遊矢が、ユーゴらと“四重人格”で描かれる漫画版 遊戯王 ARC-V アーク・ファイブ 4巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ 前巻
ライディングデュエル編、劇的決着! 神とイヴとアダム、蓮たちの正体!!

Aaa_002
Aaa_004s-
Aaa_004 -
IMG_6683
IMG_6674
未来から来た強敵ライディングデュエリスト・蓮、その正体はまさかのユーゴの子孫
 彼こそ、本心では、偉大な先祖・ユーゴを尊敬し歓喜していたとか
 時を巡るだけに数奇で意外でした

 蓮の抱えた、“自分の人生を生きられなかった”過去、神さまって残酷だ…。

自分の人生
 本来、事故でチャンピオンになれず終いだったはずが、“事故が起きなかった人生”を提供
 自分は、素晴らしい人生を頂いてしまったから
 恩を返さねば
 と

 ユーゴ達もまた、「本来の人生」を歩めていない状況、って事なのか?

ペンデュラム召喚使い・ユーゴ消滅…? 第一の脱落者!

IMG_6687
 遊矢のサブ人格となった3人は薄れ、消え去りつつある。まずユーゴが脱落に。

あらすじ
 打倒・蓮! 消滅を悟ったユーゴは、己が持てる全てを遊矢に叩き込みデュエル中に消滅
 彼の残した手がかりで、遊矢は蓮の“白闘気双頭神龍”の謎を解き
 ライディングデュエルを制する

 蓮は、己の夢の為に、自分の運命を放棄した過去を語り、絶命

 赤馬もアイザックとデュエル開始
 アダムの因子とは、GODを覚醒させる為に必要なものだと聞かされる

 EVEは、ただ恋人アダムを取り戻したいだけなのだ、と

究極のアクションデュエル! ライディングデュエルの始まりだ!!

IMG_6693
IMG_6692
IMG_6691
 思いっきりツッコまれてますがな、ユーゴはん!

ライディングデュエル!
 ユーゴが、強い自負、愛を持ってるのが見てて快い!
 後に、彼がチャンピオンになるという話も
 眉唾じゃないですね

 対し、謎のデュエリスト蓮は、未来の最新Dホイール颯爽参戦!!

 やーいチート!
 と思ったけど、ここで手を抜くほうが失礼ってもんですよねッ!!

 まったく、男子ってばバカなんだから!

ライディングデュエリスト蓮、得意とするのは“輪廻シンクロ”!

IMG_6689
IMG_6690
 得意とするのは「ホワイト」と名の付くモンスター達!

海の怪物!
 下級として、ホワイト・モーレイ 、中堅にはシンクロ召喚・白闘気白鯨を使役する蓮
 白闘気、ホワイト・オーラ・ホエールの迫力が
 強キャラ感がある!

 破壊されても、墓地の「ホワイト」一体除外で復活、輪廻転生の大鯨!

 また特殊召喚に際し
 闘気の名の通り、フィールドのモンスターを全て破壊する効果持ち

 やっぱり、デカいもんは強いんですねえ

ユーゴ最後の死闘? クリアウィング・ファスト・ドラゴン召喚

IMG_6687
 多分、徐々に全員消えて最終戦で復活、後に身体を手に入れるのでしょうね

クリアウウィング!
 ユーゴは、得意のペンデュラム召喚を駆使し、エースのクリアウィングを召喚するも
 蓮のエース、“バイファムート”召喚によって窮地に立たされ
 解決策を残し消滅へ

 前々から、薄れつつあるメンバーは、まずユーゴから脱落

 後から思えば
 彼らは、「アダムの因子」を遊矢が持つから、同居できたんでしょうか?

 本来、消え去るはずだった運命を変えた的な?

蓮のエース 白闘気双頭神龍 ( ホワイト・オーラ・バイファムート ) !

IMG_6688
 その保有する効果に悩んだまま、ユーゴは後を託して脱落に

白闘気双頭神龍
 元ネタは、名前や設定からすると、魚の怪物「バハムート」のアレンジなのでしょうか
 蓮曰く、神に位置するモンスターとして謎めいた能力を発動
 正体は「二身一体」でした

 ホワイトモンスター2体として扱われる為、「白の鉄壁」の恩恵を受けやすい

 蓮が、“人生を切り替えて生きた”事と
 重ねた能力って感じ。

 この調子で、それぞれ「神」系モンスターを持っているんでしょうね

デュエル中、いきなり交代させられた遊矢!?

IMG_6686
 遊矢さんたちの遊び方が高等テクすぎる

役に立ったよ
 遊び、目隠ししている間にデュエルを設定、どういう状況か理解して解く!
 瞬発的な、理解力を鍛える為の「遊び」だったらしく
 人格交代に役立つことに

 マジシャン志望の遊びってすげーな!

時を再生する神”、GODに人生を授けられた蓮

IMG_6683
IMG_6685
IMG_6684
 その正体は、後に伝説的Dホイーラーとなったユーゴの、遠い子孫だった

神への恩返し
 蓮は、一世一代のレース中に事故を起こすも、「事故が起きなかった人生」を授けられ
 栄光に満ちた、偉大なチャンプとして80年の生涯を終え
 その後、EVE陣営に参加
 
 私はもう長い時を生きている 自分の本物の人生ではない時を…
(by蓮)

 人生をやり直したい瞬間
 誰にでも訪れる、その時にこそ、手を差し伸べる神が“GOD”なのだと。

 参加後は不老不死に、しかし負荷が“皺”となって蝕んだ模様

粒子加速器をレース場に選んだ理由! 仕込みは既に終わっていた!!

IMG_6682
IMG_6681
 やだ遊矢さんダーティー!

マジシャン大勝利!
 遊矢は、白闘気双頭神龍に苦戦するも、二身一体の真相を見抜いて一気に逆転勝ちに
 際し、「レースに向いている」という理由だった粒子加速器を
 デュエルに利用

 事前に、場に仕込みしといて勝つとか、やってる事が悪役っぽい!

 でもマジシャンだからね!
 事前の仕込みこそ、大切だから仕方ないね!!

 蓮さん、やはりユーゴと共に退場に。

「アダムの因子」、黒幕、GODの覚醒が引き起こす事態とは

IMG_6680
 遊矢と赤馬に宿った「アダムの因子」、これが揃えば、GODの完全復活するとの事

アダムとイヴ
 GODは、生真面目な蓮を利用したように、人々を誘惑して自分の手駒にしてしまう
 未来の世界で、赤馬の父が豹変したのも多分GODのせいで
 誰もがGODに踊らされてるのね

 真の力は、気付かぬうちに、人々がGODに支配されるというもの

 赤馬父が「自分の為」と奔走したのと同じ
 誰もが欲望を刺激され、結果、自分の為だと思いこみ、GODの手駒に成り下がる世界

 自分の意思を貫いた、それが遊矢父の一番偉いとこなのね

赤馬社長vsアイザック! 科学者対決の行方は…

IMG_6679
IMG_6678
IMG_6677
IMG_6676
IMG_6675
 赤馬は父の為、アイザックはEVEの為と思い、結果的にGODを利している…?

アダムの真相
 EVE陣営は、蓮同様に「未来(遊矢の時代)」の、そのまた未来から現れた者たち
 アダムとは、EVEの恋人だった研究者で
 彼がGODの発見者

 アダムたちは、立体映像の質量化、という赤馬達の技術を更に発展

 結果、膨大なエネルギー体“GOD”を発見し
 制御を図り失敗に

 新技術に「誘惑」され、楽園を追放されたアダムとイヴってワケね…。

アイザック『我々は… 愛で動いている

IMG_6674
 さすが愛ザックさんマジ愛。

EVE陣営の目的
 愛さん曰く、GODを覚醒させる気はない、あくまでアダムを探したいと供述するも
 それも、GODを利する「我知らず支配される」事案か
 愛が全て悪いのだ…

 恋人、アダムを取り戻したいEVE、ラスボスでなく救われるべき人か

 でもいずれ、GODに取り込まれラスボス化…
 とかやっちゃいそう。

 いや、赤馬がGODと一体化して、遊矢とラストバトルする流れか?

いきなりDDD超視王ゼロ・マクスウェル召喚! しかし…?

IMG_6671
IMG_6670
IMG_6672
 愛さん曰く、「難解にして複雑怪奇なデッキでね」との事

難解デッキ!
 多数のカードを一気に浪費したり、攻防ゼロの上位モンスターなど、特殊なタイプ
 次巻、赤馬社長に敗北、彼も消滅する流れと思われますが
 ここにきて喋る!

 黒幕然とした風貌なのに、ただの一途な愛の人だアイザック!

 横恋慕ではなく
 ただ、好きな人が好きな人と幸せになる姿を見たいアイザック

 お茶目さが見え始めただけに、不憫になってきた…!

収録

IMG_6673
 オマケページは、各エースドラゴン全身図。こんなだったのか。

 ジャンプコミックス「遊戯王ARC-V 4巻」。
 原案・監修:高橋和希/スタジオ・ダイス。脚本:吉田伸、漫画:三好直人、デュエル構成:彦久保雅博。
 月刊Vジャンプ連載、集英社発行。2017年10月(前巻2017年4月)

収録
 第20話「相手は俺だ!」
 第21話「遊矢の記憶!」
 第22話「不死の存在!」
 第23話「仕掛けバラし!」
 第24話「狙われる理由!」
 第25話「アダムとEVE!」
 特典カードは、蓮の白闘気双頭神龍 ( ホワイト・オーラ・バイファムート )

 表紙はユートと、ダーク・アンセリオン・ドラゴン! 暗い色調が格好良い

漫画版 遊戯王 シリーズ 感想

 遊戯王ARC-V 1巻“ペンデュラム召喚!”
 遊戯王ARC-V 2巻“ライディングデュエル!”
 遊戯王ARC-V 3巻“「零」だ!”
 遊戯王ARC-V 4巻 “我々は… 愛で動いている” ユーゴの消失…?

 遊☆戯☆王 ARC-V最強デュエリスト遊矢!! 1巻“これがオレのデュエル!エンタメデュエルだ!!”
 遊戯王ZEXAL 8巻
 遊戯王ZEXAL 9巻(完)
 遊戯王5D's 8巻(佐藤雅史)
 遊戯王5D's 9巻(完)