One Room 第10話 感想 レビュー 青島萌香は悩んでる アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
青島萌香は決意する。好きな人の応援も、自分の夢に落ち込むのも、20代は分水嶺

00025 -
00057
 ベットをギシらせるわ、もう一回とせがむわ、「あーん」するわと、破壊力が高いエロ幼馴染!
 でも彼女、「色気がある性格か?」と問われると
 アーティスト的に厳しい!

 劇中では色気120%だけど、それはカメラさんの仕業だから仕方ないね!!

ばっちりだぜぃ!
 手をぶわっ!って やって画面切り替えしたり、エロスの嵐作戦だったり絵作りがホント良い!
 一方、夢追い人の悩みは重い…!

 空を見つめて、「かっこいいぞ」と思った直後にムネのドアップとか爆笑だった!

2017年3月15日 One Room 第10話「青島萌香は悩んでる」

00004
 夢地獄 歩き続ける、昔、そんな歌もありましたね

あらすじ
 あなたの小説が二次先行を通過、萌香は、我が事のようにはやしゃぐのですが…?

スタッフ
 青島萌香(21):三森すずこ
 脚本:霜井蒼星
 絵コンテ:高杉旭&佐久間貴史
 演出:佐久間貴史
 作画監督:本田敬一
 総作画監督:奥田泰弘

萌香『…がんばれ』

00001
00002
00003
00005
00006
00007
00009
 暗い雰囲気、デモ・テープ、「あっ…」って察する冒頭ですが…

おめでとう!
 自分に「がんばれ」、奮い立とうとする姿が切ない萌香ですが、夜になったら態度一変!!
 打って変わって、お祭りムードって奴だ!
 で

 おめでとーーーーーーぅっ!

 小説が二次突破!
 我が事のように、喜び爆発とか素敵な子だ!

 ためてためておめでとう! ホント、萌香ちゃんは元気いっぱいで可愛いな!!

 先週より おっぱい縮んだな!

萌香『ふっふっふ…!』

00010
 いまどき自分で、「ふっふっふ…!」とか言っちゃう子ホントかわいい
 このドヤ顔がホント好き

『ふっふっふ…、お祝いの準備は…、ばっちりだぜいっ!

00011
00012
00013
00014
00015
00017
00018
00019
 ばっちりだぜぃ!って言い方が、ドヤ顔ってて超かわいい。

ピザ作画
 そして誰視点だよ! 先週に続き、ヒップラインを強調する作画が実に良いですね!!
 後ろから襲わない主人公、タマ付いてんのか!
 アアン!

 後はねー♪ こんなのもありまーす♪

 何かを棚から…
 この動き、なんかイイですね

 またお祝い料理、第一部の結衣ちゃんなら、まず手作りだったろうなって感じ

 女性らしくない、って悩んじゃう部分だ!

ベッド、衣擦れ、「あっ、ちょ、もう、だめー!」

00020
 つまり、さっき取り出す場面は、こう…、“近藤さん”を連想させたかったんですね?
 奈月編に続き、ベッドをギシギシ言わせる事案が発生
 で

もう一回、もういっかいっ!

00021
00025
00024
00025 -
00026
00028
00029
 言っとくけど、私が勝つまでやめないからねっ!

NEW GAME!
 答えはもちろんTVゲーム! 視点がいちいちエロいのと、当人に全くその気がないのが可愛い
 ベッドの上、ぺたりと座った姿と不満顔!
 この角度で見える胸!

 今時、据え置き型の対戦ゲームってのも、楽しげで可愛い!

 二人で居ても、別々の事をやるのが当たり前な昨今
 こういうの良いですね

 一緒にいて、ホント楽しそうな子

『ぷはーっ! でさーっ、ディレクターさんに言われるのよー』

00030
00032
00033
00034
00035
00036
00037
00038
00039
00041
00042
00043
00045
00046
00048
 キミには何かこう…、色気がないー、とかー

せくはら!
 特に彼女は21歳なので、良い音でプルタブをあけ、グビグビ酒を飲み交わせるのが楽しそう!
 反面、やってる事が「友達」なのも確か
 と

 恋愛経験あるー?とか聞いてくるのっ

 いい若い者が、夜中に二人きり
 誘ってやがる!

 ってな雰囲気に、全くならない、手を出したら「そんなつもりじゃない」とか言いそうな彼女

 色気のない性格が、彼女の「手段」としての悩み

『そりゃあ…、ないけどさー…』

00049
 当人にその気がなくても、あっという間に押し倒されそうな無防備さだよ!
 恋愛経験? そんなもの、ウチにはないよ…
 と

『ふむ…、シミュレーションしてみよっか!』

00051
00052
00053
00054
00055
00056
00057
00062
00064
00065
 あーん♪ うーん…もっとこう、いちゃつく感じかな…?

継続不能な萌香
 不可解な! ただでさえ「VR推奨」と言われる本作で、シミュレーションが始まるとは!!
 ちっきしょう、可愛いな!
 で

 これは…、思ったよりだいぶ近いね…

 あーんから始まり
 寄り添うだけで、あっと言う間に限界!!

 こんな初心なリアクションされ、押し倒さないとか! 主人公は以下省略!!

 覗ける距離だよ、何かが!

『続くのかなぁ…』

00070
 日頃、異性として見ていない」風なのに、いざとなると極端に意識する萌香
 しかも、ちょっと嬉しそうという
 かわいい

『あ…。…ごめん、なんか私、ホントに楽しくて…』

00073
00074
00077
00081
00082
00084
00086
00089
 新曲作ったんだけど…、お断りされちゃってさ

ごめん
 気付けば降り出していた雨、気付かないくらいに、自分ばかり楽しくなってゴメンと謝罪する萌香
 断られた曲は、自信があったのにな
 と

 今日はキミの事、応援したかったのに、すぐ弱気になっちゃって…

 周りが見えない程、自分ばかり盛り上がってゴメン
 あなたのお祝いなのに
 
 そのくせ、今は祝うべきなのに、ついつい暗く落ち込んじゃってごめん

 どっちも「あなた」には関係ないのに、と

『キミにも、迷惑かけっぱなしだよね? …ありがと』

00091
 今は「あなた」の二次先行突破、お祝いが最優先なのに
 そう悔いる萌香

 そんな事で「申し訳ない」と、思う時点で良い子なのだ…

 目指すはミュージシャン
 その為に歌が要る、そして歌に足りないのは、込めるべき恋愛経験…?

だけど…、このままじゃダメだってわかってる…

00093
00094
00097
00095
00098
00099
00100
00101
00104
00106
00108
00113
00109
00111
 この曲を売り込んで…、売り込んで…、それでもダメだったら…、諦めるよ

分水嶺
 前回も悩んでた通り、芽が出ない事に悩んでしまう萌香、努力が実らないのは辛い…
 このままじゃ終われない
 と

 一心に上を目指す彼女が眩しいし、直後のおっぱいが大きい!

 けど時間は有限じゃない
 決意の萌香は、これでダメなら諦めよう、と

 EDイラスト、公園で振り向く姿が、いかにも「待ってる」って感じで可憐です

 これは次回、ますますドツボに嵌っていく気がする…

One Room 感想 2017年 1月開始 ショートアニメ

 One Room 第1話「花坂結衣はお願いする」
 One Room 第2話「花坂結衣は約束する」
 One Room 第3話「花坂結衣は寝落ちする」
 One Room 第4話「花坂結衣は手をつなぐ(終)」
 One Room 第5話「桃原奈月は世話を焼く」
 One Room 第6話「桃原奈月はほっとする」
 One Room 第7話「桃原奈月は照れてごまかす」
 One Room 第8話「桃原奈月は素直になれない(終)」
 One Room 第9話「青島萌香は覚えてる」
 One Room 第10話「青島萌香は悩んでる」
 One Room 第11話「青島萌香はわかってる」
 One Room 第12話「青島萌香は歌ってる【最終回】」