BanG Dream! バンドリ! 第6話 感想 レビュー 作っちゃった! アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
勝手に”バンドを作っちゃった!? そりゃ沙綾だって怒るよ! ケンカの幕開けだ!!

00347
00280
 描かれ、示唆される沙綾の過去! 文化祭だと、むやみやたらと張り切る香澄!!
 実行委員に一日店長、いちいち良い笑顔で笑う! 
 たえさんホント神出鬼没!

 いつか、と約束したのに、勝手にバンドに入れて既成事実化って、そりゃねえよ香澄さん!

作っちゃった!
 ラストで、サブタイが腑に落ちたのが心憎いですが、沙綾自身はむしろ「やりたい」と望んでいて
 友達思いで義理堅い、そこが原因か?

 香澄語の翻訳、沙綾の気遣い溢れる回だった!

“祭りの準備”の楽しさ! しかし一年前の初ライブは、沙綾が台無しにしてしまった…?


00333
 勝手に入れられたけど、最初は笑顔だった沙綾。しかし…?

すれ違い
 どうも一年前、初ライブ直前に母に何かあり、家の手伝いの為にバンドを辞めてしまい
 皆のライブを、自分が台無しにしてしまったんだ…
 と、悔やんでる?

 有咲と沙綾の距離、りみの発案、たえのリフトアップが輝いていた!

沙綾編スタート! 絵コンテと演出は、(男性)アイドルアニメ「うたプリ」の星野氏!

00108
 今週、教壇のパートが笑いのツボでした。

あらすじ
 一年前、初ライブを2週間後に控えていた沙綾達は、何があったのか解散する事になった
 さて文化祭で、実行委員になった香澄は準備に奔走し
 沙綾の家のパンを出す喫茶店を企画

 並行し、香澄が歌詞を担当して新曲を作り、“Poppin'Partyもライブが決定

 歌詞作りの為、沙綾の家に泊まりこんだ香澄は
 沙綾とも歌いたいと約束する

 しかし「いつか」と約束したのに、文化祭ライブに入れられてしまった沙綾は、誤解だと言い…?

 次回、第7話「ケンカしちゃった!」

『沙綾ー、今日も遅くなるの?』『うん、練習っ!

00004
 中学三年生、沙綾のバンドガール時代へとさかのぼる
 三話でも、ドラム持っていた姿が
 当時は、今と違い…?

沙綾『いってきまーすっ!』

00007
 店の手伝いもせずに飛び出す沙綾、すごく前のめりな歩き方をしてて
 今、一分一秒でも惜しい!って感じが溢れてて
 すっごく楽しそう!

 歩き方一つに、気持ちが感じられた!

『ねーねー♪ 途中で、シュシュ買って行かない?』『ライブで、お揃いの着けたら良くね?って、話してたの♪』

00000
00005
00006
00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
00015
00016
00017
00018
00021
00022
00023
00024
00025
00026
00027
00028
 でさーっ! 曲の最後の「じゃーん!」のところで皆で飛んで…。相棒は、香澄っぽかったのね

バンドリ!
 香澄の妹同様、内部進学の沙綾は、同じ中学の「前髪さん」、他中学の2人でバンドを組んでいた
 BGMも軽快、何コレめっちゃ楽しそう!
 で

 ファーストライブまで、後2週間!

 夕方に集まって
 練習して、夜が更けるまで語り合った中学時代

 いいなあこれぞ青春だ…、もっとも、約束されたバッドエンドなのが辛い…!!

 美人なロング、可愛いツインテと高ポイント!

母『沙綾、替わるよ?』

00029
00030
00031
 もう終わるから、だいじょーぶっ♪

出来た娘が心配で
 制服が同じで分かりにくいですが、ここからは現代。店を手伝い弟と妹を世話する出来た娘
 けど母は、「それ」が心配の種らしい
 と

 二人とも起きろー! 寝坊したらヨーグルト抜きだぞーっ!!

 いい子だ…
 けど、沙綾を「家に縛ってる」気がするんでしょうか

 親御さん、心配ですよね…。

 スタイルいいよね…

そういえば、演奏してた場所が蔵なのは「クライブ」の前ふりだったのかな的な

00035
 オープニングで、前よりおたえさんが可愛く見えてしかたないです(断言)
 やっぱり、人となりが分かるといいですよね
 スーパー神出鬼没

『実行委員になりましたっ! 文化祭、ぃえーい!!

00036
00038
00039
00041
00042
00043
00044
00045
00046
00048
00049
 出し物は、キラッ☆としてて、シュッ!としてて、可愛いのがイイッ!!

人生難破船
 すいません日本語でお願いします! OP開け早々、視聴者の頭を抱えさせる香澄さんすげえ!
 文化祭委員とか、嵐の予感しかしねえ!
 で

 香澄を何とかできるのは、沙綾しかいないっ!

 副委員は沙綾!
 力の香澄、技の沙綾のタッグである

 クラスでの、彼女達への認知が見えて、いきなりちょっと笑えます。てかクラスメイト!!

 何あの銀髪と金髪、めっちゃ可愛いんですけど!?

『…いいよ、わかったっ』

00050
 ぃやったーーーーー!
 やったね香澄ちゃん! 開始数分で大勝利だよ!!
 勝ったも同然!

『実行委員ねェ…、大丈夫かあ?』『有咲いつ来る? 席、とっとくよっ♪』

00052
00053
00054
 まだ(何やるか)わかんないけど、ドキドキする奴っ!!

最初から居ました
 何をやるか香澄自身にもよくわからんが、とにかくすごい自信だ! 滾ってるね香澄さん!!
 このエネルギーに、沙綾が方向性を与える格好らしい
 で

 さあ、興味なーい。

 有咲さんブレない…
 彼女だけ、(“彼女”と一緒だが)別クラス。

 しかし何をやるかなんて興味ないとか、今からバックレる気マンマンじゃねーッスか先輩!!

 てか、いたのかよおたえ!

有咲『つーか』

00056
 鳥がいるんだけどぉーーーーぃおい!!
 やだこの子、今週もツッコミが冴えてる!
 いつも叫んでるな!

『沙綾ちゃん家のパン、美味しいから…』『有咲も食べる?』『(地面に)落ちてんじゃねーか!』

00057
 ダメだ天然しかいない! 特にりみは、沙綾の家のパンのファンですものね
 チョココロネを曲にするくらいに
 いいよね…。

有咲『うるせー! 興味ねえもんはねえ!! だいたい準備とかめんどくせーだろ。ねえ?』

00058
00059
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00067
00068
 際し、「文化祭の準備」が、沙綾にも引っかかってると描かれ…?

マイソング
 祭りの準備は楽しい? 面倒? さあどっち! 押し問答を押し流したのは、不思議ちゃんであった
 たえさん、唐突に弾かないで下さい!
 で

 朝、お風呂で思いついたの♪

 朝風呂派(重要)。
 なるほど、作曲も出来る子だったのか…

 唐突な演奏、徹頭徹尾マイペース。他人を巻き込む香澄とまた違うマイペース

 そんなたえさん、可愛いです

香澄『それ、文化祭でやろーよっ! すっごくドキドキしたっ!』

00069
 はい、食いついたー!(視聴者の声)
 言うと思ったよ!

 生徒会長の前振り、やるとは思ってましたが、新曲で挑むんですね。

『ありがと、でもまだこれだけしか…』『作ろう! 私も何かやるっ!!』

00070
00071
00072
 作詞するという香澄に、「香澄語になるじゃん!」って有咲の理解が深すぎる!!

(あ)かんこれ
 思いついたら弾丸特急! 止まらない香澄に、「どうなるんだこれ!?」と混乱する有咲
 トドメとばかりに、たえから提案が
 で

 仮の曲目は、レッツゴー四人組!

 おたえ空気読んで!
 この子、さっきから考えてたの!?

 こっちにも「だせえ!」ってツッコまなきゃだし、有咲のツッコミが追いつかないよ!

 グッダグダだよグッダグダ!!

りみ『バンド名も考えなくちゃだよねえ』

00073
 そして、しれっと挟まれる「サブタイ案件」、ここで決まった名前が…!
 ちなみに「バンドリ!」じゃないです
 多分

 すごくバンド名っぽいタイトルなんですが、バンド名じゃないです。

『どうしよう…』『一つ一つ、やってかないと』『うん…、頑張るっ!』

00074
00076
00077
00078
00079
00081
00082
00084
00086
00087
00089
00092
00094
00096
00097
00098
00099
 ドキドキしないプリントが一杯……。

頑張って…ッ!
 しかし、鰐部生徒会長(Glitter*Green)主導による、事務方の作業はノックアウト&グロッキー
 クラス側、更にバンド書類が要提出なのだ
 で

 出来ない子ほど、可愛いっていうし?

 妹達みたいだ、と
 確かに…

 まだ会話の中で、黙っている事が多い沙綾ですが、香澄に対しては見守るような気持ちなのかも

 或いは、冒頭の“ナツキ”が香澄に似たタイプだからか

香澄『あ、沙綾っ! …ありがとっ♪』

00100
 帰り際、何かと思ったら、超接近からの感謝だった香澄
 この子ってば距離感が近い

 このシーン、後で何に繋がるのでしょうか?

『ふふーん♪ 1-Aカフェ、オーナーの戸山香澄ですっ♪ ぃえーい!』

00102
 やめて香澄さん! 視聴者の腹筋と心配が限界突破するからやめて!!
 一日店長、って違うッショ絶対!!
 間違ってないけど!

香澄『コンセプトは! キラッ☆ シュッ!と可愛くて、クィッ…、ターン!って感じ!!』

00103
00104
00105
00106
00107
00108
00110
00112
00113
00114
00115
00116
 んーーー…、。多分……。

翻訳家
 有咲が危惧した通り、「香澄語」にクラスは困惑の嵐だが、沙綾が見事に翻訳してしまう!!
 香澄さん、「これ!」って言ってる場合じゃねーよ!
 で

 食べ物はどうする?

 服飾やメニュー
 提案百出、しかし香澄は「いいね!」の連発であった

 盛り上げ役には不足ないけれど、これでは話がまとまらない! 後りみちゃんが何か言いたげ!

 香澄の「いい!」が楽しすぎる!!

たえ『ハバネロピザ!

00117
 辛そう!?と「いいね!」を止めたたえさんすげえ!!
 なお「辛いならハバネロを抜こう」
 と

 それただのピザやん!

りみ『あ、あの!

00118
00119
00120
00121
00122
00123
00124
 パンがいいかなって、チョココロネとか、沙綾ちゃんのお店のパンとか…、チョココロネ美味しいし!

美味しいです!
 いやどんだけチョココロネ好きなの!? ってな りみの鶴の一声で、 上手い具合に方向性が
 クラスでも、「山吹パン」は人気が高かったのだ
 で

 りみりんナーイスっ!

 喫茶店を開き
 そこで、沙綾の店のパンを提供する

 方向性さえ決まれば、盛り上げ大好きな香澄パワーを、無駄なく使うことが可能に!!

 クラスでも、「りみりん」定着してる!?

みんな、文化祭やりたいかー! 可愛い喫茶店にしたいかー!!

00125
00126
00127
00128
00129
00132
00133
00134
00135
00137
00138
00139
00140
00142
00143
 香澄、それじゃアメリカ横断ウルトラクイズだよ!

約束の時間
 相変らず事務方は苦手だったが、香澄は果敢に挑戦、あまり果敢には見えないかもしれないが
 当人的には果敢に挑み、「喫茶店」を形に
 で

 一方ではバンドも順調に進み、たえとりみ、経験者同士が仲良くなる場面も

 鰐部会長もフォローし
 有咲のスカートは、相変らず鉄壁。

 準備に奔走し笑顔に、沙綾、これ完全に「一年前」の再現じゃないですか…

 つまり今回も、約束されしバッドエンド…?

沙綾の父『これくらいの方が食べやすいし、持ちかえりも出来て良いだろう』

00144
00145
00149
00150
00153
00155
00157
00160
 沙綾ー、今日はお友達何人くるの? 皆、夕飯食べてく~?

山吹さん家の事情
 沙綾のご家族、父も母もノリノリだ! 特にお父さん、わざわざミニサイズで仕立ててくれるらしい
 母の明るさ、有咲のお婆ちゃんみたい!
 で

 心配しすぎ。ねえ、お父さんもいるんだから♪

 沙綾が手伝う理由
 それは、一年前「母」に何かあったから

 以来、店を手伝うようになったが、両親は、沙綾に好きに振舞って欲しいのだ、と?

 りみ姉妹もそうですし、皆ホント愛されてる。

『…何してるの?』

00162
00163
00164
00166
00167 - コピー
00170
00171
00172
00173
00174
00175
00176
00179
00181
00182
00184
00186
00187
 なんだ、山吹さんかぁ~~~~

徐々に奇妙な関係
 本格的に学内が盛り上がる中、有咲を沙綾が見つけ、香澄不在の奇妙なツーショットに
 元々「有咲」は有名で、沙綾には遠い存在だった
 が

 お? さーやー♪
 
 今はこんなに近い
 かといって、互いに「話しかける」にはハードルが。

 BGMといい、ちょっぴり不思議で、あと有咲が「考えてる」のが可愛らしい

 この子も、楽しみにしてるのよね

『…よくやるよね。疲れない? 何か、色々押し付けられるっぽいじゃん』

00189
 ええ、香澄係とかな!
 色々とね!

 ただ、沙綾が言うには……。 

『ん~…、やりたくてやってるし…、楽しいよ?』『ふーん…、ドM?』『あはははっ、そうかも♪』

00190
00191
00192
00193
00194
00195
00199
00200
00202
 キラキラなんとかとか、ドキドキなんとかになったら困るしっ!

マジです
 基本「さん付け」したり、親しくない人には丁寧で、むしろ毒舌が出てきたことが「心を許した」証…。
 そんな、ちょっとめんどくさ可愛い有咲
 が

 Poppin'とか、可愛いと思ったけど?

 マジか…
 何か、どんどん心を開いていて

 BGMと相まって、ちょっとずつちょっとずつ、近付いていく感じが微笑ましいですね

 バンド名候補を褒められ、嬉しそうで可愛い。

『うん。ポップコーンみたいで楽しい♪』

00204
 サラッと入ってくんな!
 まったくだよ!

 何!? おたえさんニンジャなの!?

『蔵のスピーカー借りてもいい?』『ばあちゃんのなんですけど~?』

00205
00206
00207
00208
00209
00210
00211
 あーっ! 皆で何してんのー♪

ちいさな一団
 結局、香澄も現れどっちらけですが、むしろ沙綾こそ、この一団の中では「異分子」である訳で
 沙綾の方こそ、有咲に近付いた…、のかも
 で

 どんぐりころころ、どんぐりこ~♪

 手伝え!
 たえ、すっごい楽しそう!!

 グッダグダになるメンバーに、笑みがこぼれる沙綾、彼女が「近付いてきてる」のが微笑ましい

 あの「蔵の部屋」、婆ちゃんの私物だったのか…。

『やったー♪』

00212
 やがて、模擬店用のパン、エプロンの試作が始まったワケですが
 当然のように巻き込まれる有咲!
 この子、別クラスよ!

 そう、沙綾の地雷がいるクラスの子なのよ!!!

沙綾の母『可愛いじゃな~い♪ みんなウチで働く? お客さんたくさん増えそう♪』

00213
00214
00216
00217
00218
00222
00223
00224
00226
00229
00230
 じゅんじゅーん♪

少年よ本音を放て
 さっそく沙綾の妹に「さあな」、また、久々の弟君に「じゅんじゅん」とニックネームをつけてる香澄!
 おたえさん、「じゅんじゅん」って乗っからないで! 
 で

 うんこうんこうんこうんこー!!!

 青い春だコレ!
 親方、美人のお姉さんにからかわれる事案が!!

 沙綾を気にかけるお母さんも、友達をたくさん連れて来た事で、ことのほか嬉しそう。

 じゅんじゅん、可愛すぎる!

『う…、うん…』『あ、有咲ちゃんだめっ!』

00232
 なお有咲、「ウンコ香澄」がたいそう気に入った模様。
 基本、お互いツンデレだしな!
 小学生と同類!

 うんこ発言に、慌てて止めたりみちゃん可愛い!

沙綾『心配なら、泊まればいいのに~♪』

00234
00235
00238
00240
00241
00242
 え…、泊まりとか…、そんないきなり言われても…!!

走れ乙女よ
 解散に際し、香澄だけはそのまま泊り込みに。有咲も泊まるか?と問いかけたらコレだよ!
 何なの…、有咲ちゃんオトメなの…!?
 で

 うっせー! あたしはそんな軽い女じゃないんだよーっ!!

 お昼ごはんと同じで
 内心、「お泊り会」に憧れてるんでしょうね

 改めて有咲ちゃん、対人は小学生レベル過ぎて可愛い。じゅんじゅんと同レベル

 お泊り会…、叶うといいな有咲!

『枕変わると、眠れないのかなぁ、有咲…』『市ヶ谷さん、面白い♪』

00245
 多分、有咲の照れを看破したらしく、沙綾さんが楽しそうで何より。
 これまで、有咲を理解できる人が居なかったからね…
 仕方ないね…

『今夜はスキヤキだよ♪』『誕生日なの?』『違うよ? 行こっ』

00243
 あと何気に、この後、りみがたえの家に引っ張りこまれたようにしか見えません
 この二人も地味に仲良くなってる…。
 着実にだ!

 りみ、たえが振り回しても、困りながらも付いていくタイプだ!!

『ぅ美味しい~♪』『これも食べる?』『ありがとー♪』

00246
00248
00250
00252
00253
00255
00256
00257
00259
 じゅんじゅん、早くっ!

少年よ我に返れ
 香澄、お前いつも友達の家で食べてンな! さあなちゃんと早くもベッタリになって微笑ましい
 じゅんじゅんも、日頃は姉と一緒に入ってるらしい
 が

 今すぐお風呂に入らないと、こうだっ!

 見たまえ諸君!
 これが、少年の性への目覚めというものだ!!

 まったく遠慮なく、じゅんじゅんと入ろうとしてた香澄にもビックリですけどね!

 この家、階段が「昭和の家」って感じだ!

沙綾『……ふふっ♪』

00260
 作詞にとりかかる香澄、沙綾が見てたのは、りみ辺りの「試作品」でしょうか?
 メッセージが健気

『…名曲の予感!』『まだ歌詞も曲も出来てないのに?』

00262
00263
00267
00268
00269
00270
00271
00273
00276
00277
00278
00279
00280
00281
00282
00283
00284

 名曲の予感! …だって、皆いるから。
 最初は独りで、わー!ってなってたけど、有咲がりみりんがいて、おたえも一緒で…、沙綾も!
 クラスの自己紹介覚えてる?

 私、変なこと言っちゃったかなって思ったけど…、沙綾が「いい」って言ってくれて嬉しかった!

 みんなで歌って弾くの、絶対きらきらだよ!
 全部たのしい!

 うわぁ~って走りたいっ!!

00285
00288
00289
00290
00291
00292
00294
00296
00297
00298
00300
00301
00302
00304
00305
 ねえ、沙綾も歌おう? バンドに入るとかじゃなくても、一緒に歌いたいっ!

約束カフェオレ
 歌詞作りは難航、しかし香澄は、勢い任せに始めた「バンド」に、皆が居てくれる嬉しさを吐露
 なら、その気持ちを歌詞にすればいいと助言を
 と

 いつか…、いつかね。

 バンドじゃなくていい
 ただ、純粋に沙綾と一緒に歌いたいのだ、と

 沙綾は控えめな受諾をし、また、歌詞を「整える」のは仲間に任せれば良いとも助言

 やるべきは、香澄の気持ちの文章化だ!

沙綾『休憩お終い! 早く、続き続きっ』

00306
 娘のトラウマ、解放してやれない心苦しさ…、親御さんもニッコリの模様
 こういう時は、やっぱり同年代
 ただし… 

『バンド名は? どうなったの?』『ふっふっふ~!』

00307
00309
00310
00314
00315
00316
00318
00319
00323
00324
00325
00326
00327
00329
 任せてっ! …から諦める花園たえ!! リフトアップ!

Poppin'Party
 表向き、一番バンドに乗り気じゃない有咲が、助言で懸命に考えてくれた合作から命名!
 香澄の目…、いいよねコレ…!
 が

 沙綾も、メンバーだよっ!

 香澄アウト!
 約束は、「いつか」だったでしょ!?

 勝手にバンドを「つくっちゃった」上、発表し、既成事実化してしまう香澄さん

 いや、悪気なんて全くないんですけれども…!

香澄『あ! ゆり先輩、りーちゃん先輩っ!!』

00330
 しかも折悪しく、Glitter*Greenのメンバーに気を取られてしまって
 それ以上、話を詰めないまま
 場を離れてしまう

 なお有咲、「ありさっちょ」と命名されたらしい。ハハッ!

『…沙綾っ!』

00331
00332
00333
00335
00336
00337
00338
00341
00342
00345
00347
00348
00350
 バンドやるの…、良かった! やる気になったんだっ!!

やらない!
 実は「ナツキ」こと海野夏希は、恨むどころか、沙綾のバンド再開を心待ちにしてたらしい
 しかし沙綾は、「やらない」と強く否定して…?
 と

 友達が…、間違って書いちゃって…、えへへ

 勝手に入れられた
 けど笑顔、つまり「沙綾本人はやりたい」のだ。

 なら再開しない理由は、沙綾に罪がなく、その上で「自分が悪い」と沙綾が思う類の事

 一年前、母に何かあったのでしょうか

ナツキは、第1話から存在を示唆

e3230a7b
 第1話、ナツキにSPACEに誘われるも帰ってしまった

海野夏希
 続いて、第2話で有咲のクラスを訪ねた際、彼女に気付いて身を隠したらしい状況
 続く3話では、ドラムセットを持っており
 前にやっていた事を示唆

 5話では、笑顔になった沙綾を、遠くから見ていた描写があり…、と。

次回、沙綾が「やらない」理由は、迷惑をかけたくない故

00358
00360
00361
 WEB限定で予告配信中!

涙の修正
 予告、泣きながら修正する香澄の姿が…、気持ちを歌詞にするように勧められた香澄
 沙綾への気持ちを記し、メンバーに追記修正を頼んで
 皆で、形にしていくのでしょうか?

 聞けば聞くほど、沙綾の友達思いな性格が原因なのかなー、みたいな

2017年2月25日 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」

00314
 うたの☆プリンスさまっ♪の3代目監督、星野氏が絵コンテ&演出!

スタッフ
 脚本:中西やすひろ
 絵コンテ:星野真、羽原久美子
 演出:星野真
 作画監督:花上将吾、服部憲司、飯飼一幸、室山祥子、川村敏江、平野絵美
 総作画監督:水野辰哉、谷口義明、水谷麻美子
 制作協力:アイムズ

あらすじ
 蔵でのライブ、通称「クライブ」が終了し、待ちに待った文化祭モード。クラスの実行委員長となった香澄はキラキラドキドキする文化祭にするため、副実行委員長の沙綾の助けを借りて着々と準備を進めていく。一方、香澄たち4人は文化祭でのライブに向けて曲を作り始める。バンド名が決まったり、フライヤーを廊下に貼ったりと、楽しそうなみんなを見つめる沙綾はなんだか複雑そうな表情を浮かべていて……。

次回、文化祭迫る! 沙綾との和解ライブまで突っ走る事は出来るのか!

00359
00268
 沙綾が昔貰った絵、「姉二人と弟一人」に見えるのは気のせい?

祭りは準備が一番楽しい!
 今度こそ、沙綾に「祭り」を楽しんでもらうってワケね! お祭り女・香澄の全開ストーリー!
 また、今回は「はいふり」「アクティヴレイド」のアイムズ社が
 制作協力だった模様

 日頃、輪の中にいるけど距離のある人」、ってイメージだった沙綾

 有咲と距離を縮めたり
 準備とか、心から笑っているんだなって感じるのが素敵です

 クラス内でも「りみりん」に、引っ込み思案なりみが、提案できたのも成長を感じた!

 次回、第7話「ケンカしちゃった!」


 BanG Dream! バンドリ! 第1話「出会っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第2話「やっちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第3話「逃げちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第4話「怒っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第5話「ドキドキしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第6話「作っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第7話「ケンカしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第8話「走っちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第9話「バイトしちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第10話「驚いちゃった!」
 BanG Dream! バンドリ! 第11話「歌えなくなっちゃった」
 BanG Dream! バンドリ! 第12話「キラキラしちゃった!?」
 BanG Dream! バンドリ! 第13話「歌っちゃった!【最終回】」