アニメ ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第4話 感想 レビュー 考察 魔術競技祭 画像 ネタバレあり 4/27 末尾予告ミニアニメ追記前回はこちら
利用するつもりが乗せられて…、グレンもルミアも頑張る! 親御さんも勢揃いだ!!

00280
00438
 クズだけど人が良く、ケンカっぱやくて考えなし! グレン先生らしさ全開って感じだわ!!
 適性や魔力の配分、“凡人”で持ち札に欠ける彼らしい指導
 ハーレイに変態、先生陣も魅力的!

 何より焦点はルミア親子、セリカ、システィら「親子」の愛情が深くて微笑ましい!

「親子」揃い踏み回!
 きっと「嫌われてるに違いない」、王女親子の気持ちの修復がテーマらしく、トラブルの予感も
 テロリストも、王女の秘密を知ってる訳ですし

 ペンダントが鍵っぽいですが、巨乳メイドさんは敵か味方か…?

エンドカードは、有坂あこ先生!

00439
 VOCALOID、初音ミクやら界隈で有名な方なんだそうな

あらすじ
 王家の為に「死んだ事にした」娘ルミアを思い、女王アリシアは、危険を押して競技祭の訪問に
 女王とルミアは、“嫌われている”と互いに思い込みながら
 それぞれの役割を全うしていた

 競技祭に際し、グレンは賞与目当てに2年2組を指導、しかし彼らを侮辱され発奮

 負け確定でも肩入れするグレン
 事情は知らぬながら、ルミア以下も応え2位に付ける

 しかし女王近辺には不審な気配が、そしてグレンを見つめる宮廷魔導師団姿が…?

 次回、第5話「?」

事件一段落、ルミアが、特異体質ゆえに“死んだ事にされた姫”だと判明

00000
 そして新たな事件は、ルミアの生まれた地、アルザーノ帝国・王城よりスタート
 また講師続行、グレン19歳は“魔術は殺人術”と軍勤務で思い知り
 一年ほどグレていた

 タロットカードに象徴される精鋭部隊、“帝国宮廷魔導師団”の一員であったらしい
 
『アルザーノ帝国魔術学院といえば、先だって事件が起こったばかりではないか!』

00002
00005
00006
00008
00010
00011
 ゼーロス殿も、ご存知でしょう? その事件の渦中にあったのが“エルミアナ王女”だった事を

親心と親衛隊
 学院「魔術競技祭」に際し、ルミアの母・女帝アリシアが訪問を決定、親衛隊“総隊長”ゼーロスは
 陛下の身を案じ、急ぎ拝謁する
 と

 道中、また“競技祭”の間、全力で陛下の警護を務めさせて頂きます…

 獣神官ゼロス
 もとい、卿は女帝への忠誠心が高い

 警備に不安が発覚した学院に、陛下が行くのが心配でならないらしい

 ペンダント、ルミアとの絆なんですね

『今回のご訪問で、明るみに出るような事があっては…』

00013
 何より、異能持ちというという「被差別体質」であるルミアが、王室に生まれた事は
 出来れば、誰にも知られてはならない事
 発覚の機会は避けたい

 皇帝一族の高貴さに、疑いを持たれる事態を避けたいって感じ?

『ゼーロス』『…出すぎた事を申し上げました』

00015
00017
00019
00022
00024
00025
00026
 あれから三年、私は、…私はあの子に憎まれているのでしょうね…

アリシア陛下
 しかしゼーロス卿も、「女帝がそれを理解してない訳がない」と、頭では分かっていたらしく
 割とあっさり引き下がってしまう
 と

 たとえ憎まれても、許されなくても、あの子が健やかに生きてくれれば…、それが私の願いです

 お母さん若い…
 大丈夫、発育を中心に健やかです!

 むしろ心配に思うなら、学院制服の、布地面積を増やすべきではないでしょうか(提案)。

 美人メイドさん、相当な側近なのね

余談、前回ラストから実装されたオープニングですが

00462
 これが親子の別れ、相当に冷たく当たったらしく、厳しそうな構図になってますね
 でも、ルミアさんが分かってないとも思えませんし
 自分を責めるママさんが辛い

 とりあえず、愛があって本当に良かった

『困ったなぁ、来週は競技祭なのに…』『思い切って、皆で頑張ってみようよっ!』

00028
00029
00030
00031
00032
00033
00034
00035
00036
 女王陛下がご来賓なさるのに、わざわざ無様を晒す必要はないだろう?

眼鏡が語る不参加理論
 しかし当の愛娘は、まさに「母」が来賓する事になった為、ものっそい困っていたのだった!
 愛・迷惑かけてますか?
 と

 お情けで、全員に出番を与えようとするからこうなるんだ

 参加を募る二人
 対し、クラスメイトは「興味ない」と

 勝てる自信がない上、女王が来るんじゃ、恥を晒すだけというミスター解説眼鏡

 やだわ、納得するしかない!

システィ『あなた、本気で言ってるの!

00038
 ここは俺に任せろ! このグレン=レーダス大先生さまになッ!
 来た! 明らかにダメっぽいのが来たよ!!
 何でやる気が?

 明らかにダメフラグだよ!

システィ『ややこしいのが来たぁ~

00039
 システィの感想が直球過ぎる! 何なの? 敬意を得たんじゃないの!?
 あれから、一体ナニしたんだかグレン
 ダメ扱いに逆戻り!

 呆れる二人が可愛い!

ややこしいの『何だァ? まだ種目決めに難航してンのか?

00041
00042
00043
00045
00046
00047
00048
00049
 白猫? おーいリスト寄越せ/もー…、人をネコ扱いしないでって言ってるのに…

勝ち取りたい! ものしかない!!
 まったく決まっていない種目決めに、何故か、妙にやる気を出したグレンは指示を開始!
 狙いは一つ、“勝ちに行く”
 と 

 遊びはナシだ、勝ちに行くぞッ!

 飛行や遠隔重量挙げ
 競技は、いずれも“魔術”必須のモノ

 何だか魔法科高校の劣等生、“九高戦編”を思いだすなんて! さすがですねお兄様!

 当然、配役はグレン一流で…

『…よし、高配点の“決闘戦”。これは白猫、ギイヴル(眼鏡)と、カッシュだな!』

00050
 指名にあわせ、個人名が発覚していく第4話! 解説眼鏡さんはギイヴル=ウィズダン
 地味めな男子生徒は“カッシュ=ウィンガー”
 と

 まずは意外な指名から!

『暗号早解きは、ウェンディ一択』

00051
 いきなり驚かされたツインテの子、彼女はウェンディ・ナーブレス
 お嬢っぽい子なんですが、「ナーブレス」という 
 貴族(ノーブル)っぽい名前

『飛行競争は、ロッドとカイ』

00052
 赤いほうがロッド=リブリーで、太っている方はカイ=ファニスらしい
 なお、カイ君はcv落合福嗣さんが担当
 名野球選手の息子さん

『魔術狙撃はセシルに』

00053
 女の子と見紛う美少年、セシル=クレイトン君は魔術狙撃担当
 あらあらFF4に居そうな名前だ!
 で

『遠隔重量挙げはテレサ!』

00054
 おっとり美人はテレサ=レイディ(テスタロッサではない)といい
 遠隔重量挙げに
 と

『“精神防御”はルミア以外ありえん』

00055
 そしてお馴染みのルミア=ティンジェルは精神防御、精神に定評あるルミア!
 性犯罪者も、「心が強い」って言ってましたものね
 で

『“変身”はリンに頼む』

00056
 以前、何度も断られた子は、リン=ティティス
 担当は変身魔法
 と

 アレか、眼鏡を外すんですね!(真顔)

ウェンディ『納得いたしませんわ! どうして私が“決闘戦”の選抜から洩れているんですの!』

00057
00058
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00066
 お前、呪文の数も知識もスゲーけど、不器用な上にどんくせーところがあるからなー、呪文噛むし

呪文噛むし!
 無論、反論や当惑の嵐だったが、特に長所を指摘して指名していくグレンに次々と納得
 自信のなかった子も、長所があるぞ
 と

 テレサ、お前は気付いてないだけで、実は“遠隔操作系”の術式と相性がいい

 魔術師としては劣るらしい子
 カッシュ少年も、運動能力と状況判断で「決闘」向き

 赤毛のロッドと、太めのカイは、「重力操作」に適正があるらしく飛行競技へ

 驚きテレサ嬢、めっちゃ可愛い!

『アルフ(真ん中)、ビックス(バッテン前髪)、シーサー(ぐるぐる眼鏡)』

00067
 グランツィアは能力よりチームワークだ、いつも仲良し三人組のお前らが一番いい
 お前らは、シンクロも上手いしな?


 なお彼らはアルフ=モップス、ビックス=ガヤス、シーサー=エキストラトという…

 髪がモップの子
 ガヤ=その他大勢の背景台詞、エキストラ=劇での通行人役など

システィ『これって…、私達の事をちゃんと見てたんだ。先生ってホッント、ダメ人間だけど、こういうところがあるからなぁ…♪』

00068
00069
00070
00071
00072
00073
00074
00075
00076
00077
00078
00079
 金欠なんです! 餓死しちゃう! 給料前借! もしくはお小遣いプリーズぅぅぅぅ!!

これで勝つる!
 無論、真面目の裏には不真面目があり、“お金”が目当てでそれ以外の何者でもなかった
 システィ、感動の無駄遣いである…
 で

 学院長聞きました!? セリカの奴、これだから困るンですよ!

 自業自得だ!
 と、言ってのけた人にコレ!!

 予告ミニアニメでは、グレンに底抜けに甘いセリカ、しかし本編では厳しい…ッ!

 まっこと厳しいぜよ…!

セリカ『何で、私が悪い事になってるんだ~?

00080
00081
00083
00085
00086
00087
 ちょ、頭つぶれる?! 助けてママ~!!

言っちゃった!
 危うく、潰れたトマトになりかけたグレンだが、院長が「優勝クラスになら」と恒例を口にし
 結果、こうしてこうなった! というワケ
 と

 ン、優勝したクラスの講師には恒例として、特別賞与が出る事になっておる

 アイアンクロー!
 あーっと、“キン肉マン”を髣髴とさせるアイアンクローだ!

 さすがセリカ女史、息子(みたいなもの?)への残虐プレイにためらいがない!!

 デカい可愛い金髪美人!

ギイブル=ウィズダン『先生、いい加減にしてくれませんか?

00088
 しかしグレンは知らなかったが、実は、紛糾していた理由は「使いまわし」にあった
 勝つ為には、成績上位者だけが複数競技をかけもちする
 それが「普通」だったのである

 つまり、勝とうとして墓穴を掘ったワケさ! アッハッハッハ!! バッカでー!

グレン『(えー!? マジでー? 生徒を使いまわして良いんだー♪ 恒例なんだー♪)』

00094
00096
00097
00099
00100
00101
00102
00103
00104
00106
00109
00110
00111
 ちょっとギイブル! 成績上位者だけで競って、何の意味があるの!

へそが喋った!
 冒頭は、理想主義者のシスティが「全員参加」を掲げた為で、本当ならギイヴルが正しかったのだ
 敗北確定に、すっかりやさグレンだが…
 と

 思い出したぜ魔術競技祭、だいたい、参加した事一回もねーから忘れてた…

 彼も“素質”が凡庸
 略式詠唱、大魔術とはいえ魔力切れで力尽きるetc…

 しかし自分と同様に、才能がささやかでも、“カッシェ”以下が頑張る姿があった

 やだ…、何これ微笑ましい

グレン『…ま、いっか』

00112
 私欲と誤解、システィの笑顔に押し切られ、「参加する事に意義がある」となった学祭
 でも、これはこれで「まっいっか」と思う辺り
 グレンさん男前

 がんばれーっ、って声援が可愛い!

お前ら2組の連中、邪魔なんだよ!

00113
00114
00115
00117
00119
00120
00122
00123
 クライフ! 場所をとっておけと言っただろう?

ハーレム先生!
 しかし、案の定トラブルが発生し、案の定ハーレイ=アストレイ(正式名称)先輩のクラスであった
 基本、揉め事嫌い(多分)なグレンなので…
 と

 あー、じゃあ、あの樹のあたりまで空けりゃ良いッスかね?

 譲ろうとするグレン
 今週も、「ハー何とか先生」とか酷い!

 また、自負が強いハーメルン先生は、「優勝以外ありえない」と断言!

 ハヌマーン先輩すごーい!

ハルシフォム先生『何を言っている? お前ら2組は、全員ここから出て行けといっているのだよ』

00124
 ギイヴルと似たハリウッド先生は、非効率的な「全員参加」を謳う2組に
 勝負を捨てたものが、練習場を占有するなど
 迷惑千万だ…

 と

グレン『…お言葉ですが、ウチのクラスはこれでサイキョーの布陣なんスよ…!』

00125
00126
00127
00129
00131
00132
00133
00135
 口では何とでも…/三か月分だ

売り言葉の大安売り
 生徒を「成績下位者」などとバカにされ、テッペンきてしまったグレンは、ついつい本末を転倒
 負け確定の生徒に、“賭け”を提案してしまった!
 と

 俺のクラスが優勝するに、俺の給料三か月分だッ!

 結婚指輪かよ!
 稼ぐはずが、給料無駄遣い決定!!

 生徒の視線が熱い! 下がったところに↓ 上げる↑ グレン! 喜色が凄い!

 ツインテのウェンディかわいい!

グレン『(やっちまったー! ついイラッとしてふっかけちまったー!!)』

00136
 ついカッとなってやった、反省しきりであるグレン
 だが、まだ希望は残っている…!
 相手が乗らなければ!

ハーヴェスト先生『(魔術研究には多額の費用が必要…)』

00138
 負ける気はせんが、万一…
 幸い、ハーゲンダッツ先生は愚かではなく
 万一とか考慮していた

 が!

『…いいだろう、私のクラスが優勝するのに給料三か月分だ!』

00139
00142
00143
00145

 マジかよヤベー! よし土下座だ!! 誠心誠意心を込めて!
 必殺の土下座マジック!

 ムーンサルトジャンピング土下座でェ!


00147
00148
00152
00153
00155
00156
 ぐっ…! 親の七光りがァ……!!(小声)

必殺(必ず殺す)
 しかし、ハリー・オード先生も自身の生徒の期待に耐えられず、勝負を承諾すると言いだし
 やむなく、グレンは土下座に懸ける…
 が

 私達は魔術競技祭で正々堂々戦い、そして優勝します! ですよね? 先生♪

 半蔵先生に怒ったシスティ!
 第1話同様、「上層部に掛け合うぞ」と

 ここまで言われては、ハンガクベントウソウダツセン先生も後に引けない…

 給料三ヶ月の賭け、見事成立に!

いいだろう! この私に楯突いた事を、必ず後悔させてやる!』

00157
 こうして売り言葉に買い言葉、ついでに仲買人まで出てきてしまい
 ハーレイ・アストレイ先生率いる
 2年1組と全面抗争に

 生徒の視線に負けたり、この人も結構いいヒトなのよね…

システィ『先生がここまで信じてくれてるんだものい…、絶対に負けないんだからっ! 頑張りましょう、先生っ♪

00159
00160
00161
00162
00163
00164
00166
00167
00168
00169
00170
00171
00172
00173
00176
00178
00180
00181
 やっぱりかみ合ってない気がするなぁ…

すきっ腹に全力
 完全にどうしてこうなった! しかしメンタルを立て直す辺り、グレン先生も前向きになりました…
 陽が落ちるまで、生徒指導に残るように
 と

 素直じゃないなぁ…♪

 惚れ直しますねえ
 システィ、ルミアに背を押されまくりである

 そのルミア自身も、と思いますが、「メインヒロインの背を押して自分は何も言わない」の典型

 この片思い二つ、結末はどうなるのでしょうね

お母さん、捨てないでよ…、いい子にするから…! 嫌いにならないで

00183
00185
00188
00190
00191
00192
00195
00196
00197
00198
 大丈夫だ、俺はお前の味方だ

三年前の英雄
 母、アリシアと似たロケットを今も持っているルミアは、“捨てられた”日の事を今も思い出す
 第2話での過去だが、助けてくれたのがグレン
 で
 
 俺を幾ら怖がろうが構わない、だが、お前が泣き止んでくれるなら…

 やだグレン(16)男前…
 この時は、彼が怖くて御礼を言えず終い 

 またペンダントは、中の写真を削ぎ落とされ、普段は持ち歩かないなどルミアらしい気遣い

 さて、グレンに気付いてるのか?

システィ『ルミアー? ご飯だよー♪ …どうしたのそれ?』

00202
 実際、親友のシスティにさえ、ロケットを見せたことがなかったらしい
 明日は魔術祭、“実母”アリシア陛下が訪れる事に
 システィは気遣いを隠せない

 何か言いたいが、言葉が出てこない、ホント良い子ですよね…
 
『心配してくれてありがとう。でも、私の本当の両親は…、システィのご両親だよ♪』

00204
00205
00206
00208
00210
00211
00212
00213
00215
00217
00222
00224
 リリアナァ! 娘たちが優しすぎて泣きそう! ハッ! もしかして娘たちは天使なのか!?

俺の娘がマジ女神
 なお現当主、名門なのにハートフル愛妻家、義理の娘も分け隔てゼロとかどうなってんの!?
 この家系、天使しかいないの!?
 で

 でも次は何とかなるように脅し…、お願いしてみるわね♪

 やだ強い(真顔)
 システィの母、上位互換すぎる…

 夫にも政治的にも強く、笑顔を絶やさないシスティ母

 アリシア女王、預けた先が的確すぎる…!

メイドさん『随分とご機嫌ですね?』

00227
00228
00229
00230
00231
00232
 遠くからですが、あの子の姿を見られるのですからね…

いわくのペンダント?
 翌日、何もない都市間を行くアリシア女王、メイドさんに言われてペンダントの付け替えを
 ただ渡し方に曰くありげで…?
 と

 代わりに、こちらはいかがでしょう?

 演出からして
 メイド共々、「タチの悪い何か」

 しかしメイドさん、親衛隊総隊長も認め、ルミア追放の真相も知る様子で敵ならおかしい?

 でも、(エロ)テロリストも真相を知ってるんですよね

『それでは、アルザーノ帝国女王アリシア七世の名の下に、魔術競技祭の開催を宣言します』

00235
00236 -
00236
00237
00238
00239
00240
00242
 フッ…、陛下の御前で勝つのは我がクラスだ…!

圧倒的温度差
 かくて女王は、メイド・ペンダントを身に着けて開会式に臨み、ハーレイ先生は意気軒昂!
 一方、グレン先生はというと
 と

 あー…、拍手が空きっ腹に響くなぁ……

 元より健啖家のグレン
 長期に渡る金欠で、お腹のラッパがプーであった

 システィはともかく、ルミアが気付かないんですから、生徒の前では強がってるらしい

 多分。

ルミア『やっぱり…』

00243
 母が「ペンダント」を着けていない事に、自分は嫌われたと疑念を深くするルミア
 意外に、母の愛を分かっていなかった…!
 すれ違い…!

 ルミア、よほど酷い言葉を投げかけられたようで

実況『飛行競争は、あの二組が3位だ! 何という番狂わせッ!!』

00244
00245
00246
00248
00249
00251
00252
00253
00254
00255
00256
00258
00259
 うそーん……

可能性の獣たち
 緒戦の飛行競争は3位! カイとロッドの奮戦に、実は誰より驚いていたグレン先生だったが
 相変らず、「知ってた!」を貫く!
 で

 俺達、先生についていけばイケるかも!

 指導教官の自信
 成果に、盛り上がる2年2組カッシェ君!

 なお勝因は、“マラソン”故にペース配分をグレンが計算した為だった…、とか

 魔力容量が「凡庸の、グレンらしい助言ですね

『たまたま良い成績が出たからって、調子に乗りやがって』

00261
 しかし、棒読みで皮肉をいう生徒が! 全員がグレンLOVEではない…
 と思ったら、隣のクラスの生徒であった
 なんだ紛らわしい! 

ハーレイ・アストレイ『よせクライス、彼らも良い思い出になっただろう』

00263
00264
00265
00268
 これはグレン先生の策なんだ! 先生が居る限り、俺達は一組に負けないッ!!

ハードルアッパー
 挑発を忘れない1組のライス君と、ハーゲンダッツ先生だが、むしろ2組は結束力アップ!
 欠食グレン先生への信頼を深めていき…
 と

 やめてー、そんなにハードルあげないでー…

 やだ、先生が立ったまま死んでる…
 上がるハードル!

 新展開で、一度は取り戻した信頼を、以前以上に盛り上げていくグレン先生

 どうしてこうなった!

あーはっはっは! やったな2組ィ~♪

00271
00272
00273
00274
00275
00276
 あー、悪かったなァ陛下♪ ゆるしてくれー♪

メイドさん美人伝説
 グレンざまあ! と笑ってるのかと思いきや真逆、愛息子の勝利が嬉しくてならないダダ甘セリカ!
 この人、陛下の隣で何て酷い!
 が

 いいんですよ、彼女とは旧知の仲なのですから

 実は知り合い
 前回も、「今はただの講師」と言ったセリカ

 第1話冒頭の描写から、歳を取っていない様子もあり、やはりただものでないらしい

 このお母さん、ホンット可愛いな!

『楽しそうですね? セリカ』

00278
 ああ、楽しいよアリス。実に胸がすく思いだ
 愛称…、だと!?

 旧知どころか、完全に親友である

アリス女王『それほど、彼は凄いのですか?』

00280
00281
00282
00283
 ただの凡人のクセにあいつは、いつも何故か予想外の事をやってくる…

セリカ&アリス
 どころか、グレンの事を「女王」も昔から知っていたと判明。セリカの旧友なら当たり前
 その上、彼は“元・宮廷魔導師団”
 と

 昔から、そうだったろ?

 己の愛娘と
 親友の、愛(義理)息子のツーショットと

 微笑ましい一方で、親衛隊長ゼーロス氏、何かを耳打ち…、またテロでしょうか?

 ルミア、態度が甲斐甲斐しい!

総隊長ゼーロス『ン…?』

00284
 女王の左席は学院長、もちろん、彼が黒幕だと色々スッキリしますが
 仮にそうでも、前振りがありませんから
 今回は違うっぽい

実況『2組のセシル君、“魔術狙撃”、4位以内確定だーっ!』

00285
00286
00287
00289
00290
00292
00293
00294
00295
00299
00300
00301
 やった、先生の言うとおりだった!

アドバイザー
 その間も祭りは続き、セシルの狙撃は4位以内、ウェンディは暗号解読を1位で圧勝と好成績
 すごいぞ、進研ゼミでやった通りだ!
 と

 先生のアドバイス通りでしたわ♪

 ウェンディはエリートなのね
 また「暗号解読」って、これまた戦争に有用な技術か

 以前の言葉通り、軍の為の技術・人材育成も兼ねてるんだなー、的な

 すんごいドヤ顔でかわいい!

想像以上だよ、お前ら…! これなら俺の生活もなんとかなるかも!!

00303
00305
00308
00309
00310
 ん…。お前ら、本気で頑張ってるもんな…、こっちも本気になっちまうぜ

2年2組ツンデレ先生
 暫定順位で、総合がハーレイ1組の1位、5組に続く3位と、着実に積み上げている2組
 各クラス、しっかり拮抗してるのね
 と

 めんどくせ…

 クズから始まり
 感化され、成長してゆくグレン先生

 最初から「強キャラ」、しかし辛い過去に、成長する姿が微笑ましいですグレン先生

 歩み寄る後ろ姿が、トレードマークかもしれません

ジャイル=ウルファート『オイ、そこの女…、悪い事は言わねェ、棄権しな』

00311
00312
00313
00314
00315
00316
00317
00319
00320
 五組のジャイル君…、だよね? 心配してくれるなんて優しいんだ? でも、…私も頑張らなくちゃ!

過酷な競技
 続いてルミアの「精神防御」、心のタフネスを競う競技だけに、強面の子が忠告する場面も
 よくみると、他の生徒はかなり不満げ
 が

 私がジャイル君に勝ったら、順位、入れ替わっちゃうね?

 やだ不敵!
 素敵に不敵、これは惚れる!!

 ルミアは忠告に感謝し、皆頑張ってるから自分もといい、見た目に寄らない“強さ”を見せる

 ちなみにジャイル君、システィ父と同じ声優らしい

ギイヴル『まさかと思いますが、先生、次の“精神防御”。彼女は捨て石ですか?』

00323
 また、表向きは「治癒魔法が得意なだけ」というルミアは、大会では戦力外
 合理主義で、“ルミア”を知らないギイヴルは
 捨て石作戦に感服する

※なお王女である事は、描写的にクラスメイトは知らない

『ルミアが捨て石ぃ?』『違うんですか!?

00324
00326
00328
00329
00331
00332
00333
00334
00336
00337
00338
00339
00341
00342
 大丈夫だって、アイツの肝が据わってるのは、お前(システィ)が一番分かってるだろ?

紳士男爵
 しかし第2話のテロ屋が見抜いたように、王女ルミアは、“心の強さ”が段違いに優れており
 小手調べ、“睡眠”に耐えた
 と

 精神作用魔術の権威、“第6階梯”ツェスト男爵です!

 第6ってスゴそう!
 なお1組は、「捨て駒」を当てたらしい

 さっきのジャイル君が昨年覇者で、主力を当てても、損すると踏んだらしい

 さすがハーピィ先生、ギイヴル君そっくり!

『僕としては紅一点、2組のルミアちゃんに注目してるんですけど、いかがです、す男爵?』

00344
00345
00346
00348
00349
00350

 そうだね、可憐な少女がどこまで耐えられるか、いたいけな心をどう汚染し尽くすか…
 ヒ、ヒヒヒヒヒヒ…

 へ、変態だーーーーー!?

 アイツ、クビにしよう…(学長)


00352
00353
00355
00357
00358
00359
00360
00364
00365
 男子は要らぬ…、脱ぐならルミア君!/少しは欲望隠せよエロ男爵!!

変態紳士
 男爵は、「熱いと感じる混乱」で脱衣を狙い、更に「魅惑」でエロい状況へと仕向けるが
 ところがどっこい、男子しか…!
 で

 そのまま男爵お得意の“高速詠唱”! キモさ全開ッ!!

 高速詠唱!
 凄い、のに変態にしか感じない!!

 ルミアが王女と知る学長は、あまりの状況に「あいつクビにしよう」と口走り、場内は恐慌!

 紳士という名の変態だよ!

ギイヴル『ここまで強かったのか、彼女は!?』

00366
 抵抗側も、「マインドアップ」で精神を強化、しかし素が強いほど効果がある
 元より、“いつ死んでも良い”心構えを持っているルミアは
 あり方が段違いだと

 ルミアの心の強さが焦点、これは次回に響きそうなエピソードで…? 

グレン『ルミアに任せりゃ楽勝かと思ったんだが、ジャイルって奴も大概だな…』

00367
00368
00370
00373
00374
00375
00376
00378
00380
00382
00383
00384
00385
00387
00389
 対象の思考を破壊し、喪心状態にしてしまう、もっとも高度で危険な術の一つです!

精神破壊
 最後の試練はマインド・ブレイク! 事前に耐性呪を使ったとはいえ、“最も危険な術”の一つ!
 しかし両者耐え、ジャイルは再び忠告を
 が

 すごく、楽しいの…、だから、あたしも頑張らなくっちゃ!

 クラスの為に
 そして、母が見ているのだから

 多くは知らないとはいえ、ルミア、頑張る理由が多すぎる! これは強い!!

 ジャイル君も男前!

『では勝敗をつける為に、威力を上げるとしよう…、心の準備は良いかね? お二方…』

00390
 オゥレイ!
 って、それ短縮詠唱なの!?
 ノリなの!?

『おーっと! ここでルミアちゃんが膝をついた!』『Give upするかね?』

00392
00393
00394
00395
00398
00399
00400
00402
00403
 棄権だ! 2組はここで棄権する!!/ルミア、辛くなったら我慢しなくていいのよ?

マジですまん!
 しかし本気で危険な呪文だったらしく、再挑戦を望むルミアに、グレンがタオルを投げ入れる事に
 肝は一つ、“辛かったら我慢しなくていい”
 と

 いえ、楽しかったです。私もみんなの為に戦ってるんだって気持ちになれて…

 元軍人グレンも計算外
 ジャイル君、相当なツワモノだったらしい

 精神の強さ、実家追放も受け容れる、「我慢強い」ルミアらしい競技でした

 グレンも、ここでタオルとは良い教師してますわ

『では見事、精神防御を精したジャイル君、何か一言!』

00405
 むぉ…、ジャイル君は立ったまま気絶している…!
 こいつ…、立ったまま死んでやがる…!
 いや生きてるけど!

 どんだけ過酷なんだマインド・ブレイク!
 
『ルミア君の勝ちだろう…、棄権したとはいえ、直前のマインド・ブレイクはクリアしたからね?』

00408
00410
00412
00413
00414
00415
00417
00418
00420
00421
00422
00423
00424
00425
 良き友、良き師に恵まれ、あんな風に笑う姿を確認できて本当に良かった…

遠くから見ている
 娘同様、我慢強いアリシア女王は、セリカやメイドの「今日くらいは」という言葉も辞退し
 ただ、見守るだけだと告げる
 が

 それでいいのか? 遠くから見ているだけで、本当にそれで良いのか?

 ルミアは支える者が出来た
 母アリシア女王は、ある意味もっと不幸なんですね

 見守る母、見守るグレン、そして見守る「軍時代のグレン」と同じ制服の二人

 グレン、今日めっちゃ見守られてる…!

いつもと一緒 でもなんでちょっと 弾んでるよ

00427
00429
00430
00431
00432
00433
00434
00436
00437
00438
00435
 そんなのウソ わかってるでしょ 素直じゃないねまだ

Precious You☆
 初使用となったエンディングは、今回同様、素直じゃないシスティを諭すルミアなど
 ヒロイン3人と、グレンをテーマにしたキャラソンに
 と

 キミが誤魔化すその優しさ 隠すのが下手で 気付いたよ

 基本的に一枚絵
 総作画監督、飯野まことさんが独りで原画に

 おかげでめっちゃ可愛いですね! そして「大食い」じゃなくて、苺タルト一択なのね

 なんとなくマジカル!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2017年4月25日 第4話「魔術競技祭」

00437
 なお総作画監督は二人で、キャラデザ兼任の「木村智」さんがOPを担当

スタッフ
 脚本:佐藤裕
 絵コンテ・演出:櫻井親良
 作画監督:石橋大輔 / 山本晃宏 / なまためやすひろ / 東美帆
 総作画監督:飯野まこと
 エンドカード:有坂あこ

あらすじ
 特別賞与を目当てに魔術競技祭での優勝を目指すグレン。システィーナ達はそうとは知らずに彼の期待に応えるべく奮闘し、予想外の活躍を見せ始める。

エンドカードは、ボーカロイド界隈で有名だという有坂あこさん!




















00276
00439
 あのエロ制服、やっぱり恥ずかしかったのか!

エレノア=シャーレット
 うっかりグレンの悪巧みを機転に、彼自身含め、コロコロ良い方向へ転がるのが楽しい!
 また、まずは名前を出すだけ出して生徒をアピール!
 前より彼らが好きになりました

 教師陣も特にハーレイ先生、生徒の前で退けなくなるって憎めませんね

 後は女王へのテロと
 それを通じ、互いの誤解を解く流れでしょうか

 システィの両親やグレンとセリカ、“親は子供を愛するもの”感が素敵です。メイドさんでけえ!

 次回、第5話「女王と王女」

4月27日、第5話「女王と王女」予告ショートアニメ公開!

00000
■Lecture Ⅴ 女王と王女
 魔術競技祭の最中、ルミアがとある容疑をかけられて王室親衛隊から命を狙われることに。間一髪のところでルミアを助け出したグレンだったが、思わぬ人物に行く手を阻まれる。

 脚本:樋口達人 絵コンテ・演出:有冨興二 作画監督:池田志乃 / 朝井聖子 / 上野卓志


00001
00002
00003
00005
00007
00009
00012
00014
00015
00017
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00024
 突然ですが、“イクスティンクション・レイ”早口大会イエ~イ!

なんでさ!
 真面目に予告を始めようとしたはずが、セリカ教授による、容赦ない余興が彼らを襲うッ!
 グレン…、ただの早口言葉を口走っただけなのに
 褒められる溺愛っぷり!

 まだまだだねェ? 私が手本を見せちゃおう?

 とかドヤ顔するセリカですが…
 予告パート、この人ちょっと大活躍しすぎじゃないかな?!

 思わずツッコミを入れて失格になるシスティ、真面目に答えるルミアも可愛かったですね

 何より、セリカのダメさ限界突破っぷりが最高に可愛かった!


 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第1話「やる気のないロクでなし」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第2話「ほんのわずかなやる気」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第3話「愚者と死神」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第4話「魔術競技祭」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第5話「女王と王女」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話「邪悪なる存在」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第7話「星降る海」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第8話「愚者と星」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第9話「生きる意味」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第10話「逆玉!?」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第11話「決戦! 魔導兵団戦」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第12話「見つけた居場所【最終回】」