双星の陰陽師 第49話 感想 レビュー 復活 -RESTORATION- アニメ画像付き ネタバレ 前回
有馬&神威、陰陽コンビ奮戦! ひっさびさの口げんかでイチャコライチャコラと!?

00270
00276
ファーストキス! 花火さながらだった有馬と神威、ろくろに紅緒、後ろ後ろー!! 
 紅緒の反論、照れ隠しに本音と濃厚なキス合戦!
 髪飾りの真意にビックリ

 背景同然の激戦が、二人のやり取りとシンクロしてて、めっちゃ笑った!

神威、まさかの一話退場
 でも神威、ちゃんと以前の台詞を踏まえてて、あとろくろの白虎レンタルでビビりました!
 後半、結婚式みたいでしたねホント

 予告では十二天将が賑やか、キャラの多さを改めて感じる回だった!

安倍晴明『それで?

00703
 このままでは、禍野が限界を迎える「事実」は変わらない。ろくろ達の答えは…?

あらすじ
 紅緒が残した髪飾りは、実は「繭」を破る鍵、ヒントに気付いたろくろは彼女の復活に成功する
 しかし、異変に気付いた晴明は“陽気”を吸収
 陰なき世界へ王手をかける

 有馬が神威が時を稼ぎ、無事ファーストキスを済ませたろくろ達

 二人は「慈愛の蜜」阻止を図るが
 晴明は、禍野の決壊に備え、人を“根本的に救う方法”は他にない、と頑として譲らない

 次回、第50話「双星 -TWINS-【最終回】」

ろくろ『紅緒ーーーーーーーっ!』

00001
 紅緒を皆を助ける為、命を投げ出したはずが、両者を“自分の為に”失っていたろくろ
 しかし、婆娑羅・珠洲の助言で覚悟を決めた彼は
 仲間の協力を得て走る

 目指すは、地上に現出した天御柱の頂上…! …ってもう着いてるゥ!?

“回想”『これを試してみたまえ…、僕の知る限り、唯一の解除符だ』

00004
00006
00007
00012
00013
00021
00025
00027
 掛けまくも畏き、産霊之大神達の奇しき神霊に依りて…

有馬、立つ!
 有馬に託された解除符で、紅緒を閉じ込めた繭(繭良ではない)を解こうとするろくろ
 これを、“悪あがき”と呼んだ晴明だが…
 と

 行かせませんよ…、若い二人の邪魔をするなんて無粋です

 仲人か!
 有馬、決死の世界級仲人!!

 ちなみに「かけまくもかしこき」とは、申し上げる(考える)だけでも恐れ多いのですが…、の意味

 また「産霊」とは、創造が神格化された神だそうな

『行きませんよ…、彼があの繭を破れるとは、君も思っていないでしょう?』

00028
 無敵とされる晴明の繭、しかし有馬は、「破る事は無理」だと意味ありげに返し…?
 晴明、実にイヤな表情をしますね
 無駄だから

 理不尽や非合理を否定すると、「人間らしさ」もまた無くなる、みたいな。

次回、最終回! 果たしてオープニングはあるのでしょうか?

00033
 41話より、「奇麗なものばかりが、正しいはずじゃないし」とかホント作品に合ってますよね
 ろくろが黒、紅緒が白、陰陽代表だったと分かると
 また面白いです

 晴明登場で、“神子”を待たず、ろくろ達自身で決着へと進める…?

ろくろ『紅緒…、お前に賭けるぜ!』

00036
00038
00039
00041
00044
00045
00048
00050
00052
00056
00057
 紅緒君は、繭の中で眠る貴方を見て、自分も同じようにされると予測し、髪飾りに呪を込めた

赤い糸
 紅緒が残した髪飾り、それは両者が引き合うよう、“呪力の赤い糸”で繋がれていた
 形見でなく、脱出の鍵だったのだ
 と

 最初から小さな穴があれば、それを押し広げる事は出来るかもしれない

 決意を固めたようで
 あの髪飾りに、希望を込めていたんですね

 黙って連れ去られる、か弱いお姫さまではない。さすが紅緒様ガッツがある!

 晴明も、「赤い糸」とは誌的な事を!

きなこ『有馬様は賭けたんや、二人の絆に…!』

00060
 また前回、有馬が必死で行っていた儀式は、命を削って呪力を高める荒行 
 有馬様、若い二人の為にそこまで…
 で

 高めた力を、そっくりろくろに託したらしい。

清弦『有馬…!』

00062
 有馬が「死んだ」時、特に学友だった面々信じなかったのは、そんな男だからか
 チャラいようで、男気のあった有馬様
 伊達にパンツじゃなかった…

 作画がちょいアレだ…!
 
『破星王…!』『行かせないと、言ったはずですよ』

00063
00066
00067
00071
00072
00074
00078
00083
00088
00089
00092
00093
 声を固くした晴明、道具に過ぎなかった「破星王」に裏をかかれ、ムッとしたご様子

有馬の切り札
 無論、阻もうにも「有馬自身」に呪力はなかったが、黒い符で禍々しい式神を召喚
 晴明は一笑に付し、同じ真言を唱える
 が

 愚かな…! オン メイギャ シャニエイ ソワカ

 八大龍王は善女竜王の真言!
 竜神決戦!

 既に、自身に呪力がなくとも、式神を(ただしリスクも高そう)戦わせるという手か!

 だが当然、「それでどうにかなる」なら最初から…!

有馬『ぬッ…!』

00096
00109
00113
00115
00117
00119
00121
00127
 思った以上にあっさり! 時間稼ぎにもならぬ、圧倒的な使い手の差!!

現れたもの
 有馬の竜神は一蹴! 晴明は「終わりです」と、有馬自身も火に焼かせようと迫る
 ちょ、新時代の貴重な人材が!?
 が

 突如飛来した“紫の光”が、白い竜神を一蹴!

 今の事態で動ける者
 清弦、いや繭良なら「十二天将」が使えますが…?

 意外というか、待ってたというか!

有馬『婆娑羅の…

00132
00133
00136
00137
00138
00142
00146
00148
00153
00156
00157
 助けた? ふざけるなし。

わからない
 久々の神威! 「し」が懐かしいし!! 有馬は「強い奴と戦いたい婆娑羅です」と彼を紹介する
 だが、彼自身“わからない”し
 と

 とりあえず…、勝手にお前のモンにするなし

 浮かんだのは紅緒
 いつか、「ありがとう」と告げた顔

 仇である自分への感謝、当時「わからない」と返し、今も尾を引いているのだと

 あの疑問、ここへ引っ張ったのか!

『おい…、楽しすぎるだろう…?』

00161
 しかし晴明選手、突撃を避け、眼光だけでピタリと神威を拘束してしまうと
 そのまま、地面へと叩きつけてしまう
 やだ念動力!

 突き詰めた呪力戦が、エスパーみたいになってる!

晴明『何を意味不明な…』

00163
00165
00166
00168
00170
00177
 紅緒の両親を殺した時は巨大な人型、“真蛇”と呼ばれる状態でしたが…

怪獣大決戦!
 神威が本気を出すと、紫に輝く獅子(狛犬?)に変じ、晴明操る竜神に吶喊!
 続けて、有馬も更なる式神を!
 と

 終わらせないッ!

 まだ出るんかい!
 有馬様、最終戦の後にポックリいかない!?

 呼び出すものも禍々しい!

ろくろ『う…、うおおおおおおおおおお!

00180
 一方、ろくろ選手叫ぶ! まだ叫んでた!!
 なかなかカブは抜けません!

紅緒ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッ!

00184
00187
00190
00192
00198
00199
00200
00201
00203
00205
00206
00207
00209
00210
00212
 前回託した「今なら使える符」、意外ッ! それは十二天将・白虎?!

慈愛すぎる霊獣
 ろくろ、力技! 慈愛の霊獣・白虎も即座に力を貸してくれ、穴を強引に割るファンサービス!
 やっぱり、最後に勝つのは力こそパワー!
 愛!

 ろくろ…?

 何か“出会い”を思い出す!
 短距離だけど、落ちてきた紅緒をキャッチするろくろ

 ゆっくりと下ろす際、眠れる紅緒様が、めっちゃ作画よくてお美しい!!

 紅緒様ってば、また落ちてきた!

…馬鹿野郎! 何やってんだお前!! なんでこんな無茶したんだ、俺が助けに来なかったら、お前は…、お前は!!』

00215
00216
00217
00218
00219
00220
00222
00224
00226
00227
00229
00230
00233

 莫迦はそっち! 無茶もそっち! そっくりそのまま返す!
 馬鹿バカばーーーーーーーーか!

 何だと!?/何!


00235
00236
00237
00238
00241
00245
00247
00248
00249
00251
00252
00254

 大体、これをきなこに託しただけで、何も説明なしって何なんだよ!?
 ちゃんと伝えとけよ!

 そんなの言われなくても分かるのが双星の片割れッ!

 だからってなぁ!?
 結局、わかったんだから良いでしょ!

 ビビるだろうが! もし違ったらどうしようって思うだろ!

 分からなかったらその程度の奴!
 バカかよお前!? こんな大事な時に、なんで人を試すみたいな事すんだよ!

 試してなんかいない!/じゃあ何だよ!?

 言うかバカ!/何だとぉ!?

00255
00258
00259
00260
00261
00264
00265
00266
00269
00270
00272

 キミは全然、分かっていない! 私がどんな思いでいたか…
 目覚めた時、キミが居なくて…
 どんなに切なかったか

 自分がケガレだって事を、独りで抱え込んで、いなくなっちゃうなんてひどいよ…

 私も一緒に悩んであげたかった
 キミが破星王になってしまってどれだけ!

00274
00276
00277
00279
00283
00286
00288
00291
00292
00296
00297
00298
00300
00302
00303
00304
00305
00312
00313
00315
00316
00318
00322
00325
00326
 初めてだったのに! もっとロマンチックにしたかった!!

でも信じてた
 完全に祝い花火と化した死闘! 決戦を背景に、イチャコライチャコラとおめでとうお二人さん!!
 もう帰って、めちゃめちゃ略じゃないかな!
 で

 ろくろはろくろ、それ以外の何者でもない

 必ず「分かる」と信じてた
 男の悩みに、女はとっくに覚悟を決めてた

 いきなりケンカ始めて、怒って泣いてファーストキスして、もう何だコレ!!

 後ろの死闘、完全に花火だよ!

『ごめんな…、色々心配かけて。もう一度、一緒に力を合わせてくれるか?』

00327
 もちろん!

 重なっては離れて。
 傷付けあったけど、もう一度行こうってね。

 いやあ、いい最終回だった…

特に、言うかバカ!と叫んだ辺りも最高でしたね!!

00328
 キスシーンもそうですが、「何で試すような真似した?」って言われた辺り!
 たぶん、言わずとも絶対に分かると信じてるから。
 でも言うのは恥ずかしい!

 晴明の龍が紅緒側、有馬の龍がろくろ側!

 背景が完全シンクロして笑った!

ろくろ『陰陽頭!?

00330
00331
00334
00335
00336
00339
00342
00345
00351
00352
00356
00358
00360
00362
00364
 楽しすぎて、十数えるのも忘れちまったぜ…

死屍累々
 遂に力尽きた有馬に、ようやく二人の世界から戻った二人。神威すんげえ笑ってらっしゃる!!
 笑い過ぎてて、こっちが爆笑だよ!
 が

 少し…、黙っていてください

 神威の奥の手
 得意の、「纒死穢」した脚を振動させた最高速!!

 それすら指一本で的確に留めた晴明は、彼を晴明アイでフッ飛ばし、戦線離脱させてしまう

 晴明アイは念動力!

『フフ…、後はお前らで楽しめ…、ワクワクが増えちまった…、勘弁しろし』

00368
 再会した二人に、ニヤッと笑って、ますますワクワクが増えた吹き飛ばされた神威
 空気を読まず、しかも高校編以来ずっと出番が無かった事から
 てっきり闇無に拘束されてたとばかり…

 徹頭徹尾、趣味人だった…。

『私を止める? 一体どんな力で? ありえません…』『そんなの、やってみなければ分からない!

00370
00371
00374
00377
00378
00380
00383
00384
00390
00391
00395
00397
00402
00406
00411
00414
00418
00425
 と、言ったそばから触手プレイに遭う紅緒様ァ!

眼光プレイ
 引き離されればレゾナンスもできない、以前、千々石にも突かれた弱点であっさり瓦解
 されど、夫の怒りが妻を救う!
 が

 あなた方の小さな思いも、消えていく運命です…

 晴明の余裕は崩れず
 ろくろさん、触手だけ切断する高度な怒り…!

 既に晴明を倒しても止まらない、「見ていなさい」と、言われて見守る二人…!

 花びら、もう開いちゃうの!?

紅緒様『何が…、起きようとしているのですか…!?』

00428
 この期に及んでも、ちゃんと敬語を使う紅緒様も紅緒様らしいですね
 花が開くと共に、ざわめき出す“葉”
 桜みたいなのは葉

 ていうか枝?

晴明『慈愛の蜜が…、世界を優しく包み込もうとしているのです』

00434
00433
00439
00440
00444
00446
00451
00452
00453
00454
 既に、人から「陰」は除かれたらしい。ろくろ達に変化はありませんが…?

双星完了
 既に、世界には「陽」しかなく、花びらが散ったとき、慈愛の蜜が溢れて世界をコーティング
 陽のみのまま、固定してしまうのだ
 と

 いいえ。もう、キミの役目は果たされました

 実は、紅緒様も「まぐわい」済み…!
 もとい“陽の吸収”を完了
 
 邪魔を察知した段階で、“繭”と天御柱を介し、とっくに陽を吸収し終えていたのだ

 悠斗といい、仕事が早い!?

ろくろ『じゃあ、このままだと本当に?!

00455
 ただ前回、目覚める際に「誕生」を思い返したように、多分ろくろの身体は人と変わりません
 これで二人とも、破星王、及び陽の塊という属性が消失
 レゾナンスは残ってますが

 ろくろの危険性、紅緒の不幸体質が改善に! 多分!!

晴明『こうなってしまった事は、私としても残念です』

00459
00460
00462
00463
00464
00466
00467
00469
00471
 私が千年前に見た光景と同じ道を、人々はひたすらに繰り返してしまった…

MELANCHOLIC MISANTHROPE
 晴明とて、人々が将来「変わる」と信じたかったが、千年経っても人は変わらず争い続けていた
 負の感情は連鎖し、留まる事を知らない
 と

 そんな負の連鎖は、断ち切るよりありません。

 誰かが途中で我慢すればいい
 しかし「人間」である以上、それはありえないことです

 また例えば、搾取されてる人が我慢しても、「搾取側」がますます調子に乗るでしょう

 負の連鎖は、ホントにどうしようもない

『そして私がこの手で、真の愛に満ちた世界に変えていきます!』

00476
 物言いがアホっぽいし、“デストピア”ですが、さて他に負の連鎖を止める方法は…?
 のみならず、「受け入れ先」として作った禍野さえ
 破綻しかねない

 実は、その“バロメータ”こそが…

『アンタの一方的な理屈でしかねえだろうが!』『だからこそ、私は千年待ちました』

00481
00484
00485
 陰の気がよほど蓄積しない限り、破星王、つまりキミが目覚めないようにしてね?

努力と信頼の果て
 ろくろが存在する事自体が、人間の醜さの証明。なんてショッキングな理屈でしょうか
 晴明も、人間を信じようとしたのです
 が

 キミがそこに存在するという事が、すなわち人間の醜さの証明です

 彼は、人に「見事に裏切られた」と
 晴明がっかり!

 勝手に信じ、勝手に裏切られた、といえばそれまでかもしれません

 けど禍野や陰陽連、救おうと手を尽くしているんですよね

紅緒様『勝手な事、言わないで! 私はこんなの、絶対にいや!

00489
 しかし看過すれば感情を失い、何の為に生きるのか分からない生き物になる
 叫ぶよ、そりゃ愛の紅緒様は叫ぶよ!
 イチャイチャしたいし!

 ま、人間以外の生き物が何考えてるか分からないし、そういうノリになるだけかも…
 
晴明『キミ達の呪力は底を尽いています、出来る事など何もない…』

00497
00500
00505
00517
00520
00521
00530
00531
00535
 紅音の、いや「二人の」髪飾り、どうするのかと思ったら!?

ああ無情
 呪力で繋がれた髪飾りを、“浄穢”の符で呪装、巨大化させ「蜜」を閉じ込めようとする二人
 髪飾り、ここにきて大活躍!
 が

 無駄です…、その程度の呪力では

 呆れる晴明
 終局は、戦いではなく「止める」為の挑戦に

 しかし無情にも、花びらは次々と落ち、紅緒を激しく動揺させた

 が

『大丈夫だ! 俺達なら絶対出来る!』『そう! 二人一緒なんだから!』

00536
00538
00540
00545
00546
00550
00552
00554
00557
00564

 始めは本気でムッとした! 頼りないし、方向オンチだし!
 陰陽師の癖に、戦う気も無かったし!

 俺もマジでむかついた! 二度と会いたくねーと思った!

 けど、キミは戦ったらスゴかった! そして色んな事に気付かされた!

00567
00568
00569
00573
00575
00576
00577
00580

 お前はずっと、引っ張ってくれた! いつか越えたいって思わせてくれた!

 一緒に住んで、ケンカばかりだったけど
 キミはいつも真っ直ぐだった!
 そこに、本当に憧れた!

 何度も一緒に負けて、何度も一緒に泣いて、でもお前は絶対に諦めなかった!
 前に進んでいく強さがあった!

 あっと言う間に二年が過ぎて、二人でいるのが当たり前になって!

00582
00584
00587
00590
00592
00598
00599
00604
00605

 そんな時、さえと出会って、ますます楽しくなって!
 でも、突然の別れがあって…、あの時の涙は、一生忘れない…

 さえが命をかけてくれたものを、俺達も守るんだって、心に誓った!


00621
00629
00633
00636
00639
 一番大事なものを失いかけて、今は、一番強い気持ちでここにいる!

命が尽きても
 最悪だった第一印象、互いに尊敬の念を抱いていった日々、そして「動機」となったさえとの別れ
 世界を護りたい、阻むものに心が折れかけても
 が

 キミ達は選ばれし側の者、何もしなくても生き残れるのですよ?

 無情に落ちる花びら
 二人の告白は、結婚式のスピーチのようだ!

 BGMも勇ましいテーマではなく、穏やかな、日々を振り返るピアノの

 完全に結婚式だコレ!?

『俺達は、与えられた世界で生き残りたいんじゃねえ!』『自分達で作り上げる世界で、生きたいんです!』

00642
 千年前、陰陽師もおらず、瘴気溜まりが出来始めた京で、独りケガレを祓い続けた晴明
 異界を作り、 陰陽バランスをとろうとした事も
 今回の一件に至るも

 全て、晴明は人類に対し、世話を焼き続けているのかもしれません

『アンタの理屈じゃ、俺達が今まで体験してきた事や、感じてきたことが、全部悪いモンだったって事になっちまう!』

00644
00645
00647
 でもそうじゃない! 誰かを憎んだり、傷つけたりもしたけど、苦しくて傷付くこともあったけど!

だから命を懸ける
 二人の出会いは「負lから始まって、「負」の体験を繰り返した、けどそれが相手への思いを強くした
 陽だけの関係では、為しえなかったはずだ
 と

 それがなければ、ろくろをこんなに愛おしいと思わなかった!

 黙って、聞いている晴明えらい!
 さすが始まり様!

 相手の嫌な所も散々見た、辛い目もあった、けど「その克服」が想いを強くしたのも間違いない

 ポーズも相まって、愛以外の何者でもない!

焔魔堂ろくろ、化野紅緒、今、君たちが話した事は、人間の都合だけで出来た考えです』

00653
00654
00659
00661
00662
00663
00670
 さらっと破星王でなく、「ろくろ」という個人へ呼びかける晴明

無償なれ
 しかし、「陰」が結びつきを強くするのは確かだ、と晴明も認めますが、“陰”は看過できない
 陰は、“ケガレ”という実害を生み出すから
 と

 無償の愛に満ち満ちて、清らかな人間だけが生きる…

 それこそが理想
 晴明は、二人のスピーチにも考えを変えない

 二人の愛は、「自分が愛されたいが故」だ、と決め付けた晴明に二人は沈黙する

 相手に愛されなかったとしても、同じ事が言えるでしょうか?

ろくろ『ケガレが…、ケガレがそんなに悪いのかよ!

00672
00675
00679
00683
00687
00688
00690
00693
00691
00694
00695
 晴明は、「ケガレ」のろくろも認めた、ならケガレだって良いじゃないかと。

陰にケガレに
 珠洲は生きる意味を考え、師や千々石兄弟は他者の為に、優しさゆえに苦悩した麗穏も居た
 ケガレもまた、否定しきれないんじゃないか
 と

 皆、悩んでるんだ! それでも前に進もうとしてるんだよ!

 アニメ初出のケガレ達
 自我を持つ彼らに、ろくろ達も考えさせられた

 彼らも一概に否定できないなら、彼らを生む「負の感情」も、また否定できないのでは?

 ケガレとの協調は、晴明も知らない事ではないのか?
 
それで?

00696
 しかし晴明さん、実にバッサリ!
 それで?
 が

 それはそれ、これはこれ!

『問題は、千年かかって何も変わらなかったという、厳然たる事実です』

00701
00703
00705
 このままでは必ず、現に陰の気があふれ、禍野も現もケガレの跋扈する世界になる…

問題
 これまで語られた通り、人間は“瘴気”に弱いし、今は晴明が一時的に禍野に隔離してるだけ
 ケガレも、大半が人間に敵対的である
 と

 もう…、終わらせるしかないのです

 もし禍野が決壊したら?
 その時、「ろくろ達以外の一般人」こそ傷付くのだから……

 さて二人の反論は…?

2017年3月22日 双星の陰陽師 第49話「復活 -RESTORATION-」

00259
00260
 アクティヴレイドといい、荒川脚本、バラバラな展開を本筋に収束させる人だわホント。

スタッフ
 脚本:荒川稔久(シリーズ構成)
 絵コンテ:五十嵐達也
 演出:清水明 五十嵐達也
 総作画監督:竹田逸子
 制作協力:マジックバス

あらすじ
 復活した安倍晴明が、千年の時をかけ実行に移した計画を阻止すべく、ろくろを紅緒の元へと急がせ晴明の前に立ちふさがったのは、陰陽頭・有馬だった。
 闇無との死闘により呪力のほとんどを失った有馬の決死の戦いが始まるが、そこに突如何者かが乱入してくる。 一方、仲間たちに助けられ、やっとのことで紅緒の元にたどり着いたろくろは、紅緒から託されたあるものを取り出し……。

次回、最終回! 最後はもちろん結婚式だァ!!

00712
00713
00715
00719
 いわゆるケッコンカッコマジ

フェイント-stay night-
 ああ、最終話はきっと亮悟と遥さんの結婚式ですね! 引っかからないぜ私は!!
 戦いというか、説得を終えたらしく満ち足りた表情の二人
 久々の士門!

 放送時間、被害の大きさ、清水隊長らも含め、みんな復活のハッピーエンドでしょうか?

 晴明が溜め込んだ呪力
 それを解放し、呪力切れで石化した全員が蘇生する終わりっぽい

 一応、士門の背景が真っ黒なので、「精神世界での会話です」みたいな演出にも見えますが…?

 十二天将が、全力で祝ってくれると信じて!

晴明説得の手段は…、さえ?

00039
 もうただの小枝に戻ったさえ、ろくろ達の心に、深く根を下ろした存在ですが
 彼女が、最後の説得材料となるのでしょうか?
 ろくろを「パパ」と呼んだ意図は?

 実は今の晴明は式神や、残留思念で、当時の晴明そのものろくろとか?

 解決策の一つ、小枝が独立し「天御柱」自体が増殖する…、とか?
 浄化能力が倍増しますし

 自転車操業すぎますが、その間に、また人類の成長を促す「私はまた現れます」エンド…?
 
予告・十二天将『さて、最後の予告です』『今まで色々名言を繰り出したが!』『今回はない! ないないないない!』『ラストは次回、あの二人が言えばいいッス』『あいつらの名言か?』『L・O・V・E…LLL! LOVE?』

00276
00296
00298
00304
 嗎新ら、あんまり作中で喋れなかった面々がしゃべってた!

ファーストキス!
 有馬、神威と怪獣大決戦! 若人に無粋な真似を…、ってホントにイチャつく二人であった
 紅緒復活、からのケンカするとは思ってたけど
 ホント笑った!

 予告は既にハッピーエンド、最後は戦いではなく説得になってますね

 まだ一話残してますし
 今の晴明が、双星計画を知らない事などさてどうなるのか

 悠斗がバカにした、「千年間の名もない人たちの頑張り」が、作った計画だったり…?

 次回、第50話「双星 -TWINS-【最終回】」

双星の陰陽師 感想 2016年4月~2017年3月 連続4クール

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」

 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」

列島覇乱篇
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」
 双星の陰陽師 第30話「いつまでも笑顔で -LOVELY SMILE FOREVER-」
 双星の陰陽師 第31話「そばにいるから -WAI WA KINAKO YA!-」

天地鳴動篇 第32話~第40話
 双星の陰陽師 第32話「混沌の中に -SEEKING THE PAST,SEEKING THE FUTURE-」
 双星の陰陽師 第33話「師の恩返し -I WANT YOU TO EAT ME-」
 双星の陰陽師 第34話「名コンビじゃねぇ! -WACHI vs WASHI & WATASHI-」
 双星の陰陽師 第35話「復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-」
 双星の陰陽師 第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」
 双星の陰陽師 第37話「恋の町 舞い上がる -TELL ME HONEST FEELINGS-」
 双星の陰陽師 第38話「鳴神町最凶の日 -NO WAY TO RUN,NO PLACE TO HIDE-」
 双星の陰陽師 第39話「慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT-」
 双星の陰陽師 第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」

双星の陰陽師 破星篇 41~50話
 双星の陰陽師 第41話「十二天将 堕つ! -HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS-」
 双星の陰陽師 第42話「故郷は禍野 -SAY IT AIN'T SO,ROKURO!-」
 双星の陰陽師 第43話「千年の夢 -MELANCHOLIC MISANTHROPE-」
 双星の陰陽師 第44話「愛すれど遠く -FAREWELL,MY PRECIOUS-」
 双星の陰陽師 第45話「ひとりきりの二人 -LONELY TWIN EXORCIST-」
 双星の陰陽師 第46話「悠斗 -DESTINY-」
 双星の陰陽師 第47話「紅緒 -POSITIVE-」
 双星の陰陽師 第48話「団結 -SOLIDARITY-」
 双星の陰陽師 第49話「復活 -RESTORATION-」
 双星の陰陽師 第50話「双星 -TWINS-【最終回】」