南鎌倉高校女子自転車部 第8話 感想 レビュー みんなと一緒に! アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
手にしたフレームは、「どこまででも行ける旅」の始まり! クリテリウム編、決着!!

00210
00268
 私の体を皆に貸すぞ! 皆の力がロードバイクに!! と、ガンダムっぽい決着だった!
 何と、ここで“ひろみのフレーム”が手に入る事になるとは…
 OPのペガサスってコレか!

 マイ・ロードバイクの入手は、新しい世界の広がり! ペガサスさんは物知りだった!!

望めばどこへだって
 自分の足でこぐのですから、自分で望む限り、きっと遠くへ行けるってな話よ!
 もちろん、手にしたのはフレームだけ。

 けど四季先生が、店長が、“その道の先輩”が頼もしいってのは嬉しい事よね!

エンドカードは、「恋と選挙とチョコレート」の春夏冬ゆうさん!

00369
 あらやだ、かわいい…。

あらすじ
 ナイタークリテリウムラスト2周! 協力してくれた杉田・新倉・井上の、一年生トリオに続き
 冬音が、巴が、更に負傷が悪化した夏海までもが脱落し
 勝利はひろみに託された

 しかし走る度に、3人の言葉が思い返され、“みんな一緒に居る”とひろみを元気付ける

 優勝をもぎ取ったひろみは
 何と、例の「40万円ロード」の最高額部品、フレームを賞品として授与される

 彼女の為、四季やころね店長は、なんとかパーツを調達してやろうとサプライズを企む! 

 次回、第9話「クマさんからの挑戦状!?」

今回は冒頭シーンなしで、いきなりオープニングからスタート!

00002
 最近のアニメだと、逆に珍しいですよね。深夜の疾走、舞い散る桜花(さくらばな)達と
 今回「クリテリウム編」は、本作の山場だったんでしょうね
 いろいろなシーンが回収に

 彼女の顔見せは、次回にお預けの模様

という訳で、クリテリウム初心者レースも最高潮!

00003
 いきなりCGで変に笑った! いや、デキが良いCGなんですけれども
 ドアップだと、着ぐるみ感がすんごぉい!

『…離脱します!』『ここまでありがとうっ!

00004
00005
00007
00009
00011
00012
00014
 お達者でー! いや、別にニンジャスレイヤー的な意味じゃなくてね!!

オタッシャデー!
 全10周のレース・クリテリウムも、いよいよ後2周! 風除けとして体力を大きく消耗する「先頭」に
 順次全力を注ぎ、脱落してく一年生7人!
 と

 いよいよあたしの出番ね…、行くわよッ!

 一年トリオは全員脱落
 早くも自転車部、冬音の出番が回ってきた!!

 ていうか一年、脱落シーンが一人だけ省かれてますよ!? ちょっとひどくない!?

 見守る学生陣(不動)も可愛い!

日原 華野『残り二周を切って、先頭は依然コスプレ部のクマさん!! 』

00015
 しかし遂に自転車部が捉えた! しかもクマさん、既にグロッキー状態だ!!
 てか、どんだけ体力あるのよクマさん!
 ハンデ戦すぎィ!!

 この人の格好、空気抵抗そのものだよ!?

冬音『ここでブレーキ! 照明を目印に、飛び込むように…、ターン! 次のコーナーまで全力でペダルを…!』

00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
00023
00026
00029
00030
00032
00034
00035
00037
00039
00040
00042
00043
00044
00045
00046
00047
 あ…、あし攣ったーーーーーーーーーっ!!!

一生懸命
 この土壇場で冬音ちゃんが! いやむしろ、江ノ島まで辿り着けなかった彼女がよく頑張った!
 シリアスなのに、また足がつっちゃったよ!
 と

 うん…、あたし走るよ…、冬音ちゃんの為にも、一生懸命走る!

 みんなで一緒に
 願い叶わぬも、ひろみが燃える!

 楽しく皆でサイクリングしたいひろみと、次々と力尽きてゆくレースは根本的に合わないのかも…

 と思ったけれど、けっこう熱が入るタイプだった!

冬音『頑張ってね…!』

00048
 また、「弱虫ペダルの感想」でも散見しますが、なら敵チームの後方についてしまえば
 体力を温存し、負担軽減できる…
 はず

 そんな三年生達に、先に脱落したメンバーが「仕掛ける」場面も! ※後述

巴『空気の抵抗が…!? 風の音が違う、これが…、先頭! 前に誰も居ないのが、こんなに孤独だなんて!』

00049
00050
00051
00053
00056
00058
00060
00061
00063
00065
00066
00069
 今度は私が頑張る番だ…、行くよ二人とも! ついてきてっ!!

かべのなかにいる
 巴、初の先頭! 嘘か誠か、時速30キロを越えた辺りから「抵抗」の8割は空気抵抗になるとされ
 その脅威を前に、今度は自分だと思い決める事に
 で

 話している暇は無いわ! ここが勝負どころよ!!

 二年コンビも勝負に出た!
 残り一周ちょい、ここで先頭を追い抜く覚悟!!

 際し軽水部長・日向先輩は、自分が三年をブロックする、とバレーボールのような台詞を

 あばよ未可子! って台詞回しが古風だ!!

『軽水泳部、一年・杉田! あなた達にも、もう一仕事やってもらうわよっ!!』

00072
 ポニーテールの子、杉田って名前だったのか! 前回で唯一クレジットされてた一年生
 最初に「先頭」で脱落した子ですね
 彼女が杉田祐実

 残る二人が、111番のバスケ部・新倉ありさ、115番の陸上部・井上絵莉らしい

 ようやく分かって、ちょっとスッキリした!

『さあレースがめまぐるしく動き始めました! 先頭のクマさんを自転車部の三人が猛追! 更にこれを追って、二年の東さんがアタックをかけました!』

00075
00076
00077
00078
00079
00080
 三年生達は、脱落してきた選手に道を塞がれ、思うように前を追えないようですね?

一年生ってば忙しい!
 アタックだのブロックだの! ここまで、他選手を「風除け」にしてきた三年生達だったが
 末可子らに進路を塞がれ、追走困難な状況に
 と

 集団の頭を押さえてペースをコントロールするのは、自転車レースの常套手段だ

 とは店長の談
 やはり、「他人の後ろに付く」のはリスクもあると

 ひろみも初トレインでビビッってましたが、「前に自転車がいる」のは、ただでさえ怖いもの

 脱落も、上手くチーム勝利に寄与するのがポイントなんですね

四季『ええ…、先頭争いはクマさんと東さん…、そして自転車部に絞られたわ!』

00083
00084
00088
00089
00093
00094
00095
00096
 さすがにもう…、だめ! ひろみ、夏海さん、後はお願い! 二人とも頑張ってね!!

いくよ私!
 しかしここで巴が脱落! なら夏海ちゃん、今までずっと先頭だったならどれだけ負担を…!?
 ひろみも、最初からずっと「楽させて貰って」きた
 と

 皆の為にも…、もっと前に! クマさんの前に出て、一位になろう!!

 熱血する自転車部
 思った以上、自転車「競技」やってるじゃないか!!

 長い長いラスト2周目もいよいよ…?

冬音『痛てて…、ったく情けないわよね、自転車は最高なのに、身体が追いつかないなんて…』

00097
 実際、10万クラスらしい「電動コンポ(変速機)」とか使ってますし
 一体いくらだったのか

 でも、やっぱり自転車は身体が資本。

『あんまり役に立てなかった…』

00098
00099
00102
00103
00104
00105
00107
00109
00110
 そんなこと無いわ、今ひろみ達が先頭を追っていられるのは、冬音さんのおかげよっ

残った力
 健闘を讃えあう冬音と巴、その間、ずっとたゆんたゆん揺れて気にな…、いや何でもないです!
 また今回、幾度も“桜のはなびら”に演出が…?
 と

 痛みが、どんどん酷くなる…!

 既に満身創痍の夏海
 しかし、後ろからはパワーファイター・東先輩が!!

 東先輩ってば、勝負事となるとイキイキしてる! それに今度は、当の夏海が相手ですものね

 なんかもう、ツヤッツヤしてるよ東先輩!

『うん…、でもここを抜ければ直線だ! ここは、二人で走ってる私達が有利だよ!!』

00112
 直線はスピードが乗り、「空気の壁」がキツくなる分、風除けによるトレイン走法の効果が大きく
 また先頭も、背中側の空気の乱れがなくなる分
 多少ラクになるそうな

 高速走行は、前方だけでなく、後ろにも若干の抵抗感が生じるもの。

 二人で走ると「先頭側」にもメリットがあるワケね。

日原 華野『独走のツケがきたのでしょうか? クマさんに、これまでの勢いがありませーん! …さあ、ラスト一周に突入でーす!!』

00113
00115
00117
00120
00121
00123
00128
00129
00133
00134
00137
00138
 もう少し…、もう少しだけ我慢だ…!!

到達!
 遂にラスト一周! 夏海ちゃんの方もラスト寸前!! ここでの彼女の指示は、敢えてバラける事!
 左右に分かれ、「どっちをブロックしたら!?」
 と

 ちゃんと成長してるじゃない! お姉ちゃんの生徒…!!

 クマが迷った瞬間
 二人は、そのまま左右から抜き去ってしまう

 もうホント、ずっと「クマ」だけで会話してるクマさん辛そう! 何それこだわりなの!?

 中の人が色んな意味で頑張ってる!

夏海『舞春さんごめん、自分はここまで…!』

00140
 夏海ちゃん、やっぱり肩が!
 って、ひろみちゃん気付いてたの!?
 意外に鋭い!

 倒れたときに駆け寄ったひろみは、肩を痛めたと察していたのか

夏海『私は無事に走りきる…、それから“ちゃんと家に帰る”から…、だから、さあ行って! 残り一周!! 皆の分までチバって、舞春さん!』

00144
00146
00148
00150
00152
00154
 こっから先は…、私のできる事をするッ!!

大切な事
 以前、初めてパンクした時、渚に教えてもらった“自転車乗りに大切な事”、それは家に帰る事
 楽しむ為に、トラブルを越える術を学ぶ事だ
 と

 今の私にしか出来ない事…、それは、目一杯走る事!!

 自分は大丈夫だと
 夏海の激励に、最後はひろみが飛び出した!!

 何か出来ないか? ではなく、今「自分だけが出来る」事! めっちゃ自転車競技してる!!

 カーブだって、冬音のアドバイスで…!

『あ、…あれ!? さっきまでどうやってたんだっけ…!?』

00155
 しかしド忘れに定評あるひろみ、緊張のあまり「曲がり方」を忘れてしまった!
 意気込むあまり、またやらかした!
 が

『“右の照明の所…、ここでブレーキ!”』『“怖がらないで、ひろみ!”』『“さあ…、加速するよ!”』

00157
00159
00161
00162
00164
00166
00168
00170
00171
00174
00175
 うん…、トモちゃん、冬音ちゃん…、夏海ちゃん!! ありがとう、皆!

一緒にいこう!
 しかし心霊現象が! もとい、舞う花びらに触発され、今までの会話を思い出してゆくひろみ
 OPで、やたら花びらが舞い散ってるのはコレか!
 が 

 もう…、脚が…! クマさんとの差…!?

 早くもラストスプリント!
 最終周は、最後の直線を残すのみとなりました…、が!!

 ここであの人が!

ありがとよ、クマさん!

00177
 これだけ図体がデカければ、風除けにはもってこいだぜ!
 おっと実は潜んでた!
 ナンデ!

 きたない、やっぱり上級生きたない!!

東『行くぞ、自転車部・舞春ひろみィ! …さあ! 最後の直線、楽しもうぜ!!』
ひろみ『はい、楽しみます!

00179
00182
00186
00187
00189
00190
00191
00192
00193
00194
00195
00196
00197
00201
00202
00203
00205
00207
00208
00210
00211
00212
00214
00215
00217
00218
00220
00222
00224
00225
00227
00228
00229
00231
00232
00233
00234
00235
00236
00238
00242
00245
00246
00248
00251
 優勝商品は何と…、ロードバイクのフレームですっ!

南鎌倉夜間飛行
 ちょ、映像と劇中の台詞が一致してないよ!? すごいや君はロードバイクのフレンズなんだね!
 フレームと称して、ぺガサスを貰っちゃったひろみ!
 が

 なーんてね、…きっとこれは夢なんだ…。

 人が変わったように「楽しんだ」ひろみ!
 一位をもぎとり、夢の中で、「フレーム」と鎌倉の夜景を楽しむ事に

 あまりの軽さに、ロードを「浮いてるみたい」と、弱虫ペダルろんぐらいだぁす!共に評しています

 本作の場合、文字通り飛ぶッ!

“フレーム”『そうかもね?

00252
 更に喋った!? 心霊現象といい、今回めっちゃ何でもアリじゃないか!
 これが自転車のパーリ・トゥードって奴か!
 で

 さすがのひろみも、「一位」自体が夢オチなんじゃ…、と疑ってしまう。

『ひろみちゃんは一位だったよ? でもそれは、キミ独りの力じゃない』

00255
00256
00258
00261
00264
00265
00266

 そうだね…、世界は広い。けど「僕」と一緒なら、どこへでも行けるよ?
 そうさ、ひろみちゃんがそう願い続けさえすればね?
 あの峠も山も…川も…、海さえも越えて!

 そこには美味しいものもあるよ? きっと♪

00267
00268
00269
00272
00274
00275
00276
00277
 こんなところで寝ると、溺れるぞ?

サイコ・フレーム
 結局、翌日にまたプールを借りて漂い、筋肉痛になった体を癒していたと判明する。
 こんなところで、まさかの水着回!?
 で

 なんだ…、やっぱり夢かぁ……。

 そりゃそうです
 しかし、「フレーム」の言葉は嘘じゃない

 自転車はこがなきゃ進まない、だから、「願い続けさえすれば」って言ったんでしょうね

 最近のフレームって、物知りだな…。

ひろみ『なんだ…、やっぱり夢かぁ……』

00281
 余談ですが、せっかくの水着シーンなのに殆ど映らないという残酷劇場
 カメラさーん! もうちょっと引いて!
 ちょい、もうちょい!

ナースさん『はい…、おしまい。念のため、一週間はあまり動かさないでね?』

00285
00286
00287
00289
00293
00294
00296
 ナースはもちろん、ひろみのお母さん。応える夏海ちゃんが可愛い

家族の肖像
 つい「あんまー」、沖縄弁で「お母さん」と言いかけ訂正する夏海ちゃん、こういうとこ可愛いですね
 念の為とはいえ、一週間って結構なもの
 で

 便利な世の中よね? 昨日の活躍を、こうして見る事が出来るんだから

 夏海ちゃん
 病院で、怪しいグラサン美人と遭遇…

 ひろみの母に続き、実にグラス率が高い展開ですが、もちろん「あの人」の再登場でした。

 そりゃ病院だもの、いるわよね!

『自己紹介がまだだったわね? 私は神倉零』

00299
 久々に登場した冬音の「原動力」、足が不自由になってしまったというお姉さん
 姉さん、しかしその怪しいグラサンはどうかと
 cv浜崎奈々さん

 ちゃんと、イントネーションが冬音に似せてある感がすごいと思う。

零『だって、少し歩いただけで“足つったー!”って言うような子なのよ♪ だけどね…、あの子が聞いてきたのよ』

00300
00303
00305
00306
00307
00309
00310
00312
00314
 だからお願いしたの。あの子自身の脚で見に行った景色を、私にも見せて…、って。

冬音 THE ORIGIN
 まるで比嘉さん=彼氏で、娘を頼まれてるみたいで微笑ましいですが、話してくれたのは原点
 三話で回想した、冬音が「走る」理由
 と

 比嘉さん、これからも冬音をよろしくね?

 冬音と仲の良い夏海に
 なんとも、運命と書いてDestinyな出会いに。

 さっそく優勝した写真もあり、冬音が、すっごい勢いで押しかけたのが目に浮かぶようですね

 ねこ!! の存在感!! ニャー!

『負けん気が強くて、無鉄砲なところがあるけど、アレはアレで良い子だから♪』

 ふえっくしゅ!00316
 って以心伝心か!!
 なお「湯冷めしたの?」との事
 え?

 あ、そういやこの学校、温水プールなんでしたね。

『あっ! 昨日のクマさんだ~♪』『そういえば、コスプレ部だったわね~、でもこの“活動再開”って、何の事かしら?』

00318
00321
00324
00325
00328
00330
00331
00332
 艦これやらグランブルーファンタジーっぽいのやら、色々まざっとるッ!

走れクマハート
 コスプレ部、入学早々にイベントに参加するも、ご覧の肌色率だったことで理事長の怒りが怒髪天
 その罰を、今回の「敢闘賞」で解いてもらったらしい
 と

 良かったね、クマさん♪

 ひろみの言い方が可愛い。
 クマさん、“九周目までトップ”だった事で表彰されたらしい

 当人は負けたクマー…って感じでしたが、無事、部に貢献できたんですね

 でもコレ、「クマの中の人」がいない…?

『それにしても、急な雨だったよねー』『私達がゴールした途端、どしゃぶりだったもんねー』

00333
 そして、提供カットにも使われた「雨の三人」。実はクリテリウムは、初級終了で雨天中止
 特に四季は、優勝すると張り切っていたらしく
 地団駄を踏んだらしい

 いじわるな冬音に言わせれば、「賞品が欲しかったんじゃないの?」だそうだが…?

四季『私が出るはずだったクラスの商品は、最新コンポ一式だったのよ!』

00334
00336
00338
00340
00341
00342
00347
00348
00349
 要は、フレーム以外のパーツが手に入れば良いんだろう?

いいえペガサスです
 予想的中! 四季の狙いは賞品だったが、実は「ひろみの自転車」のパーツを揃えてやる為だった
 そこで、店長が客に掛け合い「余ったパーツ」を探してやろう
 と

 私も舞春ちゃんを、この駿馬に乗せてやりたいと思っていたんだっ

 駿馬(優れた馬)
 客に、パーツマニアがいるから古くないのがきっとある!

 貰えたフレームというのが、偶然にも、あの「40万円ロード」のフレームだったワケね!

 まさに交響曲第5番 ハ短調 作品67、運命!

ころね店長『そうだ! あの子の驚く顔が、今から楽しみだなっ♪』

00351
 ひろみ、疲労困憊で呆然としていた為か、どこまでが夢だったかわからないらしく
 フレームはこっそり、店長たちが回収していた模様
 次回、色んな意味で全員集合?

 エンドカードの作家数的に、本作は全13話のはずよ!!

今週のA応Pは、「正しい乗車姿勢」を学ぶ!

00356
00357
00358
00361
00362
00363
00364
00365
00366
00367
 次回、いよいよ(このハデな格好で!?)サイクリング開始!

肘を曲げよう!
 通常の自転車と一番違うのは、極端に前傾姿勢になる事で、その為に「腕を伸ばして」しまいがち
 しかし、ここで意識的に肘を曲げて乗るようにすると
 腹筋と背筋が活用

 肘がまっすぐだと最初はラクだけど、筋肉を活用できないのでよろしくないんだとか

 つまり「アブ(アブドミナル・マッスル)」 なんですねファビアン

2017年2月24日 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」

00235
 今回、原作者さんイチ押しの岡本英樹さんでなく、鎌仲氏が絵コンテ&演出に。

スタッフ
 脚本:砂山蔵澄
 絵コンテ&演出:鎌仲史陽
 作画監督:小倉恭平
 エンドカード:春夏冬ゆう

あらすじ
 「ナイタークリテリウム」もとうとう終盤。巴の作戦で先頭の「クマ」さんに追い着いた「ひろみ」と「夏海」。
 しかし、肩の痛みが激しくなり「夏海」が離脱。
 すると、ここで「東」先輩が猛攻をしかけ追い着き、レースは「クマ」さん、「ひろみ」、「東」先輩の
 三つ巴の戦いに。果たして優勝は誰の手に……。

次回、奴がいよいよマスクを脱ぐッ! マスク剥ぎデスマッチですね!!

00368
00369
00034
00037
 後4話あるからね多分! まだだ! まだこれからよッ!!

ペガサス流星行!
 エンドカードは、アニメ化もされた「恋と選挙とチョコレート」の原画さん、春夏冬ゆうさんが担当!
 冬音ちゃんは今回、「足攣ったー!」がめっちゃ可愛かった!
 笑った!

 山場も終えつつ、新キャラ加入に焦点が移り、飽きさせない構成が嬉しい!

 ただドアップの場面が多く
 やっぱり、「自転車が走る」シーンの作画負担はデカい、と改めて。

 演出がちょっと超常現象で、なんとなくガンダム感がある山場回でしたねユニコーン!

 次回、第9話「クマさんからの挑戦状!?」

公式より、エンドカード担当作家さん一覧

 春夏冬ゆう http://yu-akinashi.tumblr.com/(第8話担当)
 あふ黒 http://llcab.tumblr.com/
 岡本倫 http://www.okamoto.tv/(第2話担当)
 加藤アカツキ http://www.akatsukikatoh.com/
 草壁 http://kusakabeworks.net/(第3話担当)
 玖条イチソ http://blog.livedoor.jp/kujouitiso-new/(第7話担当)
 里好 http://www.zato.jp/(第4話担当)
 柴乃櫂人 http://kr3.oops.jp/
 Gユウスケ http://gyuusuke.exblog.jp/
 ニリツ http://nilitsu.com/(第6話担当)
 卷 http://mckeee-figure.blog.jp/(第5話担当)
 憂姫はぐれ http://wireframe.sakura.ne.jp/(第1話担当)
 REI http://rei.tw/

南鎌倉高校女子自転車部 感想 2017年 冬 1月~3月

 南鎌倉高校女子自転車部 第1話「入学式ッ!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第2話「鎌倉探索にGo!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第3話「女子自転車部、はじめます!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第4話「夏海ちゃんはわたさない!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第5話「自転車を選ぶのってむずかしい?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第6話「はじめてのレース!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第7話「わたしにできること?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第8話「みんなと一緒に!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第9話「クマさんからの挑戦状!?」
 南鎌倉高校女子自転車部 第10話「輪行で行こう!」
 南鎌倉高校女子自転車部 第11話「自転車って、ふしぎ」
 南鎌倉高校女子自転車部 第12話「道はまだまだつづいてる」
 南鎌倉高校女子自転車部 第13話「特別編」