有料配信 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 第7話 感想 レビュー 考察 ネタバレ 画像 これまでの感想はこちら 前回
アニメ版オリジナル戦闘! ダリルの危機、イオ驚愕! 軽快サウンドの死闘!!

00328
00303
幸せカーラちゃん! 生きていたクローディア、両陣営ヒロインが焦点のアッガイ回!!
 つまり、アッガイもヒロインだった…? あの多彩さバリエーション!!
 キット化なしなんて、ウソだろベスさん!

 闇夜舞うグフ、“ダーレ”! 緊迫感ゼロのBGM最高だったわ!

唐突な和歌山民謡!
 アッガイ含め、アニオリ戦闘が素晴らしい! うっかり山火事、子供に通報される生々しさ!!
 人物が「生きてる」感じ、富野ガンダム感さえ感じる!
 ダーレがちゃんと強いし!

 後、イオに便乗して怒るビアンカがめちゃくちゃ可愛かったです。ブン殴りたい!

ガンダムとガンキャノンは共に修理へ、作戦は要を欠いて進行する事に…?

00117
 まったくピーチクパーチクと!

あらすじ
 一年戦争で幼児退行を起こしたカーラ、ジオン残党は、サイコ・ザク復活の為に治療し続け
 ダリルは後ろ髪を引かれながら、アッガイ部隊を率いて出陣
 南洋同盟支配地へ“諜報員回収”にかかる

 だが現地民は同盟シンパ、通報され、「ダーレ」部隊との交戦に突入してしまう

 スパルタン隊も領空へ侵入
 イオとビアンカは、乗機の修繕中でふてくされるばかり

 しかし同盟守備隊長が、死んだはずのクローディアだと判明、イオは激しく困惑する

 次回、最終回 第8話「本気のケンカの始まりだ(仮)」

可愛い 可愛い 可愛い 可愛い あなた♪

00001
 イオ達スパルタン隊は、大戦中、ジオンのNT技術を接収した参謀本部の指揮下で
 サイコ・ザクの残骸を回収したという“連邦内部の軍閥”
 宗教的組織・南洋同盟に向かった

 これまで孤独に戦ってきたイオは、背中を任せられる女、ビアンカと意気投合する 

可愛い 可愛い 可愛い 可愛い あの子♪ 誰も彼も何もかも可愛い世界♪

00003
00005
00006
00008
00010
00011
00013
00014
 あたしだけが可愛くないのなんで?

大人だからさ
 皆さま覚えておいでだろうか、この幸せ一杯な少女(30手前?)を、覚えておいでだろうか
 焦点の技術、手足切断“接続”デバイス開発者が…
 と

 前期ラストの激戦で、幼児退行してしまったのである

 つまり幼女(教授)
 殺伐とした本作、不似合いなBGM

 不似合いなのがかえって、あまりにピッタリくるのが皮肉まみれの本作らしい!

 カーラ博士、不憫…!

どんな時も 鏡はきらい! だけど

00017
 前期ラスト、艦隊をサイコザクに襲われ、壊滅した連邦軍ムーア同胞団
 ジオン母艦を占拠し、生き延びようと図ったこと
 残っていたジオン兵と衝突

 自爆を図った彼らと、互いに生き延びようと説得したはずが…

でもでも あなたが 好きと言ってくれるから

00018
00020
00021
00024
 やっぱり可愛い あたしは可愛い あなたのもの~♪

幸せの風景
 世界は可愛いものばかり、なのにあたしだけ可愛くない、だから鏡も嫌い!って少女が
 好きだよ、と言ってくれる人と出会い幸福になる曲
 これもまた皮肉な選曲

 カーラ博士自身、父の命と引き換えに、ジオンに研究させられていたのです

 彼女は自分が嫌い
 そんな彼女は、悲惨な場面で心を壊しました

 子供に戻って「守っている」のです

凄惨な本作とギャップがすごい、幸せきわまるミツバチ園

00025
00026
00027
00029
00031
00034
00036
00038
00039
00040
 天然のハチミツの美味しさ! 思わずのけぞるカーラちゃん!(教授)

幸せな一日
 未だ、戦禍も収まりきらぬ世界と隔絶された、絵本の中のように幸せなミツバチ園
 ダリルの、悲惨な手足を除けば幸福そのもの…
 めちゃくちゃ美味しそう…

 カーラちゃんは、帰ってきた彼と散歩し、幸せな時間を過ごすのでした…

 透き通るハチミツが美しい!
 食べたい!

 まざって一緒に食べたくなる幸せな風景!

天然のハチミツなんて貴重品だ、大切に食べよう♪

00041
 宇宙世紀は比較的困窮の世界、ガンダムZZの例を挙げれば
 宇宙では、“空気税”なんて取り立てもあるくらいで
 主人公ジュドーは奔走しています

 全てが人工、宇宙で育ったダリルには、なんと素晴らしく映った事でしょうか

うん、トーストが良いよ♪ パパ♪

00043
00044
00047
00048
00049
00050
00051
00052
 ラスボスっぽいですが、投獄中のカーラ教授のおパパ上です

パパ
 彼女の父は、大学教授にして反戦運動家、ダリル同様に腕を失っていたことから
 彼を“父”と思いこませたのだ
 と

 また来ようね、約束よ♪

 幼い頃の教授
 顔は見えず、でも可愛かったのでしょうね

 心はその頃まで退行し…

ダリル『ああ…、約束だ

00053
 やがて、庭園にある奇妙な扉に、ここが「境目」なのですね
 いかにも昔ながらの石細工
 が

おかえりなさい、カーラちゃん♪ 楽しかった?』

00055
00056
00057
00061
00063
00064
00067
00068
 またねパパ、お仕事がんばってね~♪

世界丸見え
 一転して機械仕掛けの空間に、猫なで声のジオン仕官に、何の違和感もなく挨拶するカーラ
 もうコレ、完全にホラーである
 で

 とても良い子だ…、特に、パパが居るときは…

 ハチミツ園の主人も
 実は、ターゲット以外全員仕掛け人

 まずは彼女を落ち着かせることが第一だと考えましたという、仕掛けなのだと

 ご主人、良い人そうで心が傷む…

おつかれさまです! ダリル少尉!!

00071
 カーラ教授の「治療」に協力、ありがとうございますという軍人に
 言葉を食い、わかっていますというダリル
 わかっているのだ…

 まさに…、まさに飼い殺し…ッ!

『恐怖体験による精神と記憶の後退は、十代前半レベルだと思われます』

00072
00073
00074
00075
00076
00078
00080
 ただ、「父性」に包まれる安心感で、僅かですが精神の安定感は保たれています

やさしいせかい
 打って変わって、厳しい表情の“女性医師”は、カーラの回復を最優先させたいと進言
 ダリルも、出撃を制限して欲しい
 と

 ま、「これも」大切な任務です♪

 対する男性仕官
 彼は、“おままごと”に付き合いきれない感じか

 人工的な世界で、“兵器を作れる状態”まで戻れるよう、彼女を騙すジオン残党

 研究施設だった母艦も、あの戦闘で…

『彼には他にも、色々と任務がありますから』

00081
 ヒトも物も足りない残党では、エース・パイロットのダリルは貴重な存在
 こんな、アテもない“看護”に腐らせる暇はないと言いたげに
 彼を出撃させる事に

ダリル隊の今回の母艦は、“ユーコン級”潜水母艦

00085
 前回のマッドアングラーは特殊艦、対し、よりスタンダードな潜水母艦
 同様に、連邦軍の潜水艦を基地ごと拿捕し
 改造した艦です

※北米最大の拠点、キャリフォルニアベースより
 
フィッシャー『よう、おかえり! 少しは思い出話が出来たのか?』

00086
00087
00089
00091
00092
00093
00095
00096
 その方が幸せかもな…、自分で作ったバケモノに苦しまなくて済む…

ダリル小隊2nd
 とは「宙域」時代からの戦友、フィッシャー曹長。回復すれば、また心をすり減らす事になる
 当時、ダリルの腕を取れと迫られた事とか…
 で

 あれ? 隊長いるじゃないの?

 今期からの隊員
 2期1話で、NT部隊に居た青年ですね

 整備なのか改造なのか、バラしてるアッガイの腕がスゴい!

 全体、くたびれてる感じがリアル

ビリー・ヒッカム『オンナのとこに、行ってただけさ…

00097
 含むところがあるビリー、彼はニュータイプ研究所の出身です
 NT主義のジオンで、特に国粋主義なタイプ
 声に、侮蔑感を感じますね

 任務ですが、「そんな事してる場合かよヒャッハー!」みたいな

手ずから、機体の整備に参加するダリル。特殊任務に「出航」へ

00098
00100
00102
00103
00104
00107
 お解りいただけるだろうか、この豆粒が「潜水艦」なのだ!

海底基地「ドロス」
 ミツバチ園、あのやさしい世界すべてが嘘っぱち、カーラは深い海の底に囲われているのです
 兵器を作らせる為、幼い、何も知らない子供のまま
 ストレスを受けないように

 ラララ…、今日も素敵な一日の始まり(原作7巻より)

 彼女を置いて、ダリルは出撃する事になるのだ、と

モデルは「初代ガンダム」に登場した、宇宙世紀最大級の“宇宙空母”

img_11
 これは原作絵ですが、「あの艦なのかよ!」と見た当時びっくりしたものです
 本作では、海底要塞として海溝に沈められている模様
 ジオン脅威の物量!

 元ネタでは、ギレン総帥が直接指揮した、ア・バオア・クー防衛の要でした

イオ『コイツの修理が間に合わないってのに!

00108
00109
00110
00111
00112
00113
00115
00117
 どうして作戦進行が予定通りなんだよ!/なっとくしないぞー!

ピーチクパーチク!
 前回、不意打ちしてきた巨大MA“グラブロ”の拡散砲で、全身メンテとなったアトラスガンダム
 対しイオ、待機を命じられ不満顔である
 で

 ガンキャノンの方が交換パーツが多いんです!

 とはビアンカである
 ズゴックたちに、散々にされましたからねえ…

 しかも出力集中とかやったから、融合炉もボロボロ、損傷はガンダム以上なんだとか

 付いて回るビアンカ、妙に可愛いですね

整備士『右足! 蹴ったでしょっ!!

00119
 前回、敵隊長ゴッグに圧し掛かられ、巴投げでブン投げたビアンカ
 見事な手腕でしたが、メカマンから非難GOGO!
 いやあ、痛いところですねえ

 あとアトラスは、メカマンが慣れてないのも大きいそうな

蹴ったのか?』『蹴った…、かもね』

00120
00122
 そりゃあダメだ…。

※フラグ
 しみじみツッコむイオに笑えますが、モビルスーツは、人間の形だけど機械なんです!
 って、全力で主張しててニヤリとしますね
 で

 だって! すげえデブにのっかかれたんだよ!?

 ひでえ言い草!
 機械は、人間と違って自然治癒しません

 デカい負荷は、部品交換に繋がりますから、蹴ったりしちゃダメなんですねー

 おい聞いてるか赤い人!

イオ『俺の機体に、メカニックを集中させろ!』

00125
 イオの俺様オーラ全開な台詞、元々、御曹司という立場ですし
 とにかく、何ごとも俺様キャラですよね
 実際、有効な機体です

 とはいえ、整備士の人も聞き流してて笑えますが…

アトラスガンダムは、今回の作戦の要なんだろ!

00126
00129
00130
00131
00133
00134
 新型をこんなにハデに壊しておいて、良い度胸だなぁ!

ムーア伝統「うめぼし」
 さすが幼馴染み、御曹司エースに対し、容赦なく「うめぼし」を食らわすコーネリアス選手!
 ビアンカ、ここぞと笑い転げますが
 と

 キミも同じだ!/すいません…

 怒られた!
 シュン、となるビアンカかわいい!!

 以前と違って、イオがすっかり孤独じゃなくなった事が、ちょっと微笑ましいですね

 宙域では、死人続出でギリギリでしたから

『おつかれちゃーん♪』『すいりくりゅうよ…、りょうろ…?』

00137
 言えてねーし! ばいばいっ!
 からかったのは、「陸戦型ガンダム」担当の3人
 あれ、おっさんアホなの!?

 原作と同じトリオですが、何かキャラ付けされてて笑えます

イオ『なぁ~、頼むよ相棒~』

00138
 なんとかアトラスの早期復帰を、いつになく情けない様子のイオですが
 無情にも、整備の為に頭まで取っ払う事態に
 これは復帰無理!

 また、コクピットブロックが「球形」なのが見て取れます

『“南洋同盟”は、ミノフスキー粒子を使用しておらず、レーダー機能を持つダリル少尉機が…』

00139
00140
00141
00142
00145
00147
 散布しません! 今まで一度も、散布されたことがないのです!!

でもホントにそうかな…?
 奇妙にも、「レーダー・通信妨害粒子」を散布した事がない、という連邦の軍閥南洋同盟
 そこで、ダリル機にレーダーを搭載する事に
 が

 何しろ、敵の中心に入り込むのだからな…

 厳しい作戦だ!
 だからこそ、「臨機応変に」と

 新入りの少尉、えらくイキってますが、とにかく戦いたくて仕方ない!

 さすがニタ研ですねえ

ダリル『戦闘は出来るだけ避ける

00149
 対しダリルは、戦闘を避けて、「諜報員」「彼の集めたデータ」回収を指示
 オール・アッガイ編成も、その為と言えます
 あまり戦闘向きじゃないですし

ビリー・ヒッカム少尉『りょーかい!』

00151
 いかにも不満そう、同じ「少尉」同士ながら、隊長ゆえに立てるビリー
 うーん、このミスター火種
 これが若さか…

 ちなみにcv逢坂良太さんで、鉄血だとハッシュ君でした

軽快な太鼓のリズムと共に、出撃するアッガイ小隊

00154
00155
00157
00159
00160
00163
00164
00167
00168
00169
 整備士と、グッてやりあうのが良いですよね!

暁の出陣
 奇しくも両陣営が、同じタイミングで、空と海から“南洋同盟”の領域へと侵入する事に
 アッガイ、モノアイの動作チェックがシュール!
 で

 かつて、これほどじっくり、アッガイ出撃を描いた場面があったろうか!

 あるわけない!
 リアル、なのにコミカルというアンバランス!!

 太鼓に合わせた、野生的ミュージックが実にピッタリじゃないかマスター!

 椅子で押し出すのが、めっちゃシュール!

海上、及び上空で戦闘態勢を取るペガサス級強襲揚陸艦スパルタン!

00173
 海面でも、前回同様のコンテナで、ミサイルランチャーと狙撃ライフルが待機
 地上用ジムなので、全身の姿勢制御推進器がなく
 スラッとした印象ですね

 原作によれば最新型のはず、頭部に「ハチマキ」風バイザーがあるのが特徴的です

スパルタン各部が展開、砲門ユニットがスタンバイ!

00175
00178
00179
00181
00182
00184
00186
00187
00190
00192
00193
 仕方ないよ~、壊れちゃったんだからさー

違う、壊したんだ!
 油断なくコア・ファイター隊が直衛を務め、また、モビルスーツ隊もいつでも飛び出せるように
 ガンダム顔と、海上同様のジムが入り混じっています
 で

 グルービー・デュエル…、結局やってねえな

 ひたすら不満そうなイオ
 約束したセッションも、まだやってねえ!

 作戦が上手くいったら、と宥めるビアンカに、出撃してねえのにとひたすら不満!

 イオさん、ちょっと落ち着いて!

ねえ、安全バー装着してよ。私が怒られるじゃん?』

00195
 また、あんまり馴染みがないらしく、着けろと言われて当惑するイオ
 2期1話も、直接現れましたしね
 仕方ないね

 原作では、表向きは「属国」への飛行の為、白昼堂々と侵入しましたが…?

ここは串本 向かいは大島 仲をとりもつ 巡航船 アラヨイショ ヨイショ

00196
00198
00199
00202
00203
00205
00206
00207
00209
00212
00214
00215
00216
 何と、本作アッガイは「潜望鏡」搭載型が! 不使用時は背中に折りたたむのだ!!

ハァ オッチャーヤーレー!
 唐突な和歌山民謡に爆笑しますが、そう、これもジャズだ!(真顔) いや串本節だ!!
 ダリル隊は、南洋同盟首都に近い川岸へ侵入
 で

 保持してきた密閉容器をパージ、武装を取り出すアッガイ隊

 シュールだ…
 何て、シュルレアリスムなんだ…!!

 アッガイがプロの特殊部隊さながらに、装備を取り出し準備に励む光景

 しかもBGMは串本節、笑うわ!

魚篭を片手に 釣竿かつぎ 恋は釣れないものかなあ

00217
00218
00219
00220
00221
00222
00227
00228
00230
00232
00233
00235
00236
00237
00238
00240
00241
 隊長機として、レーダー役を務めるダリル機は、まずマスクでカメラ機能を強化

ハァ オッチャーヤーレー!
 また背中の、ソナー用ブームを展開、OVA「第08MS小隊」のホバートラックと同じですね
 左腕が、メインのレーダー機構となってる模様
 で

 マップ更新完了、各機へ情報転送開始へ

 周辺の地形を精査
 どう進めば良いか、各機に短距離レーザーで伝える事に

 当初、ビジュアル発表時は何かと思いましたが、レーダー機能強化型だったのね

 やりすぎだよもー!

※何言ってんだか分からないが、とにかく「お経」

00244
 彼らの目指す先は、ビリー曰く「敵の懐」、南洋同盟の首都なのでしょうか?
 巨大ビルが建ち、おそらく連邦施設だと察せられます
 大きい事はいいことだ!

経文が鳴り響く中、たった一人、人ごみを掻き分ける男

00245
00246
00247
00248
00249
00252
00253
00254
00256
00258
 経文に誰もが足を止めているのが、ちょっとイスラムっぽくも感じますね

仏国土なんてあるのかな
 町の中心部では、信徒が一様に手をあわせ、「男」のいる外縁部は観光客がメインなのか
 物珍しそうに、みな一様に足を止めています
 外の人間と現地民

 人々に温度差というか、観光客の存在がそれっぽいですね

一方、ダリル隊は民家を拠点とする事に(?)

00261
 妙に腕が長い「奇形」はダリルの相棒、フィッシャーの機体です
 その理由は、後で明らかに
 改造し過ぎィ!

 彼は、サンダーボルト宙域ではリック・ドムに乗ってました

子供がもう一人居たのか!

00263
00264
00265
00267
00268
00269
00270
00271
00272
00273
00275
00277
 これだ! 捕まえろよ!!

アッガイの悲劇
 ここが目印なのか、諜報員を待つつもりだったようですが、子供をつい取り逃がしてしまう事に
 ビリーは呆れ、一人の隊員が慌てて追うも
 と

 動くなよ? じっとしてれば良いんだからね?

 童顔でヒトがよさげ
 新入りが、子供を捕まえようとするも…

 何せアッガイには、器用に、人間を捕まえる「指」がありません!

 アッガイに指がありますか? ありません!

ダリル『ダメだ! ヒートホークは!!』

00278
 ヒートホークで適当に道を塞ぐか、熱で気絶させるつもりだったのか
 チキショウ、アッガイに指があれば!
 でもないんです!

『しまった!?』『おーい! ヒートホーク消せよー!』

00279
00281
00282
00283
00285
00286
00287
00288
00289
 慌てて、「ザクキャノン」から流用したらしい、大型シールドで消すアッガイ!

戦斧一本火事の元
 まさかのヒートホーク山火事! すばやく可愛く鎮火しますが、バレるじゃんこんなの!
 更に、別に子供が逃げ出してしまった!
 と

 また子供が逃げたぞ、プラン変更~

 強硬策に出よう(提案)
 捕まえるより、武力行使を提案するビリー少尉

 しかし、子供好きのフィッシャーは、そこまでする必要はないだろ、と

 もっともな話なんですが…

フィッシャー『まだだ! たかが子供だろ? 捕まえりゃ良いんだよ』

00290
 しかし子供は、近くに埋めてあった信号弾を発射、警備隊に異常を知らせる事に
 また、すぐさま出撃してきたという事は
 察知していたのか

 非情ですが、子供を甘く見てはいけない!

『フィッシャー! 南側から車両3台! バイクが4台!!』

00291
00292
00293
00294
00296
00297
00298
00299
00300
00301
00303
00304
 たかがトラック、されど、直接モノアイを狙う荒業!

山火事だぁ!
 至り、さすがのダリルもレーダーを回収、「強行回収」を意味するプランBに移行する事に
 ほれみろ、とイキイキするビリー
 で

 見ろ! 作戦変更は恥じゃない!!

 火炎放射なのかよ!
 危ないヤツが、一番危ない武器もってた!!

 積極的に山火事を起こすビリー、こうなると、トラック風情では近づけない!!

 だから、現地の人が嫌うんだよ!

なぁんだよ!? 戦闘してんじゃねえか!

00306
 仰天したのは諜報員で、あの山火事に、近付かないと合流できない!
 ああもう、諜報員は非情だ!
 やだもー!

 ビリー少尉は「賢い」が、二手先を読む優しさが足りない!

『あそこまで、移動しろってか~…?』

00312
00315
00316
00317
00318
00321
 おいおい帰れんのかよー!?

帰ろう(提案)
 ここで南洋同盟も、MS部隊を投入、見た目は骨董品なくせに飛んできやがったぞコイツ!?
 対し、ニュータイプのビリーは閃いた!
 で 

 ビリー、フィッシャー! MSが!/もう見えてる!

 2期1話でジオングの試験機に乗ってますし
 彼、ニュータイプなのよ!

 夜目に優れたダリル機より早く、南洋同盟のMS部隊に気付くビリー!!

 子供は皆ニュータイプだ!

南洋同盟MS「ダーレ」、容赦ないグレネード攻撃を敢行!

00323
 なんで皆して、積極的に山火事狙いするんでしょうね!?
 そりゃまあ、有効な武器だから…
 仕方ないね!

フィッシャー『こんなんじゃ、諜報員の救出なんて出来ないぞ!』

00324
00325
00326
00328
00330
00331
00332
00333
00334
00335
 救出はこっちでやる! フィッシャーも戦闘に加われ!

深刻なアッガイ不足
 どうも、短時間の飛行を可能とするダーレに手を焼くが、火力ではアッガイに分があった
 おかしいかもしれないが、アッガイに分があった!
 で

 プランB! プランBだ!!

 撃ち合いに突入する両軍!
 南洋同盟MSも、フラッシュバックで瞬間的に姿が

 さすが連邦軍らしく、連邦然としたゴーグル型MS、「ダーレ」と激しく打ち合うアッガイ隊

 なお胴体や四肢はザクの模様

サンダーボルト宙域の生き残り、フィッシャーのアッガイは

00337
00338
00346
00347
 中でも特に重火器を装備、右腕全体がランチャー化しています

アッガイ・カスタム
 右腕火器が、下手すると頭並みサイズまで巨大化、左腕はこれを支える事に特化した構造
 モノアイサイズの弾丸を連射し、ちょっとしたバケモノです
 どうしてこうなった!

 左腕はこれを支えるべく、極端に細くなっているのが独特ですね

※細く長いので、どんな角度でも支えられる

フィッシャー『ニュータイプの言うとおりかよ…、ケッ、気持ち悪い』

00349
 結局、ニュータイプのビリーが主張した通り、「プランB」に移行
 予知能力者とも、混同されるニュータイプだけに
 なおさら気色悪いですね

 気持ち悪い、フィッシャーはそう感じたのですが…

乗っかってるMS、ジオンの奴じゃねえか!

00352
00354
00355
00356
00357
00359
00360
00361
00363
00364
 南洋同盟は連邦軍のはずだろう!?

そう思うじゃん?
 連邦のスパルタン隊は、ハゲタカさながら、旋回する“爆撃機ド・ダイYS”部隊に包囲される事に
 お互い、基本“同じ連邦軍”なので包囲するのみ
 が

 味方機を撃つよりは、マシだけどなあ

 2期1話でのように
 南洋同盟は、スクラップを拾って再利用しているのです

 もっとも、統一感がありすぎるので、「入信」したジオン部隊が持ち込んだのかもですね

 特殊装備付きのグフ・カスタム!

背部に、いかにも「飛びそう」なユニットの付いたグフ

00366
 第2期は、OVA「第08MS小隊」を連想させる要素がグッと増えており
 グフの見た目も、ほぼグフ・カスタムですね
 グフ(サンダーボルト版)

ダリル『くそ! こんなんじゃ…!!

00367
00368
00370
00379
00380
00381
00383
00384
00386
00388
00392
00394
00395
00398
00400
00401
00403
00406
 圧倒してゆくアッガイ部隊、昔、アッガイが格闘しまくる漫画ならありましたが…!

一方ダリルは
 さっきは、ヘマしたヒートホーク・アッガイもキレッキレの活躍をし、圧倒を始めるアッガイ隊
 しかし、単独で救出に向かったダリル機が…
 と

 マップが!?

 ブン殴られたアッガイ!
 結果、レーダー機としての機能に不調が

 機能不全に陥った機体、ビーム・サーベルを抜いたダーレ、こんな所で絶対絶命!?

 てかお前、サーベル使えたの!?

『南洋同盟国境守備隊、ペール中佐より、地球連邦軍戦艦に告ぐ!』

00408
 スパルタンでは旋回する「国境守備隊」の隊長から呼びかけが
 しかも中佐、軍ではかなり上級仕官です
 まあ以前からですがね!

貴艦は領空を侵犯しており、これは明らかな自治権への侵害である!』

00409
00410
00413
00414
00416
00419
00421
00422
00424
00426
 この声…!?

どの声?
 スパルタンは特務艦という事で、事前申請なしで、領空に入ってしまったのですから当然の事
 所属を明らかにするか退去するか
 と

 南洋同盟国境守備隊、ペール中佐より!

 顔色を変えるコーネリアス
 そこに居たのは、死んだはずの人間だった

 イオと彼の幼馴染で、前期では、前任者死亡で「ムーア同胞団司令」を務めた才女!

 フル武装したグフ、かっけーなオイ! 

『何やってるんだ…、そんなところで…、クローディア!?

00427
00429
00432
00437
00442
00443
00444
 彼女はクローディア・ペール、上流階級出身者ゆえ艦隊司令を務めた才女!

再会、仏徒よ…
 しかし生来の優しい性格から、部下を使い捨てる作戦の中、薬物に手を出すなど心身を消耗
 妻子を、ジオンに殺されてしまった副官に「軟弱だ」と怒りを買い
 凶弾を浴びます

 何より副官は、政府が上手く立ち回れば、生き残れた半ば逆恨みし…

 上級階級のせいで妻子が死んだ
 副官は八つ当たりし、自分を助けようとした彼女を撃って絶命しました

 しかし彼女は、生き延びていたのです

次回シーズン2最終回、南洋同盟リーダーとは?

00462
00463
00466
00455
00468
00469
 次回は当初の予定よりやや遅れての配信に

炎の同盟リーダー
 スパルタンを包囲する南洋同盟、彼らがこのまま、包囲するだけで終わるのか…?
 同エピソードを、原作7巻をベースに展開しつつ
 ダリルも原作5巻から?

 最後だけに二人共見せ場になると思いますが、果たして尺が足りるのか?

 坊主憎けりゃザクまで憎い!

次回、血濡れのお札が…

00460
 二人の主人公を、南洋同盟を軸に描くと思われますが…
 ガンダムでお馴染みのあの展開に
 ただし今回は…

陸戦型ガンダムvsグフ! ようやく出番だぜガンダムヘッズ!!

00453
00454
 グフかっこいいなー、と思ったら頭のサイズがえらいことに

ビームジャベリン!
 もちろん、予告ではMS同士も対峙しており、ちょっと懐かしい構図ですね
 そうか、そういやここで使ってたんだ
 ビームジャベリン

第7話の映像特典は、アトラスガンダムのMS解説!

00472
00473
00477
00478
00479
00480
00484
 最新技術を投じ、連邦とジオンの技術を融合させた

水陸両用型ガンダム
 のみならず、サブレッグと呼ばれる推進器によって、滞空が可能な上に水中でも高い機動性を
 戦後は、量産型MSでも「ハイザック」が開発されたように
 両軍の技術融合が進みます

 特に関節は、マグネットコーティング可能な、連邦式モーター駆動が主流に

 対し、本作では「水陸型は関節が特殊」という設定で
 アトラスが取り入れることに

 背中から見ると、背骨もアッガイの胴体部と似てますね

NT-1アレックスで初採用され、GP-03で一定の完成度に至る技術

00475
 全周囲型モニターを採用し、視野の広さは従来機の比ではありません

球形コクピット
 また、サザビーで特に有名ですが、以降のMSはコクピットが球形化し脱出ポッド兼用に
 視野を広げると共に、操縦時の負担を中空構造で軽減
 また、脱出装置も兼任と

 後に一般化、それだけ「欠かせぬ」有効な技術が、既に盛り込まれているワケね

レールガンを採用、まだまだ強度には問題が?

00492
00495
00496
00498
00499
00502
00502
00514
 ビーム・サーベルは両肩に収納される

アトラスガンダム
 武装面は標準的ながら、突出した装備として、専用レールガンを採用しています
 水圧に耐える為、非常に強固な構造を持つはずの
 水陸両用機さえ粉々に

 武装と推力を追及したフルアーマーに対し、MS本来の柔軟さを突き詰めた機体って感じ

 出来る事が多いという事は
 パイロットにしても、相応に器用に扱うことが必要となります

 イオ自身も言っていますが、難しいMSなのですね

2017年5月31日 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第7話

00122
 蹴っちゃダメだったね…。蹴っちゃあね…

スタッフ
 監督&脚本&絵コンテ:松尾衡
 絵コンテその2:玄馬宣彦
 演出:吉沢俊一
 キャラ作画監督:渡部貴喜、高谷浩利
 ロボット作画監督:片山学、伊藤一樹、仲盛文
 制作:サンライズ社

あらすじ
 一年戦争末期の戦いで精神と記憶の後退を起こしたカーラ。彼女の回復のため父親役を引き受けるダリルだが、病状はなかなか改善しない。海底基地を後にしたダリル達は、諜報員との接触を図るためアッガイで出撃。南洋同盟の支配地域でダーレ部隊の迎撃に遭う。
 一方、イオとビアンカは前回の戦闘でアトラスガンダムとガンキャノン・アクアを破損。修理のため待機任務を命じられる。2人の乗務するスパルタンはサンダーボルト作戦を続行してインド洋に向かうが、グフとド・ダイからなる南洋同盟国境守備隊に進軍を阻まれる。その守備隊指揮官の声にイオは愕然とするのだった。

次回、初期予定から延期し7月14日(月)配信開始!

00317




















key_03
 次回最終回、今回はアッガイ回!

アッガイ忍軍!
 原作では、5巻冒頭での数ページの戦闘を、思い切り膨らませたアニメオリジナル多め回!
 原作ファンも大興奮、和歌山民謡も意外なチョイス
 シュールさと民謡がピッタリ!

 次回のベースは7巻ですが、ダリルの5巻パートと並行する模様

 うそっぱちに囲まれたカーラ先生
 気遣い、「戻らないほうがいいじゃ」と言ったフィッシャーが優しい…

 相変らず初代ガンダムを連想させる演出を挟み、本当に「好きなんだなぁ」という印象も

 次回、シーズン2最終回の第8話!
 
OVA版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話“雷鳴舞う宇宙”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話“切り取れ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話“消耗品のきょうだい達”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話“雷鳴が運んだ偶然”(完)。

※各話、正式なサブタイトルはありません

OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 感想 2017年

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第5話“ア・バオア・クーより地上へ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第6話“氷海に仏徒は住まう”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第7話“今日も素敵な一日の始まり”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第8話“八艘飛びと開眼法要”【最終回】

漫画 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 2巻“彼らにだって事情がある”

太田垣康男 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 3巻※ここまでOVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 6巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻※ここまで第2期OVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻“水上都市”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 9巻“すまねえダリル”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻“決戦前夜” 裏切り者たちは集う
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 11巻“僧正の目的”サイコザクMk-Ⅱ始動!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻“開戦”! 号砲鳴らせサイコ・ザク!!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 13巻“イオvsダリル”画風変更へ