アニメ ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第1話 感想 レビュー やる気のないロクでなし 画像 ネタバレあり 4/20 末尾 予告パート追記公式はこちら
負けるが勝ち? タイトルに恥じない、見事なロクデナシだった!!

00369
00426
 夢破れたクズ主人公と、夢を追うガミガミ&優しい巨乳ヒロイン、3人が軸の魔術学園物!
 何だかんだで、最後まで自分の狙い通りにしてる辺り
 実力者なんですかね?

 負けて醜態晒せば、「自習でいい」「クビになりたい」って狙いは果たされるわけで

セクハラ!
 制服の露出も凄けりゃ、着替えシーンありと、初回からサービスカット満載!
 素晴らしい負け犬の遠吠えだった!

 ニートから始まる講師物語、やる気スイッチはどこだ!

エンドカードは、ガンダム界隈でもお馴染みの“美樹本晴彦”氏!

00475
 もう御歳57歳でも、下乳を忘れない御大さすが!

あらすじ
 アルザーノ帝国魔術学院、400年の歴史を持ち、今も帝国の魔術発展に寄与し続ける名門校に
 有力教授セリカが、19歳の“3階梯魔術師”グレン・レーダスをねじ込み
 自習を連発、生徒たちを困惑させる

 一ヶ月間の臨時講師、セリカに「働け」と命じられ、グレンは不本意だったのだ

 対し勤勉な生徒
 システィは、「ちゃんと講師をする」事をかけて決闘を挑む

 しかし結果分かったのは、彼が短詠唱すら出来ない、本物のロクでなしという事だった

 次回、第2話「?」

いったい なんだ? なにが おまえをそこまでさせるんだ?

00000
 この物語の始まりは、少年が読んでいた、“魔王と戦った魔法使い”の絵本
 魔法使いは、守るべき者の為に勇敢に戦い
 遂に魔王を打ち倒した

 が

『ぼくには まもりたいもの まもるべきものがあるんだ!』

00001
00002
00002
00003
00004
 少年は、おさげの髪をした誰かに見守られていて…

少年期の終わり
 夢中で読んだ少年は、魔法使いみたいになりたいと、幼い憧れを抱くのだったが
 時が過ぎ、夢を諦めてしまう
 と

 正義の魔法使いに…、なりたかった

 Fateを連想しますね
 主人公にも、純粋な頃があったんだよと

 絵本に何か叩きつけてますが、枯れ木を積んで、燃やしちゃったんでしょうか?

 夢は灰へ、しかし灰、灰汁は料理に使ったり色々便利ですが…?

本作は「アルスラーン戦記」も制作した、ライデンフィルム社担当です!

00005
 空に浮かぶ空中の城! こういうのって大好きですね!! ここが舞台か?
 と思いきや、眼下に臨む学園都市が舞台
 中世ファンタジー!

 このお城、果たして何なのか…?

『ちょっと…、良いですか? …“天使の施しあれ”』

00006
00008
00009
00010
00011
00013
00017
00019
00021
00024
00026
00027
 城から突き出してるのは石で、クルスタルみたいな、透明感あるものではないらしい

アルザーノ魔術学院 
 舞台は、アルザーノ帝国・南方のフェジテ、400年前に“魔術学院”と共に生まれた学究都市で
 国を、魔術大国へ発展させた由緒ある街
 で

 本当は、魔術を学院の外で使うのは禁止なので、内緒にしてくださいね?

 魔術の使用は制限
 相応に、危険な代物だって事なんでしょうね

 いかにも育ちの良さそうな少女が、禁を破って癒してしまう場面からスタート

 癒しは「神の奇跡」じゃなく、魔術扱いの世界観か

ルミアーーっ!

00029
 以上のような学院の割に、実にセクハラ極まりない制服である…!
 PV当初、てっきりセクハラ服だと思ったら
 まさかの制服

 何の疑問もない様子で、歴史の古さを感じさせますね!(迫真)

『では、ごきげんよう♪』『魔術の勉強、がんばってな?』

00031
00032
00033
00034
00036
00036
00037
00038
00039
00041
 システィーナお嬢さまを置いていくなんて、しがない居候の私には出来ませんわっ

家族だから
 学院は古いが、単に「教えを広める」だけでなく、魔術を研究・発展させる場でもあるという
 大学院完備、まさに国の宝なワケだ!
 で

 そーいうの、冗談でもやめてよね! …私達は家族なんだから

 銀色子が貴族様
 金髪の、ルミア子さんが居候(平民?)

 町中でセクハラ制服が、ゆる百合っとした雰囲気を醸すとか、実に学術的な街だわ…!

 やめてよね!

なお、システィーナお嬢さまの顔に、何か見覚えがあると思ったら?

00043
 原作挿絵はこの素晴らしい世界に祝福を!」と同じ、三嶋くろね先生!
 なので、どっか似た印象を受けるんですね
 不思議と。

 ちなみに女性作家さんで、白髪娘をこよなく愛し描き続けるという…!

ルミア『でも珍しいね? システィが忘れ物するなんて』

00045
00046
00047
00051
00053
 ヒューイ先生、なんでやめちゃったのかなぁ…

ガール・ミーツ・講師
 ラもといシスティーナお嬢様は、熱心な講師だった「ヒューイ」が突然辞め、ちょっとショック
 そんな時、怪しい男と出会ってしまうのだった
 と

 うおおおおおお! どけえ! ガキ共ーー!!

 明らかに主人公だコレ!
 突然辞めた、前講師って気になりますね

 やけに良い先生だった、と強調するあたり、悪い人だったってオチなんでしょうか?

 とまれ

システィ『大いなる風よッ!

00054
 おいちょっと、魔法禁止の原則どこいった!
 あーん主人公が死んだ!
 この人でなしー!

 規則ユルユルか! ゆるゆりか!!

システィ『…あ』

00056
00059
00060
00064
00067
00068
00071
 やだ、服のシワとかめっちゃ作画がんばってる…!

この後めちゃくちゃ絶叫した
 貧乳お嬢様は、とっさに「男」を魔法でフッ飛ばしてしまったが、男はどこ吹く風で復活!
 やだ、女子高生(?)相手にセクハラだわ!
 で

 フッ…、大丈夫だったかい、お嬢さんたち?

 ちなみに19歳くらいらしい
 若いな!?

 つまり女子高生(?)なら、くどいても犯罪じゃないのかもしれない!

 なお絶叫された模様

『遅い…』

00073
 そして明らかに「講師」を待つ女性、ああ、それで急いでたんでしょうか
 遅刻だろうと、気にするタマじゃなさそうだしね!
 ハハッ!

『ダメだよ、システィだっていきなり魔術を撃ったじゃない』『…ごめんなさい

00074
00075
00078
00081
00084
00085
00089
00090
00092
00093
00095
00096
00098
00099
00100
00101
 フン! まあ仕方ないな、俺はちっとも悪くなくてー

ルミア=ティンジェル
 基本クズなので! 一方的に調子に乗る「男」だったが、ルミアに覚えがあったらしい
 あっという間に、華麗なセクハラに!
 で

 いや…、お前…、どこかで?

 貴族の家の居候
 その境遇と、何か関係あるんでしょうか

 にしても、頭を下げると、ますます胸がぱっつんぱっつんである。

 いや、どこがとは言いませんが(言いませんが)

システィ『…って! 何やってるんですかーー!!

00103
 不可解な! こんな超ミニスカなのに、風魔法を好んで使うとは!!
 実に、鉄壁のミニスカート!
 ガーダーベルト!

 システィーナお嬢様は、ルミアを守るナイトなんだね!

システィ『女の子にむやみに触るなんて信じられない! 最低っ!!

00105
00107
00108
00110
00112
00114
00115
00116
00118
00119
00121
00123
 すごいやお嬢様! 初対面で彼が最低だと本質を突くなんて!!

ハーレイ・アストレイ
 無論、彼が「非常勤講師」で、特に前髪が後退したハーレイに、赴任前からツッコまれる始末
 しかし、“セリカ教授”の推薦ゆえに逆らえぬらしい
 で

 むしろ、ロクでなしだろう

 タイトル回収すんなし!
 無論、「講師」は最初の授業にも大いに遅刻

 いまや遅しと待つ生徒たちに、どんな人物なのか、と想像を逞しくさせたようで

 今時、グルグル眼鏡がいる!?

違います、人違いです

00124
 というワケで、生徒と講師として顔合わせの直後、スッと顔を背けるファンサービス
 めんどくせーなこの非常勤!
 僅か一ヶ月!

 アレか、アニメ版最終回は「正規講師に格上げ」エンドだな、きっとそうだ!

挨拶はいいから、早く授業を始めてくれませんか!

00126
00130
00131
00132
00135
 まァ…、そりゃそうだな。仕事だしな?

グレン=レーダス
 どっかのサラリーマンみたいな事を言い出し、生徒に叩かれて、授業を始めるグレン
 一方、ハーレイの追及は未だ続いてた
 と

 ハァ? たかが“第3階梯”の三流魔術師が講師ィ!?

 本来は最低4階級
 魔力のメモリ、キャパシティ(容量)共に普通

 何かの魔術に秀でた適性もなく、とにかく、平々凡々天々丼々というところ

 ウム、実に主人公じゃのう!

『彼は、我が校の優秀な生徒に、教える事が出来るんですか? よもや、自習でお茶を濁したりは!

00137
00138
00139
00141
00142
00146
00148
00149
00152
00154
00155
 本日の授業は自習にしまーす…、眠いから

愚者の楽園
 しかも教職免許もなければ、学院の卒業さえしていない! 冒頭、少年時代は憧れが強かった為か
 11歳で早期入学、だが15で去ったという
 で

 魔術師の風上にも置けない、愚か者ではないんですか!?

 空白の4年間
 察するに、冒頭「正義を諦めた」頃か?

 ともあれいきなり自習宣言し、システィにツッコミを受けるファンサービス!!

 アレか、免職狙いなのか?

“セリカ教授”『言ってくれるじゃないか』

00156
 特例尽くしの原因は、やはり、彼を待っていた金髪グラマラスのセリカ教授
 という事は、見た目通りの年齢じゃないのか
 見た目が若いのか

 さあどっち!

『私の事を、いくら悪く言おうと構わないが、私の前で、あいつを悪く言うのは許さん…!

00158
00159
00162
00163
00165
00166
 ハーレイ君の反応の方が、普通だろうな?

セリカ=アルフォネア
 脱兎のハーレイ、「リック学院長」はグレンを一切知らず、セリカへの信頼感から採用したらしい
 セリカさん、よほどの実力者らしい
 で

 キミにとって、彼は何なのか? 聞いていいかな?

 恋人かい?
 とは、誰しも思うところ

 しかし色恋でもないし、特殊な因縁でも何でもない、前世の恋人とかそんなんでもない

 彼女が、グレンを強く推す理由は…

セリカ『ただ…、アイツに活き活きとして欲しくてな…』

00002
 ここで再び冒頭の画像、察するに、彼女はグレンの育ての親でしょうか?
 幼い頃、あれほど正義の魔法使いに憧れた少年が
 腐ったのが悲しいのか

 空白の4年、さて何があったのでしょうか

生徒一同『『『あんなに、活き活きしてない人を見るのは初めてだ…』』』

00167
00168
00169
00171
00172
00173
00175
00176
00177
00178
00181
00183
00185
00186
 え、えーと、先ほど紹介下さった「ルーン語」の呪文ですが、共通語への翻訳が良くわからなくて…

無気力試合
 その当人は、字が汚い・要領を得ない・目が死んでる・エレガントでないと生徒たちを翻弄
 中には、くじけず質問する生徒も
 が

 あー…、俺も分からん! すまんな、自分で調べてくれ

 すまんな(謝罪)
 字が汚い、ってのは素か?

 こうなると基礎学力も低そう、テーマが「講師」なら、実戦的な発想に優れるパターンか?

 目! 死なずにはいられない!!

グレン『ひょっとしてお前ら、まだ辞書の引き方おそわってねーの?』

00188
 言うに事欠いて、上から目線にも程があるよクズ講師!?
 知りたいなら、自分で辞書引いて調べろ
 と

 また優等生さんキレてる!

めがねの人『本物のロクデナシだ…』

00189
00192
00193
00196
00000
00001
00002
00198
 なんなのあいつ! やる気なさすぎよー!!

ドクズの錬金術師
 大丈夫! スタッフのやる気は、今この着替えシーンに費やされてるから! と言わんばかり!!
 いわく、錬金術実験は着替えるらしい
 で

 胃に穴が開きそう~~

 胃にも穴があるんだよな…
 もとい、既に「胃潰瘍」が知られているだと…!?

 ちなみに、夏目漱石は胃潰瘍で亡くなったが、日本初の同出術は彼の死後2年後であった

 やだ初回から着替えシーンだわ!

システィ『これは…、癒しが必要だわッ!

00201
00202
00205
00203
00207
00208
00209
00211
00213
 はあ…、やっぱりルミアの身体は気持ちいいなぁ…、肌が白くて奇麗できめ細かくて…

圧倒的常習性
 秘技、こんなの漫画の中にしかないシチュだよ堂々の第一位、着替え中スキンシップ!!
 セクハラ! セクハラじゃないか!!
 で

 うーん…、なんか順調に育ってるわねー…

 なお常習犯の模様
 いぬの おまわりさんこっちです!!

 システィ自身は生育状態が悪く、金の巨乳天使と、銀の貧乳ガミガミらしい

 完全に感じてるじゃないか!

『あー、めんどくせえ! ったく錬金術ってのは何で着替える必要が…』

00217
00219
00220
00221
00222
00223
00224
00225
00227

 あー、待て! 俺は常日頃、こういうお約束展開について物申したい事がある!
 どうして慌てて目を背けたり、手をひっこめようとしたりするんだろう
 ってな!

 たかが女の裸をチラッと見るのと、ボコられるのが等価交換なんて割に合わねーだろ!

 どう考えても!!
 だから俺は、この光景を目に焼きつけてッ!!

00231
00232
00234
00237
 結局…、錬金術実験も休講だなんて…

等価交換の原則(物理)
 しかしグレンさん、どこで「お約束展開」だって知ったんだ…、ってのはともかくとして
 実は、“天空城”はシスティの目標らしい
 と

 メルガリウスの天空城の謎を解くって…

 立ち入れないのか
 それとも、入れるけど何かあるのか

 城の謎を解く、そう祖父に約束した事が、今もシスティを突き動かしているらしい

 目標の為、頑張っているのね…

『しっつれーい♪』『! あなた!!

00238
 一方、夢を失ったらしい青年、遠慮会釈なく座ってくるファンサービス!
 彼女らを気に入ったの!?
 マゾなの!?

ルミア『あの、先生すごくたくさん食べるんですね? 食べるの、好きなんですか?』

00240
00241
00243
00249
00251
00253
 豆の旬なんだ、と嬉しそうなグレン、こういうとこ好きです

午後への紅茶
 ただグレン、「食べるのが数少ない趣味」というくらいなので、割りと無欲な人なんでしょうか
 その点、ルミアと意気投合した模様
 が

 私は、午後の授業が眠くなるから、そんなに食べないだけですっ!

 食べると消化系に血が回り
 また、覚醒効果のある「オレキシン」分泌が減るとも…

 しかし美味しそうに食べるルミアの恵まれた体格、小食システィの貧乳、因果を感じる…!

 やだ、豆が食べたくなってきた!!

『けど、この後も先生も授業だったら、もう少し食べても支障はなさそうですが?』

00258
 意訳:どうせ下らない授業だから、眠くても問題ないよねっ!的な
 システィ、ケンカ売ってる!
 めっちゃ見てる!

 周囲に、めっちゃ注目を浴びているッ!!

回りくどいな、言いたい事があるなら、ハッキリ言ったらどうだ?

00261
00262
00263
00266
00268
00269
00275
00276
00278
00279
00280
00283
00284
 分かってるって? お前も食いたかったんだろ? この いやしんぼめっ!

いやしんぼ
 誤解か、はぐらかしたのか、豆を突っ込まれたシスティは今回で一番可愛かった!!
 何だこの子、美味しそうに食えるんじゃないか!
 で

 代わりにそっちも寄越せ

 って、二個しかねーのに!?
 慈悲は無い!

 涙目で咀嚼したシスティの可愛さ! 一方で、「非常勤だけどな」と寂しげなグレン

 彼が、魔術講師となったのは…

“回想”『分かるだろう? 俺は、誰かに教える資格なんてないさ…』

00285
00287
00289
00291
00295
00297
00298
00300
00302
00304
 養ってください! 俺、絶対働きたくないんですーーーーーーー!!

獅子は我が子を働かせる
 あれは猛虎落地勢! 怒る相手に身を投げ出す様、崖から落ちた虎が痛がる姿の如し!!
 しかし、セリアの怒りは留まる事を知らず…
 と 

 次は外さん…!

 養って!
 誰か、私を養って!!

 グレンの儚い希望を摘み取ったセリア、だがやる気を出さぬ彼に、深いため息をつくばかり

 彼なりに、思うところもあるようですが…?

『じゃー、午後の授業始めるぞーっ』

00305
 なおグレン、午後はさらに悪化し、自習の嵐で生徒を閉口
 もう給料払うだけバカバカしい!
 で

『あまり言いたくはないのですが…』『じゃあ、言わなくて良いぞー?

00306
00307
00309
00311
00314
00318
00319
00322
 私は、この学院にそれなりの影響を持つ、魔術の名門フィーベル家の娘です! 父に進言すれば

絶対に!
 冒頭の通り、生まれをひけらかすのは嫌いなシスティ、しかし堪りかねた彼女は主義を曲げ
 真面目にやらぬなら、父に進言する
 と

 良かった良かったー、これで辞められるゥ~

 その結果がこちら
 講師は、「辞めさせてくれるの?」と!

 穿った見方をすれば、こうなる事を期待して、やる気なんか出さなかったんでしょうか

 絶対に働きたくないでござる!

ルミア『システィ!

00324
 痛ってぇ~…
 グレンの声、完全にヤンキー

 手袋を投げる!
 すなわち、決闘の申し込みである

あなたに、それが受けられますか!』『…お前、マジか?』

00325
00327
00329
00330
00331
00334
00335
00337
00339
00341
00343
00347
00348
00349
00350
00354
00355
00356
00357
00360
 フィーベル家の次期当主として…、あなたのように魔術を貶める輩を看過する事は出来ません!

貴族
 システィの動機は、自身の夢、また「魔術の名門」として実家・魔術、両方に誇りを持つ故
 対し、グレンは一瞬の回想から受諾する
 と
 
 こんな黴臭い儀礼を吹っかけてくる骨董品が未だに生き残ってるなんてなぁ

 正義の魔法使いを諦めた男
 対し真っ直ぐに、「家門・魔術」を誇る少女

 やる気のなさからして、“魔術を貶めるな”って部分が気に障ったんでしょうか

 高原育ちみたいな回想は…?

眼鏡の人『面白すぎだろう♪』

00361
 むしろお前こそ一番面白いよ! どんだけ楽しんでるの!?
 講師と生徒で決闘
 と

 なんて、もちろん前代未聞との事

グレン『ただし、さすがにお前みたいなガキに怪我させるのは気が引けるんでねェ?』

00362
00365
00369
00370
00372
00373
00377
00378
00381
00383
00386
 使える魔術は、ショックボルトのみ、それ以外は禁止だ!

前提は2つ
 この決闘、ポイントは「グレンは教師」で、生徒は“彼は魔術の達人だ”と思っている事でしょう
 システィ自身、負ける覚悟で勝負に臨んだ
 と

 一番最初に習う、初歩中の初歩

 お題は基礎の「電撃」
 3節の呪文を、普通は一節まで縮めて発動する

 短い分だけ誤魔化しが利かず、彼が、高速詠唱に自信がある証に違いない、

 眼鏡の人、解説までこなすのか!

システィ『(引くわけにはいかないのよ、システィーナ…!)』

00389
 特にシスティ自身は、「痺れる程度」とはいえ、電撃と敗北に怯え
 それでも、ここで曲げてしまうのは
 自分らしくない、と

 エロ制服で、敗北を舐める覚悟…!

システィ『行くわよ! “雷精の紫電よ”!』

00391
00392
00394
00400
00405
00408
00409
00411
00413
00415
00416

 あ゛ーーーーーー!?

 な…、なかなかやるな
 まあ良い、一本くらいはくれてやる。これは三本勝負だからな!

 そうでしたっけ!?


00421
00422
00424
00425
00426
00427
00434
00436
00437
00439
00440
00442
00444
00445
00447
00450

 さーいくぞ二本目だ!
 雷精よ、紫電の衝撃以て

 雷精の紫電よ!

 あ゛ー!?
 ほー、まーさかまさかこれほどとは…!

 5本勝負だからって、ちょぉっと遊びすぎたなぁ反省反省ー!!

 待て!
 あれ見ろ!!

 かかったアホが! 雷精よ紫電

 雷精の紫電よ

 そもそも呪文を省略するなんて邪道だからな!
 別に、出来ないから、そー言ってるわけじゃないからなー!!!

 出来ないんだ…

 とにかく、決闘は私の勝ちです! だから私の要求通り、先生は明日から…


00452
00453
00455
00456
00458
00464
00465
00466
00469
00470
00472
00473
 あっれー? 何か約束したっけー? ボクわかんなーい♪

負けるが勝ち!
 てなワケで、「一節詠唱できないダメ魔術師」「負けず嫌い」「約束も守らないクズ」と生徒に周知し
 グレンは、最高にかっこ悪い風評を手に入れた!
 と

 心底、見損なったわ…

 ホントに出来ないんですかね?
 実際、勝っても得しない

 生徒相手に約束を守って、必ず学校にバレ、授業やれって怒られるに決まってますし

 先生ってば、むしろ一人勝ちじゃん?

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2017年4月4日 第1話「やる気のないロクでなし」

00337
 らきすたやSHOW BY ROCK!!、チャイカなどのベテラン構成、待田女史脚本!

スタッフ
 脚本:待田堂子(シリーズ構成』
 絵コンテ:和ト湊(監督)
 演出:高藤聡
 作画監督:藤澤俊幸 / なまためやすひろ
 アニメ制作:ライデンフィルム(アルスラーン戦記/テラフォーマーズなど)

あらすじ
 アルザーノ帝国魔術学院に赴任したグレンは授業もせず居眠りばかりのロクでなし。
 優等生のシスティーナはそんな彼に耐えきれず「まともな教鞭」を求めて決闘を申し込む。

エロ制服とクズ講師、次回予告はありません! カウントダウン可愛い!













00408
00424
00475
 つまり彼は、女子高生に蔑んだ目で見て欲しかったんだよ!!

自由を目指して!
 まずは評判を下げるだけ下げるタイプ! 失うものは何もない、いざ自由なるニートへ!!
 冒頭や、経歴でしっかり「昔の彼」を挟んできてるので
 分かりやすい感じですね

 これでホントに最弱、真性クズなら、一周回って新しいよって感じ!!

 夢見る生徒と挫折した教師
 銀髪貧乳ヒスと、優しい金髪巨乳と対比バッチリ!

 たとえ胸中に何かがあろうと、グレンさんのクズ道に期待ですね!!

 次回、第2話「ほんのわずかなやる気」

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」第2話「ほんのわずかなやる気」予告

00000
00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00011
00012
00013
00014
00016
00017
00018
00019
00021
00022
 公式WEBにて配信中! 完全新規ショートコン…、もとい予告!

聞いたぞグレン!
 予告では、決闘に負けたグレンに涙し…、かと思えば「好きな焼き芋、作ってやるから」とあやし
 せめて、予告くらいはさせようと奮闘するセリカさん!
 ホント母!

 次回最終回、グレン先生、最後の授業!

 なのに終わらせるグレン!
 なのに、「よく出来たぞ」と涙するセリカ!!

 セリカ女史、どんだけ甘いの!?

 だがそこがいい


 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第1話「やる気のないロクでなし」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第2話「ほんのわずかなやる気」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第3話「愚者と死神」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第4話「魔術競技祭」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第5話「女王と王女」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第6話「邪悪なる存在」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第7話「星降る海」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第8話「愚者と星」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第9話「生きる意味」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第10話「逆玉!?」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第11話「決戦! 魔導兵団戦」
 ロクでなし魔術講師と禁忌教典 第12話「見つけた居場所【最終回】」