リトルウィッチアカデミア 第14話 感想 レビュー 考察 ニューエイジマジック アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
立った! 火のないところに煙が立った!! 敏腕ハイテクセールス・レディ、クロワ登場!

00156
00239
地味で世渡り下手なアーシュラと対を成す、派手で有能でド汚い女教師、クロワ登場!
 手柄も誇らず、ダイアナの失言に突っ込む成長を果たすも
 アッコ、いきなり騙された!

 すごいや! あのフィネラン先生が、頼みの綱に思える展開になるとは!!

若いって、つらいっ!
 シャリオのひどい扱いや、アッコの華麗な転身とか、うえのさん脚本面白すぎる!!
 クロワのトークの、通販番組感も堪りません

 面白い上に次が気になる! ただしドアップが多い回だった!!

ただし今回、魔女は破滅へ転がり出した可能性も

00247
00250
 魔力の奔流レイライン、そこから汲み上げたものが「魔力」の正体

仮定として
 サラッと流しましたが、SSSが根こそぎ汲み上げてしまうなら、「世界全体の魔力」が更に枯渇
 また、「政府は魔女に懐疑的」という前提を思うと
 助成金も気になります

 クロワは魔法の未来を口にしましたが、「良くしていこう」とは言っていません

 魔女を終わらせる為の助成金って可能性も
 実際、新OPでは、「アンドリュー以下、近代文明」とも険悪らしい描写もありますし…

 ブルームーンでは、魔女狩りっぽい“未来視”もありました

アッコとダイアナ、シャリオとクロワ、似た者同士と「未来像」

00022
00023
 昔はクロワが眼鏡で、今はシャリオが眼鏡、意味深ですね

似たもの師弟
 アッコは「魔法で楽しませたい」けど、同じ夢を持った先輩、シャリオは挫折しています。
 では、「魔法復興」を願うダイアナに対し
 クロワは?

 彼女も同じく魔法復興を願い、挫折した仮定したら?

 この辺の符合からも、魔法終焉に動いてる印象を受けます

『やめてェ!』『よしてェ!』『さわらないでェ!!

00294
 まさに、やめてよしてさわらないでアカがつくでしょー、あんたなんか嫌いよ、顔も見たくないフンッ!

あらすじ
 11月新学期、「妖精」達がストライキを起こし、彼らには生命線である魔導石の割りあて増を要求
 新任教師クロワは、魔導石を有効活用するSSSを提案するが
 伝統を重んじる教師陣はこれを拒否

 しかしストは暴動化し、クロワが“SSS”で鎮圧してしまった。

 ルーナノヴァは近代化へ舵を切る
 しかし実は、スト自体、クロワが仕組んだものだったのだ

 アーシュラは「旧友クロワ」との再会に愕然とし、そうと知らぬアッコはクロワに傾倒してしまう

 次回、第15話

アーシュラ『言の葉が、甦った…

00000
00001
 長い間失われていた、“アルクトゥルスの言の葉”を、アッコが三つも甦らせたんだ…

シャリオ
 巨石文明に生まれ、七世紀、ナイン・オールドウィッチが「アルクトゥルスの森」に封じた奥義の鍵
 第1話、第11話12話に教えた3つ
 が

 とうとう、アッコに話す時が来たんだ

 遂にその時が
 ただ、全てアーシュラが伝えてます

 単なる言葉でなく、ロッドの持ち主が「体現する」必要があるのでしょうか?

 シャリオは、それが出来なかったのでしょうか?

眩しいシャッター切るように 刹那を写して 作り上げる 名もなき 一つのストーリー

00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00022
00023
00025
00026
00027
00028
00029
00031
00032
00033
00035
00037
00038
00039
00040
00041
00042
00043
00044
00045
00047
 私達は誰だって ヒーローになれる 可能性を秘めた存在 そうでしょう?

MIND CONDUCTOR
 後期OPの歌詞も、夢への衝動に突っ走る! けど更にバトル物を思わせるヒロイックさだ!!
 まるで、アッコが生徒を率いる側に?
 と

 まだ私が知らない 私に出会う為 決めたよ 一生だ

 すれ違う二人
 かつて、シャリオが友達と別ったように

 けどアッコとダイアナは、冒頭の3人のように、ガッチリ手を繋ぐことが出来るから…?

 めっちゃバトル作品になった!?

『万聖節も終わると、一気に秋だねェ~♪』

00048
 あれ一話見逃した!? 万聖節とは、「諸聖人の日」の古名で、実在するカトリックの祝日
 その名の通り、全ての聖人と殉教者を記念する日で
 典礼歴で11月1日

 ちなみにハロウィンは、この日の前の晩、「Hallow Eve」がなまったものとされる

 キリスト教伝来以前からの、精霊を祭る日だったのだそうな。

『今日から新学期だから、新しい先生が来るらしいよ?』『新しい?どうせ百歳とかでしょ』

00049
00050
00051
00056
00057
 あの魔法、また見せろよアッコ~。いいじゃねーかー、減るもんじゃねーし~

功績以上の
 前回、月光の魔女という「称号」こそ逃したものの、アッコは確実に“一目置かれる存在”となった
 前代未聞を、やってのけたのだから
 が

 強い結界が張られてて、普通は入れないみたいだケド

 アッコは自慢しない
 今までなら、鼻高々でしたでしょうに

 成長はロッドにも向けられ、“大事なとき”のみ、心に反応する事も理解していた

 アッコさん、見違える成長じゃあないか…

アッコ『いつか、シャリオに会えたら全部解るような気がするんだ…』

00058
 ロッドがアルクトゥルスで見つかったものだと、ダイアナも知る事に
 彼女は、杖が奇跡を起こす場面も目の当たりにしており
 疑惑は確信へ

 ダイアナは魔法復興を夢み、OPでも「新教師」側だと示唆されていますが…?

『せんせー、おはよーございまーすっ! お話って何ですかー?』

00059
00062
00066
00068
00069
00071
00072
 とても大事な話をしようと思うの。よく聞いて? あなたの運命にも…

ストライキ自由
 実は、当のシャリオに毎日教えてもらっているアッコだが、遂に正体を明かす時が訪れた!!
 ところがぎっちょん、大騒動!
 と

 持ち場に戻りなさい! こんな事をして、ただではすみませんよっ!!

 妖精が仕事を放棄!
 前回や、4話のように「彼らの仕事」は不可欠!!

 何と労働組合を設立、「要求」を突きつけてきたのだという

 入れ知恵の匂いがするぜ!

『料理、洗濯、掃除もストップしています!!』

00075
 以前、白龍に奪われた時のように、妖精たちは“魔導石”で動いています
 各種魔法同様、石から魔力を供給されないと
 彼らは動けないのです

 そこで彼らは、より多くのエネルギーを寄越すよう要求した、と

『何とかならないの…?』『なりませんっ!

00076
00077
00078
00079
00082
00083
00084
00087
 あら、見事な右肩下がり……

私にいい考えがある
 昔は、世界に魔力が満ちていましたが、次第に減少して「魔導石」で代替するようになりました
 その石の力も、年々衰えているのです
 と

 余分なエネルギーは、残っていませんっ!

 校長が可愛い!
 その彼女が、何とナイス提案を

 いわく卒業生の中に、魔導石を使った農業など、「石」を持っている元生徒が少なからず居る

 彼らに、ほんの少しずつ融通して貰えればと

『そんな重労働!』『私達、老いた魔女にはとてもとても…』

00089
 むろん、カツカツなのは「卒業生」らも同様、だからこそたくさん回ってこよう
 たとえ少なくとも、いっぱい頼めば何とかなる!
 後は勇気で補えばいい!

悪い校長『そうねぇ…、私達では……』

00090
00091
00092
00094
00099
00101
 若いって…、つらいっ!

おかしい!
 そこで、白羽の矢のダイレクトアタック! 若き魔女教師アーシュラが方々を飛び回る事に
 アーシュラ、cv日高さんが変わらず可愛い
 で

 味覚魔法で、目玉が飛び出るマズさにしたのに…、おかしい

 告白はしばらく延期に
 一方、生徒の給食もスープ一杯に縮小

 なのにスーシィ、貴重な魔力を貴重な食料へ、アッコへのイタズラに使おうって始末!!!

 そりゃ、エネルギー足りなくなっちゃうよ!!

魔法が、使えない…?

00103
 しかし普通に飲んでるアッコ、他も生徒も日常的に魔法を使っており
 急に使えなくなって、あちこち困惑
 と

 学ぶのは大事だが、そりゃエネルギーが足りんわ!

『コラやめろ! そこの妖精ーーーっ!!』

00104
00105
00106
00108
00110
00112
00114
 おーっと! “魔法遮断材で”魔導石を覆って、魔法を使えなくしているぞーっ!!

実力行使!
 やはり原因は妖精、魔導石を周囲と隔離する事で、エネルギー流出を抑える行動に出たのだ
 そりゃ、魔法が使えなくなるワケよね!
 が

 おーっと! これは一体、何が起きたーーーーっ!!

 急に風が来たので!
 アッコを救ったのは、飛行メカ!!

 そうか、コンスタンツェ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュバンク=アルブレヒツベルガー!

 この状況、彼女の一人舞台じゃないか!!

校長『そうだった、今日は新任教師として、クロワが来る日だったわねえ!』

00116
 と思ったら、親方! 空から新任教師が!!
 OPでシャリオと背を向けあってる人が!
 多分

 第12話での「過去、魔法祭の練習中のシャリオと話していた人」が!!

クロワ『校長先生、お久しぶりですっ』

00118
00119
00121
00123
00125
00124
00127
 これは、“マジクトロニクス”を駆使して作った魔導ユニットよ。ま、進化したホウキって感じかしら?

マホウミライ
 担当科目は「現代魔法」、純粋な機械ではなく、魔法を使った道具なのは変わりないらしい
 実は後述する、“SSS”搭載機であり…
 で

 興味がある日は私の教室に、一緒に、魔法の未来を考えましょう!

 若き革命児!
 って、感じの魔女ルンバ先生!!

 OPではダイアナと重ねてましたが、それも納得、「魔法の未来」を考えている人物

 憂う人は多いけど、「考える人」は少ないのよね

アッコ『魔法の…、未来?』

00130
 退化してんじゃん
 あらやだ!

 魔法ルンバで掃除を担うも
 ストライキは継続、「魔法節約」の状況は変わらなかったと

 タイミング的に、怪しい人ですしねえ

アッコ『それにしてもクロワ先生、かっこよかったなっ! 現代魔法ってどんな授業なんだろう?』

00131
00133
00136
 滅亡の始まりじゃ!/始まりませんよ?

革命問題
 一時の輝きの後、すっかり地味になったシャリオに対し、クロワは明確に「カッコイイ人」として登場
 衰退に対し、科学と融合する“進歩”を図る
 が

 これ以上、“問題”を持ち込まないようお願いします! クロワ先生

 対するは堅物コンビ。
 守旧派の鬼と、「古き魔女」そのものの二人!

 授業用タブレットの使用や、新月の塔への機材持込を咎められるクロワですが…?

 この明るさ、昔のシャリオみたいだわ!

『う゛……』

00138
 寒いっ!
 寒いのかよ!
 意外!

 そうか「これから11月」なのが、効いてくるワケじゃのう!!

アッコ『ちょ、ちょっとちょっと何これー!?』

00139
00141
00140
00142
00143
00145
 お湯も出ないし、お風呂に入れなくて力尽きてる…

おゆぼ
 あら、ちゃんと鼻声でしゃべってるのが細かい! “使用人不在”が、自活できない生徒を阻む上
 生活面でも、魔法頼みだった事をクッキリハッキリ露呈!
 と

 呪文の暗記にあてられます!

 トドメはコレだ!
 パイじゃなくて、タルト!!

 魔法が使えない以上、授業も、クッソつまらない座学of座学に突入してしまう

 大惨事! 大惨事になってるわ!

『話つけてくる! ストライキなんか辞めるように!! 』

00147
 ロッテ、通訳お願いっ!!
 さすがアッコさん即断即決問答無用!
 ロッテも巻き込まれた!

 なんてスムーズな展開なんだ!

アッコ『いーい! よぉく聞きなさいッ!!

00149
00150
00151
00153
00154
00155
00156
00158
00159
 われわれはー! きゅうりょうとして、エネルギィ使用量アップをようきゅうするー!!

メイクマイデイ
 そこであっさり逆説得される辺りが、アッコのアッコたる所以というか、実にもうアッコである
 話を聞くうちに、説得されてしまったらしい
 で

 給料よこせー! 魔導石を使わせろー!!

 嗚呼、万国の労働者よ立ち上がれ!
 遅かりしメーデーが!

 まるで、最初からそっちだったかのようなアッコ、もうこんなん笑うしかない!

 でも、「妖精と仲良くなった」のは大きいですよね

????『いい加減にしなさい!

00160
 あなた達、ルーナノヴァがなくなってもいいんですか!
 もー、ダイアナはいつもド正論しか言わない…
 無理は言わない…

 その点、アッコさんと真逆ですよね

『魔女が魔導石を使うのは、学校の存続の為にもなります、あなた達だって仕事がしたいでしょう? 仕事場がなくなったら、暮らす場所もなくなってしまいますよ?』

00164
00166
00167
00168
00169
00172
00173
00174
00176
00179
 ぶるじょあにー! ろうどうしゃのきもちがわかるかー!!

たった一つだけの冴えたやり方
 さすが借金事件でも、理路整然と対応したダイアナ、彼女の言葉は確かに「正論」なのです
 唯一、理にかなったやり方だ
 と

 き・ぞ・く! き・ぞ・く!! き・ぞ・く!!!

 対するアッコ感情論!
 ダイアナさー、広い部屋に住んでるんだよねー

 ってこないだの変身騒動、こんなところでネタになっちゃうの!? 面白い所で繋がった!!

 グムー、やはり泣く子には勝てぬのう地頭マン!

『魔法祭で、あなたを少しは見直したのに、どうやら私の間違いのようですわね…、!』

00180
 怒りか気恥ずかしさか、真っ赤&真っ黒顔で怒るダイアナという貴重なワンシーン
 それでも、自分の言葉に「気付く」のが賢い
 本当に誠実だと思う

 いつもの名調子に戻ったダイアナだが、末尾で自分の愚かさに気付く

 と

そうやって、いっつも上から目線!  下で必死に頑張るヒトの気持ち、ダイアナには分からないでしょう!!』

00182
00183
00185
00186
00187
00189
00190
00192
 時間の無駄ですわね…、あなたにも、もっと他にやるべき事があるはずですわ

寄り道大王
 ダイアナの「上から目線」、彼女も自覚と恥じる気持ちがあるけど、言いたくなるのも解ります
 だって、ダイアナは誰より努力してますから
 うん

 このままだと、ずっと魔法が使えないよ?

 今回の件にしても
 アッコは、ひどく「寄り道」が多い

 それより先にやるべき事があって、ダイアナ自身、同じように研鑽に研鑽を重ね続けてる

 ダイアナが呆れるのも、解る気がしますが…。

アッコ『妖精さんたちって、魔導石がないと生きていけないんだって…』

00193
 ただ、白龍事件で解ったように、妖精たちは“魔力”がなければ活動自体が停止します
 世界全体から、魔力が減ってしまったことで
 彼らは住む領域を失った

 そして今、いわば「すきっ腹を抱えて」生きているんですね

『なのに我慢してる、ここでは、そのエネルギーの九割を魔女が使ってるから…』

00195
00199
00200
 私がシャリオみたいなすごい魔法を使えて、みんなを喜ばせられる魔女になるとするじゃない?

そして僕は考える
 今までやってこれたのは、妖精たちが我慢してくれたから、「やれる」ことと「平気な事」は違う
 アッコは、強い違和感を感じたのだ
 と

 その時、その魔法の為に、我慢しなきゃいけない誰かが居るのは、不公平っていうか…

 魔法は幸福にする力
 アッコの主義と、「現実」は乖離していた

 幸福の為に誰かを不幸にする、その矛盾に、アッコは納得が行かないのだと

 アッコは「みんな」の中に、妖精さん達にも居て欲しいんですが… 

ロッテ『スープを作ったから、飲んでくださいって…』

00202
00204
00207
00209
00212
00213
00215
00216
 これ、カエルのイボとヤモリの目玉だね

化物語
 まさに温かいんだから! ってなアッコが、魔女らしい食材に意表を突かれたその時
 ロッテは、「潜んでいるもの」を発見
 が

 気のせいかな…?

 妖精に、化けていた「立方体」
 なんて多芸な!

 第1話冒頭でシャリオを遅い、蒼月の未来視で目撃し、前回ラストにも登場した立方体

 扇動したのは、やはり「彼女」だと

これより! 労働組合との協議を始めます!!

00217
00218
00219
00223
00224
00226
00230
 書記長になっちゃったんです…/あ~ら、出世しちゃって♪

却下します!
 ホント、校長先生が可愛い! それはそれと談笑から一転、要求を叩きつけていくアッコ!!
 許容不可能と、壊れるバドコック先生!!
 が

 現実的に無理です!

 近い怖い近い!
 さすが、取り付くしまもない!!

 給料と労働環境の改善、更に自由に使えるエネルギーの増加、人並みの生活をと……

 しかし無理、現実的に無理でした!!(真顔)

校長『エネルギーは、作れるものじゃないしね…』

00234
 作れるとしたら?
 そしてクロワ登場!
 知ってた!

 なるほど、この台詞の為に「仕込んだ」ワケね!

私が開発している、略してSSSなら、エネルギーを作れます!

00235
00237
00238

 私が開発している、“SORCERY SOLUTOIN SYSTEM”
 略してSSSなら、エネルギーを作れます!

 年々、衰えていく魔力!
 この先、魔法が使えなくなったらどうしよう?
 しかし! このSSSを導入すれば、そんな老後の心配ももう必要ありません!

 魔導石は“レイライン”から魔力を吸い上げ、放出しています

 日中は発電所のように魔力を生成し続け、貴重な魔力を垂れ流して、浪費しています!
 従来、無駄になってきたこのエネルギーを、他のエネルギーに変換し
 保存管理し効率的に運用する!

 それがこの、SORCERY SOLUTOIN SYSTEMなのです!



00239
00242
00245
00247
00250
00251
00253
00255
00257
00260
00262
 何だか難しそうね~/でも、お高いんでしょう?

そうさりぃ?
 クロワ先生による、一部の隙もない通販番組! SSSは要は「魔導石の役割」を補完するだけ
 魔女たち自身には一切負担はありません
 また 

 かかる費用は、実質ゼロ!

 政府の助成金がある!
 バドコック先生、食いつきすぎ!!

 まるで化粧品と、光ケーブル契約を足したような宣伝文句に、あっという間に踊る一堂!

 踊る大ルーナノヴァ!

アッホさん『すごい! 賛成ですっ!! そーさるなんちゃらかんちゃら!!』

00265
 1話アッコも通った「魔力の流れ」レイライン、魔導石は、そこから魔力を汲み放出する
 だが、寝てる時間など“使用量が少ない”時まで
 一律に生産しているのだ

 この無駄に放出される魔力」を、貯蔵できる形に変換して蓄える仕組み

 SORCERY SOLUTOIN SYSTEM!

フィネラン『却下します! 我々には、先人たちが築き上げた、ルーナノヴァの伝統を守る義務があります!』

00268
00269
00270
00271
00273
00274
00276
 仕方ないわ、新しいものを受け容れるのは、勇気がいることだもの。

顔で笑って
 旨い話には裏がある、今回に限っては、フィネラン先生の頑迷固陋四面四角な性格がプラスに
 しかし、アッコはクロワに傾倒し…
 と

 今度、現代魔法の授業に遊びにいらっしゃい?

 作戦成功!
 まるで、「古参は勇気がない」というように

 本来なら正体をバラすはずが、愛しい生徒を、横取り40万されていくアーシュラシャリオ先生!

 若さって…、つらい!

『お願いっ!』

00278
 誰にも言わないから、お風呂に一回だけ入らせてっ!
 そして、続いて事態を動かしてしまったのは
 無邪気な「賄賂」だった

 お貴族らしい二人、お風呂のない生活に我慢できず…!

ハンナ&バーバラ『『お風呂…、はいらせてくれる?』』

00279
00280
00281
00282
00283
00284
00285
00286
00287
00288
00289
00290
00291
00292
00293
00294
00295
00296
00297
00298
00299
00300
00301
00302
 すごく怒ってる…、炎の妖精、傷付けた! 魔女、許さない! 絶対!

なんか楽しそう
 殺妖精事件 ~風呂桶は見ていた~、 火曜サスペンスさながら、“炎の妖精”が重傷を負わされ 
 立った! 火のないところに煙が立った!!
 と

 ひいい! 解りました!! あなた達の要求を受け容れます!

 校長が真っ先に!
 スーシィ、教訓を生かした見事な防御!!

 かくて平和だった学園は、問題点を押し広げられ、小さな火種が星火燎原、火がボーボーに!

 やめて よして 触らないで 垢がつくでしょう♪ って奴だ!

アッコ『魔法を使えるようにしなくちゃ!』

00303
 この事態に、唯一、妖精と仲の良いアッコが何をしでかしたかというと
 遮断状態となった、塔の魔導石を解放し
 魔法を解禁する事

 校長たちも降参、せめて「自衛」の為、魔法を使わせてやりたいのだ、と

『何か来た』『…この妖精、気持ちがない、何考えてるのか分からないよ…、まるで機械みたい…』

00305
00306
00308
00312
00313
00314
00315
00316
00322
00323
00324
00325
00327
00328
00333
00336
00338
00339
00340
00343
00345
00347
00348
00349
00352
 システム作動! “感情検索<エモ・サーチ>”開始!! エモーショナルパターン・レッド!

は? へ? ホォ!
 クロワが忍びこませていた「偽妖精」に脅かされ、落下したアッコを救ったのは、やはりクロワ自身
 彼女は、妖精たちの“感情”をエネルギー化し…
 と

 傷付いた精霊に、再び息吹を! フューエルスピリット・注入!

 炎の妖精を回復!
 すごいのは、「魔導石が使えない状況」だった事

 また、クロワが使った「魔法」のアイコンは、紛れもなくエンディングに出ているもの!

 つまり、どういう事なんだぜ!?

『元気になったみたいね、大丈夫? 怪我はない?』

00354
00356
 お手本のような奇麗なマッチポンプとも知らず、クロワへ敬意を覚えるアッコ!
 アーシュラが、傍にいて懸命に一緒に頑張って育てた絆と
 対照的に「即物的な」敬意

 前期エンディングの、“(いつも)そばにいてくれてありがとう”って、歌詞を思い出しますね

『これが、そうさりぃなんちゃら?』『おかげで助かりましたねぇ校長』

00359
00362
00363
00364
00366
00370
 妖精たちは、こんなものをどこで手に入れたのでしょうか?

通販?
 このデモンストレーションにより、“そーさりーなんちゃら”は学内で評価、特に「助成金」という点で
 経理担当、ナイトフォール好き・バドコック女史は大喜び!
 が

 何にせよ、とりあえずは一件落着よ♪

 元より通販好き
 以前も、「帽子にもなる靴」を買ってた校長

 妖精たちの“遮断材”に、校長はさほど考えを及ばせず…、頼りなるのはフィネランという状況に

 前期の難物が、今期の味方だ!

クロワ『ご苦労様、準備完了ね』

00372
00374
00375
00376
00377
00378
00379
00381
00382
00383
00384
00385
00387
00389
 やだ、信じらんない! 何でこの写真!?

ルーナノヴァ新時代
 かくて、クロワが火をつけたストライキ騒動は、彼女の“SSS”導入と、先端機器導入を促す結果に
 タブレット自体、彼女の開発だという
 と

 あー、でもクロワ先生ってホントに格好良いよねー♪

 人望も研究施設も
 労働組合も、SSS導入により和解

 ついでに、レース回で飛んでった「流星丸」、日本の清水寺で目撃!

 帰還は近いな!

アーシュラ『すいませーん! 頂いて参りましたー!!

00391
00393
00394
00395
00396
00399
00401
00403
00404
00405
00406
 でもそれもう、大丈夫になったから? 時代は変わるのよ…!

奪われたアッコ
 ドヤ顔ハイテク校長! まるで田舎の学校そのもの、「疎い」校長たちもクロワに傾倒してしまった
 そして今回、最も踊らされたアーシュラは
 と

 あ、でもとっても便利ですね♪ ソーサリーなんちゃらかんちゃらっ♪

 まだ覚えてない!
 そして、「クロワ」帰還の衝撃…!!

 シャリオの離脱、その間のアッコ掌握、この辺も全てクロワの計算通りだったのでしょうか?
 
 彼女もまた、狙いは“奥義グラン・トリスケル”…?

おぼえたての呪文じゃ かなわないことばかりだけど

00414
00415
00416
00417
00419
00420
00421
00424
 イメージするのは 今より高く 飛び立ち踊り出す心

透明な翼
 前期、いつも見守ってくれる誰かにあてた感謝から、今期は成長がテーマになった曲に
 歌は前期同様、大原ゆい子さん
 と

 透明な翼 はたたかせたら 憧れてた明日へ きっと 近づける気がしてるんだ

 人間に翼はない!
 けれど、「透明な翼」を羽ばたかせるように

 鳥が飛ぶように、明日へ向かうED。なお最後は、希望の象徴「星」の爆発に巻き込まれ…?

 あーん! アッコさんが死んだ!

更に悪化するアッコとダイアナ、しかし?

00022
00023
00025
 手をつなぐ事、新オープニングで重視されてますね

すれ違う二人
 クロワが「昔のシャリオ」と仲が良かった事、シャリオが変わった事とも関わるのでしょうね
 同じく、アッコとダイアナもすれ違ってしまいますが…
 関係も似てます

 アッコ達は皆を楽しませたい、ダイアナ達は魔法社会の復興と

 クロワのアプローチが意外
 でも今度の若い二人は、ちゃんと手を繋げると示唆、ホッとしますね

クロワのSSSは、魔力枯渇を招かないか?

00247
00250
 今まではレイラインから「一部を貰う」だけでした。しかし…

SSS
 今後は「流れを止めるほど奪う」事、また、貯蔵しやすいように変換してしまうとも
 仮に、魔力が“使った後、またレイラインに戻る”仕組みだとしたら?
 変換は循環を絶つ可能性が

 一時は良くても、枯渇を加速させる可能性があるのかも

もしも、魔力が循環する仕組みだとしたら?

00237
 枯渇の加速こそ、クロワの狙いという可能性も?

あくまで仮定として
 たとえば今は、もし「レイライン⇒魔女⇒魔法⇒レイライン」と循環してるのだとしたら
 過程で、一部がロスしているとしたら?
 と

 だとしたら、年々先細っている事も説明がつく気がします

妖精たちの「感情」を奪い、エネルギー化したSSS

00333
 バスローブいいよね…

エモの変換
 当初、SSSは「レイライン由来の魔力」を、貯蔵しやすい形に変換できるという説明でしたが
 妖精の怒りを吸い、沈静化させる描写って割と怖いですよね
 助かったー!ってコミカルでしたけど

 この変換力、どこまで…?

ブルームーンの未来視、更に回収へ

00348
00354
00360
00357
 一番下のビジョンは、まだ実現してません。しかし?

レイラインの枯渇
 最後のが、「魔女狩り」の復活だとしたら、今回、その布石を打たれた感じもありますね
 レイラインから、過剰にエネルギーを吸い上げる狙いとは
 枯渇、魔女文明の終わり?

 復興を謳い、本心では、魔女文明を終わらせる狙いとすれば?

 引き金は魔女自身の手で
 その皮肉さといい、何だか怪しい推測に思えます

 するとだ!

文明終焉が狙いなら、あの台詞も別の意味に聞こえます

00041
 SSSの研究に助成金が出るのは、実は、政府による文明終焉が狙いなら?
 それなら、また話が繋がってしまう気がするのです
 魔女に懐疑的ですから

 加えて、アンドリューと仲を深めた事も、改めて生きてきます。

 さて、クロワの本心とは…?

2017年4月9日 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」

00290
00302
 レース回、半魚人回、スーシィ回のうえのさん脚本!!

スタッフ
 脚本:うえのきみこ
 絵コンテ:小倉陳利
 演出:中園真登
 作画監督:岩崎将大/長谷川哲也

あらすじ
 万聖節も終わり新学期が始まったルーナノヴァに新任の教師クロワがやってくる。時同じく、用務員の妖精たちは労働組合を結成し、魔導石からのエネルギーを求めストライキを起こしてしまう。ルーナノヴァでの掃除、洗濯、料理などの全てのライフラインが止まってしまい、魔導石まで占拠して魔法も使えなくなってしまった。このままでは学校生活に支障が出て授業どころではない。そこでアッコは妖精たちとの交渉のテーブルに着くことに……!?

魔法祭前夜、ポラリスの泉で見た「シャリオの過去」の彼女!!
















00405
00430
 あの時、「アッコの視点」は、当時のシャリオの友達(?)の視点。彼女がクロワだったと

声:竹内順子
 いまや世界的人気作として幕を閉じた、“NARUTO -ナルト-”の主人公を演じた竹内さん!
 ブルームーンでの、「未来視」も更に回収に
 と

 悪い奴に騙される! そんな回を、コミカルに描き上げて「楽しく」した手腕!!

 ひどい回だけど楽しかった!
 ダイアナの、今まで見られなかった表情も「変化」を感じます

 けれどクロワの願いも、多分世界を良くしよう、って事なのでしょうけれど…?

 ダイアナが、彼女にどう接するかも楽しみですね


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「?」