鉄血 第48話 感想 約束 アニメ画像つき 第2期 第23話 ネタバレ レビュー 記事末尾「ライド、またも庇われる」他を追記 前回
築き上げた人脈があり、重ねてきた罪がある。オルガ、辿り着くべき場所への答え

00152
00413
オルガ・イツカ、死亡…! 鉄華団に脱出法を残しましたが、こうなるとミカがどう動くのか
 辿り着くべき場所はいらない、ただ進み続けろと言い残すオルガ
 血溜まりで出会い、抜け出す結末へ

 彼を殺した男達は、私は、「今まで犯してきた罪」の象徴みたいなものだと感じました

タカキ&新タービンズ!
 蒔苗氏の助力とか、「今まで頑張った事」が報われたけど、その逆も一杯ある訳ですから
 しかし、本当イオク様が助かると誰か死ぬな…。

 劇中、オルガ「最初で最後の発砲」が、子供を護る為だったのも彼らしい…。

オルガを殺したのはだぁれ? 誰が殺したクックロビン

00280
 もし「誰かが殺した」なら、一番怪しいのはマクギリス、そしてノブリス?

私はノブリス押し
 まず「行き先を知ってた」マッキー、でも、オルガがアドモス商会を頼るのは誰でも予想できます
 ノブリス以下、常時見張らない組織なんてないでしょう
 普通

 ギャラホは「華々しく殺す」必要があり、暗殺は論外

 鉄華団が暴発すれば
 ギャラホ大損害、ノブリスもマッキーも得します

 ただ、お前のせいでオルガが!と最終戦になるなら、やっぱりマッキーなんですかね?
 
『俺は止まンねえからよ…、お前らが止まンねえ限り、その先に俺はいるぞ!』

00424
 己自身が辿り着くべき場所へ、オルガ…。

あらすじ
 地球に逃げれば、別人として生きることが出来る。希望を掴んだオルガは、マクギリスに促され
 彼を囮に、クリュセのアドモス商会を通じて「蒔苗」と接触
 アジー達も、運送役を買って出てくれた

 後は、地下から脱出し、鉄華団本部を爆破して死んだ事にすればいい

 希望を掴んだオルガ
 しかし、アドモス商会を暗殺者たちが襲い、オルガは「進め」と言い残し息絶える

 次回、第49話「マクギリス・ファリド」

ここを凌げば、地球で別戸籍を得て生きる事が出来る…!

00024
 そう希望を抱いた鉄華団に訪れたのは、ギャラルホルンによる十重二十重の包囲網
 阻むのは、初めて戦った時と同じ「火星軍仕様」のグレイズとMW
 何故なら鉄華団は、特別な存在だからです

 総攻撃かと思いきや、意外に…?

『オイオイ…、何なんだよ、この大軍は!?

00025
00028
00029
 狙撃銃を持ったグレイズ…? と思ったら、モビルワーカーねコレ。

鉄華団
 せめて昼間のうちに逃げていれば! オルガの誠意も虚しく、立ち尽くすザック以下8人。
 もう抜けた、なんて“敵”が思うはずもありません
 が

 どこまで行っても、俺達はもう鉄華団って事なんかよ…!

 いつもなら「絆」の象徴
 鉄華団である事が、今回はザックらを追い詰める!

 ザックはともかく、他の面々、変な事を考えなきゃ良いんですが

ラスタル『失墜したギャラルホルンの権威を復活させる為、全世界に我々の“大儀”を示す必要がある…。私が火星に着くまで、現状を維持せよ』

00030
00031
00032
00034
00036
00037
00038
00039
00040
00041
 ここで蒔苗氏といた黒服、彼だったんですねえ(後述)。

大儀の為に
 視聴者が「ギャラホは強くない」と感じた様に、幾度も、彼らを蹴散らしてきた鉄華団を叩き潰す事
 何より、自分達が正義だと知らしめる為に
 と

 火星時間で、明日午後零時を以って作戦を開始する予定です…

 裏ではオルガの降伏を拒絶
 全世界に対し、「彼らは降伏を拒んでいる」と喧伝

 搾取される子供、鉄華団に対し、「大人」のラスタル様の怖さって場面でしょうか

 根回し万全、慈悲は無い!

『退路は絶った…、さあ、どう出る? マクギリス』

00042
 しかし現キマリスは、「宇宙戦仕様」という設定ですが、どうすんだと思ったら…。
 ジュリエッタも退場か

 分かってましたが、決戦を前に完全離脱って珍しいですね

マクギリス『実に、分かりやすい状況になったな。ここで奴らを全滅させれば終了だ』

00044
00046
00048
00049
 キミはどうしたい? …オルガ・イツカは関係無い、キミの意見を聞いている

三日月・オーガス
 一方、実に分かりやすい発想、或いは「ミカに合わせた会話」をしていたマッキーですが
 遅まきながら、“ミカという男”を知る事に
 と 

 何度言わせんの…、“オルガのやりたい事”が、俺のやりたい事なんだよ

 またマクギリス
 前回、「調べものをする」と姿を消していました。

 さて一体、何をしてきたのでしょうか…?

『通信ケーブルは全て切断、LCSは、ドローンを打ち上げる端から撃ち落される…』

00050
 ギャラホは、通信ケーブルを全切断、また、MS動力炉は磁気嵐の一種で無線を阻害
 MSが包囲する今、“短距離レーザー通信”が連絡手段となるが
 中継ドローンを片っ端から狙撃される

 蒔苗氏に連絡どころか、外の情報さえ入ってこない!

『なら…、こっちから討って出るか?』『バカ野郎! 戦力差がありすぎんだろうが!』

00051
00052
00053
00054
 どうもこうもねえ、“逃げる”って決めたんだ。逃げるだけだ。

逃げ恥
 希望を摘み取られた鉄華団、しかしオルガは落ち着いたもので、問題は「逃げる事」だけだ、と
 後は、本部を爆破し“全滅した”事にすればいい
 と

 逃げる事さえ出来りゃあ、こっちのもんだ!

 ラスタルの目的は「鉄華団」
 決して、少年ら自身を糾弾する必要はないのですしね

 逃げる事に徹して、死んだ振りして戸籍変更、まさにWin-Winの関係と言えるはず!

 オルガ父さん、久々に落ち着いてる!

雪之丞『手なら、あるかもしれねェぞォ…』

00056
 そして肝心の「逃亡手段」こそ、前回の予告に出てきたアレ
 逃げるは恥だが役に立つ!
 と

 ユッキーは、本当に詳しくて体臭がキツかった人だなぁ…

『確か…、ここの地下には“厄祭戦”時代の古い送電ケーブルが通っていたはずだァ…、それが生きてりゃあ、クリュセ方面に出られっかもしれねェ!』

00059
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00066

 いいかお前ら、今までみたいに「誰かを殺しゃ終わり」って戦いじゃあねえ
 この戦いは、俺ら全員が生き残ること!
 それが目的なんだ

 生きて…、生き延びる事であいつらに一泡吹かせてやるんだ!

 いいな…、絶対に退くんじゃねェぞ!

00067
00068
 ならば、「殺す」事に特化したミカは…? すごく微妙な表情に見えるのは気のせいか…?

命の糧は地下にある
 またも彼らの鍵となる“厄祭戦の遺産”、火星地下には、彼らの資金源となったハーフメタルといい
 MAといい、本当にいろんなものが埋まっていますね!
 で

 あいつ…、ムチャクチャだな

 男の背中
 対し、「副団長」ユージンはあきれ返ります

 しかし「昔なじみ」であるダンテさん、チャド達は、「昔のオルガみたいだ」とむしろ懐かします

 この二つは、決して矛盾しない!

チャド『ああ、俺も思った。妙に自信満々で…』

00071
 オルガが、というか「子供」の多くが、成長と共に失ってしまうものでしょうか
 無茶苦茶な事をいい、しかも自信たっぷり!
 対しユージンは「副団長」

 今の彼は、オルガと一緒に組織を動かす「大人」になってるんですよね

 まさか、こんなに相棒的な子になるとは。

ユージン『俺よ、オルガに言ったんだ。“お前の言うこと聞いてりゃ確実だ”なんて、誰も思っちゃいねえって…。でも半分ウソだ』

00072
00073
00074
00075
 あいつに付いてきゃ、なんとかなるんじゃねェかって…、つい思っちまうんだよなぁ…

オルガ・イツカ
 そう内心で思いながら、オルガの負担を軽くする為、前回はああ言ったんだと思うと…。
 ホント、ユージンさんの思いやりは天下一品です
 で

 ああ…、そうだな

 とは昭弘
 最近、塞ぎこみがちだったオルガ

 シリーズ当初は、「大人になろうとするオルガ」が、大きな見所でした。

 しかし今、一周回って“彼らしく”ってね!

『そうか…、ここからの脱出を選択するか…、“私の知る鉄華団”ならば、当然、戦いを選ぶものと思っていたが…』

00076
00077
00078
 さっきは、敵が来る! ブッ飛ばそうぜオルガ!!と思っていたマッキーさん

梯子は外れるもの
 そうは問屋を卸そうとしないのが、「オルガ」を知らないマクギリス。彼の人生は苦境と戦いの連続
 オルガもまた、その点は似ています
 が

 勝てねェ勝負をする程バカじゃねェ…、俺達には別の戦いがある

 生きることが戦いだ!
 なんだか、第08MS小隊のようなオルガ

 しかし戦場が舞台である以上、「生き延びる事」こそが、勝利条件と見るのも一つの結論

 対し、マッキーは“根治”派

『別の戦いか…、君達は、その戦いの果てに何を求める?』

00079
 マッキーは「上に上がる」たびに、別の者が上にいて、彼に不自由を強いて来ました
 彼が求めるのは、自由なんじゃないでしょうか
 って、私は思います

 始まりがひどかった上、愛人時代が長かったですからねえ…。

オルガ『目の前で見えてるモンにしがみつく、そっから先は、その時、皆で考える。俺達はそうやって生きてきた…、いつしか俺にゃあ…、それが見えなくなっていた』

00080
00082
00084
 随分と、虚しい気付きだ

結果と過程?
 オルガの気付きは、辿り着くべき場所や「大局」を欠くもの、マッキーが“虚しい”というのも当然
 でも、「ゴール」を求めたオルガは迷走しました
 だから

 虚しくなんかねェ、仲間がいればな。

 これに尽きるのでしょう
 その場その場で、「皆」で考えて進む

 その「過程」さえ、仲間がいれば楽しめるのですから、決して虚しくはないのでしょう

 オルガは多分、“結果”より大切なものを見る人

マクギリス『仲間…』

00085
 急激にダークなBGMとなったマッキーパート、彼の締めくくり「仲間」。
 さて、彼の結論は…?

 求めるのは結果と過程、オルガとマッキーは、平行線だった気がします

ユージン『オルガ! トンネルを見つけたぞ!!』

00086
00087
00088
00089
00090
00091
00093
00094
00095
 信頼できるからなんでしょうが、ユージン副団長仕事しすぎ問題

トライアル・アンド
 さて「送電ケーブル」は見つかったものの、300年物のトンネルは、一部が崩落して通行不能
 狭い通路だし、人力で何とかするしか!
 で

 何とか蒔苗の爺さんへの連絡だけでも、先に出来りゃあいいんだが…

 即脱出ならず!
 ただ、「生きてる通信ケーブル」も発見

 これで「向こう側の端末」が見つかれば、クリュセと、鉄華団で通信する事が可能となります

 ギャラホの非道を、世界暴露可能ッ!

『少人数なら、一時的に包囲網を突破する事は可能かもしれない』

00097
 アドモス商会までいければ、地球への通信が出来、脱出へと繋がる
 ここで、オルガの言葉を聞いたマッキー
 一瞬、思案顔の後…

私は今から、ギャラルホルンの包囲網を単独で突破する

00098
00099
00101
00102
00103
00105
00106
00107
 勘違いしないで欲しい、私の目的の為に、必要な手段を採るだけだ

訣別
 ラスタルを討つ為、「鉄華団はここにいる」と見せかける作戦は、自分にも利用価値がある
 際し、自分は姿を消しておく必要があるのだ
 と

 私は、君たちを利用してラスタルを討つのだ…

 あくまで対等
 互いに、利用するだけの関係だと

 しかしマクギリスの申し出が、「自分達の退路を作る為」と思え、つい瞠目するオルガ

 良き訣別となったようで何より…、多分

アトラ『あたし…、行かない』

00109
 際しアトラとクーデリアも逃がす事となったが、アトラ、不動のここにいる宣言
 行けば、今生の別れとなる可能性が高い
 これは行けない…
 
『行きましょう、アトラさん。私は、あなたとお腹の子を守ると三日月と約束しました。お願いしますアトラさん、私に、三日月との約束を果たさせてください』

00110
00112
00113
00114
00115
00116
00118
00119
 好きな人との、約束を

決して枯れない
 三日月との約束に被せるクーさんはズルい! そして「子供」発言に、ビックラこかされるチャド!!
 この人、いっつもビックリしてるな!
 と

 きっとまた会える。鉄の華は…、そう簡単に枯れたりしないわ

 再会を誓うメリビットさん
 この二人と、果たして再会は叶うのか

 何だか意味深なコンビですが、雪之丞戦死で、彼の子をチャドと育てるケースもありそう…?

 もちろん、MS乗りのチャドさんは危ないんですが

マッキー『バルバトス・ルプスレクス…、“狼の王”か、勇ましい名だな?』

00122
 今後、「一回は応急処置形態になる」、とゲーム媒体で予想されているバルさんですが
 今回も出番はなく、いよいよ後2話を残すのみ
 さてどうなるのでしょうか?

 この“ケーブル”状態、見慣れたし、やっぱカッコイイですね

『何その格好? どっか行くの?』『ああ…、三日月・オーガス、私の下に来ないか?

00124
00125
00127
00129
00131
 お互いの理想に向い、私がその力を導けると思った…、が、違ったようだ

訣別の理由
 初代「シャア」のオマージュ、外せない台詞を口にするマッキー、しかし彼も分かっているのです
 ミカも、鉄華団も自分には従わない
 と

 君達の輝きは、理想も目的もない、刹那的なものだからこそ…

 鉄華団は流されています
 それは、視聴者もご存知のとおり

 だからマクギリスは導き、その力を有効に、「彼ら自身の理想」にも向けてやれると思っていた

 しかし彼は、「理想も目的もないのか」と受け取ったんですね

『ごちゃごちゃとうるさいな…、俺達は辿り着く』

00135
 今にも銃を撃ちそうな声をしている…! 実際、「ごちゃごちゃうるさい」の一言
 彼の言葉は、「彼なりの鉄華団への理解」
 そりゃムカつくよね!

 それに、自分のほうが(オルガより)上手く導けるんだ!と言わんばかり

 マジギレ300%だよね!

『それは…?』『オーイ、勝手にウチの団員をスカウトしてんじゃねェよ』

00136
00138
00139
00140
00144
00148
00149
 ミカの使いどころは、ちゃんと考えてある

心配だ
 実際、鉄華団にも目的があると聞き、マッキー心底興味深そうでしたが、苛立つオルガに退場に
 このやりとり、後で響くのでしょうか?
 で

 心配だなぁ…、俺が居ないとオルガ、なにやらかすか分かんないし

 名瀬の件を思い出しますね
 あの時、オルガは「助けに行かない」と決断

 とまれ蒔苗氏にナシつける為、オルガはアドモス商会へ、ミカは当然本部に

 身体の不自由が、ここでも響く事に

『代わりに、お前の銃を貸してくれよ』

00150
 再会の為に…、おいバカやめろ死亡フラグだ!?
 でも、いやしかし…!?

 しかし再会の縁が「銃」ってのも二人らしい

『思い出すなあ、正直、あの時お前の事“おっかねえ”って思ったよ…』

00152
00153
00154
00157
00158
00159
00160
00161
 けど、こうも思った“コイツと一緒なら、どんな奴にも負ける気がしねえ”ってな!

今も今でも
 オルガと組む事になったのも、彼の為に撃ち、彼の“目指すべきどこか”にのっかったから
 マッキーと同じ、路地裏育ちの二人
 でも 

 オルガ…、それ、ちゃんと返してね?

 出発から違う3人
 そして、「約束」に念押しするミカ

 この辺から急激にオルガが心配になりますが、三日月さんは、フラグ壊しの達人…、そのはず!

 繰り返しますが、身体が動かず“別行動”が増えたのが…

『じゃあ…、行ってくるね、三日月』

00162
 そしていないいないばあ状態のハッシュ君である
 何してんねん!

 彼はアトラと仲良くなり、戦後「三日月の帰りを待つアトラ」の傍に居そうですが…?

『じゃあ…、行ってくるね、三日月』『三日月もお気をつけて』

00163
00164
00167
00168
00169
00170
00171
00172
00173
00176
 緊張感ね~な~/あ、あの…、終わりました?

緊迫の防衛戦
 当面最後となる「両手に花」、ライドもツッコミますが、反対側は緊張感に漲る集団の姿も
 火星軍は、“手を出すことが出来ない”
 と

 聞いた通りだ! 指揮官殿の命令に従えッ!!

 専守防衛!
 先手は、「鉄華団側」に出させる!!

 あくまで鉄華団が悪い、という図式を作らせる為、座して待つ火星軍+クジャン家

 イオク様、今回は“一兵卒”としての参加に

クジャン家の方々『“ではみすみす、僚機がヤられるの見ていろと!”』

00177
 特に今回は、火星のマスコミが多数見ており、いつかのような自作自演は行わず
 隊の誰かが、傷付く事が前提という布陣であった
 シールドはそれでか

イオク様『そうだ…、“お前達は”動いてはならぬ!』

00178

 済まぬ、指揮官殿! しかし、流さねばならぬ血があるのなら!!
 たとえ無茶でも!

 私は今まで、多くの部下たちに窮地を救って貰った!

 部下達の命で、私の命を繋いで貰って来たのだ!
 だからこそ、今度は私の命で、みなの命を繋ぐ番なのだ!

00181
00182
00184
00187
00188
00192
00194
00196
00197
00200
00201
00204
00206
00210
00211
00213
00216
00220
00221
00222
00224
00226
 ふ…、フハハ! 指揮官殿…、号令を!!

八つ当たり
 敢えて武装を解除! 丸腰となったイオクだったが、元より“騒ぎを起こす為”現れたマクギリスは
 挑発に乗り、GHの“反撃”を促す
 が

 私は今…、機嫌が悪くてな。少々八つ当たりに付き合ってもらおう

 やはり生き延びるイオク様!
 果たして故意なのか、彼の強運の偶然なのか

 何があっても生き延びる姿は、やっぱり、最後まで変わらない模様?

 なんて強烈なチキンレース…!

マクギリス『ルプスレクス、狼の王か』

00227
00233
00237
00238
00239
00240
00242
00243
00245
00246
00247
00249
00252
00254
 そうだな…、狼とは群れるもの、私には出来ぬ生き方だ

狼の王
 改めて語られたルプスレクス、鉄華団に押し付けていたイメージを、彼なりに払拭するマクギリス
 義理を果たし、別離を継げて立ち去る事に
 と

 さらばだ…、鉄華団

 物々しい6機のグレイズ
 脚部はノーマル同様、顔装甲などが変更

 シールドとポールウェポンで、「出来る限り安全に、時間稼ぎする為」の装備だったのでしょうか

 数分ながら、見事な大張作画!

『……え? ザック?』

00259
00261
00262
00263
00265
00266
00269
 仕方ねーだろ! 死なねー為なら、何だってやるんだよ!!

鉄血の掘るフェンズ
 前身であるCGSが、子供を安い労力にしてきた事もあってか、未だ掘削機械もない鉄華団
 ひたすら、人力で脱出路を掘りまくる事に
 と

 よぉーし! 俺らも気合いれるぞーーーーーーーっ!!

 何時代だコレ!
 スコップ、それをは時を越えた万能装備!!

 ひたすら掘っては、出た土を袋に詰め、外に出す人力掘削の繰り返し

 自ら掘る副団長の鑑!

ククビータ・ウーグ『もう社長とは、会えないとばかり…!』


00270
00273
00274
00275
00276
 ニュースで、鉄華団は降伏勧告に応じないからって…

タイムリミット
 技術班の少年兵を連れて、アドモス商会に辿りついたオルガは、初めて「外の情報」を知る事に
 外では、自分達こそ“降伏を拒否している”
 と

 明日の正午に総攻撃するって!

 時間がない!
 果たして、土砂の厚みは? 鉄華トンネルは間に合うのか…!?

 てか、“ここから”降伏を発信すれば…?

ラスタル『さすがはマクギリス、こちらの準備が整う前に動いたか、…所詮MS一機、“お前”は民間の情報統制を徹底しろ』

00279
00280
00281
00282
 それはもちろん、今回の事も含め、コントロールは万全です…

「黒服」の親玉
 実は民間の情報も、“ノブリス・ゴルドン”が統制管理しており、調子の良い事をさえずる彼には
 ラスタルも、通信を切るやムッとした模様 
 で

 あいつがただ逃げるような男なら、今回のような事態にはなっていない…

 クーデリアのみならず
 革命家を支援し、戦乱で私腹を肥やす商人

 それを知らぬラスタルじゃなし、ノブリスだって、知られていると承知の上ってパターンか

 マクギリスが、攻撃をかけてくる事も予想

『ああ…、それだけが俺の生きる理由だ』

00284
 そしてマクギリス退治に、「生きる理由」さえ懸けるガエリオ
 次回、いよいよ二人にも決着か
 果たして…?

 また、ノブリスは統制してますが「厄祭戦時代の通信網」なら、或いは?
  
『“いきなり無茶を言いおる…、個人情報の意図的な改竄は重罪じゃぞ?”』

00287
00288
00289
00290
00291
00292
00295
00297
00299
 まァ…、命の恩人からの頼みは断り辛いのう

戦士よ、いそげ!
 改めて、敵が「鉄華団全滅」を狙うと知るオルガ達、より重い決意で臨んだ蒔苗氏との会談に
 当初、オルガは自分の首を差し出そうとする
 が

 急いでくれよ?

 あっさり快諾!
 当初、逆に脅してきたヤクザとは思えぬ!!

 あれから2年、チャドの名前も覚えてくれるくらい、軟化した蒔苗の爺ちゃん

 しかし、「急ぐべき理由」とは…?

『ワシの仕事も滞って困る』『ちょっと先生! そんな事は…!!

00302
00304
00305
00307
00310
00312
 今度は俺に、恩返しをさせてくださいっ!

タカキの恩返し
 実は、彼は蒔苗先生のところで秘書をしており、彼が上の空で困るから急げ、と
 ただやはり、「地球まで行く」のは困難
 と

 けど地球までって、簡単に言うけど…

 イサリビは使えない
 何てこと、ユージン師匠の見せ場が!

 彼らが「生きている」と分かれば、蒔苗氏の周辺も、あっという間にガードされてしまうでしょう

 バレたら終わりの鉄華団!

『ああ、そういえば…、社長の留守中に、鉄華団宛にメールを預かったんですけれど』

00319
00321
00322
00324
00327
00330
00331
 イケる…、なんとかなるぞ! 道は開けた…、後は進むだけだ!!

だんどり!
 アジーさんが二代目兄貴になってるゥ!? 彼女いわく、火星のテイワズ支部を訪ねてくれれば
 積荷に紛れ、運んでやるという連絡だった
 と 

 段取りがついたってな!

 喜びの爆発!
 オルガ、心底嬉しいって声だった!!

 蒔苗にタカキ、アジーにエーコ、これまで出会った人々が、力を貸してくれたんだもの!!

 今までの頑張りは、無駄じゃあなかった!!

『ライド、裏に車ァまわせ!』

00332
 後は、トンネルの出口を確認し、そこにある「出口側の端末」から通信をすれば
 鉄華団も、こっちに安心して逃げてこれる
 勝ったも同然!

 しかし、MS隊主力を二人も連れてきたのはどうなの!?

※蒔苗氏&タカキとの繋がりの為

『ホントに良いのか? アトラ』『はい、私はクーデリアさんのところに匿ってもらいます』

00336
00339
00342
00343
00345
00346
00348
 思えば鉄華団は、地球へアンタを運ぶ所から始まった…

ビスケット…
 宅の主人を頼みますというアトラ、オルガは、ちゃんと「子供」の事を聞いてたんでしょうかね?
 しばしの別れ、という言葉が不吉
 で

 アンタが俺らを、指名してくれたんだよな?

 そして“始まり”へ
 鉄華団以前、CGS社時代の話

 当時、クーデリアが、「彼ら」を目当てに門を叩いたのが、本作の始まりでした

 懐かしいですねえ…

『ええ! 同年代の恵まれない子供たちと行動を共にし、その痛みを分かち合いたい、と』

00352
 張り切って、当時の「愚かさ」を口にするクーデリア、乗り越えてきた証ですね
 今は、笑った語り合えるくらいに
 愚かだと分かる

 けど、どうあれ「それ」があったから、オルガ達が救われたのも事実。

クーデリア『ホントに傲慢でした…』

img_14
 たとえば当時、「貧しい子供」のミカに対し、対等であろうと握手を申し出るも
 断られ、「手袋なんて失礼でしたね」
 と

 でも本当は、ただ「俺の手、汚れてるから」だった

 当時、そんな事も想像できなかったんです

オルガ『いや、感謝してるんだ。アンタの夢、叶えろよ! …じゃあなっ!!』

00353
00355
00359
00360
00364
00369
00371
 ここからが超不穏! せめてジャンバーは脱げよたわけ!!

叶えろよ!
 相手の身になって考えたつもりで、それが傲慢だと気付けなかった、その愚かさも今では分かる
 オルガも、ただ「感謝している」
 と

 なんか静かですね…、街の中にはギャラルホルンもいないし

 一方、街への困惑も
 おそらく、「ノブリスによる情報統制」の一環でしょう

 オルガ達は単純に、普段は街に置く戦力も、全部あっちに回しているのかと推測します

 それもおそらく、間違ってないのでしょうが…

オルガ『上機嫌だな?』

00372
 また、タカキが頑張っていたと知り、ライドもますます「頑張らないと!」と張り切ります
 この二人は、ホントに響きあうような関係ですね
 ただ、これも「いけなかった」

 ライドってば、本来は警護の為に付いてきたんだろうに…

ライド『俺もがんばらないとっ!』

00375
00378
00382
00386
00389
00391

 そうだ…、俺達が今まで積み上げてきたモンは、ぜんぶ無駄じゃなかった。
 これからも、俺達が立ち止まらない限り
 道は続く…


00394
00396
00399
00403
00405
00409

 何て声…、出してやがる…、ライド。俺は…、鉄華団団長オルガ・イツカだぞ…
 こんくれえ、何てこたあねえ! 団員を守ンのは俺の仕事だ!
 いいから行くぞ!

 みんなが待ってる…、それに…、ミカ…、やっと解ったんだ

 俺たちには辿り着く場所なんていらねえ
 ただ、進み続けるだけでいい

 止まンねえ限り…、道は、続く!

 俺は止まンねえからよ…、お前らが止まンねえ限り、その先に俺はいるぞ!

 だからよ…、止まるんじゃねえぞ…!

00412
00413
00415
00416
00419
00422
00424
 なんだよ…、ケッコー当たるんじゃネェか…!

「謝ったら許さない」
 以前、ミカが歩く事さえ出来なくなった時の言葉、謝らず悔いず、ただ「進み続ける」事が大事だと
 ただ進み続けろ、それだけを示しオルガは死亡
 団長…
 
 戻る場所なんてない 辿り着くべき場所へと 迷いのない旗を高く掲げて 今を生きてゆく

 辿り着くべき場所
 それさえ不要、ただ進み続ける事だと

 他人の血溜まりで始まり、自分の血溜まりから抜け出して、オルガ死す…!!

 流れる血さえも、「先」を目指して

彼を殺した「ダークスーツの男達」は?

00378
 オルガを「暗殺」して得するのは、マクギリス、ノブリス、「鉄華団」が殺してきた者たちの復讐?
 特に、ラストが“ノブリスの情報統制で静かだった”とすれば
 彼の差し金でしょうか

 マッキーも、鉄華団への理想の押し付けから、違いをにようやく気付いています

 あれだけ爽やかに別れを告げたなら、さすがに…。

このグレイズ、ただの火星軍仕様でしたね!

00173
00220
 えらく物々しいから、特殊な機体だと思ったんだ…!

グレイズ包囲部隊仕様
 先週ラスト、本機の大部隊が本部を囲んだように見えて、「来るべき時が来た」と思ったんですよ
 包囲し、“マスコミの前で”華々しくケリをつける為のMS
 そう感じたんです

 同じラスタル派、ガランの隊が使った「シャルフリヒター(処刑人)」のグレイズ版だと

 或いは「カルタ機」と同色
 一部同様の形状、「統合艦隊は残せ」という作戦初期の命令

 元カルタの部下が、TVの前で、正義の怒りに燃える為の機体じゃないのかと

 どっちも違いましたね、ぎゃふん!

しかしライド、これで二度目ですよ…

00203
 何もできず仲間を失う、という意味ではチャドも二度目。

子供を庇って
 以前、シノ戦死に繋がったと言ったら言いすぎですが、彼が重傷を負ったのもライドを助けた為
 ライドが、それを気にするシーンがあまりないので
 印象ではやや薄いですが

 二人とも、ライドが子供だから助けたのかなって感じます

 本作は鉄華団の始まり、宇宙海賊、それにヒューマンデブリといい
 マッキーといい「子供が搾取される」事を強調

 そうじゃない、子供は大人が庇うものだ、って言ってるように感じるシーンだなと思いました

鉄華団は、今は「逃亡する事」を目的としてますが…

00170

 あとアレですね、「鉄華団が逃げる」なら、黒幕であるラスタル様は生存し
 今以上に、厳しいギャラホ支配が始まる
 それは明確です

 確実に退場、もしくは政治から引退の二択、どんな運命を辿るのか?

オルガというふたを失い、暴走確定の三日月

00403
 彼の辿る結末は…?

生存?
 オルガが死んだ今、むしろオルガの分も生きる為、生存確定した気がします
 最後の最後で、お腹が大きいアトラの下を
 全く別の外見になって

 今は多分、阿頼耶識3回の超負担で成長抑制、それが加齢に伴って阿頼耶識がなくなるとか?

 決戦後、死んだと思った主人公が別の姿で…、ってヤツじゃないかなと

次回、サブタイ回は死亡回? 決戦の二人!

00018
00020
 サブタイ回は退場回の法則

「ガンダム」として 
 ミカが、右腕や右目の感覚持っていかれた時点で、「じゃあ全部持ってかれたら?」って考えます
 なら、劇中でも設定でも“アグニカの魂が宿る”バエルこそ
 そうなった機体なのかと

 そう思ってやまないんですか、もう自信がなくなってきましたッ!

 ラスボスはアグニカだと思うんですよ、私は!

次回、マクギリスを倒す事だけに意味を見出す彼は…?

00019
 ある意味、マッキー以上に死亡フラグな彼

ガエリオの行方
 彼は、「マクギリスを倒して前に進む」のではなく、既に心中思考に入っているのが気になります
 果たして彼に、救いは訪れるのでしょうか?
 倒しても終わりは悲しすぎる

 思えば第1話の時点でも、彼は「革命」を意識しながら、政治に無関心すぎましたが…

 ある武器を持っていますが、破滅を招かぬよう祈るばかり…

むしろ冷静なマクギリス、その表情の先は

00021
00017
 彼は、不幸な結末しかない気がします

包帯の行方
 作中、四大政府とギャラルホルンの関係を回復させたり、元々政治力は高いヒトなんです
 三日月にあてられての武力革命や、ガエリオ生存を知って「崖っぷち」と悟り
 強硬手段に出たのが…

 世直ししてくれそうに私は思いますが、シャアのオマージュだと未帰還一択ですよね…

鉄華団勝利」は、この人を勝利させるという事

00013
 ラスボスというには直接戦闘しないので、アグニカ出現展開を予想するところ

ラスタル・エリオン
 三日月やマッキーを「子供」として、上回っていく「大人」っぷりは間違いなくラスボスですが…
 いずれにせよ、鉄華団脱出エンドになってしまうと
 彼は死亡せず終了に

 そうはならないと思うので、どの局面での戦死となるのか?

 覚醒バエルに一刀両断?

次回、バルバトスは遅れての出撃か?

00009
00010
00006
 予告ミカ、目がおちくぼんでるように見えます

昭弘奮闘!
 予告ではバルバトスが消灯している事、また、第1話のオマージュでストーリーが進んでるので
 多分、ギリギリまで出てこないんじゃないでしょうか
 昭弘汗だく!

 もしそうなら、昭弘は唯一のガンダム乗りになりますね

 そら負担でかいわ!

次回、「王の椅子」出撃! パイロットは…?

00007
00008
 立場上、一番ふさわしいのはユーjジン?

王の椅子
 オルガは戦わない、戦わせない、ミカのポリシーで出撃できなかった感ですが
 さて、「椅子」は誰が使うんでしょうね
 ハッシュの可能性も?

 オルガ専用機ですが、獅電なので阿頼耶識は付いてるのかどうか

 しかし、結構カッコイイな…。
 
2017年 3月19日 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 第2期 第23話「約束」

00206
 やはり岡田氏脚本。バトルはもちろん大張作監! 原画でも参加!!

スタッフ
 脚本:岡田麿里
 絵コンテ:遠藤広隆、西澤晋
 演出:池野昭二
 キャラ作画監督:中島渚、斎藤香、吉田雄一、江上夏樹
 メカ作画監督:大張正己

予告・三日月『ねえ、アトラに子供の名前決めといてって言われたんだけど、何が良いと思う?そっか、オルガが戻ったら聞いてみるよ』

00167
 予告でまでちきしょう!

無駄じゃなかった
 やってきた事は、良くも悪くも報いられる、そう感じさせる終盤の流れ。そしてオルガの答え
 進む事、そこに「結果」を求めたことが迷走の原因で
 ただ進み続けようと

 また、「オルガが言うから」という三日月が、彼を失った時どうするのか?

 その疑問に応えるなら
 オルガは、劇中で倒れるのが宿命だったのかもしれません

 自由へ「最短」のマッキー、最短なんて似合わなかったオルガ。似ていて真逆だったんだなと

 次回、第49話「マクギリス・ファリド」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1期 感想 2015年10月~2016年3月

 第1話「鉄と血と」
 第2話「バルバトス」
 第3話「散華」
 第4話「命の値段」
 第5話「赤い空の向こう」
 第6話「彼等について」
 第7話「いさなとり」
 第8話「寄り添うかたち」
 第9話「盃」
 第10話「明日からの手紙」
 第11話「ヒューマン・デブリ」
 第12話「暗礁」
 第13話「葬送」

 第14話「希望を運ぶ船」
 第15話「足跡のゆくえ」 
 第16話「フミタン・アドモス」
 第17話「クーデリアの決意」
 第18話「声」
 第19話「願いの重力」
 第20話「相棒」
 第20話副音声
 第21話「還るべき場所へ」
 第22話「まだ還れない」
 第23話「最後の嘘」
 第24話「未来の報酬」
 第25話「鉄華団<完>」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期 感想 2016年10月~3月

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第26話 第2期 第1話「新しい血」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第27話 第2期 第2話「嫉心の渦中で」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第28話 第2期 第3話「夜明け前の戦い」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第29話 第2期 第4話「出世の引き金」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第30話 第2期 第5話「アーブラウ防衛軍発足式典」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 第2期 第6話「無音の戦争」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第32話 第2期 第7話「友よ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第33話 第2期 第8話「火星の王」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第34話 第2期 第9話「ヴィダール立つ」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第35話 第2期 第10話「目覚めし厄祭」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話 第2期 第11話「穢れた翼」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 第2期 第12話「クリュセ防衛戦」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第38話 第2期 第13話「天使を狩る者」
 キスマイ宮田もどハマリ!『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』今から観ても絶対間に合う!SP 
 
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話 第2期 第14話「助言」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話 第2期 第15話「燃ゆる太陽に照らされて」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話 第2期 第16話「人として当たり前の」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話 第2期 第17話「落とし前」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 第2期 第18話「たどりついた真意」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話 第2期 第19話「魂を手にした男」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話 第2期 第20話「これが最後なら」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話 第2期 第21話「誰が為」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話 第2期 第22話「生贄」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話 第2期 第23話「約束」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話 第2期 第24話「マクギリス・ファリド」
 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第50話 第2期 第25話「彼らの居場所【最終回】」

関連記事

 “発掘ガンダム”のギミックとは? ガンプラ情報より(第29話「出世の引き金」放送時)
 『HG イオフレーム獅電』ランナーレビュー&機体設定(第32話「友よ」放送時)
 『ガンダムフラウロス』 彩色、正式名公開! “コクピット”は…? (第34話「ヴィダール立つ」放送時)
 『HG ガンダムヴィダール』ランナーレビュー&機体設定(第35話「目覚めし厄祭」時)
 『HG モビルアーマー ハシュマル』彩色サンプルが更新(同上)
 2017年2月発売ガンプラ予約開始(同上)
 『HG レギンレイズ イオク・クジャン様専用機』プレミアムバンダイ受注開始(第38話放送時)
 2017年1月発売ガンプラ「ヘルムヴィーゲ・リンカー」他ボックスアートなど公開 (同上)
 2017年2月発売ガンプラ「新MS C(ジュリエッタ機?)」シルエットなど公開(同上)
 2017年2月発売ガンプラ「ガンダムバルバトスルプス新形態(仮)」シルエット公開(同上)
 2017年3月発売ガンプラ「ガンダムバエル」他予約開始!
  『ガンダム・バルバトスルプスレクス』『バエル(彩色)』『ジュリエッタ新型』公開!
 『HGUC ゼータガンダム 4月発売』『バルバトスルプスレクス 画像更新』
 2017年2月ガンプラ『バルバトスルプスレクス』11日など 全9種 発売日!(第41話放送時)
 3月発売『ガンダムバエル』彩色版公開! “肩の紋章”は…?
 4月『HG ガンダムウヴァル』発売 “鉄血外伝”ガンダム・フレーム機
 『HG ガンダムフラウロス(厄祭戦時)』受注中! “バエル”と似た 300年前カラー
 『HG ガンダムキマリスヴィダール』公開! ランス、もしかして…?(第44話放送時)
 鉄血外伝より「HG ガンダムウヴァル」がキット化。4月発売予約開始
 2017年3月ガンプラ「HG ガンダムバエル」「ガンダムキマリスヴィダール」など 全18種 発売日
 外伝漫画より『HG ガンダム・ダンタリオン』キット化! 71番目のガンダム・フレーム
 『HG モビルレギンレイズ(一般機)』受注中! アリアンロッドが未だ占有する後継機!
 鉄血ガンプラは3月で本編、4月外伝、5月は発売なし? ガンプラジャーナル2017年3月号
 外伝機『HG ガンダムダンタリオン』の試作品公開 この異形感!

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 感想 漫画

 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ外伝 月鋼 1巻“仇の名はガンダム”

追記履歴

 3月20日:次回予告、画像追記
 3月22日:ライド、またも大人に庇われる