アニメ クロックワーク・プラネット クロプラ 第1話 感想 レビュー 運命の歯車-ギア・オブ・デスティニー- 画像 ネタバレあり 公式はこちら
メカフェチ少年と機械少女、“人工物”に置き換えられた近未来世界を描く物語

00359
00449
全てが被造物って世界観が面白いですね。おかげで、経年劣化で危機に瀕しているワケか
 見た目が人間のロボ、容姿自体も容易に変更できる技術があるなら
 他にも、「実はロボット」が?

 特にふとももが眩しいマリー教授、OPの赤い人なんでしょうか? 特に気になります

キャラデザ細か!
 おかげで、バトルを中心に作画負担が大きく、その節約に四苦八苦してる印象
 今月、バンドリが終わったら改善も?

 ラブライブ声優・南條愛乃さんが、少年担当なのも新鮮ですね

なお原作者氏コンビが、アニメ化にあわせてめっちゃ解説されています

00328
 大変面白くて、併せてみると「へー」って感じです。こちらロストユニバース!

あらすじ
 地球が滅びに瀕死、時計技師“Y”の手で、機械に置き換えられた「輪歴」1016年2月8日・秋葉原
 ナオト、リューズ、マリー、ヴァイネイが戦っていた理由は
 同年1月11日にさかのぼる

 マリーの家の、“故障中”の自動人形、リューズをナオトが拾い修理してしまったのだ

 永い眠りから醒めたリューズは
 ナオトの技術を賞賛し、彼に仕える者として契約を果たす

 一方技師のマリーは、京都地区の崩壊の危機と、軍が被害を抑えるべく強制排除を図る事を知る

 次回、第2話「大支柱崩壊-パージ-」

クロックワーク・プラネット、ノーゲーム・ノーライフ作者による合作、2013年より刊行

00000
 原作は榎宮祐・暇奈椿、両氏による“合作”と言う珍しいライトノベルで、挿絵は茨乃氏が担当
 同じ茨乃挿絵には、ランス・アンド・マスクスがあって
 こちらもアニメ化されています

 4年でアニメ化(決定自体には更に1年位前?)って、今時は本当に早い。

唐突だが、世界はとっくに滅亡している

00001
00003
00004
00006
00007
00011
 彼はYと名乗り、“死んだ地球を、歯車だけで再構築してみせる”と宣言した。それから1000年…。

時計仕掛けの惑星
 1000年前、唐突に地球が寿命を迎え、危機に瀕した人類を“時計技師”が救う事態が起こった
 Yにより、地球は機械化し人類は生き延びる
 と

 9秒後に来る、サイレントヘリ2機、輸送用ヘリ1機…

 改暦「輪歴」1016年
 秋葉原区に、やたら耳の良い少年が居た

 彼は聴力一つで、静音ヘリと輸送ヘリ、そして機械人形12機の一団が迫ってくると感知する

 あらやだ、人類ってば滅んでたの!

3、2、1!

00012
00013
00014
00015
00019
00020
00021
00022
00023
 南東から敵の援軍だ、12秒後! それまでに片づけてくれ、マリー!

オート・マタ
 聴力に優れたナオトを司令塔に、拳銃使いマリーと、彼女の護衛である拳法家ヴァイネイにより
 あっさり、戦闘用オートマタを殲滅
 が

 なんでナオトに、アゴで使われなきゃなんないのっ!

 圧倒的!
 そりゃ、ポーズを決める余裕があるほど圧倒的!!

 世界観上、銃まで歯車が仕込まれていて、作画するのが何気に大変そう!!

 オッサンの拳は鉄より硬いの!?

マリー『…あらあら?』

00024
 しかしナオトの予告した「増援」は、明らかにさっきより上位機種!
 ちなみにメカデザインは寺岡賢司氏!
 テラオカノフ!

 氏は、ガンダム00で「ティエレン」などをデザイン!

『さすがにこれは…、ちょおっと厄介ね?』『どうする?』

00026
00030
00031
00032
00034
00035
00046

 はい、ナオト様。優雅とは程遠い機械の分際で、マイ・マスターを狙おうなどとは
 まったく笑えない冗談ですね?

 せめて、それに相応しい鉄屑となって、ナオト様の視界から消えて下さい

 お待たせいたしました、ナオト様


00049
00051
00053
00055
00057
00058
 リューズさん、マジリューズ!!

バルキリー
 余裕は、これらを一瞬で殲滅できる「リューズ」あっての事、笑顔のまま毒を吐くご褒美!
 結果、あっさり黒い戦闘部隊は壊滅に
 と

 ナオト様の貧相な品位と教養が知れる、極めて低俗な お言葉ですね♪

 主へ罵倒も忘れない!
 スカート、もうこれ武装錬金じゃないか!! 

 兵器に無骨さ以外を求めるとは、それこそ無粋じゃあないか!!

 とまれ、そんな彼らの物語

Yは、無限に等しい歯車から成るこの星を、こう名付けた

00059
 時計仕掛けの惑星、“クロックワーク・プラネット”と
 表面上は昔のまま、その実態は全て歯車
 機械となって地球は延命に

 表面上は生物に見えても、歯車で代替する技術が成立した時代ってワケね。

この星の鼓動が 切なく 響いてる かすかに届くその声は 僕らを明日へ導く

00060
00061
00063
00064
00066
00067
00070
00071
00074
00075
00077
00079
00080
00081
00084
00087
00088
00089
00090
00093
00095
00098
00101
00104
00105
00106
00113
00120
00121
00125
 薔薇がモチーフ、でもおっちゃん、銃で花びらが散るのはそれ銃の故障だよおっちゃん!

clockwork planet
 OPは、主人公・ナオト君の声優,南條愛乃さんボーカルの“fripSide”による甘い声の曲!
 さすがラブライブ声優ですね!
 と

 黒いのは敵なのか、それとも“既存キャラが変化した”姿なのか?

 リューズの変化同様 
 マリーさん辺りの、真の姿なんでしょうか?

 リューズさんは自害してるし、色々と先の展開を見せてくるOP映像ですね

 後一人、ロリっ娘が出てくるのか 

そして舞台は一ヶ月前、1月11日14時30分の“京都”へ

00130
 上空から何かの「投下」が始まる様子、というか、もう中身は一択ですよね!
 ナオト君、京都育ちだったのか!
 何か意外だ!

 てっきり、秋葉原産の機械好きボーイかと! 

ナオト『たっだいまー! 寂しかったかい、みんなーっ!!』

00131
00134
00138
00140
00142
00143
 わかっているさ! まともに時計一つ直せない、不甲斐ない俺を! ああ、どうか許して欲しいーっ

嗚呼、麗しの歯車よ
 僅か一ヶ月前! 彼は大のメカフェチの変態でありながら、時計一つ直せない未熟者だった
 日々、時計と一方的に戯れる日々!
 で

 いつか、自分で作り上げてみたいな~♪

 マリーさん表紙だァ!
 ああ、だからボディガードが付いてるのね

 さっき戦ったような「自動人形<オート・マタ>」は、時計仕掛けとしては、憧れの“究極”らしい

 究極もピンキリか!

『あー、もう! 神さま不公平だろ! オートマタか才能か、せめて歯車でも降らしやがれ!!』

00145
 ン…、マジで降って来た?
 親方! 空から以下省略!!
 音だけで分かる

 はるか頭上の落下音を聞き分けるって、どんだけ耳が良いのよ!?

『あー!? マイ・スイート・ラバーズがー!? 何てことしやがるんだ!』

00148
00149
00154
00155
00157
00158
00161
 しっかし、ナオト君の叫びってば昭和っぽいな!

いえいえ
 かくて輪歴1016年11月11日15時、ご臨終…、もとい二人は出会うことになった
 歯車が、CG感が強めだけど奇麗ですね
 で

 奇麗だ…

 そういうナオト君こそ奇麗である
 気合の作画!

 改めて、装飾品が異常に多いデザインで、一枚絵ならともかくアニメ化は狂気の沙汰

 スタッフさんの挑戦心すごい

マリーさん『YD-01コンテナを落とした?』

00162
 偶然だぞ! 明らかに狙って落っことしたようにしか見えませんでしたが!!
 さて、事の真相は?
 ていうか

 彼女、元々マリーさん家の“持ち物”だったのね

マリー・ベル・ブレゲ『アレはブレゲ家の資産で、国宝級のオート・マタなんです

00163
00164
00166
00169
00171
00173
00175
00176
00177
00178
00182
00183
00184
 中のヒトは大西沙織さん、すなわち前期の「ガヴリール」のヴィーネちゃんである。

淑女たるもの
 ふとももが健康的なマリーさんは、マイスターギルド、すなわち「職人組合」所属の技師らしい
 亡くした家宝を、一刻も早く探さないと!
 でも

 今回も、楽しいお仕事になりそーねー!

 意図か偶然か
 グリッド、つまり「京都地区」の要請でそちら優先に

 あの巨大な「塔」は、察するに、各地区の中心部になっているパーツなんですね

 どこも、基本的に同じ構造なのか

『これは…、俺の理想そのもの…、いや、それ以上だ…』

00187
 既に一級技師として忙しいマリーに対し、ナオトは、しがない学生の身分
 その彼は、マリーの“家宝”に心を奪われていた
 機械だからオッケー!

 見た目は美女だけど、むしろ機械だからオッケー!!

ナオト『すげえ…、聴いた事のない、完璧な歯車の音だ…』

00190
00194
00196
00199
00201
00205
00206
00208
00210
00211
00212
 すごい…、奇麗だ

くぱあ
 一応生身の女性もイケる口らしいが、むしろ“中身”が見えた時にこそ、深く感動するナオト
 彼の異常聴覚は、止まった歯車を聞き分ける
 と

 時計も直せないのに…、何をしようってんだ…、俺は!

 動力は健在
 しかし、心臓部が止まっている

 その「異音」に手を加えるだけなら、素人の自分にも出来るかもしれない、と

 人の形だと、ちょっと怖気がしますね

マリー『コンラッド先生っ!』

00213
00215
00216
00219
00220
00222
 あなた方の手に負えないから、私達が呼ばれたのですが?

喧嘩人生
 実は「教授」のマリーさん、同じくギルド所属らしい、コンラッド教授と共に京都大支柱の修繕へ
 しかし、縄張りを主張する軍と衝突し…
 と

 ど素人は、ひっこんでて頂けます~?

 無駄にケンカ売ってる!
 強い上に護衛付き、なんて危機感の足りない子だろう!!

 この地区の問題なのか、本世界観共通なのか、軍人は強権で役立たずという風潮…!

 冒頭のも、正規軍だったんでしょうか

ナオト『無茶な話だよな…、手元狂って、メインシリンダーに僅かでも傷をつけたら、取り返しがつかないってのに…、気に入らねえんだよ…、こんな音

00224
00225
00226
00227
00230
00231
00232
00235
00236
00246
00248
00254
00256
00257
00258
00259
00260
00267
00271
00273
00275
00278
 Intial-Yシリーズ壱番機、リューズと申します

好き放題
 一方、耳を頼りに「修理」したナオトだったが、棺の落下でガタがきていたビルそのものが崩落
 彼女の持つ、並外れた能力を体感する事に
 と

 こんな下らない故障一つ直すのに、これほど待たされるとは…

 目覚めたらコレだ!
 いわく、人類様の知能はノミ並みだと

 笑顔を浮かべたまま、マスターとなる方には、虫けらよりは上等じゃなきゃ困ると言いたい放題!

 作った野郎は、さぞドMに違いない!

『お目覚めになられましたか? ナオト様』

00279
00280
00281
00282
00283
00286
00287
00289
00291
00293
 ナオト様、窺いたい事があります。私の設計図をお持ちでしょうか?

全く以って
 巨乳膝枕状態から目覚めたナオト君は、4兆2076億8643個かな?と歯車の数を言い当て
 純粋に、耳を頼りに修復したのかと驚かせる
 と

 ナオト様は…、変態なのですね?

 色んな意味で全くです
 設計図なしに、音だけで修復とか変態です…

 動機も「音が台無しで勿体ない」と、普通とはかけ離れた理由と、“変態”以外に称号はない!

 曰く、修理中も意識はあったらしい

『では、ナオト様をマイ・マスターとして正式に登録し、おそばにはべる事をお許し頂けますか?』

00294
 侍る、貴人のそばにつつしんで控える、または仕える。伺候するの意味
 傍に控える、サムライの語源「さぶらう」と似ているが
 恐れ入り、丁寧な姿勢が強い

 オソレイリ!

『ナオト様は現在、この星で、最も優れた時計技師だと判断しました』

00295
00300
 完璧かつ有能すぎる私が、ナオト様のミトコンドリア並みのプライドを傷つけたりするのでしょうか?

奇跡と従者
 さっきの「修理」、たった一締めは本当に奇跡だったらしいが、急に持ち上げられたナオトは困惑
 対しリューズは、私の引き立て役になりそうで嫌ですか?(意訳)
 と

 そうですか…、私は必要ではないのですね

 さっきの、「この程度の修理で」発言といい
 言葉と内心は違う

 強気なようで、リューズは、本心から「主」になって欲しかったらしくがっかりした様子

 やだ、この子ってば精神攻撃…!

ナオト『まあまあ、落ち着け見浦ナオト…』

00306
00310

 そもそも、この子は何なんだ? 性能も美しさも度を越している…
 大企業の試作品? それとも軍? 国家間の陰謀?
 俺、消されちゃわない!?

 すりおろされちゃわない!? さあ…、慎重に考え…!


00314
00315

 すんまっせんしたー! 何もかも色々知ったこっちゃねーんで!
 不束者ですが、末永くよろしくお願いしまーす!


00318
00319
00320
00324
00327
00328
00329
00330
00332
00335
00336
00337
 Initial-Yシリーズ壱番機「付き従う者」

猛虎落地勢!
 無論、勝手に直しちゃった時点で問題、場合によっては「意図的に故障させられてた」可能性も!
 しかしだ、欲望は全てに最優先する!
 と
 
 リューズは、三浦ナオト様の傍に侍り、絶対の忠誠と服従を誓います…

 お前も土下座か! 
 前期ラストから、「ガヴ」「ロクでなし」と3度目の土下座!!

 濃厚な擬似フェ、いや指チュパによる“認証”で、ナオト君はマスター設定されたのであった

 これ、絶対入ってるよね…!

マリーさん『…妙に静かね。軍の担当者が、あれ以来介入してきません』

00338
00339
00341
00342
00343
 そういうブラックな業務は、「前の職場」で懲りたんですけど…

唐沢くんの事件簿
 一方、「京都地区」の根幹部をチェックしていたマリーさん、「軍の介入」が頻発する世界らしい
 コンラッドの勧めで、唐沢君が調査する事に
 と
 
 マリー先生のお願いでは、断れませんね?

 わぁいcv保志さんだァ!
 唐沢くんってば、只者じゃないのね!!

 さてマリー側の問題は、「どこが異常か分からない」事なんですが…?

 つまり、直せる目途がないっぽい

ナオト『いやあ助かったよ~、君に荷物を取ってきてもらわなけりゃ、一文無しになるところだった』

00345
 その頃のナオ君、家が崩壊してしまったので、初回にして家なき子に
 同情するなら、金をくれ!
 マニー!

『ちょいちょい気になってたんだけど、その毒舌って仕様?』

00346
00347
00348
00354
00356
00359
00360
00361
00363
 毒舌? 私が?

奉仕(全般)
 常識に欠けるリューズは、仮宿としてラブホ「あっはーん♪」を提案、大却下される場面も
 ハハッ、某“まとい”でもそうだったな!
 で

 特殊な欲望を抱かれようとも、全て受け容れるのが、従者の務めです

 てか、どんな場所か分かってるし!
 謎の光が忙しい!

 毒舌や自尊心は無自覚で、彼に従属し、奉仕するという言葉は伊達じゃないらしい

 修道服や喪服っぽいけど、メイド服なのコレ!?
 
ナオト『今夜は漫画喫茶にでも…

00364
 ねーねー、すっげー美人じゃね?/はい、存じております
 親方! 夜の街名物のチンピラさんが!!
 でも危なくないタイプだ!

 本当に危ないのは、いきなり暴力沙汰にするからね!

ナオト『あっ……』

00365
00368
00371
00372
00377
00378
00381
00384
00386
00388
00391
00394
00397
00398
00399
00400
 リューズ、逃げろ!/…初めて、リューズと呼んでくださいましたね?

問い
 ここで咄嗟に男気を見せたナオトに、リューズは“認識を一段階上昇”させ、チンピラを撃破
 漫画喫茶で、彼に膝枕を勧め眠らせる事に
 と

 では、なぜ私を人間の女性のように扱うのですか…?

 機械人形と知る相手を
 咄嗟に庇い、人間のように遇する事

 ロボットと人間、永遠のテーマですが、そこに「答え」がないのも一つのお約束

 彼の場合、“メカ”自体も大好きなんですしね

『ナオト様は、私の事をどう思ってらっしゃるのでしょう…』

00403
 その台詞には、少し早い気もしますが、原作側も意識した台詞でなく
 今回、キメで使われてびっくりしたそうな
 とてもおっぱい

 チンピラ、それは人を結ぶ縁結びの悪鬼羅刹である…!
 
ナオト&マリー『『!?』』

00406
00408
00410
00411
00413
00416
00417
00418
00420
00422
 うるせって…

ストレス軽減睡眠法
 そして翌日早朝、1月12日3時18分、ナオトは「京都の異音」に気付くも二度寝
 対し、マリーは“重力異常”と感知
 で

 その前に…、せめて下くらい穿いとけ

 寝るときは全裸
 賢いヒトは、何故か全裸率が高い(迫真)

 コートとは、また一話目からマニアックな! しかし「髪を下ろす」とますますアレね

 opの仮面さんっぽいね?

コンラッド『よく気付きましたな、身体に感じるほどの揺れでもなかったでしょうに』

00425
00426
00428
00429
00432
00433
00439
00442
 最悪、グリッド京都全体の崩落もありえます

軍の選択
 揺れを、「京都区画」全域が崩壊を起こす予兆と捉え、マリーは調査を急がせようとするが
 唐沢が掴んだのは、“別の解決策”であった
 と

 まさか…、グリッド京都の強制パージ!

 崩壊は周囲を巻き込む
 しかも、マリー達は原因すら掴めていない

 そこで軍は、異常を起こした京都を切り離し、被害を最小に抑えようというのだ

 最小! 大の虫と小の虫って奴だ!!

ヴァイネイ『奴ら…、2000万人の市民ごと京都を沈めるつもりか!

00446
00447
00449
00450
00451
 千年動き続ける時計は存在しない、限界が来ている、人も星も…

分解点検
 機械化による効率化の恩恵か? 京都地区は、現代東京の1360万人に倍する2000万人!
 だが「確実に救う手段」だ
 と

 オーバーホールしなければならない、かつて、“Y”がそうしたように

 ワイがそうした(ナニワ感)。
 機械化は、老朽化の一途を辿らせた

 誕生から千年、世界は“分解し、一から組み直せる”技師を求め、滅びかけているワケね!

 崩落、パージのイメージCGがカッコ良かった!
 
声を聞こうと 両耳を塞いでいる

00452
00455
00467
00470
00472
00474
00476
00478
00479
00481
00483
00490
00493
00495
 本作は「日本ナレーション演技研究所」が協力、キャスティングに参加したらしい

アンチクロックワイズ
 EDは、作詞・作曲・編曲まふまふ、歌After the Rain、動画投稿サイト出身の二人組ユニットで
 8月には、日本武道館でもライブを行うのだそうな
 で

 EDは作画・キャラを江面氏一人で担当、CG処理なんでしょうか

 雰囲気が大きく違い
 またこちらでも、リューズが白くなる描写が

 黒から白へ転じていく描写が、歯車が飛んでいく背景と相まって奇麗でしたね

 ヴァイネイさんが魔王的!

クロックワーク・プラネット 2017年4月6日 第1話「運命の歯車-ギア・オブ・デスティニー-」

00420
 監督の長澤剛氏は、ジーベック社アニメによく名前が見られる方で、演出家出身らしい

スタッフ
 脚本:杉原研二(シリーズ構成)
 絵コンテ:吉川博明
 演出:川崎ゆたか
 作画監督:島村秀一、青鉢芳信
 総作画監督:島村秀一
 アニメ制作:XEBEC

次回予告『軍はグリット京都のパージを画策し、妨害を始める。…あたしはマリー・ベル・ブレゲ、何かが不可能だとは、絶対に考えない女よ!』










00510
00513
 次回、ナオト達とマリー達、4人の出会いに…?

作者様解説はこちら
 機械化された世界ってのも好きですが、最後、だから老朽化してしまったって辺りが特に好きです
 マリーが技術を、ナオトが「問題点の特定」を行える才能を持つなら
 タッグに最適なわけね

 それぞれ異なる優れた才能と、二人の護衛、舞台は整い始めたって感じ!

 ただ冒頭で敵をボコボコしても
 敵の怖さが分からず「単に敵が弱いだけ」の印象に

 変にポーズを決めるのも、余裕過ぎて、「主人公補正」を強調し過ぎと感じました

 次回、第2話「大支柱崩壊-パージ-」


 クロックワーク・プラネット 第1話「運命の歯車-ギア・オブ・デスティニー-」。原作者コメント
 クロックワーク・プラネット 第2話「大支柱崩壊-パージ-」。原作者コメント
 クロックワーク・プラネット 第3話「真正面突破 -コンフリクト-」。原作者コメント
 クロックワーク・プラネット 第4話「虚数運動機関 -イマジナリー・ギア-」。原作者コメント
 クロックワーク・プラネット 第5話「撃滅するもの -トリーシュラ-」
 クロックワーク・プラネット 第6話「大深度地下層 -ディープ・アンダーグラウンド-」
 クロックワーク・プラネット 第7話「首都襲撃 -アタック・トゥ・マルチプルグリッド-」
 クロックワーク・プラネット 第8話「電磁式機動兵器八束脛 -ヤツカハギ-」
 クロックワーク・プラネット 第9話「空前絶後の犯罪 -クリミナル・アクト-」
 クロックワーク・プラネット 第10話「自動人形を繋ぐもの -プログレッサー-」 ※オープニング一部修正
 クロックワーク・プラネット 第11話「天才の理論 -セオリー・オブ・Y-」
 クロックワーク・プラネット 第12話「終焉機動 -スティール・ウェイト-【最終回】」