信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第30話 感想 レビュー 考察 鬼の居ぬ間の六条合戦 アニメ 画像 ネタバレ。前回はこちら
龍興くんのリベンジ! 二年に渡る忍従の日々、うっかり光秀を打ち破れッ!!

00035
00048
千鳥の強さを知らぬ、光秀殿うっかり! そういや加入後は、そういう時期じゃなかった!
 しかし斎藤龍興、さすが帰蝶殿の血縁ですね!
 強いイケメン、バカっぽい!

 当時は20歳、人を変えるには適齢だったのかもしれない!

本能寺ゲージ上昇中
 前回から三ヶ月、ずっと自慢話を聞かされてたとかイヤすぎる! 光秀ホント苦労性
 なお龍興、一向一揆に加勢したりしてたらしい

 また逃げ延びた先も信長に攻撃されており、恨みは骨髄だったようで

2017年4月28日 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第30話「鬼の居ぬ間の六条合戦」

00001
 今回、本作で初作画監督となる伊藤麻由加さん、原画も独りで担当!

あらすじ
 永禄12年1月、信長がいなくなった京都にあの男達が帰ってきた! あいしゃるりたーん!!

スタッフ
 演出:小野隆宏
 絵コンテ:大地丙太郎/監督 全話担当
 作画監督:伊藤麻由加

ナレーター『畿内平定、上洛、新将軍擁立と大躍進の年を越え、信長は岐阜で永禄12年の正月を迎える』

00003
00005
00006
00007
 おい、もう一杯

あれから2ヶ月
 天下を狙う大きな足がかり、「将軍」の威光を得て上機嫌の信長様。ちなみに京都撤退は10月末
 2ヶ月ほど、大きな動きはなかったらしい
 で

 信長様、あんなに飲んで大丈夫なのかな?/お酒弱いのに…

 上機嫌ですねえ
 おい、誰かのドクロもってきて!

 これからは「将軍の威光」という号令が使え、単なる戦いだけではない、強力なカードを得た!

 まさにガンダム・バエル!

信長様『ぷはー…

00010
 おしるこ
 あ、なるほど…
 なるほど!

 本作、一番かわいい人って信長様なんじゃ…

光秀『あー…、年が明けてもずっと将軍様の相手かぁ…

00011
00012
00014
00015
00016
 そりゃもう! 帰蝶様の一発芸のあれ、ウケたよねー♪/その後の秀吉様のアレもねー♪

ガチ泣きの光秀
 一方、将軍の「お守り」を任せられた光秀、久々の知り合いの顔に、心労が更にアップ!!
 やめて、本能寺ゲージ上げるのやめて!?
 で

 知らない話で盛り上げるのやーめーてー!

 なお「昔はワルで」
 義昭様は、昔はお坊様でした

 お兄様がいたので、跡目争いにならないよう、慣例で仏門に出されてたんですねー。

 法名は覚慶で、「権少僧都」まで登りつめたそうな

ところが1月4日、京にて織田家を揺るがす大事件が起こる…』

00017
 しっかり三が日が明けてるあたり、妙に笑える気がします
 部下、兵士は農民が中心でしょうから
 イヤがられそうだし

????『そう! まともにぶつかって勝ち目が無いなら、その力を削ぎ落とすまで!』

00019
00020
00021
00022
00023
00025
00026
 信長が居ない間に、新将軍・足利義昭を闇に葬る…!

ぶつかって散るもう一丁!
 敵の狙いは、将軍そのものではなく、「信長にとって有効なカード」である義昭を攻め殺すこと
 難しくない箇所を狙い、宿敵の力を削ぐ
 と

 殿、一大事です! 将軍御所が、何者かに襲われたとのこと!!

 なるほど賢い!
 ただの、「将軍狙い」じゃないのね!!

 情報がすごい勢いで岐阜に飛んでますが、実際に知ったのは…、以下後述ッ!!

 三好三人衆、今回もモブっぷりがンゴい! 

助蔵『敵の正体が分かりました!』

00027
 三好三人衆と斎藤龍興です
 相変らずスケちゃん有能!
 一発かよ! 

『龍興って…!』『ほら、元・美濃国の大名で…』

00028

 ひきこもり、ブサイク、ダメ君主のっ!!


00029
00030
00031
00033
00035
00038
00040
 今の誰の声だー! まずこの声の主を殺せー!!

新・斎藤龍興にな!
 そう、前回のキャスト欄にあったように、彼は稲葉山城を追われた元・美濃君主!!
 斎藤龍興の、生まれ変わった姿だったのだ…!
 と

 変わり過ぎィー!?/誰ェ!?

 まったくだよ!
 ああ、最近「転生もの」流行だから!!

 ではなく、贅沢な城の暮らしを追われた後、血のにじむような努力をしたのだ

 すなわち龍興くんのリベンジ!

千鳥『龍興さん、何でこんなことするんですか!?』

00042
 いつかの忍びか! 決まってンだろ、復讐さッ!!
 特に、決戦時に対話した千鳥はショックが大きい
 ビックリだよ!

 それより「何で」と、前回のデンジャラスじじいの台詞が過ぎりますね…!

斎藤龍興『俺から国を奪い、足蹴にした信長へのな!

00044
00046
00047
 すいませーん! それよりどうやったらそんな美男に変われるんですかー!?

国衆奮戦…!
 スケちゃんいいぞ、もっと聞け! しかしボケとツッコミの間を縫い、真面目な「国衆」の方々が!!
 当然、信長も守備隊を配していたのである!
 で

 将軍に手出しはさせんぞ!/我ら“若狭衆”のッ!!

 狭国衆の山県源内
 そして、宇野弥七らでしょうか

 ちなみに舞台が仮御所、お寺だったので「本圀寺の変」とも呼ばれます

 まあ信長様が死にそう!

斎藤龍興『おっと! その先は言わなくていいぜ…!!』

00048
00049
00051

 顔だけじゃなく!/武術も身に着けてる!?

 祇ィ園精ォ舎の鐘の声…、諸行無常ィの響あり…!


00052
00054
 頭も良くなってるー!?/…って、言わせたいんだね…

怒りの矢を放て
 この龍興ノリノリである、「ドッキリ大成功!」って看板持ったレナート兄弟いそうなレベル!!
 火矢を放ち、混乱を誘う混成軍!
 と

 信長様のいる岐阜は遠すぎる、援軍は期待できない…!

 2日間なのじゃ!
 実は、「信長に情報が届いた」のが2日後!!

 作劇上、スパッと届いてますが、信長公に届いたのは、2日後の6日だったそうな

 時代を感じるのう、のう裏切りマン!

光秀『千鳥殿! 使いを頼むッ!!』

00055
 ここでスパッと出てくるのが、光秀の優秀なところ!!
 だからこそ、彼が残された 
 とも言えるハズ

 無理な戦いをせず、しかも織田家諸将の中でも、「周辺事情」に詳しい男!

前の主は義昭を元々預かっていた男、朝倉義景

00006
 30話光秀に見限られた義景、彼は義昭の兄、襲殺された義輝公に仕え
 一字「義」を貰って、義景と名乗ったほど「将軍家に近かった」
 それが前の主でした

 いち早く、援軍を考え付いたのは間違いなくスゴい!

光秀『危険な役だが…、やって貰わねばならぬ!』

00057
00058
00060
00061
00063
00064
 いえ、途端に押されだしましたよココ…/あの娘、そんなに強かったのォ!?

細川藤孝殿に援軍を!
 しかし、千鳥の強さを知らなかったのは大きなミステイク。ボケも忘れない見事なツッコミだった!
 勝竜寺城、って名前がカッケーっすね!
 細川幽斎である!

 今の時代、何もしない戦国大名は、それだけで罪だ思う

 第17話で千鳥に諭され
 信長に蹴り出され、苦しい二年を過ごしてきたという 

 斎藤龍興のリベンジ、復讐、松永弾正じいちゃん、マジ予言者である!

 次回、第31話「反撃は歌と共に」

信長の忍び 感想 2016年 10月開始

 信長の忍び 第0話「珍しいな 幼子一人で水練とは」
 信長の忍び 第1話「信長様に会いに行こう」
 信長の忍び 第2話「織田家とゆかいな仲間たち」
 信長の忍び 第3話「突撃!! となりの今川さん」
 信長の忍び 第4話「サルとツンデレ娘」
 信長の忍び 第5話「今川軍がやってきた」
 信長の忍び 第6話「千鳥、鳥の如く」
 信長の忍び 第7話「桶狭間の中心で、義元がさけぶ」
 信長の忍び 第8話「歴史に人あり」
 信長の忍び 第9話「清洲同盟と元康の忍び」
 信長の忍び 第10話「美濃を制す者は天下を制す」
 信長の忍び 第11話「上司にめぐまれなかったら」
 信長の忍び 第12話「天才は病弱さん」
 信長の忍び 第13話「風雲‼ 稲葉山城‼」
 信長の忍び 第14話「出世は大変でござ~る」
 信長の忍び 第15話「みんなで築こう墨俣城」
 信長の忍び 第16話「一夜で築いた事にしといて‼」
 信長の忍び 第17話「引きこもり終了のお知らせ」
 信長の忍び 第18話「京が俺を呼んでるぜ」
 信長の忍び 第19話「半兵衛ゲットだぜ‼」
 信長の忍び 第20話「妹よ」
 信長の忍び 第20話「いつか将軍になりた~い!!」
 信長の忍び 第22話「ツッコミ師 参入」
 信長の忍び 第23話「信長!! 後ろ!! 後ろ!!」
 信長の忍び 第24話「影の伝説」
 信長の忍び 第25話「城とったどー!!」
 信長の忍び 第26話「おいでやす京へ」

 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第27話「デンジャラスじじい登場」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第28話「松永台風上陸」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第29話「政権交代なのだー!!」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第30話「鬼の居ぬ間の六条合戦」
 信長の忍び 伊勢・金ヶ崎篇 第31話「反撃は歌と共に」