南鎌倉高校女子自転車部 第10話 感想 レビュー 輪行で行こう! アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
しーさいどうぇい! ひろみの愛車は、ペガサスなのにユニコーンだった!!

00197
00128
 四季先生の保護者っぷりが光る海沿いツーリング! ラストで放任するのも良いですね
 やってみせ、言って聞かせて、させてみる!
 今週、すごく先生してた!

 次は何をしよう? から、やりたい事だらけになっていくのもすごく分かる!

サンディ無双Ⅲ
 風呂に押し入るわウェアを着てるわ! ひろみを上回るサンディのパワフルさも可愛い!!
 人となりや、特技が分かってくるのが良いです

 横須賀から「三崎」を目指し、ここまで走った、って実感があるのが快い!

まさかの前後編! 次回、予告に出てたのは久々の…?

00391
 一番左は「日原 華野」さん。華々しい名前である

大人たち!
 クリテ編でイベント運営をしてたお姉さんが、チームで再登場! 予期せぬ出会いの回に?
 四季先生の指導もですが、ひろみのバイク「ユニ子」誕生に際し
 大人がパーツを譲ってくれる場面も

 生徒同士だけでなく、その道の大人が頼りになるのが、広がりを感じさせていいです

 本作のテーマ、出会いや体験にも通じますし。

エンドカードは、挿絵イラストなどの「アフ黒」氏

00392
 なんか、この後むちゃくちゃ不思議の世界に招かれそう。

あらすじ
 ころねと先輩サイクリスト達の善意で、クリテ賞品のフレームは、ひろみのロード「ユニコ」となった
 さて、部活に何をしようかと迷った5人だったが
 四季の提案で「輪行」に

 三浦半島日帰りツーリングに出かけた五人は、四季の指導で順調に観音崎まで到達

 四季は「この先は自分達で」と去り
 横須賀から三崎港を目指す旅は、仕切り直すこととなる。 

 次回、第11話「自転車って、ふしぎ」

『ころね店長ーっ! 来ましたよーっ!!』

00002
 前回、「クマさん」の中身が、クラスメイトのアメリカ留学生、サンディ・マクドゥガルだったと判明
 しかも、性格がひろみと良く似たパワー型の楽天家で
 あっと言う間に意気投合!

 あとこのカット、ひろみの顔の作画がビミョー!

ころね店長『お? こっちだこっち! ふっふっふっふ…、じゃーん!!

00005
00006
00008
00009
00010
00013
00014
00016
00018
00019
 お前のロードだ! 舞春ひろみっ!!

主人公は汎用機!
 クリテの賞品として授与されたフレームを元に、こっそり店長が制作していたロードが完成!
 レースも、ロングライドもこなせるバランスの良さが魅力!
 で

 すごーい…、ちゃんと自転車になってる…

 そこなの!?
 ま、確かにフレームだけでしたものね

 色まで見事にチームカラーと一致、校長、謀ったな校長! とさえ思えるレベル

 第5話以来、遂に実戦配備!

『でも、フレーム以外の部品ってどうしたんですか?』

00020
00021
00022
00024
00025
00026
00028
00029
 皆ー! 女子高生が初めてのロードを作るのー♪ 余ってるパーツがあったら持ってきてくれるー?

ご褒美案件
 女子高生の初体験…、途端に淫靡な響きになったのはともかく、多くの「先輩」の善意が
 文字通り、形になったロードってワケだ!
 で

 それで…、これはおいくらになるんでしょうか…?

 恐る恐るというひろみ
 しかし勿論、「余った部品だから要らん」と

 パーツ交換なんて日常茶飯事なので、どうせ余ってる、そんな優しさの塊であった

 やだこの自転車…、バファリンの親戚なの…!?

『でも…、良いのかな? 私だけが貰っちゃって…、皆で頑張って手に入れたフレームなのに…』

00030
00036
00038
00040
00042
00044
 なおサンディ、買ったら「シャドウ号」と名付けるらしい。“車道”を走るからねって、そっちか!

私のユニコーン
 気になっていた所有権の問題も、部員全員が同意、できれば“一年トリオ”にも聞いて欲しいけど!
 ライトを角に見立て、「ユニ子」と名付けられた
 と

 ユニ子…、私のロード…!

 ペガサスじゃなくて!?
 なるほど、ひろみは純潔なのだと…!?

 むくつけき男達の持ち寄った善意は、今、ユニコーンこと「ユニ子」として結実したのだった!

 なお巴のは、「モモ」らしい。

なるほど、オープニングで「店長が作ってた」のがコレか!

00045
 また、当初ひろみが買おうとしていた「40万ロード」とは、色こそ違いますが同じフレーム
 オープニングも、ほぼ消化しましたね
 観光も色々いったし…。

『これからのことなんだけど、次の活動を決めないとね』『皆、何かやりたい事はない?』

00046
00049
00051
00052
00054
00055
00057
 それなら、「輪行」なんてどうかしら?

ら…、輪行!
 今度こそ、自分達で「次の活動」を決める段階に入ってきましたが、やはり五人は「遠く」がいい!
 旧自転車部のように、日本中を見たい!
 で

 交通機関を利用するから、自走より、行動範囲がグッと広がるのよっ!

 バスや電車に、自転車を持ち込んで
 遠くでサイクリング!

 校長は交通機関発達に思案顔でしたが、自転車と併用する、ミックス作戦ってワケね!

 ろんぐらいだぁす!も2話でやった!!

『でも、電車に自転車って良いんですか?』

00059
00060
00061
00063
00066
00068
 自転車を、鉄道会社の定めるサイズまで折りたためれば、乗せて良いらしい

パッケージ作戦
 もちろん大迷惑ですが、乗る時間を選び、また「小さく折りたたんで」袋に入れてしまえば
 軽量なロードは、むしろ輪行向きらしい
 で

 ウチで“輪行袋”を買ってくれたら、ロードをレンタルしてやっても良いぞ?

 サンディも解決!
 なるほど、予告で持ってたのはそれでか!!

 ひろみの時といい、店長のおかげで、みんなで一緒に行動する事が出来ますね

 なんて小さくて素晴らしい店長!

ひろみ『でも…、お高いんでしょう?』

00070
 このあふれ出さんばかりの自転車への不信感、いいよね…。
 ろんぐらならバイト必至!

 が

『ああ、それだけどね? クリテリウムで頑張ったから、少しだけど部費が出たのよ』

00072
00077
00078
00080
00082
00083
00084
00085
00086
00087
 まだ正式な部には認められていないけど、特別にね?

マイドアリー!
 まだ認めてくれないのかよ! どうも「部の認定」で最終回まで引っ張りそうな勢いである
 そうやって、“やる気を引き出す”悪魔の手法!
 で

 アっと言う間にバラバラニー!

 やはり経験者は違う…
 また、「部費は銭洗弁財天のおかげかも」とも

 ここで前回のが繋がるのね…、てか、意味がわかってなさそーなサンディがかわいい!

 日本に詳しすぎる、ってタイプじゃないのね

経験者の四季『あとは…、これに袋を被せて…、はい、できたっ』

00088
00090
00093
00094
00096
00097
 とすると…、あんまり遠くなくて、いろんなものが見られそうなところは…、三浦半島かしら?

日帰り三浦半島!
 そこで、巴らしく堅実な条件から導き、四季の助言も取り入れて決まったのは三浦半島!
 軍港・横須賀へ輪行し、“三崎港”を目指す!
 と

 南鎌倉高校女子自転車部、次の目標は、三浦半島ーーーーっ!

 目指せ三浦大根!
 サイクリストに、人気のスポット三浦半島!!

 東京を舞台とするろんぐらでも、最初の輪行として、アニメ2話で行ったお約束の地!

 三浦大根食おうぜ! ほらみんな三浦大根食おうぜ!!

『そう、次は三浦半島なの?』『近いけど、あんまり行ったことないから楽しみなんだ~』

00099
00101
00103
00104
00106
00107
00111
00112
 私も退院したら、行きたいわ…、冬音、いっぱい写真おくってね?

家族それぞれ
 相変らず仲が良さそうな風音&零姉妹、また、夏海が実は叔母を頼って下宿している事も判明
 もっと遠く、彼女には深い動機なのね
 で

 自分もいつか…、もっと遠くに…!

 自転車による世界旅行
 元気か? ならばよし! この圧倒的自己完結感!!

 信頼の比嘉親子の一方、仲むつまじい秋月姉妹、相変らず結花ちゃんはしっかりした子である

 エプロンがおそろいで可愛い。 

『じってんしゃはいくよどこまでも~♪ 野を越え山越え道進む~♪』

00113
00114
00115
00117
00119
00122
00123
00124
00126
00128
00130
00132
00135
00136
00137
00138
00140
00143
00146
00147
00148
00149
00154
00156
00158
 ジャパーニズオフロ~、ハイリニ・キマシタ~~~~~っ!!

ひろみが二人
 そしてひろみ! 何と母の勧めで、サンディが泊まりにくるというダイレクト・アタック展開に
 実際、なんて見事な「ジャパニーズ・お風呂」だ!
 で

 これもハダカノ=ツキアイ! 次は前も洗ってアゲマース!!

 せびれが足りない!
 もとい、「くびれが足りない」だそうで

 そりゃまあサンディと比べれば、大抵の日本人はズン胴、桜島大根だからね仕方ないね

 この展開、いつもなら「ひろみがやる側」じゃないの!?

『みんな、おはよーっ!』

00159
 テーマが輪行なので、まずは鎌倉駅からスタート! さすが奇麗な駅でごじゃるね!
 駅前も良く整備されています
 で

『おはよーひろみっ! 先生、全員揃いましたっ!』

00160
00163
00164
00165
00166
00167
00168
00169
00170
00171
00172
00175
00176
00177
00178
00179
00180
00181
00183
 邪魔になるから出来るだけ、車両は別れて乗る事。乗ったら隅っこに行く事!

横須賀へようこそ!
 四季の教えは、とにかく「邪魔にならない」事で、一車両に一人ずつと徹底したものだった
 到着後も、人数が人数なので公園へ
 と

 ここだと邪魔になっちゃうから、公園に行きましょうか?

 トンネルを抜ける快感!
 開けた視界、広がる海、これに勝る感動は!!

 四季の気遣いが印象的で、とにかく「自分達の行動が、“全員”の迷惑になる」と意識を感じます

 恥ずかしい行動は、自転車乗り全員への恥になりかねない!

『う゛わぁぁ~、すご~~~い♪』

00184
 さすが名高い軍港、ずらりと並ぶ軍艦の威容が素晴らしいですね
 この美しい軍艦が、傷付くような事件や戦争が起こらねば
 それがベストなのですが

 で

『あっちにはアメリカの(空母)もあるわよー?』『OH! ソーナンデスねー♪』

00185
00186
00188
00189
00191
00195
00197
00198
00201
00202
00203
00204
00205
00206
00209
00210
00212
 結花が、予備でもう一着作ってたの♪

チームジャージ、再び!
 よく着れましたね!? ていうか、サンディって「仮入部」扱いを強調してた気がしますが
 とまれ、ここでも経験者の四季チェック!
 で

 皆、ツーリングのコツを教えてあげるわっ!

 それは「水分」
 トイレ、そしてドリンクを買えるとき済ませる事

 街中を離れることになるので、どちらも、「必要な時」にあるとは限らないからですよ、と

 今週の先生、かつてなく先生してる!

『やっぱり、トイレいっとこう!』『私も…』『ノミモノ、買ってきまース!』

00213
 ただでさえ出発地点」は、はやくヤリたいと、気もそぞろであるところ
 トイレなんて後回し、ってなりがち
 それは大きなミステイク

 と

『じゃあ、今度こそ出発しましょう! 三浦半島ツーリングにっ!』

00214
00215
00216
00217
00219
00220
00222
00223
00225
00227
00229
00231
00233
00235
00238
00239
00240
00242
00244
 記念艦である「戦艦・三笠」、1904年の日露戦争での連合艦隊旗艦ですね。

横須賀ライド!
 横須賀は、幕末にペルリの黒船が来航し、「港」として発展“せざるを得なかった”歴史ある港
 長崎出身で鎌倉住まい、「都会」と呼ぶひろみが微笑ましい
 で

 そうだ、“トレイン”組んでみない? あの時の復習も兼ねてっ!

 一気に速度が上がった!
 あの時は、経験不足で「切り離し」戦法に

 しかし今回は、落ち着いて先頭をローテーションし、穏やかに走れたようです

 特に夏海、落ち着きにホッとしますね

『サンディーが、飛ばしすぎなのよーっ!』

00247
 ただやっぱり、サンディのパワーファイターっぷりはズバ抜けており
 しかも、今回はフル装備となった最強状態!
 冬音脱落気味!

 あの時は、きぐるみ+ママチャリ、超絶ハンデ戦でしたものねえ

『それより見て、あそこ、出発地点の横須賀よ?』

00248
00249
00251
00252
00254
00257
00260
00261
00263
00264
00265
00266
00267
 ここまで来たんだぜ! と確認させる四季先生。経験者って頼もしい

目指すは!
 ホント来て良かったね! とアピールするひろみ!! 場面の切り替えでスルーされた感じに!?
 とまれ、ロードの速さを強く実感する事に
 で

 今度こそ力尽きそ~、え~、…頑張れたらね?

 目標は「富士登山」だ!
 輪行して、登山も愉しむのもいいかも!!

 日頃とは違う富士山の姿に、夢が広がる一同、しかし「山」相手はハードル高いね!

 逐一、写真とってる冬音が彼女らしいです。

冬音『下りはラクね~~~~♪ みんなー、お先にーっ♪』

00000
 しかし現金なのも冬音で、ヘタったかと思えば、坂では一番に飛び出す場面も
 ある意味、一番素直な子よね!
 が

四季『冬音さん、待ちなさい! それ以上はダメよ!!』

00268
00270
00271
00272
00273
00274
00275
00276
00278
00279
00281
 下りは、自分で思っている以上にスピードが出るの!

危険が危ない
 珍しく強く制止した四季先生、下りは気持ちいいが、思っている以上にスピードが出て危ない!
 転倒に怪我、他人を巻き込む事故とか…
 で

 トンネルの中は、狭くて車との距離が近いから、…音も大きく響くし

 下り坂への注意に続き
 生徒達に未体験な、トンネルへの注意を促す四季

 その言葉以上に、ひろみ達はゾッとする体験をしたらしく、出てきた頃は完全に冷えてた!

 トンネルで危ないのは、スタンド攻撃だけじゃないんだな…。

『怖かった~…』『うん、うん…』『車に轢かれるかと思った…』

00395
 ここで、県立観音崎公園、目的地は「みさき」なので、一番下の「三浦」の少し下の“三崎”港
 全行程の、だいたい1/4走破ってところでしょうか?
 多分。

 ちなみにろんぐらは、少し左の「浦賀」出発で、江ノ島まで55キロでした。

『あま~い! このお茶、何?』『野ぶどうを加えた、“シェルパティー”デース♪』

00282
00283
00284
00286
00287
00288
00290
00293
00295
00297
00298
 シェルパとは登山支援を行う、ネパールの少数民族。ヒマラヤ登山の支援で有名。

いつかその先へ
 疲労回復に効くと、父とのハイキングに飲んでたそうで、アウトドア全般が得意だというサンディ 
 彼女と共に、「海の向こうの町」に想いを馳せる
 と

 あそこにも行けたらなぁ…、その先にも、もっと遠くにも…!

 さてどうしよう?
 から始まった、今回の輪行

 しかし踏み出してみれば、富士山や海の向こうや…、一気に行きたい場所が増えていく

 踏み出せば、また新しいものが見たくなるって不思議だ!

『寝ちゃった…、冬音さんも』『みんな、朝早かったからね~』

00301
00302
00306
00309
00310
00312
00315
00316
00317
00318
00320
 ともちゃ~ん、おなか減ったよ~。

束の間はその後へ
 そのまま寝てしまう辺り3人、陽射しも温かくて、心地よい疲れって奴でしょうか。自由か!
 巴と夏海、世話好きコンビが残るのも微笑ましい
 が

 あれ…、先生いなーい?

 不穏その1
 実は、ひろみは「食べてこなかった」

 そして先生の不在、てっきり2話同様、まっさきに「ごめん寝」してるのかと思ったら!!

 てっきり、何か買ってきてくれるのかと思ったら!

回想『“えー!? で、でもここから先、私達だけで三崎へ行くなんて!”』

00322
 今週、めちゃくちゃ「世話」に回った四季だけに、てっきり、何か食物でも調達してくれるのか?
 と思いきや、むしろ逆!
 ここからは放任

 五人は、ここまで「基本」を充分に学んだ、って事なのでしょう

四季『でも、私がぜんぶ引っ張ってちゃうとつまらないじゃない?』

00325
00330
00331
00335
00338
00341
00342
00343
00346
00347
00349
00350
 行こう、皆! …前進あるのみ! ほら、自転車はバックできないしっ!!

皆で一緒に!Ⅱ
 ここからは手探りに、迷うくらいでいいから、自分達でやってみなさいと去ってしまった四季
 対し、ひっぱったのはひろみ!
 で

 皆で…、おーーーーーっ!!!!!

 上手いこと言った!
 からの、「え…?」ってリアクションがひどい!!

 もちろんいざって時は携帯があるから、昔と比べりゃ屁でもない! 単独ツーリング開始!!

 さて、どんなトラブルとなるのでしょう?

今週のA応Pも、引き続き鎌倉ツーリング! おしゃれカフェへ!!

00360
00362
00365
00366
00367
00368
00370
00373
00374
00375
00376
00380
00384
00385
00386
00387
00388
00389
00390
 アマルフィ・カフェ、「デリツィア・リモーネ ドリンクセット」を堪能!!

ハマの大魔王
 まさかの飯テロ! このトロッと感、ぜったい旨いやつじゃないですかチキショウ!! 
 イタリア、アマルフィ地方をイメージしたカフェらしい
 で

 大仏の高徳院を出て、稲村ヶ崎を経て、七里浜

 モザイクが笑えます
 昔と違い、今は「処理できる」から、やらないとダメなんでしょうね。

 ああ、しかし旨そうだった!

※私も、コンビニにアイスを買いに走りました

2017年3月10日 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」

00060
 第6話のレース回同様、マクロスのサテライト社が制作協力!

スタッフ
 脚本:冨田頼子
 絵コンテ:あきとし
 演出:永居慎平
 作画監督:大河内忍、植田羊一
 エンドカード:アフ黒
 制作協力:SATELIGHT

あらすじ
「ナイタークリテリウム」の賞品で「ころね」が「ひろみ」のロードを作ってくれた。
「ころね」と自転車部のみんなに感謝する「ひろみ」。そして、これからの自転車部の話になり、みんなで輪行という方法で三浦半島にツーリングに行こうと なったのだが……。

次回、「自転車ってふしぎ」。ツーリング中、大人のチームと遭遇…?

00355
00391
00392
 この四季先生、次の瞬間に怪物に変わって襲ってきそう(感想)。

しーさいどうぇい!
 ちょうど、当日に読んだ「ろんぐらいだぁす!」一巻で、同じ三浦半島を輪行してて笑いますけれども
 ろんぐら6.5巻では、「ここは、すぐ中断して輪行で帰れる」のも
 メリットとして付記してありました

 新キャラだけにサンディの存在感がいいですね! グラマラスだしね!!

 ひろみに似た突撃型で
 今回、一緒に寝てたのも「似たもの同士だなー」って笑います

 冬音も含め、世話に回るトモちゃんと夏海、世話焼きコンビも大変そうだわ!

 次回、第11話「自転車って、ふしぎ」

公式より、エンドカード担当作家さん一覧

 春夏冬ゆう http://yu-akinashi.tumblr.com/(第8話担当)
 あふ黒 http://llcab.tumblr.com/(第10話担当)
 岡本倫 http://www.okamoto.tv/(第2話担当)
 加藤アカツキ http://www.akatsukikatoh.com/
 草壁 http://kusakabeworks.net/(第3話担当)
 玖条イチソ http://blog.livedoor.jp/kujouitiso-new/(第7話担当)
 里好 http://www.zato.jp/(第4話担当)
 柴乃櫂人 http://kr3.oops.jp/(第9話担当)
 Gユウスケ http://gyuusuke.exblog.jp/
 ニリツ http://nilitsu.com/(第6話担当)
 卷 http://mckeee-figure.blog.jp/(第5話担当)
 憂姫はぐれ http://wireframe.sakura.ne.jp/(第1話担当)
 REI http://rei.tw/

南鎌倉高校女子自転車部 感想 2017年 冬 1月~3月

 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第2話「鎌倉探索にGo!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第3話「女子自転車部、はじめます!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」