双星の陰陽師 第48話 感想 レビュー 団結 -SOLIDARITY- アニメ画像付き ネタバレ 前回
羨ましすぎる!” 予告の繭良が素直すぎる!! ろくろ、天御柱単独登頂へ!

00080
00272
 自己犠牲突撃回! 一部、「それでいいの!?」って退場した人もいたけどそれはそれ!
 作画ミスかと思うくらい、ニッコリする清弦の姿も。
 きなこの怒りも男前だった!

 分からなくなった時こそ、心を自由にするチャンス! どうしたいか“変わる”好機!!

どっちが「陰陽」なんだか!
 たとえ考えを変えようと、「そう考える」部分、本質は変わらないってね。珠洲さん素敵!!
 有馬のスケベさが、活きたのも笑えた!

 しかし白虎、まさか清弦さんと退場とは思わなんだ。

『あーあ…、やっぱり私の恋は、七回豪雨コールド負けだ…、バカろくろ』

00458
 当人納得とはいえ、繭良ちゃんあっさり離脱がちょっと寂しい

あらすじ
 紅緒と訣別し、命をも捨て、現世と彼女を守ろうとしたろくろだったが、正気に戻って知ったのは
 その二つともを、自分の為に失ってしまったという事実
 だが、唐突に現れた珠洲は諭す

 分からなくなった時こそ、心を自由にするチャンス。“絆”というキミの本質は変わらない、と

 自分はケガレという迷いを捨て
 集った仲間、清弦や繭良たちに背を押されながら、ろくろは天御柱へ疾駆する

 次回、第49話「復活 -RESTORATION-」

安倍晴明の式神・御影が語る、“大祓いの儀”は粛々と遂行

00000
 破星王は地球全土から呪力を吸い、“素質ある人間”のみを残し、集めた呪力は晴明復活へ
 晴明は、復活後に世界中の人間から“陰”を取り除く事によって
 禍野なしで安定する世界を目指す

 それは、人類が「自分の陰」を御せなかった時に備えた、晴明の奥の手だった

『ここまでケガレが出ないと、不気味ね…』

00001
00003
00004
00005
00007
00009
00010
 禍野にも、かなりの影響があるんだろう…

GO!GO!GO!
 このままでは終わらない! 清弦主導で立ち上がった星火寮組、一路・禍野へ!!
 何やってはるんですか清弦さん!?
 で

 ちょっと飛ばしますけど、安全運転でいきますからっ!

 京都で発動しつつも
 まさか、一気に世界規模だった「大祓いの儀」。

 さすが晴明、話が早い!

2年前、中学生編最終回、ろくろが贈った思い出の髪飾り

00011
 兄・悠斗との訣別後も、彼の髪飾りをつけ続けていた紅緒様、しかし決戦で兄自身に砕かれ
 その後、ろくろの贈った髪飾りがトレードマークに
 と

 今思うとアニメ版、「人の陰そのもの」の悠斗は、本気で紅緒が鬱陶しかったのでしょうね

 彼には“理解できず、嫌悪しか感じないもの”、そのものだったのかも

『準備は宜しいですか? もう間もなく、呪力の吸収は終わり…、“大祓いの儀”の準備が整います』

00013
00014
00015
00019
00020
00021
00023
00024
00027
00029
00030
00034
 らしくなく、なりふり構わず死力を尽くす有馬、まさに非常事態…!

常闇の間にて
 晴明とまぐわえば、「大祓いの儀(の前段階)」で役目を終えた破星王は、ろくろに戻していい
 御影の要請に、従う決意を固めた紅緒
 と

 さあ…、私の腕の中に

 なんて駄目押し!
 必要とはいえ、「他の男」感が堪らない!!

 最後の縁、ろくろの髪飾りを、ことさら大事そうに身につけた紅緒様。本当に健気

 御影、こんな風に迫るのはひどい…

『ろくろ…、生きて』

00037
00039
00041
00042
00045
00050
00052
00054
00056
00057
00059
00060
00061
00064
00067
00069
00071
00072
 あなたの全ては、私の本体、安倍晴明に捧げられます。常しえの結びを…

さかしまの大樹
 思いも虚しく、術で昏倒させられた紅緒様が抱き上げられると共に、機構が始動
 実は、天御柱は“逆さまに生えていた”
 と

 天御柱…!

 ひっくり返る天御柱
 それで、変なところに「繁ってた」のか!

 世界の一部ごとひっくり返り、地上に現れた天御柱に、破星王も合体

 陰陽と呪力、全てがここに!

『千年の時を越え、“大祓い”を行わねばならないとは…、憂うべき事』

00073
 御影も反転、真っ白になった!? 御影は“晴明の式神(使い魔)”と自称してましたし
 晴明は、天御柱の中にいた為に「陰に傾いた」と…
 それで黒かったの!?

※本来なら、天御柱が浄化した「陽」を受けるはずだったが、それが紅緒に流れ込んでしまった

『しかし、これで清浄なる世界が…、この宇宙に顕現します』

00075
00076
00081
00080
00084
00086
00087
00089
00090
00092
00096
00097
00099
00100
 これが…、千年の時を経た「都」ですか…、様変わりしたものですねえ

MELANCHOLIC MISANTHROPE
 この時より「晴明」が覚醒、“大祓い”とは、要は人類が、自分の陰を自分で御せなかった時の計画
 禍野で、“負担を軽くして”さえ出来なかった時の
 が

 天は変わらない…、変わるのは人のみ。

 異界を作って陰を逃がす
 その予定が、人の陰が強すぎて「禍野」になったように

 彼は「人間の陰」の強さに、誰より呆れ、この“極論”に至ったのでしょうか

第43話の副題は、直訳で“人間嫌いの憂鬱”。

『約束は守りましたよ…、化野紅緒』

00102
 そして役目を終え、解放されたろくろ。

天の光は全て星
 余談ですが、地球は歳差運動している為、見える星も年々変わっているとされます
 北極星って確か、何年かで変わるんですよね?
 みたいな

 ただ、前の北極星の時代は「紀元前1100年頃」前後と、かなり昔の

 千年くらいなら、「変わらない」と感じてもおかしくないのでしょうか

有馬『ろくろ君! …どこまでもあなたの計画通りか! 安倍晴明ッ!!』

00105
00106
00109
00110
00113
00114
00115
 陰陽頭ですね…、全てが整った暁には…、よろしくお願いしますよ

君の名は
 有馬様がルパン三世みたいな顔に!? 晴明から見れば、“千年後の陰陽頭”って感慨深そう…
 同時に、彼の作る理想郷に必要な人材
 と

 変態パンツ男…!?

 姿を消す晴明
 一方、ろくろは「己の誕生」を思い返す

 目を覚ますや、開口一番! 今や懐かしすぎるアダ名にちょっとホッとしますね!!

 その平和なアダ名!

ろくろ『悠斗は!? 倒したよな!?

00117
 ろくろ君遅い! 情報がクソ遅い!! 彼は、悠斗を倒そうとして意識が消失
 なるほど、記憶がないのは分かったけど遅い!
 色々あったんだよ!

『キミは…、破星王になったんだ。そして、あらゆる人から呪力を奪った』

00118
00121
00123
00125
 なんだって…、どうしてそんな?! アンタに頼んだ屠りの儀は!?

覚悟不発
 あの時、「心臓を破壊する」儀式は確かに発動したものの、すぐに再生して破星王に覚醒
 有馬様、なんて直球な伝え方…!
 で

 なんだよ…、何なんだよ! 命を捨てる覚悟までしたのに!?

 責めない!
 ろくろ君、責めない!!

 また当時の内面描写でいえば、紅緒を思い浮かべて、必死に自我を保とうとしている最中でした

 死亡によって、むしろトドメを刺された感も。

有馬『いくら抗っても…、ことごとく修正されてしまう』

00130
 御影にいわせれば、「破星王」が、人間らしい自我を得てしまった事は想定外の事態
 その事が、人類そのものを変えてくれれば良かったけど
 結局、大祓い発動に至った

 悠斗誕生もイレギュラー、けどそれは、ろくろの破星王化を促す役割を果たした

 千年かけた計画は、どうやっても前に進んでしまう、と

『俺は…、皆を幸せにしたいと思って戦ったのに…、何もかも無駄だったってのか!』

00134
00140
00143
00144
00146
00148
00150
00151
00153
00156
00158
00160
00161
00162
00164
00165
 紅緒様の中で、おまえはおまえや! 一人の“焔魔堂ろくろ”っちゅう男なんやー!

本末転倒わからず屋
 ろくろは、「自分はケガレだった」と絶望し、自分なんかと結ばれちゃ不憫だと紅緒を突き放した
 対し、きなこは“お前の為に紅緒様が行った”と伝える
 が

 俺はケガレなんだぞ!

 髪飾りの半分
 冒頭、左にしか付けてなかったのか…

 ろくろにしてみれば本末転倒、きなこから見ればわからずや! きなこさん先週から…!

 破星王になろうが、ろくろだろうと言ってくれる!

何で安倍晴明の勝手な理想の為に、こんな思いをしなくちゃいけないんだよ!

00168
 紅緒たちの為、命を捨てる覚悟で挑んだはずが、生還できた事はともかく
 彼女以下、守るべきものがそっくり失われていた
 しかも「自分の為に」と

 人類は自分の手で、紅緒は自分の為に、なんて残酷ブーメラン

悩め悩めぇ~♪

00177
00178
00179
00180
00181
 事は複雑怪奇、でも自暴自棄はダメダメ~♪

悩みたまえ!
 ややこしい時にややこしい人が! そういや、この人も清水寺に来てたっけ!!
 悩め悩め! さすが年の功ですね
 で

 大事なのは! 大事なのは…、本質を見極める事じゃん?

 紅緒の居場所は「繭」
 以前、悠斗が“晴明は殺した”と告げた場面

 あの時、晴明が入ってた繭に閉じ込められ、呪力をすっかり失ったろくろでは手が出せない

 清弦も有馬もろくろも、皆して呪力切れ!

ろくろ『…え?』

00183
00184
00187
00190
00191
00192
00194
00195
00198
00201

 わからない事だらけだね わからない程 わかりたい
 だけど だけど だから
 そう

 生まれるのよ 翼が~♪

 キミも、翼を生やせば良いんじゃん♪
 背中にじゃない、心にだよ?

00202
00204
00205
00207
00208
00209
00210
00213
00219
00220

 そう! だって だってあるよね? 無限大形のエナジー
 不思議? 素敵? 刺激的!
 燃え盛るリビドー!

 そして 怒りや悲しみ 喜び 戸惑い ときめき 憎しみ 慈しみ♪

00221
00223
00224
00226
00227
00230
00233
00234
00236
00237
00239
00242
00243
00245
00250
00251
00252
00254
00259

 その都度、色んな気持ちになるからさぁ?
 間違った事もしちゃうって

 だから… コロッと変わったって良いじゃん♪

 どこかにきっと 変わらないものがあるよ
 誰かを傷つけ 傷付いて それでも明日に行けばいい

 信じられるのはなぁに? 変わらないのはなぁに? それは…

 ん~?
 キミの場合は何だろう…? そぉだ!

 それは絆

 絆 絆 絆だね 絆 絆 絆の糸…かな?

00261
00262
00263
00264
00265
 バサラ差別! ンじゃ“らしいバサラ”って何? Youたちに悪さするって事? 人間にも酷いのいたよ

迷った時は
 珠洲さん自由! 分からないからこそ「翼」が生まれる、“発想を自由にする”事が出来るんだよ!!
 糸のような絆こそ、キミの本質じゃないのかい?
 と

 実存主義的決断に、感謝じゃ~~~ん♪

 一本取られた有馬様
 人間、「間違いなんてあるものだ」ってのが年の功!

 考え方なんて変えていい、それでも無意識に、「何かに基づいて」自分なりにやっているはずだ

 感情の揺らぎを認める、実に素敵だ!

珠洲『双星の片割れ君? 人間の未来は…、キミ次第だよ?』

00267
00269
00272
00274
00276
 なぁんてね♪ バイちゃ♪

何を見つけたのかな?
 珠洲の助言は、「自分はケガレだ」と悩み、自分の行いが間違っていたのかと悔いるろくろに
 心をほぐし、前へ目を向けさせた
 と

 微かだけど…、希望だ!

 悠斗もそうでした
 バサラは、自分自身にとても素直な気がします

 多くに共通するのは、「他人なんてどうだっていい」面で、珠洲もそれは変わらない気がします

 なんてフリーダムな人だろうか!

晴明『遂に来ました…、この時が』

00282
 晴明本体、別途に目覚めるのかと思いましたが、この人が「安倍晴明」で良い模様?
 結局、彼の語る「当初の計画」と双星伝説が噛み合わない事は
 今回も解説されず

 ただ、1200年生きてる珠洲も、“双星”と呼んでるいるんですよね

 やっぱりこっちは、式神に過ぎないのか?
  
『これが今の僕には…、限界だ…』『サンキュー、変態ぱん…、陰陽頭様?

00284
00286
00289
00291
00293
00295
00297
 私に従う決心は付きましたか?

残念ながら
 これより天御柱が「花」を咲かし、すると“陰の気を吸い取る”効果が、生存者から“陰の気”を除去
 そして、世界中に“蜜”がバラまかれる
 と

 完全なる…、神の子たちの世界が誕生するのです。

 陰の気の除去
 更に、「蜜」が人々をコーティング

 蜜は人に「陽」を留め、世界は陽の気だけの人間に満ちた、新たな世界になるという

 天御柱さん、まだ“花”を咲かせてなかったのか…!

悩み苦しむからこそ恋は燃え、男女は結びつきが強くなる…、それでは煩悩も生まれず、子孫は繁栄しませんよ!』

00298
 有馬様の熱い煩悩肯定論! そういやこの人、グラビア大好きな煩悩魔!!
 晴明のいう、清浄な世界と真っ向対立!
 アウトな人だった!

 だがそれがいい

晴明『煩悩…? そんなものは必要ありません、一人一人に刻み込んだ、理想的計画に従って、時が来れば自ずと、男女が結ばれるようになります』

00302
00304
00305
00311
 それでは子孫を産むだけの機械だ!

それでいいのですか!
 思った以上にデストピアだった晴明論! しかし恋愛感情を残せば、それは間違いなく争いの種!
 晴明が、総ての“陰”を否定するならそうなるよね!
 で

 だからって! 俺は絶対に諦めねー!!

 煩悩への否定
 しかし、煩悩がないと楽しくないのも確かで…

 月に吼えるのが象徴的ですよね、月って誰でも見えるけど、手を届かせるのは難しい!

 ろくろ、今度は諦めない!

繭良『ろくろーっ! 良かった、元に戻れたんだねっ!!』

00313
 ろくろの叫びに重なるように、駆けつけたいつもの面々! いわく禍野ハイウェイ!!
 禍野を、ショートカット通路に使って
 こっちに来たらしい

 ああ、人間世界と違って車とか走ってませんものねー。

『化野さんは? …何かあったの?』『あそこに捕まってる。俺を助ける為に、安倍晴明の言いなりになって…』

00314
00315
00317
00318
00319
00322
00324
00325
00326
00327
00328
00329
00330
00331
00332
00333
00334
00337
00338
00340
00341
 かすかな希望はある! 俺はそれにかけて、この手で紅緒を取り戻す!

ざっくり!
 時間もないので、極めてざっくりした説明ですが、ざっくり「乗った!」と応じる繭良ちゃん!!
 いつでも、真っ先に「味方」で頼もしい!
 で

 のった!/俺もだ/私も/同じく/当然/そーいうこった

 きなこと有馬
 一丸で、最終決戦に赴く事に

 頭を押さえられ、怒ったきなこ! 対し作画ミスの如き笑顔の清弦!!

 清弦さんが笑った?!

ろくろ『待っててくれ…、紅緒!』

00342
 どうでもいいんですが、亮悟さん、リーダー格なのにすっかり端っこでホント良い人
 このメンツだと、仕方ない配置なんですけどね!
 すっごい隅っこ!

きなこ『フンッ! “結界コーティング”済みや、その程度の攻撃、屁でもないわい!!』

00344
00346
00347
00351
00353
00354
00355
00356
00359
00361
00364
00369
00375
00377
00380
00384
00385
00389
00391
 良かった、あっちゃんは無事だった!!

先に行け!
 もはや完全に要塞と化した天御柱、一見、桜の花のように繁った「葉っぱ」の猛攻に遭い
 清弦が、十二天将・白虎と共に殿を務めることに
 と

 ろくろ! …とっとと行け!!

 譲り受けた有馬の呪力
 使えるはずだ、と何かの札を託して清弦は後詰めに

 一時は繭良が使った白虎ですが、最後まで、清弦の相棒として戦う事になりましたね

 てっきり、最終戦でも繭良が使うと思ってました

国崎 慎之助『早く! 皆、僕を踏み越えていって!!』

00397
 こうなると後は決まったようなもので、続いてしんちゃんが決死隊に
 ちょっぴり、マヌケだけど死地だ!
 マヌケだけど!

額塚 篤『俺がやる! …今のうちに行け! ろくろ、行け!!』

00398
00402
00407
00410
00411
00415
00417
00422
00425
00428
00429
00432
00433
00436
00438
00439
00442
00445
00446
00449
00454
00456
 亮悟さんがエレベーターみたいな離れ方を!

必ず戻る!
 まずはしんちゃんが、続いてあっちゃんが亮悟と遥さんが、道を拓く為に次々と戦線離脱に
 繭良も、庇って破片の直撃を受け離脱
 と

 化野さんに告白して…、しっかり抱きしめるんだよ?

 清弦は謎の符を
 亮悟と繭良は、韋駄天(加速)の符を

 それぞれに託して離脱、特にあっちゃん、車がやられた時すげえ危なかったよあっちゃん!!

 繭良ってば、最後までろくろの味方だった…。

繭良『あーあ…、やっぱり私の恋は、七回豪雨コールド負けだ…、バカろくろ』

00458
00462
00463
00466
00469
00472
00473
00474
00477
 感じる…、紅緒様はこの奥や…、ガキやないところを見せたれや…

ジャリガキ
 最後は、無理を押してきなこが実体化、「紅緒レーダー」としての役割を果たして位置を伝え
 独りとなったろくろは、韋駄天2枚同時で一気に!
 と

 みんなの思い…、絶対無駄にしない! 今行くぞ紅緒!!

 ろくろさんが残像移動を!
 早よ使えよ!

 いや先に符を借りて使った場合、他のメンバーが追走できなかったとかそんな話だ多分!!

 今期最終決戦も、巨大樹登山が舞台だ!!

2017年3月15日 双星の陰陽師 第48話「団結 -SOLIDARITY-」

sub12
 公式トップ絵は、一足先に晴れやかな感じに

スタッフ
 脚本:荒川稔久
 絵コンテ:神谷純
 演出:徳倉栄一 高橋直樹
 総作画監督:高橋恒星
 制作協力:マウス

あらすじ
 紅緒に救われたろくろは、自分が命を賭けてまで守ろうとした現世の変わり果てた姿に
 愕然とする。すべては、人々の「陰の気」が果てなく渦巻く世を憂い、
 現世を創り変えようとする安倍晴明の計画の内だったのだ。

 自分たちが暮らしてきた現世を元の姿に戻すため、
 死の淵から生還した陰陽頭・有馬やろくろ、わずかに残った陰陽師たちが、
 長い年月をかけた恐るべき計画に立ち向かう!

次回、清弦が託した符が、紅緒復活へ誘う…?

00486
00490
00001
 紅緒様の、髪飾りが反射を…?

思い出の縁
 予告では、何かの術を紅緒にかけ、紅緒が眠ったままに「髪飾りが反射」する姿が。
 この繭、晴明以外では傷付けられないと有馬が明言した
 極めて頑丈な代物

 紅緒自身に呼びかけ、内側から破らせるのでしょうか

 久々に二人がレゾナンス!

次回、「安倍晴明」としての自我を持つ(?)彼は…?

00483
00484
00489
 晴明のところまで行けるなら、最初から連れてけ!は禁句。

有馬の言葉は?
 描写上、御影が変化したようにしか見えませんが、「繭」が空になって紅緒が中に
 また、彼の口調は「復活した当人」のもの
 千年ぶりだと

 双星なんてないという御影と、過去を見てきた有馬

 有馬の解説が炸裂…?
 お前は、本当の晴明なんかじゃない、とか?

 そして本物が甦る、とか…?

静かだった禍野、そして神威の行方は?

00001 (2)
00000
 アニメ版では、悠斗は「最初から金眼だったよ!」って扱いなんでしょね。OP演出的に。

紅緒
 また中学生編では、禍野で暴れるとすぐ出てきてた神威が、ずっと大人しいのも気になるところ
 拘束されている、ってことなんでしょうか
 その理由は?

 ろくろにとって悠斗がそうだったように、紅緒にとっての「仇」。

 残り2話で、どう描くのでしょうか

どうすればいい? と追い詰められた時ほど「自分はどうしたい?」を見つめなおすチャンスだ!

00205
 ここ最近、「自分はケガレだ」と追い詰められたけど、結局「生きて」「みんなの為に」が最優先
 追い詰められて、選択肢がなくなってしまった時ほど
 じゃあ最優先すべきは何?って

 自分は何がしたいのか、って見つめなおすチャンスなのかもしれませんね。

予告・繭良『トーマス・フラーは言ったって、“あなたがいないときに愛は研ぎ澄まされ、あなたといるときに愛は強くなる”。二人も絶対そうだよね…、だから信じてるよ…。それと…、うらやましすぎるー!!

00251
00311
 いいんだよ繭良ちゃん、それでキミはいいんだよ!!

カチこみたい!
 紅緒様、髪飾りを万感で身に着けてる…、と思ったら片側だけ、見返したらずっと横顔ばかりで
 ミスリードと、紅緒様の愛が炸裂してる回だった!
 これだから晴明は!

 前回の紅緒、更に珠洲に有馬と、感情も間違いも煩悩も、全て受け入れてこそ人間

 人の間で生きる人間は“協調性”
 対しバサラや悠斗は、良くも悪くも「好き勝手」なんだなー、みたいな

 次のサブタイは「復活」、単に紅緒か、“双星計画を残した、本物の晴明”の復活か?

 次回、第49話「復活 -RESTORATION-」

双星の陰陽師 感想 2016年4月~2017年3月 連続4クール

 双星の陰陽師 第1話「運命の二人 -BOY MEETS GIRL-」
 双星の陰陽師 第2話「双星交差 -A FATEFUL FIGHT-」
 双星の陰陽師 第3話「すれ違い -A HERO'S WORTH-」
 双星の陰陽師 第4話「禍野の音 -BOTHERSOME TWOSOME」
 双星の陰陽師 第5話「十二天将 朱雀 -THE GUARDIAN SIMON-」
 双星の陰陽師 第6話「紅緒と繭良 -GIRLS'PARTY-」
 双星の陰陽師 第7話「新たなる試練 -UNBElIEVABLE GAME-」
 双星の陰陽師 第8話「ろくろの気持ち -SHOCKING CONFESSION-」
 双星の陰陽師 第9話「交錯する悲劇 -TRAGEDY COMES WITH SMILE-」
 双星の陰陽師 第10話「すばるの修行 -THE FICKLE GUARDIAN-」
 双星の陰陽師 第11話「新婚さんおきばりやす -FANTASTIC MOMENTS-」
 双星の陰陽師 第12話「勘弁しろし -BASARA BOY KAMUI-」
 双星の陰陽師 第13話「君の勇気 私の勇気 -ZERO MILLIMETERS APART-」

 双星の陰陽師 第14話「浴衣と星と願い事 -TANABATA SPECIAL-」
 双星の陰陽師 第15話「ひとりぼっちに さようなら -THE AWAKENING OF LOVE-」
 双星の陰陽師 第16話「陰陽師として -SALVATION THEN WAILING-」
 双星の陰陽師 第17話「師がくれた赤い証 -NEW TALISMAN FROM MASTER-」
 双星の陰陽師 第18話「決戦前夜 -TRIUMPH OVER FEAR-」
 双星の陰陽師 第19話「罪もけがれも -THE 10 SECONDS DECISION-」
 双星の陰陽師 第20話「ふたりの道 -TO THE FUTURE WITH US TWO-」

列島覇乱篇
 双星の陰陽師 第21話「双星新生 -SWEETIE FAIRY-」
 双星の陰陽師 第22話「ケガれてんじゃ~ん -PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM-」
 双星の陰陽師 第23話「双星 西へ -HARD TO BE MOTHER-」
 双星の陰陽師 第24話「ケガレの見た夢 -WHAT IS BEAUTIFULL?-」
 双星の陰陽師 第25話「天・元・空・我 -COME BACK! SOUTHPAW-」
 双星の陰陽師 第26話「双星vs双生 -BASARA TWINS' STRINGS-」
 双星の陰陽師 第27話「ひみつの繭良ちゃん -MAYURA'S SECRET LESSON-」
 双星の陰陽師 第28話「鸕宮天馬 -TRANSCENDENCE-」
 双星の陰陽師 第29話「さえとの約束 -MISSING EXORCIST MASTER-」
 双星の陰陽師 第30話「いつまでも笑顔で -LOVELY SMILE FOREVER-」
 双星の陰陽師 第31話「そばにいるから -WAI WA KINAKO YA!-」

天地鳴動篇 第32話~第40話
 双星の陰陽師 第32話「混沌の中に -SEEKING THE PAST,SEEKING THE FUTURE-」
 双星の陰陽師 第33話「師の恩返し -I WANT YOU TO EAT ME-」
 双星の陰陽師 第34話「名コンビじゃねぇ! -WACHI vs WASHI & WATASHI-」
 双星の陰陽師 第35話「復讐の傀儡師 -I AM NOT ALONE-」
 双星の陰陽師 第36話「守るベきもの -WHAT IS REALLY IMPORTANT?-」
 双星の陰陽師 第37話「恋の町 舞い上がる -TELL ME HONEST FEELINGS-」
 双星の陰陽師 第38話「鳴神町最凶の日 -NO WAY TO RUN,NO PLACE TO HIDE-」
 双星の陰陽師 第39話「慈愛の霊獣 -DAUGHTER'S FIGHT! FATHHER'S DELIGHT-」
 双星の陰陽師 第40話「双星ときめく -FINALY THEY KISSED?-」

双星の陰陽師 破星篇 41~50話
 双星の陰陽師 第41話「十二天将 堕つ! -HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS-」
 双星の陰陽師 第42話「故郷は禍野 -SAY IT AIN'T SO,ROKURO!-」
 双星の陰陽師 第43話「千年の夢 -MELANCHOLIC MISANTHROPE-」
 双星の陰陽師 第44話「愛すれど遠く -FAREWELL,MY PRECIOUS-」
 双星の陰陽師 第45話「ひとりきりの二人 -LONELY TWIN EXORCIST-」
 双星の陰陽師 第46話「悠斗 -DESTINY-」
 双星の陰陽師 第47話「紅緒 -POSITIVE-」
 双星の陰陽師 第48話「団結 -SOLIDARITY-」
 双星の陰陽師 第49話「復活 -RESTORATION-」