BanG Dream! バンドリ! 第8話 感想 レビュー 走っちゃった! アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
“昨日までの日々にさよなら!” 素直になれた沙綾、Poppin'Party始動で次回休止!

00097
00497
 STAR BEAT! すっごい良かった! チョココロネは初々しくて可愛くて「身内向け」
 今回で、ずっとバンドらしくなった気がします
 ここまで来た、って回だった!

 沙綾も弟と妹が支え、家庭内で解決! それとも「バイト」って沙綾の店に?

カメラマンおたえ!
 唐突なSPACE閉店宣言で意外性も突き、続きが気になるところで、次回休止ってね!
 有咲のオチ要員っぷりホント好き

 ナツキ達や、電話に殺到したクラスメイト、沙綾の積み重ねが報われた気がします

真面目&バンドな生徒会長、信念は「本気じゃなきゃ面白くない」

00151
 気恥ずかしくて本気になれない、そんな有咲に、ピッタリな助言でカッコ良かった!

あらすじ
 文化祭当日、朝から母が倒れた沙綾は、病院への付き添いを優先して欠席した
 しかし、自分に心配をかけまいとする香澄たちの姿や
 その歌詞に心を揺り動かされてゆく

 母は、その優しさを、自分の為に使いなさいと背を押し、弟と妹が付き添いを買って出た

 会場ではナツキ達にも励まされ
 沙綾もPoppin'Partyに参加、STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜を歌いきる

 文化祭ライブは大成功を収めるが、一方、オーナーは「SPACEを畳む」と決意を語る

 次回、第9話「バイトしちゃった!」

沙綾の真意を知り、泣きながら「書き直していた」香澄ですが…

00000
 ええいまどろっこしい! とばかりのノートごと引き破り、新たに書き起こした…?
 いや実際は違ったんですが!
 と

 沙綾は自分の為、誰かが無理をする事が耐えられず、香澄は歌詞を書き直し…?

有咲の朝は、いつも絶叫とツッコミから始まる

00001
00003
00004
00005
00006
00007
00008
00009
00010
 おっちゃん…、だァれがオッチャンだ!!

寝顔は天使/目覚めは悪夢
 開幕キスシーン! なお「おっちゃん」とは、おたえの“彼氏”であるオッドアイのウサギである
 まったく、有咲の朝はいつも地獄だぜ!
 で

 仲良しだね~♪

 りみりんは本当におかしいなぁ…
 何だかんだで、核心を突く りみりん可愛い!!

 けっきょく全員で有咲の家に、(というか蔵目的で)泊り込んだらしい。いいよね…

 婆ちゃん、嬉しかったろうなぁ…。

たえ『…なんでいるの?』

00011
 こっちの台詞だぁぁーー!とは、有咲のツッコミ
 まったく、朝から肺活量が高い乙女である
 ボーカルやろうぜ!

りみ『…香澄ちゃんは?』

00012
00013
00014
 無論、悩み続ける香澄は,独りどこかへ行っており…?
 香澄もシリアスになる事案
 沙綾事件

 ニコニコ顔のりみが、「暗い」反対側を向くと、急激に状況はシリアスに

 前回の沙綾母子といい、光と影のお話ですね…。

同じく真っ暗なまま、スマホを見つめ続けて夜を過ごした(?)沙綾は…

00015
00016
00017
00018
00021
00022
00023
00024
00025
00027
00028
00029
 行かないの? 学校?頑張ってたじゃない、香澄ちゃんたちと♪

母さんです
 いきなりドーン! 落ち込みから引き戻した弟と妹、そして殊更パワフルに振舞おうとする母!
 きっと、誰より辛いのは「母」なんですよね
 で

 母さん…、これ……。

 手紙、分かりやすッ!
 文化祭へ、と沙綾の背中を押してくれる母

 少しだけ元気を取り戻した沙綾は、香澄が差し入れていた手紙を発見

 弟&妹コンビってば元気印!

沙綾『…ああ!』

00030
00031
 またも体調を崩す母、生まれき身体が弱かったのに、一年前までは娘に隠し通し
 無理が祟ったのか、今は頻繁に体調を崩し
 沙綾は目を離すことが出来ない

 では、解決策とは…?

『パン、まだ?』『もう来るっ!』『飲み物はオッケイ!』

00032
00033
00034
00035
00036
00038
00039
00040
00041
00042
00044
00049
00050
00051
00055
00058
 今朝…、妻がね? ああ、たいした事じゃあない、昔から貧血気味でね…。

大丈夫
 先週に続き、ふとももフェチ感と楽しい学祭! しかし、事情を知る面々は沙綾の遅刻に気を揉み
 母に付き添い、病院にいったと知る
 で

 沙綾に、こっちは大丈夫って伝えて貰えますか?

 母を最優先に
 香澄も、「迷惑じゃない」と強調

 何より沙綾が気に懸けるのは、周りに迷惑を、無理をさせることですものね

 ジャージいいよね…。

『ああ、ウチの娘から伝言だ』

00060
 文化祭、成功しますように。ライブ、成功しますように
 幸い母も重篤ではなく、念のために精密検査に
 やっぱり急に良くなるはずもなく

 伝言というより「願い」、流れ星が象徴する、本作らしいですね

香澄『…皆!』

00061
00062
00063
00064
00065

 皆! 最っ高の文化祭にしよう! 皆で絶対絶対…、大成功させよう!
 いくぞ~、1のA! 1A! 1A!
 えいえい!

00067

 やー!

00068
00069
00070
00071

 普通…、「おー!」じゃない?
 でもいいじゃん

 やるか!

 1のA! 1A! 1A! えいえい! やー!
 1-Aカフェ、オープンですっ!

00072
00073
00074
00075
00076
00080
00083
00085
 このパン、美味しい~! …お勧めどれ?

かいてん!
 身内にフェイントをかけるおたえ! 笑って流すこのクラス、さすが「香澄慣れ」してらっしゃる!!
 とまれ、「パンカフェ」は無事スタート
 で

 全部おすすめですっ!

 それ一番アカン回答や!
 お客が欲しい情報、一切ゼロはダメなんだぜ!!

 めちゃくちゃ賑やかな文化祭で、保護者やらで立錐の余地もないっ大盛況とは恐ろしい!

 また、りみが何やらやらかして…?

『大丈夫、大丈夫♪』

00086
 変顔変顔♪
 こんなん来たら笑うわ!

おたえも、ドヤ顔リードギターを構えるも…?

00087
 演奏で盛り上げてますという表現だったのか、特にボケはなし。
 いや、喫茶店でギターって時点で変だけど
 おたえだものね…

休憩中の香澄『おおっ!

00088
00089
00090
00092
00097
00098
00100
00101
00104
 はい、「いらっしゃいませ~」

スカート短すぎィ!
 模擬店は順調に滑り出し、手品に占いと、どこも楽しげな文化祭を見て回ることになった香澄
 妹さんのミニスカメイドに、おたえが写真を撮る場面も
 が

 いら~(しゃいませ)

 掛け声が微妙!
 おかげで、明日香ちゃん微妙な表情だよ!!

 てっきり有咲だと思ったんですが、続いて、その有咲のクラスを尋ねることに

 彼女、完全に他人事でしたが…?

『1-Bに到着ぅ♪』『有咲ちゃん、何やるか知らないって言ってたけど、大丈夫かなぁ…?』

00105
 いやこれ明らかに、大丈夫じゃないパターンや!
 クラスの準備に協力せず!
 で

 当日だけちゃちゃっと参加する気だった有咲は…?

なっちゃん王『ああ、どこかにおらぬものか!

00106
00107
00112
00114
00117
00118
00120
00121
 我が娘、「有咲姫」を笑わせる事が出来る者はーーーーーーっ!

見んなぁ!
 案の定、勝手に主役にされてる有咲ちゃんざまあ! 可愛い! 似合いすぎるよこれ!!
 お客も「参加」し、有咲を笑わせる“体験型”!
 で

 台詞のない、ラクな役だっていうから引き受けたのに…、死にたい

 見抜かれてますやん!
 元々、学内でも有名人らしい有咲

 しかしクラスでは、沙綾の友達・ナツキの協力もあってか、生暖かく扱われている様子

 やだ有咲、めっちゃ愛されてる…

たえ『…はいっ!』

00129
 やめろォ!
 王子か!

 おたえ、男装とか、宝塚とか似合いそうですものねえ。

帰るぅ!』『ライブは!?』『もう知らん~!』

00132
00133
00136
00137
 ぃえーい! お化け屋敷、よってく?

りィちゃん先輩!
 有咲はにげだした! しかしまわりこまれてしまった!! このテンションはひな子?
 かと思ったら、りーちゃん先輩でした!
 で

 (お化け屋敷なら)本物います?

 とはたえ。
 対し、「入ってみなくちゃ分からない」と

 即答するリィ先輩、さすがひなこの相方だけあって、アドリブに強いですね

 第3話のライブ、引き止めてくれたのも彼女ですし

『私パス! 文化祭のオバケ屋敷なんて!』

00140
 ど~せ、たいした事ない~?
 って、生徒会長!?
 グリグリ!

 この人、さすがにノリが良いな!

鰐邊生徒会長『ちょっと、交通事故に遭って…』

00141
00145
00147
00150
00151
 本気でやってるから。なぁなぁでやっても、何も楽しくない…、そうじゃない?

ごもっとも
 彼女もGlitter*Greenのメンバー、3話では、ギターを弾きながら登校した香澄を叱ったり
 3話冒頭の通り、メンバー随一の良識派
 が

 で、どうする?

 やるなら本気!
 だって、でなきゃ楽しくない

 外見に反し、真面目一辺倒じゃなく、だからこそどこか説得力がある気がします

 屁理屈王、有咲を黙らせる良識派…!

お化け屋敷、買い食い、わなげ、ダーツ…

00152
00153
00154
00155
00156
00157
00158
00159
00160
00164
00165
 お化け屋敷、一人だけ平然とシャッター切ってるおたえさんすげえ!

笑顔笑顔笑顔
 会長に諭され、祭りを楽しみ始めた有咲。そういや会長もキーボードなんですよね。
 りみの姉、ゆり先輩はナース幽霊!
 が

 写真を撮り続けたたえが、真っ先に香澄の本心を察する事に

 本作はスマホゲーにもなってて
 妙に可愛いモブは、どうも、そのキャラなんだそうな

 わたあめでダーツで、後ろのモブの子、妙に良い表情してますよね。

 りみも、やはり可愛いな…。

余談、そういや会長もキーボード

7d96c34b
 第3話より、ドラムのひなこが、沙綾関連でようやく喋りだしたみたいに
 演奏する楽器と、対応させてるんでしょうね
 会長、本気モード!

 グリグリ、初回だけのゲストかと思ったら「先輩」してる!

『おかーさん…』『お医者さんも平気だって言ってたでしょ? おねーちゃんもついてる!』

00168
00170
00171
00172
00174
 文化祭は…?

その言葉に
 そしてかみ合いきれない山吹一家、妹さん、「行かなくて良いの?」って風に見えますが
 沙綾は逆に、「行かないから大丈夫だよ?」みたいな
 で

 大丈夫、一緒に居るよ?

 この返事の途端、お母さんも一気に曇るのが心苦しい。
 娘に強いている側

 親孝行すぎて、かえって苦しませる沙綾…!

それから、有咲はどうしたかといえば

00175
 クラスの側が合わせてくれる優しさ!
 応用力の高さ!

たえ『…豪華賞品ってなにかな?』

00176
00177
00178
00179
00183
00185
00186
00188
 このおたえ、チクる気満々である

押しかけ姉
 一応「参加する」気になった有咲、また、お化け屋敷にいなかったひなこ先輩はといえば
 カフェで、店員をお持ち帰りしようとする始末
 で

 たぬき…?

 珍しく厳しい顔
 と思ったら、ゆり姉は「ラテアート」を見てたのね

 あと本作的に、出るパンはチョココロネばかりかと思ったら、むしろ少なくて意外です

 メロンパン、けっこう店によって違うよね…。

『パンダ…、だったんだけど、変顔になっちゃった…』

00189
 やーめーてー!?
 なおお姉さん、無言で撮りにいった模様。
 妹大好きだなホント!

 わかる!

香澄『…ううん、何でもないっ!』

00194
00200
00201
00203
00204
00205
00206
00210
00211
00212
00214
00220
00221
00223
 保存されたメッセージは2件です

飛び出して
 そして「2件」だった理由は、香澄が、「心配いらない」と伝える為に電話しただけだったはずが
 クラスメイトが殺到し、大変な事になったから
 で

 頑張るね! 沙綾に届くくらい、がんばるから!

 二件目は決意
 ただただ、「こっちは大丈夫」「頑張る」と

 殺到するクラスメイト、愛されてるよなって思うし、そりゃそうだよってくらい頑張ってたし!

 病院の迷惑にならないよう、飛び出すのも沙綾らしい!

『“それから歌詞。さーやの家にとどけたよっ! さーやと皆で作った歌、良かったら読んでね?”』

00225
00227
00228
00229
00230
00235
00237
00239
00241
00242
00243
00245
00248
00251
00252
00253
00255
00256
00259
00261
 冒頭、ノートが千切れてたのは、沙綾に贈る為だったのね

沙綾なら出来る!
 既に泣きそうだった沙綾は、その歌詞と、母当人に背中を押されてバンドに復帰する事を決める
 優しいから、母の為にと動けなかった沙綾
 が

 その優しさを…、もっと自分に向けて?

 沙綾ならできる!
 母は、弟と妹が見ていてくれると

 そもそも最初に倒れた時、二人が支えられれば、沙綾もバンドを辞めなかったかもしれません

 二人も、責任を感じていたのかもしれませんね

『さーながいるから大丈夫!』『おれもっ』『…ね?』

00264
00266
00267
00268
00271
00273
00275
00276
00278
00280
 なんかあたし…、全然ダメだね?

見渡せば
 弟と妹だって、この一年で成長しているし、そも「自分が母の為に我慢してる」ことだって丸分かり
 もっと、、周りを頼って良いって事なんでしょうね
 と

 いってきます!

 気付かなかった
 自分は、全然ダメだなあ、みたいな。

 OPでも一番、家族に見送られてる沙綾は、このシーンに繋がっていたのかもしれませんね

 それでいいのか?って思わないでもないけど!

ナツキ『ありがとーっ! 次のバンドも、楽しんでってー!』

00281
00283
00285
00288
00290
00291
00293
00296
00297
00298
00299
00301
00302
00303
00304
00306
 けっこうきてんじゃん!

ガッチガチ!
 ナツキ達も新ドラムを加え活動継続、空中分解とかしちゃってなくて、本当に良かった!
 しかし、たえや香澄もビビる観客数!
 で

 行こうっ!

 おたえさんも、ちゃんと人間だったんですねえ
 案外と緊張してる…。

 客席には妹・明日香らの姿も、口は悪いものの、ちゃんと見に来るお姉ちゃんっ子!!

 残り5話、彼女の“水泳部退部”の理由は…?

おたえ『ちょっと、音出しまーすっ』

00308
 しかし平然とチューニングする辺り、やはりたえさんは格が違った!
 心臓に毛が生えてるよ!
 剛毛だよ!

有咲『…香澄! 待て待て、最初から自己紹介だっけ?!』

00309
00310
00313
00316
00318
00322
 文化祭! もりあがってますかーっ!!

ファースト・ライブ!
 やっぱり「ドラム」、沙綾が居ない事を気にする香澄は、打ち合わせが頭から飛び出してしまい
 有咲に、またしてもツッコミを急がせてしまう
 と

 最初の曲! いきます! 私の心は、チョココロネ!

 二曲やるの!?
 納得だけど、それは予想外だった!

 香澄の盛り上がってますか! コールに応えたり、この学校テンションがめっちゃ高い!!

 さすがSPACEのお膝元ですね!

ちょー緊張したしーっ!』『いつ慣れンだよ、あんたはー♪』

00323
00325
00328
00330
00332
00335

 ありがとうござましたー! 次は、今日の為に作った曲です!!
 皆で作った曲…

 今日は一人いないけど、いつか…、一緒に歌おうって約束しました!!

 いつかはまだだけど…、信じてる
 一緒に歌うこと、出来るって

00337
00338
00339
00341
00345
00346
00349
00352
00356
00358
00360
 ナツキ、一年前のファーストライブ以降も、やっぱり緊張してるのね!

だった
 決意を固めて走った沙綾! しかし元メンバー、ナツキたちとの再会も避けては通れなかった
 ここで、初めてキレイに「過去形」にする事が出来た
 と

 楽しかったよ! 沙綾とのバンド!!

 きっぱりと訣別した
 けど、「やりたい」って気持ちは残ってたから

 今、お互いはっきり過去形にして、そして「どんな気持ちだったか」を聞かせあって

 沙綾は、これで今度こそ卒業に。

『楽しかった…、楽しくて…、大好きだったよ…』

00362
 第1話に2話と、沙綾が彼女を避け続けた事から、どんな気持ちなのか不安でしたが
 思った以上に、スッキリと男らしい子だったナツ
 ハンサムな彼女だった!

 ひどい事をした、けど許す許さない以前に、心配しかしていなかった

ナツキ『そんだけ! みんな、待ってるよ?』

00367
00370
00372
00374
00379
00380
 恥ずかしがりだけど、演奏はハデ♪

大湖里実
 でも、この状況って新メンバーの子は複雑だろうなあ、と思ったら心底美しい子だった…
 引退してた沙綾に、バチを貸してくれるのか!
 で

 ありがとう…、借りるね!

 おとなしそうな割に
 意外に、5人で一番ガタイが良いんですね

 サトちゃん、力強い演奏しそう!

香澄『…そんな気持ちを込めて歌います、聴いてください!』

00382
00386
00389
00391
00392
00394
00397
00398
00401
00403
00406
00407
00409
00411
00412
00419
00420
00421
00422
00423
00424
00425
00426
 どうだろう…、一回聴いただけだし…、絶対ボロボロっ

だとしても
 そして最高潮のところに、堂々と乱入、4者4様、特に有咲が無言で出迎えるのが彼女らしい!
 見てる方が、ヒヤヒヤするくらい堂々とした入場!
 と

 いつでも…!

 一年近く離れてる
 曲は、さっき通しで一回聴いただけ!

 最悪の状況だけど、一年前の奮闘が、そのまま残ってたようなバチ捌きがかっこいい!

 緊張が、叩くにつれ笑顔になるのが素敵だった!

香澄『お待たせしました…』

00427
 そしてホントに辛抱強く待ってた観客、その落ち着きの素晴らしさよ!
 どっしりと!
 で

香澄『聴いてください、STAR BEAT!、ホシノコドウ!』

00431
00432
00439
00440
00441
00444
00446
00448
00452
00453
00454
00455
00456
00459
00463
00464
00466
00467
00471
00472
00473
00474
00475
00476
00477
00478
00479
00481
00482
00484
00485
00486
00487
00488
00494
00495
00497
00500
00501

Lalalala Lalalala…
いくつもの夢を数えても 聞こえないふり続けてきた
(ねえキミ 聞こえる?)
本当はずっと気付いてた 記憶の底 小さな声 聞こえる
(その声 聞こえる 聞こえてくるから ねえ)

星のコドウを そっとつかまえたなら その手でだきしめて
ねえ もう離さない ずっと離したくない
わたしたちのSTAR BEAT!

走ってた いつも走ってた
愛と勇気を届けたい(あふれる思いで)
眠ってた声がいざなった
風にゆれるキミの歌(夢見るココロと)

まぶた閉じて あきらめてたこと
いま歌って いま奏でて
昨日までの日々にサヨナラする

Lalalala Lalalala… Lalalala Lalalala…Lalalala Lalalala…

00504
00509
00510
00511
00512
00514

 ああ…、そうか! メンバー紹介しまーす!!
 青いギターのおたえ!

 ベースのりみりん! あっちが有咲!!(キーボード!!) ドラムのぉ…、さーや!

 ランダムスターの…、戸山香澄!!

00519
00522
00523
00527
00529
00532
00535
00537
00539
00540
00541
 有咲、素をさらして大丈夫なのか有咲!!

STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜
 諦めて、聞こえないフリをしてきた気持ちを、今、真っ直ぐに歌い上げる星の鼓動!
 失敗したり見つめあったり、CGのクオリティも素晴らしかった!
 で

 私たち5人で…、Poppin'Partyです!

 名乗れたフルメンバー!
 きらきら星、練習、チョココロネを経て「バンド」っぽい曲になった!!

 練習で腕を上げて、メンバーが揃って、ようやく前に進めるときが来た香澄たち

 有咲、ドヤ顔オチ要員っぷりが可愛い!

オーナー『ああ…、ここを畳むよ』

00549
00552
00554
 しかし、香澄たちの目標である「SPACE」は、聖地として大好評なまま
 唐突に閉店宣言する事に
 その理由とは?

 開店後、オーナーがこんな体になってしまった事とも関係あるのでしょうか?

次回、「バイト」って?

8de2070c
 沙綾問題一応の解決ですが、前回、沙綾を手伝いたいって香澄は言ってましたし
 第1話では、彼女のパン屋は厳しいと冗談交じりに話してます
 ホントのバイトする事になるのかもですね

 やっぱり香澄たち皆で、沙綾を支えよう、みたいな?

 あの二人だけじゃ力不足な気が。

そうでなくとも文化祭の件で、山吹ベーカリーは大忙し?

00176
 母の病気は一時的なものでないし、しかし沙綾を縛り付けるのが心苦しい、と描写があったので
 弟妹の成長に託すのは、一番の落としどころだと思いますけれど
 文化祭、店の宣伝をしまくったんですよね

 一気にお客が増え、今まで以上に、人手は必要になるはず

 でも人を雇う余裕もできるはずだし、バイトに繋がるのかな?みたいな

前回と今回

fc960ae3
00323
 前回といえば、一年前と被せて、沙綾がバンドを辞めるに至る流れの中で
 彼女が、赤信号に足を止める場面が印象的でした
 わざわざアップにしたり

 対し今回、青信号で走って渡っていく演出が奇麗でしたね!

 同じ吉川氏が絵コンテ(場面作り)を担当されています。

ベタかもしれませんけれども、体育館での二人

00403
 バンド再挑戦を決めた沙綾に、香澄が手を差し伸べ、「引っ張り上げる」場面が
 二人の関係、そのものって感じでしたね
 いい最終回だった

 いや最終回じゃないですけれども。ただし次回は特番ですけども。

2017年3月11日 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」

00542
00543
00546
 沙綾三部作、そして第3話担当の中西氏脚本! アスリード社の協力で制作!!

スタッフ
 脚本:中西やすひろ
 絵コンテ:吉川博明
 演出:大平直樹
 作画監督:岡田万衣子、岡垣優、扇多恵子、佐野陽子、粟井重紀、小島智加
 総作画監督:水野辰哉、谷口義明、水谷麻美子
 制作協力:アスリード社

あらすじ
 沙綾がバンドを辞めた本当の理由を知った香澄は、もやもやした気持ちを抱えながら文化祭の朝を迎える。そして香澄は、とある事情で文化祭に来られなくなってしまった沙綾のためにも文化祭を成功させようと決意する。一方、携帯のメッセージから聞こえるクラスメイトの歓声や手紙に書かれた曲の歌詞に心を揺り動かされる沙綾。そんな娘を見て、母の千紘は――遂に香澄たちの文化祭ライブが始まる!

来週はまた特番! 予告配信も来週となる模様、アニメは4月末までの全13話!

vol1Jacket
BGD_02_JK_170223
0303最新※BD_A2Poster_0223-e1488860107847
 公式ではBlu-ray2巻のジャケット公開! 14日からローソンでもキャンペーン開始に

軟着陸の良し悪し
 家族や友達を気遣いすぎる沙綾、沙綾三部作と共に、これで前半戦終了!って感じですね!
 次回、色んなバイトに突撃する、本作らしいドタバタ展開なのか?
 それとも?

 とことん皆が皆、良い連中で、それゆえに苦しみを深くしてしまった沙綾編

 欲を言えば、弟妹の成長描写不足や
 たえ編と比べ長い分、軟着陸で、意外性がもう一つ欲しかった気がします

 でも意外性はおたえで十分? なるほど、確かにそうかも!(真顔)

 次回、第9話「バイトしちゃった!」


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」