弱ペダ 弱虫ペダル NEW GENERATION 3期 第13話 感想 レビュー 1000㎞再び 通算 第75話 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
体力バカ、古賀復活! 策略手嶋とは、本来ならもっとも相性が悪い“敵”か!!

00297
00238
 愚直で一本気、金城が褒めた最高のアダ名! 挑発に揺るがない鉄の精神、無敵の体力
 対し、正面激突を図るとしか思えない手嶋
 アンタかっこ良すぎだよ!

 1000キロ踏破も、天才・古賀も、凡人・手嶋が越えるべき「悔い」ってワケだ!!

気付け、努力しろ!
 そして前半の段竹の言葉、当人には「当たり前」で気付き難いもの、それが才能だと
 段竹の薀蓄、分かりやすかった!

 日頃は優しい先輩が、実は鬼畜眼鏡とか…、最高じゃないですか!

今朝、出発前に寒咲さんが、みんなで食べてね♪って!

00407
 前回に続き、マネージャーしとるのう!

あらすじ
 インハイを前に、「レギュラーに1000キロ走破」を求める、過酷な総北名物・合宿が始まった!
 段竹との連携を禁じられ、走破困難な距離に心が折れる鏑木だったが
 段竹の薀蓄が再び気分を盛り上げる

 今のままでは連覇は難しい、悩む手嶋に名乗りを上げたのは、復活した天才・古賀!

 1年でIHに出るも怪我を負った古賀
 3年となった今、俺が手嶋を下ろす、と爽やか鬼畜パワー系眼鏡は宣言する

 だがその眼鏡の下には、怪我だけではない、チーム総北に懸けるある想いが燃えていた

 次回、第3期 第14話 第76話「凡人と天才」

手嶋『足りない、時間も実力も俺達には…

00001
 無事、千葉県予選を突破し、インターハイへと駒を進めた総北高校自転車競技部
 際し、チームに馴染んでいなかった鏑木一差も
 彼なりの形で変化した

 しかし王者・箱根学園は、大会記録の快挙で突破、しかも部長は腹筋であった…!

手嶋さん『王座を手にしたからと言って、今年も手に入るほど…、ロードレースは甘くないッ!』

00002
00003
00005
00007
00008
00009
00010
00011
 繋げ、託せ…、俺達のやり方は託すほうも託される方も負荷がかかる…、…だからもっと!

掴む為には強くなれ
 箱学は二年と三年、4人で走ろうと全国でヤれるクラスのトップレーサー! それに広島や京伏
 昨年の強豪が、みんな虎視眈々と狙っている
 と

 小野田さん、車酔いですー!?

 また酔ったか!
 手嶋、「掴む」のは容易じゃないとビニールで表現!!

 イケメンビニールアピールの一方、1年レースで、悪役をやったゴリ蔵たちが心配する場面も

 お前ら、案外いい奴だったんだな!

手嶋『強くなる…、この合宿でッ!』

00012
 おい小野田さん、また途中下車しちゃったの!?
 あの人、もう自転車で来させろよ!
 余裕だから!

それでもまた 僕ら 挑んでゆく 今日も

00013
00014
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00024
00025
00026
00027
00028
00029
00030
00031
00032
00033
00034
00035
00036
00037
00038
00039
00040
00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00048
00049
00051
00052
00053
 きっと きっと 越えてゆくんだよ!

トランジット
 新OPは作詞・作曲・編曲を渡辺拓也、 夏代孝明が歌うトランジット! 意味は「通過」だと
 航空機で目的国に行く際、給油などで立ち寄る事
 と

 限界越えて 駆け出せ 独りきりじゃない Never give up 全身流れ落ちていく輝く結晶

 曲も映像も熱いし驚く!
 御堂筋も泉田も、また変わるのかよNever give up!!

 トランジット、転じて、こんな通過点なんか乗り越えていくんだよ! って思いか!!

 旧三年、扱いがレジェンドかっけえ!

そして、これから定番化するアイキャッチこの野郎である

00057
 荒北のデブちゃんと、新開のウサ吉! なんでここで?!
 でけえ、でけえよ!
 卒業組だ!

 世話は、在校生が受け継いだんでしょうか?
 
鏑木『せ、1000キロ!? …マジすか!? うわ、一日250キロぉ!?』

00058
00062
00064
00067
00071
00072
00074
00075
00076
00077
00078
00079
 途中、意識トブでぇ?/トバしながら集中力を維持するという、離れ業を体得できる…!

人智、越えてますか?
 さあ始まりるザマス、総北名物「4日間1000キロ」! PBPかよ! ちなみに実際の世界記録では
 1200キロを、42時間26分でクリアしたという猛者も
 で

 各車体にはセンサーをつけて、順位を表示する…!

 戦慄する一年!
 そして、サラッと人間越えが要求!!

 もっともリタイア(再起可能)でもいい、各時体調は自分で管理し、夜間走ることも許可される

 フフ! 何か「戻ってきた」って感じがしますね! フフフ!

手嶋『IHのレギュラーは、走破はもちろんだが、4日後の最終順位、必ず6位以内でゴールしろッ!

00080
 絶対的過酷! 鏑木は、段竹のフォローを受けて突破しようと現実的発想
 しかし、経験者組は想像を越えるペース!
 さすが王者!

 ゴリ蔵、今週ちょっと台詞が多くて嬉しいぞゴリ蔵!!
 
鏑木『くそ! サイクリングとはいかないと思ってたけど超ハードだ! 何考えてんだ手嶋さん!?』

00081
00087
00088
00091
00093
00094
00097
00098
00099
 お前にだ、守れ、ルールだ! 走行中、段竹の10m以内に近付くな

昨日の長所は
 更に総北名物「得意潰し」、カブに課せられたのは、段竹と近付くなという絶対命令!
 段竹は、インハイには居ないのだから
 と

 そうだな…、ハズれて貰う

 結果が七位以下なら?
 無論、外す!

 さすが手嶋、的確ですし「昨年の制約からすると、甘すぎない?」ってレベルだ!!

 ま、まあ昨年はキチガイ過ぎたからね!

鳴子『いや! そらちょっと酷やないですか? イキリ、落ち込んでましたよ!?』

00100
 ここぞでイキリ、鏑木をフォローしちまうから鳴子は良い奴なんだよ!
 ホント、cvカズマさんはええ奴やで!
 このすば!

手嶋『それは…、俺達も同じ条件だ!

00102
00103
00107
00108
00110
00111
00114
00115
 チーム二人は、この合宿の間、解散する! …俺達は、まだこの1000kmを走りきった事がない!!

遠方よりの声
 二年次でも脱落した手嶋たちは、チームワーク殺法を封印、昨年以上のハンデで克服に臨む!
 解散、…ってアイドルじゃねーんだから!
 で

 や♪ 小野田も車酔いだって?

 お前cv中村悠一ィ!?
 また、幻の三年生こと「古賀 公貴」が後方から登場!

 これまではほぼ無言で、手嶋たち同様、自転車の整備などを担当していたナイスガイ!

 声の時点で、ヤバい奴になったと分かる!

『足が…、重い…! 畜生、メンタルが、精神面がこんなに影響するのか…!?』

00116
 そして鏑木の新たな試練、“段竹断ち”は、体力以上に気力を責めていた
 インハイに、彼が居ないなど当たり前の事だった
 だが!

 前回に続き、若者の段竹離れが難しい…!
 
“回想”『俺からお願いする! 明日からの合宿、一緒に走ってくれ、段竹!!』

00117
00120
00122
00123
00125
00127
00132
00133
 走った事のねえ奴には想像できねえんだ、果てしなさを…

シンプル
 一年でレギュラー、中三で社会人チームの一翼、間違いなく「天才」である鏑木の弱点
 メンタルの脆さが、ここで再び強烈に襲う
 と

 褒めてくれ! 支持してくれ! 俺を上げてくれ!! 段竹…!

 杉元に追い込まれた時
 彼は、段竹による叱咤で立ち直ることが出来た

 声援を浴びるのが大好きで、その「声援」を、段竹が切らさず贈ってくれたのが強みだった

 シンプルゆえにめんどくさい子!

『一年、ド素人組にいつの間にか抜かれた!』

00138
 俺は最後尾って事か!

 普通はリタイアしていい
 対し、アブラギ君はプレッシャーが大きすぎたのだ…!

??『最後尾じゃない!

00139
00140
00141
00142
00143
00144
00147
00150
00152
00155
 周回遅れだ!

自主ハンデ!
 しかも「後ろから」先頭集団が現れ、自分達を抜くように、“抜かなきゃダメだ”と激励してゆく
 何故なら、今泉たちは“ハンデ状態”なのだ
 と

 抜け! この合宿、6位でゴールするようなら、お前はIHで役に立たない!

 ボロボロのホイル
 描写的に、昨年の小野田ホイルでしょうか?

 重く、何より歪んでいて、タイヤだけで転がせばすぐブレて倒れる代物

 同格なら、「勝って当然」だと

一差ァ! 大丈夫かァ!!

00158
 そして困った時の段竹登場! 先頭集団に次ぐ辺り、やはり段違い!!
 アレ杉元は!?

 お客様の中に経験者の杉元はいらっしゃいませんか!?

鏑木『段竹! …俺は自信ない、この千キロを走る自信が、俺は…!』

00160
00164
00166
00168
00169
00172
00173
00174
00175
00176
 囚われすぎだ、はしゃげよ一差! …俺はお前に二つの光を見ている。俺にはない二つだ

3人兄弟の長男
 普段の激励でも立ち直れない、深く沈んだ一差に贈ったのは、「長男」として末っ子への思い!
 長男は下に譲る、対し末弟は「わがまま」だ
 と

 心の底から欲しいと望み、獲得の手段は選ばない!

 まあタチの悪い!
 なるほど、鏑木にドハマリな表現だ!!

 ゴール前の集中力、そして「欲しいものを絶対に手にする」、圧倒的なわがままさ!

 それが、“一差のスゲエとこ”だと

『日常生活で嫌がられるこのメンタル』

00177
 競技の世界に入れば、逆転する!
 いや、嫌がられるとは思ってたのか段竹!
 すげえよ段竹!

 天性の「お兄ちゃん」か段竹!

『ギリギリまで追い込まれ、体力が底をつき、身体が悲鳴を上げるその中で、残り1滴のメンタル! “勝ち”であろうとする! それは、才能なんだよ!!』

00180
00181
00183
00185
00187
00188
 だから、俺はお前に夢を見てるのさ

まだ余裕だ!
 無論、「勝つ」為にルールを破る輩もいるが、鏑木はシンプルで、「強くなればいい」と考える
 勝ちたがりで、しかも努力を怠らない!
 と

 気づけ! 努力しろ!! …すぐに回復する、それも才能なんだぜ

 心もまた強靭である…
 なるほど、鏑木が依存しちまうワケですよ

 鏑木の才能を讃え、「気付かなくて当たり前だ、才能は当人には当たり前だ」と、激励する!!

 遥か1000キロは、“チャンスを得られる場所”に変わる!

『鳴子くーん! 今泉くーん!!』

00189
 そして、五周遅れで参加しようと、何一つ焦らない怪物がここに!
 二年編以降、とにかくスゴい!
 金剛石の小野田!

 さらっと「夜走らなきゃね」と、努力が当たり前だから強い!!

小野田君『それより今年は、あの先輩が走るよ!』

00190
00192
00194
00196
00197
00198
00199
00201
00202
00204
00205
 確か去年は、「ついてこれない」と合宿を辞退した…?

古賀 公貴
 復活の“三年生”! いつもメカの整備を行い、今回も酔い止めをくれるなど気遣いの達人!!
 その正体は、とんでもねえ筋肉だった!
 が

 古賀先輩、一年生の時の合宿で、980キロ走ったんだって♪

 気付け小野田君!
 ちゃうねん、ポイントがズレとるねん!!

 その僅か20キロを、なぜ断念したのか、なぜ昨年「付いてこれない」と言ったのか!?

 小野田君、ホント発想が善意しかないってばよ!

手嶋『ああ、違う。ちょっとばかり怪我しててな?』

00206
 平然と手嶋が語る一方、背後から迫る古賀! 音が違う!! なにこれ生き物!?
 ガチ列車とか、そういう音だよ!?
 生き物なの!?

『古賀先輩!? 通っただけで、すごい風圧が…!』

00209
00211
00212
00214
00215
00216
00217
00218
00219
00220
 俺にとっては最後のインターハイ…、それに出ようと思ってここに来た!

ごうおん!
 眠り過ぎだよ総北の強豪!? それだけ深い怪我を負い、一年以上も潜んできたのか…
 すごいよ、見た目からして別の物体だよ!?
 で

 完走しさえすれば、IHに出られると思った甘チャンは前に出ろ!

 ねじ伏せて
 そいつのジャージを俺が着る、と

 インハイってのは、「執念」で出るものだ、条件を満たせば出れる、なんて甘いもんじゃあない!

 言動の端々に、執念みたいのが滲んでる!

今泉『古賀先輩が!? 出たんですか、二年前のインターハイに!?』

00222
 今泉も倒置法で驚く衝撃! 当時は、「二年の金城たち」が出ていた時代
 何より、“1000キロ完走”が出来なかったのに出走を許された
 部内でも大きな存在

 当時、将来を嘱望されたホープだったと

『結果から言えば、“色々ありすぎた”。あの年の広島大会、古賀は出ない方が良かったんだ…』

00223
00224
00226
00228
00230
00231
00232
00234
00236
00238
00239
00241
00242
 俺と青八木、いや金城さん達にとっちゃ、あいつは小さな存在じゃあないんだ…

惜しまれた男
 一年時代のインハイ、広島大会への出走が、古賀のロードレーサー人生を大きく狂わせた
 手嶋は、そんな古賀を惜しんだ
 と 

 もう二度と、袖は通さないと思ったけどな…!

 ボロボロのジャージ
 対し古賀は、もう「着ない」と決意した

 インハイで不祥事を起こし、怪我をし、「総北レギュラーを名乗る資格を失った」と思った

 多分、そんな話なんだろうな、と感じました

『実のところ…、お前らは敵じゃない』

00243
 続けて古賀、笑顔と共に挑発的な台詞を残して加速開始…!
 BGMまで迫力が違う!
 強い!

 やだこの眼鏡、鬼畜なの!?

『速い!?』『すごい牽きだよ鳴子君!』

00244
00247
00251
00252

 さっきからアホみたいな加速!
 どんだけ加速すんねんどんだけ体力あまっとんねん! この眼鏡先輩!!

 そういえば金城さん、言うてたわ、この人…!

 俺は体力バカ…!

00256
00257
00258
00259
00260
00262
00263
00265
 いいあだ名だ、愚直で一本気な感じじゃないか…。

輝きに変えて
 インハイ経験者の鳴子たちも驚愕する加速! その効果音、既にSLか何かの如し!!
 金城への感謝、誇りで走る男!
 と

 金城さんが褒めてくれた…、最高のあだ名だ!

 自嘲気味のあだ名
 練習し続け、陰口を叩かれた古賀

 自嘲を誇りに変えてくれた、間違ってなかったと、努力を信じさせてくれた金城!!

 そりゃ走るよ、古賀さん走らずいられないよ!

手嶋『来たな…、古賀!』

00266
 古賀の急加速は追いつく為、「古賀は出なきゃ良かった」、手嶋は惜しんでいる
 その過去を、清算させてやりたいんでしょうか
 では古賀の要求は…?

 敵じゃない、古賀は小野田達を必要な人材だという

 だから敵じゃない。

『俺がこの合宿で追い落とそうと考えているのは…、手嶋…、お前だ!

00267
00268
00271
00273
00274
00277
00278
00279
00284
00286
00287
 小野田…、分かるだろう、今のこのIHメンバーの中で、もっとも弱い存在が誰かを

凡人vs天才
 以前、葦木場と戦い敗北したように、手嶋は「凡人」が魂を燃やし、周囲を感化する男だった
 だがシンプルに、“強い男”が復帰したのだ
 と 

 悪いな…、メンバー決めたって言ったの…、あれウソなんだ

 死にに行くが如き悲壮感
 今回、古賀を誰より惜しんでいた様子の手嶋

 何より手嶋は、自分が凡人だ、と深く理解している男なんですよね

 鏑木に無茶したのも、彼の才能を認めてなんでしょう

手嶋『俺だけ、決まってないんだわ』

00288
 1000キロ走破同様、「課題」として古賀と競う!
 手嶋さん、再び試練の時!

 あれウソなんだ、って言い回しが手嶋さん過ぎる…!

久しぶりだ! 本気で一緒に走るのは!! 純太ァ!

00289
00291
00292
00294
00296
00297
00298
00301
00302
00303
00307
00310
00311
00312
00313
00314
00315
00317
00318
00319
00320
 初めてだよ! 俺はいつもお前と走るたびに、千切られていたんだから!

純太ァ!
 やっぱり仲良しじゃないか! 無論、緊急交代はリスクがデカい、だが古賀は見ていた!!
 整備しつつ、メンバーを観察していた
 と

 大変だったろう、だがもう大丈夫だ…、後は俺に任せろ!

 穏やかな整備士
 その本性は、体力バカの怪物…!

 このギャップ! そして「鳴子をスプリント」と呼ぶ古賀、理解して辺り手嶋かっけええ!!

 陣容としては、間違いなく今より強いぞコレ!!

『気ィ遣うなよ…、やりたくてやってんだ、ハイそうですかって譲る気はねェよ!』

00324
 それ、この1000キロで決めンだろうが、古賀ァ!!
 手嶋さんが吼えた!
 吼える男!

 以前は、当たり負けしてた「壁」に立ち向かう手嶋ァ!!

『あの眼鏡先輩の走り、ありゃタダモンちゃいまっせ! 負けますよォ!』

00326
00328
00333
00334
00338
00341
00342
00346
00347
00348
00351
00353
00357
 ハッキリ言っておく、お前を完走させるつもりははない! もぎ取る…、追い込んで力づくで!!

スプリント!
 古賀の走りは手嶋と正反対! 圧倒的な実力、策略もクソもなく、実力の差を分からせる!!
 追いつこうとすれば、お前は必ず潰れるだろう
 と

 だが…、まだ! 平凡だ…!!

 劇的な成長
 そも、「ついてこられる」だけ手嶋は成長した

 しかし走ってる最中の余裕、呼吸、スピードパワー眼鏡、全てに於いて古賀が圧倒!

 この人、箱学向きの人材じゃないの!?

手嶋『それが、今のお前の実力だ…、譲る気になったか?』

00358
00359
00364
00365
00366
00367
00368
 いやあ…、こりゃあ1000キロのゴールまで、ゆっくりお茶を飲む暇もなさそうだ…

えー…
 無論、手嶋の口は減らなかったが、古賀は聞く耳を持たない為まるで通じなかったという…!
 こいつら、やっぱりタダの仲良しじゃないか…!
 で

 よし! じゃあ喋れなくなるまで追い込んでやろう!!

 体力バカと呼ばれた
 この俺が…!

 すんごい爽やか鬼畜発言! やべえよ、この人、なんか好きだよ私!!

 爽やか鬼畜に、手嶋はどう対抗するのか…!?

上がって上がって上がって上がって仕上がって なら 手伸ばしな

00371
00372
00374
00377
00379
00380
00381
00382
00383
00384
00386
00387
00388
00390
00391
00392
00393
00395
00397
 思いだして 指をさして 今を駆けて行け

タカイトコロ
 作詞・作曲・歌は佐伯ユウスケ、編曲は宮崎誠、ひたすら上がって高い所を目指す歌!! 
 誰の為に? 何の為に?
 と

 逃した過去なら拾い集めて かざした未来を 高い所まで!

 始めは独りだった坂道
 今は、こんなに囲まれてるだろ? ってイメージだ!!

 レジェンドな先輩勢もいいし、逆に、力尽きて倒れてる、一年勢の頑張ってる感が好きだ!

 ホント、何言ってんだか分からん新曲だった!

『今朝、出発前に寒咲さんが、“皆で食べてね♪”って!』

00400
00402
00403
00404
00406
00407
00410
00413
00414
 マネージャー…、女子から!?

いらないッス!
 良かった実は、小野田君が料理得意でした! とか言い出したらどうなることかと!!
 ただ、鏑木くんは男の子だからね!
 と

 小6か!

 女子の手料理!
 そんなん、恥ずかしいじゃないッスか理論!!

 小学生か!

2017年4月3日 弱虫ペダル NEW GENERATION 第14話「1000㎞再び」

00238
 俺には「着る資格が無い」と言いたげな古賀、正直かっこいい! 

スタッフ
 脚本:福嶋幸典
 コンテ:大庭秀昭
 演出:大庭秀昭
 作監:中山由美 三浦雅子 二宮奈那子

あらすじ
 インターハイ出場を決めた総北は、最後の強化を図るために地獄の1000km合宿へと突入する!4日間で1000km走破という過酷なメニューに、合宿初参加の鏑木たちは戸惑いを隠せない。一方、車酔いで参加が遅れていた坂道の前に、3年生の古賀公貴が現れる。これまでメカニックなどで部を支えていた古賀は、ある決意をもってこの合宿に参戦してきていた。

次回、弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.14凡人と天才

00357
 手嶋と古賀によるインターハイメンバー入りを賭けた勝負が始まった。力強い走りで手嶋を追い込んでいく古賀にはある過去があった。一方の手嶋も必死に食らいつく!

[STAFF]
 脚本 岡田邦彦
 コンテ 紅優、鵜飼ゆうき
 演出 池田智美

提供MADは、EDにあわせてストロー袋を吹く手嶋さん!

00416
00418
 って、さらっと物理を越えないで下さい手嶋さん!!

エンドカード!
 体力バカ、気にしてた陰口を誇りに、笑われてきた努力を肯定してくれた金城さんかっけえ!
 そして、昨年の広島といえばゴッドハンド事件でしょうか
 金城の怪我

 秘めた情熱家の古賀、金城の為に何かやらかして怪我、自主引退したのか?

 でも今のままじゃ勝てない
 それもまた、金城の恩に恥じる事になってしまう…。

 やべえよあの鬼畜眼鏡! 絶対、悪者ぶって鍛えようって腹だよかっけえ!!

 次回、第3期 第14話 第76話「凡人と天才」

弱虫ペダル 感想 アニメシリーズ第一期、2013年作品

 RIDE_1「アキバにタダでいけるから」
 RIDE_2「部員をふやすため」
 RIDE_3「僕は友達いないから」
 RIDE_4「鳴子章吉」
 RIDE_5「総北高校自転車競技部」
 RIDE_6「ウエルカムレース」
 RIDE_7「追いつきたい!」
 RIDE_08「スプリントクライム」
 RIDE_09「全力vs全力」
 RIDE_10「ピークスパイダー」
 RIDE_11「肉弾列車!」
 RIDE_12「合宿初日!」

 RIDE_13「今泉と鳴子の1000km」
 RIDE_14「朝霧の再会」
 RIDE_15「策略」
 RIDE_16「一点突破
 RIDE_17「最後尾の小野田」
 RIDE_18「全力の勝負」
 RIDE_19「新たなるスタート」
 RIDE_20「真波山岳」
 RIDE_21「石道の蛇」
 RIDE_22「インターハイ開幕」
 RIDE_23「トップスプリンター!!」
 RIDE_24「震える泉田」
 RIDE_25「負け」
 RIDE_26「空が見える」

 RIDE_27「山神東堂」
 RIDE_28「100人の関所」
 RIDE_29「山頂」
 RIDE_30「荒北と今泉」
 RIDE_31「強者三人」
 RIDE_32「希望の夜」
 RIDE_33「ヒメなのだ」
 RIDE_34「新開隼人」
 RIDE_35「勝利する男」
 RIDE_36「最強最速」
 RIDE_37「王者交代」
 最終回「総北の魂」

弱虫ペダル 第2期 感想 分割放送作品

 GRAND ROAD ROAD.1「フェイズ49」
 GRAND ROAD ROAD.2「エースたち
 GRAND ROAD ROAD.3「翔」
 GRAND ROAD ROAD.4「覚悟」
 GRAND ROAD ROAD.5「薬局までの3km」
 GRAND ROAD ROAD.6「モってる男」
 GRAND ROAD ROAD.7「迫る、集団」
 GRAND ROAD ROAD.8「アラキタ」
 GRAND ROAD ROAD.9「呉の闘犬」
 GRAND ROAD ROAD.10「その先の領域」
 GRAND ROAD ROAD.11「サバイバル」
 GRAND ROAD ROAD.12「泉田の誇り」

 GRAND ROAD ROAD.13「激走、山中湖」
 GRAND ROAD ROAD.14「最後の作戦」
 GRAND ROAD ROAD.15「鳴子!真骨頂!」
 GRAND ROAD ROAD.16「エース今泉!」
 GRAND ROAD ROAD.17「箱根学園ゼッケン6番」
 GRAND ROAD ROAD.18「一歩一歩」
 GRAND ROAD ROAD.19「坂道の役割」
 GRAND ROAD ROAD.20「今泉vs御堂筋」
 GRAND ROAD ROAD.21「91番」
 GRAND ROAD ROAD.22「真波と坂道」
 GRAND ROAD ROAD.23「約束の道」
 GRAND ROAD 最終話「WINNER」

弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 感想 2017年1月開始

 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第1話 63話「最後の峰ヶ山」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第2話 64話「巻島が残したもの」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第3話 65話「手嶋、魂の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第4話 66話「峰ヶ山で一番速い男」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第5話 67話「自転車異種格闘技場!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第6話 68話「鳴子VS御堂筋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第7話 69話「最後の走行会」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第8話 70話「ゴールライン」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第9話 71話「新生総北、始動!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第10話 72話「杉元兄弟の絆」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第11話 73話「決着」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第12話 74話「トラブル!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第13話 75話「1000㎞再び」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第14話 76話「凡人と天才」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第15話 77話「古賀のゴール」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第16話 78話「2度目のインターハイ」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第17話 79話「スタート!!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第18話 80話「ふくらむ青八木」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第19話 81話「怪道銅橋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第20話 82話「鏑木、全開!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第21話 83話「箱根学園、動く!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第22話 84話「ゼッケン1のプレッシャー」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第23話 85話「坂道、追撃」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第24話 86話「雑草の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第25話 87話「空を仰ぐ【最終回】」