ戦オマージュが多い作品の模様
 ガンダムはアレックス改造機らしい?

 キットも10数年前のHGUCアレックスを流用、外装の多くは新規とはいえ…

 なお主役機ではありません
 どうも、ポケ戦で大破したアレックスをとある組織が引き取ったものっぽい?

 建造から17年を経たガンダムの実力は…?

HGUC 1/144 イフリート・シュナイド 価格:1,944円(税込) 7月発売予定

002Ph003-440x582

 初のHGUC化となるイフリート系MSは『機動戦士ガンダムUC』登場のイフリート・シュナイド。全身に装着されるヒート・ダートは赤熱状態をクリアパーツで再現したものも付属します。


002Ph001-440x641
002Ph002-440x626
 シュナイドは1/100版がプレミアムバンダイで登場、「改」が一般かはコレの売れ行き次第か

機動戦士ガンダムUC
 こっちも、大戦期のMSをジオン残党がツギハギしながら使ってたMSという奇遇
 ガンダムUC、バイアラン大活躍の地上戦にて
 ちょこちょこ出てます

 主な活躍はゲーム媒体で、実は大戦期、本機の敵だった男がパイロットを務めてる設定も

 当時、ガンダム・ピクシーを操っていた男であり
 同様に短剣を用います

 よくまとまったプロポーションで、発売が楽しみですね

HG 1/144 ガンダムアスタロトリナシメント 価格:1,944円(税込) 7月発売予定

003Ph004-440x490

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』第2期に登場のガンダム・アスタロトリナシメントが早くもHG化決定。ガンダム・アスタロトオリジンのパーツが散見でき、オリジンの装甲を取り戻して改修した機体のようです。


003Ph001-440x567
003Ph002-440x588
003Ph003-440x662
 72柱のガンダムフレームの1機、外伝での主役機です

鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼
 漫画は、本編の第1期と2期の間の「火星」を舞台に、新たなストーリーに突入
 本機もまた、再び主役機に復帰するようですね
 だいぶ装甲が戻りました

 本機は、セブンスターズではありませんが、有力なギャラホ家門が発見し修復したガンダム

 家が潰され「穢れた家の象徴」として
 装甲はとある人物が買い取り、フレームだけが主人公たちの元に

 アニメでは、これほど複雑なデザインを手書きするワケにもいかず、非アニメ媒体ならでは!

 独特なデザインですわ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 感想 漫画

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 1巻“仇の名はガンダム”
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 2巻“アスタロトvsウヴァル”

RE/100 1/100 ハンマ・ハンマ 価格:4,860円(税込) 7月発売予定

001Ph0012-440x591

 今回は開発用のCGでの紹介です。ボリューミーな上半身に比べ、足首に向かって絞られる脚のラインなど、RE/100ならではのスタイリッシュなプロポーションになっています。


001Ph0021-440x551
 今回はCGが公開に

機動戦士ガンダムZZ
 ゼータを戦闘不能に追い込み、zzの華々しい登場を飾ってしまった大型モビルスーツ
 系譜を辿れば、MS版ジオング、ノイエ・ジールに位置付けられ
 一般兵でも使える遠隔操作武器が狙いに

 その狙いがどうなったかはさておき、この異形感がたまりませんね!

 ZからZZ辺りのカオス!
 MSの恐竜的進化、頭頂高21,5mの巨漢ですよ!!

 見ての通りスラスターおばけで、こう見えて、機動性は高かったらしいですね

 露出しまくったパイプに、試験機感がある!

HG 1/144 イオフレーム獅電改(オルガ機) 価格:1,296円(税込) 近日申込受付開始/7月発送予定


 劇中にも登場した白いカラーリングのイオフレーム獅電改(オルガ機)がHGにラインナップ。左肩にシールドが追加され、MSオプションセットにも付属した1本ツノのバイザーが付属します。


024Ph001-440x586
 待望の「王様の椅子」がプレミアムバンダイに登場

オルガ専用獅電
 実際は、オルガは戦線に立つべきじゃない、というミカの考えで出撃する機会がなかった機体
 最期、「けっこう当たるじゃねえか」ってオルガが呟いたのは
 銃を撃つ機会がなかった為でしょうね

 と思いきや、最終戦で「彼」が扱って頼れる戦いぶりだったのが懐かしいです

 既存部品そのままでは再現できない、肩のシールドが付属する模様

HG 1/144 イオフレーム獅電改(ライド機) 価格:1,296円(税込) 近日申込受付開始/7月発送予定


 シノから引き継ぐ形でライド搭乗機となった元流星号です。成型色はイエローを基調にした機体色を再現。専用デザインとなったバイザーパーツを新規造形で再現しています。

025Ph001-440x578
 実はシノと大差ないネーミングセンスだと披露したライド機

元・三代目流星号
 最後は、少年組の一人が搭乗して戦った為、あのまま置いてきてしまったのでしょうか
 いかに信用できるとはいえ、MSパイロットとして頼れる部類である彼らを
 護衛に連れてきたのはアレでしたね

 あの一件が、彼を危うい道に走らせる辺り、悲しい結末だった気がします

 救った男が望んだのは
 決して、自分の復讐なんかじゃなかったはずですから

 そりゃあの男に制裁を加える男が、誰か必要だったのはわかりますけれども

 彼女が信じたとおり、彼も良き道へと進めたのでしょうか

当面の一般販売ガンプラ新商品一覧、プレバン除く

5月
 12日 BB戦士 No.403 LEGENDBB 真駆参大将軍、1,944円
 20日 HGUC 1/144 バーザム、1,620円
 20日 HGBF ガンダムシュバルツリッター、2,160円
 27日 HG 1/144 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)、1,944円
 27日 HGPG 1/144 プチッガイ ラスティオレンジ&プラカード、540円
 27日 HGPG 1/144 プチッガイ サフェーサーグレー&プラカード、540円
 27日 Figure-riseBust ホシノ・フミナ エンディングVer.、1,620円

6月
 MG 1/100 ジャスティスガンダム、5,184円
 HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン、1,620円
 HG-IBO 1/144 ガンダム・ダンタリオン、1,728円
 HGPG 1/144 プチッガイ きゃらっがい フミナ、972円
 HGPG 1/144 プチッガイ きゃらっがい ギャン子、972円

7月
 RE/100 1/100 ハンマ・ハンマ、4,860円
 HGUC 1/144 イフリート・シュナイド、1,944円
 HG-IBO ガンダムアスタロトリナシメント(鉄血のオルフェンズ外伝)、1,944円

2017年
 MG 1/100 ZZガンダム Ver.Ka(8月?)
 1/100 ハイレゾリューションモデル ウイングガンダムゼロ EW版