ミニアニメ 幼女戦記 ようじょしぇんき 第12話【最終回】感想 レビュー アニメ 画像 ネタバレあり 前回 本編 第12話はこちら 公式サイトはこちら
全員に大ゴマが! 和やかな、あまり和やかな最終回…ッ!! なお当人

00111
00081
 ヴィーシャの手紙、しみじみとした良い最終回だった…、笑いの絶えない地獄の一丁目!
 少佐当人も、何気なく心を許している辺り
 本当に和む最終回

 まあ神には愛されてませんけどね! 生かさず殺さず、そんなお付き合い!!

口説くようなロリコン
 中身はトータル50歳近く、「自分を口説いたらロリコン」って認識はより強いでしょうね
 なんとまあ分別臭い幼女なんだ…

 ジョセイニナンテコトヲー! ヴィーシャかわいい!!

2017年 4月3日 幼女戦記 ようじょしぇんき 第12話【最終回】

00067
 ようじょしぇんき! 厳しくも美しい、デグレチャフ少佐ボイス!!

あらすじ
 南方大陸より頼りあり、彼女らの戦いは終わらない! Los! Los! Los!

スタッフ
 ターニャ:悠木碧
 ヴィーシャ:早見沙織
 ヴァイス:濱野大輝
 グランツ:小林裕介
 ケーニッヒ:笠間淳
 ノイマン:林大地

【STAFF】
 原作:カルロ・ゼン
 キャラクター原案:篠月しのぶ
 監督・演出・脚本:芦名みのる
 ぷちキャラクターデザイン:たけはらみのる
 音楽:片山修志(Team-MAX)
 アニメーション制作:スタジオぷYUKAI
 制作協力:メディクリエ
 製作:幼女戦記製作委員会

『私は、ヴィクトーリヤ・イヴァーノヴナ・セレブリャコーフ』

00068
00069
 第二〇三航空魔導大隊所属の少尉です。この人が、私の上官ターニャ・デグレチャフ少佐っ

南の国から
 何だか久々の、戦場からの生配信…、もとい「ヴィーシャの手紙」。南方大陸への派遣後ver
 そうです、少佐殿ってば英雄なんですよね!
 と

 ライン戦線に勝利をもたらした、帝国軍の英雄です…

 何か懐かしい絵だ!
 ラインでは、勝敗を分かつ作戦に従事

 その後、グランツが墜ちたり、アンソンが爆散したり、どうしてこうなったり…、色々ありました

 忘れてましたが、勝利をもたらしたんですよね

それにしても、頼もしくなったものだ…』『何が、でしょうか?』

00070
00071
00072
00074

 貴官らだよ。最初は不安が強かったボンクラ共も、今では戦場を楽しむ余裕すらある…
 それもこれも、少佐殿の教育の賜物、でございますなァ?(長)
 全くでございます!(太)

 あの地獄のような…、アッ! イヤイヤァ!! 素晴らしい教育の賜物です!

 そんなに、キツかったかぁ? 覚えておらぬなぁ

00075
00076
00077
00079
00080
00081
 いやいや、絶対覚えていますよね?

笑いの絶えない我が地獄
 しみじみと、「どうしてこうなった?!」から鍛えなおしては、どうして以下略して部下となった彼ら
 ノイマン、オメー絶好調だな!
 で

 いーや、残念ながら微塵も覚えておらぬな?

 このトボけっぷり!
 特にグランツは、幼女キックの犠牲者!!

 彼が山で叫んだ事が、ある意味、第二〇三航空魔導大隊設立に一役買った!!

 と言ったら、間違いなく過言!!

少佐『ン?』

00082
 いえ、別に! 少佐殿も、よく笑われるようになったなぁ…
 見咎められても、しみじみと「変化」を思うヴィーシャ
 一番、付き合い長いですものね

 当初は、使えない部下を積極的に見殺しにする、幼女殺法・後方送りに戦慄したものです

『(まァた嬉しそうに笑っているな…、コイツは)』

00083
 見守られ、見守り返す幼女の視線。分かり合いすぎ!
 もう、ある種の親子みたいなモンかもですね
 年齢的にも

 当初、他人への共感性に欠ける、と存在Ⅹに怒られたのが懐かしい

 いやまあ、悪化もしてますが! 

『とにかく、これから更に酷い戦争に突入だ…』

00085
00086
00087
00088
00089
00090
00092

 貴官らには、更なる成長を望むことになる…、当然、私も成長しなくてはならないな?
 年齢的に、育ち盛りの少佐殿以上の成長を(フッ)望まれるなど
 全く、我々の隊長は恐ろしい方だ…

 ま、セレブリャコーフ少尉ほど、育ち盛りではないからな?


00094
00095
00096
 コイツは喰いすぎなんですよ~、何で戦場で体重増えてンだか

食欲の悪魔
 これまでも、相当に地獄でしたが「フランス制圧がドイツのピーク」とも、後世に言われるところ
 ヴィーシャの体重には、ピークはまだ遠い模様
 と

 ジョ、ジョセイニナンテコトヲー!

 ホント可愛い!
 ミニアニメ、短い分だけキャラ付けが濃い!!

 余計に盲目だったり、アホだったり、食いしん坊万歳連邦だったり…

 ミニ版ヴィーシャも、可愛かった!

グランツ『お? どの口が言ってるんだっ!』

00097
 潜水艦で、ムラッときたグランツが、「一機撃墜」となったのは記憶に新しいところ
 お前には言う権利があるよグランツ!
 ハハッ!

ヴァイス中尉『もっと淑女になってから、そういう発言をしたまえ

00098
00099
00100
00101
 ヴァイス中尉までー!?

兄者ですから
 前回、セクハラ発言で総スカン食らった人が、なんか紳士っぽいこと言ってるッ!?
 同じくケーニッヒも、見守り発言を
 と

 戦場では頼もしい仲間だが、まだまだお嬢チャン、って事だ♪

 ですよねー
 前回の、「ご家族」っぷりがもう…

 でも、隊内では無敵のギャンブル王として、彼らにも恐れられるんですから面白いもの

 もう一筋縄では、いかない関係ですよね

幼女『少尉がお嬢ちゃんなら、私はさしずめ“幼女”ってところかァ?

00102
00103
00104

 さすがのノイマンも、口説くに許容範囲外か?
 酔ったヴァイス中尉もですな?
 な…、なんだそれは!

 ぷ、あっはっはっはっ♪

 私のような、いたいけな幼女を口説くバカが居たら
 会ってみたいものだ?

 会ってみたいものなんですね?


00105
00107
00109
00110
00111
 冗談に決まっているだろう?

完全にフラグ
 てか、ノイマンは女好きなんですね? 前回、それであんなに「モテない!」だったのか…
 少佐にしても、「中身」は生前とまるでブレてません
 で

 そんな輩に会ったら、叩っ斬ってやるっ!

 叩き斬る(物理)
 ノー! 幼女に手を出すのはノー!!

 ほがらかに談笑して終わる最終回、よんかァい!とかが懐かしいです

 ホント、幼女にも帰る家が出来たんですねえ…

『ターニャ・デグレチャフ少佐は、とても頼もしいお方…』

00112
 と、手紙の続きをしたためるヴィーシャ、ライン戦線時代手紙そっくり
 でも今は、盲信でもなければ疑いでもない
 自然体の信頼

 そうですね、そう感じますね(ただし地獄へ連れまわされる模様)。

『それはまるで…、神に愛されているかのごとく!

00113
00114
 後半だけ声がデカいよ! わざとか! わざとだなジャガイモ女郎!!

幼女終戦
 いやあ、しぇんきも色々ありましたが、完全にフラグっぽい事を言って完結に
 幼女ですよ? 口説かない輩が居ないわけが無い!
 と

 コーヒーが不味くて、チョコレートが楽しみで、中尉がセクハラで……

 ヴァイスとヴィーシャ率が高ェ!!
 特にヴィーシャは、早見ボイスを全力活用した可愛さでしたね。アホともいう

 色々尽きませんが、アニメ版はこれでひとまず完結へ

 改めて、大隊いい奴ばっかですよね…。

幼女戦記 感想 2017年1月~3月

 幼女戦記 第1話「ラインの悪魔」
 幼女戦記 第2話「プロローグ」
 幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」
 幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」
 幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」
 幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」
 幼女戦記 第6.5話「総集編 戦況報告」
 幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」
 幼女戦記 第8話「火の試練」
 幼女戦記 第9話「前進準備」
 幼女戦記 第10話「勝利への道」
 幼女戦記 第11話「抵抗者」
 幼女戦記 第12話「勝利の使い方【最終回】」

ミニアニメ 幼女戦記 ようじょしぇんき 感想 WEB配信 ※サブタイトルはありません

 ようじょしぇんき 第0話「アニメ版 1話 ターニャ登場のちょい前」
 ようじょしぇんき 第1話「ターニャ少尉は優しい人! 第1話の顔は気のせい!!」
 ようじょしぇんき 第2話「ソーセージであんなに…」
 ようじょしぇんき 第3話「“理論上は可能だ” と言う人間は数多く見てきたが」
 ようじょしぇんき 第4話「大尉 その…、会議室の食事というものは」
 ようじょしぇんき 第5話「第二〇三魔導大隊(訓練中)、大いにドS幼女を語る」
 ようじょしぇんき 第6話「ヴァイス中尉、少佐に咎められた事を思い出す」
 ようじょしぇんき 第7話「見ましたか?」「何を?」
 ようじょしぇんき 第8話「え…、あいつチョコが好きなのか?」
 ようじょしぇんき 第9話「関連付けて、ジャガイモはヤバいと覚えておくように!」
 ようじょしぇんき 第10話「ギャンブルは、熱くなった方が負けだぞ?」
 ようじょしぇんき 第11話「ヴァイス中尉のせいで女にモテない!」
 ようじょしぇんき 第12話「ターニャ・デグレチャフ少佐は…【最終回】」