鉄血 第50話【最終回】感想 彼らの居場所 アニメ画像つき 第2期 第25話 ネタバレ レビュー 末尾“強面の二人”に改稿 前回
彼らは平和を知らずに逝くも、確かに平和の礎となった。ハッピーエンドなのだ、確かに…!

00322
00485
モヤッとする最終回! 平民ジュリエッタを側近にしたりラスタル様は能力主義
 それに“悪魔”が討たれれば、平和の象徴となるのも確か
 皆の本懐は奇しくも果たされた!

 マクギリスが乱を起こし、鉄華団が討たれた事で、権力の移行が達成されたのだ、と!

三日月の子は暁
 暗い夜の象徴、「月」の子が、明るい“夜明け前”を意味するアカツキ、納得のネーミングですよね!
 暁の子って、“大悪魔ルシファー”の異名だけどな!

 辿り着くべき場所への無欲なミカの答え、彼を改めて知った気がしました

懸命に生きた彼らを、これで報われた事にしていいのかなぁ…、と

00263
 そこが一番モヤッとするとこです、私的に。

平和を知らず
 ガンダムは旧時代と鉄華団の象徴、討たれて終わるのが、「ラスタルが平和を築く」結末に妥当
 しかし、大切な者を次々失いながら頑張って生きた昭弘
 ミカにしても…

 オルガもミカも昭弘も、散々殺してきた報い、といえばそうなんですけれども

 マクギリスも時代の犠牲者
 時代を良くしようとして、その「目的」は確かに果たされたんですよね

 役目を果たす、それは本作のテーマですし

ラスタル・エリオンという人物だからこそ、勝利した

00345
00346
 300年前の遺物にして、七星制度の原因となったガンダムが討たれ、新しい時代を迎えた

セブンスターズ
 既存権力の頂点の一角、つまり実行力があり、清濁を併せ呑み、裏取引も子供の面倒もこなす
 しかし、「秩序を重んじる」という性格がありますから
 反乱は起こさない

 彼に行動を起こさせる契機として、手柄を立てさせる存在として。

 マクギリスと鉄華団は役目を果たした
 実行力のある大人が、クーデリアと世の中を上手く導いていく、その礎になったと

 積み上げてきた物語は、着地した…、んですよね
  
モビルアーマー戦役を経て成立した、当時の功労者が世襲する歪な時代の終焉

00354
 MAは個人にしか倒せず、その報酬として支配者に。その歪みが、是正された

あらすじ
 エリオン公の直属部隊は、“ダインスレイヴ”の一斉発射により、鉄華団の掃討に成功
 その功績による支持で、彼はセブンスターズ制度を解体し
 民主制への移行を成立させた

 火星も地球から解放され、火星連合として、クーデリア主導で自治を達成する

 三日月は戦死
 鉄華団は、時代の仇花となった

 しかし彼らの繋いだものは、確かに平和へと至ったのだった(終)

男衆『『『せーのっ!』』』

00000
 マクギリスは倒れ、「力による成りあがり」の否定を、広く喧伝する政治的材料とされた
 鉄華団も、重ねてきた戦いを“志ない暴力”として否定され
 世間に「悪」とされる

 後は、彼らを華々しく打ち倒せば、エリオン公の権力掌握完遂されるのだ

 その鉄華団は、密かに団員たちを逃亡させていた

ザック・ロウ『ハッシュ…、待ってるかんな!』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00010
00011
00012
00013
00015
00016
00018
 エルガー!? 畜生ぉぉ!

砕け散って
 無情にも力尽きたハッシュ、防衛網に穴が開き、一気になだれ込んだグレイズはエルガーを殺害
 ついで、雷電号のエンビ(帽子?)が窮地に陥る
 が

 てめーら! …ヒルメ、エンビのフォローに入れ!!

 ユージン!
 しかも、上着って事は「非・阿頼耶識」なのか!?

 前回ボロクソ言われたユージン、より操縦が難しい、近接戦でギャラホを撃退!!

 ユージン、男だよユージン!

『“ユージンも、一度、下がって!”』

00019
 しかし、多勢に無勢で渡り合えるはずもなく、「それ」が可能なバルバトスが壁に
 作中屈指、MAの武装をも取り込んだ本機は
 多対一では最強!

 この尻尾ってば強すぎィ!!

※コードにあたる部分が遺失技術で、再現できないらしい

三日月『おやっさんから伝言、トンネルの作業が終わって、みんな移動を始めたって』

00020
00022
00023
00024
00025
00026
00027
00028
00029
00030
 そうじゃない、皆がクリュセについたって終わりじゃない

なあシノ!
 逸るユージンだったが、クリュセに着いた一団を、指揮できる男はもう他にいないのだ
 それぞれが、「自分に出来る事」を貫く
 と

 仕事を果たせ、副団長!

 共に元CGS参番組
 思えば、当初はオルガにつっかかるばかりでした

 でも今や、「阿頼耶識操舵」担当を経て、後方を守る事が多い立派な副団長に

 ユージンは男になった…。色んな意味

ダンテ『くっそおおおお!

00031
 また、残った面子の「非ガンダム」では、間違いなく最強だったダンテさん!
 雷電号もいるけど、パイロットが年少だからね!
 元は電子戦だったダンテさん!

 シールド持ちグレイズに、左腕が…!

昭弘『ダンテ、お前も下がれ! 両腕のねえMSでどうするんだ』

00032
00033
00035
00036
00037
00038
 ここは筋肉隊が引き受ける…、行けよ流星隊ッ! さあ、まだ仕事は終わりじゃねェぞ!

ヒューマンデブリ
 まさかの筋肉隊! 2期開始当初、シノとデルマと組んで「流星隊」だったダンテさん!!
 シノ隊の名とは、ズルいじゃねえか!
 で

 行って、オルガの命令を果たせ!

 元CGS社“ヒューマンデブリ”
 昭弘を筆頭に、チャドとダンテらの一団

 当時は「人間」のオルガ達とも、距離をとっていた昭弘、同じ育ちの兄弟を先に行かせる!

 昭弘、本当に仲間想いだ…!

『おやっさん!』『おお、ユージン! よく戻った!!』

00043
 4人で参加した年少組は、エルガーを除き、エンビ・トロウ・ヒルメらが生還
 第1期では、フミタン、クーデリアに読み書きを学ぶなど
 子供さが強調されていた4人

 なんとか3人が生還か 

ヤマギ『い、行くって?! まだ三日月達が!』

00045
00046
00047
00048
00049
 アイツらなら、後で合流する! 三日月達には、まだ仕事が残ってる…!!

最後の命令
 戦えなくなったダンテ、副団長であるユージン、何より“子供たち”は問答無用で脱出に。 
 脱出後、トンネルは爆破される
 と
 
 オルガの命令を果たすまで、止まるワケにはいかねェんだ!

 止まるんじゃねえ
 最後の命令を、生きて果たす為に

 その為にも「鉄華団全滅」と、GHが外部に喧伝できる形で姿を消さねばならない

 痕跡は残せず、トンネルも爆破一択、と

ユージン『だよな…、三日月』

00050
 結局、残ったのはバルバトスとグシオン、二機のガンダム・フレーム機となりました
 第一期ラストは、“決闘”を申し込んできたクランク二尉と戦い
 彼を討って火星脱出へ

 しかし最後は、問答無用の物量作戦点!

『昭弘も、もう良いよー』『ふざけんな! お前が残ってるのに、俺が引けるか!!』

00051
00052
00053
 ンじゃ、足ひっぱんないでね?

最後の二人
 ミカは、自分だけが残るつもりだったようで、反論されたら「思っても見なかった」って顔に
 本当に珍しく、フッと笑うミカ
 が

 おまぇ…っ、これが終わっても担いで逃げてやんねーからな!

 まあ伝わらないよね!
 昭弘には、「いつものミカ」なんでしょうね!!

 音声しか伝わらないし!

『昭弘・アルトランド、ガンダム・グシオンリベイクフルシティ!』
『三日月・オーガス、ガンダム・バルバトスルプスレクス!』

00054
00055
00056
00057
00058
00059
00061
00062
00063
00064
00066
00068
00069
00070
00071
00072
00073
00074
00075
00076
00077
00078
 出る!

理想と生存
 珍しく、本当に珍しくフルネームで愛機を呼んだ二人と共に、2機のガンダムはグレイズに吶喊!
 重装備タイプも、“火星一般仕様”も次から次へ!
 と

 何だよ…、こいつらバケモンじゃねーか!?

 ビビるわこんなん!
 最初から、ラスタル様一点狙いしてれば!?

 マクギリスが夢見た姿、ギャラホは倒せる、どんな支配も覆せると喧伝しうる猛威!!

 理想と生存、狙いは見事に真逆だけど!

ミカ『なンか、アタりが弱くなったな?』

00079
 そして、これほど強力だからこそ、「倒したラスタルに権威がつく」と考えられ
 ラスタルが、鉄華団潰しを決定する原因に
 と

 ミカやオルガは、無自覚すぎたのかもしれません。

昭弘『そりゃあ! 向こうにしたら、残ってンのが俺達しかいねー時点で、もう勝ちは決まってんだ! 勝ち戦で、死にてー奴はいねーだろうよ!!』

00080
00081
00083
00084
00086
00087
00089
00090
 そういうもんか…

窮地の好機
 好循環が始まっていた、僅か2機になった事が、“敗北確定”の状況に追い込まれた事こそが
 皮肉にも、士気の面で優位を与え始めたのだ
 と

 士気が下がっている今、私が手本を示さねばならんのだ!

 イオク様!
 正直、先日のはどうかと思ったイオク様!!

 しかしどんどんGH機が倒れ、士気がますます下がる今、誰かが前に出るのは必須!

 その行動、確かに必要な勇気だ!

ジュリエッタ『お下がり下さい、イオク様。“まだ”、あなたが出る幕ではありません』

00091
 そこに、本来は「宇宙空間用」に、推進器オバケとなっている試験機・ジュリアが
 前回、何かを連れて火星に向かった…
 と

 彼らの切り札が!

『…だな』『我々には、どんなに非情であっても、通さねばならない、大義があるのです』

00093
00098
00099
00102
00103
00106
 あなたが情報を届けてくれなければ、私達はここにいなかった…

果たされた
 実はイオク様も「作戦」は承知の上、ともかく、場面変わって“出口”サイドのメリビットさん
 出口…、敵がズラッと並んでなくて良かった…
 で

 あなたは、立派に仕事を果たしたわ…

 彼はオルガに庇われた
 けど、彼が居なくて「最悪」になる可能性もあった

 ライドが生き延び発見した事で、鉄華団は、トンネル開通を信じてここまで来れた

 良かったな…、ライド本当に良かった…

ザック『じゃあ、戦闘は終わったんスか!?』

00109
 未だハッシュが死んだと知らず、戦闘が終わり、帰ってくるのかと心配するザック
 ディンは、整備班として殿を務めている事から
 3人バラバラなのね

 まだ、帰ってくるって信じてるんですよね…

ディン『音が…、戦闘の音が…、聞こえない…?』

00110
00111
00112
00113
00114
00116
00118
00120
00122
00126
00127
00128
00130
00132
00133
00134
00136
00138
00140
 MAを単騎で仕留めるような化け物は、もはや人ではない!

ダインスレイヴ
 意外! それは宇宙ッ!! あのデカブツ、地上には持って来れないのだろうと思われたが
 どっこい、衛星軌道から一斉発射!?
 で

 獣を仕留めるには相応しい作法というものがある…、ダインスレイヴ隊! 放て

 禁忌兵器、再び!
 それも、圧倒的高低差のオマケ付きッ!!

 その直撃は、岩盤を鉄華団本部ごと砕き、「本部自爆」以上の破壊をもたらすことに

 実際にMA駆逐した兵器って、こっちなんじゃねえの…?

それでも、「弾」自体はビクともしていないという…!

00142
 でも、鉄華団が戦ったのは、「天使の9階級」で上から4番目クラスに過ぎません
 MAにも、ダインスレイヴ乱射するような化け物が
 きっと居たに違いない!

 地表から、反撃して殲滅するようなのがきっと居たんだよ! 多分!!

『暗い…、これ…、死んだのかな…、でも、俺はこの場所を知っている』

00146
00147
00148
00149
00151
00152
00153
00154
00155
00156
00157
00159
00160
00161
00163
 俺が…、“生まれたとき”の記憶。俺の命はオルガに貰った…、なら、そうだ…、決まってる

はじまり
 いつかアトラは、子供を作れば、彼を繋ぎとめられるのでは、とクーデリアに懇願しました 
 しかし、まだ生まれていない子には重かった…
 か

 生きて…、いるのか!?

 昔は生きる術を知らず
 ミカは、「オルガと出会って」生を感じたと

 色んな意味で、立てない時、立ち上がらせるのはオルガ

 その様、まさに怪物!

ギャラルホルン兵『ほ…、本物の悪魔かよ…!?』

00165
 地形が変わるほどの攻撃に耐え、動き始めた二機のガンダム
 気味が悪いにも程がある!

 ミカ達が、何を思ってるか知れば印象逆転なんですが…!

『うろたえるな! しょせん死に損ない、私が引導を渡してくれる!』

00167
00168
00169
00170
00171
00172
00174
00175
00179
00181
00183
00184
00189
00191
00192
00194
00196
 しょうがねえ…、死ぬまで生きて、命令を果たしてやろうじゃねェか!

イオク様め!
 しかし、止まっていれば各個撃破のみ! 兵たちを立ち直らせたのは、無謀なイオク様の吶喊!
 バルバトス、“リミッターカット”開始!
 と

 おいバルバトス…、お前だって止まりたくないだろう…?

 第一期ラストと同じ状態
 どうも本来は、「MAに近付くと発動する」最強状態らしい

 となると厄祭戦時は、この状態がゴロゴロしていた事になるが、ともかく桁外れの瞬発力!

 ミカの表情も悪魔のよう!

『ンじゃあ…、行くかァ!』

00197
00202
00203
00204
00205
00207
00211
00212
00215
00216
00217
00218
 一体何がどうして出てる音なのか、獣のような声が!

ルプスレクス
 かつてグレイズアインが、また対・グレイズアイン、対MAで発現した炎のような眼の発光
 最短で敵を止める、“コクピット潰し”殺法!
 が

 中には操縦席カプセルを抉りだし、握り潰す事さえ…

 本来は対MA戦
 しかし、さながら“MA”そのもの…

 以前と違い、「手指」そのものが凶器と化した為、ますます殺戮効率が上がっている始末

 ルプスとは狼の意味、つまり手負いの狼!

しかし、ならばと投擲の連打を浴びるバルバトス!

00219
00221
00224
00226
00229
00233
00234
00235
 しかし、「来い」と命じるや、テイルブレードが斧をなぎ払ってくれた

レギンレイズ・ジュリア
 さっきジュリエッタは「まだ」と言いました、バルバトス復活も、当初ジュリエッタは静観
 彼女達の、“本当の役割”はまだ先なのでしょう
 が 

 下がれ! こいつの相手は私がする!!

 遂に飛び出したジュリア!
 大推力を活かし、バルバトスを捕らえる!!

 しかし、「下がれ」と声をかけた相手は、とっくに上半身を抉られていたのです…、と

 もう完全にホラー映画だよ!

『死に損ない! この、イオク・クジャンの裁きを受けろ!!』

00237
 歴戦の猛者にして、強くなる為に身体を鍛えに鍛えた昭弘が
 ド素人、イオク様になぶりもの
 これはひどい

 当人、まったく悪気は無いのでしょうが!

昭弘『その、名前…! お前かああああああ!!

00239
00240
00242
00244
00246
00247
00249
00250
00251
00254
00257
00259
00260
00263
00264
 あ、わ、私はこんなところで…!? あ、ああああああああああ!?

土産話
 生きてりゃ良いコトもあるもんだな、テメーをこの手でやれるとは…、
 昭弘、ささやかな幸福と共に戦死…
 が

 いい土産話が…、出来た

 イオクもイオク
 これまで、異常な幸運で生き延びた男

 その彼が、今回、“たまたま足元に埋まっていたシザース”の餌食になって戦死とは…

 まるで、この時の為に生きてたみたいじゃないですか…

ジュリエッタ『何故だ!? 何故まだ抗う! 無駄な足掻きだ、こんな無意味な戦いに、何の大義があるというのだ!』

00267
00270
00272
00273
00276
00279
00283
 大義? なにそれ? 無意味? そうだな…

意味なんて
 どうしようもない誤解、“大義があって戦っている”からこそ、これほど強いと思ったのか
 大義ゆえに、強くなったジュリアらしい言葉
 対し

 そうだな…、俺には意味なんてない…、でも

 機械的に実行するミカ
 彼は、「自分に意味がない」と思っていた

 だからオルガと組み、役割を与えられ、初めて“生まれた”と感じた。

 それまで、本当に“無意味”だったと
 
ジュリエッタ『悪魔め…!』

00285
 傍から見れば、コクピットごと、グレイズの首フレーム引っこ抜く悪魔!
 引っこ抜き、コクピットだけ握り潰す!
 悪魔!

 かつてこれ程、コクピットを狙うガンダムがあったろうか!

三日月『けど…、今は…!』

00286
00288
00291
00292
00294
00298
00299
00300

 大義? なにそれ? 無意味? そうだな…俺には意味なんてない…、でも
 けど…、今は…

 俺には、オルガがくれた意味がある

 何も持っていなかった、俺の この手の中に、こんなにも多くのものが溢れてる
 そうだ…、俺達はもう…、着いてた
 俺達の…、本当の居場所…

 だろ、オルガ?/ああ…、そうだな、ミカ

00304
00305
00307
00308
00314

 ああ…、また汚れた
 アトラに怒られる…、クーデリア、一緒に謝ってくれるかなぁ…


00316
00318
00320
00322
00323
00324
00326
00328
 そうだ…、俺達はもう…、着いてた

ここじゃないどこか
 幼い日にオルガが示した、「彼も知らないどこか」幸福な場所とは、二人にとって鉄華団だった
 鉄華団は、ミカを沢山の幸せで満たしてくれた
 と

 俺達の…、本当の居場所

 オルガもそうだ
 最期に、「先へ行け!」と団員を促した

 その真意は、団員がこの先もへこたれないよう、精一杯にカラ元気を振り絞っただけなんだと

 当の二人は“鉄華団<ここ>”でもう、十分なんだと。

ジュリエッタ『もう…、意識が!?』

00329
00332
00336
00338
00340
00341
00342
00345
00346
 今ここに! アリアンロッド艦隊司令ラスタル・エリオンの威光の元に!!

人間と大義
 ジュリエッタは、目の前の少年が、ただ大切な誰かの為、必死に戦ってただけだと理解した
 でも今、「世間へのイメージ」を演じる義務がある
 と

 悪魔は討ち取られた!

 彼女は「大人」に
 大義の為に、汚い事もやってのける

 ミカを心底哀れみながらも、大義の為にブレない、ブレたら「彼の犠牲」が無駄になってしまうから

 だから、「悪魔」と呼んだのではないでしょうか

正直、まだ生きていると思っていました

00347
 激しく出血したミカ、しかしラスタルの大義に、パイロットを殺す必要はありません
 ガンダムの、常軌を逸した抵抗する姿と
 倒れる姿があればいい

 ラスタルが欲しい「絵」は、それだけだったはずですから。

『“マクギリス・ファリド事件”と呼ばれた一連の事件は、本人の死によって幕を下ろした』

00348
00352
00353
00354
00355
00356
 鉄華団の合同碑の前で佇む青年、実はライド。彼は、銃弾を石碑に打ち込んでいった

マクギリス事件
 この事件は、ギャラルホルンの威信を回復、“第1期ラストと真逆の結果”は平和を意味します
 もはや、他勢力は軍事化を諦めるでしょう
 で

 ギャラルホルンは、セブンスターズによる合議制を廃止

 権力を掌握したラスタル
 しかし彼は、何と「民主的な組織」へと再編します

 ギャラルホルンの問題点、華美な貴族、血統主義は終焉を迎えたことになります

 マッキーの夢は叶ったのです

『エリオンは、事件を契機にギャラルホルン火星支部を縮小…』

00358
 しかも彼は、事実上の「火星支配権」を放棄、ギャラホを通じ支配していた経済圏は
 遠すぎる飛び地を、直接統治するような体力もなく
 火星は、火星の民の手に

 この無茶! マクギリス事件で、セブンスターズ解体が為せたからでしょうか
 
『火星の各都市は、“火星連合”を設立。連合議長として、クーデリア・藍那・バーンスタインが就任した』

00360
00361
00362
00364
00366
00367
00368
00371
 ラスタル・エリオンと密約を交わし、更に勢力を拡大したテイワズの影響が大きかったとされる

訪れたもの
 火星独立、傷ましい「タービンズ事件」も、本件で“テイワズとラスタル”が結びついた事が
 若すぎる、クーデリアの議長就任を実現させた
 と

 誰にも等しく、権利を与えられる世界…

 マクギリスの理想の一端
 彼は、これを「力で奪い合う世界」と定義しました

 しかし元々、平民のジュリエッタを拾い上げたように、ラスタルも“能力主義”だったのです

 ガンダム・バエルはより厳重に封印

吹き飛んだ腕などを完全に修復、封印処置となったバエル

00374
 もはや、バエルの主がGHのトップという古い法も効力を失い、再び封印へ
 何度でも主張しますが、初代アグニカ・カイエルもまた
 ミカ同様、「喰われた」と思います 

 解説での一体化の強調、戦闘面でも、常に対MAでリミッター解除されてた時代ですし…。

『そして、人々は忘れてゆく。マクギリス・ファリドの起こした事件には、鉄華団という、戦いしか知らぬ子供たちが存在していた事を。路肩に咲く野花に、誰も気付かぬように…、通り過ぎてゆく』

00376
00378
00382
00385
00386
00387
00388
 ヒューマンデブリ廃止条約の、調印式が行われています…

三日月
 そして「俺は忘れない」とばかりに、ライドが、“三日月”など書き足した石碑が描かれ
 地球アーブラウで、驚きの条約が調印に
 と
 
 これからはGHの総力を挙げて、あなたの夢の実現に取り組むつもりです

 蒔苗記念講堂
 晩年、ヒューマンデブリ問題に尽力したそうな

 多分チャドと知りあった事が、きっかけになったんだろうな、と思うと少し切なく感じます

 地球編、チャドが苦しんだ事は無駄じゃなかった…。

クーデリア『夢…、ですか』

00391
 正直、直後に急変し、エリオン公を蜂の巣にすると思いました!
 撃って! ミカの仇を打ち倒して!!
 ユージン撃って!

 もちろん、そんなヤクザな展開にはなりません!

『実は、私にはかつて、ヒューマンデブリだった家族が居ました…』

00392
00393
00396
00397
00398
00400
00401
00402
00404
 私はただ、彼らに恥じないように、生きていたいだけなのです。

納得する男
 敢えて昭弘たちの事を、彼らが戦い“散っていった”事を、当のラスタルに告げると共に決意を。
 恨みではない、ただ「恥たくない」
 と

 フン…、あれでこそ。だな? 

 ニヤリとするラスタル
 革命の乙女、クーデリアはお気に召した模様

 ラスタルは「彼ら」を散らせた、しかし、彼女の意思となって生きている

 この条約、決して口先だけじゃない

『クーデリア・藍那・バーンスタインが議長に就任するのを、何故見過ごしたのか…』

00406
 障害になるだろうに、何故クーデリアの議長就任を許したのかと不思議がるジュリエッタ
 お相手は、「あれから数年経つ」のに車椅子
 治らないらしいガエリオ

 前回は、低重力ブロックだったから? 阿頼耶識の後遺症?
 
『それぞれの皮算用があるんだろう、あの女も、それを理解して、立場を受け容れた…』

00407
00410
00411
00413
00414
 真実の強さを手に入れる為には、人間らしくあれ、と

強さの理由
 ラスタルがジュリエッタに「討たせた」事で、彼の後、彼女に権力が委譲される用意も始まっていた
 しかし彼女は、“鉄華団こそ人間だった”と語る
 と

 野望や目的の為の手段ではなく、ただひたすらに…、生きる為に戦う

 真実の強さは人間らしさ
 ヴィダールとして、ガエリオが得た答え

 ジュリエッタにそれを踏まえ、鉄華団こそ、人間らしかったゆえに強かったのだと

 今なら、それが理解できる

『俺も…、もっと早く、アイツを理解できていれば…』

00415
 ギャラルホルンが鉄華団に怯えたのは、その行動原理が、理解できなかったから
 きっと、何か大義や野望の為に強いのだろうと誤解し
 悪魔だと恐怖した

 ガエリオも同様に、マクギリスを理解できず、悪意ばかり膨らませてしまった

『ジュリエッタ、この後の予定は? 食事する時間くらいあるんだろう?』

00418
00419
00422
00425
 随分と軽薄になられたものですね…、仮面を被っていた頃は…

肉を所望します!
 難しい話を終えた後は、懐かしい、一期の頃の「ガエリオ・ボードウィン」に戻ってくれますが
 そのギャップに、まだまだ戸惑っている模様
 で

 良いねェ、もう少し肉がついたほうが、俺の好みだ♪

 セクハラだァ! 
 この二人も、不幸でも不思議はなかった

 復讐、自分を「剣」に位置付けていた危うさも解け、微笑ましい二人になった模様

 いいか野菜野菜肉肉野菜だ!

アレジさん『蒔苗先生も…、今日のクーデリアさんの姿を、お喜びだったと思います』

00426
00427
00428
00429
00430
00433
00434
00435
 ふくだんちょーこそ! クーデリアさんに、迷惑かけてないでしょうねっ!

アーブラウにて
 第1期で「蒔苗派議員」だったアレジ氏、議長を継ぎ、タカキにいずれ地盤を譲りたいという
 地球編で、一度タカキはくじけました
 が

 俺も火星の、世界中の子供達の為に、出来る事を見つけていきます!

 学がない故に操られた
 知識と経験を積み、選択肢を拡げること

 クーデリアが鉄華団に伝えたかった助言は、彼に受け継がれ、また広がっていくのでしょう

 第2、第3の鉄華団を出さぬように

チャドさん『孤児院の方から、人手が足りないと催促が』

00436
00437
00438
00439
00440
00443
00444
00446
 今回の条約で、行き場のない子供たちはまだまだ増えるでしょうし…、なんとか手を打ちましょう

デルマ・アルトランド
 そして火星、アドモス商会と学校に孤児院、クーデリアの三つの事業は鉄華団が運営に参加
 デルマも義手をつけ、元気にやっているようです
 が

 今は信じましょう…、私達は、家族なのだから

 鉄華団の一部が先鋭化
 ライドたちは、「恨みを晴らす」べく行動していると

 メリビットさんに励まされましたが、オルガを死なせた事が、今も突き動かしているようで…

 激情家のダンテも、穏やかに暮らしてるのに…

『オルガ・イツカを…、覚えてますか?』

00450
00451
00452
00455
00457
00459
00460
00461
 ハァ? 誰だそれは? というか

ライド・刹那
 当のライドは、オルガの事を忘れていた(口調からして本気で)ノブリスを殺害、恨みを一つ晴らす
 雪之丞は、“カッサバファクトリー”を立ち上げに
 と

 歩き続ける事…、それが私達の務めだと思うのです

 ディンやヤマギが所属
 トレードマークに、「流星号」印を採用

 ザックはそっちの事務方になったんでしょうね、もう実家にも帰れないでしょうし

 ミカの銃はオルガを経て、今もライドの手で…

クーデリア『どんなに離れていても、たとえ…、もう会えなくとも』

00462

 どんなに離れていても、たとえ…、もう会えなくとも
 私達の誰もが、光を目指して歩いている。歩き続ける事…、それが私達の務めだと思うのです

 私達の幸せを願って、散っていった家族のためにも


00463
00464
00465
00466
00467
00468
00469
00470
00472
00473
 しばらく留守にしてたので…、家に帰っておきたいんです

光を目指して
 さっき、ラスタルと渡り合ってきたように、殺し殺され泥沼にはまった鉄華団を経て
 彼らは今、光を目指して歩いている
 と

 そりゃそーだ、愛する男が待ってるもんな?

 雪之丞も二人目
 チャドは、ヤマギらと理由をつけては飲んでるらしい

 ユージンは窘めてますが、かつて、オルガが酒場でハメを外したのも懐かしいですね

 胸を張って帰れる家、あの夢は実現しつつある

アトラ『…あっ、これアカツキーっ!』

00474
 そして「男」の待つ家、ああやっぱり! と思ったらフツーに息子でした
 てか、アトラが尋常じゃなく育ってました
 でかい(身長)

アカツキ『クーデリア?』

00475
00476
00477
00479
00480
00482
00484
00485
00486
00488
00489
00491
00492
00493
00494
00495
00496
00497
00499
00500
00502
00504
 アカツキの手…、随分大きくなりましたね?/うん…、三日月譲りだね?

未来を掴む手
 ミカ、三日月が夜明けの象徴なら、アカツキとは明け方、明るい世界の訪れを願う名でしょうか
 クーデリアは、ミカが鉄華団が残してくれた世界を
 と 

 愛しています、…あなたが残してくれた、この、世界を

 だから頑張れる
 少しでも前に進んで、胸を張って出会う為に

 誰もが忘れてしまっても、鉄華団が討たれた事が、またミカがジュリエッタに影響を残した

 決して無駄じゃない、無駄にさせない決意なのでしょうね

2017年 3月26日 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 第2期 第25話「彼らの居場所【最終回】」

00316
 大張氏は原画として参加に

スタッフ
 脚本:岡田麿里(シリーズ構成)
 絵コンテ:寺岡巌、小林寛、長井龍雪(監督)
 演出:長井龍雪(監督)、 綿田慎也
 キャラ作画監督:千葉道徳、大貫健一、森下博光、小谷杏子、戸井田珠里
 メカ作画監督:有澤寛

ミカとオルガは、「自分達が死んだら、悲しむ奴がいる」って実感しきれていれば、少しは結末が違ったのでしょうか

9c9e6f6f
 特に第2期の前OP、強面よね!

辿り着くべき場所
 改めて思うのは、一見オルガもミカも強面、オルガは上昇志向で、ミカは人間らしくない
 でもたぶん違って、二人とも無欲なんだろうな
 と

 だってオルガ、「前に進め」と言って、自分は庇って撃たれたワケですし

 自分は進まなくていい
 ただ、「仲間が、元気にやって行く道標」さえ残せればいい

 オルガ、いつも具体案もってませんし

オルガが示した、「ここじゃないどっか!

00151
00154
 つまり、具体的な目標がある訳じゃない

ムードメーカー
 オルガ自身、どこかに行きたいんじゃない、「周りが元気に過ごせるよう、目標を示したい」だけで
 ミカにしても、ささやかな幸福で満たされてた
 と

 だから皆がやっていける「道筋」を残せたら、それが「彼らの到達点」だったと

 ここが到達点だった
 ミカが言って、オルガが「そうだ」と答えた

 二人ともあの強面で、皆の背中が遠ざかっていくのが、すごく嬉しかったんじゃないかなって

オルガは、怖い顔で「よーし行くぞ!」って先頭に立つ男!

00326
00328
 そんでミカは、後ろから「早く行けよ。行かないと撃つよ?」って男!

信じた道を進め!
 周囲は、「こいつらそんなに急いでるのかよ!?」って思うけど、ただ皆がへこたれないように
 ただ、前に進み続けて欲しいだけであって
 彼ら自身は「ここ」でいい

 シンプルだから強くなれて、強いから利用されて、けど利用された事も決して無駄じゃなかった

 オルガが辿り着けなかった平和
 命を張らずに稼げる社会は、彼らの犠牲で出現したのですから

 だから彼らも、決して報われなかったわけじゃない

 そう感じたので、そう思う事にします。私は。

でも、それでも「彼らが思わなかっただろう」って事

00504
 ユージンがオルガを励ましたように、マクマードさんが甘いものをくれたように
 アトラが、クーデリアが繋ぎとめようとしたように
 彼ら自身に生きて欲しかった

 皆の為に奔走したオルガ自身、皆に心配されてたって気付いてたんでしょうか?

 自分は無意味と断じたミカ
 しかし、周りは「生きて欲しい」と思っていた

 周りの悪意にも善意にも、自分自身に無頓着な二人だったなーって思いました

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期 感想 2015年10月~2016年3月

 第1話「鉄と血と」
 第2話「バルバトス」
 第3話「散華」
 第4話「命の値段」
 第5話「赤い空の向こう」
 第6話「彼等について」
 第7話「いさなとり」
 第8話「寄り添うかたち」
 第9話「盃」
 第10話「明日からの手紙」
 第11話「ヒューマン・デブリ」
 第12話「暗礁」
 第13話「葬送」

 第14話「希望を運ぶ船」
 第15話「足跡のゆくえ」 
 第16話「フミタン・アドモス」
 第17話「クーデリアの決意」
 第18話「声」
 第19話「願いの重力」
 第20話「相棒」
 第20話副音声
 第21話「還るべき場所へ」
 第22話「まだ還れない」
 第23話「最後の嘘」
 第24話「未来の報酬」
 第25話「鉄華団<完>」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 感想 2016年10月~3月

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 第2期 第1話「新しい血」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 第2期 第2話「嫉心の渦中で」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話 第2期 第3話「夜明け前の戦い」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話 第2期 第4話「出世の引き金」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話 第2期 第5話「アーブラウ防衛軍発足式典」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 第2期 第6話「無音の戦争」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 第2期 第7話「友よ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 第2期 第8話「火星の王」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話 第2期 第9話「ヴィダール立つ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話 第2期 第10話「目覚めし厄祭」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話 第2期 第11話「穢れた翼」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 第2期 第12話「クリュセ防衛戦」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話 第2期 第13話「天使を狩る者」
 キスマイ宮田もどハマリ!『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』今から観ても絶対間に合う!SP 
 
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 第2期 第14話「助言」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話 第2期 第15話「燃ゆる太陽に照らされて」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 第2期 第16話「人として当たり前の」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話 第2期 第17話「落とし前」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 第2期 第18話「たどりついた真意」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話 第2期 第19話「魂を手にした男」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話 第2期 第20話「これが最後なら」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 第2期 第21話「誰が為」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 第2期 第22話「生贄」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 第2期 第23話「約束」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話 第2期 第24話「マクギリス・ファリド」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 第2期 第25話「彼らの居場所【最終回】」

関連記事

 “発掘ガンダム”のギミックとは? ガンプラ情報より(第29話「出世の引き金」放送時)
 『HG イオフレーム獅電』ランナーレビュー&機体設定(第32話「友よ」放送時)
 『ガンダムフラウロス』 彩色、正式名公開! “コクピット”は…? (第34話「ヴィダール立つ」放送時)
 『HG ガンダムヴィダール』ランナーレビュー&機体設定(第35話「目覚めし厄祭」時)
 『HG モビルアーマー ハシュマル』彩色サンプルが更新(同上)
 2017年2月発売ガンプラ予約開始(同上)
 『HG レギンレイズ イオク・クジャン様専用機』プレミアムバンダイ受注開始(第38話放送時)
 2017年1月発売ガンプラ「ヘルムヴィーゲ・リンカー」他ボックスアートなど公開 (同上)
 2017年2月発売ガンプラ「新MS C(ジュリエッタ機?)」シルエットなど公開(同上)
 2017年2月発売ガンプラ「ガンダムバルバトスルプス新形態(仮)」シルエット公開(同上)
 2017年3月発売ガンプラ「ガンダムバエル」他予約開始!
  『ガンダム・バルバトスルプスレクス』『バエル(彩色)』『ジュリエッタ新型』公開!
 『HGUC ゼータガンダム 4月発売』『バルバトスルプスレクス 画像更新』
 2017年2月ガンプラ『バルバトスルプスレクス』11日など 全9種 発売日!(第41話放送時)
 3月発売『ガンダムバエル』彩色版公開! “肩の紋章”は…?
 4月『HG ガンダムウヴァル』発売 “鉄血外伝”ガンダム・フレーム機
 『HG ガンダムフラウロス(厄祭戦時)』受注中! “バエル”と似た 300年前カラー
 『HG ガンダムキマリスヴィダール』公開! ランス、もしかして…?(第44話放送時)
 鉄血外伝より「HG ガンダムウヴァル」がキット化。4月発売予約開始
 2017年3月ガンプラ「HG ガンダムバエル」「ガンダムキマリスヴィダール」など 全18種 発売日
 外伝漫画より『HG ガンダム・ダンタリオン』キット化! 71番目のガンダム・フレーム
 『HG モビルレギンレイズ(一般機)』受注中! アリアンロッドが未だ占有する後継機!
 鉄血ガンプラは3月で本編、4月外伝、5月は発売なし? ガンプラジャーナル2017年3月号
 外伝機『HG ガンダムダンタリオン』の試作品公開 この異形感!
 2017年 5-6月「HG-IBO ガンダム・ダンタリオン」他12種、予約開始!
 『HG 1/144 プルーマ クリュセ侵攻セット』プレバン受注開始! “MAの端末”が6機セットに!!
 『HG 獅電改(オルガ機/ライド機)』受注中 王様の椅子&雷電号!
 『HG 1/144 鉄華団コンプリートセット』受注中!
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 感想 漫画

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 1巻“仇の名はガンダム”
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 2巻“アスタロトvsウヴァル”

追記履歴

 4月3日:末尾“強面の彼ら”追記&改稿