BanG Dream! バンドリ! 第12話 感想 レビュー 考察 キラキラしちゃった!? アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
戻ってきた楽しい日常、変化と成長、たえママの存在感! オーディション完遂!!

00433
00189
 いいライブだった! ラーメン屋に案内するも、実は受け売り&速攻バレ、クラスメイトとか
 有咲が、香澄たち以外とも話せるようになりつつあったり
 彼女の成長も著しい!

 分け合い歌った“前へススメ!”も、歌詞が、五人を踏まえてすごい良かった!

おたえ最強説
 そして、やっぱりおたえが最強でしたね! ママさんの存在感も圧倒的
 風呂の省略が残念…ッ!

 まさかホントにマラソン始めたり、おたえ節がホント楽しかった!

風呂からあがるのが、沙綾が最後だったり

00417
 地味に、「彼女ならそうだよなー」って感じるのが感慨深い

やりきった!
 ライブ、元々は乗り気じゃなかったはずの有咲が、失敗したと一番激しく泣き崩れたり
 自分もそうだけど、やりきったと力強く激励したのが
 一番か弱いりみだったり

 円陣では声をかけ、家事を手伝い風呂は最後、沙綾も彼女らしかった!

どちらから声をかけたのか、有咲の師匠になってた鰐部会長

00421
 妹、明日香と共に見届け役となったGlitter*Green

師匠!
 放課後の買い食いとか、一番やりそうにない「規律にうるさい」会長の一面とか
 第一話以降、ちょくちょく出てた会長ですけれども
 今回が、一番素敵でしたね

 この四人、まさかここまでお師匠になるとは。

走って脱いで、ごく自然にママを案内して。おたえ大活躍だった!

00167
 そのくせ、一番緊張してたり、りみが察してたりした流れも良かった!

あらすじ
 調子を取り戻したPoppin'Partyは、おたえ、有咲の秘密特訓にも触発され、更なる猛特訓に挑む
 期末勉強、歌、演奏、全て練習しなければならないのが辛いところだが
 覚悟と、周囲の応援で励む5人

 前日、おたえの家で合宿し、いざ“SPACE最後のオーディション”

 怯えも自覚した
 失敗し、それでも五人はやりきった

 音楽は好きでやるもの、「頑張った」と自分自身を認められた五人に、オーナーは合格を告げる

 次回、第13話「歌っちゃった!【最終回】」

有咲『ここ、マジ旨いからっ!

00000
 自分が一番、技術的に拙い。焦り追い詰められた香澄だったが、そもメンバーは百も承知
 上手い下手じゃない、「香澄だから」一緒にやりたいのだ
 だから加わり、続けているのだ

 今度こそ立ち直った香澄は、有咲に導かれラーメン屋へ向かう

『私、行きつけの楽器屋さんしかない』『私、パン屋さんしか~』『沙綾ン家じゃないか!?

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
 こんばんは?

なんかいた!
 回復祝いに有咲、行きつけのラーメン屋に向かった5人。ホント、この子も女子高生らしからぬ…
 と思ったら、もっと凄いのが!
 会長!

 オーディション受けられそうね?

 生徒会長
 あんた、こういうトコ寄るのね…

 赤いのれんが、否応なしに食欲を刺激。何故でしょう、こっちまで食べたくなってくる!

 これは、トンコツラーメンの味しか浮かびませんねえ

鰐部生徒会長『市ヶ谷さん、またいつでも来て? 他にもお勧めのお店があるから』

00009
 厳格そうなていうか実際、香澄がギターを弾きながら登校した時は注意し
 一時、ボッシュートした生徒会長なんですが
 こういう面も

 てか、有咲が妙な雰囲気なのは…? 

『有咲ちゃん…、ナナちゃんと…』『ラーメン仲間?』

00010
00011
00012
00013
00014
00016
00018
00019
 ラーメンバー?

違ェし!
 ツッコミが仇になった! ラーメン仲間⇒ラーメンバーの語感のよさ!! これだからおたえは!
 実は、会長と個人的に親しかった有咲
 と

 キーボード習ったときに、ちょっと寄った…っ?!

 あっ…(察し)
 会長は、グリグリのキーボード

 そういやSPACEでバイトした時、彼女の演奏にシビれてる描写がありましたね

 え、待って、有咲が自分から他人に頼み事を?!

おたえ『秘密特訓かっこいーっ!』

00020
 基本、心が男子高校生っぽいところがあるおたえ、いたく感動した様子
 会長に秘密レッスン、その帰りにお勧めのお店に…
 あらやだ、会長かっこいい…。

 公私の区切りが、はっきりしてる人ってカッコイイと思う!

おたえ『私、毎朝走ってるよっ

00022
00023
00024
00025
00026
00027
 Tシャツ! 皆でお揃い着て練習するのは? …じゃあ、明日からっ!!

えいえいおー!
 いやその“鍛える”方向は…、ハッ、そういや「走ってた いつも走ってた」って文化祭で歌ってた!
 アレは、きっとその前振りだったんだな!(真顔)
 で

 はい、スタミナ/つかねーよ!

 沙綾までボケた!
 有咲、完全に弄ばれてる!!

 また「ラーメン屋」特有のアレ、揃いのTシャツに触発され、自分達も着ようと決定

 ホント、すっかり元気になっちゃって!

有咲『期末も忘れンなよー

00028
 忘れてた?
 なお優等生の沙綾と、成績限定で優等生の有咲以外
 キレーに、忘れていた模様

 バカトリオか!

『ほい、味噌ラーメンおまち!』

00029
 いただきまーす!
 なお、それはそれ
 これはこれ

 前回までのプレッシャーが、フッ飛ぶ感じに楽しいぞ!

さて次回最終回、オープニングはコレで見納め? それとも?

00030
 これは手書きカットですが、そういや、この格好のCGも制作されてるんですよね
 最終回、使われるのでしょうか
 勿体ないし!

ごーるっ!

00032
00034
00035
00036
00039
00040
00041
 おたえ…、これ毎日!?

走っちゃった!
 そしてホントに走ってる一同! 演奏ってのは、体力勝負だってユーフォニアム響いてた!!
 比較的、体力があるはずの沙綾もボロボロ…
 で

 うん、雨が降ったら走らないけど。あと眠い時もっ

 カメハメハ大王か!
 さすがおたえ、風が吹いたら遅刻しそう!!

 どんだけ走ったのか、もちろん3人に続いたのはりみ、最後尾は同着有咲であった

 沙綾の尻と言ったか!

有咲『ムリー! マジもう無理ー!!

00042
 全体に作画が厳しい中、妙にりみりんが可愛いワンシーン
 元々、ほぼ不登校児だった有咲だけに
 体力は最低レベル

『もう一周くらい行けそうだよ♪』『おたえすごい!』『帰る! シャワー浴びて寝る!!』

00044
00047
00048
00049
00050
00051
00053
00054
 じゃあ、有咲の家まで競争しよう!/先着いた人からシャワー使えるとか?

不利じゃん!?
 帰る浴びる寝る、有咲三段活用! そのまま学校も休む勢い、有咲はそうでなくっちゃ!
 なお体力勢、帰り道もパワーゲーム(物理)を提案
 で

 発声練習! オーディション、近いから!!

 学校でも練習
 次は、全員で歌う以上「楽器なし」でも要練習

 みんなの声援や、立ち直った姉に、ホッとする明日香の姿が嬉しかったです

 ホント、この子お姉ちゃん好きよね!

『沙綾ちゃん、ここなんだけど…』

00056
 そして期末に備え、真面目なりみは、沙綾が付きっ切りで教師に
 お得意さんだしね!
 で

『私もそこわかんない!』『おたえも?』『後ここ! わかんない…』

00058
00059
00060
00063
00066
00067
00068
 すごい…/運命かな…!

ドラマチック試験前
 いや二人とも同レベルの学力ってだけッショ! 香澄とおたえ、二人揃えばダメさが倍増し!!
 有咲、非情の「全部暗記」命令!
 で

 んじゃ、こことこことここ! 最低限なっ!!

 有咲優しい…
 結局、要点を教えてくれる有咲が甘い!

 一方りみは、真面目一徹でガリガリとこなし、出来たら沙綾とハイタッチ!

 楽しそうな二人!

りみ『沙綾ちゃん、できたっ!

00071
 はいっ! 山吹ベーカリーのチョココロネ~♪
 元々、鼻先にニンジンだったらしい
 なるほど…

 香澄とたえの「運命?」といい、軽快な展開が楽しい!

香澄『よし! おたえ、頑張って…』

00072
00073
00074
00075
00078
00079
00080
00081
00082
00084
00085
00086
00087
00088
00089
00092
00093
 おたえー! 寝たら死ぬぞー!!

死なねェよ!
 なんと、最高に美しい作画で力尽きたおたえが! このシーンにどんだけに力入れてんの!?
 勉強もする、練習も体力作りもする…
 と

 市ヶ谷さーん、カラオケ行かない?

 有咲の体力が上がった!
 そして、“クラス内での親しみ”も大きくアップに

 当初の沙綾がそうだったように、「学年トップ」有咲に、周囲は近付き難い様子でした

 でも今は違う、と

『夏休みなら…、多分…、大丈夫…… 』

00094
 ビックリする有咲が可愛かったし、食い下がることに、成長を感じた!
 もちろん、「夏休みなら」なんて遠すぎますけど
 今は周りも理解してる

 有咲はバンドやってるから、今は、そっち集中したいんだな?とかその辺!

 お互い、歩み寄ってるのが微笑ましい!

『じゃあ夏休み!』『ていうか、ライブ行くなら応援するしっ!』

00096
00097
00101
00104
00105
00108
00110
00111
00114
00115
00116
00117
 有咲ー! 蔵練ー!!

ラストワン!
 なお香澄さん空気読まず…、有咲は文句言っていいのよ有咲!! 黒髪の子スタイルがいい!
 ともあれ、指が動かなくなるほど蔵練!
 で

 まあ、最後の仕上げだしなー。…じゃあ、明日な?

 だから頑張った!
 そして、おたえが泣きそうで…

 期末試験も終わり、明日がいよいよオーディション、生まれた緊張は今までと違う

 だって今度は、「やりきった」上に最後で…?

りみ『あの! …今日、おたえちゃん家に泊まってもいいかな…?』

00119
 ホントに!? 何泊でもいいよっ!!
 何泊でもとな!?

 おたえなら、そのくらい泊めかねない!

香澄『私も!』

00120
00122
00124
00126
00127
00129
 あたし、行くなんて一言も………

有咲かわいい…
 あれよあれよと全員で泊まりに行く事になるも、有咲は、「迷惑だろうから」と常識論を
 しかし当然、香澄は「先に行くよ」
 と

 おおい! 何もっていけば良いんだよ!? ねえー!

 常識論というか
 お泊り会、って憧れなんだな有咲ァ!

 泣きそうに見えたのは、実は、おたえが一番緊張してたからなんでしょうね

 SPACEへの憧れ、人一倍でしょうし

『『『『可愛い~~!』』』』

00130
00131
00132
00133
00134
00135

 紹介するね~、しろっぴー、パープルちゃん、団十郎、ドロちゃん、おっちゃんと…


00137
00138
 お母さん!

母さんです
 ペットと同じノリで、ご家族を紹介された?! 何という紹介のオートメーション化だろうか!?
 てか、お母さんもお母さんで…
 と

 たえちゃんのお母さんです~、りみりん久しぶり~

 同類だァ!
 やべェ、香澄が3人に増えた!!

 と思いきや

お母さん『オッちゃん、誰お嫁さんに貰う?』

00143
 え!?(沙綾)
 半ば決定事項!?
 やべえ!

 曰く、りみりんは泊まった事があるそうで

お母さん『お夕飯、もうできてるからねえ? 皆、いっぱい食べて~♪ れっつごー、五人組! ゴーっ♪』

00144
00145
00146
00148
00149
00151
00153
00154
 天然だよね…/お前が言うか!(たえ&有咲)

いただきさま!
 たえが、オッちゃんを「彼氏」と呼ぶ原因はこれか! 結構作画負担がデカい「食事」はカット!
 率先して手伝う辺り、沙綾ホント沙綾
 で

 三人だとあっという間ね~、皆、お嫁にくればいいのに~♪

 強烈な母だった…
 見た目、かなり美人なんですけどねえ

 これが経産婦だと…!

『かわいーっ♪』

00155
00157
00158
 楽譜?

共通項
 子供時代のおたえ可愛い! 今も可愛いけど、当時の常識レベルはどうだったのでしょうか
 また、そういえば二人に共通項が
 と

 私も、同じの使ってた…

 たえと有咲
 共に、元ピアノ奏者

 随一のボケとツッコミ、両極の二人ですが、そういや出発点は同じなんですね

 一話の「星」は、有咲のピアノ時代のですし

『有咲ー、お風呂わいたよーっ』『…いや、他人ン家の風呂って初めてだし…』

00159
00160
00161
00163
00166
00167
00170
00171
00173
00174
00176
00177
 はぁ!? 何で脱いでンの!?/脱がないと入れない…

インターギャラクティック
 基本、羞恥心の強い有咲は尻込みするものの、尻込んでるとおたえが脱ぎだしたではないか!
 ここで、おたえが種明かし
 と

 宇宙の入浴剤!/りみりーん! 宇宙ー!!

 実在するよ!
 溶かすと、星空風になる入浴剤!!

 広いので二人でも入れるというおたえ、ビビる有咲、ビビる有咲かっわいい!!

 さては、りみりんとも一緒に入ったな!

有咲『全員でてけー!

00178
 しかし有咲の叫びの後、場面転換し、風呂上りの沙綾に
 最後に入る辺り、性格を感じますね
 控えめで良い子だわ

 風呂回だけど、風呂回じゃなかった!

『りみりん、指かたーい♪』『香澄ちゃんもー♪』

00181
00183
00185
00186
00188
00189
00193
 有咲は柔らかいね~、気持ちい~♪

ギターダコ
 湯上り、女子高生5人が並んで寝れる部屋で、はしゃぎ回る5人。おそ松さんもビックリの広さ!
 指の硬さは、ギタリストの勲章なんですねえ…
 で

 えっ…、枕投げは?

 しねーよ!
 ホント、有咲かわいいな!!

 枕投げする気まんまんだったおたえが、当惑する姿も可愛い! 修学旅行か!!

 対し沙綾、独りのときは…、と

おたえ『まくらなげ……』

00195
 しないッ!
 有咲厳しい!

 おたえ、ホントかわいい。

沙綾『…寝れないね?』

00196
00197
00198
00199
00200
00201
00203
00204
00205
00206
 すごい…、心臓の音、聞こえる

ほしをみるひと
 おたえが沙綾が…、もちろん本音は、全員が緊張してどうしようもなかった
 頼みの綱、“星”も見えない
 が

 心の目で見たら?

 何が可笑しい!
 たえの助言を、本気にする香澄!!

 が

あ、見えたっ! つむってつむってっ!!』

00208
00209
00210
00211
00213
00214
00215
00216
00218
00220
00221
00223
00226
00228
00230
 一番緊張してたのに~

地上の星よ
 けっきょく見えたのは香澄一人だけで、おたえに至っては、つむった途端に眠ってしまった
 でも、ステージからなら…
 と

 うん…、見たいな…! 皆で!

 ステージの星
 観客の、サイリウムが星空のように

 4人はその光景を見たいと望み、明日へ備えるのでした…、と

 りみ、たえの不安を見抜いてたのね。

『…おはよーっ!』

00231
00232
00233
00235
00236
00241
00243
00246
00248
00249
00250
00251
00252
00254
00255
00256
00257
00258
00259
00260
00261
00262
00263
00264
00265
00266
00267
00268
00269
 行こうっ!

諸人こぞりて
 当日はあっという間、早起きした健康優良児二人、布団を蹴飛ばしてた有咲
 学校では、三者面談の連絡を経て…
 と

 来たね

 早朝は3人
 何か、沙綾が遅かったのが意外です

 一番「悪く考える」傾向だけに、寝るのが一番遅かった、とかそんな感じでしょうか

 見学には、やはりGlitter*Greenが

『最後のオーディションだな…』『うん…』

00270
 当然、ポピパにもですが、“SPACE最後のオーディション”でもある訳で
 SPACE育ちの、彼女達にも感慨深い状況なんでしょうね
 ひなこ先輩も大人しくなるレベル

 閉店、定番の展開なら覆るのでしょうけれど…?

香澄『…円陣、やろう!』

00272
00273
00274
00275
00276
00277
00278
00279
00280
00281
00283
00284
00285
00286
00287
00290
 やっぱ緊張すんなー…/甘いもん食べたーい…/食べよう、一杯/全部終わったら!/香澄!

緊張するね!
 水泳部のつながりで、呼んだのか教えてもらったのか、ゆりのところに妹・明日香も合流
 オーナーの目に、改めて緊張する5人
 ただ

 ポピパぁー、オー!

 緊張の質が違う
 バイト回で、有咲らは萎縮してました

 やがてなぜ演奏するか」考え直し、たえ達の萎縮は解けるも、今度は香澄がド緊張!

 あの頃と違い、皆ちゃんと声が出せてる!

『たとえどんなに夢が遠くたって 諦めないとキミは言った』

00293
※全員で合唱

 たとえ どんなに夢が遠くたって 諦めないとキミは言った
 輝く朝日に誓ってる
 前へススメ!

 キミらしく 駆け抜けて

※間奏


00294
00295
00296
00300
00303
00305
00306
00307
00308
00309
00311
00312
00314
※りみパート

 好きで好きで たまらないよ 今すぐ 扉開けたいよ
 でも踏み出せない のは何故?


00316
※たえパート

 だけど3つのコードから
 キミと一つになれたよね
 もう 夢は皆のもの

 この心 震わせたい


00318
00320
00321
00326
※沙綾パート

 星に願いを かけてはしゃいだ
 あの夜空は続いてゆく


00327
00328
00329
00330
00331
※有咲パート

 正直になれそうな自分に キミが微笑んだ


00334
※香澄パート

 そうだ どんなに今が辛くたって 何も上手く行かなくたって
 積み重ねたもの忘れない
 前へススメ!

 全身全霊 ただ前進! 一心不乱に精一杯! 果てしなくても遠くても


00336
00337
00338
00339
00341
00342
※合唱パート

 見渡す限りに 揺れる輝きが
 待っている場所を
 
 夢見ている 夢見ている


00343
00344
00345
00346
00347
00348
00349
00351
00352
00353
■前へススメ!
 作詞 - 中村航 / 作曲・編曲 - 藤田淳平 / 歌 - Poppin'Party

 たとえ どんなに夢が遠くたって 諦めないとキミは言った
 輝く朝日に誓ってる
 前へススメ!

 キミらしく 駆け抜けて

 好きで好きで たまらないよ 今すぐ 扉開けたいよ
 でも踏み出せない のは何故?

 だけど3つのコードから キミと一つになれたよね もう 夢は皆のもの! この心 震わせたい!

 星に願いを かけてはしゃいだ
 あの夜空は続いてゆく

 正直になれそうな自分に キミが微笑んだ

 そうだ どんなに今が辛くたって 何も上手く行かなくたって
 積み重ねたもの忘れない
 前へススメ!

 全身全霊 ただ前進! 一心不乱に精一杯! 果てしなくても遠くても

 見渡す限りに 揺れる輝きが
 待っている場所を
 
 夢見ている 夢見ている


00355
00356
00357
00358
00359
00361
00364
00365
00368
 たとえ どんなに夢が遠くたって 諦めないとキミは言った 輝く朝日に誓ってる 前へススメ!

オーディション!
 前回では、歌詞を読み上げていましたが、劇中「練習した」今回のライブは本当に良かった!
 素直になれそうな、の有咲とか!
 と 

 見渡す限りに 揺れる輝きが 待っている場所を 夢見ている 夢見ている

 星空の事であり
 また、「ライブの事」だったんですね

 あの夜空は続いてゆく、って、前のバンドを踏まえた沙綾も、特に好きです

 作画、限られたリソースを感じるし頑張った!

香澄『…有咲!?

00369
 しかし演奏後、ミスったと崩れ落ちたのが有咲
 一番、乗り気じゃなかったはずなのに
 練習までしたし…

 そこが本当に有咲らしい

有咲『ミスった…、あんなに練習したのに…、ちゃんと出来たはずなのに…、…ごめん、ごめん!』

00370
00372
00373
00376
00378
00382
00383
00384
00385
00386
 あたしも…、指、震えちゃった…

前へ進んだ
 歌詞でも、踏み出せないってあるように、最も臆病なりみが“最後まで弾いた”のも成長
 恐れずやりきり、「有咲もだ」
 と

 でも、最後まで弾いたよ! 有咲ちゃんも!

 バイト回の時
 あの時は、もっと散々でした

 けど言い出せず、「叱られる」と怯えて、立ちすくんでた4人から変わったなって感じた!

 これは誰より、お姉さん嬉しかろう!

オーナー『そっちの四人は、聞くまでもなさそうだね!』

00387
 あんたは?

 続けて当たり前の質問
 定番ですが、「重いよな」って感じたオーナーの問い

 一度ダメだった質問に、真正面から答えるのは、本当に勇気がいると思う

香澄『…やりきりました!

00389
00390

 音楽なんて
 やりたい奴が好きにやる
 頑張ったかなんて、自分にしか分からない


00392
00393
00394
00395
00396
00397
00398
00399
00400
00401
00402
00404
00408
00410
00412
00414
00415
00416
00417
00418
00421
00422
00424
00425
00427
00428
00431
00433
 いいライブだった…、合格

やりきった
 元より「素人」が集まる場所、オーナーの審査基準は、「演奏した奴自身」がやりきった感があるか
 分かってたけど、合格の一言が嬉しかった!
 で

 あ、ゆりりん泣いてる!?/泣いてない!

 リィ先輩まで叫んでるゥ!
 ゆり姉さん、泣き作画に力入れまくりィ!!

 嬉しそうなPoppin'Partyですが、我が事のように盛り上がるグリグリも良かった!!

 いい最終…、そう次回が最終回!!

2017年4月15日 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」

00436
 制作ではなく「作画協力」と銘打って、十文字(社?)が制作参加に

スタッフ
 脚本:中西 やすひろ(沙綾三部作など、3話・6話~8話、10話)
 絵コンテ:羽原 久美子
 演出:中野 剛
 作画監督:高見 明男
 作画協力:十文字

あらすじ
 オーディションに向けて作った曲をみんなで歌うことによって声を取り戻した香澄。ポピパ全員でSPACEの舞台に立ちたいと改めて決意を固め、猛練習を再会する。学校では期末テストも終わり、夏休み目前。そして、遂にやってくる最後のオーディション。しかし、メンバーたちは緊張のあまりミスをしてしまう。香澄たちはライブに出ることができるのか?!オーナーから告げられた、その結果は……。

次回最終話、「歌っちゃった!」









00199
00232
 寝相で性格を描いてるのも面白い

Poppin'Party
 香澄は終盤ガツンと成長が、シリーズ通しての変化を感じたといえば、やはり有咲とりみ
 また、変人だったり覚えていたり「地が出てきた」おたえ
 そして沙綾

 今回「も」総決算、ここで落とす展開はない、って解ってても良かった!

 有咲たちが泣き出すのも
 客観的には、泣き落としで迷惑行為かもしれません

 でもオーナーの審査基準と、何より、彼女達の変化を踏まえて良いシーンだと思った!

 次回、第13話「歌っちゃった!【最終回】」


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」