アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期第1話 通期 第5話 感想 レビュー ネタバレ 画像 前回
アトラスガンダム、初陣! トチ狂った戦争で手にした、新たな地獄へようこそ!!

00189
00584
 大迫力の一年戦争、最終決戦! 連邦が手にしたサイコミュ、ジオングの存在感!!
 一転、平和となったはずの地球でのジオン特攻と迎撃
 最後まで手に汗握った!

 こんな作戦考えた奴、ジオンも連邦も滅んじまえ! 身も世もない叫びがもう…

コア・ファイターいいよね… 
 展開の悲惨さ、今後を予感させる演出もいいですが、とにかくMS作画が良かった!!
 一ヶ月に僅か20分、OVAだもんね!

 アトラスガンダム、あんな風に機動するんだ…。すげえですわ。

本作は、「Amazonビデオ」などで有料配信されています

00079
 公式、配信一覧ページはこちら

あらすじ
 一年戦争最後の日、連邦は勝利すると共に、ジオンの“サイコミュ”技術を奪取する事に成功した
 終戦七ヶ月後、ジオン「残党」となったダリルは地球での慣熟を終え
 NTパイロット・ビリーを加えて行動を開始

 一方、連邦もペガサス級強襲揚陸艦スパルタンをオーストラリアに派遣し、作戦を始動

 最中、ジオン残党による特攻を受けるが
 折りよく着任した同隊の切り札、「アトラスガンダム」とイオ・フレミングが、これを撃破する

 更なる深海には、彼らを警戒するジオン残党・カウフマン少佐の姿もあった

 次回、第6話

宇宙世紀0079、連邦宇宙艦隊は、ジオン総帥ギレン・ザビの要塞ア・バオア・クーに侵攻

00004
 宇宙世紀0079年、一年戦争末期、“サンダーボルト宙域”の死闘は両軍壊滅に
 しかし、ジオン増援艦隊が先に到着した事から
 連邦艦隊は捕虜となった

 パイロットのイオは、ジオン兵によるリンチに遭い、ガンダムも鹵獲される

ビアンカ・カーライル『速いだけの…、蟹がァッ!

00005
00007
00009
00010
00011
00013
00014
00015
00022
00024
00026
00027
00028
00030
00032
00033
00035
00037
00039
 八つ! すげえなジム乗り!!

ア・バオア・クー
 いきなり、「モビルアーマー・ビグロ」に捕獲され、なす術もないジムから第2期はスタート!
 途中、味方がカットに入るも撃墜!
 が

 咄嗟にシールドを重ね、砲撃に耐え切ったビアンカは逆に撃墜!

 ビグロを撃墜するジム! 
 原作では、“回避に徹して”撃破に成功したビアンカ

 しかしOVAでは、アムロさながらにジェットコースターに耐え、反撃で叩き落した!

 やだこの女性、男前!?

彼女が振り返ると共にタイトルバック、今期も各話サブタイはなし

00041
 火球だらけのア・バオア・クー、ジオン公国が、最終防衛ラインとした巨大要塞ですね
 総帥、ギレン・ザビ自らが指揮を取って連邦軍を迎撃
 そこら中、残骸だらけ!

※後の作品では、一帯を含めて「ゼダンの門」と改名、Zガンダムなどに登場。

“NT”ビリー・ヒッカム少尉『燃えているのか…、ア・バオア・クーが…!?』

00043
00045
00046
00048
00053
00055
00056
00058
00059
00060
00061
00063
00064
00065
00066
00067
00068
00071
00072
00073
00076
 通称「タコザク」、“MSN-01”を冠した、サイコミュ高機動試験用ザクである!

“MSN”猛攻!
 ジオングの原型となった、急ごしらの試験機まで持ち出され、連邦のジム部隊を猛迎撃!
 単機で、Gアーマー含む部隊をまとめて叩き落した!
 てか

 中身がジムじゃねえか! 仕方ないけど、笑えるなオイ!!

 代償に片腕を失うも全機撃退
 しかし本機は、あくまで「試験用」に急ごしらえで作った機体

 性能こそ高いものの、あっと言う間に推進剤を使い尽くす、試験用でっちあげMSであった

 指一本あたりで、MSを撃破できるとかスゲえ!

ビリー『皆まだ、あそこにいるんだ…、ア・バオア・クーなんだぞ!?

00078
 連邦軍が、彼の居場所、NT研究所「フラナガン機関」に次々上陸していると聞かされ
 半狂乱に陥るビリー
 ですよね…

 ここがいかに堅固で、陥落するなど夢にも思っていなかった伝わります

 一箇所有利でも、「全体」は変わらない…!

『クリード大尉、“親衛隊用MS”を排除! 他に敵MSは確認できず!!』

00079
00081
00082
00084
00085
00086
00089
00094
00095
00101
00102
00106
00108
00111
00114
 親衛隊機ってドズル専用ザクじゃねェか! ホント、本作はMSVネタ好きだなぁ!!

ガンダムヘッズ
 連邦軍「ガンダムヘッド隊」は、親衛隊機が守る、重要拠点へと肉薄…、戦いは数だよ兄貴!
 鉄壁の守りと、圧倒的な火力!! ワハハハ!
 で

 詳細は、「有線」のみで報告と言っておきながらこれか!

 露払いをMSに任せ
 後から、重々しく現れた「ガンタンク」

 これが指揮官機で、盗聴阻止の為か、念入りに有線接続で通信する姿が見られます

 なお上手く機能しなかった模様

クリード大尉『暗号照合はいい、撃てッ!』

00116
 暗号通信で確認後、砲撃、「事前に情報を得ていた」拠点へ突破口を築くガンタンク
 いやあ、存在感あってカッコイイですね!
 すんげーデカいし!

※ガンダムUCの同タイプ機「ロト」等は、かなり小型化されている。

クリード大尉『前部ハッチ・オープン…、GO!

00119
00120
00122
00123
00124
00129
00130
00131
00133
00134
 ザビ家棟梁の首級なんて、どうでもいい…

モニカ・ハンフリー参謀
 同部隊の報告を、「元ソロモン」で心待ちにしているモニカ参謀は、“戦争”そっちのけであった
 貴重な特務を、より重要な目標に向けているのだ
 と

 我々が奪うべきは、他にある

 ガンタンクは「火力」
 更に部隊指揮、及び兵員輸送も行う“動く拠点”なのだった

 原作では、この「特殊部隊」が、警備兵を次々射殺していく描写もありましたがカット

 やっぱ、最後は“人”ですよね

航行不能となり、擱座するジオン軍チベ級戦艦

00135
00137
00139
00141
00143
00145
00146
00147
00149
00150
00153
00156
00157
 運び出されたカプセルには、「リユース・サイコ・デバイス」研究者、カーラ博士の姿が

彼らの行方
 そのままあちこち爆発するチベの中、“彼”がハッチをこじ開ける描写をはさみ、防空部隊は死闘
 パイロットには、“ジオン主役”ダリルの姿が
 と

 元々NTらしいダリルは、ゲルググMで、攻め来る連邦を次々と撃退!

 今やられてしまった艦は 
 前期ラストで、「生き残り」を拾って帰った艦だったのです

 射撃光で輝くゲルググ! いかにも装甲が厚そうなシルエット、こんなん絶対強いわ!!

 が

連邦・ジム部隊に突破され、あわや撃墜されかけるダリル

00158
00161
00164
00167
00168
00170
00172
00176
00177
 ダリル、無事か! 操作レバーが違うんだ!! 無理するな!

伝説のフィッシャーサン
 操作レバーがしっかり握れず、あたふたするうちに、名もないジムに撃墜されかかったダリル
 せめて、「義手対応」で握りやすいレバーなら…!
 と

 改めて、機械に成り果てた腕を見つめるダリル

 彼は「腕」は健常だった
 けど戦闘で失い、残ったほうも“サイコ・ザク”の為に切り落とした

 いっそ、生き延びなかったほうが、ここまで辛くなかったんじゃないかって感じだ…

 フィッシャーのオッサン、ナイスアシスト!

コーネリアス『イオ!

00178
00179
00182
 ガンダムパイロットだったイオだけは、隔離され、しかもボコボコのリンチに。

同胞団、脱出
 一方、擱座したチベ級戦艦の中では、イオが単独で独房を脱出、他の捕虜を助ける場面も
 てかもう、ボッコボコだよ!
 で

 コーネリアス、ティッシュあるか?

 普段と変わらぬ名調子
 かくて連邦、「ムーア」宙域出身者部隊も脱出成功

 強がりってのは、男の勲章ですねえ

クリード隊長『目標の奪取に成功!

00185
00186
00187
00189
00190
00191
 戦後を見据え、連邦軍・モニカ参謀が奪取を命じたもの

フラナガン機関
 彼らが、戦争そっちのけで襲ったのは「NT研究所」、新人類ニュータイプと機械を仲介する技術
 脳波でメカを制御する、“サイコミュ”であった
 と

 連邦も、“サイコミュ”を手に入れたぞ…!

 製造中のジオング!
 ちなみに、「3機建造された」のは古くからある設定

 これにシャア機があるはずですが、まあ多少はね! 連邦もジオングを手に入れたぞ!!

 後に「サイコ・ガンダム」に結実する…!

ア・バオア・クー攻防戦の後、地球連邦政府と“ジオン共和国”の間に、終戦協定が結ばれた

00192
00193
00194
00197
00198
00199
 ダリルたちは、イオたち「ムーア同胞団」を取り逃がすも、ア・バオア・クーから脱出に成功

脱出
 際し「リユース・サイコ・デバイス」、例の義肢サイコミュ技術者、カーラ女史も脱出に成功
 また、鹵獲した“フルアーマー・ガンダム”も搬送
 と

 ジオン残党は、当時の連邦の技術の粋、そのサンプルを手にした事になります

 作業中の旧ザク、妙にかっこい

念仏、念仏ひたすら念仏…!

00200
00202
00206
00207
00208
00209
00212
00213
00214
00218
00219
00220
00221
00222
 ノイズも相まって、夢に出そうな音声。こう再現するんだ…。

坊主ども
 戦場跡に残った残骸を回収、パイロットのご遺体を回収し、焼却する“慰霊船団”の姿が
 慰霊っていうか、もうこれ異常ですよね…。
 音声すごい

 作業機が、連邦とジオンのMSの寄せ集めで現場感が素晴らしい

 いわゆる、「ザニー」の本作版
 ザニーとは、MS開発過程で、鹵獲ザクに開発中の部品をつけたテスト機

 連邦が、MS開発段階で作った「パーツ試験用」MSでしたが、本作では寄せ集めって感じ

 さて、彼らはもちろん再び登場しますが…

ジオン残党『ここが…、シドニー…。TVでしか見たことないけれど…』

00224
 そしてここからが「現代」、一年戦争緒戦で、ジオン軍はコロニーを落としました
 よく、“コロニー落とし”の描写に出てくるシドニーですね
 地形が…

※これが最大被害で、残り2/3は、北米と太平洋に落下している。

『これでも連邦の反抗をくじくには足りなかった…!』『こんな事になっても!?』

00225
00229
00230
00231
00232
00236
00239
00242
 手前の女性は、「これでも足りなかった」とし、奥の女性を怯えさせることに

ケイトとジャニス
 同じジオン兵でも、感性に大きな違いが…、これを見てなお「足りない」って思う奴もいる
 例えば、0083のガトーなんかも代表格なんでしょうね
 で

 でも! 敗戦でジオンは…、共和国に……

 独立戦争継続中
 しかし、肝心の祖国は変わってしまった

 ここからは、戦争から七ヵ月後、まだまだ残党軍は元気に戦っている時代

 まだ、どうするのか定まってない時代

ケイト『連邦の輸送機! こっちも知られたか!!』

00243
 偵察中だった「残党」の彼女らは、連邦の輸送部隊を発見
 さあ、遭遇戦の始まりだ!

 輸送機! なんて美味しい獲物だろうか!!

ネルソン『コア・ファイター発進! …終戦協定に従わない、跳ねっかえり共め!』

00244
00247
00248
00250
00252
00258
00260
00264
00266
00269
00270
00272
 発進に際し、整備長と握手するパイロット、こういう「それっぽい」のホント好き

コア・ファイター
 なんと、本来は「MSの脱出ポッド」であるコア・ファイターを、本作では輸送機の護衛機に採用!
 急展開し、ジオン空軍残党と交戦する事に
 と

 快適な空の旅はここまでだ…、訓練の成果を見せろ!!

 投下!
 こういう使い方って面白い!!

 コア・ファイター、従来設定でも少数量産されてますが、この使い方ホント面白い!

 なんてこと、あっという間に護衛機部隊が!

対し、ジオン空軍残党の機体は「ドップ」

00273
 お約束のジオン戦闘機、「地球環境」の十分なデータを持たず設計された…
 という設定で、非常に独特な形状してます
 ですよねガルマ様!

 実際に地球上で試験飛行した際、試作1~4号機までことごとく墜落した伝説の戦闘機!

隊長『むぅ…』

00283
00286
00289
00291
00299
00300
00306
00310
00311
 そして響くジャズの音!

奴の合図
 なお大推力の推進器で無理やり飛ばす、という基本思想は、運動性能が高かったという…
 そんなドップですが、やはり「空戦」では連邦に勝てず
 と

 強襲したドップ隊は次々撃墜、輸送機は無事進行に

 その中にはジャズが! ハハッ!!

お聴き頂いたのは、大戦前のヒットナンバー、甘い歌声の「嵐が去るまで」。

00314
 両手が義手、両脚も義手、幼い頃、父に買って貰った古びたラジオ
 爽やかな空と、異物感!
 でも

 しかし「彼」自身は、まったく自然体なのよね!

フィッシャーさん『ダリルー! 海から出たら足洗えよ! 海水でサビるぞー!!』

00316
00318
00320
00321
00322
00324
00325
00327
00328
00334
00335
00336
00343
00344
00346
  暑ぃ…、湿気もすげーし眩しいし! これならコロニーのほうが快適だぜ!

思い出よ美しく
 元々、人工的な環境で過ごした彼らが、戦争で何に一番参ったって、「地球環境」だったという話も
 フィッシャーさん、すっかり根を上げてます
 対し

 海も雪も草原も砂漠も、全部本物だ! 美しいよ、地球は…

 全てが本物
 ダリル、彼の言葉がなんだか身に染みます

 彼が本当に「地球」に感動してるのが、映像だけで伝わってくるような。ダリル楽しそう!!

 アッガイの異形感すげえ!

ダリル『えー…?

00348
 そんなダリルが戻ってみれば、愛機を前に、整備班が何かやってる!
 コケながら、べリべり剥がす姿が面白い!
 イキイキしてる!

 彼らが、塗装してたのは…!

整備長『元リビングデッド師団にとって、少尉は恩人です』

00351
00353
00355
00357
00358
00360
00361
00362
 これは、我々整備班が少尉にお仕えし、必ずお役に立つと誓ったエンブレムです

ファンクラブか!
 いまやすっかり英雄となったダリル、カットされてますが、これが「地球での初出撃」という事で
 彼らは、気合を入れて整備していたのです!
 と

 ありがとう! 大事にするよっ!!

 慕われてらっしゃる
 いや、皆の為に身体張ったんですものね

 なおチームTシャツもある模様

『彼ですよ、ダリル・ローレンツ少尉、あのサンダーボルト宙域の生き残り…』

00364
00366
00369
00375
00377
00379
00380
00385
00388
00390
00391
 仕えてるほうはセバスチャン、偽名なのか素なのかどっちだ!?

真のエース
 またこちらは、さっき「タコザク」を操っていたNTパイロットのビリー・ヒッカムとお付きの人
 彼ら、別部隊からも憧れの的に
 と

 地球はこんなに広いんだ、少しくらい汚しても平気だろ?

 この台詞も面白いです
 前世紀直後、必死こいて環境改善図った成果なんですから

 こうして歴史は繰り返す…、出撃するアッガイ部隊、完全に生き物である

 美味しそう(真顔)

ビアンカ・カーライル『ねー? 重力あると、やっぱり整備も面倒なの?』

00394
00395
00396
00398
00400
00402
00406
00408
00409
00410
00412
00415
00418
00419
00423
00424
00426
00427
00429
00431
00434
00437
00439
00441
 冒頭でビグロを倒したビアンカ、本部隊では「ガンキャノン・アクア」に搭乗

特務部隊スパルタン
 遥か頭上から迫る「ペガサス級強襲揚陸艦・スパルタン」、艦内では、“地球初”となる二人の姿が
 元ムーア同胞団も、ちょっとした有名人です
 で

 巡航飛行モードに移行!

 やがて艦は大気圏へ
 WB同様、オプションなし突破の“ミノクラ”艦!

 宇宙巡航形態から、地球内での「飛行」モードに変形するスパルタン、わくわくしますね!

 あとビアンカ、表情の動きが細やか…!

『あいてっ!肘打ったー!?』

00442
 原作では、ガンダムパイロット・イオも、ムーアの英雄として大人気ですが
 そっちの、内面ギスギスした表彰式はカット!
 なんでさ!?

 降下するスパルタンでは、勝手に動き出すビアンカの姿が!

『もう動けるじゃなーい♪』『そういう問題じゃないだろ!?

00445
00446
00448
00449
00452
00455
00457
00458
00460
 わはぁ…、海だーーーーーー! 早く出撃命令をちょうだーい♪

スペースノイド
 こちらも宇宙育ちで、初めて見る「本物の海」に、感動する姿がイッキイキしてる!
 担当はアクア、海戦用キャノンだしね!
 で

 どんな敵だろうと捻りつぶしてやるわー♪

 怖い怖い!
 後、隣でずっと寝てるオッサン!!

 みんな疲れてるのね…、特殊部隊は非情である。

 だが世の中には、もっと非情な部隊が!

ジオン兵『これより、予定軌道への遷移を開始』『30秒後、母艦との交信途絶します』

00462
 更に上空で、艦首「コムサイ」を切り離す、ジオンの宇宙巡洋艦ムサイ
 ここが、大気圏突入カプセルになっている構造
 で

 普通は物資や部隊を地球に送るのに使いますが…。

艦長『見事、特攻を成し遂げよ! 誇らしきジオンの精鋭よ!

00466
00467
00468
00469
00471
00475
00480
00482
00483
00486
00488
00490
00493
00496
00498
00499
00504
00506
00510
00512
 最後の一服は旨ェなぁ…

だるま落とし
 特攻! 実は彼らは「巡航ミサイル10本」を腹に抱えた、ジオンの特攻部隊だったってね!
 フリオ&グレゴリー!
 で

 やたらめったらで良いんだよ! 撃てよ!!

 慌てる“スパルタン”
 対し、「対空砲火だ」と喜ぶ二人!!

 もし計算違いで、下に“敵艦”がいなかったら、ただの死に損っていうヤケクソ精神!!

 彼らも傷痍軍人で、フリオは「義足」すらありません!

フリオ『クソったれー! こんな作戦考えた奴は死んじまえー!!

00515
 更に下から「何か」が迫る中、本音をあらわにするフリオ、仲間に見捨てられた男達
 カットされてますが、戻っても銃殺
 片道切符の男たち!

 義足すらつけて貰えず、養う物資もなくなったって事でしょうか

グレゴリー『連邦もジオンも、滅んじまえーーーー!

00517
00519
00524
00526
00529
00531
00532
00534
00536
00539
00540
00541
00545
00547
00548
00549
00550
00553
00557
00561
00563
00564
00565
00567
00569
00573
00574
00577
00578
00581
00584
00585
00588
00589
00590
00593
 RX-78AL あれは間違いなく、今回の作戦の要になる…、そう思うでしょう?

ジャズ響く
 駆けつけ、さながら「アムロの核弾頭落とし」オマージュで、コムサイを粉砕した“ガンダム”は
 専用の装備、“サブレッグ”を器用に操り着艦
 と

 イオ・フレミング少尉、アトラスガンダム、着任しました!

 主人公は遅れてくる!
 着艦、原作表紙にも使われたワンカット!

 以前のフルアーマーは大火力大出力、対し、こっちは実に器用で柔軟なガンダム!!

 すげえ! サブレッグって、こういう風に動くのか!!

『敵の目標はアジアか、アフリカか…』

00597
00598
00600
00606
 面白い形のジオン潜水艦、「マッド・アングラー」級である

紋章
 事前に察知されていたスパルタン降下、また今回の派手な降下劇で、地上ジオンも刺激
 カウフマン少佐の、潜水部隊を警戒させる
 と

 連邦のブタども…、道苦を味わえ!

 彼にも坊主と同じ紋章が、と。

第6話は4月28日配信開始! ガンダム、氷上にも立つ!!

00611
00612
00615
00616
00618
00622
00626
00629
 おいゴッグ、カッコよすぎない!?

次回、涙酒
 氷上に降り立ったアトラス、ジオンの海戦用モビルアーマー・グラブロの恐怖!!
 ゴッグはイカすし、ガンキャノンの存在感たるや…!
 次回、いきなり水中戦!

 そして敵艦長、カウフマンが泣いて呑んだくれる姿も

 彼を止めた仲間の男気、しかし…!

オマケでは、前期主役機「フルアーマー・ガンダム」の魅力を解説!

00632
00647
00653
00657
00669
00675
00681
00683
00685
00688
00707
00705
00710
00715
00716
00719
00723
00730
00731
00734
00775
00783
00792
00797
 約五分に渡り、イオ、cv中村悠一氏独演回というのだからファンに嬉しい!

FA-78 フルアーマー・ガンダム
 連邦軍が開発した試作機ガンダム、その性能を大幅に引き上げた、バリエーションタイプ
 重武装、重装甲、高加速という怪物的な機体で
 応分に操縦難度が高い

 加速による肉体負荷、やれる事の多さは、それだけパイロットに技量を求めると

 一部しか使えないなら
 それこそ、機能が少ない機体に乗ってもらったほうが良いですしね

 ガンダムは、その活躍と、利用したプロパガンダによって機体そのものが英雄化

 大仏みたい、と言われてちょっと笑います。

2017年3月24日 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第5話

00608
 原作をアニメに直すに当たって、主要3役を、全て監督が兼任する力の入ったやり方!

スタッフ
 監督・脚本・絵コンテ・演出:松尾衡
 キャラ作画監督:高谷浩利
 ロボット作画監督:仲盛文、中谷誠一
 制作:サンライズ社

あらすじ
 一年戦争が終結して七ヶ月後の地球。ジオン公国軍の残党組織は、共和国とされた本国を公国として復権するための戦いを続けていた。戦争末期にサンダーボルト宙域でムーア同胞団の艦隊を全滅させた驚異のモビルスーツ、サイコ・ザクのパイロットだったダリルは、サイコ・ザクを失ったあと地球に降り、連邦内部の軍閥である南洋同盟を探る諜報任務に就いていた。一方、ダリルと死闘を繰り広げたイオは、試作モビルスーツ、アトラスガンダムのパイロットに抜擢され地球に向かう。その新たな戦場は、コロニー落としの爪痕が残るオーストラリア大陸を抱く南洋だった……。

全4話を、毎月・有料配信で放映! 次回は四月末

key_01
 公式サイト、配信元一覧ページこちら。

悲惨とメカ!
 やはり、初回はアトラスの初陣か! 敵の内情も悲惨ながら、アトラスの動きもスゴかった!!
 BGMのジャズも、本作独特で好きですね
 否応にも盛り上がる!

 一方で尺の圧縮で、特攻兵の台詞、生身での白兵戦を一部カットして残虐性をダウン

 そして圧倒的メカ!
 カラーも、原作の地味めな設定色から多くが一新

 地球の自然を楽しむダリル、不気味な“お経”、アニメだからこその楽しみも詰まってた!

 次回、海のアトラス! ゴッグのキット欲しい!!

今回は、3月~6月まで月末に配信!

 本作の終了後は、どうも「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」が始動する模様?
 詳しくはこちら
 
OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1シーズン 第1期 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話(完)。

OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 感想 2017年 3月

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第5話“ア・バオア・クーより地上へ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第6話(4月28日)

太田垣康男 漫画 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 3巻※第1シーズン原作

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 6巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻“水上都市”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 9巻“すまねえダリル”

 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻