ミニアニメ 幼女戦記 ようじょしぇんき 第7話 感想 レビュー アニメ 画像 ネタバレあり 前回 本編 第7話はこちら 公式サイトはこちら
出てきてないのに一番笑わせたヴァイス、貴様こそナンバー1苦労人よ!!

00084
00103
 ターニャの真似するヴィーシャと、オチのヴァイスに爆笑したライフル後日談
 少佐の行動に、勝手に想像が膨らんでしまう辺り
 ホント罪な人である

 あの少佐がライフル銃を…、これは大規模作戦の準備をしてるに違いない!!

ただの体格問題です
 結果、心配したヴァイスがスッ飛んできたとか、リアルに想像できて笑えてしまいます。
 面々も、だいぶ修羅場慣れしましたね…

 スーさん、アンタのライフルは立派に203大隊を混乱させたよ!

2017年 2月27日 幼女戦記 ようじょしぇんき 第7話

00108
 ようじょしぇんき! 今回は「細い人」ことケーニッヒが担当。

あらすじ
 フィヨルドでの大規模戦闘の後、ヴィーシャが血相を変えた理由とは…。

スタッフ
 ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
 ヴィーシャ:早見沙織
 ケーニッヒ:笠間淳
 ノイマン:林大地
 監督・演出・脚本:芦名みのる
 アニメーション制作:スタジオぷYUKAI

ヴィーシャ『見ましたか? …少佐ですっ!』

00068
00071
00073
00074
 そりゃオレたちの隊長だからな、見てねーとケツ蹴り上げられちまう。

元々少佐って
 とは細い人の言葉、少佐への畏怖は今日も平常運転である。が、問題は「ライフル」なのですよ!
 フィヨルドで、「短機関銃」をブンどった少佐
 が

 でも、元々少佐って、ライフルを持たない人なんですよ?

 え、そうだっけ…?
 大学時代は、むしろ持ち運び過ぎてツッコミが

 現在も、事あるごとにブッ放してますが、ヴィーシャら他の兵士とは色々と違うらしい。

 いわく

『なぜ小隊長は、常にライフルを携帯されないのでしょうか?』

00075
 呼び名からライン戦線時代の話、この頃は、ライフルを持って歩いてなかったそうな
 ターニャは、いつも攻撃に「術式」を用いているけれど
 でもライフルなら「術式弾」が使える

『でも、ライフルによる術式弾なら、魔力消費も少なくて済むと思うのですが…』

00077
00080
00081
00082
 デグさん、明らかに「たいした理由じゃない」って反応だコレ!

術式弾
 普段、隊員達は「××弾うてー!」と言いつつ、ライフルを叩き込んで戦っていますけれど
 ターニャは、あんな風にバンバン連射するというよりも
 一撃の威力重視?

 使ってる銃は、「ライフル」じゃないらしい

 大学時代のアレとは違うのね

『“あー…、私は貴官らとは魔力の運用効率が違う。ケースバイケースだがな。この程度の戦闘なら、ライフルに頼るほどではないと言う事だよ”』

00083
00084
00085
00086
00087
00089
00091
00092
 そうだとしたら、これは大事だぞ!

つまりは
 多分、その場しのぎでテキトーな事を言ったんでしょうが、その時、大隊幹部に電流走る…!
 少佐は言った、“この程度の戦闘なら”
 と…

 ライフルに頼らざるを得ない、大規模な戦闘が近々ある…!?

 Exactly(そのとおりでございます)

ヴィーシャ『…てか、この間の戦闘も大概でしたよね?』

00094
 ってかこの子も、すっかり修羅場慣れしてきましたね!
 何、この顔芸連発と冷静さ!

 かわいい!

『ああ…、大概、大概だった…』『あれ以上って、どんなレベルなんだよ…』

00096
00097
00098
00099
00100
 もうこれ以上、激しい戦闘なんて勘弁願いたいです…。

言えねえ!
 唇を曲げたヴィーシャが可愛いですが、まさに大隊の総意! とはいえ「そう」言えないのが軍人
 思うけど、「言えるわけねえ!」と断言する男達!
 で

 命の懸かる戦争より恐ろしいなんて、我々の親分はホント恐ろしいな?

 まったくだ!
 と、一同ついつい笑ってしまう

 ターニャへの畏れ、愛着が見えて微笑ましいですね。怖いけどそれだけじゃない

 慕われますねえ、少佐

ターニャ『ン…、楽しそうだな?』

00101
 ターニャをネタにしてたワケですが、本人登場にも、まったく彼らがビクつかないあたり
 さっきの会話は、好意が根っこにあるんだなー
 って、感じてしまいます

 聞かれていても、問題のない会話だと思っているって事ですから

『あ、少佐? 次の戦場は、どれだけ地獄なんですか? 我々も覚悟していますよ』

00103
00104
 では、いつものように地獄を楽しむとしますか♪

聞いてました
 なお、ターニャはバッチリ全部聞いており、単に「普通のライフルじゃ大きすぎて…」使いにくく
 例の短機関銃が、短めで使いやすかっただけなんだ…
 と

 そういえば冒頭、グンナー少佐が持ってきた場面、ちょっと小ぶりなケースでしたね

 色んな意味で、ピッタリなプレゼントだったのか…

『フツーに、体型の問題なんだけどな? フツーのサイズのライフルだと大きすぎて…、まあ、戦闘に緊張感を持つのは悪い事ではない。これはこれで良しとするか…』

00105
00106
00107
 その後…、大規模戦闘があるといううわさが大隊内に広まって…

体格の問題でした
 いかに筋力を増強できても、単純な体格の違いは、やっぱりどうにもなりませんよねー。
 幼女⇒父⇒幼女で渡った短機関銃、意外に愛されてた…
 で

 真っ青な顔したヴァイスが飛んできたのは、言うまでもないのだが。

 当人は出てきてないのに
 オチだけでめっちゃ笑わすヴァイスさん、ホント好き

 久々でしたが、今回、ヴィーシャもいつもと違う表情が多かった気がしますね。

 次回、第8話

短機関銃を奪い取ったシーン、確かに短いらしい

faec6b35
6da7ee34
36c0d301
 確かになんとなく小さく感じますね。

幼女戦記 感想 2017年1月~3月

 幼女戦記 第1話「ラインの悪魔」
 幼女戦記 第2話「プロローグ」
 幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」
 幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」
 幼女戦記 第5話「はじまりの大隊」
 幼女戦記 第6話「狂気の幕開け」
 幼女戦記 第6.5話「総集編 戦況報告」
 幼女戦記 第7話「フィヨルドの攻防」
 幼女戦記 第8話「火の試練」

幼女戦記 ようじょしぇんき 感想 WEB配信ミニアニメ ※サブタイトルはありません

 ようじょしぇんき 第0話「アニメ版 1話 ターニャ登場のちょい前」
 ようじょしぇんき 第1話「ターニャ少尉は優しい人! 第1話の顔は気のせい!!」
 ようじょしぇんき 第2話「ソーセージであんなに…」
 ようじょしぇんき 第3話「“理論上は可能だ” と言う人間は数多く見てきたが」
 ようじょしぇんき 第4話「大尉 その…、会議室の食事というものは」
 ようじょしぇんき 第5話「第二〇三魔導大隊(訓練中)、大いにドS幼女を語る」
 ようじょしぇんき 第6話「ヴァイス中尉、少佐に咎められた事を思い出す」
 ようじょしぇんき 第7話「見ましたか?」「何を?」