南鎌倉高校女子自転車部 第11話 感想 レビュー 自転車って、ふしぎ アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
楽しさ全部入りの単独ライド! 出会いにレース、繰り返した失敗、イイ達成感だった!!

00013
00275
意外や地図を見るのが下手だった巴など、失敗を繰り返して乗り切った力走が清々しかった!
 ちゃんと、ゴール地点で待ってた四季先生も良かったです
 失敗も達成感の内ってね!

 またもパンクに見舞われるも、今度は自力で直した夏海、成長を感じる回だった!

ひろみ力走!
 発作的に、ユニコの限界を試したい、って駆け出したひろみも、なんだか共感しますね
 ボケッとしてるだけに、ああいうの好きです

 風景や美味しいものを楽しんだり、楽しさ全部入りって感じだった!

エンドカードは、絵描きと子育てに活動中の「Gユウスケ」先生!

00326
 キャップ外れてるのがサンディらしい! なんてエロい身体なんだ…。

あらすじ
 後は自分達でやってみなさい、四季の指導で、生徒単独で「三崎港」を目指す自転車部+サンディ
 しかし、女性3人組に抜かれ、サンディの負けん気に火が着き
 ひろみと二人で追いかける事に

 結果的に、彼女らラジオ局の実業団“SOUND-C”と縁が出来、5人は親切な指導を受けた

 血糖値不足にパンクに迷子に
 トラブルと、三浦半島の美味しいものを楽しみ5人は完走

 これからも皆で、色んな所に自転車で行きたいと5人は気持ちを強くする

 次回、第12話「道はまだまだつづいてる」

『HIROMI♪ 風除けはサンディにお任せネ~♪』

00003
 輪行自転車を分解し、交通機関(電車など)を利用する“遠出”を試みた自転車部
 三浦半島を、横須賀駅から観音崎まで走り抜けたところで
 四季が、「後は自分で」と去ってしまう

 可愛い子には、足袋を履かせろと昔から申しますが…!

巴『みんなーっ! 先生はいないけど、私達で三崎までがんばりましょーっ!』

00000
00001
00004
00005
00007
00008
00010
00012
00013
00014
00016
00017
00018
00019
00020
 抜かせてもらうでーっ♪

サンディの尻
 和気藹々と「列車」を組んでいく5人だったが、道中、“ディープリム”の大人3人組に抜かれてしまい
 久々、サンディの負けん気に着火!
 で

 あの人たち、私をブチ抜いてイきましたNE…!

 ひろみも連れ追走開始!
 5人から、いきなり2人になったよ自転車部!!

 入学初日を思い出す2人ですが、大人組、「リム」部分が高いのがカッコイイですね!!

 きっとお高価いんでしょう?

ちなみに、その“初日”ライダーさんはこちら

3adaf67a
 グリーンで統一された彼女達とは、明らかに別人さんですね。多分。
 ハハッ、そこまで偶然じゃあなかった!
 運命ではなかった!

華野ーっ、後ろから何かついてきてんでー♪』『あの子たちは…

00022
00023
00025
00026
00029
00031
00032
00035
00037
00038
00040
00041
 あれ…、こんなに漕いでるのに追いつけない…? というか離されてる…!?

試したい!
 最初は“巻き込まれた”ひろみだったが、離されていくにつれて、彼女にも火が着いた!!
 そりゃそうだよ、手に入れたばっかりだもの!
 で

 サンディ! あたし、“この子”がどこまで走れるか試したいッ!!

 愛車「ユニコ」
 この子を、全力で漕いだらどうなるか!

 遥か格上サイクリスト出現に、燃えるひろみの追走開始! イイ表情してるよひろみ!!

 現在、時速27,1km!

ひろみ『いくよ…、ユニコっ!

00044
 だから、お前はユニコーンかペガサスかハッキリせんかい!
 ハイブリッドか!
 実際!

 色んな人のパーツの“持ち寄り”だしね!!

『全速!』『前進!』『『Let's go!!』』

00045
00046
00048
00049
00051
00052
00054
00056
00058
00059
0006
 でも…、あの二人が別の道に行っちゃったら……

レッツ&ゴー!
 見る見る+時速5km、32km台まで加速した二人が激しく追撃をかける一方、のんびり組は…
 ただでさえ、冬音ちゃんという低速ガールが! 
 で

 おーおー、付いて来てんで、あの二人♪

 楽しそうな先輩組!
 実際、明らかな「後輩」とか可愛いじゃないか!!

 いかにも懸命に追ってくる2人に笑ってますが、そんだけ、彼女らに余裕があるってワケで…

 やはり先輩は格が違った!

ひろみ『全速ぅー! ぜんそくーーーーっ!!』

00061
 クリテの件で顔を知っていたひろみに、「大人勢」はアドバイスしようと戻ってくることに
 ハハ、さっそくバテバテじゃないか!
 続かないよね!

 余談ですが、「ろんぐら」で無理やり全速を出させられた時は40km出る模様。やっぱ大学生ですねえ

『あんたら、南鎌倉高校の自転車部なんやってなー? それ、スピード出してるつもりかもしれんけど、フツーに遅いで? …ウチらがロードの乗り方を教えたるわっ!』

00065
00066
00067
00069
00071
00072
 弱ペダの鳴子といい、世話焼きといえば関西弁の法則あるよね!

乗り方おしえたるわっ!
 もちろん、ひろみ達からすれば、見知らぬ人たちがいきなり指導を始めてくれてビビりますが
 一喝しちゃうとか、関西弁のヒトは怖いな!
 で

 安全第一注意一秒怪我一生、無理は自己の元やで♪

 まず「車間を詰めるな」と
 第一声が、安全指導なのが本作らしいですね

 前回の輪行指導でも、とにかく、周りに迷惑をかけないように、と強調してましたし

 なおここまで、約一名まったく喋りません

華野『次は、こぎかたねっ!』

00073
 そして基本中の基本、それもまず、「余裕の無い状態でスピードを出したらアカン」
 必死になれば、周囲への注意が削ぎ落ちますが
 それはやっちゃだめ!

 公道だもんね!

華野『それに、力任せに頑張っても効率が悪いだけっ! 常に自分と、自転車や地面の状態を把握して、コントロールできているか、確認してね?』

00074
00078
00082
 頑張るんはええことやで? ただ、“正しく頑張らなアカン”って事やっ

フォームチェンジ!
 さすが良いコトを言う! ともかく最初は“フォームの矯正”、まずは力を抜いて、軽く肘を曲げる
 肝は、上半身の力を抜き“下半身”へ注力
 で

 突っ張った背中を、お腹に風船かかえるみたいに浮き上がらせてな?

 んで「呼吸」。
 これは、呼吸を楽にするフォームだと

 力を出そうとすると、身体が緊張してしまって、呼吸が上手くできてなかったんですね

 そりゃあ、続かないわけですわ

サンディ『ひろみばかり、 lectureズルいですっ!』

00084
 なおサンディ、「わかるまい、日本語の意味が!」と放置されてたらしい
 分かるよ! ペラペラだよ!!
 ペッラペラ!!

『アンタらー、上り坂はそうやって“立って漕ぐ”ことが多いんかー?』

00085
00087
00092
00093
00094
00095
00096
00099
00100
 坂は確かに、立ち漕ぎした方が上りやすく感じるかもしれん、けど!

座り漕ぎのススメ
 彼女達の教えも、四季同様に「踏み込まずに回す」、立ち漕ぎは温存する事を勧めるものだった
 全身で体重を利用する為、疲労が早いから
 と

 だから、使い分ける事が大事なのっ!

 座り漕ぎを基本に
 足首を安定させ、“スムーズ”に

 ペダルの軸に、親指の付け根を乗せる事を意識し、効率よく回すのがお勧めだ、と

 まだまだ、学ぶべきは多い…

『加速する時は、徐々にスピードを上げていくんやで? そのほうが疲れにくくて、長距離を早よう走れるんや…』

00103
 とにかく脚に負担をかけない、負担で「足を使いきる」事を避ける勧め
 がむしゃらにやってもダメって事ね
 人間だもの
 
華野『じゃあ、ペダリングを意識して、私達についてきてっ!』

00105
00107
00110
00111
00113
00114
00115
 すっかり生徒と化した二人、この野生児たち、他メンバーにそれを伝えられるのか!

完全脱落?
 かくて「速い」コンビがますます加速していた頃、遅いトリオは、なんと道を間違っていた
 意外ッ! それはうっかり!!
 だ!

 なんとかして、合流できないかしら~!

 ただでさえ遅いのに!
 意外や、しっかり者二人が居るこっちが…

 ガイドブックを、脇を締め、縮こまって見てる夏海ちゃんが妙に可愛いですね

 控えめな彼女っぽい

巴『…ああ、これだわ!』

00116
 しかし巴が、「浦賀」名物に気付く! さすが巴ちゃん!! さすとも!
 実は、この“浦賀湾”は入り組んだ地形で
 対岸へ渡るのが困難

 そこで、「それ」が交通手段として利用されているのだそうな。

『今までよりらくちん♪』『ハイ! 疲れを今までより感じなくなりましタっ!』

00118
 一方ひろサン組、サンディは本当にナイスバディですねえ
 ふともも大きいですねえ

『…ところで、他の子達は来てへんけど大丈夫なんかー?

00117
00119
00120
00121
00122
00123
00124
00127
00128
00129
00131
00135
00136
00137
00138
 スマホをタッチしてる場面が、なんかちょっと可愛い

teleportation!
 ようやく気付いた先行組だったが、「浦賀の渡し」、巴たちは“渡し舟”を使って前方から登場!
 大人50円、自転車は150円らしいですよ!
 で

 ホント、あのまま合流できなかったらどうしようかと思ったわよ~

 浦賀の地形に救われた!
 ちなみに船は、自転車専用スタンドもあるとか

 てなワケで、「東京湾フェリーターミナル」で、ようやくメンバー合流に。

 一時はどうなる事かと

『改めまして…、私は日原華野ですっ

00139
 先日のクリテリウムに際し、校長と一緒に、司会をしていたおねーさんである。
 しかし、苗字みたいな名前してらっしゃる
 決して散らない野の華だ…

『ウチは狩野輪子、そっちは“オシノ リリ”』『私達は、南鎌倉のFM局のチーム、“SOUND-C”のメンバーよっ!』

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00008
00009
00014
00013
 なお忍野さん、最後まで一言も発せず。無口か!

SOUND-C
 彼女らは地元ラジオ局の“実業団”、野球なんかで有名ですが、職場内で結成されたチーム
 要は、大人の部活だ
 と

 何だろう…、急にフラフラきた……

 ひろみが…
 いやあ、むしろよく持った方よ!

 前回できっちり前振りしてましたが、朝、ヨーグルトしか食べてこなかったそうな

 自転車は身体が資本、って田所先輩も言ってた!

『力が…、抜ける感じ?』『はあ…、そんな感じです』

00017
 しかし目立つ集団である。
 色んな意味で
 
ひろみ『…あ、あっまぁー!?

00019
00020
00022
00023
00025
00027
00028
00030
00031
00032
00033
00034
00035
00036
00040
00041
 血糖値が下がり動けなくなったひろみ、なんか仮装大賞のアレみたいである

小さな奇跡
 これを称してハンガーノック、非常に基本的ですが、何かと“食事を抜く”ことが多い現代人には
 案外、陥りやすいアレなんでしょうね
 で

 電解質と糖分のおかげよ、炭酸ジュースには砂糖がたくさん入ってるから

 クソ甘い補給食と
 炭酸ジュースで、とりあえず「補給」

 自転車は人間がエンジンだから、しっかり寝て、飲んで食べておくのが基本って奴ですね

 疲れると胃腸も弱り、「食べる」のもキツくなりますし

『今のは応急処置だから、ちゃーんとご飯も食べてね♪』

00042
 そんなワケで、親切な実業団の人たちにより、大きなトラブルになる事もなく
 なお、ここからフェリーに乗って千葉に行くそうな
 輪行ですね

 しかし輪子ってまた、主人公っぽい名前でしたねえ。ダンシング・ドール的な

輪子『またなーっ!

00140
00141
00143
00144
00146
00148
00150
00151
00152
00153
00154
00155
 私達もいつかああなりたい、カッコいい“先輩”たちとの出会いって良いですねー。

血糖値補充!
 久里浜、かつてペルリ提督たちが上陸した地としても知られ、でっけえフェリーも訪れる港!!
 遠ざかる船が、水面にも映っていて奇麗ですね!
 で

 舟盛りにシテモラエマスカっ!

 魚を見るやコレ!
 ちょっと、サンディさん落ち着いて!!

 この覚えたての言葉を使いたい感! 慌てて止めるトモちゃん、ひろみが二人になった感じですね

 そして、並ぶとスタイルの違いが際立つな!

ひろみ『あっちのでどう?』

00156
 ひろみが提案したのは串カツ、それも“まぐろの串カツ”ってなにそれ美味しそう
 熱を加えても旨い、マグロは偉い魚です
 ホント

久里浜グルメ「黒船コロッケ」、三浦名産ひじき入りッ!!

00158
00160
00161
00163
00165
00166
00168
00169
00171
00172
00173
00174
00175
00176
00178
00179
00180
 更にとりどりのパン! これはハンターの目になるのも仕方ないね!!

尻をこすれ!
 どれも美味しそうで、東先輩辺りが聞いたら、怒りのヘッドロックしてきそうな楽しみっぷり!!
 食べ終えて、久里浜を出発しますが…
 際し

 この坂、長いよーっ! がんばってーっ!!

 一目見て分かる「お仲間」
 通りすがりに、声をかけてくオジさんが嬉しいですね

 この尻こすり坂、急坂すぎて、下る時に「荷車の後部を擦った」のが由来なんだとか(諸説あり)

 作中描写は、あっさりしてたのがちょい残念

冬音『はぁ…、はぁ…! ………ふぅ』

00185
 また、ついつい必死に「立ち漕ぎ」になる冬音に、さっそく諭すサンディも
 意外に、ちゃんとした子じゃないか…
 ここ好きです

 教えられたことを、さっそく活かしていく自転車部たち。

『見て! ここから三浦半島を一望できるわよっ!』『ここはfarm(農場)ですかっ?』

00186
00187
00188
00189
00191
00192
00195
00196
 ここは農場、冬の間に、名物「三浦大根」を育てている場所だとか

フーシャ村
 小高い農場で、またも富士山を発見する一同。また遠くに、日本では珍しい「風車」を発見!
 通り道だし、次はあそこを目指そう!
 と

 ねえねえっ! 次はあそこに行ってみようよっ!!

 これも醍醐味!
 旅に出て、「次はあそこ!」って思う事

 今見ている風景に感動する事も、次はアレだ!と思うのも、やっぱり楽しいですよね

 しかしサンディでけえな…。

『よぉし! それじゃ、風車に向けてレッツゴーっ!!』

00199
 ところが場面転換後、たどり着いたのは灯台! 東大じゃないほうの灯台!!
 意外や、巴が「地図を見るのがダメ」と判明
 あ、それで浦賀でも…

 巴さん、しっかりした子だけど意外な弱点があったのね。

『こらー! そこのふたりー!! またウロウロしなーい!』

00202
00203
00207
00209
00213
00215
00216
 灯台を見上げるデフォルメ気味なサンディ、すごいでかい。

パンクライダーズ!
 困り果てる巴が可愛いですが、夏海のアドバイスで順路へ、二人の「暴走」に釘を刺す冬音!
 しかし、その冬音が次のトラブルに…
 で

 ええ!? これ高価いのに何でパンクなんかするのよーっ!?

 理不尽なこと言ってる!
 冬音は、こういうトラブルの宝庫ですねえ…

 私だけここで終わりなんてー! と、「ここは俺に任せて先に行け!!」展開になりかける冬音

 直して貰うため、先生召喚の儀式になりかけますが…

『あーっ、待って! これくらいならすぐ直せるよっ!』

00220
 と言ったのは勿論、以前「パンクした事のある夏海!
 なっちゃん偉い!

 以前ダメだった事、ちゃんと克服してた!

『ありがとう夏海! これでまた、皆といけるわーっ!』『うん!』

00221
00222
00227
00228
00229
00231
00232
00233
00234
00239
00240
00242
00245
 コーナーの先の空、きっと色褪せない♪ って奴だ!

宮川公園の風車
 手をまっ黒にしながら直し、誰より嬉しそうに笑うなっちゃん! そんなトラブルも越えて遂に風車へ
 思った場所に、自分の足で到達する感動!
 と

 何か…、疲れもふっとんじゃう感じっ!

 達成感って奴だ!
 また、実は「ろんぐら」でも出す予定があったとか

 展開上、泣く泣くカットされたと「6.5巻」に収録、海岸線高台にある素敵スポットなんだとか

 失敗にトラブル、その先だから達成感ひとしお

ひろみ『ついた…、ついたよっ! 皆と一緒に自転車でっ!!』

00247
00250
00251
00252
00255
00258
00260
00262
00263
00265
00267

 自転車って、ふしぎ…
 走り出したら、戻ろうとは思えないふしぎ
 ペダルを漕げば、着いてしまうふしぎ

 坂道はしんどいけど、“登った後の景色”を見れば、疲れなんて消えてしまうふしぎ

 長い道、トラブルがあっても皆と一緒なら、頑張れちゃうふしぎ!
 先生に出された課題も、皆と一緒なら乗り越えられるふしぎ!
 自転車に出会って、色んなふしぎを知って

 まだまだ知らないことも一杯だけど…、でも一つだけ分かったことがあるんだ
 

00269
00270
00272
00275
00279
00280
00284
00285
00288
00290
 坂道は特にしんどいけど、「ここまで登ったんだ!」って、たぶん一番分かりやすいのね!

ひろみのふしぎ
 最後は、ひろみのモノローグに乗せて一気にラストラン! ゴールで待ってた四季先生!!
 そして、彼女が「わかった事」は
 と

 私、これからも皆と一緒に自転車で色んな所にいきたーい!

 それが結論!
 小旅行は、「次」を求めたくなる達成感!!

 ラストは定番の「寝顔は天使」で、良い前後編だった! 何気にトモちゃんが良い身いや何でも!

 暮らすと大変だけど、海沿いってホント素敵ですね

鎌倉駅を発し、“江ノ島”を目指すA応Pの自転車小旅行、その3!

00294
00307
00310
00313
00314
00316
00319
00320
00321
00324
 七里浜より、いよいよ江ノ島を目指します!

鎌倉高校前!
 数々のアニメシーンで描かれたという、「海をバックにした江ノ電」が堪らない人気スポット!
 よくみると、観光客だらけなもの納得ですね
 うん

 そして孤独のグルメでゴローちゃんも行った、江ノ島で丼を堪能

 これで完結?
 いや、アニメはまだ2話ありますが…?

 こちらも「完走」でしたね!

2017年3月17日 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」

00326
 エンドカードのG氏、「田中久仁彦さんに影響」とあって、なるほどって感じ。

スタッフ
 脚本:冨田頼子
 絵コンテ:あきとし
 演出:高島大輔
 作画監督:古澤貴文
 エンドカード:Gユウスケ

あらすじ
 自転車部のみんなで三浦半島の国道をツーリング中にロードに乗った女性三人組に追い抜かれる。
 それに火がついた「サンディ」が追い着こうと「ひろみ」を誘い「巴」、「夏海」、「冬音」をおいて二人で、三人組に追い着こうとするが……。

次回、「本編」が最終回? 第13話は特別編らしい…?

00325
91GOFJ7E3DL__SL1500_
 Blu-rayは各巻3話収録の全4巻、最終巻のみ連番ではなく「特別編」で予約中!!

「楽しさ」全部入り!
 また、3月26日に「完走直前イベント」が開催、特別編は、この“レース”をやるって感じかも?
 まだまだ力不足だから、少し先の話を特別に…、みたいな?
 実際、どうなるか楽しみですね

 そんな今回、三浦半島編は、レース魂まで燃える「楽しさ全部入り」って感じ!

 そも、3話の部設立からして
 活動範囲を縛らない、という理由から「自転車部」でスタート

 楽しく新しい経験の為に、何でもあり!って、本作らしさを貫く回でしたね!!

 次回、第12話「道はまだまだつづいてる」

公式より、エンドカード担当作家さん一覧

 春夏冬ゆう http://yu-akinashi.tumblr.com/(第8話担当)
 あふ黒 http://llcab.tumblr.com/(第10話担当)
 岡本倫 http://www.okamoto.tv/(第2話担当)
 加藤アカツキ http://www.akatsukikatoh.com/
 草壁 http://kusakabeworks.net/(第3話担当)
 玖条イチソ http://blog.livedoor.jp/kujouitiso-new/(第7話担当)
 里好 http://www.zato.jp/(第4話担当)
 柴乃櫂人 http://kr3.oops.jp/(第9話担当)
 Gユウスケ http://gyuusuke.exblog.jp/(第11話担当)
 ニリツ http://nilitsu.com/(第6話担当)
 卷 http://mckeee-figure.blog.jp/(第5話担当)
 憂姫はぐれ http://wireframe.sakura.ne.jp/(第1話担当)
 REI http://rei.tw/

南鎌倉高校女子自転車部 感想 2017年 冬 1月~3月

 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第2話「鎌倉探索にGo!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第3話「女子自転車部、はじめます!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」
 南鎌倉高校女子自転車部 第12話「道はまだまだつづいてる」