BanG Dream! バンドリ! 第10話 感想 レビュー 驚いちゃった! アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
好きこそ ものの仇となる?” 助言! 曲解? 大迷走! 最終章は香澄編?

00376
00010
確かに、香澄は出来てない! けどそれは技術でなく…、分からんか心じゃよ!!
 視聴者に伝わり、香澄自身に伝わらない!
 オーナーも悩んでる!

 いつも周りも自分も見ず、突っ走ってきた香澄らしい壁だった!

それぞれの原点
 出会いが、演奏技術だったたえ、一番優しいりみ、今と昔の仲間の為に気負ってきた沙綾
 立ち直る理由が、彼女達らしかった!

 一番付き合いの長い有咲が、唯一気付いたのも原点回帰だった!

オーナー『あんたが一番できてない

00281
 猪突猛進の香澄らしく、進む方向を間違え壁にブチあたるの図

再挑戦!
 前回、「自分はやりきった!」と唯一言えた事が、言ってしまえば間違いの始まりなんでしょうね
 他メンバーは、悩んで“立ち直って”イイ顔になれましたが
 香澄だけは違った

 技術が足りないせいじゃないし、初心者の香澄にはゴールが遠すぎる!

 これじゃ、“足を引っ張る”と心が折れた感じでしょうか?

香澄『SPACEが好きだから!

00190
 店に戻ってきた香澄の言葉に、オーナーは手を止めましたが…

好きだから
 何となく、「SPACEを閉める理由」に繋がるから、動揺してしまったって感じました
 香澄の克服や、もしかしたら妹さんが部活を辞める理由とも
 関わってくるんでしょうか?

 オーナーの性格的に、「好きだから店を閉める」って感じますが、閉店理由とは?

 目や耳も悪化して、上手く続けられない?

おたえ『ドキドキしてきたっ!

00349
 彼女の原点、“ドキドキ”を拾ったり、シリーズ総決算が始まった感だ!!

あらすじ
 とりあえず頑張る! SPACE閉店を知らされ、危うく花園ランドが築かれる所だったPoppin'Party
 ならば、閉店までに一度は立つんだと、即日SPACEに向かい轟沈
 香澄は「アンタが一番できてない」と助言される

 それぞれが奏でる理由を見つめ直す中、「技術が足りないのか」と練習漬けになる香澄

 再オーディションに臨むも
 香澄の心は、当人も気付かないところで折れてしまっていた

 Glitter*Green、CHiSPA、皆と最後のSPACEライブに参加する事は出来るのか…?

 次回、第11話「歌えなくなっちゃった」

オーナー『SPACEを…、閉めるよ』

00000
 沙綾を加え、動き出したPoppin'Party、しかも“SPACE”のバイトをさせてもらい
 ここでライブする事が、どれだけ素晴らしいか知り
 勢い任せに挑戦した

 結果は玉砕、1mmもくじけぬ香澄だったが、閉店を宣言されて…

オーナー『私はもう…、やりきった

00001
00002
00003
00004
00005
00006
 これ以上、オーナーらしい理由があろうか! いやない!! …多分!

完走
 あまりに明快で彼女らしい理由に、衝撃を受けるたえ。“その驚き”に衝撃を受ける視聴者!
 おたえですら、凍りつくほどの事態だ…!
 と

 閉めるまではしっかり頼むよ? 花園

 でも、オーナーは素直じゃない
 それは学んだ!

 足の悪さが、まっさきに疑わしいですが…?

 しかし作画いいな…ッ!

というワケで、4月末の13話まで放映継続です!

00007
 特番というか、やっぱり「ライブアニメ」は、サンライズ(ガンダムやラブライブなど)とか
 A-1みたいな最大手会社じゃないとキツいんでしょうか
 あの辺が別格過ぎるというか

 後、妹さんが水泳を止める、って件もあるんですよね

後、余談ですが

00009
 文化祭ライブで、バチを取り落とすシーンがあったのがすごく好きですが
 オープニングで、くるっと回して叩くのが
 何度見てもカッコイイ!

有咲『何だアレ…』

00010
00011
00012
00013
00014
00015
 ここに理想の花園ランドを建設するのー、こっちはオッちゃんの部屋、ノロちゃんは隣の部屋でー

戻ってきて!?
 ダメだ! やっぱりシリアスに精神が耐えられなかったんや!! おたえさんがブッ壊れ…
 あ、ああ元々壊れてたから一周回って…!?
 とまれ

 重症だなー…、香澄も来ないし……

 割と平気そうな沙綾たち
 沙綾は知ったばかり、有咲は素直じゃないし…

 始動したばかりで、早くも空中分解するPoppin'Party、神はいつも有咲を試す…ッ!!

 あと、沙綾の私服がコンビニっぽい!

おはよーっ!

00016
 遅れてごめんねっ!
 しかし香澄、平然と現れるファンサービス
 もっとも遅刻である

 主役は遅れてやって来るからね!

『えへっへ…、本番のライブで着る衣装を、考えてきましたっ!

00017
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00025
00027
00029
00030
 まだなくならない! オーディション、絶対合格しよ! 私、がんばるからっ!!

「まだ」
 閉店までに合格する! てっきり閉店阻止かと思いきや、挑戦路線に切り替えていた香澄
 沙綾も同意し、今度こそ再始動に!
 が

 皆とお揃いの衣装…、着たいなっ!

 そういや香澄
 以前、「ギターを売る」「バンド参加できない」とか

 基本的に、相手の意思を変えよう! って方向には、あまり動かないんですよね

 そこが“香澄らしい”行動か

『うん…、ここに花園ランドを作るのはライブが終わってから

00000
 作らせねーし!
 それ、妄想じゃなかったのかよ!
 てかツッコミ早ェよ!

 沙綾加入でラクになる? そんな事もなくツッコミ地獄だよ!

たえ『次、いつ行く?』

00033
 とまれ、日数が限られた以上、まず「不安がある部分」を重点練習し克服を図る事に
 そういう面では、ベテランのたえはマトモである
 驚くほどマトモである!

 が

香澄『今日っ!

00034
00035
00036
00037
00038
00039
00040
00042
00043
 受かる気、あんのかい? …話にならない。“足りてない”よ、全然!

香澄ブーメラン
 しかし香澄、「不可能」と「相手の迷惑」を考えない事に関しては、一日の長がある女である!
 オーナー、門前払い&アドバイスの優しさ!
 で

 でも…、見てるのは技術じゃない、って前にオーナー言ってたよ?

 でしたっけか。
 なるほど、「昨日の今日」でも可能性がある

 むしろ見ている部分”が分からないと、どれほど上手くなってもダメかもしれず…?

 謎! って謎のおたえさんが言ってる!!

『…あ、Poppin'Partyっ

00045
 そして、困った時のGlitter*Green…、と思いきやナツキ達!
 ホントに意外だった!
 てっきり

 久々の私服姿

『そっかー、受けるんだっ』『いつか出ようと思ってたんだけど、後3回しかないからっ』

00046
00048
00049
00050
00051
00053
00054
00055
00056
 さとがね? 今すぐ出よう、って言ってくれたんだっ♪ ねー♪

CHiSPA
 元より沙綾の件から分かる通り、カラッとした口調に反して、引っ込み思案な気があるナツキたち
 しかし、新入りの里実が背を押してくれたんだ
 と 

 後悔…、したくなくて。

 いい子だ…
 見た目、こけしっぽいし良い子だ…

 こう見えて、演奏も派手だって言われてましたし、秘めた情熱家って奴なんでしょうね

 情熱を秘めた肉体…!

CHiSPA『足りてないって…、何が?』『何か、怖くなってきた…』

00057
 そして限られた」以上、出演枠を巡って、今まで以上に熾烈な争いに
 ナツキは、生き残ることが出来るか?
 と

 そう思うと、香澄の「今すぐ行こう!」も間違ってないのか

里実『…大丈夫だよっ。きっと♪』

00059
00061
00062
00063
00064
00067
00068
00069
00070
 ナツ、フミカ、マユ、サトミっ! 応援してるっ!!

やってみる!
 最初は気まずそうだった沙綾も克服、意外にムードメーカーなサトミに励まされながら
 彼女達も、オーディションへ向かう事に
 と

 やるだけやってみるっ!

 ガッツするマユ可愛い!
 一方で、香澄はちょっと硬直しちゃってる感じが…

 香澄、ホント何考えてるのか…?

オーナー『ベースは走ってるし、ドラムは余裕がない、キーボードとギターは、勢いで誤魔化してる! …やりきったかい?』

00072
00073
00074
00077
00079
00080
00081
00083
00084
00085
00087
00090
00093
00094
00095
00096
00098
 はい! 今やれる事は、全部やったつもりですっ!!

彼女達の場合
 やはり辛辣なオーナー、その上で「やりきったかい?」と、彼女のお約束の質問を投げかけた
 ダメだと自覚し、それでも「やりきったか?」
 と

 合格

 演奏後、「ダメだった」って有咲たちと対称的
 それに意思の統一も高い!

 また、彼女達もグリグリもライブ用CGがないらしく、演奏描写はカットに

 作るのって、大変らしいですしねえ

『先、行かれちゃった~』『何が違うんだろう』

00100
00101
00102
00103
00104
00106
00107
00108
 私達と、どう違ったんだろう?

沙綾、後ろ後ろ!
 思わず泣き出すナツキ達、前回のポピパ同様、その模様は店内モニターで確認でき
 りみなどは、我が事のように喜ぶ
 が

 ちゃんと返事できたから? 曲が良かったから?

 独り当惑するたえ
 相変らず、空気を読まない!

 が、多分もっとも演奏歴の長い彼女が、「どこが」と感じたのは大きい! 多分!

 レベル的には、遜色ないって事なんでしょうね

ふーっ♪

00109
 そして遅れてやっぱりGlitter*Greenが! ちょっと飼い主?!
 飼い主の人はどこ!?

 お客様の中に、トップブリーダーの方はいらっしゃいませんか!?

ひなちゃんを求める所に、ひなちゃんあり! そういう存在に、ひなちゃんはなりたい! なりたいんだーーーーーーっ!!』

00111
00113
00114
00116
00118
 いいのかい、お嬢さんよ~? せっかく受かるコツを、教えてあげようと思ったのによ~?

ひなこのーと
 しかし困った事に、オーディションについて頼れる事も確か。デートしてくれたら教えるという
 有咲を生贄に、受かるコツを教授…?
 が

 リィちゃん、マジジェラシスト~、まじぇら~?

 遅れて残りの面々が
 正直、人形と話すリィ先輩も大概変

 しかしひなこと話すと、急激にマトモに見えてくるんですから、ひなこ先輩ってすごい

 マジひなこすごい

『何かされた?』『まだ大丈夫ですっ』

00119
 たえさん、何を言って…、ああ別に間違った事は言ってないのか…?
 いや、この程度なら「何かされた」内に入らないんですね
 おたえさん基準だと!

 器が大きい

『お姉ちゃんたちも見に来たの?』

00120
 うん、私達にとっても刺激になるから
 とは真面目なゆりの談
 で

 この間、リィ先輩が笑顔で凍りついてて妙に笑えます。

 いや単なる作画節約なんですが

『ポピパのオーディションも見てたぞ?』『ぞ♪

00122
00123
00125
00128
00130
00132
00133
 あの! 何がダメだったんでしょうか?/受かるコツって?

回答X
 こたえを欲しがったおたえ達へ、告げられたのは、多分に教育的な助言
 考える、もっと考える…
 と

 一生懸命、考える事っ!

 生徒会長も納得
 今は、答えではなく「考える」こと

 プロでない以上、高い技術はなくて当然、まず求められるのは考えること

 ひなこ先輩、珍しく教育的!

『マジェラった~?』『ノジェラ~』

00134
 本気で嫉妬しましたか? いえそんな事はありません
 ノーです、と

 ひなこ先輩、言語センス意味不明である

ゆり『音楽に正解はないよ? 答えなんて、みんな違う…』

00136
00137
00139
00141
00143
00145
00147
00149
00150
00151
00152
00156
00160
00161
00164
00166
00168
00169
00170
00172
00174
00176
00177
00181
 おねえちゃんが考え事!?

お姉ちゃんだって考える
 人間は考える葦である、なお有咲、香澄を睨んだのかと思いましたが、視線の先には誰も居ず
 単に、視線をそらしただけらしい
 で

 一生懸命…、考える……

 四者四様
 沙綾、自宅で家事をしない珍しい沙綾

 真面目なりみ辺りは、姉のライブから見出そうと、懸命なのが微笑ましい

 香澄、久々の入浴シーン

香澄『…よしっ!』

00184
 頑張る、って思ったら…、来ちゃって
 ブーメランの如く、SPACEに戻ってくる香澄
 答えは出ていない

 ただ、改めて「ここでライブしたい」と

『キラキラドキドキしたいだけじゃなくて、SPACEが好きだから!』

00187
00188
00190
00191
00192
00194
 SPACEが好き、その一言に動揺したオーナー。“好き”なのは彼女も同じだから?

変わんない
 初見で感動し、“自分が探していたものがここにあった”と思いこみ、SPACEに通い出した香澄
 たえに聞き、実際に働き“SPACE”自体も好きになった
 が

 アンタ、全然変わんないね。前に聞いた時もそうだった

 気持ちは強くなった
 しかし、香澄の「姿勢」は変わらない、と

 初めてギターに触れた日に、「ライブしたい」と言いだし、今回、落選にも即日頼みに来た香澄

 即断即決、生きてる限り前のめりな香澄ですが…?

香澄『練習、いっぱいしたし! 失敗もしたけど…、楽しかったのでっ』

00195
 普通、「未熟」「失敗」は挫折となり、凹んでしまうものですが
 それも“楽しかった”と言い切れるメンタルは貴重
 マスターもニッコリ

 が

『そういうとこだけは褒めてやるよ。けど、“何も見えていない”。周りも、自分も』

00197
00199
00202
00203
00205
 オーナー? どういう事ですか!?

盲目ランナー
 香澄は変わらない、それは「何も見えていない」から、オーナーはそれだけを諭すように言い
 続いて、“見せる”為に痛打を食らわした
 と

 アンタが一番、出来てなかった

 客観的に「技術」が?
 或いは、マスターが求める「何か」が?

 思ってもみなかったらしく、珍しく、激しいショックを受ける香澄

 香澄は何も見えていない…ッ!

いただきますっ!

00206
 多分、端的な例が有咲の家、最初から、周りがどう思うかなど考えずに家に押しかけ
 誤解した祖母に、朝ご飯をご馳走になって
 そのまま習慣化した

 香澄は、周りが一切見えないから、こういう事をやっちゃえるのでしょうか

朝錬頑張ったご褒美っ! 朝の公園、涼しかったよ~♪』

00208
00209
00210
00211
00212
00213
00215
00218
00219
00223
00225
 ちょっと休めば?

漬け込んじゃった!
 最初に変化に気付いたのは、“付き合い”が一番長い有咲、過ごしてる時間も一番長いがな!
 今日も今日とて、おはようからお休みまで!
 で

 大丈夫~♪

 練習を!
 一心不乱の大練習を!!

 自分が「技術的に」出来てないといわれた、と解釈し、闇雲に練習を始めた香澄!

 数年やってきた周囲に、易々追いつけるはずもないが…

香澄『痛っ!』

00229
 のみならず、急な練習で指を痛める香澄
 この大事な時期に!

 幸い、単にバンドエイド貼れば済むらしい。バンドだけに!

有咲『…香澄ってさー、いつも楽しそうだよなー』

00230
00231
00232
00236
00237
00239
00240
00241
 頑張るの…、しんどくね?

見えないゴール
 対し、いつも楽しくなさげで、「ゆり姉の言葉」に目をそらした有咲は、その理由らしきものを口に
 楽しげな香澄は、どこに“天井”があるのか?
 と

 わかんない、どんだけやれば満足できんの?

 前へ前へと
 闇雲に、でも楽しげにやる香澄

 どこまでやれば終わりか、ゴールが見えない課題ってのに、懐疑的なんじゃないでしょうか

 経験が浅すぎる香澄は、「上手くなる」時間が足りない!

『オーディションの為に頑張るって、それもう、“楽しい“とは違うんじゃねって思うんだけど…、違う?』

00242
 朝も昼も練習漬けになり、指を痛めてまで、頑張り続けるってのは
 有咲の発想では、「しんどい」ものであって
 楽しい、とは違うんじゃないか

 その声音は、しんどくないか? と言っているような有咲

香澄『有咲、楽しくないの? ポピパ』

00245
00246
00247
00248
00249
00250
00252
00253
00255
00256
00257
00261
00262
00266
00267
 ち、違!? 楽しいけど!?

だから楽しいよ!
 香澄は、「有咲が」「今」楽しくないから言ったのか? と受け取るが、そんなはずもない有咲は
 咄嗟に楽しいと口走り、喜ばせてしまう!
 で

 オーディション、受けるから…、受かるから

 皆でやったら楽しい!
 練習も楽しいし、SPACEで演奏したらきっと!!
 
 結局、有咲の気遣いは届かなかったが、「有咲がポピパを楽しんでる」事は伝わった!

 香澄なりに、ひっかっていたんでしょうか

りみ『ごめんね~、クリームあんみつなかった』

00268
 代わりにハンバーグ買ってきたよ
 ガッツリだな!?
 てか

 おたえ達が買出しから戻るが、それ「代わり」っておかしくない!?

沙綾『ちゃんと、有咲の好きそうな和菓子、買ってきてるから♪』

00270
 うおー!? 何だー!

楽しい
 幸い、沙綾が気遣いっぷりを見せるファンサービス、そして前回同様に嬉しそうな香澄
 ポピパが始動し、誰より嬉しそうな香澄
 と

 有咲に「楽しくないの?」と問うたのも、そこが気になったんでしょうか

 ポピパが楽しい
 そして、皆が楽しそうなことが楽しい

 が

『香澄たっだいまーっ! …

00271
 そして香澄の大切な「家族」。SPACE閉店に伴う今回の騒動は
 香澄に、自分を見つめなおさせる事になりました
 家族もまた香澄の一部!

どーんっ♪』『重いんだけど~』

00272
00273
00274
00276
00277
00278
00279
00280
00281
 暑い…。

冷熱姉妹
 しかし、「進路に思うところのある妹」、明日香の悩みと思いきや、弱っていたのは香澄
 声はそのまま、しかし雰囲気は重い…!
 と

 あっちゃん…、冷たいっ

 いつものやりとり
 すぐ熱中し、周りが見えてない香澄

 ツッコミとふとももを得意とするクールな妹に、少しだけ「地」を晒した香澄

 香澄さん、決壊寸前…!

リみ『わぁ~、こんなに♪』

00284
 追い込みにかかったPoppin'Party、山吹ベーカリーからも差し入れで
 意地悪な有咲は、「太るぞ」と言ったりするものの
 走れば大丈夫、と香澄

 無茶な理屈に「だって♪」っと乗っかる辺り、りみも逞しくなった!

 心がムッキムキだよ!

『おたえ、その指…』『…足りないもの、考え始めたら、いっぱいあって』

00285
00286
00290
00292
00294
00298
00299
00301
00302
 練習しても練習しても、ゴールってないのかなって…、でも練習する!

二人の答え
 前回、「やりきれなかった」おたえは、自分にはまだまだ、技術が足りないと思い知った
 ゴールは無い、けど繰り返し続けるのだ
 と

 聴いてくれる人に、楽しいって思ってもらわなきゃダメだから…

 りみも悩んだ
 けど、「楽しい」と思って貰いたい

 だから自分も、後悔なく楽しく演奏できるまで、高めなきゃダメなんだ、

 技術とのもてなし、二人らしい答え!

沙綾『私は…、正直、どっちでも良かったよ?』

00305
 でも今は、ナツ達と同じステージに…、皆と立ちたい!
 同じく、沙綾の原点は“果たせなかったステージ”
 だから果たす!

 かつての仲間と同じ場所に、今の自分達で立ちたいんだ、と

おたえ『やろう、香澄! 今よりも、もっと熱くっ!』

00306
00309
00311
00314
00317
00318
00319
00321
00323
00326
00327
00328
00329
00330
 もっと頑張らなきゃだよ…、あたしもっ!!

熱くなれ!
 日頃、クールを通り越して変人以外の何者でもない、おたえが言うとなおさら熱い!!
 しかし香澄、この言葉も“偏向”
 と

 ンじゃ…、あたしもやるかぁ

 必要なのは熱さ!
 しかし、「足りない技術」に後ろ向きな努力に

 もっと上手くじゃなく、「これじゃダメだ」に陥る香澄、ピックを砕くほどひたすら練習…!!

 鍵は有咲だ! きっと!!

オーナー『…入ンな』

00332
 やがて再オーディション当日、地獄の門番の如く立ちはだかったオーナー
 彼女の許可に、ポピパ全員が喜色を浮かべるものの。
 と

 これは、絶対確実100%ダメだ…!

『次、Poppin'Partyっ』『『『『はいっ!』』』』

00334
00335
00337
00339
00340
00341
00343
00344
00346
00347
00349
00351
00353
00354
00355
00356
00357
00358
00359
00360
00361
00362
00364
00369
00370
00371
00373
00374
00375
00376
00379
00380
00381
00382
00383
00384
00385
00391
 ドキドキしてきたっ!

砕けた鉄壁
 前のバンドを見守る際も含め、終始不安そうだった香澄は、本番となって不安が爆発
 遂に、声を出す事もままならなくなってしまった
 と 

 歌えば結果、Poppin'Partyを、自分が台無しにしてしまうのが怖いから?

 自分が云々以上に
 自分のせいで、皆を苦しめる

 それが怖いのかな、って、今回の香澄を見てると思える気がします

 せっかく、おたえがドキドキできたのに…!

ゆり『音楽に正解はないよ? 答えなんて、みんな違う…』

00133
 思えばめっちゃ直球なんですね。多分

やりきったかい?
 今回、ラストで「しっかり考えてきた」たえ達は見違えましたし、それが答えなんでしょう
 それぞれに違う、自分が演奏する事に考えを馳せること
 香澄は「考えが足りない」と

 だから、すぐ戻ってきた面々に「全然、足りてない」って言ったんじゃないかなーって

それぞれが、自分の「足りない」に想いを馳せる中で

00247
 有咲も何も言ってませんでしたが、彼女の場合、動機は香澄と絡むんですよね
 次回、自分を卑下する香澄を引っ張り上げるのは
 彼女が起点に思えます

 その事は、有咲が「孤独上等!」って子だったことも絡む気がしますね。

SPACE閉店問題に続き、香澄トラブル勃発…!

00057
00277
 加えて、妹さんの問題も絡む気がします

皆が大好きなSPACEで
 何となくですが、香澄・オーナー・妹さん、3人とも「自分独りで悩んた」って、共通する気がします
 オーナー、詩船さんに相談した可能性はありますが
 性格的に考えて

 対し、ナツキ達は、それぞれに確認しあっていた

 ここが対になる気がします
 香澄は、Poppin'Partyの皆が励まし、妹さんは香澄が励ますでしょう

 最後はオーナーを、演じてきたバンドの皆が、一丸となって励ますんじゃないかなって

 ナツキ達の声かけが、すごく印象的です。

2017年4月1日 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」

00057
00059
 脚本は「沙綾3部作」の中西氏へ!

スタッフ
 脚本:中西やすひろ
 絵コンテ:大野和寿、羽原久美子
 演出:大野和寿
 作画監督:白井瑤子、沓澤洋子、岸本誠司、水谷麻美子、重松 晋一、丸山 大勝、冨田 佳亨、阿部加奈子、
清水拓磨、菊田裕司、谷口義明
 総作画監督:水野辰哉
 制作協力:A-Line、スタジオリングス

あらすじ
 オーナーからSPACEが閉店することを聞かされ、愕然とするPoppin’Partyの5人。最大の目標を失いかけ途方にくれるメンバーだったが、絶対に合格しようという香澄の言葉にオーディションへ望む。しかし、結果は不合格。オーナーには「全然足りない」と言われてしまう。自分たちに足りないものは何なのか――とりあえず、がんばる!と決めた香澄だったが、オーナーに「あんたが一番できてなかった」と告げられて……!?

今回もWEB予告なし。次回、追い詰められた香澄は…?

00005
00114
 2社が制作協力、手を増やしつつ作画クオリティアップ、ひなこ先輩マジジェラ!

かすみキョンシー
 作画班が増えると、クオリティが落ちる傾向がありますが、時間不足でスタッフを増員しても
 情報共有が、難しくなっちゃうからでしょうか
 なのに奇麗だった!

 周囲の助言、頑張りに、どんどん追い詰められる香澄が心配…

 対し周囲は確実に成長
 言動の端々に、「ああそうだったな」って感じが!

 香澄とオーナー、そして妹? テーマは「好きだから向き合えなくなる」でしょうか…?

 次回、第11話「歌えなくなっちゃった」


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」